こぐま 豊岡店

【こぐま 豊岡店】


【店内の暖簾】

ラー友がヘビーローテ中のお店 旭川の老舗チェーン店こぐまグループの豊岡店 市内近郊に何店あるのだろうか、正直考えたことも無いほど見慣れた暖簾 それ故あまりブログでも取り上げることは少なかった K氏が紹介 閉店とは聞いており店を探し中とは聞いていた。 もっと早く紹介すればよかったが
ただ豚骨って実は苦手だったり、味じゃなく タップリの脂が胃腸が厳しかったりする。 恐る恐るですが行くしかないよね

【店内】

店内はテーブル席と小上がり テーブルを利用 ではメニューを見てみよう 豊富な種類に圧倒されます。 けど決まってる これだ

【とんこつ塩】700円

スープの表面を覆う脂 実は脂が多いのは苦手 食べて美味しいと思うのですが、お腹の調子が今一で避けてたんだよね
一口 濃厚な脂と程よい塩味 豚骨臭は程よく押さえてる、進める毎に旨みがグングン来る
麺はやや細め・中縮れ・低加水の旭川麺があう チャーシューはホロホロですが崩れる寸前のシッカリ味が付くタイプ
いや~いけるね これでお腹が大丈夫なら好いけど 大丈夫だった(笑
暖簾を降ろす前に、紹介できれば良かったのですが・・・ ラー友情報でもお店のお知らせでも嬉しい情報 
現在のおみせを閉め、新店舗は錦町15丁目「太鼓屋 北門店」さんあとで8/15日の予定とのこと ただ情報によると直ぐにはとんこつは提供出来ないかな~とのこと 新しいお店はこぐまの暖簾を離れるらしい 解き張られたお店は期待だね 

ささき

【夏限定・冷たいラーメン+ギョウザセット】800円

暑いだか、寒いんだか、蒸すんだか変な気候でなんかスッキリしない ささきさんまた来た 過去記事はこちら ビジュアルから何時もフーフーして、やべぇーと苦笑い 優しい味 何時もの麺と変わらないと思うが冷たくすると多加水麺かと思う麺 チャーシューは一枚
セットギョウザは小ぶりながら具材がびっしりで勿論手作りが4個 タレは自分で調整しよう。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

ニューホームラン・市内

【ニューホームラン】

大好きな旭川食堂系 ランチ時間ではライスが付き 帰りにはお土産とか 忙しい時に丼下げたら割引してくれたり 愛すべき食堂 かーさんは気さくで何時までも頑張ってもらいたいお店
最近、気になることがある、余りにも塩っぱい もう少し控えてくれたらと思う、爺でした。

大雪高原山荘食堂

【大雪高原山荘食堂】

ここまで来ると流石に食事の選択枝は無い 自前の食事・下りて探すかこちらで利用かしかない。 初めて利用しました ウッディな作りの食堂 宿泊者もここで利用すると思われる。 食券はフロント横の入浴券と同じ券売機で購入  券売機横のメニューを見て注文したのは

【高原ラーメン】880円

ラーメンを見て同行者 「????」 メニュー画像チョッと確認してこいと 麺延びないように素早く・従業員に怪しまれないように自然に 本当だ ここまで来ると漫画レベルだ 山の中の食堂だ何があっても驚かない、と言いつつも 
スープは多分業務用だね 麺は冷凍麺と思われる チャーシューは薄目なのが一枚 二色ナルトとネギ 業務用満載ですが普通に美味しいと思います。

大雪高原温泉食堂
住所:上川町層雲峡 高原温泉
営業:11:30~13:00(ランチ)
今回は割引を使ったが、次回は入浴料+昼食セット(1,600円)を試そうかな(笑

西山軒

【西山軒】

久しぶりに訪れた 結構いけましたとの情報 紹介は初ですが、結構利用してるがなんで初なのかは不明 店内はL字のカウンターとこじんまりとした小上がり 厨房はかーさんが陣取る。 メニューはラーメン・やきそば・チャーハン・カレー何故か牛丼 とトッピングはバターとチャーシューは定番ですが、ごま油・ピリ辛肉みそ・ピリ辛ネギはめずらしいそれも三味可能で選択肢は一気に増えます。 嬉しいことに2015の価格は変わりないのが嬉しい。 で注文したのは

【みそラーメン】650円+ピリ辛ねぎ100円

想像してたのとは全く違うフォルム 辛味が付いたシラガ葱がトッピングされてると思った。 径から判断すると万能ネギと思われる表面を覆う  スープ自体に辛味が付く ベースは豚骨で脂はほどほど覆う。 辛味はとネギの旨みが美味しいね。 麺は、やや細め・中縮れ・やや加水の麺 チャーシューは昔風でシッカリタイプが二枚 新鮮なネギの食感と辛味のスープはドンドン進みます。 こらぁ美味しいよ 
実はあまり好い印象がなく足が遠のいたのも事実 教えてくれたのは、ラー友のJun君ありがとう。

●西山軒大町支店
住所:旭川大町1条8丁目
電話:0166-52-2195
営業:11:00~21:00
休み:― --
支店ですが既に買い物公演あった本店は閉店しており、西山軒を守るのは支店のみ

光林坊・東神楽

【光林坊】

お隣の東神楽のお店 現在旭川のベッドタウンとして人口も増えている活気の有る地域 お昼過ぎの利用ですが、ほぼ満席でカウンターが空いてたので利用 何回か利用してるが紹介は初なのか? 自分のブログなのによく分からないって(笑
厨房との境にはラーメン屋お決まりのミニチュアが鎮座 メニューを見てみよう 三味のラーメンと黒みそ生姜も 裏は冷たい麺・お子様・ご飯ものと続きます。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】600円

コレゾらーめんと言う佇まい。 豚骨ベースでしょう油タレは色ほど主張しなく好いバランス 脂は少な目ですいすいいけます。 麺は低加水でやや細め・中縮れの麺 チャーシューは味濃い目・ホロホロが二枚 価格から言ったらよく頑張ってると思う、美味しいラーメンだね

光林坊
住所:東神楽ひじり野1条3丁目
電話:01656-83-5710
営業:11:00~20:00
休み:月曜

マロニエ・美瑛

【マロニエ】

国道沿いのドライブイン 最近ドライブインて聞かなくなってね 前回紹介は、2017/07です。 これから夏に向けてもっと花の鉢が増えていくよ やや昼を過ぎた時間帯 其れなりに地元の常連が利用 
メニューを見てみましょう、麺類・ご飯物 裏は定食とセット物 メニュー落ちがありますね、カレー類・カツ類・定食からも数種 食べてないよ~
気を取り直して頼んだのは

【玉子丼+ミニ塩ラーメンセット】700円

カツ丼じゃ重いからこの組み合わせがお好み ミニラーメンと言えども中々なサイズでスープたっぷりなのが嬉しい シンプルな面構えに基本のトッピング 大好きなキクラゲが嬉しい 
透明系のスープは豚骨ベースで脂少な目 塩も円やか 麺は細目・強めの縮れ・中加水の麺(変わった?)の麺 偶々なのかは不明 チャーシューは固めで味が染みたのが一枚 玉子丼はちょっと苦手な汁だく系 単品なら、丼もラーメンも毎日安心して頂ける味付けですが、ガッツリ食べたいセットどちらかガツンが欲しい けどこの価格は嬉しいよね。

お食事の店 マロニエ
住所:美瑛町北町2丁目3
電話:0166-92-0182
営業:9:00~20:00 冬季11~3月19:30で閉店
休み:不定休

大衆食堂ひぐま・名寄

【ひぐま食堂】

旭川から進むと中心街の手前 名寄は正直 精力的には訪れる機会が少ない 何故って今一温泉がね。 何処かに人知れず湧いてるって言うにも聞かないからさ。 ラー友のjetsさんがヘビーローテ 気になって仕方ない 行くしかない
外観はいい佇まい  店名が書かれてると思われる看板は食堂好きは年季が入ってるとも言うが、普通は○○ねーなと思うかは貴方しだい では初利用のお店を紹介しよう。

【店内】

入り口を入ると、厨房とテーブル席

【小上がり】

右手に小上がりのスペースがあり、幅広い年齢層に対応しています。 今回は小上がりを利用 メニューを見てみよう、ボリュームが多いと聞く、定食・丼物は種類豊富 裏はラーメンを筆頭にそば・うどんと続きます。 お奨めのメニュー表も で選んだのはラーメンメニューの先頭のこれ

【マーボラーメン】850円

注文する時に、「辛いですよ、大丈夫」と一言ありの一品 ラー油が香る 基本のスープは多分透明系の豚骨ベースと思われる。 それにひき肉少な目・山椒も少な目・辛味は南蛮がメインにやや緩めの餡でからめた、ネギと豆腐が乗る。 辛味度は個人的には5最高で3よりちょい上程度で許容範囲 ストレートに辛味が来るタイプ 麺は低加水・縮れ弱め・細目の麺があう 
地元で愛される食堂 メニューも多く全てチャレンジしたい気はあるけど無理かな 温泉ないし そこかって 私の場合そこです。
何時までも残ってほしい食堂がまた増えました。 ガンバレ

大衆食堂 ひぐま食堂
住所:名寄市西4条南11丁目
電話:01654-2-2690
営業:11:00~20:00
休み:--

四条食堂・市内

【四条食堂】

お久しぶりです かーさん また来たよ ブログ紹介は2016/12以来ですがお忍びで来ています、あんな時とかこんな時に(笑
休日にソロラー 事前に車の駐車の仕方聞いていたので多分こうかとと停めるも、かーさんにダメだし喰らって移動 と何時ものドタバタ劇開催 雑談した後は何時もの

【しょう油ラーメン】650円

これこれ 豚骨ベースの濁り系 節系の香りも加わり結構主張すて中々パンチがあります。 脂は多目で熱々  これ重要ってどこが?  麺は、低加水・中細・中縮れでカタメンの茹で加減が嬉しい。 チャーシューは昔風の味濃い目でシッカリタイプが美味しい。
けど一見さんは躊躇するのは間違いお店だよね 正直 女子が集う雰囲気は皆無だし、常連さんしか来ない雰囲気プンプンですが 是非一回訪れるのをお奨め
PS:今年は3条通りの上川神社の露天は無いらしい 寂しいね 昨年はチャリで訪れ四条食堂さんで、一杯飲んだ記憶

四条食堂
住所:旭川市4条通17
電話: 0166-23-6886
営業:--
休み:-- 

松葉屋食堂・風連

【松葉屋食堂】
昭和な佇まいの食堂がある町 今はもち米栽培が日本一でしたっけ 道の駅で絶賛販売中の餅も、昔は国道沿いの小さいお店で、時々お得な餅の切れ端が売っててラッキーと思った時代もあったね。
GWの最中 利用しました 過去記事は2016/08です。 帰省中なのか、ほぼ満席です。 布製の理立派なカレンダーは製麺所 メニューはメインのラーメン・うどん・そば・定食・ご飯物 裏はいつかチャレンジしたい、トッピングのラーメン達が並ぶ で注文したのは

【味噌野菜ラーメン】810円

あっさりの合わせ味噌風のフォルム たっぷりの野菜の中にネギと麩が鎮座 野菜の甘みが出ていて塩分は控えめに感じる。 ただ反省するのは利用者が多く、そちらに気をとられイマイチな記憶になった。 まだまだ勉強しなきゃね。
麺は、低加水・やや細めですが、やや緩めの茹で加減 次回はやはり野菜+チャーシュー+シナチク+カレー+キムチにしますかで、値段は幾らになるのか

松葉屋食堂
住所:風連町仲町
電話:01655-3-2163
営業:11:00~19:30
休み:火曜

あおい・剣淵

【あおい】

2018/04の記事で今月一杯で開店から50年目で炉蓮を降ろす、R40号の名店の中でも個人的には上位に位置する剣淵の「あおい」さん 閉店を知ってから2回もふられて、遅くなってしまった。
間違いなく平日に仕事帰りに剣淵までひとっ走り 良かった開いてるぜ 暖簾を潜るぜ!

【店内】

このお店の佇まいもあと僅か 格安のメニューは変わらないね。 で注文したのは

【野菜ラーメン】700円

初めての野菜ラーメン やや薄めの餡 具沢山 紅生姜がのるのが珍しい。 味は塩 豚骨ベースと思うが、バランスのいい味ですね。 ただ沢山の具材でややスープが薄まり塩分・旨みが薄まりった印象なのは残念かな
個人的には、ノーマル三味ラーメンがお奨めかな けど丼・ご飯物あまり食べていない あー猶予はない
土曜日は何やら収穫予定で行けない 日曜は定休  また仕事帰りに行くか 残り少ないぞ 

空知管内 ラーメン好きを一人で放つと

【十三里】

高速を使わず苫小牧方面に行く時のショートカットで有名未道沿い 気になっていたが今回初訪問 黄色が主張してる
店内はL字のカウンターと小上がり 旭川表示のラーメンは如何に メニューを見てみよう、壁のメニューはこんな感じ 定食物から丼物もあり中々豊富 で選んだのは

【しょう油ラーメン】650円

透明系のスープ デカイチャーシューに目が行きますね スープを一口 豚骨ベース脂はすくなく、魚介系は感じない。
麺は加水率多目の中縮れの麺 存在感のあるチャーシューは二枚なのが嬉しい。
これって旭川ラーメンと思いながら、次のお店に向かう

【みつい食堂】

渋い店舗構え 以前紹介した「玉ねぎ屋」さんの斜め向かいのお店 ランチのお弁当に忙しくまだ炉蓮も出ていませんが、「いいですか」と一声かけて利用 その後急いで暖簾をセット メニューを見てみよう ラーメンとそば類 その裏はカレー・定食・丼物となります。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系 脂は少なく豚骨かな鶏かなと思わせる、やや印象のない出汁にしょう油は決行主張 麺はこれぞ札幌麺やや細く強縮れで所謂サッポロゴム麺は久しぶり チャーシューは筋っぽいのが一枚
さー次に進もう

【かまだ屋六条店】

ザワの市民の血管にはかまだ屋のつゆが流れてると言われるほど、岩見沢市民に絶大な人気店 過去記事は2010/03に紹介
店内はL字のカウンターに老若男女で埋め尽くす、回転率が早く直ぐに席は空くので安心
注文は券売機で購入してカウンターに出して注文する それにしても安すぎ 今回は勿論

【しょう油ラーメン】360円

そばチックな丼で登場 上にタップリのネギともやしが嬉しい スープ一口 オー優しい味で脂も少なく それ程鰹系も感じない 麺は全て自家製麺使用 やや加水で細目で弱縮れ麺 さらにショボイながらチャーシューが一枚とは価格破壊
何時も食べてるラーメンは塩分・脂共にドッサリとは、まるで違う 親に連れられ幼少に食べ物はDNAに込められるね、旭川民としたら、非ラーメンかもしれないがそれも理解し楽しもう。
ラーメン好きが久しぶりのソロラーをすると、三軒梯子 
画像のデーター確認すると、移動も含めて11:12でスタートして12:32で終了 皆さん無理しないでね。
尚:三軒の情報載せるのめんどくさいので、自分で探してね。

麺屋くるる・忠和店

【麺屋くるる】忠和店

忠和にある「麺屋くるる」 嵐山店が一号店 こちらは二号店になります 嵐山店の記事はこちらになります。 以前は焼肉店だったかな?
ファミリー利用が多く中々の賑わい メニューを見てみましょう カラフルなメニューですね けどイマイチよく分からなかったり、こちらの方が分かりやすいかな。 大して興味の無い酒粕ラーメンもあるんだね。 で注文したのは

【海老坦々麺】850円

良いビジュアルって言うか、あまり登場しない画像だったり スープは、鶏ベースで魚介系を感じ、勿論海老の味で濃い目のドロ系で、キャベツ煮、海老味の天かす海老粉があり調整しながら食べ進もう。 麺はストレート麺と、ちぢれ麺を選べストレート麺で注文 地元製麺業者のやや細のチョッと加水率のある麺 縮れ麺で育ってきたが、最近ストレート麺も好いなと思う。 良く縮れ麺はスープを絡むと言うが、見てもらう様に十分絡んでるよね。

麺屋くるる・忠和店
住所:旭川市忠和5条6
電話:0166-85-6415
営業:11:00~15:00 17:00~23:00
休み:火曜
麺屋くるるさんのFBはこちら
  

理尾・小平

【理尾】

ラーメンブログの尊敬するesさんが、ヘビーロテするお店 以前道央にあり何回も通り過ぎたお店 このドアも小平に持ってきた模様だ、余程思い入れがあるんだね。 
店内はテーブル席と、小上がりがあり、窓は一面海を望む、夏は海水浴で大賑わいのビーチですが、冬の間にゴミが溜まっちゃったね。 シーズンには清掃してスッキリとする筈
メニューを見てみましょう、時間的にランチメニューになります。 生たまごが4個も付き頭で想像するが思いつかない【自然卵玉子かけごはん】なんてあり、大いに悩む ここは奮発してこちら

【三元豚ロースかつ定食】1.000円

別盛りの時もあるらしいが本日はワンプレート 懐かしいごはんの型使用(昔カレーってこれ使ってたね) キャベツにのるカツは、想像はしてたが、大きさと厚さは凄い! 切れ目は本当にジューシーさが分かる。 
サクサクの衣が心地よく、その奥のロースがこれまたメチャ旨い 唸るほどのレベル これに小鉢と汁物が付く 脂身が実は苦手でしたが、これが美味しいだよ。 最近食べた中ではベストですが、このボリュームで満足々々 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

綺麗なラーメンですね 中濁りのスープ やや多目の脂が覆う 豚骨ベースで魚介系も加わり、塩分としょう油のバランスで食べさせるスープは絶品です。 薄いが大きめな赤身のチャーシューは最近散見するスタイル 
麺は札幌のメーカーが作る、やや細麺・中縮れ・低加水率の旭川インスパイアー麺は、一時コート麺とか言われた麺とは違い、実にお美味しい麺です。
ここに合わないだろう言われるタマネギ 刻んだ物は散見するがこちらは驚きのスライス状 これが邪魔ではなく合ったるから不思議 センスなのか腕なのか残りのメニューも気になるレベルの高いお店 夏になる前に是非お奨めしたいお店
料理が届く間にレジの横にメニュー発見 
<夜メニューです。>了解を頂いてパシャリしたのはこちら 一品料理丼・パスタ・焼そばドリンクこれは海水浴横目にキャンプする価値あり もう一枚には、とんこつ・辛みそ・えびフライカレーなんてあるのは謎のメニュー
注意として現在だけなのか不明なのですが、ラーメンは数量限定ですので悪しからず。
オンシーズンになる前にまた行かなくちゃいけないお店 超おすすめ 
オロロンラインには何故かトンカツが一押しの店が並ぶ 鬼鹿「すみれ」 力昼「ドライブインさわ」 そして「理尾」と続く 理由があるのか無いのか、たまたまか  

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

梅光軒・南

【梅光軒・南】

個人的には梅光軒南認識するお店 過去記事は最近の記事は、2016/02   時として狭い駐車場が満車で断念したこと多々あり今回はスンナリ駐車 L字のカウンターと小上がり メニューを見ると変わりないね。 で何注文しようか考えてると、こんな「新メニュー」発見! 前回利用した2016/02には無かったと記憶 じゃーこれだ

【辛しょう油】(レベル1)950円

三味在る中で、初めてなので、お手並み拝見でしょう油の辛さは① 辛ラーメンには全部のせなんだ。 しょう油には基本野菜は注文しないのですが、如何 レンゲで一口 ベースはラー油ぽいですが、それだけではないと思わせる中々美味しいじゃないですか、辛さはガツンときますが、まだまだ許容範囲 試しに同行者が啜ると、むせていた。 主張するスープなので野菜がのってもスープは負けていないし、もしかして正解と思うバランスです。
麺は梅光軒の麺を一手に提供する「梅里」さんの旭川麺 ぶっといメンマと野菜 厚めのチャーシュー一枚 ひき肉も入るしょう油には珍しく、味噌みたいだね。 次回は辛さ②だね。 同行者が選んだのは
【みそラーメン】750円

安定したラーメンだね。、梅ちゃん系列に拘らず、食堂系でも味が変わるし、そこを楽しみましょう。

梅光軒・南
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜 

雪番屋・比布

【雪番屋】

比布スキー場の雪番屋 期間が過ぎ今は、お休み中です。 メインロッジが新設されそちらも非常に気にながら、絶滅危惧種となったワンコイン大好きの私は、こちらに向かった。 前回紹介したのは、2016/03です。
カウンターの上にはランチ500円と表記 メニューを見てみよう、看板メニューのニジマス(いくら)丼とあら汁他に三品全てワンコイン天晴れ! もちろんスキーロッジなので、アウェー感満載ですが で注文したのは

【しょう油ラーメン】500円
   
今シーズンも微妙な味のラーメンは健在 脂無し 駅そば風のスープにラーメンの麺を投入スタイル 麺はやや加水率のある中細・中縮れ チャーシューは硬めの赤身が一枚が何ともB級感・共に突っ込みどころ満載 同行者が選んだのは勿論

【ニジマスいくら丼+あら汁】500円

鮭のいくらと違いやや膜が厚いマスコが好き嫌いがあるかな、個人的にはどちらも好き 
個人的には大葉が駄目で慎重に取る(爆 紫蘇も駄目 同科のラベンダーも苦手で花畑には入れないかったりする。  香草が苦手
丼と共に付くあら汁の旨いこと スキー場オープン時にしか頂けない「雪番屋」さん 今期もぎりぎりセーフで利用できました。 来期にはまた伺おう。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---
今期は終了 来期に利用しようね 
尚:養殖場は、笹の平に向かう道を進めば有ります。

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

ささき・市内

【ささき】

いつもの「ささき」さんだ! 2016/04紹介時で「あんかけ焼きそば」がメニュー落ちして、暫らくたった ここいらで餡系がヤバイかな(遅すぎか)と思い訪れた。 勿論ピカピカなカウンターが出迎えてくれるのが、本当に嬉しい。 メニューを見てみよう おー餡系の五目は健在 で餡かけ好きの同行者を差し置いて頼んだのは

【五目ラーメン】750円

やや緩めの餡がかーさんらしい 辛口(中華味)と書いていますが、全く辛くないのはご愛嬌 煮干しってますね。 じわじわ来る旨みがいい、 完璧な茹で加減の麺は低加水の旭川麺 野菜達の中に、チャーシューではなく豚バラ肉が入る 旭キク連に名を連ねる私にはキクラゲは外せないよね。
同行者が選んだのは

【ギョウザラーメンしょう油セット】750円

手作りの餃子が4個つくセット 3個しかない待ちきれず既に一個食ってるし(笑い
こちらは定番メニュー 美味しい料理は笑顔になるね。 何時までも続けてほしいお店です。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

日の出食堂・市内

【日の出食堂】

何時もの食堂 今日も満席だ! 紹介してる以上に絶賛利用中!!
市場内で今では唯一の食堂 何回も利用すると、画像が変わらないのが難点ですが 勿論注文は

【オムライス】550円

線を引くケチャップから最近はトロッと垂れるスタイルが鉄板 勿論、薄焼き卵に隠れてるのは、王道のケチャップライスが鎮座がいい。 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】500円

豚骨ベースの優しいスープは万人が満足だよね。 ただこれが一般的に思う旭川ラーメンかと言うと疑問も残るのも事実 
器を覆う脂と濃い目のタレを想像されると思いますが、今も残り頑張って営業中、あるいは既に暖簾を降ろした旭川食堂系にはこれに当てはまらない店もあるのが事実
 
市内には過去地元(町内)密着の食堂が多数有り たまたま注目されたのが、濃厚なラーメン これが一般的に旭川のラーメンの認識となるのが現実 
新規店舗はより融合して正直なにがなんか分からなくなっている。 がこれがまたレベルが高いお店が多く、ラーメン好きとしてはこれはこれでチョッと嬉しかったりする。 近い将来、食堂系は暖簾を降ろすのは目に見えているのは仕方ないか。
また利用するね・・・「日の出食堂」さん

何時か、注文したいメニューは・・・かけラーメン+カツ丼だったりするが、誘惑に負けて未だ注文出来ず。

名もないラーメン屋・市内

【テーブル上の瓶達】

ここは何処でしょう? って答え書いてるしバレバレだけど。 紹介はしてないが時々利用する「名前の無いラーメン屋」さん 過去記事は2016/03に紹介 味が安定しないく来るたびにドキドキする。
今日はどうでしょうか では注文したのは

【塩ラーメン】700円

何時ものように脂が覆う これは熱々 注意して一口 豚骨が濃厚ながら、スイスイいけるタイプは良い仕事だね。 茹で加減完璧の、低加水の旭川麺がよくあう。 チャーシューは更に薄くなったチャーシューが二枚は正直残念だったりする。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

こちらも安定してきた味です。 ここに来てやっとブレ無くなり、個人的にはお奨めのお店
ただチャーシューは何とかしなくてはと思う。 スープの完成度は高いお店だね。

名もないラーメン屋
住所:旭川市豊14条7-5
電話:0166-32-3065
営業:11:00~20:00
休み:水曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ