珈琲庵refined朝日店

【珈琲庵refined朝日店】

実は一福食堂さんを利用する前に、ラーメン幟は確認してた。 向かいの「リファインド」さんに移動 正直朝日にラーメンを提供してる店が二軒もあるなんて信じられないよね! けどもう一軒ある筈 確認できなかったが3軒かも?

【店内】

店内はカウンターと手軽な間仕切りのあるテーブル席 奥に畳敷きのテーブル席があり広い年齢層に対応  メニューは多いよ 

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
 
 
 
 
 

人気№1の焼きカレー・ラーメン・コーヒー・デザート等魅力的な物満載! 岩尾内ダムカレーはダムカード提示で100円引きだったりするで、頼んだのは

【リファインド特製和だしラーメン】700円

時々遭遇するトッピングは別皿スタイル 透明系のしょう油スープ一口 口に広がる海鮮出汁が 特に昆布が強く主張 恐ろしいほどの和風感 麺は地元麺上士別の細麺・中縮れ・低加水の麺をカタメンで 表面の脂も少なめなので駅そばかと思うが、程よくカドのとれたしょう油タレがラーメン化に関与
で同行者は、一福食堂で食べた後とは思えない、オーナーの会話マジックに乗せられる、我儘なオーダー炸裂

【コーヒーゼリー】400円+100円分のあんこトッピング

メニューに無いもの注文 オーナーが面白がって注文OK!! ミニラーメン食べたはずだが、なんと追加の

【和だしカレー(小)】600円白飯

出てきて小じゃねーしと叫ぶ 本当に食えるの? しかも爆食いに感化されたもう一人の同行者も暴走

【ミニカレーラーメン+カフェライス】値段?

今聞くとラーメンじゃねーというけどこれラーメン! トッピングもあるし カフェライスはコーヒーで炊いたご飯 残念ながらこちらには廻ってこなかった。 でどんだけ食べるじじいとばー(笑い
なんと楽しいお店がここにあり 若者もご高齢者もくつろげるお店

珈琲淹 refined 朝日店
住所:士別市朝日町中央3781
電話:090-9088-7382
営業:11:30~19:30
休み:――
珈琲淹 refined 朝日店のFacebookはこちら

一福食堂

【一福食堂】

現在は士別と合併した朝日町の老舗 町には以前の職から何度も訪れていたが、今回初利用 店内はカウンターとテーブル席 テーブル席利用 

【メニュー】

壁のメニューはいいよね 見やすいように手元のメニューはラーメン・そば・うどん ご飯物とドリンクと謎のサガリて謎の焼肉どう食うの? ご高齢なご夫婦が頑張るお店 で注文したのは、壁のメニューの左で勧める

【味噌ラーメン】700円

少なめの野菜がトッピング 薄目であっさりに見えるが旨味も味噌タレもしっかりある バランスが丁度いい 麺は中縮れ・中太・低加水の麺 チャーシューは赤身が多い昔風が一枚 同行者が注文したのは

【塩ラーメン】600円

最近とんこつ系が多く濁りがあるスープが多いですが、こちらは濁りの少ない塩です。 より旨味を感じます。

【しょう油ラーメン(小)】500円

二軒目を考えて小にしたらしい。  美味しそうだけどこちらに回ってこなかった、残念!
ご高齢のご夫婦が経営 いつまでも永らく続けてほしいですね。

一福食堂
住所:朝日町中央3787
電話:0165-28-2106
営業:11:00~18:00
休み:大晦日・正月三ヶ日 特別な事情が無い限り営業(素晴らしい)

花さんぽ・深川

【花さんぽ】

深川の古民家カフェ 初めて利用しました。 奥に細長い作り 一番奥のテーブル席 昭和なグッズが処狭しと陳列してます。

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
 
 
 
  
カフェに良くありがちな、スクラップ形式のメニューを見てみましょう 先ずは注目のラーメンと牛ステーキ丼カレーとハンバーグセットパスタとご飯メニューケーキとアイスドリンクメニュー カフェなのに料理が充実しています、これはいいね! 勿論注文したのは

【しょう油ラーメン】800円 小サラダとライス付き

何時ものラーメンとは違うフォルムです。 香りも違う 豚骨やら、激辛等とは無縁的な? 鶏ベースかな、魚介も余り感じない いつも濃いめのラーメン食べてるせいか、一口目はしょう油タレ・塩分も物足りなく「薄っつ」てささやく 飲み進むと印象が変わってきた 旨味もあるこれは日頃食べてるラーメンじゃないとして食べて方が幸せになりそうな料理かな 例えればコンソメスープのラーメンとか・・・・例え違うか?
麺は中細・中縮れ・低加水 チャーシューではなくメニューにある「豚ばら温しゃぶ」の肉利用と思われるお肉トッピングと突っ込み満載のラーメン 興味あるでしょ・・・隣町だし出かけては 同行者たべたのは画像のみですだ

【ハンバーグ・セット】780円


【チキンカレー】750円

どちらも美味しいそうですね。 不思議ラーメンと興味の尽きないカフェ

花さんぽ
住所:深川市1条13
電話:0164-22-6278
営業:11:00~18:00
休み:木曜
花さんぽさんのブログはこちら

くさび

【くさび】

くさびです 現在はこの東鷹栖と末広東にある くさびは動物園通りにある時に利用していますが、すっかり忘れてしまったので今回利用 駐車場には2台ほど駐車
店内は左に厨房と右に小上がり・通路にテーブル席と各年代に対応できる作り、昼過ぎに8割埋まる繁盛店
メニューを見てみましょう お勧めは5種類の味噌  セットメニュー・辛口もレベルが五種類のメニュー 注文したのは

【黒味噌ラーメン】800円 ネギ普通追加50円

色んな生薬ぽい味がしますが、ベースがしっかりしてるのか、安心して箸が進みます。 ここに追加トッピングしたネギを投下して更に香りと食感アップ
お決まりの低加水の旭川麺がよくあう チャーシューは苦手なトロトロ系で大きいのが一枚
苦手なトロトロチャーシューも流石に慣れざるおえない爺 中々納得できるお店と思います。

くさび 東鷹栖店
住所:東鷹栖3条3丁目
電話:0166-57-1009
営業:11:00~15:00
   :17:00~20:00
休み:火曜
ラーメン専科くさびさんのHPはこちら

加藤ラーメン やまと

【加藤ラーメン やまと】

2019年6月29日オープンのお店 年も越しそうなので伺った カウンター利用 名前通り加藤ラーメン系列なのか? メニューを手に取る。 シンプル見やすいのがいいね あまり多いと悩む悩むこと多々 で注文したのは

【しょう油ラーメン】750円

濁り系 豚骨が最初にきてしょう油たれと旨味が追ってきます。 これは美味しい、The 旭川ラーメンと言ってもいい王道ど真ん中 麺は勿論 名前通りのこちらも王道 やや細め・弱縮れ・低加水の麺がカタメンの茹で加減がいいです。
チャーシューは薄目ながら 中々出来がいいのが二枚 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】750円

こちらは半濁り系 塩もレベルが高い 小鉢に浅付けが付くのがうれしいですね。

加藤ラーメン やまと
住所:旭川市豊岡8条3丁目
電話:080-8629-3707
営業:11:00~14:00
   :17:00~19:30
休み:不定休

大谷家・滝川

【大谷家】

滝川です、バイパスではなく警察署やらが並ぶ中心街 古くからある老舗のお蕎麦屋さん 初めての利用になります。 侮るなかれ蕎麦屋のラーメン今回はどうでしょうか?
ランチ時間からずれた時間帯 先客は居ません。 小上がり利用 メニューを見てみましょう 冷・温のそば・うどんとご飯物ですがなんとありません メニュー落ちか~と思いきや、表に発見よかった

【ラーメン】580円

しょう油ラーメンだね 先客無しでなんと麺ゆるゆる ってお店のデフォなのか? 正直この茹で加減で評価不能 久々の思考停止 個人的にあわなかった時は記事にはしない当ブログですが、以前は札幌からもラーメン好きが遠征したとも聞く
良心的な価格に驚くが、少々価格アップしてでも復活お願いしたいと願いも込めて

大谷家
住所:滝川市緑町1丁目
電話:0125-24-7171
営業:――
休み:――

ちび・深川

【ちび】

深川のは入り口 平成6年に開業って、えー老舗と思ってたが割と最近なのね。 店内はテーブル席と小上がりがあり、キャパとしては12~4位か テーブルのメニューを見てみよう ラーメンが先頭でとんこつラーメン・辛い・ご飯物と続きます。 注文したのは

【とんこつラーメン】810円

紅生姜がのる スープは白濁 レンゲで一口 濃厚豚骨かと思いきやすっきり爽やかな 麺は中太・中縮れやや加水のある麺 チャーシューは大き目なのが一枚 崩れるほどではないが、歯ざわりいいチャーシュー 豚骨特有の臭みもなく一般向けで万人受け出来るでしょう、個人的には山岡家とは言わないがもう少しパンチがほしいところ。

ちび食堂
住所:深川市3条16-30
電話:0164-22-4004
営業:11:00~19:30
休み:不定休

一番・美流渡

【一番】

美流渡と言って分かる人は稀有 あーって言える人は炭鉱マニアか温泉好きかな 万字鉄道があった地域ですね。 その中で唯一地域で食堂を守る「一番」 初紹介は2013/05と6年ぶりです。
店奥の温泉施設が 格安プラン実施していて大混雑 こちらに避難したと思われる客で超満員 何とか潜入成功 常連さんが多いですがけして一見さんお断りではなく普通に歓迎するお店 カウンターに席をとり、メニューはカウンター上部のスペースと後々見つけた小上がりのメニューで注文したのは

【広東メン】800円

コッテリ餡が熱々 火傷に注意!! 魚介系は昆布が遠くに感じる豚骨がメインかな 野菜からの甘味がいい味出しています。 麺は西山製麺と札幌の製麺業者のやや細め・弱縮れ・低加水率の旭川寄りの麺 アンチ札幌麺の方も安心だね 同行者が選んだのは

【五目メン】750円

なんか似たのも選んだなこいつ まー俺がダメだし出来る訳もなくスルーで注文 これまた熱かった模様 ラーメンはこうこないと ぬるいラーメンの多い事よ
唯一地域で愛されるお店は今も健在 そう美味しいからさ

ラーメン一番
住所:栗沢町美流渡栄町90‐13
電話:――
営業:――
休み:――

あさひ・上川

【あさひ】

日本一のラーメンを自称する上川のラーメン屋さん ランチ時初めて知った奥の部屋に案内される 奥にこんな部屋があったとは、、、
入口の部屋も奥もほぼ埋まる 店内撮影は断念 ではメニューを見てみよう 基本三味ラーメンご飯物とセット物で選んだのは

【ちょい辛ネギしょう油】900円

ドデカいメンマに目がいきます 私的には全然余裕の辛さ 旨味もあり美味しいね どこかで食べたちょい辛だなと記憶を辿ると、あー奴の裏メニューの辛しょう油をマイルドにいた感じ サイコロ状のチャーシューは程よく味付けされ美味しい 表面に浮くごまが意味あるのか不明だが、ごま油で台無しになるよりいいです。
麺は地元麺と思われる、やや細め・弱縮れ・低加水の麺 同行者が食べたのは

【特みそ】950円

美味そう けど私には回って来なかった。 どんな味?? ガン見してると麺の違いに気づく味噌の方が太いかもと思うも、確信持てないが 麺を変えてくるお店は其れなりに在るが、旭川市内ではほとんど遭遇しない。(知らないだけかも)

あさひ総本店
住所:上川町南町135
電話:01658-2-1738
営業:11:00~20:00
   :11:00~15:00(月曜)
休み:――

レストハウス理尾

【理尾】

雪降る前に、小平の海岸沿いのお店 前回は三元豚ロースかつ定食を何とか食べたのは去年の4月 今回も駐車場は埋まるランチ時間 お隣では家族連れがガッツリメニューに挑戦中 俺も挑戦するかな~ いややめとこう 隣のおねーちゃんデカ盛り食べちゃったよ、、、
じゃーいつも楽しみなメニュー見てみようか 全般的に肉がお勧め 特別ランチのメニューラーメン中心のメニューデフォランチのメニュー で今回注文したのは

【とんこつ塩ラーメン】750円

白濁が主張 これぞ理尾の豚骨 豚骨苦手な方もこれは唸るはず 臭みは抑えられるが旨味と濃厚な脂がこれまた美味い 札幌の製麺所が提供する低加水・弱縮れ・やや細の麺 チャーシューは薄目ながら大き目でこれまた美味しいぜ! で同行者が食べたのは

【みそかつ丼】850円

またやっちまった、これまたデカ盛りだべや 実はこれを見越して女将さんが気を利かして持ち帰り容器くれた 食べれなかったら俺にまわってくるから今回ラッキー
この夜 自宅でお袋にこれ食べると出したら完食ってどんだけ美味いんだか 

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

ブタハット・市内

【ブタハット】

市内2条通りにあるお店 存在は確認していましたが、今回初めて利用しました。 カレーとラーメンの幟が賑やかで直ぐに分かると思います。 何故来なかったか簡単駐車場がない しかも平日のランチ時とかなりの困難店 とりあえずなんとかした(笑

【ぶたちゃんがお出迎え】

店内はテーブル席・カウンターと軽く仕切られた席があります。 壁のメニューを見てみましょう。 何を頼もうかな悩ましいけど 注文したのは

【旨辛しょう油+ミニカレー】650+300円

注文時にカレーの辛さを聞かれます、辛口と甘口の二種類 勿論辛口で ミニカレーぜんぜんミニじゃないしー
旨辛ラーメン 唐辛子だけじゃないチョッと複雑な中辛のスープ 名前に偽りない旨味が来ます。 麺はやや細・中縮れ・低加水の旭川麺があうねー。 やや薄目のチャーシューは昔風 カレーは得意でないのですが、美味しくいただけました。 他に小鉢・サラダ・フルーツそれに食後のコーヒーが付くと至れり尽くしのお店 ボリュームも凄い
なんとか完食して、すでに次回の品を考え中

ブタハット
住所:旭川市2条11丁目
電話:--
営業:11:30~14:30
休み:日曜
 営業は日中のみ・日曜休み・駐車場なしの超困難店 さーどうする? 

味の美和・赤平

【味の美和】

何故か大好きな旧炭鉱街惹かれます。国道38号線沿いに面して昭和60年の創業お店 店内はテーブル席と小上がりがあり中々のキャパがあります。
メニューを見てみましょう、御飯物を先頭に豊富な種類がありどんな客層も満足の料理 ここはランチタイムなのでお得なランチメニューも見てみましょう、ここはセットメニューから選ぼう

【ランチ・セットメニュー】小豚丼+かけラーメン(しょう油)

豚丼も一押しの品とラーメンは鉄板でしょうね かけラーメンとシンプルですが十分に楽しめます。 麺はやや加水・強縮れ・中太麺はなんと旭川の須藤製麺製とは・・・
他のお客さんの料理をチラチラ見てるとボリュームたっぷりです。 長く愛された地元密着店はいいね!

味の美和
住所:赤平市大町1丁目3番地
電話:0125-32-5127
営業:11:00~19:00
休み:不定休

大八食堂・鷹栖


また来た鷹栖の大八 今回はミニ・ミニセットでしょう油と玉子丼でオーダー

【ミニミニセット】ミニ玉子丼・ミニしょう油ラーメン800円(増税前)

ミニとは言え安心のしょう油ラーメンと玉子丼だ~ 同じ値段なのに何故カツ丼じゃないのって玉子丼が好きなのさー
大好きなものダブルで超ご機嫌 地元密着店は最高だね

大八食堂
住所:鷹栖町北1条1丁目
電話:0166-87-2034
営業:11:00~13:30 17:00~19:00
休み:日曜・祝日
今年から変更があったようで下記を参照してください
注意:夏季間(5/1~10/31)は月曜休みで日曜は営業です。

大八食堂・鷹栖

【大八】

近くに来て開いてる寄っちゃうお店 お昼に利用 ほぼ埋まる席 人気店だね カウンター上のメニュー手書きのPOP見てるけどいまいちわからないのはいつも通り 気にしないで注文したのは

【カレーとミニラーメン】850円

実は訪れるとカレーの遭遇多いので気になってた これか~奇を狙わない味 そう食堂系の味にややスパイスを加えたような感じかな それに透明系ながら旨味たっぷりの塩 ミニながらちゃんとチャーシュー一枚 そこにやや細めの低加水の旭川麺が後押し スープ美味すぎ 有名店もいいけど地元のお店もね大好き。

大八食堂
住所:鷹栖町北1条1丁目
電話:0166-87-2034
営業:11:00~13:30 17:00~19:00
休み:日曜・祝日
今年から変更があったようで下記を参照してください
注意:夏季間(5/1~10/31)は月曜休みで日曜は営業です。

ふるき・市内

【ふるき】

混んでるよね、市内はもちろん市外からそれもレンタカーで来るのも そんな訳で何年振りだろう、先代以来だから10年は経ってるな 残念ながらその当時のメニューは残ってないじゃ今のメニューを見てみよう まーメニュー見なくても注文は決まってるけど

【味噌ラーメン】900円

濃厚味噌三兄弟【よしの】 【ふく寿】 【ふるき】の一角で美味しいのは当たり前、人気店なのも頷ける。 もやし中心の野菜がてんこ盛りでもやしの癖も物ともしない濃厚味噌で箸が進む、麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺 さっさと食べましょう、カメラなんか撮ってる暇はない。

で2009/09に撮った画像を載せよう。
【味噌ラーメン】2009年価格不明

使ってるカメラも違うし色合いも違うけどなんかすごい再現性じゃねー けど高けーよ ここが評価の分かれるとこだ。

ラーメンのふるき
住所:旭川市緑が丘3条1丁目
電話:0166-65-1207
営業:水・木・金・土曜
   :11:00~材料が無くなるまで
休み:日・月・火曜
ラーメンのふるきさんのHPはこちら

まるひら・釧路

【まるひら】

早朝9:30からやってるお店 ネットで知った こちらから来れば良かったと反省 お昼過ぎですが、どんどん来る地元密着人気店 でも向かいに駐車場も完備 メニューを見てみましょう、味噌はなくしょう油と塩でしかも大盛りと特大しかない、この辺が回転率の高さの秘密かな 注文したのは

【しょう油ラーメン】700円

魚介が香る 見るからに旨そう。 透明なスープに角の取れたしょう油タレ 鶏ベースに魚介(節系)が強く香るがけして邪魔をしない。 何かが主張すると時にバランスが崩れるが流石そんなことはない。 麺は極細釧路麺がバリ堅の湯で加減 チャーシューは昔風が二枚
繊細にして旨味たっぷり あれもこれも加えるラーメンが多い中 なにも足さないあるいは引いていった結果なのかな 地元密着店の味感激しました、旭川とは違うラーメンですが、ここまで美味しいとは恐るべし釧路ラーメン
後で知ったのですが、1959年創業

まるひら
住所:釧路市浦見8丁目1
電話:0154-41-7233
営業:9:30~17:00
休み:水曜
道東シリーズはこれにて終了 中々来れない道東ですが、余りに美味しすぎで雪降るまえに来ちゃう?

夏堀・釧路

【夏堀】

釧路です。 昼前には湿原を超えて、開店前に到着、間もなく続々とやってきます。 車で待機してたのですが焦って並びます。 開店と同時に暖簾を潜る、勿論すぐに満席 店内はテーブルメインで厨房側にはカウンターあり ソロラーなのでカウンターに案内 メニューを見てみよう イラストも混ぜた可愛いメニューはラーメンがメイン 裏はスープ・食材・麺などの説明がありとても参考になります。 釧路に来るとは思って無く、情報は阿寒の車の中でスマフォで収集 

【ネギしょう油】980円

出たぜ釧路ラーメン スープは黒々してるがしょう油タレは控えめ 魚介もソコソコ そこに釧路と言えば極細の麺 バリ硬の麺強縮れは滅茶苦茶会う。 
実は何もリクエスト無ければ塩・しょう油は極細麺で味噌は中細麺で変更可能  チャーシューはどこと思いや、崩れるタイプのチャーシューでした。
これが釧路ラーメンなのか? 中々来れない釧路 以前釧路ラーメンと紹介したのは、いぶきおかめ食堂真澄で初本拠地に潜入 嫌いじゃないけどね この細麺が好きか嫌いか好みが分かれそう 私は好きなタイプです。

夏堀
住所:釧路市春日町4-3
電話:0154-35-3812
営業:11:00~15:00
   :17:00~20:00
休み:水曜

夏堀さんのHPはこちら

浅草軒・美幌

【浅草軒】

盆休み 急に思い立って道東に向かう 予定も考えず出たので、スマフォで昼食を探す 美幌の屋台で始め創業は昭和13年と超老舗ですね 昼過ぎになりましたが、満席っス 待つ覚悟でしたが、カウンターが上手いこと開いてなんとか滑り込むが、先客もラーメン待ち状態 メニューを見てみましょう、塩ラーメンが先頭で餃子・セットメニューもありますね。 店内は満席故撮影断念 オリジナルのうちわとか名前入りの箸入れとか正直欲しいかったりする。 で注文したのは

【塩ラーメン】650円

透明系のスープ 見るからに美味しそう 目からの情報って裏切らないと思う 鶏ベースのすっきり 地元なら塩気が増す店が多いが程々に抑えた塩分がより旨味を感じるね これは美味しいぜ
麺がなんと食べなれた低加水・中縮れ・やや細の麺がうれしい。 チャーシューはもも肉で柔らかい系が二枚 道東の旅、最初のラーメン大正解

浅草軒本店
住所:美幌字東1条北1丁目
電話:0152-73-3293
営業:11:00~20:00
休み:日曜

かたの・小樽

【高島漁港】


【かたの】

お店の前は港 ちょっと年季の入った入ったお店が佇む カウンターと小上がりがある店内は確実に傾いてるね メニューは先頭がめん類・スープ・ドリンク・ご飯物・一品料理と続く 先客は小上がりで既に一杯やってました。 ここはグッと我慢して注文したのは

【ラーメン】700円

しょう油が香るたっぷりなスープ 表面は細かいネギが覆う、やや甘めの味奥には生姜がいる 至ってシンプルなラーメン 麺は典型的なやや細・強縮れ・高加水率の札幌麺 チャーシューはバラ部位が一枚 シンプルな一杯ですね。 同行者が選んだのは

【五目やきそば】800円

餡はキツメ 焦げ目の付いた麺に重くのしかかる 港らしくホタテ・海老も惜しげなくのる、味変の調味料は目の前に並ぶからお好きに その後続々と利用者が来ます。
地元密着店 これからも頑張れ

かたの
住所:小樽市高島1丁目
電話:0134-22-9313
営業:11:00~14:30 17:00~18:30
休み:木曜

虎鉄・市内

【虎鉄】

説明しずらいが市民なら分かる神居の中通 開店して何年だっけ? 途中で同じ名前の黒船が開店したり そんな中でも頑張っています。 4・5回は利用してますが、紹介したつもりがなんと初紹介でした。
店内はカウンターとテーブル席あり メニューはメインのラーメン・丼とラミネートされたメニューが二枚 その1はセット物 と限定メニュー? で選んだのは

【塩しじみラーメン】800円

メニューから抜粋>シジミの煮出しと、鶏の清湯スープを合わせ、焦がしネギ油を使うらしい。 透明系のスープは好きですね シジミも高級食材だよね 家では滅多に出てこない。 中々バランスで美味しい 麺はやや細・中縮れ・中加水率麺ですが気にならない程の加水

ラーメン虎鉄
住所:旭川市神居7条2丁目
電話:0166-62-6266
営業:11:00~15:00 17:00~20:00(土日は通し営業)
休み:木曜・第2金曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ