淳真・多寄

【淳真】

現在は士別市に併合され多寄町の人気お蕎麦屋さんです。 何回も通り確認はしてるのですが、何時も混んでいるので、今回開店待ちで一番乗りで利用 カウンター利用
開店から少しで満席 凄い人気です。 メニューを見てみましょう 専門店にも関わらず種類が豊富で紹介はしていませんが限定メニューもあります。 で注文したのは

【かも肉つけそば】1650円

メニューにあるとツイツイ頼んでしまう大好きなそば 多く食べた中では最高値!! 蕎麦は細打ちと太打ちが選べますがデフォで細打ち ですがチョッと太目ですね 量もかなり多く、鴨肉もタップリの満足の量

【たよろもりそば】880円

いなり寿司も付く満足の蕎麦 自家農園・自家製粉とこだわりのお蕎麦屋さんです それに伴い価格もそれなりですね。 分かる人は分かりとても人気のあるお店 

淳真
住所:士別市多寄町36線3番地
電話:0165-26-2302
営業:11:30~14:00(無くなり終いあり)
休み:月曜
淳真さんのHPはこちらをクリック

北の食房 ふくろう・士別

【北の食房 ふくろう】

道北士別のお店 2015年に開店 店長は和食・そば担当 それに中華担当のスタッフおり、他で見られないオリジナルメニューもある。
店内は思いのほか広くスペースも余裕がある配置になっています。 メニューを見てみましょう。  何を頼んでいいのか迷う種類です。 迷った末に注文したのは

【麻婆丼】950円サラダ・小鉢付

丼というよりかれー皿ででてきます。 思いのほか量もあり花椒が香りとても美味しいです。 山椒は好きですね、スカッとして後に引かない爽やかな辛味たまらない 大好きな美瑛の「ちゃい」さんと双璧の旨さ  同行者が注文したのは

【担々そば】950円

一口食べて 麺そば~ 担々麵の中華麺と思ったようだがメニューに書いてあるじゃん チョッと想像と違ってガッカリした模様 個人的にも中華麺の方がいいと思うのですが ラーメンがメニューに無いので無理かな?

【五目あんかけ焼きそば】880円

しょう油ベースの餡に具材がタップリですね。 

北の食房 ふくろう
住所:士別西3条1丁目
電話:0165-26-7296
営業:11:00~15:00 17:00~20:30
休み:月曜(祝日の場合は火曜日)

一源・市内

【一源】

市内2軒あるお蕎麦屋さんです。 今回は東4条店を紹介 店内はテーブル席と小上がりがあり、広い年齢層に対応しています。 すでに8割がた埋まる人気店 ランチメニュー・グランドメニューも充実しています 
メニュー ランチだけでもスゲー種類 こりゃー迷うわな~ 勿論ラーメン頼もうと思ったがなんと品切れって 早く言ってよ ラーメンは次回って事で 暫し考え中・・・

【玉子丼セット】810円


【ミニイカゲソ丼+鍋焼そば】900円

この価格でこのサービス お得ですね、しかもランチメニューはそば大盛り無料 食べ盛りの若者も大丈夫 なんて素敵なお店
味も満足できるお味です セットメニュー・丼物もありお勧めできるお店ですね。
サービス券あり セルフの無料コーヒーあり

一源
住所:旭川市東4条11丁目
電話:0166-26-8700
営業:11:00~14:30 実質営業はランチのみなのでメニューはすべて注文可能
休み:火曜

超手抜き

昨年末から、ちょい前まで、意味ないけど それでもブログ更新すすまない それにもかかわらずラーメンの画像は無情にも溜まるはけで じゃ一気に放出 クリックで拡大 枠下にお店表記

龍宝
 
大門
 
大門
 
優鳳

珍来
 
十六文
 
梅光軒 そらいち
 
こぐまん

ばにはつ別家
 
ばにはつ分家
 
第一食堂
 
松月

こうなるとただのアルバム公開(笑い

十六文・富良野

【十六文】

富良野のお蕎麦屋さん スキー場の方面の住宅地にある自宅開放のお店 正直言うとかなり前からブログ仲間から聞いていたが、こんなに遅くなってしまった。 て何年超しやねん(笑
丁度ランチ時間 駐車は家前でなんとか滑り込みセーフ― 店内はテーブル席のみで、奥のテーブルが空いてた。


メニューを見てみよう。 以前はもう少し品数は多かった筈ですが、現在はこちらに落ち着いています。 で注文したのは

【えび天もり】1.000円

せいろに盛られた蕎麦は更科系 しっかりと角がたち、冷水で〆られた蕎麦は流石と言いたくなる。 汁は提供時に少なっと思ったがその心配は無用 思いのほか辛口・濃いめの汁で最初チョン付けでも十分に最後まで堪能した。
雪降る時期には温かい蕎麦も期待できそうだね。

十六文
住所:富良野北の峰34-38
電話:0167-22-5814
営業:11:30~14:30(無くなり次第終了)
休み:水・木曜日

レークハウスしゅまりない


釣り好きには欠かせない朱鞠内湖 イトウ・凍結時はワカサギ釣り 釣りはしないのですが、何となく訪れる場所 隣接してるキャンプ場ではなんかゴージャスなテント持ち込んでるグループもいました、テント泊最近注目ですよね。
湖を眺める位置に建つ宿泊もできる「レイクハウスしゅまりない」初利用
ルアーやオリジナルのグッズも売ってるこ洒落た作り 利用時のランチメニューはこんな感じ 種類も少ないので即決でこちら

【ざるそば】十割り700円

十割ですが、手打ちでは無さそうですが、冷たい水で絞められた蕎麦十分に美味しいです。 蕎麦の香りは感じる舌はないので、腰とのど越しは大切 茹で上げる時間と絞める温度って重要で自宅で茹でる時にも参考になる。
紅葉も素敵な場所ですが早すぎた。 来年もまた来たい場所

レークハウスしゅまりない
住所:幌加内町朱鞠内
電話:0165-38-2029
営業:--
休み:--
レークハウスしゅまりないさんのHPはこちら 

とわ北斗・レストランさん★さん

【とわ北斗・レストランさん★さん】
旭川から北に向かうときに重宝するお店 安いし値段以上のクオリティー
メニューは券売機で確認 手元の食券

【かき揚げそば&ミニカレー】700円

何時もの関心するね 鷹栖共生会さん系列に初めて利用したのは、伝承館の記事からだからもう10年か さんさんも少しずつ利用者が増えている。 伝承館なんか予約しないと難しいお店になった。 けして回し者ではありませんが何故か気になる施設
長く見てきた施設が徐々に知られていくのはうれしい 更にワインも販売するそうだ、えーブドウ畑って 調べるとロッキーランドのブドウ畑なんだ  個人的には最後のランチ提供の残る一施設が未利用だったりする
鷹栖共生会大好き管理人です
小鉢とフルーツ付きとびっくりランチ

とわ北斗・レストランさん★さん
住所:鷹栖町14線17号
営業:11:00~17:00(レストラン)
   :10:00~17:00(売店)
   12月~2月は15:00閉店
休み:年末年始
とわ北斗さんのHPはこちら

立ち喰いそば

【立ち喰いそば】

長年変わらないビジュアル 長年路上駐車も甘めにみてくれたが最近は厳しいので、割引もあるので利用しよう。 大好きな

【げそ丼+きつねそば】600円
 
市民としては語ることは必要がない味と歴史 安心の味 メニューを見てみましょうって僅かな値上げとは頭が下がる。 厨房も陣取るおばちゃまも若返りしたぽいけど、連携は引き継いでる。

立ち喰いそば
住所:旭川市5条7丁目中
電話:0166-23-6736
営業:9:30~22:00
休み:日曜

まる・東神楽

【にしんそば】980円

久しぶりの東神楽の「まる」 お気に入りのお蕎麦をいつも楽しめる。 なんかにしんそば発見 以前江差でにしんそば食べた 失敗だった記憶がよぎる。 もしかして美味しいかもとチャレンジ
御免やっぱりダメだ ニシンの甘露煮がどうも好きになれない。 残念ながら美味しさは私には分からないまま ニシンは普通に焼いた方が断然好き。 同行者が注文したのは

【すだち蕎麦】(冷)980円


手打ちそば まる
住所:東神楽南1条西2丁目
電話:0166-73-8841
営業:11:30~15:00
休み:日・月曜
手打ちそば まるさんのfacebookはこちら

いぬい

【いぬい】

住宅街にあるお蕎麦屋さん 過去紹介は2009/01/24と久しぶりですが、アップしないだけで普通に利用しています。 自宅の二階の畳敷きとなっています。 最近利用した時にお隣の天丼が目茶美味しそうに見えた。  そば達チョイ飲みのメニュー で注文したのは

【ミニ天丼とミニそばセット】1.250円

天丼単品と思って訪れたがそばの魅力に勝てなくてセットに(笑い 初天丼 天ぷらが美味しいのは当たり前ですが、タレが辛目で目茶美味しい セットのそばは田舎そば(こちらでは南部と言います)
田舎そばは苦手なのであまり注文しませんが、ボソボソしてないのでツルッといけちゃいます。 同行者が選んだのが

【更級】600円

細くて白くて綺麗な更科 見た目通りサラッと手繰る。 そろそろ閉店間近ですがお客が来るはね 一つ汁がやや甘めなのが少し残念 辛口がいいな~

いぬい
住所:旭川北門町20丁目
電話:0166-53-1812
営業:11:00~14:00 17:00~20:00
休み:月曜
駐車場が少ないので注意

そばの里・幌加内

【そばの里】
幌加内の道の駅やら温泉ルオントなんかがある場所 実はその前に大好きな八右ヱ門を訪れたらなんとこんなお知らせ 春まで待つか
で温泉も兼ねて来た


何回も着てる温泉オルント レストランではなんと食べていなかった いつも混んでるし と苦しい展開 テーブル席の店内 メニューを見てみよう まずメインのメニューはこちら お奨めはこちら なんと気になるラーメンもあったり 結構裏切られる確立の高いラーメンは断念して 大好きなこちらを注文
【鴨せいろそば】1.200円

手打ちのそば 多分二八と思われる やや更科と田舎と中間 やや細で多少ボソボソ感はあるがのど腰はいい 汁は鰹はまあまあ ただ肝心の鴨が・・・・残念 同行者は

【ミニ天丼と山菜そばセット】950円

無難なセット物がお奨めかもしれない ただ山菜蕎麦のトッピングは何時ものだよ 山菜を自家製の物なんて見たことないから許容範囲 シンプルなざる・かけがいいかな。

●そばの里
住所:道の駅・せいわ温泉ルオント内
電話:0165-37-2070
営業:11:30~14:00 17:00~20:30 

更新が進まないぜ ヤバイ

年末で仕事も忙しい中、新たに中古車購入 乗り潰す覚悟で欲しいものネットと睨めっこで更新はおざなり(笑い
それでも外食と温泉は利用 画像がたまるタマル じゃ年内最後だしいっぺんに出す
画像クリックすると拡大します。

【讃岐うどん 千幸】
温玉肉うどん


【風の寄り道】名寄道の駅


【そば茶屋 季】(みのり)


【ささき】


【そば源本店】


【山恵】




【すずらん】


【奴】


【レストランそばの里】

料理の詳細は後で追記するかも?
年内の更新はこれで〆ます、拙いブログですが訪問有難うございました。 2019年もお気軽にお立ち寄りください。

光来・和寒

【光来】

何が目的でこちらに向かったは覚えていない、何時ものことです。 勿論道すがらこちらパンを購入して利用
何時もながら賑わってるね。 メニューは温かいそば冷たいそば過去記事と多分変わりないと思います。 で注文したのは

【天ざるそば】1.100円

同行者が選んだのは

【天とじそば】750円

何時ものように小さいおにぎりが嬉しい 天ぷらはややボリュームも減りつつも許容範囲 ただメインのそばがこの日はやや残念だね。 なんか違うだな 新そばの幟戸を確認して利用したのですが、そばの香りなんて感じたこと無い私 汁とかえしなんか個人的にはよく判らないけど、汁は問題なしだけど麺かな 暫らく行ってなかったしその間に留辺蕊の「すゞき」で格別のそば食ってるしね。

そば処 光来
電話:0165-32-2676
営業:11:00~15:00
休み:月曜 

手打ちそば すゞき・留辺蘂

【すゞき】

場所は留辺蘂(るべしべ)ですが、温泉街の温根湯だね 以前紹介は2010/12と久しぶり 実は数回訪れていたのですが、一時休んでいた模様で暖簾を見て、直行 店内は変わっていなく、8割方の利用中
メニューを見てみると種類は少なくなったね。 で注文したのは 大好きな

【鴨せいろ】1.300円

いや~久しぶりのすゞきのそば 旨い うめ~ のど越しよし うれしいのが冷たい蕎麦も食べれるように、そば猪口とつゆが付き二度楽しめる。 同行者が注文したのは

【せいろ】800円

こちらも美味しい メニューにあれば何時も「鴨せいろ」の私ですが、せいろメチャ旨い そばつゆが辛口で好みにドンピシャ 近くにあれば、通いたいお店 峠を越えないと行けないのが難点
もしこちらに行くことがあれば、是非

手打そばすゞき
住所:温根湯温泉47
電話:0157-45-2338
営業:11:30~
休み:--
早仕舞いもあるのでお早めに

いっぷく茶屋「風和」

【まるめろの木~ほ~むきっちん~いっぷく茶屋「風和」】

カレーが美味しかった「まるめろの木」から市内天勇のゲソ丼・立ち食いそばを提供した「ほ~むきっちん 最近、ややグレードアップと共に雑貨・コーヒー豆も販売開始した「いっぷく茶屋風和」と形態も変えながら、オーナーは同じだったりする。

【店内】

店内は変わらなく、テーブル席スタイル やはり天勇スタイルは厳しかったかも、何より回転が早くないと、作り置きのゲソや湯がき麺はその日に使いきらないと無駄になるしね・・・てな訳かなと推測 雑貨とかコーヒー豆も絶賛販売中 メニューを見てみようか まず蕎麦・丼物・定食 まるめろの木から続くカレーとデザート ドリンク・アルコール類と続く 大好きなきつねが無いのは非常に残念 で注文したのは

【とじそば・ミニげそ丼セット】700・250円

生麺から茹でるそば 注文を受けてから揚げるげそは、天勇のB級感の面影は皆無 すっかりお上品に成りました。 それに伴ない価格もUP!
立ち食いそば昼に食うか?と言う会話より、これはこれでお洒落な東川の場所柄には合いそうです。 同行者が注文したのは

【なすカレー】700円

ルータイプのカレー スパイスが香る 辛いのは苦手な同行者でも完食 残念ながら私には回って来ませんでした。

いっぷく茶屋風和
住所:東川町北町5丁目4-6
電話:0166-82-3177
営業:11:30~20:00
休み:不定休
いっぷく茶屋風和さんのFBで休みは確認してください。 

粋人館・愛別

【粋人館】


 旧上西邸(完成大正11年) 現在蕎麦は本館は2015/5に完成 それ以前は向かいの「序庵」でした。
 
玄関には見事な陶器類って言って価値なんて分かりませんがね。 

一階は厨房で利用は二階になり、とてもシンプルながらモダンな造りで、センターに障子で仕切り可能テーブルを中心にテーブル席を配置されています。

センターテーブルの角には、
陶器がディスプレー センスがいい。
では メニューを見てみましょう、十割そばと週変り・単品メニュー  粋人御膳と日替わり定食と続きます。 で注文したのは

【茸天ぷらそば(冷)】950円

いい佇まいです、京風と説明された汁は如何に 蕎麦は更科と田舎の中間 喉こし良し どっぷりと漬けて下さいとの京都風の汁は昆布と鰹だしが豊 円やかな醤油ダレが京都風? ここが好みの分かれる所でしょうか
個人的には通じゃなので、醤油辛い程の汁にどっぷり漬けて食べる私には初体験 同行者が注文したのは

【日替わり定食】850円

にしんの梅煮・玄米ご飯・野菜サラダ・きのこ汁・旬菜のフリット・自家製漬物の6品
骨ごと食べられるニシンがメイン 限定10食 850円から言って抜群のCPと思います。

素敵なインテリアと接待も含めとても落ち着けるお店 京都風の味付けが好みの分かれる所でしょうか。
ここでもミシュ枡発見!!

粋人館
住所:愛別町本町174番地
電話:01658-6-5077
営業:11:30~14:00
   :17:00~21:00
休み:水曜
粋人館さんのHPはこちら

信濃路・市内

【信濃路】



市立病院すぐ近くのお店 モツそばで有名 訪れたのはやや昼を過ぎた時間ですが、ほぼ満席でここで店内の撮影は断念 
丁度空いた小上がりを利用 店内はテーブル席と小上がりがあります。 メニューを見てみよう、冷・温のそばと丼物 裏はセットメニューになっています。 で注文したのは

【もつそば】800円

やや大きめの器にタップリと盛られたモツのビジュアル 美味しいそうですね。 柔らかく癖も無いモツの食感と上品な汁がとてもあう、麺はやや苦手な、平打ちの田舎そばですがモツそばにはこのワイルドな麺最適だね。 
見た目以上にボリュームがありお腹一杯  同行者が選んだのは

【きのこあんかけ】850円 季節限定

あんかけマニアらしい選択 キノコ(椎茸・エノキ・しめじ・エリンギ・舞茸・木耳)がどっさりでアツアツで火傷に注意 田舎そばは温が好み けど雰囲気は良いけど、民芸調のレンゲ苦手 横から汁がこぼれる、木製でレンゲ形のは無いのか、在っても高いのか?
市立病院近辺に食事するところが少ないのも、在るでしょうがとても人気店で客足が途絶えません、恐るべし「信濃路」さん

信濃路
住所:旭川市金星町1-2
電話:0166-22-9263
営業:11:00~19:00 Lo:18:30 早仕舞いあり
休み:--
住所:

橅(ブナ)・東川

【橅(ブナ)】

観光客が絶えない東川 楽しいけど、じじいには少々キツイのが事実 何時も女子会で混んでるし・・・ね。 
と言いながら女子が寄り付かないと思われる、あの店だけは気にしてるが、最近営業していないのが心配で心配で、仕事帰りに確認してる。 そんな訳で天気の悪い日に利用したのは、メイン街にある「橅」さん 樹のブナでなぜか変換出来ない漢字だったりします。

変りそば或いは創作そばを提供するお蕎麦屋さんらしい では暖簾を潜ろう。 入ってすぐにカウンター席・奥に小上がりがあります。8割方の利用 ここでも女性陣が元気一杯 男性陣はいったい何処に行ってるのだろう?
メニューは、「温かい蕎麦」 「冷たい蕎麦」 「セット物・夜メニュー」とあります。 トマトとチーズ 夜はガレットなんかもあります。 初訪問と言うことで注文したのは

【鴨なんばん】1.180円

大好きな鴨せいろ ここでは鴨なんばんて言うだね 蕎麦の量はそれなり 道内ではお馴染みの滝川産の鴨(あいがも)を使用 鴨の香り好きなんだよね。 鶏だと何か違うのは辛うじて分かるポンコツ味覚ですが(爆 やや薄めの付け汁に表面を覆う鴨の脂 茹で加減いい塩梅の蕎麦を手繰るとこれはいいね。  テーブルに好きな山椒が無かったのが非常に残念 同行者が注文したのは

【もりそば】680円+大盛り250円

大盛りはいい盛り加減 濃い目の出汁が好み 基本しっかりしてるから、遊ぶ余裕があるのかな
美味しい蕎麦を頂きました。

●橅(ブナ)
住所:東川町東町1丁目6-1
電話:0166-82-2116
営業:11:00~14:30
   :17:30~20:00
休み:--

雪月花

【そば畑】
P8060024

【幌加内そば 雪月花】
P8060012
蕎麦の花が満開の時に訪れた幌加内 白い花が丘陵地帯に咲く景色は圧巻ですが、撮影は平凡なアングルしか思いつかない・・余裕が無いんだよね。
幌加内バスターミナルに平成28年7月に開店 ここは旭川に移転した「せい一」さんの場所に開店 実は蕎麦里に果敢に挑むラーメンの「誠や」が非常に気になるが、今日はそばモードです。

【店内】
P8060015
テーブル席と小上がりがある店内は、せい一の時と変わりない、メニューを手に取るシンプルで、迷わなくていい。 で注文したのは

【もりそば】700円 濃い口汁
P8060018
さらっとした盛りですな 濃い口は本当に濃いぜ やや色が付き、やや乱切りの蕎麦はいい茹で加減ですが、のど越しは田舎蕎麦風で、バランスがどうも 普通の濃さが良かったかも、これは次回の課題だね。

幌加内そば 雪月花
住所:幌加内 交流プラザ内
電話:0165-26-7770
休み:火曜

まる・東神楽

【まる】
P7150013
正直毎日暑いぜ・・・大好きな「○」さん じゃなく「まる」さん 紹介は2014/12/に紹介 すっかり人気店の仲間入りだね 駐車場が満車で諦めたこと数回 今日も駐車場満車 けど今日は余裕もあるし待つもよし
玄関の中には椅子も二客あるのでゆっくりと順番をまつ 15分ほどで席に着く メニューを見てみよう 蕎麦メニューサイドメニュー何と価格が変わっていないかな・・・多分 で注文したのは大好きな

【鴨せいろ】1、380円 十割+70円
P7150021
混んでいて時間が掛かるけど、オーナーの人柄なのかな ホンワカした待ち時間  
さー登場 いやー美味しいね。 私の好みにドンピシャリ 焼き目がつく長ネギ 鴨の油が香るつゆ 今日は既に二八が売り切れで十割+70円 更科ほど白くはないそばのコシよし 本日の蕎麦は上川産を使用 
そんなこんなして、堪能してるとなんと、同行者の注文した、「すだちそば」の画像撮るの忘れたぜ! 痛恨のミス まー間をおかずに利用するから後でと言うことで
いつもテーブルに添えられた小花を飾り、気の使いようが分かるね。

まる
住所:東神楽町南1条2丁目6-9
電話:0166-73-8841
営業:11:30~15:00 早仕舞いあり
休み:日・月曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ