車を走らせる、向かうはあのお店

【ベベルイ】
P9170019
富良野に用がないときは何処通る、上富良野の自衛隊から斜め通り入り布部に抜けるのも良いけど、更に山よりの自衛隊の演習地沿いに抜ける道もある。 途中にはベベルイの湧水原始の泉もある。 布礼別(旧農協が宿と食事のお店になってた)通り、麓郷、東山に抜ける。

更に山沿いの道で、樹海小から左折して西達布に抜ける道が最短 夏なら気持ちいいルート 
冬は通りたくないルートなのでノーマルが一番かな 
途中で高速に乗り目指そう。

【阿寒神社の幟】
P9170022
片道300㎞ そろそろ目的地 看板見てたら「雄別」の手前なんだ けど旧炭鉱は見たいけど時間がない。 ようやく目的地に到着 では楽しもう。

ホウズキが咲く源泉地帯を歩く

【ホウズキ】
P9110059
北海道では中々自生では見られないので、以前ここに人が居たことを思わせる、山間の源泉地帯を歩いてみよう。 かなり前から硫化水素と微量の金気臭 大好きな香り(爆 
さーきたよ お迎えだ やや黒い流れ

【流れ】
P9110058
既に温度計突っ込んでるし ミネラル分も豊富ゆえ 藻も大発生で滑る滑る 気をつけなきゃ 
ここは層雲峡の湯を守る源泉 温泉郷からは少し離れていて殆ど知られてなく、訪れる人はマニアのみだろう ついでだから温度計も見てみよう。

【48.2℃】
P9110057
坂の途中が湧出現場なのでここで入浴するのは困難 じゃーもう少し山側に向かおう。 長年あった施設は解体して更地になってた、その源泉と思われる湯発見

【崖下土管の湯】
P9110065
表面は温泉成分と汚れが浮いている、深さは不明ですが、サイズは入れそうな大きさ 入りませんよ。  温度は47.5℃とこのままでは熱過ぎ 水を入れたポリタン持参 下の川水をトボトボ歩いて持ってくるか方法を考えなければいけない。 では下って川のほうへ向かおう。

【川沿い】
P9110094
川に向かう途中にも、何やら塩ビ管から湯気と湯溜まり 付近はぬかるんでるので長靴は必要だよ。 結構な水量です、近づき上から眺めると

【おう穴】
P9110097
旭川の「神居古潭おう穴群」と同じ穴と小石発見! 画像では判らないが、この近辺も蒸気が漂い、おう穴も温泉で満たされてる。 更に下流に向かう

【川岸の温泉成分】
P9110102
これ以上は進めなく今回は撤収しよう、次回はザイルでも持ってくるか(苦笑  

撮影NG


店に入ってメニュー撮ったり、テーブルを離れてカメラ持ってるとオーナーから「御免なさい、撮影ご遠慮して下さい」 よく見るとカウンターにカメラに横棒 駅そばで× だったり 時々遭遇することがある。
 
温泉画像はフロントに人が居れば勿論、許可取りますが、現実には殆ど取りません、何故かというと人の居ないときまで待つからです。 後からトリミングで済ますなんて、撮られた方にはいい迷惑
多分利用者はカメラ持った変な親父が浴槽のヘリ撮ってるぞ位にしか思ってないと思います。 温泉ではカメラ持つと同じ湯に入って話すると微妙な連帯感? で「おー入ってところ撮ってやっるよ」と話が進むこと多数 こうなれば皆協力してくれる。

料理は基本お金払ったら自分の料理と思ってるので、駄目だしされない限り撮影しますが、ラーメン撮るときは麺延びるので1分も掛けず、さっと撮り終えます。 勿論ここでオーナーが声掛けてくれたらラッキー カメラ・ラーメンの話で盛り上がる。

撮影NGのお店も最初はNGではないはず、どのような経緯でNGになったのか、聞いてみたいですね。 

謎の湯で計ってみた。

【何か色が付いてるね】
P8140032
普段歩いてると 道路の色が変わってるところってあるよね。 勿論なんだろうと立ち止まる この先はどこに続くのかなと単純に探す たどって行くとそれらしき場所発見 皆車に常備してる温度計あるよね、温度測ってみよう

【すげー 39.9度もあるじゃん】
P8140033
適温ですな~如何せん湧出量が微量でどう頑張っても無理  って入る気満々ですが万策尽きる。
ph計とは言わないが、外出時の温度計は常備 これ基本(笑い 

八条プレジャー・市内

P8160075 市内文化会館の裏の銭湯 開業は大正7年 8条プレジャーの上には旭鉱泉の文字 店内の表示では170mからくみ上げる冷鉱泉、昔から体が温まると言われていた。

源泉には硫黄成分が含まれるようだが、適温まで加熱してるので殆ど飛んじゃってるのが残念 店内には温泉分析表の表示は無い。 どんな成分が含まれるか非常に興味が有りますが、手持ちに資料には載っていません。 
入り口を入るとロビーがあり受付があり料金を支払い男女左右に別れ脱衣場に向かう。

【ロビー】
P8160054

【脱衣場】
P8160056
大きい鏡の上には企業の看板が銭湯スタイルが懐かしいくスーパー銭湯にはない一品 これまた骨董級の20円硬貨を吸い込むドライヤー 多分硬貨は戻りません。 浴場に入ってみましょう。

【浴場】
P8160063
縦長の円形湯船と奥に寝風呂 こじんまりしたサウナ 洗い場は三列 ケロリン桶と冷温の蛇口が懐かしい 久しぶりに来た銭湯 高校時代友人と市内全ての銭湯を回ったことがあるが、今となっては記憶もおぼろげ。 
記憶に残るのは3条2丁目付近にあった多分「登別湯」と思うが立派な造りでぶっ飛んだものだ。
現在、旭川浴場組合加盟店は24軒(市内22軒・上川1件・美瑛1軒) 現在スタンプラリーも実施中 この機会に参加するのも楽しいけど一人では途中でリタイアしそう。

懐かしい銭湯文化を美化するわけではないが、小さいときは勿論怒られたことも多数 まーこれ以上書くと、ジジイがなんか言ってるはと言われるのでこの辺で止めます。
旭川浴場組合 スタンプラリーの詳細はライナーさんのHP

旭鉱泉湯 (八条プレジャー)
住所:旭川市8条通9丁目
料金:440円
電話:0166-23-8022
営業:14:00〜22:30
休み:水曜

 header_douyoku_logo

川で遊んでみた

【林道をテクテク】
P8140023
お盆休み 家にいるのは勿体ない 源泉湧出現場へGO! 車を止めて林道を進む今日も日差しが強いが木陰に入るとしのぎ易い 遠くには噴煙を上げる山並み 気持ちのいい林道も暫くして終了 ここからは藪に分け入る

【進むよ】
P8140021
下草が少ないからそれ程でもないし、基本スニーカーで行く源泉を目指してるので簡単だよ けど今回は川脇の源泉なので長靴履いています。

【川に着く】
P8140004
最近雨が少なかったので水量が減っていると期待したが、思いのほか多く対岸にある湧出地点には渡れない、見るだけでもいいし。 川を下る長靴で正解 足が冷たくて気持ちいい、どんどん下っていこう。

【対岸の白い流れ】
P8140009
右岸の水面下から涌く この地点から下流に15mほど水面下に白い流れが続く 川藻の緑と清らかな流れと白い流れが綺麗で暫し時間を過ごす。

【一番湧水量が多いと思われる地点】
P8140010
渡れる所ないか上ったり下ったり やはり無い模様今回も断念  暫くすると殆ど兆候は見えず、下流の橋からは上流に源泉が在るとは誰も思いもつかないだろう。
渇水時は冬季なのか、スノーシューでもなければ来れないな、悩むところだ。 

花火撮ってみた・市内

【調子に乗って花火一枚目】
P8140013
経験も無く挑んだ花火 無限遠では駄目な模様 てどこにどれ位の大きさで出るか最後まで分からない しかもこんなに花火の軌跡って太かったけ?

【調子に乗れず花火二枚目】
P8140029
ちょっと絞り・ピント変更 相変わらずどこを狙って好いか分からず

【調子はずれの花火三枚目】
P8140023
最後まで試行錯誤  ニコキャノ・フルサイズ・三脚軍団は最前列 もちろんそこに入ることも出来ず、かなり後方からフニャフニャ三脚を遠慮がちに設置 全体像じゃなく、望遠で切り取ってもいいかなー て望遠持ってないし(笑い
危ない危ない レンズ沼には引き込まれないぞ~ 折角APSサイズ売り飛ばしてマイクロフォサイズにしたのに 

ペルセウス流星群

【夜空見上げてみた】
P8120031
屋根に登って、オヤジが使ってたフニャフニャ三脚だして構えてみる。 夜空にレンズ向けるのは初めて AFが効く訳なく取あえずレンズの焦点距離を無限遠に合してみよう。
SS・F値は適当 カメラにお任せ状態 何回か撮って確認してこの辺かなと決め後は放置するのみ

三脚の下はトタンなので確認に行く度に微妙に揺れています、終了する時はカメラ本体に触らないと停止出来ないのでまた揺れています。 スマホアプリあるけど、ガラ携じゃ無理・・・ リモコンないし
画像をクリックすると少し大きな画像になります。 見づらければダウンロードも可 動かない光源はセンサーの汚れなのか?
こんなに簡単に出来るとは やばいはまりそうです。 

旭川二コラス展望タワー・市内

【二コラス展望タワー】 サンタプレゼントパーク
P8050001
冬季は市内から一番近いスキー場 ナイター時は良く見える、6~9月の間頂上のタワーを開放 市内から見ていて気になっていました。 今回 前回助っ人で来た「harupon」が来たので一緒に行って来た。 車(乗用車)一台が800円なので、満車で行けばお得感が増す。

とりあえず、タワーに昇ってみましょう。
【タワー展望台】
P8050006
薄暗くブルーのLED照明 雰囲気ありますね けど夜景を撮るとなると、ガラスが邪魔 ワーとか綺麗とか言ってる女性陣を後に下に戻った。
 
【旭川夜景】
 P8050012↑クリックで拡大
夜景撮影は本当に難しいと思う。 まだまだ勉強不足 けど頑張ろう 面白いから。 

旭川二コラス展望タワー
住所:旭川市神居町富岡555番地の2
電話:0166-63-3232
夏サンタの営業:6月~9月
時間:18:00~21:00
営業日:金土日・祝日
料金:普通車:800円
旭川サンタプレゼントパークさんのHPはこちら santa  

砂川オアシスパーク

【砂川オアシスパーク】
 P7300098

【遊水池】
 P7300088

【案内板】
P7300096
全く知らなかった 12号線を曲がると直ぐにある広大な敷地と遊水池 
砂川観光協会のサイトから転載 <国の治水事業とあわせて、地域の振興を図る公園として整備が進められた砂川オアシスパークは、 180ヘクタールの敷地に100ヘクタールの水面を有し、パークゴルフやサッカー場、多目的広場、オートスポーツランドなどのスポーツ・レクリェーション施設が整備されています。>
水面ではウインドーサーフィン・ジェットスキー・岸からは釣竿 池を巡るコースではジョギング 冬はワカサギ釣り 夏季には無料のレンタルサイクルもあり一度訪れるのもいい。

砂川オアシスパーク(遊水地)
住所:砂川市西豊沼
参考サイトはこちらをクリック

永山新川の湧水

【湧水のパイプ】
P7290045
人工的な水路で、洪水調整機能を果たすため1987年に着工 2002年に共用開始 工事中から渡り鳥が飛来して市民も訪れるようになる。 
その後余りの餌やりが目に余り、自粛を求めることになる。 けどお願いしてもやり続ける年寄りがいるのも事実 注意しても多分このの輩は喧嘩ごしで反論するのは目に見える ホットコウ
話は湧水の戻ろう 鳥たちは知ってるんだろうね、渡り鳥にとって冬でも凍りづらい場所はDNAに刷り込み済みなのでしょうね。 で常に持ってる道具の登場

【湧水水温・11.6℃】
P7290049
11.6℃と表示 比較のために同じ新川に流れ込む農業用水の温度は?

【農業用水の流れ】
P7290054
立派な造り 田んぼに引き込んだあとなので通常より温度が上がってると思います。

【流れ込む農業用水の水温・17.3℃】
P7290055
4℃ほどの差 湧水は年間を通じて変わらない冬季で11℃は鳥たちにとってはオアシス
渡り鳥が居る所に湧水あり・・・なのかな。 鮭の産卵するところも湧き水ありと聞くし 自然て面白いね。
道内湧水ではこちらが詳しい 道北の釣りと旅 非常に参考になります。

注意:湧水は飲用が完全に保障されてる訳ではありません、あくまで自己責任で

天気のいい日は高台に

P6280035

【街並み】
P6280029
↑クリックで拡大 パノラマなので注意
天気いい日は、気持ちいいよね。 仕事の帰り道 ちょっと寄り道 

某月・某所

【無骨な階段】
P6240011
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P6240016
 P6240021
 P6240022
 P6240032
 夜な夜な集まるメンツ やや肌寒い屋上に集合 何が楽しいかグラスが進む

【更に行くよ】
P6240042
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P6240044  P6240051  P6240049  P6240046  P6240052
お通しが三種類あると聞くと、三種もってこいと頼む メンドクサイ客だ!
またビール飲んでるし グラスで日本酒って獺祭らしい メニューにラーメンあったら無意識に頼むメンバー 「〆のしじみラーメン」をシェアー

【これが本当の〆ラーメン】
P6250063

P6250067
〆はラーメンと言い張る けど前の店で食べませんでしたっけ(笑い 奥にはビールが・・・
お洒落なお店 で醤油でしたっけ味噌・塩 まーどでもいいか 
飲んでるけど、麺上げ撮影(キリッ

殆ど行かない街中、楽しかった。 次回もよろしく。  

街灯・ベンチ

【街灯・ベンチ】

P6190010
↑クリックで画像拡大
最近 天気悪いよね これから大きなイベント目白押しなのに残念 天気に成りますように

PS:クリックしたら超デカイ画像!!  こんなサイズ表示出来るモニター持ってる人いるか
 まーいいか といい加減 

猫の額ほどの

【プンゲンス モンゴメリー】
P6050006-1
クリックで拡大
久々の「猫の額シリーズ」 て無かったっけ 庭の記事って過去記事から探すと
2014/06 2014/05 2010/07 2009/04 2008/09けっこう頑張って、思いのほか紹介しています。
自宅に来たときには45cmでしたが、8年で120cm程に成長 最終樹高3mまではまだまだ掛かるな

【分からない葉っぱ】
P6050041-1
クリックで拡大
名前知らない 今回のテーマ 水滴 猫の額じゃこれが限界 素敵なプロガーデンがいいかも
猫の額の全景を掲載しようと思ったが、ピンポイントでは何とか 全景はただのホッタラカシ 
個人的には自然の力に任せてる 残るものは残る 消え行くものには「御免ね合わなかったんだね。」 と言うしかない。    

行き止まりの先に

【先が雪で通行止め】
雪道
↑クリックで画像拡大
天気のいい休日 体を休める時間にすればいいのに、じっとしていられない。 どこに行こうか決めるなんて野暮 取りあえず車を走らせよう。 1車線だけ除雪した道を発見  進む・・・進む・・・ すれ違うスペースも無く対向車が来たらアウト このまま枝道も無ければ最悪バックで戻らなくちゃいけないけど そこは場数を経験した私 除雪が入ったって事は絶対どこかに抜ける筈、最悪でも除雪車もUターンしてるスペースはあるのは確実
結果は行き止まりで 想像通りスペースがありUターン出来ました。 ここまで来たので撮影ポイントなんて探してみるけど早々見つかるわけも無い。 適当にパシャ

木立の陰影
カメラのアートフィルターって面白いよね。 ただ加工に時間を掛けるのは本末転倒 撮影時に時間掛けなきゃと思うこの頃
どこを切り取るかはその人のセンス センス無いのを自覚(笑い
↑クリックで画像拡大

帰り道

クリックで拡大
今日は寒かった。 年度代わりも近づき仕事が忙しい ついに更新するネタも無くなった・・・。  
何時もの帰り道 適当にカメラだしパチリ
明日がいい日であります様に 

カメラ変えようかな

ブログを初めて現在は4台目

一台目:初PC購入と共に手元に 落下多数・ぶっつけ多数
     勿論手振れ補正なんて無い時代ながら、写りはそれなり、
     ブログ始めて間もなく電源は入らず
二台目:当時 手振れ補正搭載機が出てきて飛びつく 現在姉が所有
三台目:画像センサーサイズのアップ・レンズF値2:0 使用頻度は低いが所有
四台目:ついにレンズ交換タイプ ミラーレス センサーAPSサイズ・・・

三台目のカメラが優秀で長らく使用 もしかして更にカメラが機能アップ(センサー・レンズ交換可)したら凄いかも・・・と思ったのが、大間違い。
ブログの画像サイズなんて決まってるどうせ縮小するし、写真主体のブログでもないし、芸術する気もない、情報が分かればいいと今更思う。 しかも寄れないレンズ群は使いづらいのなんの・・・と言っても手持ちのレンズはキットのズームレンズ+単焦点のみですが
無理して寄るとボケ過ぎで情報が伝わらない。 着席してアングルに困り果てること多々
どうせ中古で購入したカメラ+単焦点レンズ まとめて下取りに出して新たな中古に変えようかと検討中 けして4台目が悪くないのですただ、私の目的のカメラではなかったと云うこと。

でチョッとセンサーサイズおとしてマイクロフォーサーズか、ハイエンドコンデジかな 本体手振れ補正もあるし どうしようかな・・・・好きなのが24ミリ 広角大好き   

今年も宜しくお願いします。

2015.jpg
元旦の日 いかがお過ごしですか。  
細々とながらブログを続けてこれたのも、訪問してくれる方がいるからと、感謝しています。 昨年・その前の年と個人的な話ですが、合計でベット上に3ヶ月+日帰り治療3ヶ月・・・PC持ち込んで更新していました。ご安心ください今は元気一杯

大好きな温泉も行ってるのですが、すでに紹介した近郊の温泉ばかりで発展が無かったのが残念 温泉にメニューなんか無いので次回は味噌だななんて無いし どんどん遠くなり一泊ならまだしも、日帰り湯・源泉なんかさ迷ってたら二泊確実

今年もダラダラMAXの当ブログ お気軽に遊びにきてください。

ほたる名水

西かぐら ほたる名水】
DSCF3965

DSCF3966
雪降る前に行きたかったところがある。 私が温泉プクプク・油田ポコポコ・湧水ドバドバ好きなの知ってる友人が言った一言 「西神楽に湧水があるらしいけど知ってる」 知りませんー
こりゃー探さなきゃ 
探索一回目 こんな奥にあるのー しかも「熊でそう」の一言でわき道に逸れてしまった。
探索二回目 日にちが経つと鬱蒼とした木も葉を落とし、怖さも半減 どんどん進むと 

DSCF3968
ややくたびれた東屋 タイヤ跡はあるが訪問中はペットボトル軍団がいない静かな湧水 20ℓ/minほどが流れ続ける。 冷たく美味しい。
注意:湧水は地元・個人が管理してるのが多く、飲用には自己判断で

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ