福祉センター食堂・旭川

【福祉センター食堂・木工団地】
P2010013
無料情報誌に紹介される前は、私も知らなかったし皆もね(笑い ラーメン好きが駆けつけた。 如何せん利用時間がハードなので私は紹介されるブログ見ながら何時かと狙っていました。
幟は在るけど、知らなければ殆ど通らない道 これは判らないわ・・・施設も大人めです。

【店内】
P2010004
店内は広く テーブル席が余裕たっぷりで配置 落ち着くか言えばやや微妙だったり(爆 メニューを見てみましょう ラーメンは三味とチャーシューが選べる 他に日替わり定食(ご飯お替り無料)・丼物・カレーとありますね。 それにしても安いですね近くの会社が羨ましい。 フルセルフですので、お水・注文はカウンターで会計も済まします。
注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P2010005
ワンコインではないのがやや残念ですが、登場したのは、器は良く見るデザインで豚骨ベースのやや濁り系のスープと本格旭川ラーメン!! 魚介系は感じないのですが、甘めの豚骨とやや尖がったしょう油がいいね。
麺は基本の加藤麺 スタンダードな麺は安心だ チャーシューは炙り系と言うのか香ばしい 流通団地の中の旭川家具を作る一地区に作られた施設の厚生施設は侮れない。
多数いるラーメン好きにも勝る情報力の地元情報誌 恐るべし。 そして有難う また驚かせてください。

福祉センター食堂
住所:旭川市永山北4条6
電話:0166-48-0093
営業:11:30~13:30
休み:日曜・祝日 第2土曜
 定食(並)480円のみ ご飯おかわり無料 ・ 店内食事の場合コーヒー・お茶サービス

かーさんが作るラーメン達

塩ラーメン 650円
 P1270027-
しょう油チャーシュー 700円
P1310004
しょう油 600円

↑クリックで拡大
作り手は妙齢な女性、ラーメンは三者三様  三軒とも利用回数は多いが記事にはしていない、月毎に訪れてる今ではほぼルーティー化してる。 三店とも一人で切り盛り 尚:紹介順に大意は御座いません。

【ニューホームラン】
お昼時・帰宅時等には奥に深い店内が満席になることもある。 冬のアイテム雪かきが並ぶ店舗の暖簾を潜ろう 以前はそば・うどん丼もあったのですが種類も減ったメニューを見て今回は「塩ラーメン(650円)」を注文 豚骨ベースでやや白濁ですが、いたってマイルド魚介は感じない、塩分は少なくベースがよく分かる味 個人的にはもう少し塩分が多いほう好みかな しょう油より50円増しなのは野菜とわかめが追加
麺は黄色を帯びた中細・中縮れ・やや加水のある麺 チャーシューは赤身メインの昔風が一枚 塩がデフォで野菜のトッピングがあるのは珍しいよね。 
何故か満席でかーさん聴牌ってる時のラーメンが一番の味と思うのは私だけか(爆

【ささき】
寡黙なかーさんのお店 黄色い庇と小さい暖簾の構え 何時ものようにカウンターはピカピカ 仕事帰りの疲れた体もシャキッとする。 壁のメニューは変わりなし で今回は「しょう油チャーシュー(700円)」を注文
豚骨・鶏ベースで透明系のスープ それに煮干しが加わりしょう油が香る 旨み・香りのバランス良し 麺は中細・小縮れ・低加水の麺は茹で加減もバッチリ チャーシューは七枚ほどあり、濃い目の味付けながら、パサパサしない、ご飯の上に乗せていただきたいね。 やさしくて奥深い味のラーメンは人柄が出るのかと思わせるお店

【四条食堂】
JR四条駅から降りると目の前のお店 カウンターでお迎えしてくれたのは地元「男山」の一升瓶がお出迎え 帰ってきたよ(笑 バイタリティ‐のあるかーさんです。 今も味を研究中なのか、たまたまなのか結構変わるお店 カウンター上のメニューは大きくしかも、冷蔵庫の阻まれ撮影は無理 で今回は「しょう油ラーメン(600円)」を注文
豚骨ベースで中濁り 油は多め 魚介は感じない。 野菜の甘みの中に複雑な味もあるややワイルドな味 表面に浮くのは何でしょうか? 茹で加減は尋ねてきますのでお望みで 麺は中太・やや強目の縮れ・低加水の旭川麺 チャーシューはやや薄めの昔風が二枚 バス停にも近くバス一本で行けるのでお店で一杯もいいかもね。

また来るね。

らぁめん食堂 NOBu・市内

【NOBu】
P1120016 NOBUさん、旧2条8丁目店の頃はそれなりに利用してたのも、遠い昔 
動物園通りに移ってからは、何故か利用したことがなかったのですが、巡り巡って今回初利用

今は無き5条天金の味を再現したと触れ込みで開店した2条店ですが、本店の味もうる憶えなので、正直比較仕様が無いのが事実
四条・ラーメン村もありますが、最近食ってないし・・・
今回 ひょんな事から、Kさんと伺った。 駐車場はお店の前にあり結構停められる大きさです。 店内はユッタリトした配列のテーブル席とこ上がりがあり、幅広い客層に対応しています。
テーブルのメニューを見てみると レギュラーのメニューの先頭はしょう油なのが天金ぽい? もう一枚はランチセットメニューで、種類も多くお得な価格ですね。 で注文したのは、勿論

【しょう油ラーメン】700円+小ライス100円
 P1120008
豚骨・鶏ベースで透明系にしょう油が加わります。 表面の脂は程々 やや甘めであっさりしてるがチョッと特徴的な味があるが、食べ進むと気に為らなくなる。 塩分は少なめで旨みとタレの味を感じるラーメン 
麺はやや太・中縮れ・低加水の旭川麺(驚きの北海製麺) チャーシューは二枚で脂身が嬉しいバラ肉とモモ肉が楽しめるのが楽しい。 5条天金由来のお店は市内では、数件ある中でもあっさり目です。 ライスに漬物ではなくサラダが付くのが珍しい。
最近 ラーメンが続きややラーメンモードが落ち気味のKさんは、頑張ってこちら

【味噌ラーメン】小700円
P1120009
しょう油では少しでしたが味噌では多めに乗っている赤い粉末は何でしょうね、最初から唐辛子なのかな? 味噌なら分かるがしょう油には入れないよね。 
では味噌ラーメンはどうでしょう、レンゲで一口いただきました、しょう油と同じであっさり目ながら旨みが追いつく感じ モヤシがトッピングされておりチャーシューは入っていません。 ただひき肉が有ったかどうかは確認していない。
天金系の振れ幅 同じ5条店から派生したと思えない、これで一世代ですからこれからが楽しみです。

らぁめん食堂 NOBu
住所:旭川市豊岡15条7
電話:0166-33-5446
営業:--
休み:--
らぁめん食堂 NOBuさんのHPはこちら

今年初ラーメンは、あさめし前田゛本舗 

【旭川駅の入場券】
P1030016
2017年 初ラーメンは何処にしようかな~と思い バスで市内に乗り込む。 我らの駅前ビルに向かうも、あの一軒しか営業していなかったのは想像におまかせ。 旭川駅のホームに入ったことがないので行ってみようか(苦笑 丁度富良野線に一両の気動車が駐車中(でいいのか?)
旧駅時にはホームに駅そばがあり、地下のステーションデパート時代があったのも昔になったね。 駅ナカも考えたけど、何故か街に向かう。 知らぬ間に「中央軒」は暖簾を下ろした。 
近所を歩くと発見! 「あさめし前田゛本舗」 最近来てないわ~ では暖簾を潜ろう。

【あさめし前田゛本舗】
P1030014
山頭火オーナーが運営する実験工房と言っていいお店 伺ったときもオーナーが厨房に立ってた。 店舗は奥に深くカウンターがメインの造り メニューはと探すとスタッフが目の前のカウンターに貼り付けてた縦長いメニューを開けてくれた これ狭い店内ではよく考えてる。
 メニューは種類が多く何を頼んだら良いのか分からないほどです。 困ったら何時ものこれです。

【しょう油ラーメン】800円 と高いけど・・・
 P1030005
ネギを除いて、別盛りのメンマ・ナルト・チャーシュー 俵ライス 沢庵が付く 同時にミニマヨが出てきてお好みで使って下さいとのこと ってお好みでチャーマヨやっちゃってと言うことか?
出てきた時から、香る魚介系が凄い 表面はタップリとアブラが覆う これは熱いと啜る 熱いけど旨い 
豚骨ベースで旨みを強く感じる 魚介も節系と煮干しも強く感じる このバランスは凄いとしか言えないこのスープ、それでいてくどさは無くスイスイいける。 是非体験してもらいたいですね 恐るべしです。 麺はやや細目・中縮れ・低加水の旭川麺
実験工房ゆえ何時まで提供されるのは不明 無くなれば新たな調合も有りえるので、気になる方はお早めに。 メニュー全制覇は無理かもしれませんが、来る機会が増えそうです。  残念なのが駐車場がないので、バスで来るかな夏ならチャリだな 次回が楽しみです。

あさめし前田゛本舗
住所:旭川市3条8丁目
電話:0166-26-7567
営業:10:00~17:00(変動あり 要確認)
休み:不定休
 

梅光軒・東光店とニューホームラン

年末に食べたラーメンまだ残ってるし、二軒紹介

【梅光軒・豊岡】
PC290017
仕事帰りに何時も通る 看板みると食べたくなる、昨年の仕事終え吸い込まれたお店 過去紹介はと思い探したがなんと初紹介です。 L字のカウンターにテーブル席 今回はかーさん一人で対応 メニューは壁に掲示 紹介してると思い撮影しなかった・・・痛恨のミス まーいいか

【味噌ラーメン】720円
PC290008
中々のモヤシ盛り 豚骨ベース 旨みもありながら脂が控えめなのでついつい進む。安定した味 
麺は色白で中太・中縮れ・低加水の旭川麺と、濃い目に味付けされた厚めの美味しいチャーシューが合うね。
カメラ出してるとかーさんが食いついた、実は私、高校当時「カメラ同好会」、その後カメラは持っていないけど何時か再開したいとの事 カメラの話もしたいし、目の前で伸びてく麺も気になる状態で会話が進む(苦笑。 好きなら今からでもPC使えるでしょう、使っていないカメラでも良いなら使ってもらうか?

【ニューホームラン】
PC300034
で昨年最後に頂いたのはこちら 何時もながら大盛況 かーさん一人でがんばっています。 電話鳴っても「出れませーん。」と叫んでます。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
PC300026
濃いです、美味しいです 安定したラーメン こちらは朝通勤に通るお店 雪かきしたりしてかーさん元気だよね。 麺の茹で加減のバッチリ 中太・やや強い縮れ・低加水の麺(旭川製麺製) チャーシューは脂身の少ない昔風 このラーメンには勿論合いまくりだよね。 かーさんパニクッる時は、皆助けてあげるそんなお店
こんなラーメン屋が切磋琢磨する旭川 知らん間に中王軒は止めてるし、三平・永龍軒も暖簾を降ろした。
頑張れ かーちゃん・じーちゃんが作る旭川ラーメン 最高!!

宝龍・上富良野

【宝龍】
PC240030
今年もよろしくお願いします。 2017年の初ラーメンは自宅のマルちゃんの袋麺なので、昨年利用したお店を紹介
上富良野駅の線路向かいの「宝龍」 当ブログでは初紹介ですが、実は2012/01に利用しています。 その当時は一押しで上富良野ポークを押していてレトルトカレーもこの当時出来たと思います、その時は「かみふらの特産黒カレー」を食べた。 
店内はカウンターとロースター完備のこ上がりがあります。 メニューを見てみよう、先頭はラーメン・そばうどん・ご飯物・焼肉と続きます。 で注文したのは

【味噌ラーメン】650円
PC240024
味噌の筈・・・ 実は自信ない しょう油かも(爆 お店ではメモしていないので忘れてしまう、画像見ると何だろうか? いやー爺には為りたくない、ラーメン&温泉メモ帳考えるか。
アッサリのスープの中旨みもある。 表面の油も少なめで、玉ねぎメインの野菜が珍しいが甘くてこれは美味しい。 麺は中太・中縮れ・中加水の麺で富良野地区ではよく遭遇する麺 チャーシューは脂身が剥がれたが柔らかい自家製と思われるのが2枚
でっでっ気づいた この丼の名って全道に展開する「寶龍」の丼だ~ 暖簾わけのお店なのでしょうか、本店のHP見ても上富良野店の記載は無いので、これ以上は次回に直接尋ねるしかないようだ。

●宝龍
住所:上富良野町本町4
電話:0167-45-5204
営業:--
休み:--
地元紹介冊子でも、食堂なのか宿泊施設なのか良く分からないお店 楽しい。 

四条食堂・市内

【四条食堂】
PC190044
JR四条駅の高架を降りた前にある食堂 

【ラーメン丼看板】
PC190038
最初に利用したときは、湯気モクモクでしたがその後2008/10には湯気壊れる。 2016/04には花鉢の台に変身 今回は冬バージョンでデカイかき氷状態に進化してお出迎え 正月バージョンも見て見たいね、御餅がのっていたりとかない? 
何時も常連さんで賑わっていて一見さんはちょっと暖簾を潜るの勇気がいりますが、そこは気さくなオーナーが話しかけてくれてリラックス出来るので心配しないで。 カウンターの上には一升瓶が迎えてくれるのも何時もの通りです。 で注文したのは

【味噌ラーメン】780円
PC190033
初めて注文しました チャーシューは無く野菜炒めぽいものがドーンと乗るのが珍しいね 豚骨ベースのスープで油は少なく、塩分も少なめで、やや酸味があるので好みが分かれそうな味 麺はやや細め・中縮れ・低加水率の旭川麺(旭川製麺製)のぼそっとした麺 半世紀以上続く食堂 これからも永らく続けて貰いたいですね。

今年の記事はこれが最後になります。 来年もマイペースで更新する予定 お気軽にお立ち寄り下さい、 それでは良い一年でありますように。 

四条食堂
住所:旭川市4条通17
電話: 0166-23-6886
営業:--
休み:--

そば源・三番館

【そば源・三番舘】
cats
そば源繋がりで三番舘の店舗 おじーちゃん・おばーちゃんのファミレス 休みなのでお孫ちゃん連れも多かった。 懐かしい料理見本がお出迎えしてくれます。 
店内はほぼ満席 大きな窓がありとても明るい メニューは大きく撮影は非常に困難なので2016/05に紹介した過去記事をご覧ください。 で選んだのは

【辛味噌ラーメン】720円
 PC230034
赤味噌ベース 表面には胡麻 隠れてるがモヤシもあります。 辛さはそれほどでもありませんが最後にはチョッときます。 味は多分オーダースープかな? 普通においしいと思います。 麺はやや細麺・中縮れ・中加水の麺 
チャーシューは薄いながらも大ぶりで噛み応えある昔風が一枚 業者専用でも美味しいから困ったもんだ(笑 同行者が選んだのは

【弁天そば】1.080円
 PC230033
気づいてたら具沢山で最高価格を頼んでた・・・ 唯一私に回ってきたのは 舞茸の天ぷらがシャキシャキでメチャ美味しいと言って一切れ頂いた。 普段使いのお蕎麦やさんも侮れない。

そば源・三番舘
住所:旭川市3条通15 三番舘 3F
電話:0166-24-0213
営業:10:30~18:30
休み:年中無休

是々非々・市内

【是々非々】
PC110052
古くから営業してるファミレスドデカイカレーが有名な「オリーブ」横、動物園通りのお店 昔ここに文具雑貨のお店だったとこか? では初めて紹介するお店 お店は奥に深い 左に厨房とカウンター席、右に掘りごたつのこ上がり、奥にテーブル席です。 
メニューを見てみましょう。 ラーメンとセット物 ご飯物とトッピング メニューの中で気になったこちらを注文

【焦がしラーメン 味噌】850円
PC110037
表面を覆う焦がし系 香りがいいね。 トッピングの紅生姜も合う 豚骨ベースで表面を覆うアブラは多めですがしつこい程ではない、其処に焦がしの風味が加わり旨みが増します。 麺はやや細め・中縮れ・低加水率の旭川麺(加藤製麺) チャーシューは味濃い目で、箸で持つとポロッと崩れるタイプです。
白菜・玉ねぎがメインの野菜とキクラゲが乗る
ノーマル味噌は思いのほかアッサリしてるのかも? これは次回の楽しみです。 私には回ってこなかったのですが同行者が注文したのは

【焦がししょう油ラーメン】750円
PC110041

ら~めん 是々非々
住所:旭川市豊岡13条5
電話:0166-33-7655
営業:11:00~20:00
休み:不定休
年が明けたら、末広の元よし乃跡に移るとのこと
  

よつ葉・市内

【よつ葉】
PC140010
煮干しをテーマに追いかけるお店  もろ札幌を持ち込んで撤退したお店ある旭川 ここは煮干しで勝負一年経ちました。 今ではこの味も地元でも受け入れらたと思います。 過去記事はこちら
一周年記念メニューが有るとのことで仕事帰りで訪れた。 勿論注文したのは

【期間限定 鴨煮干しラーメン】950円
PC140003
香草が立つ盛り付けは如何にして食べたら良いのでしょう 通常の煮干しに鴨だしが加わると、味に広がりが出るね。 これは美味しいです。 これに個人的には好きな鴨ロースが三枚 柔らかいメンマ・荒刻みレッドオニオン・中トロトロタマゴがのる 
これは限定では勿体無いよ、esさんも書いていたが値の張りそうな物は減らして、もしくは素ラーメンとして残してほしいと思うレベルです。 麺は何時もの、低加水・極細・ストレート麺(須藤製麺)にも合います。
最近、同行してくれるラーメン好きのKさんは「よつ葉」初で注文したのは

【煮干しラーメン・塩】750円
PC140004
煮干しを感じると思い注文したそうな スタンダードと言っていい安定した味に「これ良いかも」とのこと 気に入ってくれた様で紹介冥利につきます。
 
【一周年記念 みにみに鴨丼】
PC140009
一周年のサービスのミニ丼です。 ご飯が美味しいと言ってたKさん 中々のグルメです。

らーめんよつ葉
住所: 旭川市豊岡12条6
電話:0166-35-4313
営業:11:00~15:00 17:00~20:00
休み:不定休
らーめんよつ葉さんのFacebookはこちら

らーめん工房 味の番番

画像サーバーは明日には普及? 無料サーバー故 文句も言えないし データーが残っていますように。

【らーめん工房 味の番番】市内
PC030016.jpg
何時利用したのか覚えていないほどの昔 前は良く通るのに・・・深い意味はないのですが
こうなると殆ど初利用だね お店の前には三台ほどの駐車スペースがあり、店横には4~5台ほどの駐車スペースがあります。 店内はL字のカウンターとテーブル席と奥にはこ上がりもあり、広い年代で利用できます。
メニューを見てみましょう、ラミネート加工で反射して撮りづらい 味噌が一押しだったはず で選んだのが

【ピリ辛合せ味噌】800円
PC030006.jpg
ピリなのに、結構赤いっす 一口すすると見た目はヤッチャッタ感がありましたが、それ程でも無く程よい辛味 旨みも感じます。 麺は中太・弱縮れ・やや加水された旭川麺 北海製麺製とは珍しい。 
チャーシューは一枚ながら厚く存在感のあり濃い味付け。 太いメンマ・多めのネギが嬉しいね。 モヤシは全ての種類にのるスタイルなので好みが分かれそうだ。 同行者が選んだのは

【合せ味噌】750円
PC030009.jpg

【しお】750円
PC030011.jpg
永らく続くお店 利用中も続々と訪れます。 これからも永らく続けて貰いたいですね。

●らーめん工房 味の番番
住所:旭川市春光1条8
電話:0166-52-7388
営業:11:00~20:00
休み:水曜

日の出食堂・市内

【日の出食堂】
PB250018

PB250017
我らが「日の出食堂」 開店して間もない時間に暖簾をくぐる。 こんなに早い時間に利用したのは初めて 開店して間もないのに既にカウンターはほぼ埋まる。 一席空いたカウンターを利用 その後も続々と利用者が、駐車場が無くどうしたらいいか電話は来るは本当に大忙し! 今まで利用したのは全てが閉店も迫った時間帯でした。 定食が550円・カレー500円等々・・・恐るべし

階段の壁に掲載されてるメニューから選んだのは

【塩ラーメン】500円+ライス(小)100円
PB250006
シンプルです 透き通るスープ 具材も必要にして最小限 やさしい味です 塩分も少な目と思うが、丁寧に取られた旨みがジワジワきます。 これで最後なんですと出された「ニシン漬け」は絶品 麺は色白やや細め・中縮れ・やや加水の旭川麺 チャーシューは噛み応えのある昔風が二枚 正直にニューウェーブも美味しいのは事実です。 旭川では食堂系の将来はどうなるのでしょうか、流れは変えられないけど
 
単純に食堂だろうがニューウェーブだろうが美味しければそれでいい それが進化する旭川ラーメンなら良いだろう ただ世代交代出来ない食堂が多いのが実情 これはもう、いち利用者の私としては言葉がない。 ただただ何時も美味しい食堂でありがとう、末永く続けてもらいたいお店です。
「旭川ラーメン」って定義ってなんだろうね? 語ると難しい。

来源・市内

【来源】
PB230020 市内4条駅の道路を挟んだ向かい 正真正銘の高架下のラーメン屋さん  「来源」さん じぇっつさんに続き私も

毎朝出勤時に、通っているのですが何故か利用したことがなかった、なんかそんなお店ってあるよね。 て俺だけ? 
一人で行く予定だったが「オラも行くよ」とのことで何時ものトリオで伺った。 バスで行って連食しようと思ったのに残念 まー次回ということで 駐車場もあるので安心です。
では店内へ

【店内】
PB230003
カウンターと真ん中にこ上がり 左右にテーブル席の店内で家族連れも気兼ねなく利用できます。 メニューを見てみましょう。 しょう油を先頭にうどん・そば ご飯物と続きます。 壁にはセット物のPOPも で選んだのは

【黒みそ生姜ラーメン】750円
PB230004
豚骨ベースで魚介系も香る 一見濃そうに見えるが、黒味噌はガツンとくる、後に来る多めの生姜の爽やかさで、グイグイい箸が進む 多分丁寧な仕事の出汁とりのなのかな 
正直ラーメンに生姜は苦手だった 主張の強い黒味噌と生姜がどうなるか見ものだったが、こりゃーいいね
麺は市内では珍しく、かなりの細めん・中縮れ・低加水率(須藤製麺) チャーシューは厚目・大きく存在感があるのが一枚 これに少しのモヤシ・メンマ・ねぎがのる。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】600円
 PB230005
これは美味さが伝わるね 透明系で円やかなスープは食堂系ですが、安心する一杯

【味噌ラーメン】650円
PB230006
辛味のあるやや濃厚 けど後を引かないので毎日でもいけそう。

ラーメンの来源
住所:旭川市4条18丁目(JR高架下)
電話:0166-33-1270
営業:11:00~19:30
  祭日:11:00~15:00
休み:日曜

らーめん龍の涙・市内

【らーめん龍の涙】
PB200040

【店内】
PB200038
雪が少しとけたかと思った先週末 土曜日は温かったが仕事と雑用 日曜は雨混じりの天気 
中途半端になってた猫の庭ほどの雪囲いを進めるが、もう少しなのですが断念 寒かった~ これ以上雪が降るとこのままか? 何時かするけどね。
冷え切った体を温めに向かったのは、初訪問 イオン西店の向かいの「らーめん龍の涙」 以前もラーメン屋さんだった場所 店内の造りは同じと思う。 基本メニューを見てみよう。 その他にも平日限定ランチメニュー味噌辛味プラス一押しの白醤油らーめん で選んだのは

【みそ野菜ラーメン】790円
PB200025
透明系と思われる鶏ベース 赤味噌よりの合せ味噌のバランスがよい あっさりながら食べ進むと旨みと辛味成分と合わさっじわじわと来ます。 食べ飽きしないしないラーメンと思います。
麺はやや細め・弱縮れ・低加水の旭川麺(須藤製麺) チャーシューはやや脂身が多い大きいタイプが一枚 モヤシがメインで白菜も少々の野菜 メンマ・ネギが乗る。 同行者が選んだのは

【白醤油ラーメン】750円
PB200026
とても綺麗ですね、スープ一口いただきました、想像通りとても味わいのあるスープ あっさりながらとても奥深い これは美味しい チャーシュー・メンマ・ネギといたってシンプルなのも好印象 別皿で生姜がでてきてお好みで追加可能 次回はこちらを食べてみたいですね。

らーめん 龍の涙
住所:旭川市緑町22丁目
電話:0166-53-6323
営業:11:00~15:00 17:00~20:00
休み:不定休

日の出食堂・市内

【日の出食堂】
 PB100014
我らが「日の出食堂」 営業がランチ時のみなので利用するには外回り営業さん以外には結構きびしいけど、是非利用してほしいお店です。 過去記事は2008/10 2011/02 2012/06 2012/09 2015/09と多いですが、それ以上に利用してるお店      
病院帰りに伺う年寄りも加えてください(笑い お店は何時もの三人体制(ご両親・娘さん)で迎えてくれます。 店内はカウンターとテーブル席 今回は一人なのでカウンターを利用 今回はこれを注文

【オムライス】550円
PB100004
器は同じですが、コップに刺さなくて別添えにチョッと変化 ケチャップはその時の気分で、今回はバーッと 最近はおばーちゃんの腕も調子いいのか、サンプル料理の如く完璧 勿論卵で包まれた中は、ケチャップ味のチキンライス 味付けは濃いです、たまりません。
おじーが座ってばかりなのが心配ですが、何時までも続けてもらいたいお店。
別の日にも利用したのは、王道ラーメン・ライス

【しょう油ラーメン+ライス】500+100(小)
 P9290002
こちらも安定し安心して誰にでも勧められるラーメン よく言われる旭川ラーメンの醤油とは括れないかもしれませんが、振れ幅の広いのも旭川の特徴かもしれません。
専門店ではなく、街中の地元密着食堂に感謝しよう。 麺はご近所の製麺場のやや細・中縮れ・低加水率の旭川麺 茹で加減も完璧 チャーシューはワンコインながら二枚もつくのが嬉しい
また来ます。

麺や 琥張玖(こはく)・北海道ラーメン紀行 第十弾

【麺や 琥張玖(こはく)@フィール】
PB060004
もう十弾か 紹介してないお店はありますが、実はここまでコンプリートしています。 今回のお店は「琥張玖」何がお勧めなのでしょう。
メニューを見ると 旭川限定の「味噌バター」なんかあるけど、味噌が先頭なので、こちらを注文

【しょう油麹ラーメン】770円
PB060007
濁り系のスープ やや酸味は麹由来 最早、しょう油の味なんかどこかへ行っちゃっていますが、濃厚でとても美味しいと思います。 麺は恒例となった加水率が高いく・縮れの少ないバリバリ札幌麺 
チャーシューは崩れるホロホロ寸前のが二枚 やや脂身が多いのが好みが分かれるところかな レンゲを進めると底にはひき肉も発見 しょう油にしては珍しい。
  
上にのるのは、刻んだレッドオニオン・柚子が珍しい、最近散見する玉ねぎはなかなか食感がいい 時たま柚子の香りがアクセントになっています。 目立つか進化しなければ生き残れない札幌 けど食堂残ってるよね。
けどとても美味しいと思いました。  同行者が選んだのは

【味噌ラーメン】780円
PB060009
赤味噌ベース こちらもタップリな食材をぶち込んだような複雑な味 時に酸味も感じます。 
第十弾まで来た 北海道ラーメン紀行は札幌・函館を紹介 
難しいと思いますが、何時か稚内・釧路ラーメンをお願いします。

14日までです、お早めに

永龍軒・市内

【永龍軒】
PB050063
もう 冬だよね 小さな庭の雪囲いは6日(日曜)に大物の木を残して止めた、このまま根雪にならないことを期待して残して置いた(強がりです、寒くて中断)
 
私も行きましたこちらのお店 日にちは違いますが雪の降る日にうかがったのは、永龍軒 何時もの赤い三銃士が出迎える(赤い暖簾・ポスト・コーラの自販機 おっと奥に赤い雪かきも)
以前訪問は、2014/08 2015/11です。 メニューはこちら 前回のクサイダーさんのコメントが気になってしょうがない。 こちらを注文

【昆布ラーメン】650円
PB050052
刻み昆布が入ったラーメン ありそうで無いメニュー初めて食べました ベースは塩ラーメン 中濁り・豚骨ベースに魚介も感じます。 刻み昆布は表面の半分近く覆う ややとろみを伴いプツプツ感が溜まらない 
スープの旨みと伴いこれは驚きの組み合わせです。 これに中太・低加水率の麺・味シッカリのチャーシュー 合わないわけが無い!!  この食感食べてみて。 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
PB050053
安心の一杯 何時ものアルマイトのれんげに注意しながらスープをいただこう。

【味噌ラーメン】650円
PB050050
辛味が無いので更に味噌が前面にでる味
利用中も出前の電話が鳴る、地元密着のお店は間違いのない味 三味ともお勧めですが、個人的にはしょう油と昆布が好きだな

【塩野菜ラーメン】700円 画像追加
PB080002
Kさんと共に数日後にいただいた、塩野菜ラーメン もやしに加え 白菜・人参も加わります。 ただ野菜が増えた分塩分が少なくなったかな。 時々同行してくれるKさんは初訪問のお店で、私がお勧めした「昆布ラーメン」 満足したようで私も嬉しい。
 
永龍軒
住所:永山3条6丁目
電話:0166-47-2219
営業:11:00~19:30
休み:第1・3日曜  

鶴八・月形

【鶴八】月形札比内
PA290034
国道275号沿いのお店 通るたびに開いていたり閉まってたり、長期閉めてたり 最近はついに「食べログ」からも、「鶴八」看板までもが無くなった。 今年の夏には敷地内にスーパーハウス置かれこれまでかと悔やんでた。 
ネット上の情報も殆ど無く、定食は凄い盛りだとかの断片上の情報しかない無いお店

が幟が立ってるではないか・・・ 速攻で暖簾をくぐる。 

【店内】
PA290016
両方に窓がありますが、照明が暗いのかやや薄暗い。 片側のこ上がり、反対にテーブル席 椅子が思いのほか低いので注意 おーっとなるよ。 テーブル上のメニューを見てみよう。 残念ながら定食のメニューはありません、今期はラーメンのみの営業 で注文したのは

【辛みそラーメン】800円
PA290021
でたー鉄鍋 重いのでかーさんはワゴンに乗せて運んできます。 テーブルに運ばれるとニンニクは利用しますかと聞かれたのでお願いする。 スープたっぷり 豚骨ベースで表面のアブラは少ない  表面に浮く辛味は大人し目で第一印象はややインパクトに欠けるかと思いきや、食べ進むごとに旨みがジワジワ増してきます、鉄鍋のお陰で最後には体がポカポカになる
 
麺は幟で確認すると「西山ラーメン」 肌白の麺 中太・中縮れ・驚きの中加水ながらやや旭川よりの麺とは 上に乗るのは、ゆで卵と大好きなシャキシャキきくらげがタップリ更にモヤシが混在 麺の下をを探るとチャーシュー発見 これは嬉しいですね。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円
PA290023
トッピングは辛みそと同じ 透明系のスープ しょう油ゆえさらにサラリとしたした中にも旨みがひそむ
会計時に伺うと、定食系は止めてしまったとのこと、営業は冬のみ 時間は多分ランチのみ 旭川から行くと中々の困難店 今回利用できてよかった。 定食も復活してくれないかな  実はメニューよく見ると裏側にカレーが透けてる~

鶴八
住所:月形町字札比内
電話:--
営業:--
休み:--

十兵衛・北海道ラーメン紀行 第九弾

【十兵衛@フィール】
PA260005
札幌のお店 普段食べられないラーメンが地元旭川で食べられるとてもいい企画 早くも第九弾は十兵衛さん 企画により一月近い営業も有りますが、二週間ほどで閉めることもあるので、過去に紹介できないこともありました。
今回は30日まで と言うわけで急いで紹介します。 メニューを見てみましょう、事前情報がなく 味噌が先頭なので味噌がお勧めなのでしょうか、で選んだのが

【辛味噌ラーメン】850円
PA260007
程よい辛さ 豚骨ベースが丁寧に処理されており、ややとろみもあり癖は全くなく、スープに仕上がっています。 味付け玉子は半身・バラ切りのネギもよく合います、上に乗せる感じでは無く、モヤシがスープに隠れてるのも新鮮
麺は中太・強縮れ・多加水の札幌麺  所謂ゴム麺=札幌麺もフィールで食べてるとこれはこれでアリかなと思えるようになった自分がこわい(爆 チャーシューは脂身と赤身のバランスが良く崩れる寸前で箸でもてる出来栄え これまた美味しい 同行者が選んだのは

【特製味噌ラーメン】750円
PA260009

いや 美味しかった 価格もお手軽

レストラン チコリ・鷹栖

【レストラン チコリ】
PA200026
お隣の鷹栖町の「サンホール はぴねす」内のレストラン 鷹栖・旭川と精力的に施設を運営する鷹栖共生会が委託運営 パン・豆腐・レストランと目が離せません。
はぴねすは、浴場として2009/06に紹介 今も普通に利用出来ます。 現在の利用料金400円とは驚き 
レストランも紹介してると思ったが何と未紹介でした。 では紹介しよう。  町民は正面ではなく、駐車場に近い浴場入り口利用するのがベテランぽいよ

【チコリ 店内】
PA200012
丸テーブル・椅子席の店内 地元野菜なんかも売っています。 メニューを見てみましょう。 最高価格は550円 多くはワンコインと驚異的な価格設定 ラーメンの横には小さく「野菜抜きもできます。」と書かれているのでデフォで野菜は付くと思われます。 でオーダーしたのは 

【味噌ラーメン】500円
PA200013
もやし・玉ねぎ・人参・ホウレン草がのる ゴマが僅かに浮くスープ 安心していただける「鷹栖共生会」の味 価格からは想像できない何時もの完成度と思います。 
麺はやや細め・弱縮れ・低加水の旭川麺 実は出た~旭川屋の丼と言いたかったが、そこまでの数は無かった模様(爆

レストラン チコリ
住所:鷹栖町南1条3丁目 サンホールはぴねす内
電話:--
営業:11:00~15:00 (Lo14:30)
休み:水曜
 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ