車を入れ替えた

長年(10年)乗り続けた車 エンジンは全く問題なし 燃費も時には13㎞オーバーと問題ないが如何せん、足回り・内装がボロボロ 内装は我慢すればOKですが、足回りは何処で壊れても文句は言えない状態 走っていて何か落ちたりして、その都度修理はしてる。
21万キロオーバーで正直よく頑張った!! トラックならこなれてきた距離だろうが、自家用車では限界かな? 
源泉めぐり、山菜、温泉宿泊、オフ会と思い出が詰まった車ですが引退確定 何処で壊れても文句は言えない状態で遠出は控えてた。

で購入した!!(中古ですが) 多分乗りつぶすから年齢的に最後の車と思っています。
新しい車で何処に行こうか 楽しみ。 因みにハイブリッド4WDで現在リッター18キロ(購入二日目)ってガソリン高いから助かるね。 購入価格は高いけど10年乗れば多分元取ると丼勘定(笑

旭川ラーメン杯の考察

青年会議所主催の「第一回ラーメン杯」
地元無料情報誌のライナーにも掲載されたイベント 行きたかったけど行っていませんがその後、如何にと注目してました。 優勝して10万獲得した店の詳細も無いし困ったところに、ラーメン仲間は一人だけ伺ったようでその時の周りの言葉 「プロばっかり」と言葉も聞こえたらしい。
ラーメン好きな旭川人 多分家庭でそれこそプロ顔負けの自宅ラーがある。

で素人のプロでないラーメン杯・・・ 企画自体間違ってないが現実は ラー友のJetsが纏めてくれたこちらをご覧下さい。 Jetsさんのブログ 札幌生まれのJetsさんは旭川ラーメンを地元以上にこよなく愛す方 
ハーフとは言え300食って既にプロしか出来ないしプロでも無理そんな企画通るJCって、、、
プロばっかとの言葉もうなずけるね。 地元のラーメンは地元で守ろう 
しかしオーナーの高齢化で暖簾を降ろすのは止められない現実は受け止めようと思う最近の思い

秋は駆け足で


もう直ぐあの季節 今日早いかと思ったがスタッドレスに変えた。 毎年のルーティーンですが何とか簡単に出来ないか工具自作したが何と会社に忘れてきた(爆 自力で解決
寒くなると温泉・ラーメンの撮影はレンズの曇りがやって来るぜ 今の所先人達の道具を使い今に至っています。 ま~変わらず更新も遅れ気味なのは同じですがでは

豆電球・雨竜

【豆電球】

国道275号沿いの古道具屋さん 道の駅近く 雑貨ではなく古道具です。 旭川市内でも古道具を売ってるお店は多数ありますが、店からはみ出す商品 歩くことも出来無そうな陳列じゃ躊躇するよね。
何か気になって訪問  いや~ここなら断然お奨め 懐かしい物一杯だぜ!! では画像だけど紹介

【店内】

なんと雑多な店内 ラジカセが有ったような無いような? 通路は余裕の確保 これは嬉しい ファミリーで訪れても走り回らなければ壊すことは半減かな(笑い







いや~楽しいね 昭和の歴史館を尋ねたみたいだね、しかも購入可能 骨董・昭和・リサイクル 何時間でも居れます 次回は弁当持込で(笑い

豆電球
住所:雨竜町字満寿36番地(R275号沿い)
電話:012-78-3310
営業:土・日・月曜
点灯・消灯時間:11:00~18:00
冬季休業・開業時間変更あり
尚今年は10月から16:00で消灯 年内は12月24日まで 年明けは4月6日から営業

詳細は豆電球さんのHP

多分 冷鉱泉かも?

【某 ホース泉は】

硫黄臭を伴なう冷鉱泉がドバドバ出てたけど、今は微量が出るのみ 自然由来の現象はこれだから面白いんだよね。 じゃ次を探すこれ大事 キノコと同じそこに有るなら環境が整ってるってこと探すぜ!!

【そしてこんな場所 怪しいよね】

付近一帯ガレ場ですが、何故か山から流れがあり藻が大発生 温度測ろうと一歩入ると10cm以上の厚さで、スニーカーはずぶ濡れ これは崖を上って行くか てな具合で身支度整え再挑戦

【登り初め】

心洗われる 同行者は藻大好きらしい 足を滑らせながら更に進もう

【いいね】


【突如終わる】

暫らく苦労しながら登ると、湧出場 8平方程のガレ場から推定50ℓ/分 その先は以前硫黄を産出された名残かやや黄色がかる岩肌 何時もの儀式

【8℃】

こりゃー冷たぇー 8℃だぜ 一桁は流石にマニアもたじろぐか(笑い
これだけ藻が繁殖するのは間違いなくミネラル豊富の証し 如何なる成分が有るのか 

急遽召集のオフ会


某集り 急遽召集 当日まで何人が来るか不明 今宵は6名が参加 いや~楽しかった 記憶も所々飛ぶ 何時もの面々 仕方ないので画像のみとだね。 


臨時召集 時間の都合がついた6名が参加 肉から食らう 食らうテンポ速すぎ 2時間飲み放題 時間前にテーブル上の食べ物無くなった 飲兵衛達のグラスが並ぶのみ(笑い


まだまだ夜会は続く ここでお一人帰宅



【日本酒】



またさ迷っての

【〆ラーメン】

何時も集る仲間ですが話題に尽きない 楽しかった また宜しく!! で飲んだ帰りは、ほぼ徒歩で帰宅






サライ・メガ盛り

【サンヒルズ サライ】

新十津川の高台のふるさと公園内の施設 体育会系の合宿でも使ってるのかな メガ盛りといえば、滝川の喫茶マリンが有名ですが、なんと第三セクター風のこちらでも絶賛開催中 ではメガ盛りメニューは

【メガ盛りメニュー】 
メガ盛りなのに価格は全て900円って驚愕ですね。 写真じゃ今一なので書き出すと
●天ざるそば:そばが通常の3倍
●納豆チャーハン:ご飯2合 唐揚げ3個付き
●かつ丼:カツ2枚 米は2合
●エビフライカレー:ご飯2合 迫力のエビフライ5本
●醤油ラーメン:麺3玉 あっさり醤油
とこの五品が全て900円 挑戦者求む!! 
って私は訪問前に食べちゃったので今回はパス 勿論レギュラーメニューもお手頃価格なのは嬉しいね。

サンヒルズ サライ
住所:新十津川町字総進
電話:0125-76-3000
営業:11:00~15:00
休み:--
新十津川町交流促進施設 サンヒルズ・サライさんのHPはこちら

源泉ジジイ ついにこれか


こんなとこ確認しながら、今回の源泉 てもう無いし じゃどうする??? 困った 道北のある温泉地帯のボーリングヶ所でも見に行くか 弱腰(笑
以前からデーターは持っていたのですが、大幅に狂ってる 最近違うデーターを入手 そうかここか 全体的に元データーが西に200mほどのズレていたのが判明 山でこの差は致命的 こぼれ湯でもあれば嬉しいのですが・・・じゃ向かいましょう。

【ボーリング井】




  場所さえ分かれば何てこと無い サクサクと散策気分で巡った
現在 6本の源泉が稼働中 えっ5本しかないけどだよね~ 残る18号は今回は時間が無くて見つけることが出来ませんでした。

それらしきパイプは見つけたのですが、藪漕ぎが凄そうで進入路はここではないと判断、次回課題ですね。 管理湯ゆえこぼれ湯が無くてやや残念ですが、人も居ない山の時間が過ぎますが、誰もいなく単独行動はややビビリながら探索(笑

この記事を書いていてチョッと間違ってることもあるかなと思う ご勘弁

紹介する源泉が無い!

当ブログは温泉好きな私が始めた温泉がメインのブログですが、気軽に行く温泉&源泉なので流石に紹介できる温泉と源泉は近郊では無くなり、某有名源泉ハンターにヘルプメール で、いわさん殆ど紹介してるし上川・空知では無いってさ!!
また旧炭鉱街でも巡るか・・・同じ温泉紹介しても面白くないし

誰かこんな湯・冷鉱泉有るよなんて情報絶賛希望!!
今でも源泉が分からない近郊温泉は続けるがそろそろお手上げ状態 町誌も図書館で読むも場所は見つけられない。

赤錆萌え・・・

【錆びそして寂び】
P8260016.jpg
道央の某街 最近某紙で紹介 ナンじゃこれ 早速向かう イイッスね。 老朽化で現在は使用できないステンレス滑り台は問題なさそうですが、本体が朽ちるている。
炭鉱坑道で作業する時に使用するヘルメットとライトの形らしい 
旧炭鉱本当に面白い また巡るか?

ダイソン分解

【我が家のダイソン】

最近購入した中ではNASとハンディ掃除機のダイソンが大満足 NASはストレス無しにスマフォからも無問題で快適 でダイソン使用してると問題発生 ネットでも言われた匂い これはキツイぜ!!
基本ダイソンは分解すると保障は無いとのことですが、使わず箪笥の肥やしに成るならいっそ遣っちゃえってことで 自己責任でバラバラ 中性洗剤で綺麗にして天日乾燥して組み立て モーター部分も分解出来ますが今回はフィルター入荷待ちで後回し

構造が複雑な故 あっちこっちに溜まる バラして思った密閉状態が完璧じゃないと本当のサイクロンの能力が出ない精度が悲しい。 特許でガチガチのダイソンさん どうですかJAPAN製で作りませんか。 いい仕事しまっせ!!

お酒チビチビやりながら正味2時間ほど、手順を覚えれば1時間も掛からないと思う、これで匂い無し。

高原温泉の手前の温泉マーク

温泉マニア必見の国土地理院の地図は穴が開くほど見てるよね。 ヤンベタップ川沿いの温泉マークが気になるよね。 じゃー行ってみよう 地図があるので、GPS最近はスマホでも打ち込めるから積極的に利用しなきゃ宝の持ち腐れだよ。 精度は置いといてだけど

【GPSが示す場所】

道路を歩くのは今回の同行者二名 マークが示す場所が正しいと思ってはいけない 作成された時期はかなり古くGPSも無い しかも幾度の河川の流れの変更でとんでも無い所とか、最悪枯れてる場合も多数 この辺かと当たりをつけた場所は

【沢流れ】

ここじゃ無いと即決 理由「なんとなく」 近くを探索にかかるか これからが本番 

【非常に怪しい】
よく見てね 右の下の岩から赤く流れ見えない ビンゴだぜ

【湧出地点】

何時もの儀式 突っ込むよ 湧出量は少ないものの 温度は、39.1℃ってどんだけ~ 私がワーワー騒ぐから、靴汚れるから行かないも~と言ってた同行者も好奇心に負けて参戦する。

【靴汚れてるよ】

楽しいぜ源泉探索  こちらはヤンベタップの湯でいいのかな 本当にネタ無くなった。 けど今回 高原温泉山荘の源泉について新たな記述を発見 けど再度年内に行けるかは困難だね、過去情報では想像も出来ない源泉かも?? 真相は来年になるかも で誰か行ってみる?

ニューホームラン・市内

【ニューホームラン】

大好きな旭川食堂系 ランチ時間ではライスが付き 帰りにはお土産とか 忙しい時に丼下げたら割引してくれたり 愛すべき食堂 かーさんは気さくで何時までも頑張ってもらいたいお店
最近、気になることがある、余りにも塩っぱい もう少し控えてくれたらと思う、爺でした。

高原温泉付近を散策

【沸騰沼】


【勿論覗いてみる】

勿論ブクブクより盛大に絶賛沸騰中

【近くのボッケ状態沼】

阿寒等で見るボッケとは比べ物にならない賑やかさ。

【地面温度】

こちらの床暖は41℃ 広い邸宅 羨ましい。 

【あれを突っ込む】

100℃越えそうな勢い 壊れたら困るので最終温度は不明 沼を巡るコースにも数ヶ所温泉はあります。 基本スニーカーで行く源泉しか行かないので、他の人に任せます。
高原温泉で使用されてる源泉は中々分からないよね、ただ過去資料によるとこの地点では無いらしい。
源泉は別にして誰でも入手できる地理院の地図にも温泉マークが表記されてるから直ぐに分かる筈 ただ立ち入り不可だったりする。

羽衣の滝

【羽衣の滝】

平成25年の土砂崩れで、遊歩道が閉鎖 5年の月日が流れ6月11日に復旧 早速訪問 勿論行って来ました。 滝を愛でてどうだと思う私じゃないけど、心表れます。
過去の画像見ると滝壺も写ってるのもありますが、そこまでは近寄れません。
源泉好きな私はどう撮ればいいか分からないので、適当にパシャ 勿論ここは天人峡温泉 その辺を嗅ぎまくる。 源泉は普通に在る訳で、川原に湧く湯

【赤い流れ】

小雨降るに日 降りて行きたかったがガレ場と雨で多分スッテんコロリの可能性大 望遠でしかもトリミングの画像で御免 なんとか続けそうな謎の湯シリーズはいかに

謎の湯

【川沿いを散歩】

雪解で水量は多い 対岸の日陰にはまだ積雪 川沿いの道をトボトボ歩いて行くと、怪しげな流れ 

【怪しいと睨んだ流れ】

ほら藻が成育してるのを見逃さない。 早速何時もの儀式

【泉温は20.4℃】

25℃に満たないので冷鉱泉です。 たかが20℃と思うでしょうが、されど20℃なんですよ 試しに10mほど離れた流れは13.2℃ だからどうしたと言われりゃ返す言葉はないけど 楽しければいいのさ

謎の湯

【目玉のオヤジⅡ】

人工物から流れ出す源泉 真上から見ると鬼太郎の目玉のオヤジ 源泉で目玉のオヤジと言えば、以前、2011/07に紹介した道央で人知れず湧くアワアワな湯の「目玉のオヤジⅠ」が巷では有名 って何人知ってるのって言う位しか知らない(笑い
Ⅱはやや大人しめの湧水量 推測20ℓ/分でⅠの様な泡付きは少な目 勿論あれを突っ込む何時もの儀式

【泉温】

適温じゃないですか、けど中々困難だよ 写ってないけど横はバンバン車が通るからな~ て誰に話してる さて? 興味尽きないで付近の川に下りてみた

【気になる流れ】

キラキラ輝く川に流れ込む 元を辿りいつもの儀式

【泉温】

泉温45℃ これまたお子ちゃまプールで利用すれば快適 けどここも橋から丸見え さー如何する? ここまで書けばマニアには有名どころで察しが付くだろう。 湧出が川沿いなので中々無料湯とはいかない、勿論 強者は上流部を紹介していますが普通にこちらをUPしてるのは少ない。
楽しい探索 じゃ帰ろうか、現在も「スニーカーで行く謎の湯」シリーズは精力的に行動中ですが、旭川拠点で日帰りでは、そろそろネタも無くなってきた では(笑

用水路と夕日

P5210098.jpg
ラーメン食べた帰り道 田んぼにも水が入りました。 日の暮れる時間も遅くなり遊べる時間も増えてくる  さー次はどこ行く。

謎の湯

【謎の湯】

コンクリ槽の湯溜まり 結構な汚れで最近は利用されていない現場 ここは某有名温泉宿地域で対岸で見つけたが、対岸に兆候は有ったと情報は知ってるがここまで立派なコンクリ槽があるのは初めて、湧出は何処と探すと横のパイプがらと推定

【湧出パイプ】

推定1~2ℓ/minほどの湯は、44℃といい温度だったりするが、どの様な施設があったのかは不明な湯
今回は集中UPした謎の湯シリーズ如何でしたか、スニーカーで行ける源泉が基本 これからもよろしく。

謎の湯

【謎の湯】

謎の湯ついでに、UPしよう。 
昔々ある地区に41℃の温泉が天然湧出して付近住人に利用されていた、昭和中期に100mのボーリングが行なわれ、暫らくは某署で利用されたが、某署も無くなり残るは昔からコンコンと湧く湯が残り地元民が守る。 その後 無節操で心無い利用者の増加により惜しまれながら閉鎖
けど源泉は湧いてるわけで、コッソリと足元湧出はあるわけで、現在は34℃の源泉が湧く

時々教えてくれないかと聞かれますが、心もとない利用者により、地元利用者に迷惑を掛けたりしてる湯も多数見てきた管理人 正直利用しようと思い怒鳴られたことも有り 苦労だが自分で探のが基本と思う そして探したらその湯を利用してる人の事も分かり自ずと、温泉を愛する人の事もわかると思ってる。 色々なアプローチがある 図書館は宝庫だよ! ってそこかよ! 

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ