あおい・剣淵

【あおい】

2018/04の記事で今月一杯で開店から50年目で炉蓮を降ろす、R40号の名店の中でも個人的には上位に位置する剣淵の「あおい」さん 閉店を知ってから2回もふられて、遅くなってしまった。
間違いなく平日に仕事帰りに剣淵までひとっ走り 良かった開いてるぜ 暖簾を潜るぜ!

【店内】

このお店の佇まいもあと僅か 格安のメニューは変わらないね。 で注文したのは

【野菜ラーメン】700円

初めての野菜ラーメン やや薄めの餡 具沢山 紅生姜がのるのが珍しい。 味は塩 豚骨ベースと思うが、バランスのいい味ですね。 ただ沢山の具材でややスープが薄まり塩分・旨みが薄まりった印象なのは残念かな
個人的には、ノーマル三味ラーメンがお奨めかな けど丼・ご飯物あまり食べていない あー猶予はない
土曜日は何やら収穫予定で行けない 日曜は定休  また仕事帰りに行くか 残り少ないぞ 

空知管内 ラーメン好きを一人で放つと

【十三里】

高速を使わず苫小牧方面に行く時のショートカットで有名未道沿い 気になっていたが今回初訪問 黄色が主張してる
店内はL字のカウンターと小上がり 旭川表示のラーメンは如何に メニューを見てみよう、壁のメニューはこんな感じ 定食物から丼物もあり中々豊富 で選んだのは

【しょう油ラーメン】650円

透明系のスープ デカイチャーシューに目が行きますね スープを一口 豚骨ベース脂はすくなく、魚介系は感じない。
麺は加水率多目の中縮れの麺 存在感のあるチャーシューは二枚なのが嬉しい。
これって旭川ラーメンと思いながら、次のお店に向かう

【みつい食堂】

渋い店舗構え 以前紹介した「玉ねぎ屋」さんの斜め向かいのお店 ランチのお弁当に忙しくまだ炉蓮も出ていませんが、「いいですか」と一声かけて利用 その後急いで暖簾をセット メニューを見てみよう ラーメンとそば類 その裏はカレー・定食・丼物となります。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系 脂は少なく豚骨かな鶏かなと思わせる、やや印象のない出汁にしょう油は決行主張 麺はこれぞ札幌麺やや細く強縮れで所謂サッポロゴム麺は久しぶり チャーシューは筋っぽいのが一枚
さー次に進もう

【かまだ屋六条店】

ザワの市民の血管にはかまだ屋のつゆが流れてると言われるほど、岩見沢市民に絶大な人気店 過去記事は2010/03に紹介
店内はL字のカウンターに老若男女で埋め尽くす、回転率が早く直ぐに席は空くので安心
注文は券売機で購入してカウンターに出して注文する それにしても安すぎ 今回は勿論

【しょう油ラーメン】360円

そばチックな丼で登場 上にタップリのネギともやしが嬉しい スープ一口 オー優しい味で脂も少なく それ程鰹系も感じない 麺は全て自家製麺使用 やや加水で細目で弱縮れ麺 さらにショボイながらチャーシューが一枚とは価格破壊
何時も食べてるラーメンは塩分・脂共にドッサリとは、まるで違う 親に連れられ幼少に食べ物はDNAに込められるね、旭川民としたら、非ラーメンかもしれないがそれも理解し楽しもう。
ラーメン好きが久しぶりのソロラーをすると、三軒梯子 
画像のデーター確認すると、移動も含めて11:12でスタートして12:32で終了 皆さん無理しないでね。
尚:三軒の情報載せるのめんどくさいので、自分で探してね。

麺屋くるる・忠和店

【麺屋くるる】忠和店

忠和にある「麺屋くるる」 嵐山店が一号店 こちらは二号店になります 嵐山店の記事はこちらになります。 以前は焼肉店だったかな?
ファミリー利用が多く中々の賑わい メニューを見てみましょう カラフルなメニューですね けどイマイチよく分からなかったり、こちらの方が分かりやすいかな。 大して興味の無い酒粕ラーメンもあるんだね。 で注文したのは

【海老坦々麺】850円

良いビジュアルって言うか、あまり登場しない画像だったり スープは、鶏ベースで魚介系を感じ、勿論海老の味で濃い目のドロ系で、キャベツ煮、海老味の天かす海老粉があり調整しながら食べ進もう。 麺はストレート麺と、ちぢれ麺を選べストレート麺で注文 地元製麺業者のやや細のチョッと加水率のある麺 縮れ麺で育ってきたが、最近ストレート麺も好いなと思う。 良く縮れ麺はスープを絡むと言うが、見てもらう様に十分絡んでるよね。

麺屋くるる・忠和店
住所:旭川市忠和5条6
電話:0166-85-6415
営業:11:00~15:00 17:00~23:00
休み:火曜
麺屋くるるさんのFBはこちら
  

理尾・小平

【理尾】

ラーメンブログの尊敬するesさんが、ヘビーロテするお店 以前道央にあり何回も通り過ぎたお店 このドアも小平に持ってきた模様だ、余程思い入れがあるんだね。 
店内はテーブル席と、小上がりがあり、窓は一面海を望む、夏は海水浴で大賑わいのビーチですが、冬の間にゴミが溜まっちゃったね。 シーズンには清掃してスッキリとする筈
メニューを見てみましょう、時間的にランチメニューになります。 生たまごが4個も付き頭で想像するが思いつかない【自然卵玉子かけごはん】なんてあり、大いに悩む ここは奮発してこちら

【三元豚ロースかつ定食】1.000円

別盛りの時もあるらしいが本日はワンプレート 懐かしいごはんの型使用(昔カレーってこれ使ってたね) キャベツにのるカツは、想像はしてたが、大きさと厚さは凄い! 切れ目は本当にジューシーさが分かる。 
サクサクの衣が心地よく、その奥のロースがこれまたメチャ旨い 唸るほどのレベル これに小鉢と汁物が付く 脂身が実は苦手でしたが、これが美味しいだよ。 最近食べた中ではベストですが、このボリュームで満足々々 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

綺麗なラーメンですね 中濁りのスープ やや多目の脂が覆う 豚骨ベースで魚介系も加わり、塩分としょう油のバランスで食べさせるスープは絶品です。 薄いが大きめな赤身のチャーシューは最近散見するスタイル 
麺は札幌のメーカーが作る、やや細麺・中縮れ・低加水率の旭川インスパイアー麺は、一時コート麺とか言われた麺とは違い、実にお美味しい麺です。
ここに合わないだろう言われるタマネギ 刻んだ物は散見するがこちらは驚きのスライス状 これが邪魔ではなく合ったるから不思議 センスなのか腕なのか残りのメニューも気になるレベルの高いお店 夏になる前に是非お奨めしたいお店
料理が届く間にレジの横にメニュー発見 
<夜メニューです。>了解を頂いてパシャリしたのはこちら 一品料理丼・パスタ・焼そばドリンクこれは海水浴横目にキャンプする価値あり もう一枚には、とんこつ・辛みそ・えびフライカレーなんてあるのは謎のメニュー
注意として現在だけなのか不明なのですが、ラーメンは数量限定ですので悪しからず。
オンシーズンになる前にまた行かなくちゃいけないお店 超おすすめ 
オロロンラインには何故かトンカツが一押しの店が並ぶ 鬼鹿「すみれ」 力昼「ドライブインさわ」 そして「理尾」と続く 理由があるのか無いのか、たまたまか  

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

梅光軒・南

【梅光軒・南】

個人的には梅光軒南認識するお店 過去記事は最近の記事は、2016/02   時として狭い駐車場が満車で断念したこと多々あり今回はスンナリ駐車 L字のカウンターと小上がり メニューを見ると変わりないね。 で何注文しようか考えてると、こんな「新メニュー」発見! 前回利用した2016/02には無かったと記憶 じゃーこれだ

【辛しょう油】(レベル1)950円

三味在る中で、初めてなので、お手並み拝見でしょう油の辛さは① 辛ラーメンには全部のせなんだ。 しょう油には基本野菜は注文しないのですが、如何 レンゲで一口 ベースはラー油ぽいですが、それだけではないと思わせる中々美味しいじゃないですか、辛さはガツンときますが、まだまだ許容範囲 試しに同行者が啜ると、むせていた。 主張するスープなので野菜がのってもスープは負けていないし、もしかして正解と思うバランスです。
麺は梅光軒の麺を一手に提供する「梅里」さんの旭川麺 ぶっといメンマと野菜 厚めのチャーシュー一枚 ひき肉も入るしょう油には珍しく、味噌みたいだね。 次回は辛さ②だね。 同行者が選んだのは
【みそラーメン】750円

安定したラーメンだね。、梅ちゃん系列に拘らず、食堂系でも味が変わるし、そこを楽しみましょう。

梅光軒・南
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜 

雪番屋・比布

【雪番屋】

比布スキー場の雪番屋 期間が過ぎ今は、お休み中です。 メインロッジが新設されそちらも非常に気にながら、絶滅危惧種となったワンコイン大好きの私は、こちらに向かった。 前回紹介したのは、2016/03です。
カウンターの上にはランチ500円と表記 メニューを見てみよう、看板メニューのニジマス(いくら)丼とあら汁他に三品全てワンコイン天晴れ! もちろんスキーロッジなので、アウェー感満載ですが で注文したのは

【しょう油ラーメン】500円
   
今シーズンも微妙な味のラーメンは健在 脂無し 駅そば風のスープにラーメンの麺を投入スタイル 麺はやや加水率のある中細・中縮れ チャーシューは硬めの赤身が一枚が何ともB級感・共に突っ込みどころ満載 同行者が選んだのは勿論

【ニジマスいくら丼+あら汁】500円

鮭のいくらと違いやや膜が厚いマスコが好き嫌いがあるかな、個人的にはどちらも好き 
個人的には大葉が駄目で慎重に取る(爆 紫蘇も駄目 同科のラベンダーも苦手で花畑には入れないかったりする。  香草が苦手
丼と共に付くあら汁の旨いこと スキー場オープン時にしか頂けない「雪番屋」さん 今期もぎりぎりセーフで利用できました。 来期にはまた伺おう。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---
今期は終了 来期に利用しようね 
尚:養殖場は、笹の平に向かう道を進めば有ります。

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

ささき・市内

【ささき】

いつもの「ささき」さんだ! 2016/04紹介時で「あんかけ焼きそば」がメニュー落ちして、暫らくたった ここいらで餡系がヤバイかな(遅すぎか)と思い訪れた。 勿論ピカピカなカウンターが出迎えてくれるのが、本当に嬉しい。 メニューを見てみよう おー餡系の五目は健在 で餡かけ好きの同行者を差し置いて頼んだのは

【五目ラーメン】750円

やや緩めの餡がかーさんらしい 辛口(中華味)と書いていますが、全く辛くないのはご愛嬌 煮干しってますね。 じわじわ来る旨みがいい、 完璧な茹で加減の麺は低加水の旭川麺 野菜達の中に、チャーシューではなく豚バラ肉が入る 旭キク連に名を連ねる私にはキクラゲは外せないよね。
同行者が選んだのは

【ギョウザラーメンしょう油セット】750円

手作りの餃子が4個つくセット 3個しかない待ちきれず既に一個食ってるし(笑い
こちらは定番メニュー 美味しい料理は笑顔になるね。 何時までも続けてほしいお店です。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

日の出食堂・市内

【日の出食堂】

何時もの食堂 今日も満席だ! 紹介してる以上に絶賛利用中!!
市場内で今では唯一の食堂 何回も利用すると、画像が変わらないのが難点ですが 勿論注文は

【オムライス】550円

線を引くケチャップから最近はトロッと垂れるスタイルが鉄板 勿論、薄焼き卵に隠れてるのは、王道のケチャップライスが鎮座がいい。 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】500円

豚骨ベースの優しいスープは万人が満足だよね。 ただこれが一般的に思う旭川ラーメンかと言うと疑問も残るのも事実 
器を覆う脂と濃い目のタレを想像されると思いますが、今も残り頑張って営業中、あるいは既に暖簾を降ろした旭川食堂系にはこれに当てはまらない店もあるのが事実
 
市内には過去地元(町内)密着の食堂が多数有り たまたま注目されたのが、濃厚なラーメン これが一般的に旭川のラーメンの認識となるのが現実 
新規店舗はより融合して正直なにがなんか分からなくなっている。 がこれがまたレベルが高いお店が多く、ラーメン好きとしてはこれはこれでチョッと嬉しかったりする。 近い将来、食堂系は暖簾を降ろすのは目に見えているのは仕方ないか。
また利用するね・・・「日の出食堂」さん

何時か、注文したいメニューは・・・かけラーメン+カツ丼だったりするが、誘惑に負けて未だ注文出来ず。

名もないラーメン屋・市内

【テーブル上の瓶達】

ここは何処でしょう? って答え書いてるしバレバレだけど。 紹介はしてないが時々利用する「名前の無いラーメン屋」さん 過去記事は2016/03に紹介 味が安定しないく来るたびにドキドキする。
今日はどうでしょうか では注文したのは

【塩ラーメン】700円

何時ものように脂が覆う これは熱々 注意して一口 豚骨が濃厚ながら、スイスイいけるタイプは良い仕事だね。 茹で加減完璧の、低加水の旭川麺がよくあう。 チャーシューは更に薄くなったチャーシューが二枚は正直残念だったりする。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

こちらも安定してきた味です。 ここに来てやっとブレ無くなり、個人的にはお奨めのお店
ただチャーシューは何とかしなくてはと思う。 スープの完成度は高いお店だね。

名もないラーメン屋
住所:旭川市豊14条7-5
電話:0166-32-3065
営業:11:00~20:00
休み:水曜

梅光軒・豊岡店

【みそラーメン】


【しょう油ラーメン】

今日もかーさんが厨房を守る 息子さんは出前で忙しい。 程よい濃さと甘め味噌たれが美味しい 麺はやや細目・中縮れ・低加水麺が良く合う。
味噌では珍しくチャーシューも一枚ですがチョッと嬉しいし しかもちゃっかりひき肉も 梅光軒と名を掲げる中でもお気に入り
設定ミスの画像から救い出す作業はつづくのでお付き合いを

らぁめん 暁

【らぁめん 暁】

店内は以前のお店と多分変わっていないと思うが如何 ランチ時間を過ぎてからの利用、カウンター利用
メニューを見るとラーメン専門店ですね この価格をみても最近は驚かない自分が恐ろしかったりで、 注文したのはこちら

【しょう油ラーメン】730円

背油も浮き 厚めの脂が覆う 最近ちょくちょく遭遇するビジュアル スープは豚骨で濁り系 香りは円やかです。 トッピングは海苔・白髪ネギ・やや濃い目のメンマ 
海苔を見るといつも思う、これ必要か、出てきたときは、食べるときはクチャクチャ 正直イラネよって俺だけ?
麺は、やや細め・中縮れ・低加水の旭川麺は安心だ チャーシューは薄く、トロトロ系で崩れる一歩手前なのが一枚
濃厚なスープ・脂身の多いチャーシュー等々のバランスはとてもいいですね。 方向性が見えるラーメン で同行者が選んだのは

【辛味噌ラーメン】830円

こつらも濃厚 味噌味より脂が優ります。 バランスよし
こちらの店舗、何故か同じ場所でオープンするも長続かない 其れなりに流行ってた模様なのに不思議な場所なので頑張ってもらいたいですね。

らぁめん 暁
住所:旭川市豊岡2条3丁目3番15号
電話:0166-35-3325
営業:11:00~15:00 17:00~21:30
休み:火曜

増屋・上富良野

【増屋】

上富良野の中心街のお店 過去記事は、2012/01 2017/07に紹介 ラーメン・定食等を提供してるお店と、焼肉専門と入り口が違うのでご注意 何時か焼肉の縄のれんの部も潜ってみたいものですね。
今回も食堂部の暖簾を潜る。 店内は変わらず大きい小上がりがお出迎え メニューを見てみよう 価格は変わらないですね けどラベンダー模様から雪の結晶に変わり心憎い。
 
【しょう油ラーメン】620円

何時もの佇まいで安心します。 一枚ながら厚く今回は濃い目の味付けのチャーシューの存在感がハンパない 50円増しでチャーシューラーメンを選べるのは嬉しいですね、次回の選択肢の一つになります。 麺はやや札幌麺よりで、やや細目・中縮れ 同行者が選んだのは

【もやしラーメン】670円

表面に自家製のラー油が浮く、ちょび辛でしょう油味になります。 スープ自体はデフォのしょう油と変わりなく、アッサリ目で魚介を感じないタイプに、軽く火の通ったパリパリのモヤシが多めにのる。 チャーシューは乗りません。

増屋
住所:上富良野町中町2-1
電話:0167-45-2679
営業:11:00~21:00
休み:水曜
ご飯物・丼・定食のメニューを見ると 一気に価格が上がる(大)・メガとか散見する。 若かりし頃はチャレンジしてましたが、もう無理かな、誰かよろしく。

ばにはつ分家・妹背牛

【ばにはつ分家】

店内には本家(旭川)の外壁と同じバーニングハーツカラーのでかい暖簾がお出迎え 以前ここに「ふじい食堂」があった場所に、本家ご主人と分家のご主人が、旭大時代から友人の縁で、2015年4月4日に開店 
何回も利用していますが、何故か初紹介だったりします。 店内はカウンターと小上がりがあります。 基本的にふじい時代から変わっていません。 メニューを見てみましょう 基本ラーメン専門店ですが本家にはないカレーも提供してるのが特徴 で本家より50円ほど安いのがうれしい。
で注文したのは

【しょう油ラーメン】650円

透明系のスープ 一口 豚骨ベースで魚介はあまり感じなく表面の脂も少な目・タレの角もなくあっさりの味でスイスイいける一杯になっています。 麺はやや細め・強めの縮れ・低加水率の旭川麺で安心しますね。 
チャーシューはやや薄めながら大きく柔らかいのが二枚 同行者が選んだのは

【みそラーメン】750円

一転して濃厚そうな面構え 赤味噌ベースと思われるスープは濃厚ながら円やかで後は引かなく、良くまとまってると思う。 個人的には味噌の方が好み。 
しょう油のタレが少し多ければ好みかな 昼過ぎに訪れた妹背牛(もせうし)のラーメン専門店はこの場所にしては頑張ってる。 味さえ良ければ場所なんか関係ない。
ここで緊急移転の告知:1月をもって当店の営業終了 4月に場所を変え営業再開(同じ妹背牛内で)とのこと 
4月が楽しみです。
お店を出て、町内の温泉施設・妹背牛温泉ペペルに訪れてほっこり

朝吉・市内

【朝吉】

11:00から開いてるお店 昼前から煙モクモクなんだよね。 半個室がありお隣にもあまり気を使わなくて良い作り メニューを見てみよう、メインの焼肉(ラーメンも端に)で、裏はドリンク類です。 
勿論注文するのは、隅っこに書かれたあれだよね。

【しょう油ラーメン】500円

表面は、脂が覆う スープは豚骨が香るチョッと特徴のある味 食べ進む内に、気に為らなくなり、脂たっぷりのスープにはライス(中)150円を追加でこれがデカかった。
大ぶりの丼に山盛り、こりゃーうれしいね、けど注意しないとね。 残さないようにしないと
魚介系は感じなく、しょう油より、豚骨と旨みが多い 麺は中太麺・強縮れ・低加水の旭川麺とややショボ目のチャーシューはワンコインで頑張ってるね。
個人的には焼肉屋のラーメンに外れは無い!!
しかも残り少ないワンコインで提供するお店は継続中

【ホルモン朝吉】
住所:旭川市神居4条10丁目
電話:0166-62-8680
営業:11:00~24:00
休み:--

上川合同庁舎

【上川合同庁舎食堂】

この先に食堂があるなんて普通思わないけど、ずんずん進んで下さい。 今年最初に頂いたのはこちら 平日しか開店してないお店 利用したのは1月5日 バイキングランチなんかあるって地元情報誌で出てたけで、今わ如何か?
過去記事はこちら ランチ時間にはまだ早いので、利用客は少なめです。
メニュー・券売機を見てみましょう。 なんと以前は500円のラーメンが450円に 委託先が変わったのでしょうか、これで美味しかったら御の字ですが、いかがなものか。 バイキングメニューは無く止めたのか偶々なのか不明 メニューの中でワンコインの「お弁当」と日替わりランチが非常に気になりますが、勿論注文は

【】450円

やや濁り系から、少し様変わりした模様 スープは透明系に、魚介はなしのあっさり 麺は高加水の非旭川麺にはガッカリ 「麦チェン」なんてポスター貼ってる場合か・・・・と突っ込みたくなった。 日々食べてる職員何も思わないのだろうか・・・しかも上川と名のついた施設 地元の製麺業者が泣いてるぜ!! 同行者が頂いたのは

【みそラーメン】500円

やや絡めのスープ もやしがのりこれでワンコインとお得 ですがやはり疑問が残るね 以前から価格は安くなりましたが、本当にこれでいいのと、職員に聞きたいと思うこの頃
バイキング形式の格安メニューはたまたまなかったのか、気になるところ 利用するにはかなりのハードが高いのは変わりない。

上川合同庁舎食堂
住所:旭川市永山6条19丁目
電話:
営業:11:00~14:00
休み:土日祝祭日・年末年始

奴・市内

【奴】

今年初めて食べた順番じゃないですが、急遽UP! 店内は焼き台があり、小さいカウンターと小上がりと変わりない、メニューも変わりないね 過去記事はこちらをクリック
注文終えて待ってると、先客の注文したラーメンに驚いた。 「ハイ 辛味噌です」ってメニューを再度見直したの間違いない。 同行者も確認  味噌を頼んでたので、今からでも変更できるか確認するとOK
楽しみですね、メニューに載らない「辛味噌」 わくわくしますね。

【辛味噌ラーメン】700円

テーブルに登場したのは、攻撃的なラーメン 真っ赤! スープを一口 辛さの中に旨みがタップリ 個人的にはまだまだ行ける辛さですが、同行者はムセていました。
もやしがトッピング チャーシューは無くサイコロ状のチャーシュー 最後に底に沈んだチャーシューをすくう
麺は低加水・中縮れ・中太の麺が辛味をまとう。 食べ進むと隠れてたきくらげ発見 思いもかけず常連さんの注文から知った隠れメニュー 皆さんもどうですか? 価格もノーマル味噌と変わりないのが驚きだね。
同行者が注文したのは、ぶれないこちら

【しょう油ラーメン】

思いがけず知った隠れメニューと安定のノーマルメニュー まだ知らない隠れメニューがあるのでしょうか?


住所:旭川市末広一条4-1-17
電話:0166-52-7649
営業:-- 中休み:15:00~17:00
休み:日曜

まよさわ・市内 昨年の〆

【まよさわ】



昨年はつたないブログにご訪問有難うございます。 中々更新も滞りがちのブログですが、マイペースで進めますので、気長にお楽しみ下さいね。
大晦日に頂いた昨年の〆ラーは お気に入りの「まよさわ」さんです、今日もお客さんが途切れないお店で過去記事2017/11に紹介 で注文したのは

【台湾ラーメン】750円

辛味噌肉が乗り、ニラが彩る よく混ぜて食べてねとのアドバイスですが、その前にスープ一口 おー複雑な味 好きな味 酸味なのかなと思うが、唐辛子・山椒・多分癖のある八角が入りこの辺が好みの分かれる味になっています。
麺はやや太・中加水・中縮れの麺がやや辛目のスープを絡めます。
レンゲが二つ 普通タイプと沈んだ具をすくう穴あきタイプを使い全てを堪能しよう。 新開店の中では、お気に入りの店です。 同行者が選んだのは

【生姜ラーメン】750円

ベースはチャッチャッ系のしょう油 生姜をのせている混ぜるスタイルは尖がり過ぎで苦手なのですが、これは背油の円やかさ合いまりいい塩梅 麺は細麺・ほぼストレート・低加水 チャーシューは薄いのが4枚ですが、生ハム感覚でいただこう。 
今年もだらだらと更新予定 ブログ開設は2008年ですが、デジカメを持ったのは、2002年その当時の画像はハードディスクのクラシュで復旧するも90%損失が悔やまれる。 その画像は今は廃業した温泉宿も多数・・・特に道南地区は記憶の中のみ

【ある湯】
現在も絶賛営業中!! あわあわの湯何時か再訪出来るのだろうか では今年も訪問、気楽にコメントもよろしく。

はこだて塩ラーメン しなの・北海道ラーメン紀行

【はこだて塩ラーメン しなの】

フィールの地下スペースでコンスタントに実施される「北海道ラーメン紀行」も22弾 初めのころは、コンプリート狙っていましたが、皆さん想像通り途中で、断念しちゃう管理人だったりします。 久しぶりに訪れたのは函館のお店「しなの」さん
親の実家がこちら方面なので、年に数回訪れていたので、塩が旨いのは知っていた。  メニューを手に取ると、旭川限定とかあり迷うね けどここは基本のこれ

【はこだて塩ラーメン】

透明系のスープ レンゲで一口ややあっさり目ですが、食べ進むと旨みも増します。 おー美味しいじゃないですか。 インパクトは少なめながら、シンプルで優しい味だよね。 ホウレン草・麩・二色なるとが乗る。 茹で卵はスライスではなく半身 麺は札幌麺ではなくかと言って旭川麺でもない 麺はやや加水があるが札幌麺とは違う・細目でストレートな麺 チャーシューは脂と赤身が半分程のバランスで箸で持つと崩れるほどのチャーシューが二枚 昆布だしかな 美味しいですね。 で同行者が選んだのは

【みそラーメン】800円

海苔・もやしが乗る 豚骨・鶏ベースのスープ コッテリ旭川を食す身からしてはややインパクトはややとぼしい。 やはり塩がお勧めだ。 フィール出店のしなのさんは31日の大晦日まで開催です。

しかしフィールの「北海道ラーメン紀行」の担当者に会ってみたいですね。 
頑張れ楽しみにしてます「北海道ラーメン紀行」 
 

きくち

チョッと暮れかかったある日 すったもんだしてるうちに(爆 お店をパチリするの忘れた! で注文したのは

【塩ラーメン】600円

過去記事は、2010/06 2016/06と紹介しています。 何時もしょう油ばかり食べているので、ラーメン友の影響で目覚めた塩を注文
大きなチャーシューに目が行きます、透明系のスープにやや少な目の脂が浮きます。 基本甘目のベースで一口目から旨みが口を満たす。 しょう油は甘みを主張していましたが、塩では絶妙なバランスでこれは良い!
麺は、中太・中縮れ・低加水率の旭川麺 やはり食べなれた麺は美味しい 大きいチャーシューは赤身メインですが絶妙な噛み心地が二枚といいね。 個人的には好みの塩 で今回同行者のKさんが注文したのは

【味噌ラーメン】700円

アッサリベースのスープに、ややハッキリした赤味噌タレも主張 もやしがトッピング 嬉しいことに塩と同じくチャーシューが二枚もある。
出前も多い地元密着店は、地元に愛されて何ぼの世界 チャレンジは少ないが、毎日でも食べれるメニューを貫くのが基本と再確認したお店

きくち
住所:旭川市東旭川市北1条4丁目
電話:0166-36-2320
営業:11:00~19:00
休み:木曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ