増屋・上富良野

【増屋】
P7090027
酷暑が続く、熱いラーメンも段々欲しなくなってきた みんな元気してますか~ 以前初回したのは、2012/01で久しぶりになります。 昼ちょい前に縄暖簾をくぐると既に9割埋まる、大盛況。 

【店内】
P7090023
この画像は お店の店内も殆ど変わりなく、L字のカウンターも小上がりも変わりないし、厨房のフライパンオールスターも健在 エアコンが無いのでムシムシしています。上記画像は、混雑で利用制限になった後 メニューを見てみよう。 左に麺類 右に丼・定食と並ぶ で選んだのは 私にしてはめずらしい期間限定のこちら

【韓国冷麺】870円
P7090034
業務用と思われる錦糸卵とハム 自家製の美味しいキムチは、日頃食べなれてる味ではなく、後で同行者に聞くと、これが本場韓国の味らしい。 これにキュウリとレッドオレンジ・スライスオニオンが添えられます。 
麺は強い圧力で押し出して作るタイプで半透明のストレート麺 タレは盛岡冷麺とは全く違う味でちょっと表現できない味 さっぱりしてるので、スイスイ進み完食
ツワモノの同行者は、この暑いのに

【みそラーメン】770円
 P7090033
メニューに記載されるように (辛味)っぽい外観ですが一口 思いのほかマイルド辛味で食べやすいですね、みそはデフォで野菜がのります。 白菜・もやし・玉ねぎとサイコロ状の椎茸 ひき肉を加え旨みをだしていて、チャーシューはつきません。
麺は肌白・やや細・中縮れ 中加水率の旭川寄りの麺 
マイルドでとても美味しいと思いますが、もう少し涼しくなってからまた頂きたいですね(爆

増屋
住所:上富良野町中町2-1
電話:0167-45-2679
営業:11:00~21:00
休み:水曜

お食事の店 マロニエ・美瑛

お食事の店 マロニエ】
P7080020
何回も通る富良野線(237号)沿いのお店  ラー友で、山頂で食べる「山ラー」好きな「じぇっつ」さんが紹介しており、今回初めて利用しました。
国道沿いなので、以前はドライブインと表記してたと記憶 お店前の鉢花が綺麗ですね。

【店内】
P7080005
明るい店内・思いのほか広く、入って直ぐにテーブル席 奥に小上がりがありどの様な客層にも対応可能ですね、テーブルのメニューを見てみましょう。 麺類・ご飯物にはラーメン・うどん・そば・ご飯物 裏返すと定食・ラーメン(小)セットになります。 定食に50円プラスでラーメン(小)のセット!!凄くお得です。 ですがそんなに食べれないし で大人しく選んだのは

【しょう油ラーメン】600円
P7080010
鶏基本で豚骨も感じる透明系スープ 油多めで鰹系も感じます、しょう油とのバランスもいいね、麺は肌白でやや細・中縮れ・旭川よりの低加水率の麺で茹で加減バッチリ チャーシューは小振りで赤身が多く、味付けのハッキリした昔風が二枚 大好きはキクラゲとメンマ・子ネギがトッピング 
個人的には油が強く動物系が薄い鶏ベースは小ネギ 動物系が強い豚骨には普通のネギが合うと思ってる私なのでとても美味しく頂きました。 早く暖簾をくぐれば良かったと思わせるお店 

ラーメンを待つ間、常連客と思われる方が注文したのは、なんと「ジンギスカン定食」って・・・・ 気になるよね。

お食事の店 マロニエ
住所:美瑛町北町2丁目3-20
電話:0166-92-0182
営業:9:00~20:00
   :9:00~19:30(11~3月)
休み:不定休

まるとみ食堂・芦別

【まるとみ食堂】
P7010038
旭川から向かうと、道の駅に向かうバイパスと市内に向かう交差点にあると立地的にはいい場所なのですが、奥まってるので何故か目立たないお店で、地元民に愛されてるお店
利用時も、しっかりと利用されていました。 以前紹介は、2013/01以来で、4年ぶりで久々の紹介 店内の佇まいもほとんど変わらず、テーブル席と奥に小上がりがあるスタイル。 メニューを見てみると、変わりない価格が嬉しいですね。 こっちのメニューも紹介しよう。見ると何時も悩む・・・ お店お勧めの「ジンギスカンラーメン」 悩んだ末にテーブルに登場したのは、何時もの(爆

【しょう油ラーメン】550円
P7010031
以前紹介と変わらない佇まい。 透明系で醤油も優しく野菜の甘みも感じる、 麺は中太・中縮れ・低加水率の麺 茹で加減バッチリで嬉しくなるね。 チャーシューはやや薄めなのが一枚 三色ナルト・麩・メンマがのる。
長年営業してるには理由があるよね、安定してる味で、安心して頂くことができます。 それにしても店一押しの「ジンギスカンラーメン」いつ紹介できるのでしょうか(謎

まるとみ食堂
住所:芦別市北5条西1
電話:0124-22-3098
営業:11:00~21:00
休み:--

勝巳・赤平

【勝巳食堂】
P7010022
赤平の茂尻地区の老舗食堂 最初に訪れた2010/04にはまだ、外壁の看板もあったが、2012/12には無くなり、塩が加わり50円UPし、暖簾もぼろぼろの2016/05と紹介してきた。
こちら方面にくると開いてるか確認してるが、なかなか暖簾を見れなく断念したこと多数、ここで振られるとランチ難民になる可能性大な店なので、次候補見つけていくことをお勧めする。
最近、旧炭鉱系の石炭補給のためにぶらっとドライブ じゃと前を通ると目新しい暖簾に変わって絶賛開店中!! 勿論暖簾を潜ろう。 先客多数 入店してかーさんから、「ご飯無くなったので、麺類しか出来ないよ!」 了解です。
メニューを見ると前回と変わりありませんね。 一人で結構かーさん忙しくかなりテンパッテますね。 麺を茹で始めてからも、カツカレーを三人前も作るって・・・ 俺の麺は~~大丈夫ですか~~

【しょう油ラーメン】550円
P7010015
変わらないビジュアルです、以前より透明度が増したスープ 豚骨ベースに魚介系も僅かに感じる 麺は中太・弱縮れ・中程の加水率
見た目通り茹で過ぎだ だからかーさん・・・ チャーシューは今回はクルクル系の脂身が有るタイプ メンマとネギとシンプル 
想像通りの麺はご愛嬌だね、
こうなると味がどうのこうのって、関係なくねって 「そんなことないわ!!」 と一人でツッコミ入れてみる(爆  なんだかんだ言ってもまた来たくなるのが、このお店なんだよね。
元気で、末永く続けて貰いたいです

勝巳食堂
住所:赤平市茂尻中央町南2丁目20
電話:0125-32-2412
営業:―
休み:―

虹のむこう・市内

【虹のむこう】
P6240025

【カウンター席】
P6240007
新しく出来たお店 最近開店するお店の評判はいいよね、その中のラーメン専門店 店内は厨房を囲むようにL字のカウンターと奥には、テーブル席があり、今回はカウンター利用です。
カウンターの正面に張ってあるメニューを見てみましょう。 煮干しベースのしょう油・塩にベジソバと居たってシンプルで悩むことも無く、注文したのは

【しょう油煮干しラーメン】700円
P6240016
丼から煮干しの香りがします。 素敵なビジュアルですね、スープを一口 香りがとてもよく、エグ味も無く丁寧な仕事ぶりが伺える。 低加水率で縮れが弱くストレートに近い麺 チャーシューは程よい程よい噛み応えの在るのが二枚 メンマは無く代わりに北海道と言えば「根曲がり竹」が乗り、とてもいいアクセントになります。
スープは煮干し・昆布・椎茸のみで、動物系は使用していなく油は米油を使用 化調無使用と拘っています。
最近拘りすぎて味が残念なことになってるお店を見るに付け、その結果味も何処に向かうのか不明・値段も高く 正直なんじゃこりゃーと思う私ですが、虹のむこうさんとてもシンプルな和風で仕上げたしょう油ラーメンはとてもレベルが高いと思います。 ただ個人的に残念なのが、麺 低加水・細麺なので時間が経つとノビノビ 低加水の麺が基本の旭川ですがここまで細いと流石にノビノビ やや加水するか、もう少し太くすると更に美味しくなると予想 細麺に拘るなら、美瑛の「ちゃい」さんの麺で食べてみたいな(笑い で同行者が注文したのは

【ベジソバ】750円
P6240010
ベジとはベジタブルの略? 一時流行った時期も、食べたこと無し 今回初めての体験 塩ベースに人参加えたスープ スープを飲むと結構塩分もあり、粘度もあります。 小皿にはゆず塩とトマトで味変 やはり麺が残念 粘度のあるスープとダマになり掛けの麺が濃い目スープを全て持ち上げる。
 そんなもんだと言われれば、「そうですか」としか言えない初心者ですので悪しからず。
一日分の野菜が入ってるそうで、その日の仕入れと季節で野菜は変わるとの事 今日の野菜も盛り沢山

【塩ラーメン】700円
P6240014
美しいビジュアル しょう油より煮干しを感じ、とても美味しいスープ  スープの完成度が高いので、惜しむらくはやはり麺だね。 本当に残念
でも今後が期待できるお店ですね。 

虹のむこう
住所:旭川市春光4条9丁目
電話:090-8425-5539
営業:11:00~20:00
休み:--

あおい食堂・剣淵

【あおい】
P6170005
初めて紹介したのは、2013/10のことでこの時は紺色の暖簾 その後紹介したのは、2016/05でその時は暖簾はグリーンに変わり今に至る。
店内も変わりなく長いカウンター席と小上がりがあり、カウンターの前は大きな窓に為っていてとても明るくて、清潔な店内 メニューを見ると、初紹介から、驚きの価格でしたが、しかも現在でも変わらないとは、正直頭がさがります。 で注文したのは

【塩ラーメン】500円
P6170019
ビジュアルで食べる前から分かるオーラ 薄にごりのスープ 豚骨と鶏がらベースに煮干しが香り熱々の表面に薄く覆う脂 
麺は弱縮れ・やや細く・低加水の麺 今回はやや柔らかめの茹で加減 チャーシューは固めで味が濃い昔風なのが一枚 ネギ・メンマがのる。
シンプルなラーメン 奇をてらうラーメンが増えてる中 非常に好感が持てるラーメンで、これがワンコインと本当ね有り難いね。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】500円
P6170016
これまた、安定した味に変わりない

【味噌ラーメン】600円
P6170015
モヤシを中心に野菜がのる、チャーシューは無く赤味噌主体でやや酸味が有るスープ 三味すべて安定しており、後は好みでどうぞ 
基本のスープが良いからでしょうね、いい仕事しています。
けんぶちまっぷを見ると、「野菜ラーメン」が店の一押しらしいので、次回の課題

あおい食堂
住所:剣淵町仲町5番3号
電話:0165-34-2524
営業:10:00~20:00
休み:日曜

めぐろ・市内

【めぐろ】
P6030027
前回訪れたのは、2017/05です。 何時ものようにランチ時には、がってん系とJP軍団の赤バイクが並ぶお店 初訪問の方はチョッと引いちゃうかな けど大丈夫気持ちのいい接客で気持ちいい。
塩と味噌味でしょう油は無いお店 ちゃんこ(塩)しか食べていなかったので、今回はこちら

【味噌野菜ラーメン】750円
P6030035
ちゃんこ味と同じに脂が覆う 最後まで熱いよ! 火傷に注意 旨みたっぷりですが、アトムの力も在りそうな味かな 
本来ジャンクフード(庶民の味方)なのに、無化調・地元野菜・天然素材を追求するあまり、全く美味しくないラーメンなんか出てきて来て、しかもべらぼーな価格だったりすることも時に遭遇 しかしここは安心する味 
チャーシューとワカメは無くちょっとクタッとした野菜乗る。 鶏ベースの透明系スープは旨みタップリ
次回は、メンマ+チャーシューをトッピングも良いかもね。  勿論 今回も ちゃんこ(塩)とメンマラーメンも美味しく頂きました。

P6030031

お食事処 めぐろ
住所:旭川市春光台3条4丁目
電話:0166-52-9688
営業:11:00~20:00
休み:木曜 

ぴあふる岩山

【ぴあふる岩山】
P5240006

P5240005 旭山動物園の奥 21世紀の森に向かう豊田地区 旧旭川第4小学校の「ぴあふる岩山」 鷹栖共生会さんが運営

鷹栖共生会さんにはいつも驚かされる。 
私のブログでもシリーズ化できるほどだ。
チコリ柏の里パークほのぼのさん★さん伝承館

周りは田園地区 田んぼが一面 奥に行くと花卉栽培のハウスがある地区
利用時間が昼一時間なのでハードルは限りなく高い。 伺ったときに丁度、職員がいたので確認したのですが、勿論利用はOK ただ利用者がメインですので、12時半過ぎの利用でお願いしたいとのこと、全然問題ないので、カメラなんか持ち出してぶらぶら散策して時間を過ごそうか そんなこんながあって待ってると「良いですよ」と声掛けてていただいた。

P5240028

【店内】
P5240022
玄関でスリッパに履き替えレストランへ 窓からは田植えを終えたばかりの景色 全席テーブル席で利用者もいて一緒にいただこう。 壁のメニューを見てみよう 何時もの驚愕価格 全て500円(ワンコイン!!)しかも食後のコーヒー付きだ・・・ 日替わり定食も気になるところだが、勿論

【しょう油ラーメン】500円
P5240010
でた~ 旭川屋の丼!!お久しぶりです。 鷹栖共生会さんでは時々遭遇する。 これに小鉢フルーツが普通に付く で横のライスは・・・ 実は・・・サービスで炊飯器から自由に盛れます。
 
程よくアブラが覆うスープは、中濁り系の豚骨ベースで魚介系は僅かで系列と同じと思われます、麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺(何処の麺だろうね) チャーシューはやや脂身の多いのが一枚ですが値段からいったら上出来 かまぼこ・メンマ・ねぎがトッピング 
いつも驚く鷹栖共生会さん 今回も驚きのランチだった。 勿論、接客に慣れていない職員なのはご愛嬌だよ

ぴあふる岩山
住所:東旭川町豊田296番1
電話:0166-76-2112
レストラン利用
営業:12:00~13:00(施設利用者も利用しますので、12:30過ぎが宜しいかと 要確認
休み:土日・祝日
残るは、柏の里ディセンターレストランでコンポリートか~ 何時いけるかな

かんざん・市内

【かんざん】
 P5130020
最近 市内はラーメン店の開店が続き中々の出来とのことですが、全く追いつけません。 東光の幹線から離れた住宅地に4月に開店 自宅兼店舗で居酒屋を営業してたとのことで、今回ラーメンで勝負
店内はネタケースが残るカウンターとテーブル席・小上がりが在りファミリーの利用にも安心 伺ったときはほぼ満席 オーナーご夫婦テンパリ気味ですが、接客は気持ちいいですね。 やや待ってカウンターに案内 座ると直ぐに氷の入ったポットも登場 テーブルのメニューを見てみよう。
表はラーメン三味の他、天津麺・広東麺・あんかけやきそばがあり、裏はご飯物・ドリンクと続く で注文したのは

【しょう油ラーメン】700円
P5130006
透明系のスープ 表面の脂は大人し目 豚骨ベースであっさりで、塩分も少々物足りと思いきや食べ進むと旨みが増します。 魚介系はあまり感じない。 チャーシューは厚めで大きく味濃い目なのが三枚 美味しいね。 今流行なのか太いメンマと大好きな木耳  麺はやや細め・中縮れ・低加水の旭川麺 
旭川ラーメンの大重鎮のnoriさん このスープなら塩に合いそうとのこと、次回の課題 同行者が注文したのは

【味噌ラーメン】750円
P5130009
もやしとチャーシュー三枚で50円UP これはお得 しょう油と違い味噌も主張 塩分も丁度良い 同じベースとは思えない味に変身。

【広東麺】850円
P5130011
あんかけ好きな同行者が最後までやきそばと迷ってたが、広東麺 こちらもしっかりしょう油味が主張してとても美味しいとのこと、残念ながら私には一口もまわって来なかった。 残念!

満員の利用者も居なくなり、ご主人とちょっと話したんですが、その昔、市内で食堂を経営 その名前は「かんかん亭」と言うお店を出してたそうです。 その後住宅兼お店として東光に移り居酒屋として営業してたが、還暦を向かえ初心に戻るという事で、かんざんを開店とのことです。

かんざん
住所:旭川市東光2条3
電話:0166-33-3284
営業:11:00~15:00
休み:日曜・第1・3月曜

らー麺ごはち(五八)

らー麺 ごはち】
P5040036
ごはちさん 市内5条8丁目(五八)のお店 まったくノーマークでした、ラーメン仲間のブログで知りました。 実はGWに食べた唯一のラーメンだったりする。
駐車場が無いとの事でチャリで伺った。 ロゴのデザインが洒落ています、店内はバーのような造りで、水割りって言っても注文通りそうです。 テーブルのメニューも凝っており、「一人なのでなまら遅くなる」なんて書いてある。 あれノーマルのラーメンが無いのか探すとありました。
しょう油・塩は鶏ベース 味噌は野菜スープって何だべ? で注文したのは

【しょう油ラーメン】700円
P5040029
鶏ベースで白濁してる濃厚スープ 表面のは脂が覆う 麺はやや細め・中太・低加水率の旭川麺 チャーシューは大きく二枚 いい味付け・メンマは存在感の有るサイズです。
ネット上で見るしょう油とはまったく違います。 伺うと日々進化してるとの事 言い換えれば試行錯誤 これからも如何に変わるか注目ですね。 味噌は安定してるのかな 駐車場が無いのが難点ですが、頑張って貰いたいですね。

らー麺 ごはち】
住所:旭川市5条通8 吉方ビル 2F
電話:0166-85-7811
営業:11:00~--
休み:日曜

めぐろ・市内

【お食事処 めぐろ】
P4290016
鷹栖と市内の境目の高台 春光台にあるお店 現在この地域食堂難民になってないか心配地域 「じゅー」も無くなったね 残るは、「かつ木」さん位か 以前福祉施設の奥にもラーメン屋があった筈

ちゃんこラーメンがいただける「めぐろ」さん 初訪問です。 開店時間から間もないのですが、お店も前は車で一杯 路駐はOKですが迷惑にならない所に車を停め暖簾をくぐる。 店内はテーブル席と小上がりがあり、八割がた埋まる 人気店ですね。
テーブル席は利用中で小上がりを利用しました。 チラッと見た料理は定食とかが多かったかな。 メニューを見てみよう。

表は麺類・カレー・定食・丼物  裏はちゃんこ鍋・刺身・一品物・ドリンクと続きます。 では注文しましょう。

【ちゃんこ味野菜ラーメン】700円
P4290011
鶏ベース・透明系のスープ たれは塩ベース 魚介系はなく、某有名店とは違いトロミも無くあっさりしています。 やや塩分が多めですが、旨みがぐっと感じる美味しいスープ
苦手なワカメですが、増殖しなく安心 鶉卵・三色ナルトとシンプルなのがいい。 麺はやや加水率が高め・中太・弱縮れ麺(地元 北海製麺)

【ちゃんこ味メンマラーメン】700円
 P4290010
こちらは野菜が乗らず、その代わりザックリ切ったチャーシューは、繊維状にホロホロ崩れるのが二枚 穂先とは言わないが、味付けされたメンマが多い中、柔らかくても本来のサクサク感 メンマ自体の味で勝負してる感じでとても美味しいと思います。
別のお客さんが注文した、2グループ位が単品のザンギを注文 その盛りを見て「食いてー」 次回は皆でシェアして食らいつきたいね。

お食事処 めぐろ
住所:旭川市春光台3条4丁目
電話:0166-52-9688
営業:11:00~20:00
休み:木曜 

そば処 とき家・市内

【そば処 とき家】
P4220020
市内 食べログの雄 「ウエスティのうーちゃん」さんの情報で名前が変わったと知り、訪れてみた。 名前が代わる前は「そば庵・大町店」 過去記事は 2015/12 2015/01と二回の紹介ですが、実は多数利用してたりします。
店内の配置は変わりなし 店名を変更した理由は、そば庵製麺場の終了にともなう物との事 けど「そば庵」グループって何件あったけ 
市内の同じ名前を表記する、そば屋さんてあるけど、今となっては実際お店に聞かないと、どこが本店なのか不明なお店ばかりで、誰か調査しないかな~

店内は変わらなく、出前の電話が鳴るのも変わらない。 メニューを見てみよう。 そばメニュー 裏は定食・セットメニューになっています、あれラーメンが無い・・・ と思いきや別のメニュー表に昇格として登場 で注文したのは

【たまご丼セット】二色重650円
P4220015
以前のメニューにはなかったたまご丼セット、変わらない容器と味 で安心 価格はチョッと値上がりしたものもあるが、懐にやさしいのは変わらない。

【みそラーメン】620円
P4220016
この特徴の有る丼も、もやしとひき肉がのるスタイルも変わらない これで620円だぜ~ 出前もしてるし、こんなお店近くにあればいいな。 かなり以前にあった中華系のメニューは無くなったが地元に愛されるお店だよね

そば処 とき屋旧そば庵 大町
住所:大町2条5丁目
電話:0166-54-0934
営業:11:00~20:00
休み:日曜

ザキミ家・市内

【ザキミ家】
P4150026
赤い看板が主張 開店と同時に入店 もちろん一番乗り、店内はL字のカウンターとテーブル席 店内はやや豚骨の香りがします。
国内で家系を提供してる最北の店でいいのでしょうか? 正直 何が「家系」とは何を指すのかも分からず、初「家系」を体験
看板には 味の好み[こいめ・うすめ] 油の好み[多め・少なめ・ぬき] 麺の好み[かため・やわらかめ]と好みに応じるてくれます。 メニューを見てみようか、みそとか以前はつけ麺もあった筈 オーナーに初めてとつげて、全て普通で注文

【ラーメン】700円全てデフォ
P4150020
ラーメン好きの方のブログでみた画像より白濁したスープ ホウレン草 大きい海苔が三枚 スープを一口は塩分も控えめ これが家系か~ 癖の有る味かと思いきや、油も多めながら、マイルドで旨みもあるね。 しょう油は隠し味程度なのかな
麺はストレート・太い・太麺・ツルッとした麺で存在感があります。 食べたことの無い麺ですが、スープに合いますね。 チャーシューは、大きめなのが一枚で箸で持つと崩れそうで、これまたいい仕事しています。 個人的にはホウレン草と海苔は無くてもいいから葱にして貰えないかな。 まートッピングで九条葱すれば良いことですが・・・
旭川で3年 すっかり根付いたお店ですね

ザキミ家
住所:旭川市豊岡2条7丁目4-9
電話:0166-33-4138
営業:11:00~14:30
   :18:00~20:30
休み:火曜

龍乃湯 食堂・東旭川

【龍乃湯温泉】(たつのゆおんせん)の食堂
P4160001
場所的には、東旭川駅裏と言えばいいのでしょうか? 今回は食堂が目的なので、温泉の記事は、2016/07の記事をご覧ください。 食堂があるのは確認していたのですが、いつでも来れるわなんて思ってたら、市内ラーメンの重鎮esさんと、ミユージシャンでありラーメン好きのクサイダーさんに呼ばれた!!
こらは行かない訳が無い。 券売機のメニューを見てみよう、なんと「味噌ラーメン」がメニュー落ち 一番早く紹介されたesさんの記事でもメニュー落ちしています。 
ところが温泉を再開した時の画像には、「味噌ラーメン」がありました。 幻の味噌ラーメンはいつかメニュー復活を期待します。 じゃ注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P4160007

【塩ラーメン】600円
P4160009
同行者が注文して一言「うま~」 目の前のしょう油後にしてレンゲで一口 煮込んで出した豚骨が香る・濃厚な出汁・表面を覆う多量な脂と野菜系から出る甘みとあいまって市内では今まで体験したことの無いラーメン
温泉施設のラーメンとは思えない程のレベル しかも600円とは、

クサイダーさんの記事でも書いていますが、しょう油・塩では殆ど変わりない見た目 味もしょう油と言われればそうかなと思う程の味でさらに複雑な味になっています。 お勧めは塩です。

麺は強縮れ・中太・やや加水麺で非旭川麺 チャーシューが二枚ながらその、この分厚さが嬉しい
是非、札幌在住の「がったりさん」(笑 に、がったりで注文して欲しいラーメンだったりして

温泉は冷鉱泉の加温・循環・薬剤利用とマニアにはお勧めしないが、近所の銭湯感覚で利用されてる。 何故か温度が高い。
鉄を含む温泉は、体感温度より実際は低いのですが、熱いです。

●住所:東旭川上兵村91番地
電話:0166-36-1562
日帰り情報
 料金:550円
 営業:9:00~22:00
 休み:火曜
食堂:11:30~14:00
※追記:貴重な情報を頂きました
     店内に掲示されていませんが、日帰り利用は7:00から利用可能



来音・市内

【来音】
P3250040

【入り口】
P3250036
住宅街にある コーヒーとお蕎麦のお店 これまた判りづらく迷って下さい。 自宅を改装し、開店から12年目になり、開店したことも知らず、相当前に住宅街を走ってるときに発見した店 今回初紹介します。
お店前には案山子がありますでは、店内に 靴を脱いで利用 座卓テーブルと奥にはテーブル席 奥のテーブル席・座卓にも利用者がおり中々の賑わいで、今回は座卓を利用しました。 テーブルにてっきり先客が居るのかと思うほどの出来栄えの食品サンプルが置いてあり遊び心満載

テーブルのメニューを見てみましょう、表は、蕎麦・コーヒーと続き、実は裏を捲ると注目の「裏メニュー」のあの品が で選んだのは勿論

【そばつゆラーメン】鴨 700円
 P3250022
オーナーが好きな食べ方 どんなラーメンか気になって色々想像する・・・ 出てきたそばつゆラーメン 想像通りでした(笑い
表面を覆う油も無いので、レンズが曇る々々 フーフーして撮る。 麺はやや加水が有るタイプで、中太・強縮れ 鴨チャーシューは薄めで味付けされたのが一枚 
ラーメンと称してそばつゆのラーメンも超稀に遭遇 今回はメニューにも書いてるので真摯に対面
個人的には、そばつゆには蕎麦と思うがラーメンも好き好きで、これを待ってた人も少なからずいる。 これを裏メニューにしたオーナーも分かってたりしてね。

そばとコーヒーのお店 来音(らいおん)
住所:東光10条6丁目
電話:0166-32-2436
営業:11:00~16:00
休み:日曜祭日

PS:帰りには何と、人数分のテッシュを貰った有難うございます。 

麺処 なが亭・砂川

なんと痛恨のミス お店の外観撮るの忘れた・・・ 農協の売店1F 100円ショップCAN DOが2F入る施設の1Fにお店はあります。 店舗側と駐車場側からも入り口あり

旭川のラーメン好きは何故か麺に拘る方が多い、札幌麺が苦手 低加水率の麺がDNAに宿る、そんな訳で時たま、札幌の高加水麺と旭川の低加水麺は何処で逆転するのか、話題に上る 
札幌に近づく事に高加水になると思いきや、滝川までは予想通りに進むが何故か砂川近辺で低加水の麺に代わっちゃうから面白い。
その逆転現象の張本人は砂川の㈲中村製麺工場さん 訪れたお店の麺売り場には、札幌大手を押しのけて、「中村製麺」が占拠していて地元で愛されてる麺 販売されてるのはノーマル麺とタマゴ入りの麺の2種類でした。
ここは旭川以上に低下水率の麺を作ると言われる張本人 以前は「なか亭」だったのですが、訪れた時は、字体も同じなのですが濁点が付いて「な亭」になっていましたが経緯は不明

店内のカレンダーは中村製麺でしたので、麺は変わっていないと思います。 L字のカウンターとテーブル席 結構キツキツです。
壁のメニューを見てみると直営店からなのか格安です!! で注文したのは

【しょう油ラーメン】430円
P3120005
中空知地区の格安そばに対抗すると思われる価格設定 シンプル 奇を衒わない分勝負してます。 透明系のスープは豚鶏ベース 優しい味 少々物足りないと思うが、旨みがじわっときます。 麺は中太・ストレート・低加水率の麺ですが、微妙に旭川麺とは違い噛み心地はズパ けど噛み進むとモチモチ これぞ中村の麺 チャーシューはやや硬めの昔風が一枚 他の地域ならかけラーメンの価格で乗ってるだけで十分 同行者か食べたのは

【味噌ラーメン】460円
P3120008
30円アップでもやし・半ゆで卵プラス 本気のラーメンは市内の食堂にお願いしてこの価格あっぱれです。
低加水の麺ながら旭川麺とは違う砂川近郊 興味が尽きない。

麺処 なが亭
住所:砂川市東5条南7丁目2-9(ショッピングプラザAiAi内)
電話:54-3313 
営業:--
休み:-- 

懐・帯広

【懐】
P3040004
少し早めに着いた、店前に駐車して待つことにしよう。 ただ札幌の重鎮に聞いたところ「何時休みか分からないし、電話は非公開」 つまり行って見ないと分からないってこと・・・「そうなのであります。ハイ」 ヤヤコシイ店だが、逆にメチャ燃えるね
開店時間を過ぎました、開く気配はありません・・・やや諦めた頃 隣に自家用車が駐車 チョッとめんどくさそうにしながらも、「今 開けるから待ってて」
開きます、食べれます。 

【店内】
P3040005
カウンターとテーブル席です。 何故かバナナとかパイナップルが置いています。 メニューは壁に直に書いています。 なんだこのメニュー らーめんと書いている通り しょう油 一本勝負! だから多め・少な目の注文が無ければ、何も言わずに丼が出てきます。

湯を沸かしたりしてるので、時間があり、ご主人と話してると、店に来たとき私の車があり、「帯広ナンバーで初めての方なら「時間掛かるよ」と思たけど、旭川ナンバーなので開けたんだよ」 メンドクサイご主人だが、好きです。 待つ間常連さんが来店 新ラーメンの話やら耳ダンボ状態(笑い

【しょう油ラーメン】650円
P3040013
ホウレン草・麩・海苔も乗ってる昔風ラーメン・中華そばとでも言えそうなスタイル レンゲで一口 豚骨・鶏ベース・昆布・煮干しと味醂って言ってたな、
油は少なめ 煮干しが香り塩分も程よく ご主人から想像するとガッツリ系と思ったが驚きの優しい味 ギャップが凄すぎ
麺はやや細め・強縮れ・加水率高めの地元まる源保刈製麺 チャーシューは昔風 味濃い目で繊維状に切れるタイプが二枚
「裏メニュー」の塩があり連食で注文するつもりでしたが、多分通りそうも無いので表メニューで退散

実はその前に常連さんとご主人が話してた、試しに作ったラーメンが在るんだけど食べると会話・・・ 俺はいいわ なんて言うもんだから、「その●●ラーメンって食べてみたいのですが、無理ですよね?」なんて 口から出てた(爆 モチロン撃沈

これで顔覚えてもらったかな、裏・裏々メニューを頂けるのは常連のみと興味の尽きないお店
この店で、塩・ガッタリと言って注文通るまで何回通えばいいのでしょうか?(爆

らーめん
住所:帯広市西五条北1
電話:--
営業:11:30~15:00 (注)ご主人の気分次第
休み:不定休
 

ふれ愛・ふれ愛の郷

【レストランふれ愛 旭川福祉専門学校内】
P3010021

P3010022 東川の中心街を抜けキャンモアースキー場を横目に見ながら更に車を進めよう。
高台が左手に見える、その場所に 北工学園系列の福祉専門学校が見えてくる。 

食堂が有りそうなのでうかがった。 情報は皆無、之ばかりは実際に行かなくちゃ分からない はたして一般の方が利用で来るのでしょう?  

【店内】
P3010019
遠慮がちに駐車場に停めると、すれ違う学生達が「今日は」と声を掛けてくるのが気持ちいい。 学生に聞くと利用はOKで 大歓迎とのことです。 店内は高台にあるのでとても開放感があります。 店内は、テーブル席のみで 訪れたときはランチ時で学生で大賑わいでした。 画像はちょっと時間が経ち学生が引けたときにパシャリ
では券売機のメニューを見ましょう。
ラーメンはしょう油・みそで塩は無く、丼物・カレー・セット物もあります。 ロコモコ丼も発見 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
P3010009  
脂は少なめ 透明系で魚介も僅か 時々遭遇する業務系と推測 麺は、低加水・中細・強めの縮れの旭川麺がうれしい。 チャーシューはややしょぼめなのが一枚 価格からいったら致し方ない。
アウェー感が漂う場所でいただく、ラーメンは久しぶりです。  職員から寒かったらストーブの傍に移って下さいと声も掛けていただいた。 
卒業生はきっと良い社会人になってると期待したいですね。

レストランふれ愛
住所:東川町進化台
電話:0166-82-3898
営業:--
休み:--
委託されてる業者は富良野の西川食品

らーめん夢想

【らーめん夢想】
 P2180022

P2180020 豊岡から移転した先がなんと、流通団地内の浅田青果内と知って当時驚いたものだ。

社員食堂形態での移転ですから、旭川では珍しく朝ラーが出来るお店 ただ現在の営業時間は確認できなかったのはお許し下さい。

正面玄関の横に通用口ポイドアが入り口になっていますが、暖簾もないのでチョッと躊躇するよね。 
でも大丈夫 気軽にドアを開けましょう。
店内はテーブル席で社食風で質素ですが、全く無問題です。 一人で調理してるので基本セルフのお店 メニューは大きく厨房を望む上に掲示 分割するか悩みましたが、そのままメニューを紹介 豊岡時代はほぼラーメン専門店でしたが、社食形態となるとご飯物も取り揃えています。 丁度お昼の利用で、注文を考え中も場所柄、大型車を中心に続々来店 で注文したのは

【しょう油ラーメン】650円
P2180009
表面の脂は多く 全く湯気はあがりません。 豚骨ベースの中濁りのスープでしょうか、魚介系は感じないく、野菜の甘みも感じます。 結構濃厚なスープでガッンときます、これは美味しいですね。
麺は、やや太・強縮れ・低加水の麺 とチャーシューは二枚、脂身の少なく表面も焼き目の香りも感じる。 パンチのある味だね 同行者が選んだのは

【辛みそラーメン】700円
 P2180010
これまた濃厚で、味噌感じるスープで、ややドロ系 辛さは中程度ですが、同行者は咽ていましたね(苦笑 この辺は個人の辛レベルの差 こちらもタレが主調味 好きなタイプです。 野菜もチャーシューもつきお得感があります。 もう一人の同行者がチョイスしたのは

【みそラーメン】650円
P2180011
しょう油と同じ価格ながら、野菜・チャーシューも鎮座しお得感満載ですね。 スープを一口 味噌味の前に生姜が主張・・・ 実は生姜が苦手 生姜自体は好きなのですが、ラーメンの中にホンノリなら良いのですが主張し過ぎると受け付けない。生姜好きにはお勧めかな
旨みを考えながらタレで完成させるお店 価格も良心的ですね 

らーめん夢想
住所:旭川市流通団地1条3-26-1 丸光浅田青果卸売内
電話:--
営業:--
休み:-- 

麺屋 一角堂・市内

【麺屋 一角堂】
P2050020
昨年暮れにオープン 威勢のいいオーナーがいた「ひびき」跡 L字カウンターと二人掛けのテーブル席の店内 カウンター上に貼られたメニューを見てみましょう。 先頭は塩・しょう油・味噌と続きます。 ランチメニューもあったりします。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】680円
P2050005
器を半分ほど覆うほどのチャーシューが目を引きます。 半濁のスープで大目の油が覆う 豚・鶏ベースに少しの魚介 オーソドックスな旭川ラーメンだね、麺はやや細め・ストレートに近い弱めのパーマ・低加水率の麺 茹で具合も良く美味しい麺 
チャーシューはメニューにはバラ・モモと選べるとありますが、聞かれなくデフォできたのはモモ 崩れるタイプではなく濃い目に味付です。 ややスープが油が多めなので、モモが合う。 
野菜にすると、モリモリ・モリモリモリも同価格、猛者はチャレンジしてみては(笑い 私のペースでは麺にたどり着く時点で伸び伸びの筈なので、無理かな~
最近の新規開店となると、しょう油一本・から揚げ無料・背油と何かとインパクトのあるお店が多い中、逆に基本で攻めて来たと思わせるラーメン 価格も新規開店の中では懐にやさしい

麺屋 一角堂
住所:旭川市豊岡1条4
電話:--
営業:11:00~15:00 17:30~20:30
   :11:00~15:00 17:00~20:30(土日)
休み:メニューには不定休と書いていますが、現在は水曜休みのようです。
 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ