近郊スキー場その2

【キャンモアースキー場】

年寄りの私にはキトウシスキー場が馴染む 現在はキャンモアーだね 今日もお客さんで一杯 本当にスキー客減少してるの? て思えるがどうなのかね。 ランチ時なのでごった返すがここでなんとカメラが無い 仕方なしにスマフォで撮影したのでご勘弁
店内は窓側のカウンターとテーブル席 券売機で購入 因みにメニューはこちらをクリック 勿論注文したのは

【しょう油ラーメン】750円

見た目典型的なアレだね スープ一口 万人に受け入れられる味です。 麺もほら加水率低目の麺 とトロトロなチャーシューがって画像なし あるけどボケボケでご勘弁
キャンモアー利用なら最近行ってないが、キトウシ温泉の食堂がお勧めかな。

【ぴっぷスキー場】

なんでこのサイズ? まーいいか 恒例の雪番屋を横目に見ながら新設されたセンターロッジへ テーブル席はほぼ満席ッス 券売機のメニューはこちらをクリック 勿論こちらを注文

【しょう油ラーメン】650円


【味噌ラーメン】750円

こちらもそれなりの何時もの味 こうなるとしょう油より価格は高いが味噌の方が満足度は高いかな 麺は安心の地元低加水の麺とこちらもトロトロ系のチャーシューで〆る。
スープは業務用(これが中々で)食べる各種な麺が面白いだよ。 どこまで続くかこのシリーズ スキー場も限られてるしね。 では

近郊スキー場その1

【和寒・東山スキー場】

いつも来る和寒 温泉探索・ラーメン行脚・山菜と何時もの和寒 40号線は面白い物が一杯 そんな訳で今回は近郊の限られた時期にしか紹介できないラーメンを紹介

【カウンター】

連休中なのでスキー客がワンサカ そんな中一応場違いの無いようにスキーするポイノースフェイスで化けて潜入 大きいセンターロッジに食堂がありテーブル席のみです。
メニューはカウンター横にあります、こちらをクリック 先頭はラーメンです。 注文後チョッと廻りを見ると、ジュークボックス発見!! 曲は演歌かなシングルレコードが取り出してピックアップがニューっと出てくるギミックがない(残念) そんなこんなしてる間に呼ばれました。

【しょう油ラーメン】600円

まーよくあるパターンかなとスープ一口 これはオリジナルスープです 流石和寒と納得 豚骨・野菜がメインで魚介は僅か 麺は加水率高め・やや太い・やや強縮れの麺 チャーシューは赤身主体のお肉で勿論昔風が一枚 ネギ・メンマをトッピング
麺を啜ると何故かバターの香り スープ一口余り感じない また麺バターの香り それを数回続ける(笑い アウェー感をビシビシ感じながら美味しいなこれ~と一人啜る。 で次向かったのは

【日向スキー場】

テーブル席とファミリーに嬉しい小あがりがあり、利用時は昼すぎですが小上がりはファミリー利用中 スキー場の下にはロッジがあるが食堂は無いので食事は日向温泉に併設のこちらのみとなります。 メニューは券売機で確認しよう。 

【しょう油ラーメン】670円

おー綺麗なファーストインプレ スープ一口 立派な業務用かな 麺は大好きな低加水・やや細め・中縮れが嬉しい チャーシューは大きいのが一枚 二色ナルト・ネギ・メンマ
これは立派な業務用スープかな しかし地元米澤製麺の麺がいい仕事してる。
願わくは、和寒スキーのスープに地元低加水の麺で頂きかった。

夏のパークゴルフ場 冬のスキー場 季節限定のラーメンは楽しい アウェー感も楽しまなくちゃ。 では

奴・市内

【また来た 奴】

 また来ちゃう 安心するお店 前回は裏メニューの辛しょう油を紹介したね。 今回は辛塩を注文

【辛塩ラーメン】600円

破壊的な色なのは変わりない ですがそれ程でもないのは前回で確認 個人的にはまだまだ大丈夫な辛さ 麺は安心の低加水の旭川麺 チャーシューはこれまた安心の昔風で嬉しいね。 デフォ塩は旨みタップリで私の好みです。 辛味が増すと旨みが負けてる感じがするのが残念 前回のしょう油が好み あと残るのは味噌か~ 何時になるか私にもわからない 悪しからず。

●奴
住所:旭川市末広一条4-1-17
電話:0166-52-7649
営業:11:00~15:00 17:00~22:00
休み:日曜 月曜もか?

味源

忠和の12号線沿いにあり、ボリュームがあり、良心的な価格と半個室で人気店ですね 一昨年使用してブログ確認すると何故か紹介していませんね(笑い 多分メニューが多くめんどくさくなったかもね スゲー種類でさ 今年初ラーメンです。
で注文したのはこれまた辛いと言われるこちら

【特製台湾辛口ラーメン】680円

辛口肉は別盛り 一昨年食べたデフォの台湾ラーメンは既にひき肉はトッピング済みでした。 注文する時にも「辛いですよ いいですか?」 さらにテーブルに持って来るときにも「少しずつ入れてくださいね」 まず辛口肉を直接味見 おー中々 それじゃー半分だけ投入


一口 単独ではちょっとむせましたが、旨みが増しこれはいけます。 面倒くさいから全部投入

 おー これイケルじゃないか 辛さは5段階で3.5位かな残った辛口肉スープを投入したらと思ったが 今回は遠慮(爆

辛さはややジワジワと来ますね
残ったスープにご飯を投入して〆るのもいいな

鶏ベースに野菜のスープであっさり味が激変それも劇ウマ~
すっかり根付いた台湾料理のお店
麺はやや高加水の麺は台湾料理によく合う 元旦も開いてたらしい頑張るお店 店内に入ると台湾語が飛び交うのも楽しい。
今年も当ブログぼちぼちまいりますので

【味源】
住所:忠和5条8丁目
電話:0166-73-5667
営業11:00~15:00 17:00~24:00
休み:年中無休
ショップカード見てたら稚内にも在るんだね

更新が進まないぜ ヤバイ

年末で仕事も忙しい中、新たに中古車購入 乗り潰す覚悟で欲しいものネットと睨めっこで更新はおざなり(笑い
それでも外食と温泉は利用 画像がたまるタマル じゃ年内最後だしいっぺんに出す
画像クリックすると拡大します。

【讃岐うどん 千幸】
温玉肉うどん


【風の寄り道】名寄道の駅


【そば茶屋 季】(みのり)


【ささき】


【そば源本店】


【山恵】




【すずらん】


【奴】


【レストランそばの里】

料理の詳細は後で追記するかも?
年内の更新はこれで〆ます、拙いブログですが訪問有難うございました。 2019年もお気軽にお立ち寄りください。

味処 新町・上富良野

【味処 新町】

上富良野のお店  絶滅危惧種と言われる地元密着店は何軒か訪問したのですが、存在自体は知っていたのですが初訪問 場所的には元ふじスーパーの横 フラヌイ温泉手前かな
暖簾はいい感じで草臥れてる 旭川の製麺所の名前も確認 では暖簾をくぐろう

ランチ時間の過ぎた時間なのですが、ほぼ満席 カウンターを利用 小上がりとカウンターの店内 隣の高齢のお客はなんと真っ赤なラーメンを新聞片手に啜ってる。 ではメニューを手にとってガン見 まずラーメンですが基本三味の他に特製と名の付くラーメンからセット物もあります。 更にめくると定食物・丼物と続きます。 中々決められませんで、ふと上の手書きPOPを見ると気になるメニュー発見 エビワンタンめん・大人のラーメンなか判らないけど面白いね その下には「らくようきのこラーメン」でた~ らくようだ!!
地元で採れる筈なのになぜか滅多に見かけることがない。 天然物しかないし近年唐松林も手入れされてなく減少してるのもあるのかな? 勿論頼んだのはこちら

【らくようきのこラーメン】850円

お久しぶりですキノコ 秋口に採った自宅のキノコは既に食べ尽くした。 しょう油味」だね 豚鶏ベースに多目の脂が乗るスープで魚介は感じないシンプルな味にキノコから出る旨みが染みます。
麺は旭川の麺でやや加水・中細で中縮れがベストな茹で加減がうれしい これに麩・海苔・メンマ・ネギとお目当てのらくようきのこがトッピング
冷凍保存されていたと思われるきのこがドーン 多目の脂が熱々で焼けそうになったので食べるときは注意だね。 カウンター横で真っ赤なラーメン食べてたご高齢な方はまだ食べてる ゆっくりたべてね。
地元に愛されてる食堂だ。 これからも長らく続けてほしいですね。

味処 新町
住所:上富良野町宮町
電話:0167-45-4088
営業:11:00~20:00
休み:不定休
宮町が住所なのに何故新町ってこれ如何に

さくら・多度志

【さくら】


【店内】

多度志のセイマがある交差点に、ラーメンの幟が立ってるのは以前から知っていたが、作為はないのですが通り過ぎてた。 この場所は以前は焼肉屋だったか? しかも真っ黒いスープのラーメンがあると知ったのは閉店してからだった。 その後「居酒屋はな」に変り昼時は地元蕎麦を提供してた。
なんか似た様な店構えでオーナー同じなのか、変ってるのかは不明 店内の造りは多分変っていないかな? この日は中々の繁盛振りでかーさんはてんてこ舞い 
では、メニューを見てみよう 先頭は定食・ラーメン・そば うどん・カレー物と続きます。 で注文したのは

【味噌ラーメン】700円

店一押しの味噌はいかに 白味噌ベースと思わせるビジュアルです。 レンゲで一口 おー中々な旨みで魚介も奥底にじわっと感じます。 一押しなのがわかりますね 麺はやや加水率ありながら旭川麺範疇が嬉しい やさしい味最近塩っぱいと思うラーメンが多い 年のせいかもしれないが(笑 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系で如何にも食堂系 スープ一口 これか業務用と思われる 味噌の出来との差が激しい まさか味噌だけがオリジナルでスープはどうした? 謎が残るお店ですね。 で海苔イラネ~

食事処さくら
住所:多度志
電話:0164-34-5411
営業:--
休み:-- 

旭山雪の村

【旭山 雪の村】

古くは旭山スキー場の元ロッジが現在は旭山動物園の東門の直ぐ近くで動物園東門近くで駐車条側にあるので動物園を利用しなくてもOK】勿論無料駐車場有なのでお気軽に立ち寄れる。
外観はロッジ風で店内はテーブル席で結構大きなキャパ 屋外にはジンギスカンコーナーも有ります。
メニューはジンギスカン(和寒金子精肉)・ラーメン・カレー・丼物・そばからソフトとまでと振れ幅凄い(笑い 価格は人気スポットとしてはしょう油ラーメンが500円と良心的な価格 で注文したのは

【しょう油ラーメン+ミニ豚丼セット】700円

透き通るスープです。 おー業務用かな 豚骨ベースですっきりタイプの上に、メンマ、二色ナルト、チャーシュー(一枚)ネギがのる 麺はやや細め・中縮れ・低加水の旭川麺がうれしい。 豚丼はやや甘めなタレが豚肉にかかる、紅生姜がのるミニと言いながら中々な存在感
これで700円 専門店なら一杯価格内 いや無理な店もあったり やや業務用ぽいのはご愛嬌ですがこの価格なら私的には嬉しい価格です。

旭山 雪の村
住所:東旭川町倉沼11-15(旭山動物園東門前)
電話:--
営業:10:00~16:00
休み:多分動物園の開園期間と思われる。
旭山 雪の村さんのHPはこちら

ひぐま・名寄

【ひぐま】
【味噌野菜ラーメン】850円

イキナリラーメン画像で、古巣に戻りました(笑 前回紹介は2018/06/09 名寄まで用事で爆走 何とか無事終了 で遅めのランチです。
旨みタップリ 赤味噌ベースと思われる味噌とのバランスがいい トッピングのモヤシは厨房から強火で炒めた音がして見た目以上にシャキッとしてる。 これはいい!
麺は低加水・やや細は変わらない 食べ終わる頃常連と思わしき女性入店 なじんでる感満載 地元で愛されてるお店だね。
メニュー全制覇したいけど、名寄には温泉が・・・ けど好きだから頑張ります。

大衆食堂 ひぐま食堂
電話:01654-2-2690
営業:11:00~20:00
休み:--

誠や・幌加内

【誠や】

そばの街幌加内でラーメン屋がオープンしたのは何年前だったかな? チャレンジャーだよね 今日も元気に営業中 初めて利用しました、丁度ランチタイムで店内は中々な賑わい 店前の札幌の製麺所の幟がやや不安ながら利用
メニューを見てみましょう。 メインのラーメンはこちら で煮干ししょう油を頼んでから、季節限定のラーメン発見 直ぐに注文変更 無事大丈夫変更OKでした。

【きのこバターラーメン】900円


【トッピング】

ベースはしょう油です、スープはあっさりの中に旨み それに火を通したエノキ・しめじ・マイタケと玉ねぎ・人参・ピーマンがトッピング更にバターの旨さが加わる キクラゲノも 美味しくない筈がない ここで心配してた麺は札幌バリバリの中太・強縮れの高加水麺 チャーシューと思いきやくもしかしてベーコンじゃなかろうか
キノコにベーコンをバターで和えて炒めたら美味しくない訳がなく、画像から想像される通りの味でした。
ただ期間限定に釣られ注文したが、ここは天然物でも出てくるかと期待したがやや期待はずれなのも事実 しょう油の札幌麺は個人的には流石にキツイぜ! 味噌ならまだイケルけど・・・・
次回はあるかな?

ラーメン 誠や
住所:幌加内字幌加内
電話:0165-35-2202
営業:11:00~14:00
   :17:00~20:00
焼肉:17:00~20:30
休み:土曜

ほっとはうす・市内

【ほっとはうす】

久しぶりの紹介 永山パワーズウエスタン内の「ほっとはうす」 以前紹介は2016/10/15なので2年前 前回も書いたのですが、敷地内には、観光客で大賑わいの旭川ラーメン村があり観光バスで乗り付けた観光客で長蛇の列もあり、地元民としては中々利用しずらいのですが、そんな地元ラーメン難民を助けてるのが「ほっとはうす」 
こちらは買い物ついでにチャチャット手軽にしかも美味しいから大人気 メニューを見てみると以前から50円円ほどアップしてますね。 で注文したのは

【広東めん】850円

塩ベースのキツメのトロミの餡 餡系は熱いので要注意 フーフーしながら食らう アッサリ目ながら旨みが徐々に感じます。 安定した味だよね ただ基本のしょう油が750円と値段的にチョッとだよね 
麺は,i以前はさがみ製麺でしたが現在は判りませんが、やや加水率のあり・中縮れ・中細麺が具沢山な餡に絡まります。 注文を聞いていると結構人気のメニューのようで、これからも頑張ってほしいですね。

ほっとはうす
住所:旭川永山12条4丁目
電話:0166-46-2646
営業:11:00~20:00
休み:火曜

何処かな?


ラーメン屋では見かけない塩コショウと塩瓶 おー焼き台 ここは何処でしょう 焼き台の置くの和風柄でピンと来た方ピンポン 凄いよ じゃー注文したのは

【辛しょう油】600円

豚鶏ベースの分かりやすいベースのスープ 魚介系は少なく野菜の旨み ここでオリジナルの辛味ペーストが追加 ストレートな辛味で分かりやすく想像が付く味 辛味度はまだまだ行けそう 
中太・弱縮れの低加水率の麺に唐辛子が絡むが絡む チャーシューは厚めで大きいのが一枚 ここにも辛い奴が纏わり着く
やべー参考の一文字図らずも使っちゃったぜ ここはお気に入りの「奴」 過去記事は2018/01/14に紹介 後残る裏メニューは辛塩のみ かーさんととーさんの連係プレーお店 近々行くよ
で同行者が注文したのは

【みそラーメン】700円



住所:旭川市末広一条4-1-17
電話:0166-52-7649
営業:中休み:15:00~17:00
休み:日曜

山の幸の後は


新しい暖簾には「わっさむラーメン」 何時もの看板丼も健在 メニューはラーメンとライスのみ

【しょう油ラーメン】600円

店内に入って魚介の香り 溜まりません 中濁りのスープ 山菜取りで汗をかいた後のご褒美



【しょう油ラーメン】700円


【しおラーメン】700円

体を動かした後の、脂と塩分補給 山歩きは楽しい 今日は何処行く?

ら~麺処 優鳳

【ら~麺処 優鳳】

動物園通りのお店 実はなんと初訪問だったるする(苦笑 店内はL字のカウンターとテーブル席 今回はカウンターを利用 メニューを見てみよう なんか面白い名前が付いているメニュー 裏を捲るとギョウザのメニューなんかある。
で注文したのは

【しょう油ラーメン】700円

やや多目のアブラ 透明系のスープは魚介が香る 円やかなしょう油たれがよく合う これは美味しいですね 今まで来なかったのが悔やまれますね
ばっちり硬めの湯で加減の麺はやや細め・中縮れ・低加水率の旭川麺 チャーシューはしっかり味付けされたタイプでとても美味しい。 そんな中で日をおかず利用したのは

【カラヤン】2倍980円

普通の味噌もあるので、カラヤンは所謂辛みそで普通・2倍・3倍があり同じ価格なのが嬉しい。 2倍ですが3倍でもいけるかと言う辛味具合 赤味噌ベースと思われるスープの上にもやしがどっさり チャーシューは無いですが、切り落とし風のコロコロチャーシューがこれまたどっさり
しょう油も味噌も美味しい 
残るは塩か~ 塩は曲者しかし美味しい処は本当においしいから困る(笑

ら~麺処 優鳳
住所:豊岡13条4丁目
電話:0166-34-0326
営業:11:00~15:00 17:00~20:30
   :11:00~20:030
休み:木曜 

こぐまん・市内

【こぐまん】

真新しい暖簾が掛かる「こぐまん」 豊岡「こぐま」が惜しまれて閉店 記事にも書きましたが、以前「太鼓屋・北門店」の場所に8/15に無事開店 以前の名を残しつつ「こぐまん」 ニューキャラも可愛い。
店内は、厨房奥が変わった様ですが、大きく変わっていません 昼過ぎの利用でしたが、ほぼ満席開店日にはワンコインで提供されていましたが、現在はメニュー通りの価格になっています。 こちらはご飯物のメニューです。 ラーメンも勿論ご飯物も充実 で注文したのは

【塩ラーメン】600円

豚骨メインの黄金色のスープが美しい 一口旨みはたっぷり 脂は多目 塩分は少々濃目 微かに香る特徴のある味はなんだろうか? ま~食べ進むと気にならなくなるが 麺は中細・中縮れ・低加水の麺が合う チャーシューは赤身がメインでしっかり味付けされホロホロタイプです。 同行者が注文したのは
【しょう油ラーメン】600円

こちらはスープ一口飲んだだけだけですが、やはり塩分が優る 旨みは十分なのでやや塩分を控えた方が好みかな
ほぼ新機開店で価格据え置きとは、本当にうれしい限り 場所は変われど応援したくなるお店

こぐまん
住所:旭川市錦町15丁目
電話0166-74-4539
営業:11:00~14:00
   :17:00~20:00
   :朝営業 5:00~8:00  ラー仲間情報では9月からとのこと
休み:月曜
厨房を一人で仕切るオーナー 新たに朝ラーも・・・ただただ頑張りすぎないで

とわ北斗・レストランさん★さん

【しょう油ラーメン】500円

お盆休み中 鷹栖の鷹の爪さん満員 車待ちあり ラーメン難民か それを救ってくれたのが鷹栖共済会さんが運営する鷹栖の北斗地区のとわ北斗さん ワンコインが並ぶメニューは圧巻 鷹共さん提供の食事には小鉢とフルーツが付くのは本当に凄いと思う。 ワンコインとはいえ、チャーシュー・蒲鉾・メンマ・ネギと手抜きなし。 同行者が選んだのが

【味噌ラーメン】500円 

以前はゴマが掛かっていたが現在は掛かっていません。 ストレート勝負いいですね!
お盆時期ラー難民に救ってくれたお店 これからも頑張って 少々値上げしてもOK 

レストランさんさん(とわ北斗内)
住所:鷹栖町14線17号
電話:0166-87-5630
営業:11:00~17:00(Lo16:30)
鷹栖共生会さんの過去記事はこちら 

山の食房・愛別

【山の食房】

国道39号 旭川から上川町に入る手前 ここはドライブイン39さんがあったところで、山の工房さんは出光スタンド向かいのキャンプ場で営業してたお店がこちらに移転 ドライブイン時代は何回か利用 山の食房さんは初利用になります。
中途半端な時間の利用 先客は一人
店内はテーブル席と奥に半個室風のテーブル席 あれ以前もこんな感じだったかな~? 記憶御座いません悪しからず! で注文したのは

【塩ラーメンきのこ】950円

窓際に座ったの失敗だったね(笑い 反射して今一よく分からない。 半濁のスープ 一口頂くと薄いと感じましたが、地元で食べる塩っぱいラーメン食べてるのでそう感じただけで、旨みがどんどん来ます。
麺は弱縮れ・やや細い・低加水の食べなれた麺が嬉しい チャーシューは厚目 脂身が半分ほど有るが脂が美味しいのなんの・・・久しぶりに味に感激 最初見た時キノコ少ねーって思ったが、下にゴッソリ隠れてたマイタケ発見 変に味付けされていないので、本来の味とシャキシャキ食感がいい
爺になると完汁はしないようにしてるが、久しぶりの完汁 39号でいい店見つけました。

山の食房
住所:愛別愛山582-2
電話:01658-7-2115
営業:11:00~19:00
休み:水曜

らーめん よつ葉

【煮干し 冷やし麺 しょうゆ】850円(夏期間限定)


【煮干し 冷やし麺 白しょうゆ】850円(夏期間限定)

夏季限定の冷やしシリーズ 綺麗な盛り付けです。 煮干しが上品に香るスープ 水菜・半分にカットされた煮玉子・くせのない紫タマネギのスライス・チャーシューというよりローストビーフのようなしっかりタイプ 麺は細目・ストレート・やや加水の麺がよくあいます。
ここは多くを語らなくてもいいだろう。 是非お試しあれ!!

らーめん よつ葉
住所:旭川市豊岡12条6-7
電話:0166-35-4313
営業:11:00~15:00
   :17:00~20:00
休み:不定休
らーめん よつ葉さんのFBはこちら

地産食堂ウルエ

【地産食堂 ウルエ】

永山の地産地消を押すお店 以前利用したときはお客さん一杯で撮影断念した。 期間限定のラーメンが有るらしいので訪れた。 ややランチ時間に利用 5割がた埋まってるし 相変わらず人気店 店内はテーブル席で、余裕のある配置がいいね。

メニューを見てみよう すごい種類だね 最初から決めていないと悩む人は覚悟が必要 最初から決めていたから楽勝 で注文したのは

【麺からわさび!山わさび冷やししょうゆ】880円

綺麗なフォルムですね~ 麺はわさびを練りこんだ細・中縮れ麺 スープは魚介系のしょう油ベース 市販チューブ一本分もあろうかと思う凶暴な「山わさび」が鎮座 勿論このままスープに溶くツワモノはいないと思うが 私は無理 ここは小鉢が付いてくるのでそちらにいったん避難(笑 水菜・ネギ・刻み海苔・メンマ・味玉・鶏チャーシューと具沢山 麺は細麺・弱縮れ・やや加水で麺にもワサビが練りこまれてプリプリでワサビが香るりのど越しが好い麺です。 ここで避難してた山わさびを投入 これはこれは効くぜ ガンガン攻める
食べ進むうちに、これってラーメンか?頭によぎる もし麺が蕎麦・うどんでもスパでも合いそう。 残ったスープにご飯投入してもサラサラいけそうだね。 

地産食堂ウルエ
住所:永山3条8丁目1
電話:0166-47-6565
営業:11:00~15:00(Lo14:40)
   :17;00~20:00(Lo19;40)
休み:月曜、第三木曜 

鬼はそと・市内

【鬼はそと】

永山の「とうがらし」に初めて訪れた時 張り紙があり閉店してた。 新店舗の一番乗りは目指さない私的には新旧入れ替わりが多い旭川では、良く有る事だったりする。 そんな中鬼はそとが復活したそうな 同じ永山で営業してた蕎麦の「福は内」さん後に開店
ランチ時間をやや過ぎた時間でしたが、店内はほぼ満席ですね 店前のテントはプチビアガーデンのようです。 メニューを見てみましょう まずはそばとラーメン・ご飯物のメニューはこちら 居酒屋メニューの一品物と思われるが日中もOKとは嬉しい。 で注文したのは

【とうがらし味噌】辛味2 680円

辛そうなフォルム では一口 おー思ったほど辛くない 豚骨ベースで旨みとやや濃厚な味噌タレ 奥にナッツ系も感じる 何となく最近復活した神楽三平本店を感じたりするのは私だけ(笑 麺は、やや細め・中加水・弱縮れの旭川麺がいい チャーシューはどーんとデカイのが一枚
この価格でこのレベルは良心的 辛さレベルは緩めかな? まだまだいけるね。
三平も気になるが、鬼はそとのレベル5もね。 居酒屋メニューも気になる

そば処 鬼はそと
住所:旭川市永山3条21-1-3
電話:0166-47-5110
営業:11:00~14:00
   :17:30~20:30
休み:水曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ