仕事休み  ある日の散歩 抜けるような青空 ついつい空を見ちゃうよね。 
札幌方面から来たな~と見てると反対側からもう一機 旭川上空ですれ違う、慌ててカメラを取り出し向けるが、慌ててるので構図なんか考えてる暇無し! 葉桜を入れるのが精一杯 お気軽ズームしか持ってないし
自宅で調べると、北米とアジアの都市を繋ぐ航路が旭川上空のようです。 快晴の日は上を眺めて思い馳せるのも一考

サクラ・さくら・桜

【サクラ】
 P5040016

【さくら】
P5040016
さくらが開花した5/3 チャリで満開してる木はないか散歩 まず常盤公園へ 咲いてはいるものの満開には1~2ほど早いかな さらに別スポットに移動 
堤防のサイクリングロードで花咲スポーツ公園へ
二本ほど満開 皆分かっていて満開の木の下にはファミリーでくつろいでいました。 話を伺うとこの一本が満開なので、足を止めたとの事 私もカメラを出してパチリ 更に公園内を探すともう一本発見 樹それぞれ色が違い見飽きないね。
さらにお勧めの道にいったがここはやっと咲き始めた頃

P5040021
今日の風とチョッとの雨でだいぶ散っちゃったかな? GW最後の明日の天気は・・・

GWも後半に突入

P5020001.jpg
GWも後半 どうお過ごしですか? GW突入寸前、仕事終わり十勝岳・旭岳がクッキリ  上の画像は東川から 
急遽 就実の丘に向かおう。 
既にカメラ好きがちらほら 人気スポット
パノラマなんか撮ったがまったく駄目 やはり風景はフルサイズと思う・・・
 
最近 またカメラに不満が続出 ただ単なる個人的な好みなのですが、今のカメラ手元に置ければいいですが、そんな予算はないので、メーカーを変えるとなると、レンズマウントが違うのでレンズ・本体全換えになり出資も掛かる。 以前使ってたFUJIに・・・ FUJIの不満は標準レンズが近接が苦手 マクロレンズが必要 jpegの取ってだしの画像は私好み。
 
勿論色んな理由はあるが、強力な手振れ補正のオリンパス 夜間でも手持ち撮影可能は魅力的 けど吐き出す画像が素敵過ぎるfuji けど手振れはレンズに頼る しかし高感度に強い アー悩ましい。  でもとか、しかしとか続く 悩ましいではでは

時にはこんな画像もいいかな

【時には】
P4010020
当ブログは基本 利用したお店を全て紹介していません。 美味しくなかった記事書くのは辛いしね。 
上の画像はドライブして向かったお店 いや~久しぶりに驚いた!! 画像もボケボケ
その時注文したのは、しょう油と味噌 しょう油:魚介は感じるが、旨みがゼロ 味噌:塩っぱいだけ、これまた旨みゼロ しかも麺はノビノビときたもんだ、ここまで来ると天晴れです。

毎日外食してる訳も無く、休日中心に食べ歩くスタイルで年間を通して、ラーメンなら連食することも有りますが、多分150食まで行かないと思います。 ラーメンオフ会に呼ばれて何故か出てますが、メンバーの中では圧倒的に少ないのが現状
時にはメンドクサイから止めようかと考えたことも在りましたが、現在もだらだらとブログ絶賛継続中とりとめも無い記事で今回もアップでは 

集う飲兵衛たちが

【飲めよ・喋れよ 猛者たち】
P3150023
最初はビールで取り合えずで乾杯 腹の探りあいと思いきや、そこはかって知る面々 そんな所に今宵の料理は

【煮〆】                              【冷や奴】
煮〆 冷や奴

【かに】                              【つぶ】
 P3150010 P3150013

【煮たこ】
P3150009 知らぬ間にビールから日本酒・焼酎に変わってる。  
ディープな話題で盛り上がるこじんまりした集まり、盛り上がる。
家庭料理だよと出てきた料理は、こ洒落た料理ではないですが、安心する味 しかも一品の量が多い。 そろそろ限界も近づいたな。
 
お腹もそろそろ一杯なのですが、ここに来て天ぷら それもドッサリ 
 
【天ぷら盛り合わせ】大鉢でドーン
P3150008
笑っちゃうよね、かーさんこんなに食べれないよ~ と言いながら楽しい時間は進む てまだ出てくるの!!

【いか】大鉢でドーン
P3150014
いい味付けだね またまた進んじゃうよ けど済みません かーさんもう食べれないっす。
お店自慢の料理出そうと思ってたのに・・・ 分かりました食べましょう

【焼きそば】
P3150015
長年通っていて、かーさんのお勧めが「焼きそば」だったとは、初めて知った 固めの麺 べチャッとしてなく見かけよりアッサリ頂けるかーさん自慢の一品  全ての料理を完食出来るわけも、残った料理はお持ち帰りしましたのでご安心を 今回集まった面々の〆は、こちら

【しょう油ラーメン】大盛りは通常でも2玉使用してます。
P3150018
テンションマックスの飲ん兵衛達 ラーメンにはチョッとうるさい そんなことを知ってか知らないが このラーメン美味しいです 勿論一人一杯なんて無理だから大盛りを皆でシェアー お腹一杯にも関わらずスープまで完食 美味しい。
また利用するね。 昭和32年先代が暖簾を掲げ開店 現在2代目が店を守る 何時までも続けてほしいお店

共同学舎新得農場 ミンタル

【共同学舎新得農場 ミンタル】
P3040069
帰り道で、チーズを買いに「ミンタル」さんへ 過去記事はこちら 6年ぶりです、白樺の先に農場があります。 ランチでもと思っていたのですが、同行者が温泉入ったら何か腹へったなんてのたまうのいで、途中でそばを啜ってしまった。
そのお店が大失敗でして・・・チーズの購入のみ

【ミンタル】
P3040067

【店内】
P3040063

【ショーケース】
P3040057
いつか、ゆっくりとランチでも利用したいですね。 自宅で美味しいチーズをつまみながらちびりちびり 美味しいね。

共同学舎新得農場 ミンタル
住所:新得町字新得3-1
電話:0155-69-5600
営業時間などは、ミンタルさんのHPでご確認ください。

sintoku

おりべ・市内

【和菜酒房 おりべ】
PB040001

【店内】
PB040004

【乾杯 かんぱーい】
PB040006
街に繰り出した、飲べー達 今夜も飲むぞー 同好会みたいな集まり 今回は5名参加
一軒目は味特さん向かいの「おりべ」さん 料理も抜群に美味しいですが、それに増して接客がとても気持ちいい。 リピ決定! 最近の事ですが、料理の詳細は覚えていない爺々で画像のみ お許し下さい。

【涎物の料理達】
PB040007  PB040009

PB040012  PB040016

PB040013  PB040017

PB040018 よく食い よく飲む 記憶に残ってる限り、他にたちぽん、つくね食ってる。 ビールで始まり途中で〆張鶴 純の冷に変わってた。

美味しい料理と、お酒 しかも年齢は異なるものの、好きな話題で飲み明かす集い

私が一番上の爺ちゃんですが なにか(爆
サンロクに解き放れたオタク達は、足取りもおぼつか無いなか、さらに放浪を続け夜はふける。

【ふらつく足取り】
PB040024

和菜酒房 おりべ
住所:旭川市2条通7丁目 プラネット2・7ビル 1F
電話:0166-67-2555
営業:17:30~1:00
休み:日曜

旧A温泉跡

【旧A温泉三景】
PA160033
PA160044
PA160039
↑クリックで拡大
何年振りかで訪れた、今では地元の人でも殆ど忘れられた温泉(冷鉱泉) その昔この場所まで中央バスの路線が有った事など誰が信じるだろうか。  現役時代の施設資料は全く無く、現存してる施設にあったのか今なお謎 
以前より更に木が生い茂っています。 建物の四隅にはアライグマなのか、罠が設置

【源泉】
PA160034
硫黄臭と共に冷鉱泉がじわじわ湧出 昔は動力楊湯に利用したと思われるポンプが近くにあったのですが、今回は見つけられませんでした。 本当は別の湯探していたのですが見つけられず、またここにたどり着く(苦笑
普通に近郊散策して帰ろう

【公園】
PA160069

残念 ラーメン

PA120015
年間 100+@のラーメン食 ヘビーなマニアには足元にも及ばない 年間平均三日に一食ペース  片っ端から攻めるのも出来ないので、選ぶも時として大外れも多数ある。  
九州と言ったら豚骨と構えたが 薄い・濃くなし・麺残念・チャーシューこれまた残念 これもまた楽し。

PA100036
パッと見は食堂系 レンゲで一口 しょう油ラーメンにゴマ油か~ ゴマの香りが強すぎです。 多分ゴマ油を入れなければソコソコのレベルと思うのですが、何故入れる老舗店 
麺は札幌麺 麺画像は残念度が強かったのか自宅で確認するとブレブレでした。 旭川のお店ではありません。

栗拾い

【とげ とげ君】
PA160027
落ちてた。

PA160029
割ってみた

PA160030
カゴに入れてみた

PA160032
まだまだ落ちてる 塩茹でした。 塩入れすぎた! けど酒のつまみに最適 来年も来なきゃ

栗 栗 栗

【すげー栗だらけ】
PA100025
散策してると、栗発見 付近にもあり、すでに落ちてカラスに食べられた跡あり しかし殆どは枝に付いた状態 さー次の休日は栗拾いだ~ ですが正直栗拾いなんかやったことないし、棘々は靴で踏んで剥き、金鋏でGet?
沢山とったら 栗飯 栗飯 そして栗飯 思いつかない

牛さん・とんぼ君

PA020079
↑クリックで拡大
何時も背中有難う、止まるのに丁度いい
トンボ君 好きにとまっていいよ。
 
[うし]最近管理人の「いわ」 テンパッテルね 急がないと今期終了するお店を沢山かかえてらしい、頭ぐるぐる状態
[トンボ]今 一日おきのアップだよね、 大した情報も無いのに、あいつ筆遅いし無理じゃね じじいだし
[うし]そこまで言ったら悪いよ お年寄りなのは間違いないけど・・・
[トンボ] この画像も今日だよ こんな記事アップしないで 早く書け
[うし]まー温かく見守るしかなんじゃないの けど私女だし ぼけてるし

車を走らせる、向かうはあのお店

【ベベルイ】
P9170019
富良野に用がないときは何処通る、上富良野の自衛隊から斜め通り入り布部に抜けるのも良いけど、更に山よりの自衛隊の演習地沿いに抜ける道もある。 途中にはベベルイの湧水原始の泉もある。 布礼別(旧農協が宿と食事のお店になってた)通り、麓郷、東山に抜ける。

更に山沿いの道で、樹海小から左折して西達布に抜ける道が最短 夏なら気持ちいいルート 
冬は通りたくないルートなのでノーマルが一番かな 
途中で高速に乗り目指そう。

【阿寒神社の幟】
P9170022
片道300㎞ そろそろ目的地 看板見てたら「雄別」の手前なんだ けど旧炭鉱は見たいけど時間がない。 ようやく目的地に到着 では楽しもう。

ホウズキが咲く源泉地帯を歩く

【ホウズキ】
P9110059
北海道では中々自生では見られないので、以前ここに人が居たことを思わせる、山間の源泉地帯を歩いてみよう。 かなり前から硫化水素と微量の金気臭 大好きな香り(爆 
さーきたよ お迎えだ やや黒い流れ

【流れ】
P9110058
既に温度計突っ込んでるし ミネラル分も豊富ゆえ 藻も大発生で滑る滑る 気をつけなきゃ 
ここは層雲峡の湯を守る源泉 温泉郷からは少し離れていて殆ど知られてなく、訪れる人はマニアのみだろう ついでだから温度計も見てみよう。

【48.2℃】
P9110057
坂の途中が湧出現場なのでここで入浴するのは困難 じゃーもう少し山側に向かおう。 長年あった施設は解体して更地になってた、その源泉と思われる湯発見

【崖下土管の湯】
P9110065
表面は温泉成分と汚れが浮いている、深さは不明ですが、サイズは入れそうな大きさ 入りませんよ。  温度は47.5℃とこのままでは熱過ぎ 水を入れたポリタン持参 下の川水をトボトボ歩いて持ってくるか方法を考えなければいけない。 では下って川のほうへ向かおう。

【川沿い】
P9110094
川に向かう途中にも、何やら塩ビ管から湯気と湯溜まり 付近はぬかるんでるので長靴は必要だよ。 結構な水量です、近づき上から眺めると

【おう穴】
P9110097
旭川の「神居古潭おう穴群」と同じ穴と小石発見! 画像では判らないが、この近辺も蒸気が漂い、おう穴も温泉で満たされてる。 更に下流に向かう

【川岸の温泉成分】
P9110102
これ以上は進めなく今回は撤収しよう、次回はザイルでも持ってくるか(苦笑  

撮影NG


店に入ってメニュー撮ったり、テーブルを離れてカメラ持ってるとオーナーから「御免なさい、撮影ご遠慮して下さい」 よく見るとカウンターにカメラに横棒 駅そばで× だったり 時々遭遇することがある。
 
温泉画像はフロントに人が居れば勿論、許可取りますが、現実には殆ど取りません、何故かというと人の居ないときまで待つからです。 後からトリミングで済ますなんて、撮られた方にはいい迷惑
多分利用者はカメラ持った変な親父が浴槽のヘリ撮ってるぞ位にしか思ってないと思います。 温泉ではカメラ持つと同じ湯に入って話すると微妙な連帯感? で「おー入ってところ撮ってやっるよ」と話が進むこと多数 こうなれば皆協力してくれる。

料理は基本お金払ったら自分の料理と思ってるので、駄目だしされない限り撮影しますが、ラーメン撮るときは麺延びるので1分も掛けず、さっと撮り終えます。 勿論ここでオーナーが声掛けてくれたらラッキー カメラ・ラーメンの話で盛り上がる。

撮影NGのお店も最初はNGではないはず、どのような経緯でNGになったのか、聞いてみたいですね。 

謎の湯で計ってみた。

【何か色が付いてるね】
P8140032
普段歩いてると 道路の色が変わってるところってあるよね。 勿論なんだろうと立ち止まる この先はどこに続くのかなと単純に探す たどって行くとそれらしき場所発見 皆車に常備してる温度計あるよね、温度測ってみよう

【すげー 39.9度もあるじゃん】
P8140033
適温ですな~如何せん湧出量が微量でどう頑張っても無理  って入る気満々ですが万策尽きる。
ph計とは言わないが、外出時の温度計は常備 これ基本(笑い 

八条プレジャー・市内

P8160075 市内文化会館の裏の銭湯 開業は大正7年 8条プレジャーの上には旭鉱泉の文字 店内の表示では170mからくみ上げる冷鉱泉、昔から体が温まると言われていた。

源泉には硫黄成分が含まれるようだが、適温まで加熱してるので殆ど飛んじゃってるのが残念 店内には温泉分析表の表示は無い。 どんな成分が含まれるか非常に興味が有りますが、手持ちに資料には載っていません。 
入り口を入るとロビーがあり受付があり料金を支払い男女左右に別れ脱衣場に向かう。

【ロビー】
P8160054

【脱衣場】
P8160056
大きい鏡の上には企業の看板が銭湯スタイルが懐かしいくスーパー銭湯にはない一品 これまた骨董級の20円硬貨を吸い込むドライヤー 多分硬貨は戻りません。 浴場に入ってみましょう。

【浴場】
P8160063
縦長の円形湯船と奥に寝風呂 こじんまりしたサウナ 洗い場は三列 ケロリン桶と冷温の蛇口が懐かしい 久しぶりに来た銭湯 高校時代友人と市内全ての銭湯を回ったことがあるが、今となっては記憶もおぼろげ。 
記憶に残るのは3条2丁目付近にあった多分「登別湯」と思うが立派な造りでぶっ飛んだものだ。
現在、旭川浴場組合加盟店は24軒(市内22軒・上川1件・美瑛1軒) 現在スタンプラリーも実施中 この機会に参加するのも楽しいけど一人では途中でリタイアしそう。

懐かしい銭湯文化を美化するわけではないが、小さいときは勿論怒られたことも多数 まーこれ以上書くと、ジジイがなんか言ってるはと言われるのでこの辺で止めます。
旭川浴場組合 スタンプラリーの詳細はライナーさんのHP

旭鉱泉湯 (八条プレジャー)
住所:旭川市8条通9丁目
料金:440円
電話:0166-23-8022
営業:14:00〜22:30
休み:水曜

 header_douyoku_logo

川で遊んでみた

【林道をテクテク】
P8140023
お盆休み 家にいるのは勿体ない 源泉湧出現場へGO! 車を止めて林道を進む今日も日差しが強いが木陰に入るとしのぎ易い 遠くには噴煙を上げる山並み 気持ちのいい林道も暫くして終了 ここからは藪に分け入る

【進むよ】
P8140021
下草が少ないからそれ程でもないし、基本スニーカーで行く源泉を目指してるので簡単だよ けど今回は川脇の源泉なので長靴履いています。

【川に着く】
P8140004
最近雨が少なかったので水量が減っていると期待したが、思いのほか多く対岸にある湧出地点には渡れない、見るだけでもいいし。 川を下る長靴で正解 足が冷たくて気持ちいい、どんどん下っていこう。

【対岸の白い流れ】
P8140009
右岸の水面下から涌く この地点から下流に15mほど水面下に白い流れが続く 川藻の緑と清らかな流れと白い流れが綺麗で暫し時間を過ごす。

【一番湧水量が多いと思われる地点】
P8140010
渡れる所ないか上ったり下ったり やはり無い模様今回も断念  暫くすると殆ど兆候は見えず、下流の橋からは上流に源泉が在るとは誰も思いもつかないだろう。
渇水時は冬季なのか、スノーシューでもなければ来れないな、悩むところだ。 

花火撮ってみた・市内

【調子に乗って花火一枚目】
P8140013
経験も無く挑んだ花火 無限遠では駄目な模様 てどこにどれ位の大きさで出るか最後まで分からない しかもこんなに花火の軌跡って太かったけ?

【調子に乗れず花火二枚目】
P8140029
ちょっと絞り・ピント変更 相変わらずどこを狙って好いか分からず

【調子はずれの花火三枚目】
P8140023
最後まで試行錯誤  ニコキャノ・フルサイズ・三脚軍団は最前列 もちろんそこに入ることも出来ず、かなり後方からフニャフニャ三脚を遠慮がちに設置 全体像じゃなく、望遠で切り取ってもいいかなー て望遠持ってないし(笑い
危ない危ない レンズ沼には引き込まれないぞ~ 折角APSサイズ売り飛ばしてマイクロフォサイズにしたのに 

ペルセウス流星群

【夜空見上げてみた】
P8120031
屋根に登って、オヤジが使ってたフニャフニャ三脚だして構えてみる。 夜空にレンズ向けるのは初めて AFが効く訳なく取あえずレンズの焦点距離を無限遠に合してみよう。
SS・F値は適当 カメラにお任せ状態 何回か撮って確認してこの辺かなと決め後は放置するのみ

三脚の下はトタンなので確認に行く度に微妙に揺れています、終了する時はカメラ本体に触らないと停止出来ないのでまた揺れています。 スマホアプリあるけど、ガラ携じゃ無理・・・ リモコンないし
画像をクリックすると少し大きな画像になります。 見づらければダウンロードも可 動かない光源はセンサーの汚れなのか?
こんなに簡単に出来るとは やばいはまりそうです。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ