喫茶 すずらん・美瑛

【喫茶 すずらん】

白金で終焉の湯で楽しみ、風景を愛で小腹も空いた。 訪れたのは美瑛街中の喫茶店「すずらん」さん 当ブログでは2016/12に紹介 あれー何か やってなさそうと思いきや、お隣に移転した模様 

【店内】

縦長の造り 奥に長いカウンターでコヒーを頂くスペース 入り口近くにテーブル席 窓際のテーブル利用 日が差す窓際は私には鬼門 コントラスト強すぎて、手持ちのカメラではうまく撮れないが今日はチャレンジ 話を聞くと、移転場所が先代が店を開いた場所で原点とのこと メニューを見ると以前利用とは変わらない。 で注文したのは

【2種類のカレー】800円

単品でも注文できるポークとグリーンのカレーを楽しめる。 個人的にはほどほどの辛さ ポークはルータイプで後から辛さが来る、グリーンカレーはサラサラタイプ、苦手なココナッツもそんなに主張しなく美味しいね。 量は控えめですが、じじいには丁度いい。 同行者が選んだのは

【いろどりランチ】850円 11:00~14:00

ご飯は白米と五穀米から選択 今回は五穀米 いろどりの名に恥じなく、小鉢が並ぶ 楽しいよね、女子でなくても親爺もチョッとワクワクが、廻ってきたのは、柔らかく煮込まれた手羽先のみ・・・ 一品でも十分に美味しく 手作り感満載
喫茶店だからコーヒーがメインですが、中々注文しない私 次回は頼んでみようかな。

喫茶すずらん
住所:美瑛町中町5番35号良栄舎1F
電話:080-9002-6093
営業:11:00~21:00
休み:水曜

ラーメンのひまわり・美瑛

ラーメンのひまわり】
P7290014
以前紹介は、2012/05と相当古いです。 その後気になって前を通るも開店してる感じがしなかった、最近開店してるとのことで訪れた。 外観は変わらないね 店内はテーブル席とカウンターで14名ほどのキャパ
昼前に訪れた時は一組の利用でしたが、昼を迎えるとほぼ満席 メニューを見てみると最初利用した時は強気の値段かなと思った記憶がある。 注文したのは

【坦々メン】900円
P7290005
ビジュアル的には昔と変わらない、味 昔の記憶はもう無いですが、普通に美味しい 2012年からメニューに在ったとは、今思うと斬新でしたね 麺は中細・中縮れ・中加水 チャーシューは濃い目の味付けの昔風が一枚の変わらない。 同行者が注文したのは

【塩レモンラーメン】900円
P7290006
昔のメニューにもあるラーメン 初めてです。 基本は塩 ご主人から、下のスープから飲んで下さいとのことで、本来の塩を確認して、その後レモンが加わったスープを飲んで欲しいとのこと、じゃー本来の塩は 透明系です、おー旨み・程よい塩気・鶏・豚骨も感じるとても美味しいじゃありませんか。

冷たい蕎麦に柑橘系が乗る変り蕎麦は好きですが、温かいとどうなるのかな? 爽やかなレモンの香りと相まって、なかなか美味しいと思います、ただ長らく温度を加わると柑橘系特有のエグ味が増すので、私は平気ですが、苦手な方は取り皿が有るのでそちらに移しましょう。 こうなるとノーマル塩が気に為ります。 観光地価格なのか強気の設定ですが、シッカリしたラーメンと思います。

ラーメンのひまわり
住所:美瑛町栄町2丁目
営業:11:30~15:00
電話:0166-92-0983
営業:土日営業 7月は水曜も営業(詳細はお店で確認)
   :1~3月は休業
個人的には開いてたらラッキーと思うハードルの高いお店

西乃家・東川

【西乃家】
P6040070
日曜日 トムテさん・笹寿しさん・ほ~むきっちんさん共にお休み なんだ本日は・・・ そう言えば、運動会やってたなそんな関係かな
途中にお寿司屋さんがあった筈と思い、暖簾を潜ろう。 初利用の「西乃家」さんです。
テーブル席とカウンター席の店内はやや狭目で、既にテーブル席は埋まっていたのでカウンターへ こ綺麗な店内ですね。 
メニューを見てみましょう、お寿司のメニュー蕎麦とのセットメニューがありますが、営業を通してのメニューなのかランチ限定なのかは不明なので、ご注意下さいね。 で注文したのは

【天ぷらそばセット】1.000円
P6040060<br />
更科風の細めの蕎麦・天ぷらは海老二本とピーマン・なす それにお稲荷二個 つけ汁は一つなので天ぷらの脂が苦手の人は塩でいただくのも一つ
そばは手打ちではありませんが、普通に美味しかった。 ジャージの若者にはちょっと物足りないけど、私には丁度いい量です。 そういえば回りは人生のベテランが多かった。 同行者が選んだのは

【天そば・生ちらしセット】850円
P6040061
最初に出てきたとき一言 「玉子とじ」ない 大丈夫直ぐに登場で安心した模様 ちらしに大好きな「つぶ」が入ってると大満足
はたして寿司屋なのかそば屋なのか まーどうでもいいけど 値段も手頃なので、普段使いなら十分なお店と思います。

寿司「西乃家」
住所:東川町西町4丁目2-20
電話:0166-82-5057
営業:-- 
休み:--

ぴあふる岩山

【ぴあふる岩山】
P5240006

P5240005 旭山動物園の奥 21世紀の森に向かう豊田地区 旧旭川第4小学校の「ぴあふる岩山」 鷹栖共生会さんが運営

鷹栖共生会さんにはいつも驚かされる。 
私のブログでもシリーズ化できるほどだ。
チコリ柏の里パークほのぼのさん★さん伝承館

周りは田園地区 田んぼが一面 奥に行くと花卉栽培のハウスがある地区
利用時間が昼一時間なのでハードルは限りなく高い。 伺ったときに丁度、職員がいたので確認したのですが、勿論利用はOK ただ利用者がメインですので、12時半過ぎの利用でお願いしたいとのこと、全然問題ないので、カメラなんか持ち出してぶらぶら散策して時間を過ごそうか そんなこんながあって待ってると「良いですよ」と声掛けてていただいた。

P5240028

【店内】
P5240022
玄関でスリッパに履き替えレストランへ 窓からは田植えを終えたばかりの景色 全席テーブル席で利用者もいて一緒にいただこう。 壁のメニューを見てみよう 何時もの驚愕価格 全て500円(ワンコイン!!)しかも食後のコーヒー付きだ・・・ 日替わり定食も気になるところだが、勿論

【しょう油ラーメン】500円
P5240010
でた~ 旭川屋の丼!!お久しぶりです。 鷹栖共生会さんでは時々遭遇する。 これに小鉢フルーツが普通に付く で横のライスは・・・ 実は・・・サービスで炊飯器から自由に盛れます。
 
程よくアブラが覆うスープは、中濁り系の豚骨ベースで魚介系は僅かで系列と同じと思われます、麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺(何処の麺だろうね) チャーシューはやや脂身の多いのが一枚ですが値段からいったら上出来 かまぼこ・メンマ・ねぎがトッピング 
いつも驚く鷹栖共生会さん 今回も驚きのランチだった。 勿論、接客に慣れていない職員なのはご愛嬌だよ

ぴあふる岩山
住所:東旭川町豊田296番1
電話:0166-76-2112
レストラン利用
営業:12:00~13:00(施設利用者も利用しますので、12:30過ぎが宜しいかと 要確認
休み:土日・祝日
残るは、柏の里ディセンターレストランでコンポリートか~ 何時いけるかな

スサンタキッチン

【スサンタキッチン】
P5210009

P5210024 動物園通りの動物園近く オーナーはスリランカ生まれのスサンタさん
私のカレー度は超最低 記事も無い。 なら書くなと言わずチョッと付き合ってね。
 
恐る恐る記事にしよう 
民家を改修して利用 オープンは2008年 既に9年地元で愛されてるお店 
店内は入って直ぐにはテーブル席 奥には畳席もあるようです。 普通のメニューも有るのですが、種類が多く
ボードに書かれたメニューを紹介しよう。
単品のカレーもありますが、ワンプレートで2種類・3種類のカレーもあるので注文

【本日のおまかせランチ】980円 チキンとひよこ豆のカレー サラダ・ドリンク付
P5210027
チキンは骨は無くホロホロ、ひよこ豆はホコホコで甘みがあります。 チキンの方が辛いですが、私的にはまだまだいけますが、同行者は辛いけど美味しいと 豆のカレーはココナッツが入っておりややマイルド
ワンプレートなので、こちらが意識しなくても、徐々にミックスされ味の変化が楽しめます。 薄い煎餅みたいのもトッピングされこれを崩して上に振り掛けると美味しかった。 スープカレーとルーカレーの中間ほどと思います。 同行者が選んだのは

【カレー2種盛り】900円 えびと豆のカレー
P5210026
一口もこちらに回ってこなかった、こちらはランチじゃないのでドリンクなし

【アイスミルクティー】
P5210032
調理中に、辛さはどうしますかと聞かれましたが、初利用なので全てデフォの辛さ 辛さが苦手な方でも大丈夫 辛さ・量を控えた「お子様カレー」もあるのでファミリー利用でも安心
気持ちの良い接客で好印象 猫が居るとの事で中々登場してきませんでしたが、最後の最後に登場でチョッと撫でてきた。

スサンタキッチン
住所:旭川市東旭川上兵村328
電話:0166-36-6621
営業:11:00~20:00(金・土曜)延長しました
   :11:00~19:00(日・月・木曜)
休み:火・水曜
スサンタキッチンさんのフェースブック

らー麺ごはち(五八)

らー麺 ごはち】
P5040036
ごはちさん 市内5条8丁目(五八)のお店 まったくノーマークでした、ラーメン仲間のブログで知りました。 実はGWに食べた唯一のラーメンだったりする。
駐車場が無いとの事でチャリで伺った。 ロゴのデザインが洒落ています、店内はバーのような造りで、水割りって言っても注文通りそうです。 テーブルのメニューも凝っており、「一人なのでなまら遅くなる」なんて書いてある。 あれノーマルのラーメンが無いのか探すとありました。
しょう油・塩は鶏ベース 味噌は野菜スープって何だべ? で注文したのは

【しょう油ラーメン】700円
P5040029
鶏ベースで白濁してる濃厚スープ 表面のは脂が覆う 麺はやや細め・中太・低加水率の旭川麺 チャーシューは大きく二枚 いい味付け・メンマは存在感の有るサイズです。
ネット上で見るしょう油とはまったく違います。 伺うと日々進化してるとの事 言い換えれば試行錯誤 これからも如何に変わるか注目ですね。 味噌は安定してるのかな 駐車場が無いのが難点ですが、頑張って貰いたいですね。

らー麺 ごはち】
住所:旭川市5条通8 吉方ビル 2F
電話:0166-85-7811
営業:11:00~--
休み:日曜

龍乃湯 食堂・東旭川

【龍乃湯温泉】(たつのゆおんせん)の食堂
P4160001
場所的には、東旭川駅裏と言えばいいのでしょうか? 今回は食堂が目的なので、温泉の記事は、2016/07の記事をご覧ください。 食堂があるのは確認していたのですが、いつでも来れるわなんて思ってたら、市内ラーメンの重鎮esさんと、ミユージシャンでありラーメン好きのクサイダーさんに呼ばれた!!
こらは行かない訳が無い。 券売機のメニューを見てみよう、なんと「味噌ラーメン」がメニュー落ち 一番早く紹介されたesさんの記事でもメニュー落ちしています。 
ところが温泉を再開した時の画像には、「味噌ラーメン」がありました。 幻の味噌ラーメンはいつかメニュー復活を期待します。 じゃ注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P4160007

【塩ラーメン】600円
P4160009
同行者が注文して一言「うま~」 目の前のしょう油後にしてレンゲで一口 煮込んで出した豚骨が香る・濃厚な出汁・表面を覆う多量な脂と野菜系から出る甘みとあいまって市内では今まで体験したことの無いラーメン
温泉施設のラーメンとは思えない程のレベル しかも600円とは、

クサイダーさんの記事でも書いていますが、しょう油・塩では殆ど変わりない見た目 味もしょう油と言われればそうかなと思う程の味でさらに複雑な味になっています。 お勧めは塩です。

麺は強縮れ・中太・やや加水麺で非旭川麺 チャーシューが二枚ながらその、この分厚さが嬉しい
是非、札幌在住の「がったりさん」(笑 に、がったりで注文して欲しいラーメンだったりして

温泉は冷鉱泉の加温・循環・薬剤利用とマニアにはお勧めしないが、近所の銭湯感覚で利用されてる。 何故か温度が高い。
鉄を含む温泉は、体感温度より実際は低いのですが、熱いです。

●住所:東旭川上兵村91番地
電話:0166-36-1562
日帰り情報
 料金:550円
 営業:9:00~22:00
 休み:火曜
食堂:11:30~14:00
※追記:貴重な情報を頂きました
     店内に掲示されていませんが、日帰り利用は7:00から利用可能



ほっとカフェ・市内

【ほっとカフェ】
P3200070

【店内】
P3200060
女子が喜ぶランチ 親爺も健康的なランチで笑顔なお店 前回は2015/12/に紹介 今回は開店から殆ど経たない時間に利用 カウンターに先客 テーブル席はまだ利用者はなく、好きな席を利用 
本日のランチメニューはこちら いつも期待する料理だよね。 

【今日のランチ】850円
P3200062
小鉢が並ぶ料理 二種類のメインの一つ手羽元のアップ ホロホロ取れる身が美味しい、もう一つの「塩こうじ漬にしん焼魚」はこちら
女子じゃなくてもおっさんも楽しい。 晩酌セットなんかあるし、近所なら間違いなく通うね。
前回で撮れなかったメニューあるけど要らないよね、女子力強いお店、正直おっさん一人はキビシイけど、夜は行けそうか?

●ほっとカフェ
住所:旭川市東光3条4丁目
営業:10:00~20:00(Lo19:30)
休み:火曜日
「ほっとカフェ」さんのブログはこちらをクリック 

石釜カフェ ヤマト・新十津川

【石釜カフェ ヤマト】
P3190037
新十津川のピザのお店 国道275号から少し脇にあり、知らなければたどり着けないカフェ 周りは田んぼに囲まれており、オーナー2年かけ自ら改築して、2016年の4月に開店 
訪れたのはランチ時間 駐車場はほぼ満車状態 ここまで来て利用しないのは勿体無い お店で名前を書いて車で待機 30分ほど待って中へ

【店内】
P3190036
古民家ながらフリーリングにリホームされ靴を這いたまま利用できるのがいいですね、店内はテーブル席で余裕の在る造りになっています。  

【利用した窓に向いた席】
P3190012
明るく日差しが入る席でしたが、撮影には結構きびしい物がありますが、スタッフさんがカーテン下ろしてくれてラッキーと思うも、まさかのすだれ状だった。 店内には薪ストーブもあり雰囲気があります。 メニューを見てみましょう。 先頭はピザ・今週のパスタ(一品)・スィーツ・ドリンクと続きます。
時々なんでこんな価格なの?と思う店もあるが、とても良心的な価格ですね。
サラダとドリンクが付くランチメニューもあるので、その中から注文

【サラダ】
P3190017

【ドリンク】
P3190020

【マルゲリータ】1.000円 ランチセット:サラダ・ドリンク付
P3190027
好きな薄生地のナポリ風 耳は膨らんで焦げ目がありパリパリ とても好みのパスタです、自家製トマトソースとジェノベーゼソースのバランスも絶品 
出来ればオリーブオイルがテーブルにあれば自分で調整出来るのに、けど信じられなく使う人もいるから無理だよね(爆 誰か見たくね。

【季節限定・合鴨とネギのピザ】1.050円 ランチセット:サラダ・ドリンク付
P3190034
チャレンジしてみた 鴨がネギ背負って来た 
鴨は独特の脂と香りなので苦手な人は居ますが、私は大好きです。 
合鴨はスライス状 そこにネギが多めに乗っており、癖も少なめで苦手な方もイケルと思う和風味とでも表現しよう 
正直ランチ時には、時間待ちは覚悟で行こう 余裕を持って 
待つのは否なら開店時間に合わすか、ランチセットを諦めて利用がお勧めです。

石釜カフェ ヤマト
住所:新十津川字大和127-5
電話:080-9008-0810(予約不可)
営業:11:00~19:00
休み:火・水曜
石釜カフェ ヤマトさんのFBはこちら
判り辛い場所、思いっきり迷って下さい。 

太鼓屋・北門店

【看板】
P2250043
北門にあるお店 すし屋か食堂かはたまた居酒屋なのか じゃ行って見ましょう。 東光に同じ名前のお店があったが今は病院になっちゃったがそちらが本店だったのでしょうか? ランチ利用です。

【店内】
P2250031
ネタケースもあるので、基本おすし屋さんの様です。 店内はカウンターと掘り炬燵式のこ上がり 宴会も出来る大きさです。 カウンターにはちょっと強面のご主人 でも気さくに話しかけてくれる方でした。 テーブル上のランチメニューを手に取る。 で選んだのは

【かつ丼】600円 
P2250035
通常800円ですからお得ですよね 玉子は火が通るタイプ 半熟よりこちらが好みです、これにサラダ・漬物と味噌汁が付きます。 外食で久しぶりの「かつ丼」は美味しいね。

【お寿司そばセット】1.000円
P2250038
こちらは握りが5貫の方で内容は「ウニ・いくら・マグロ・かに・ホタテ」 もう少し食べたいなーという方には、ランクは落ちますが同じ価格で8貫の握りにも変更でき 「いくら・トビッコ・いか・マグロ・甘えび・タコ・白身・ホタテ」に変更も可能 この日はイカがサーモンに変更されていました。 そばは乾麺を使用と思われますがしっかりした量
お腹一杯ですね。 お寿司屋さんが出すランチはコスパも量も納得の料理

太鼓屋 北門店
住所:旭川市錦町15
電話:0166-54-0336
営業:11:00~14:00(ランチ)
   :17:00~20:00

Italian cafe Abete-アベーテ・美瑛

【Italian cafe Abete】
P2120070
国道237号 美瑛に入いってローソン左折すると直ぐの「アベーテ」さん イタリアンのお店って私にとってはイタリアン・フレンチ等々違いが分かるわけもないが、美味しければいい。

【店内】
P2120044
玄関で靴を脱ぐスタイル 壁は白で統一され厨房が見えるカウンターとテーブル席です。 町内なので景色は望めないですが、壁際のラックには小物販売も紹介 ランチメニューを見てみましょう。 
ランチメニューは三種類のパスタ 単品+ドリンクで1.000円 +プチ前菜・パンで1.200円 +デザートで1.500円 前菜とデザートはカウンター上の黒板から選びます。 通常メニューはこちら ランチメニューを選択

【前菜・パン】旬菜サラダ+パン
P2120053
小振りの容器に盛られている野菜達 とこちらも小振りのパン

【自家製大豆と豚肩肉のトマトソース】
P2120061

【ちぢみほうれん草とじゃこのパスタ】
P2120056
レンズが曇り気味なのはご勘弁 パスタは細く乾麺かな? トマトソースに荒挽きの肉は食感がいい アクセントのほろ甘い大豆が加わる。
一見 ペペロンチーノ風 じゃこが加わる 風味付けのじゃこかと想像してたら結構多めに入ってる。 アンチョビ風に仕上げてるが実はアンチョビが苦手だったりする私って・・・

【デザート】トルタ・デ・チョコラート
P2120063
ミント添え シュガーパラパラ しっとり仕上がり

【ドリンク】ホットコーヒー
P2120066
こじんまりとしたお店 ゆっくりとした時間でイタリアンを楽しもう。

Italian cafe Abete(アベーテ)
住所:美瑛町大町2-1-36
電話:0166-92-1807
営業:11:30~15:00
   :17:30~21:00
休み:火曜 
   :月・火曜(11月~4月)祝日を除く
アベーテさんのFBはこちら
 

定食 おかめ・東川

【定食 おかめ】
P2110029 東川の中心地からは、旭川寄り 丁度平田とうふ店の向かいにあるお店
ボリューウムが凄いと聞いていたので、躊躇していました。

年取るとさー 若い時みたいに量が食べれなくなるのよね 悲しいかな。 特にご飯物は駄目だね 
けどラーメンは今でも連食が出来るのは何故でしょうね(笑
入り口には暖簾が無く店内に下げてるので、駐車してる車があるか、営業中の看板があるので要確認

【店内の暖簾】
 P2110025
店内はテーブル席 余裕ある設置なのがいい 壁に掛けられてメニューの品数は少ない 何しようか悩んでる間にも、デカイチャーハンが運ばれてる、
こりゃー想像してたより手ごわそうな量だ!! と思ってたら10円でパック売ってるではないか、こりゃー残しても持ち帰れるね有り難い。 で悩んでチョイスしたのは

【生姜焼定食】750円
P2110016
丼飯に肉厚な豚肉がキャベツの上にドーン! 小鉢・お味噌汁・漬物これでこの価格はお得だね 後は味だね 大ぶりな豚肉をパクリ 濃い目の味付けと噛み応えのあるお肉はご飯がすすむ君 アップした画像はこちら 食べたくなったでしょう。 
肉を完食する前にご飯が無くなった、キャベツをあてにいただこう。 ガッテン系・皆でシェアも楽しいと思うお店 参考までに同行者が注文したのは

【おかめ定食】750円
P2110018

【いもかすそば】550円
P2110019
食べられるなら食べてみろなんて挑戦してるお店も好き。 残ったら持って帰ってねのオーナーの姿勢とてもいいね。 利用した時もファミリーの利用もあるのがうなずける。
営業時間が少ないので、ふらっと来れないですが、お店目当てで訪れてもいいと思います。

定食 おかめ
住所:東川町西町9丁目1-24
電話:0166-82-5282
営業:11:30~14:00
   :17:30~19:00(日曜)
休み:月・火曜

和の粋 創舎 谷・市内

また来た 前回紹介は2017/01でした。 ランチ時利用で駐車場はほぼ満車って人気店なんだね。 今回注文したのは

【味楽定食】1.000円
P2040002
握り寿司とのり巻き・天ぷら・ごま豆腐・サラダ・味噌汁と最後にシャーベットかコーヒーが付きます。 ランチとしてはチョッと奮発価格ですが、ボリューム・品数・味を考えるとお手頃価格と思えます。 天ぷらがサクサクでとても美味しい。

【ステーキ丼】1.190円
P2040003
丼の中身は牛肉とかぼちゃとピーマンの天ぷら これにサラダ・浅漬け・味噌汁 カット済みのお肉なのか赤身が見れなかったのが残念ですが、柔らかくタレがとても美味しくこれだけで一杯行けそうな味 量もかなりなもの 
利用中女性お二人来店 メニューをチラッと見て「ステーキ丼」注文 さすが知っていらっしゃる。  

和の粋 創舎 谷・市内

P1040021 住所的には春光 この辺は地元でも住所名が複雑で、よく分からないって俺だけ?
 
この辺りって、まだ利用していない地元密着店が多数あるんだよね こちらは夜は居酒屋でお昼はランチ提供のお店
最近、この方面に出没しています。 また面白い店も多いんだよね。
以前、紹介した「ちょっと」さんのほんの近くで、店は確認してるものの利用は初めてです。 店内はテーブル席と堀炬燵のこ上がりがあり、席のスペースもあり落ち着けると思います。 テーブルのメニューは見たかった夜メニューは無く昼メニューだけでしたが、見てみましょう。 
手打ちそばメニューと、ランチメニューの中からチョイスしましょう。 ショップカードなんか見ながら待つこと暫し

【手打ちそば・ミニ天丼セット】1.200円
P1040013
ミニ天丼と言いながらそこそこの器でサクサクの天ぷらと天つゆがかかりとても美味しいですね。 蕎麦は更科よりやや野生味のある乱切り腰もしっかりありのどごしもしっかり 付けタレはやや甘めなのが好みが分かれるところだろう。 同行者が選んだのは

天丼】間違えた 改め【野菜天丼】680円
P1040012
安定の味だね。 小鉢と味噌汁が付きます。 

【食後のシャーベットとコーヒー】
P1040017"
ランチメニューはお得と思います、人気店で利用客も途切れないお店 二階は宴会スペースのようです。 利用を終えて店を出ると、夜メニューが貼ってあったので参考の為にパシャリ いつか夜も利用したいですね。

和の粋 創舎 谷(わのいき そうしゃ たに)
住所:旭川市春光4条9丁目
電話:0166-51-4481
営業:11:00~14:30(火曜~土曜)
   :18:00~23:00
休み:月曜・第3週火曜
創舎 谷さんのHPはこちら

ちょっと・市内

お食事とお酒のお店 ちょっと】
PC100029

【店内】
 PC100003
昼営業してるのは、前を通るたびに確認してた。 ランチ営業 夜居酒屋のお店 最近増えてるスタイルです、で当たりの確立も高かったりする。 暖簾を潜ると縦に長い造り 直に掘りごたつの席とこ上がり、カウンターがありその奥にはテーブル席と思いのほかキャパがあります。 
ではランチメニューを見ましょう。 価格も手頃なのが良いね 壁にもランチメニューもありました。 注文したのは

【お弁当】700円
 PC100011
松花堂弁当だね、味噌汁がつきます、アルミホイルに盛られたお惣菜軍団もバランスが取れていてご飯の盛りもよく、小食の方なら最後はキツイかも

【もり玉とろろそば】700円
PC100016
名前から蕎麦なのは判るが、とろろそば? もりそば? 玉ってなんだ? まったく想像出来なくて注文したのがこれ おーメニュー通りだ(爆 生たまご・とろろ・そばつゆ・揚げ玉 薬味にネギ・刻みのり・おくら そばは器が小さいとは言え、富士山級なのがドーン 追い討ちをかける様にご飯も

出てきたときに目が点になったのは言うまでも無い。 さー如何にして食べ進むかそこが問題だ、蕎麦だけなら何とかいける量 ご飯が問題 とろろ・卵とあるのでご飯に掛けるかと作戦を練る。 完食するのに作戦練るのも変ですが、それも楽しい。
ガッテン系には大歓迎だろう、老体にはお仕置きの如く
 
もし利用することがあれば、ご注意あれ あっ 味は普通に美味しいのでご心配なく そばは多分市販の乾麺と思われます。

【豚肉の生姜焼き定食】850円
PC100019
大皿に珍しく焼きではなく餡かけの生姜たれで煮込んだタイプだ 肉はやや厚めの豚肉がドンドン 勿論 餡が掛かっているので、最後はご飯に投入!! これこれだね。
三人で食べたランチ アーだコーだと食べるのも楽しい。 その後訪れた常連と思われるガッテン系6名は「ご飯なくなるよー いいかい?」と言いながら来店 その後ガッテン系のご飯は量は・・・想像にお任せします(笑い
夜の居酒屋も気になるが、如何せん遠い

業務連絡:ランチ利用で何気に見た別メニューにラーメンが・・・だれかお願いします。

お食事とお酒の店 ちょっと
住所:旭川市末広4条1丁目
電話:0166-52-6572
営業:11:30~14:00 残念ながら夜の時間は不明
休み:日曜・第2月

喫茶 すずらん・美瑛

【喫茶 すずらん】
PC040046.jpg

【店内】
PC040013.jpg
1961年 美瑛ではじめてできた喫茶店「すずらん」 駅前通りから少し外れたところ佇む。 ご近所にはスナックなんかもあります。
店内は奥に長く、入って直にカウンター 2掛けのテーブル 奥に四人掛けテーブル×2 六人掛けの配置 メニューを見ていましょう
メニュー クリックで拡大
PC040020-11.jpg PC040021-11.jpg PC040022-11.jpg PC040024-11.jpg PC040024-11.jpg PC040025-11.jpg PC040026-11.jpg PC040027-11.jpg
1961年から変わらない注文を受けてから挽くブレンドコーヒー・紅茶・ジュース 食事はカレーはポークとグリーン 日替わりいろどりランチ(11~14:00) 喫茶店のナポリタンと続きます。 可愛らしい女性現オーナーに注文したのは

【日替わりいろどりランチ】850円
PC040030.jpg
本当にいろどり豊かプレートに乗る小鉢たち ご飯も多めなのがいいね。 ここでお惣菜達のUP これで850円だよ なんてお得なんだ。 でもう一品は

【喫茶店のナポリタン】750円
PC040037.jpg
メニューとおり麺は太い ケチャップ味 具は玉ねぎ・ベーコン・ウインナーとシンプルだが 
侮るな喫茶店のナポリ 美味いっす。 パスタは乾麺と思うが、偶々なのか判りませんが、絶妙な茹で加減
ナポリタンにはデザートは付かないのですが、「杏仁豆腐食べれますか?」「勿論!」

【デザート】
PC040041_20161209210432c9d.jpg
正直 食後のコーヒー頼めばよかった 残念
小洒落たレストラン・カフェが多い美瑛・富良野 まだ在ります喫茶店!! て言うか反撃開始した地元喫茶店かな? 次回は単行本持込で長時間居座るか 
18時からのほろ酔いセットが非常に気になるぜー 

喫茶すずらん
住所:美瑛町1丁目5番35号
電話:080-9002-6093
営業:11:00~20:00
休み:木曜



日の出食堂・市内

【日の出食堂】
PB250018

PB250017
我らが「日の出食堂」 開店して間もない時間に暖簾をくぐる。 こんなに早い時間に利用したのは初めて 開店して間もないのに既にカウンターはほぼ埋まる。 一席空いたカウンターを利用 その後も続々と利用者が、駐車場が無くどうしたらいいか電話は来るは本当に大忙し! 今まで利用したのは全てが閉店も迫った時間帯でした。 定食が550円・カレー500円等々・・・恐るべし

階段の壁に掲載されてるメニューから選んだのは

【塩ラーメン】500円+ライス(小)100円
PB250006
シンプルです 透き通るスープ 具材も必要にして最小限 やさしい味です 塩分も少な目と思うが、丁寧に取られた旨みがジワジワきます。 これで最後なんですと出された「ニシン漬け」は絶品 麺は色白やや細め・中縮れ・やや加水の旭川麺 チャーシューは噛み応えのある昔風が二枚 正直にニューウェーブも美味しいのは事実です。 旭川では食堂系の将来はどうなるのでしょうか、流れは変えられないけど
 
単純に食堂だろうがニューウェーブだろうが美味しければそれでいい それが進化する旭川ラーメンなら良いだろう ただ世代交代出来ない食堂が多いのが実情 これはもう、いち利用者の私としては言葉がない。 ただただ何時も美味しい食堂でありがとう、末永く続けてもらいたいお店です。
「旭川ラーメン」って定義ってなんだろうね? 語ると難しい。

日の出食堂・市内

【日の出食堂】
 PB100014
我らが「日の出食堂」 営業がランチ時のみなので利用するには外回り営業さん以外には結構きびしいけど、是非利用してほしいお店です。 過去記事は2008/10 2011/02 2012/06 2012/09 2015/09と多いですが、それ以上に利用してるお店      
病院帰りに伺う年寄りも加えてください(笑い お店は何時もの三人体制(ご両親・娘さん)で迎えてくれます。 店内はカウンターとテーブル席 今回は一人なのでカウンターを利用 今回はこれを注文

【オムライス】550円
PB100004
器は同じですが、コップに刺さなくて別添えにチョッと変化 ケチャップはその時の気分で、今回はバーッと 最近はおばーちゃんの腕も調子いいのか、サンプル料理の如く完璧 勿論卵で包まれた中は、ケチャップ味のチキンライス 味付けは濃いです、たまりません。
おじーが座ってばかりなのが心配ですが、何時までも続けてもらいたいお店。
別の日にも利用したのは、王道ラーメン・ライス

【しょう油ラーメン+ライス】500+100(小)
 P9290002
こちらも安定し安心して誰にでも勧められるラーメン よく言われる旭川ラーメンの醤油とは括れないかもしれませんが、振れ幅の広いのも旭川の特徴かもしれません。
専門店ではなく、街中の地元密着食堂に感謝しよう。 麺はご近所の製麺場のやや細・中縮れ・低加水率の旭川麺 茹で加減も完璧 チャーシューはワンコインながら二枚もつくのが嬉しい
また来ます。

レストラン チコリ・鷹栖

【レストラン チコリ】
PA200026
お隣の鷹栖町の「サンホール はぴねす」内のレストラン 鷹栖・旭川と精力的に施設を運営する鷹栖共生会が委託運営 パン・豆腐・レストランと目が離せません。
はぴねすは、浴場として2009/06に紹介 今も普通に利用出来ます。 現在の利用料金400円とは驚き 
レストランも紹介してると思ったが何と未紹介でした。 では紹介しよう。  町民は正面ではなく、駐車場に近い浴場入り口利用するのがベテランぽいよ

【チコリ 店内】
PA200012
丸テーブル・椅子席の店内 地元野菜なんかも売っています。 メニューを見てみましょう。 最高価格は550円 多くはワンコインと驚異的な価格設定 ラーメンの横には小さく「野菜抜きもできます。」と書かれているのでデフォで野菜は付くと思われます。 でオーダーしたのは 

【味噌ラーメン】500円
PA200013
もやし・玉ねぎ・人参・ホウレン草がのる ゴマが僅かに浮くスープ 安心していただける「鷹栖共生会」の味 価格からは想像できない何時もの完成度と思います。 
麺はやや細め・弱縮れ・低加水の旭川麺 実は出た~旭川屋の丼と言いたかったが、そこまでの数は無かった模様(爆

レストラン チコリ
住所:鷹栖町南1条3丁目 サンホールはぴねす内
電話:--
営業:11:00~15:00 (Lo14:30)
休み:水曜
 

わらべや・市内

【そば処 わらべや】
PA080008 普段使いのそば屋さん
ですが、駐車場が一杯で何時も混んでます。
振られること数回 久しぶりに訪問できました。 勿論店内も満席

テーブル席とこ上がりだあります。 テーブル席を利用しました。

メニューを見てみましょう、安いです。 かけなんか400円と驚く価格設定 玉子丼ワンコイン・最も高くても海老フライカレー800円

【大盛りもりそば】400+100円 ワンコイン
PA080004
出たー! 普通盛りでも多い量なのですが、大盛り分の蕎麦が団子状にポンと主張してる。
産地・製粉にこだわったお蕎麦屋さんは、大概大盛りにしてもお腹が一杯になることも無いお店が多いですが、こだわり無くお手軽にがっつり食べたい方にはお勧め お腹満腹 満足 同行者は

【ぶっかけ納豆】600円
PA080003
デフォで生卵がのる 注文時に確認があるので苦手な人には多分玉子無しも出来ると想像

【天ぷらそば】650円
PA080006
メニューの中では高価 慎重に食べよう なー馬鹿なこの価格 ワシワシ食べよう。 もう一杯追加してもいいよ。
実はこのお店 大盛りは当たり前 その上を行く 大大+200円 大大大+300円まで可能 まさか団子ちゃんが三つ乗るのか? 私には到底完食できるとは思えない。 同行者に手伝ってもらう(苦笑)しかないか
以前 ラーメンも提供されていましたが、残念ながらメニューから消えて久しい。

そば処 わらべや
住所:旭川市南一条通20
電話:0166-32-3735
営業:10:30~15:00
休み:月曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ