そうだ平取に行こう!

【二風谷アイヌ文化博物館】

これって小熊を育てる小屋だよね

【自販機ナイスデザイン】


【ハヨピラ】

昔 平取と言えば「ニシパの恋人」でも「アイヌ」でも「平取牛」でも無かった そうUFO基地
興味がある方はハヨピラを作ったのは「宇宙友好協会(CBA)」で検索したらザクザク怪しい世界に溺れて下さい。

初 山岡家で今話題の

【山ちゃん初デビューが】
別に豚骨臭とか気にしない? けど今まで利用してなかった。  それ程激辛は得意ではないが、地元密着店の激辛は食べてる。 最近ラー友達が騒がしい、やれ激辛だ終いにはウルトラ激辛と・・・
山岡屋の初デビューがウルトラ激辛と順番がおかしいとは思うが仕方ないということで

【券購入】


【ウルトラ激辛】1.000円


【完汁】


【ご褒美】

ウルトラ激辛完汁の証 キラキラバッジ

マイクロ(小型)水力発電

【マイクロ(小型)水力発電】

近郊に発電所が出来たと知り訪れた。 農業用水の取水口からほど近い場所に落差3~4m程の落差です。

【迫力あり】

近寄ると中々の迫力 近づくとタービン音がして頑張ってる感がする ただ水田の水がない時は発電しない訳でそれはそれでどうなのと思うこの頃 年間で変わらない水量が確保出来る場所で稼働すればね・・・

兵村記念館・東旭川

【幻の登山道「ペーパンルート」】


【詳細ルート】
ペーパンルート
クリックで拡大
新聞・地元情報紙などで紹介されてる幻の登山道 目一杯食いつく管理人 ざっと紹介すると昭和13年に東旭川のペーパン(米飯)から沼の平に至る14.5キロ開さく 戦争が激しくなり忘れ去られる 昭和29年第9回国民体育大会山岳部門が大雪山において開催
その一つにペーパンルートが選択され山荘等も建設 ここいら辺がピークかな? ただルートを利用した登山者の記憶にはその移り変わる景色のみが残る。
これは興味がありますね、ただ俺の足じゃ付いていけないかな(笑い)

ゆめつぐみ・大正館@歌志内

【ゆめつぐみ】

正確には「歌志内市郷土館ゆめつぐみ」 大型連休中は無料開放だったので伺った

【展示物】


【展示物】

炭鉱関係も有りますが日常使用の展示も充実

【大正館】


【展示物】


【展示物】

市の施設のゆめつぐみの道路を挟んだ処に私設の大正館 開放するのはGWのみと見れた方はラッキー
博物館・資料館って面白いよね。 苦手な方もいますが私は平気 じっくりと見てみたい方

歌志内市郷土館ゆめつぐみ
住所:歌志内市字本町1027番地1
電話:0125-43-2131
料金:200円
休み:月曜

大正館
住所:歌志内市字本町 77番地14
GW期間中のみ開館

赤い流れ 発見!

【赤い流れ】

散策中に偶然見つけた 長年成分を含む流れが作る造形 この上の湧出地点が気になりますね
坑口由来なのかまた別なのか 温度は、、 今回はご報告まで

芦別岳

【芦別岳】

クリックで拡大
富良野の隣町の山部 思わず車を止めてカメラを持ち出す 正面は急峻な芦別岳 こちらはもう少しで満開の桜と芦別岳が競演する絶景ポイント まー私は来ることはないけどね。

ノートパソコン新調した

WIN7のサポートも2020年1月14日に終了 現在使ってるのがネットで中古で購入したWIN7のノート ですがなんと地上デジ・BS・CSチューナー完備しかも裏番組まで撮れるダブルチューナー完備と夢のようなノート よく頑張ったな~本当に出来た子
現在もサクサクとは行かないが其れなりに使えるのですが、さすがにヤバくいHDDがおかしいスタートアップに問題等々満開
逝く前にデーター移行しないと大変

そんな訳で購入 付き合いある方からの中古ノート(笑い WIN10 SSD版購入 WIN10は癖満開なのは分かってるのでメインのブラウザーエッジ無視して普通にIEで 普通にデーター移行も完了
フィードもアカントも移動完了 これで普段利用してるソフトが動けばいいのですが これからメインのブラウザーのクロームいれてメールは火狐さんをぶち込めば何時ものスタイルに・・・

帰り道

【サンタプレゼントパークと上弦の月】

時たま登場する帰宅画像 上弦の月が印象的なのでカメラでパチリ 残念ながら三脚なしで手持ち しかもお手軽ズームレンズしか持ってないので個人的にはイマイチなのはご勘弁 

温泉達

【白銀荘】


【ルオント】


【黒岳の湯】


【かもい岳温泉】

ラーメン好き 美味しいもの勿論好き 温泉も好き けど何時も同じ所を紹介するのは嫌いで遠出も少なくなる冬は同じような温泉ばかりに為るのが難点なので温泉も源泉も少なくなります。

ここで珍しいのは、かもい岳温泉で、スキー場閉鎖に伴ないこちらも閉鎖が確実 ただこちらは温泉の名称ですが温泉ではありませんがHPには記載があり個人的には全く問題なしです。 かなり前に利用していましたが、今回ほとん覚えていなく貴重な施設を残せたのが貴重かなと・・・ 
かもい岳スキーから望む山々とズリ山は新たな発見 楽しいぜ!!

旭川は温泉不毛地帯?

大雪山へ向かえば湧駒別温泉・天人峡温泉・層雲峡温泉、十勝岳に向かえば白金温泉・十勝岳温泉と旭川近郊には温泉が多数在りますが如何せん、地元は温泉空白地帯と言っては誤解がありますが、ほぼ当たってると思います。
その前に「温泉」とは、1948年に制定された「温泉法」の定義による
  1. 25℃以上
  2. 別表の成分の一つ以上を満たす事
環境省のこちらを参照
1か2の何れかを満たせば、水道水が温くて成分何も無くても、冷たくても何か規定以上含まれてれば温泉と言うことです。
1992年の資料には3ヶ所(温泉№97・98・99)記載 冷鉱泉で単純硫黄泉 この内97・98は源泉場所特定済みですが、99は探していますが未だ見つけていない。
その後の資料では上記の3ヵ所に2ヶ所が加わり5ヶ所 この頃になると駅前のホテルのボーリングも出てきますね。 近くに火山活動も無く、モール泉の源の植物由来が堆積も無い、古い海水があるって言うのも聞かない。
1.000メートルも掘れば多少温度は上るが成分はスカスカ やはり温泉不毛地帯なのは間違いないと思います。
 
中でも個人宅に硫黄が香る冷鉱泉があるのは本当
ただ都市伝説の様にある寮の地下水を利用する浴場の水は硫黄が香るらしい・・・・真相は如何に 

冬道

【帰り道】

今年の積雪は多いのか少ないのか さっぱり判らない 市内の幹線道路は軒並み2車線は1.5車線から1車線状態 ある日の仕事帰りに自宅まで1時間掛かった これってヤバクナイ
夏も時には冬も使うチョッと田舎道 距離は増えるので微妙ですが、イライラしなく使える道 ただ吹きさらしの道なので時々とんでもない事になることもあるので要注意な道

近郊スキー場その3

【ほろたち山荘】

蕎麦の里として有名な幌加内のスキー場 その昔スノーボードがなかなか認められないときに、いち早く可能にしたスキー場として有名だったね。


スキー場にはかなりの急斜面しかも中央に未圧雪のデコボココースが凄い


可愛らしい建物ですね。 メニューを見るとラーメンは基本三味あり他に豚骨もラインナップ 食券の持って待とう



【しょう油ラーメン】600円

あー何時ものパターンぽい スープ一口 やはりと言うか当然業務用かな 麺は低加水のやや細め チャーシューはそれなり(笑いのが一枚 二色ナルト・メンマ・ネギがのる。 価格は良心的だよね でここで考えると、このスタイルなら味噌のほうがいいのかなとチョッと考える。 この頃  で次のスキー場に向かう途中の鷹泊(タカドマリ)地区の積雪やばい

【鷹泊】

これが伝えられない、家先を撮影する訳にもいけないし、歩道を撮ってもこんな具合でなんとももどかしいここアメダスも無いし どう撮れば・・・・まーいいか じゃ次ね

【カムイスキーリンクス】


【NOBu】

市内 動物園通りの「NOBu」がスキー場の営業中の冬季だけ営業 賑わっています。 券売機のメニューはこちら 何を選ぼうか考えながらヒョイッと横見るときになるPOP発見! おーこれイイな しょう油も飽きたし で注文したのは

【辛みそ】900+100で1000円

スタッフでも直ぐ判るように一味を一振りしています。 スープ一口 個人的にはピリ辛程度ですがこれ美味しいですね ただ価格は驚きですが場所がら仕方ないのかなと 麺は低加水・中細・中縮れの麺 チャーシューは二枚で昔風で美味しいね
人気店をそのまま持ってきたから旨いのは当然 

【スキー場】

近郊では唯一ゴンドラがあるスキー場は今日も利用者が一杯 中々しんどいシリーズ頑張らないと(笑い

気温がヤバイ

【ご注意下さい】
旭川近郊上川地方の明日(日曜) 明後日(月曜)は気温が-20℃オーバーとの予報 最近の住宅では心配はないが、昔の断熱の乏しい住宅では水を落とさないと完全に水道が凍るレベル 
凍らせると大変だったな~ 最悪の場合は水道管の破裂して台所ベチャベチャだったり、管が割れないまでも凍結して、解かすの大変 私もその昔管破裂一回 凍結は何回か覚えていない(苦笑

車のバッテリーが劣化してたら、セルは多分まわらないね オイルも古かったらこれまた抵抗がありアウト 最近の車はバッテリーを酷使してそう アイドリングストップとか
ディーゼル燃料の軽油も最近軽油を使っていない車も確実に軽油が硬くなり燃料フィルターが詰まります 軽油は季節・気候により五種類を使い分けています。
幸い休日なので、家でノンビリするか けど-20℃の中入る露天が非常に気になる。

更新が進まないぜ ヤバイ

年末で仕事も忙しい中、新たに中古車購入 乗り潰す覚悟で欲しいものネットと睨めっこで更新はおざなり(笑い
それでも外食と温泉は利用 画像がたまるタマル じゃ年内最後だしいっぺんに出す
画像クリックすると拡大します。

【讃岐うどん 千幸】
温玉肉うどん


【風の寄り道】名寄道の駅


【そば茶屋 季】(みのり)


【ささき】


【そば源本店】


【山恵】




【すずらん】


【奴】


【レストランそばの里】

料理の詳細は後で追記するかも?
年内の更新はこれで〆ます、拙いブログですが訪問有難うございました。 2019年もお気軽にお立ち寄りください。

怪しい面々が集るプチ忘年会

【ゆき灯の街】

まだ雪景色には程遠い時期に、某秘密結社の忘年会

【これまた怪しい看板】

怪しいと連発して御免なさい お店は全く怪しくありませんでは地下に吸い込まれた では階段を下りると。

【肉なべ むらい】


【乾杯!!】

まずは4名で始まった むらいさんは清いメニューから選んだのは最初は

【ホルモン鍋】700円

勿論ペロリ 〆にうどん投入 次に「豚肉鍋」ツッツイてる時に送れて一人登場 さらに鍋追加した筈 さらに共通の話題で盛り上がりジョッキのペース上がる その後街に繰出したのは紛れもない。
何時も急遽開催の集り しかも中々マニアックなお店で開催 次回は何時かな まー気まぐれだからその内ってことで 楽しかった 2019年もよろしく

現実です

秘湯の一軒宿「日帰り温泉に勝てず」相次ぎ閉館: 12/11(火) 23:02配信 読売新聞

温泉ブームで都市近郊の入浴施設がにぎわう中、温泉通や地元住民などに親しまれてきた
秘湯の一軒宿などが、今年相次いで閉館した。
施設の老朽化や後継者難などが理由で、温泉愛好家らからは惜しむ声が上がっている。

今年閉館したのは、いずれも100年以上の歴史を誇る「馬追温泉旅館」(北海道長沼町)や、
蟠渓(ばんけい)温泉の「伊藤旅館ひかり温泉」(壮瞥町)、
ニセコ昆布温泉郷の「鯉川(こいかわ)温泉」(蘭越町)など、少なくとも5軒に上る。

道内の2016年度の温泉宿利用者数は全国トップの1315万人で、5年前から2割も増えるなど、
「温泉熱」は高まる一方だ。札幌市の豊平峡温泉が大手の旅行サイトのランキングで
1位に輝いたほか、ススキノや狸小路の入浴施設が連日にぎわいをみせている。
抜粋記事です
長年地元に愛されてるラーメン屋が暖簾を降ろすことが多いね それは温泉施設でも同じことが起きている、悲しいですけどこの流れは止められないだろうね

新聞記事でも紹介されている長沼の馬追温泉 庭が立派で桜の時期にはそれは素晴らしいかった、当ブログでは、2010/112011/062013/11に紹介してます。

昆布温泉の鯉川温泉旅館は、当ブログでは、2009/06に紹介しています。 伊藤温泉ひかりは残念ながら私の温泉空白地帯で利用することは出来ませんでした。 
今は途絶え途絶えの温泉仲間で近郊の温泉で一泊してオフ会したいねなんて話してた時には、暖簾を降ろすことなんて、考えていなかったんだろうね。 ここで手持ちのパンフレットに紹介

【馬追温泉】手書きの湧水場所 多分源泉場所も手書きで記載




【鯉川温泉】



何時も迎えてくれた馬追温泉の老犬 滝を眺める露天湯の鯉川 これからは利用した人達の記憶に残るのみの湯宿

車を入れ替えた

長年(10年)乗り続けた車 エンジンは全く問題なし 燃費も時には13㎞オーバーと問題ないが如何せん、足回り・内装がボロボロ 内装は我慢すればOKですが、足回りは何処で壊れても文句は言えない状態 走っていて何か落ちたりして、その都度修理はしてる。
21万キロオーバーで正直よく頑張った!! トラックならこなれてきた距離だろうが、自家用車では限界かな? 
源泉めぐり、山菜、温泉宿泊、オフ会と思い出が詰まった車ですが引退確定 何処で壊れても文句は言えない状態で遠出は控えてた。

で購入した!!(中古ですが) 多分乗りつぶすから年齢的に最後の車と思っています。
新しい車で何処に行こうか 楽しみ。 因みにハイブリッド4WDで現在リッター18キロ(購入二日目)ってガソリン高いから助かるね。 購入価格は高いけど10年乗れば多分元取ると丼勘定(笑

旭川ラーメン杯の考察

青年会議所主催の「第一回ラーメン杯」
地元無料情報誌のライナーにも掲載されたイベント 行きたかったけど行っていませんがその後、如何にと注目してました。 優勝して10万獲得した店の詳細も無いし困ったところに、ラーメン仲間は一人だけ伺ったようでその時の周りの言葉 「プロばっかり」と言葉も聞こえたらしい。
ラーメン好きな旭川人 多分家庭でそれこそプロ顔負けの自宅ラーがある。

で素人のプロでないラーメン杯・・・ 企画自体間違ってないが現実は ラー友のJetsが纏めてくれたこちらをご覧下さい。 Jetsさんのブログ 札幌生まれのJetsさんは旭川ラーメンを地元以上にこよなく愛す方 
ハーフとは言え300食って既にプロしか出来ないしプロでも無理そんな企画通るJCって、、、
プロばっかとの言葉もうなずけるね。 地元のラーメンは地元で守ろう 
しかしオーナーの高齢化で暖簾を降ろすのは止められない現実は受け止めようと思う最近の思い

秋は駆け足で


もう直ぐあの季節 今日早いかと思ったがスタッドレスに変えた。 毎年のルーティーンですが何とか簡単に出来ないか工具自作したが何と会社に忘れてきた(爆 自力で解決
寒くなると温泉・ラーメンの撮影はレンズの曇りがやって来るぜ 今の所先人達の道具を使い今に至っています。 ま~変わらず更新も遅れ気味なのは同じですがでは

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ