柳屋食堂・赤平

【柳屋食堂】


【店内】

赤平市内から芦別に向かう38号線 旧炭鉱街の茂尻にある食堂 過去紹介は2011/052015/10とコンスタントに紹介 今回3回目の紹介になります。
地元に根差して60年以上 現オーナーの釣り名人の藤井魚聖さんの甥っ子との事
ひさしぶりにメニューを見てみると、とんでもない事に、、、 先ずチラシと道内雑誌など 
怒涛のワンコインメニューとレギュラーメニューはこちら 大いに悩み注文したのは

【ポークチャップ定食】500円

肉は薄目 やや甘めの味付け ワンプレートにサラダ・たくあん 味噌汁と茶碗以上丼以下のご飯がドデーン 恐るべし柳屋食堂 これに300円+するとミニラーメンセットに ただ本当にミニなのかノーマルサイズなもか神のみぞ知る 私的には単品で十分
今日もお腹一杯 ごちそうさまでした!
ワンコインは営業中なら時間関係なしに注文OK

柳屋食堂
住所:赤平市茂尻元町北1の4
電話:0125-32-3018
営業:1100~17:00
休み:日曜

ここは何処でしょうか?

【高いよ】


【こんな所に食堂が】

もう分かったよね あにまある(? と消防署に挟まれてる市の施設 以前紹介は2009/06で久しぶり 以前はだるま家と言うと名前でしたが、現在は経営がかわって「第2庁舎食堂」と表記 メニューは券売機の上に大きいのドーン 昼前なので利用者もすくなかった。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】420円

経営が変わっても、増税があっても価格420円は凄い!! 麺は現在は低加水の旭川麺が安心 ちょっと業務用ぽいチャーシューだけど全く問題なしだね。 だってワンコイン 
総合庁舎は地下の食堂だしもしかして、市内で最も高階層で頂く格安ラーメンなのかも?
ホテル関係は全く疎いので分かりませんが、どうなんでしょう。

●第2庁舎食堂
住所:市内7条10丁目
電話:
営業:
休み:

すず ラストラーメン

ある日のラインに「ご存じと思いますが、今月末でラーメンの提供を終えます」の一報だった 嘘だろーというのが正直な感想だった。
勿論確認しに行った 間違いない張り紙

【しょう油ラーメン】350円

おいおいこれ止めるの本当? 食堂系のラーメンがどんどん少なくなくなる昨今 貴重なラーメンがまた一つ無くなるんだね この記事をアップする時はもうないのか~
麺は細めの中縮れの旭川麺 赤身中心のチャーシューは昔風だね。
ラーメンはメニュー落ちしましたが、定食を中心に格安な料理を提供 好きな小鉢も選べる庶民の味方 これからもよろしくお願いします。

すず
住所:旭川市東5条2丁目3−8
電話:0166-24-0666
営業:11:00~15:00
   :17:00~20:30
休み:第1・3・5日曜
   :第2・4月曜
休みムズイよく判らない
ツイッターあるからそちらを確認してね

夕陽荘・増毛

【夕陽荘】(せきようそう)

町営温泉「あったまーる」横を通り過ぎ坂道を登ると景色のいい場所に着く 目線を下に向けると海原に浮くようにその温泉宿がある。 「夕陽荘」(せきようそう) 元はと言えば1981年創業の町営日帰り温泉 2003年にあったまーるが出来その役目を終えるが、地元民の手に移り,、三年がかりで改装2007年にオープン すでに10年以上経つんですね オーナーの本業が建築業なので少しづつ手お加えているので今でも古さを感じません。
受付は券売機でお支払い

【入口】

岩盤浴もある筈だが まーいいか 清掃の行き届いた脱衣場を抜け浴場に向かおう

【浴場】

内風呂のみですがなんと気持ちのいい湯舟 右手に茂尻島と岩老漁港 いつまでも眺めていたい景色 オープン当時温泉マニアの中で泊まりたい温泉宿だったな~ ややオレンジ色かなと思う鉄分も感じる源泉は冷鉱泉で加温ながら心地よい湯

岩尾温泉宿 夕陽荘
住所:増毛町岩尾140-1
電話:0164-55-9611
日帰り営業:11:00~21:00
       :土日10:00より
休み:水曜
料金:500円

岩尾温泉宿 夕陽荘さんのHPはこちら

旭山雪の村

【旭山 雪の村】

古くは旭山スキー場の元ロッジが現在は旭山動物園の東門の直ぐ近くで動物園東門近くで駐車条側にあるので動物園を利用しなくてもOK】勿論無料駐車場有なのでお気軽に立ち寄れる。
外観はロッジ風で店内はテーブル席で結構大きなキャパ 屋外にはジンギスカンコーナーも有ります。
メニューはジンギスカン(和寒金子精肉)・ラーメン・カレー・丼物・そばからソフトとまでと振れ幅凄い(笑い 価格は人気スポットとしてはしょう油ラーメンが500円と良心的な価格 で注文したのは

【しょう油ラーメン+ミニ豚丼セット】700円

透き通るスープです。 おー業務用かな 豚骨ベースですっきりタイプの上に、メンマ、二色ナルト、チャーシュー(一枚)ネギがのる 麺はやや細め・中縮れ・低加水の旭川麺がうれしい。 豚丼はやや甘めなタレが豚肉にかかる、紅生姜がのるミニと言いながら中々な存在感
これで700円 専門店なら一杯価格内 いや無理な店もあったり やや業務用ぽいのはご愛嬌ですがこの価格なら私的には嬉しい価格です。

旭山 雪の村
住所:東旭川町倉沼11-15(旭山動物園東門前)
電話:--
営業:10:00~16:00
休み:多分動物園の開園期間と思われる。
旭山 雪の村さんのHPはこちら

とわ北斗・レストランさん★さん

【しょう油ラーメン】500円

お盆休み中 鷹栖の鷹の爪さん満員 車待ちあり ラーメン難民か それを救ってくれたのが鷹栖共済会さんが運営する鷹栖の北斗地区のとわ北斗さん ワンコインが並ぶメニューは圧巻 鷹共さん提供の食事には小鉢とフルーツが付くのは本当に凄いと思う。 ワンコインとはいえ、チャーシュー・蒲鉾・メンマ・ネギと手抜きなし。 同行者が選んだのが

【味噌ラーメン】500円 

以前はゴマが掛かっていたが現在は掛かっていません。 ストレート勝負いいですね!
お盆時期ラー難民に救ってくれたお店 これからも頑張って 少々値上げしてもOK 

レストランさんさん(とわ北斗内)
住所:鷹栖町14線17号
電話:0166-87-5630
営業:11:00~17:00(Lo16:30)
鷹栖共生会さんの過去記事はこちら 

空知管内 ラーメン好きを一人で放つと

【十三里】

高速を使わず苫小牧方面に行く時のショートカットで有名未道沿い 気になっていたが今回初訪問 黄色が主張してる
店内はL字のカウンターと小上がり 旭川表示のラーメンは如何に メニューを見てみよう、壁のメニューはこんな感じ 定食物から丼物もあり中々豊富 で選んだのは

【しょう油ラーメン】650円

透明系のスープ デカイチャーシューに目が行きますね スープを一口 豚骨ベース脂はすくなく、魚介系は感じない。
麺は加水率多目の中縮れの麺 存在感のあるチャーシューは二枚なのが嬉しい。
これって旭川ラーメンと思いながら、次のお店に向かう

【みつい食堂】

渋い店舗構え 以前紹介した「玉ねぎ屋」さんの斜め向かいのお店 ランチのお弁当に忙しくまだ炉蓮も出ていませんが、「いいですか」と一声かけて利用 その後急いで暖簾をセット メニューを見てみよう ラーメンとそば類 その裏はカレー・定食・丼物となります。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系 脂は少なく豚骨かな鶏かなと思わせる、やや印象のない出汁にしょう油は決行主張 麺はこれぞ札幌麺やや細く強縮れで所謂サッポロゴム麺は久しぶり チャーシューは筋っぽいのが一枚
さー次に進もう

【かまだ屋六条店】

ザワの市民の血管にはかまだ屋のつゆが流れてると言われるほど、岩見沢市民に絶大な人気店 過去記事は2010/03に紹介
店内はL字のカウンターに老若男女で埋め尽くす、回転率が早く直ぐに席は空くので安心
注文は券売機で購入してカウンターに出して注文する それにしても安すぎ 今回は勿論

【しょう油ラーメン】360円

そばチックな丼で登場 上にタップリのネギともやしが嬉しい スープ一口 オー優しい味で脂も少なく それ程鰹系も感じない 麺は全て自家製麺使用 やや加水で細目で弱縮れ麺 さらにショボイながらチャーシューが一枚とは価格破壊
何時も食べてるラーメンは塩分・脂共にドッサリとは、まるで違う 親に連れられ幼少に食べ物はDNAに込められるね、旭川民としたら、非ラーメンかもしれないがそれも理解し楽しもう。
ラーメン好きが久しぶりのソロラーをすると、三軒梯子 
画像のデーター確認すると、移動も含めて11:12でスタートして12:32で終了 皆さん無理しないでね。
尚:三軒の情報載せるのめんどくさいので、自分で探してね。

雪番屋・比布

【雪番屋】

比布スキー場の雪番屋 期間が過ぎ今は、お休み中です。 メインロッジが新設されそちらも非常に気にながら、絶滅危惧種となったワンコイン大好きの私は、こちらに向かった。 前回紹介したのは、2016/03です。
カウンターの上にはランチ500円と表記 メニューを見てみよう、看板メニューのニジマス(いくら)丼とあら汁他に三品全てワンコイン天晴れ! もちろんスキーロッジなので、アウェー感満載ですが で注文したのは

【しょう油ラーメン】500円
   
今シーズンも微妙な味のラーメンは健在 脂無し 駅そば風のスープにラーメンの麺を投入スタイル 麺はやや加水率のある中細・中縮れ チャーシューは硬めの赤身が一枚が何ともB級感・共に突っ込みどころ満載 同行者が選んだのは勿論

【ニジマスいくら丼+あら汁】500円

鮭のいくらと違いやや膜が厚いマスコが好き嫌いがあるかな、個人的にはどちらも好き 
個人的には大葉が駄目で慎重に取る(爆 紫蘇も駄目 同科のラベンダーも苦手で花畑には入れないかったりする。  香草が苦手
丼と共に付くあら汁の旨いこと スキー場オープン時にしか頂けない「雪番屋」さん 今期もぎりぎりセーフで利用できました。 来期にはまた伺おう。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---
今期は終了 来期に利用しようね 
尚:養殖場は、笹の平に向かう道を進めば有ります。

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

日の出食堂・市内

【日の出食堂】

何時もの食堂 今日も満席だ! 紹介してる以上に絶賛利用中!!
市場内で今では唯一の食堂 何回も利用すると、画像が変わらないのが難点ですが 勿論注文は

【オムライス】550円

線を引くケチャップから最近はトロッと垂れるスタイルが鉄板 勿論、薄焼き卵に隠れてるのは、王道のケチャップライスが鎮座がいい。 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】500円

豚骨ベースの優しいスープは万人が満足だよね。 ただこれが一般的に思う旭川ラーメンかと言うと疑問も残るのも事実 
器を覆う脂と濃い目のタレを想像されると思いますが、今も残り頑張って営業中、あるいは既に暖簾を降ろした旭川食堂系にはこれに当てはまらない店もあるのが事実
 
市内には過去地元(町内)密着の食堂が多数有り たまたま注目されたのが、濃厚なラーメン これが一般的に旭川のラーメンの認識となるのが現実 
新規店舗はより融合して正直なにがなんか分からなくなっている。 がこれがまたレベルが高いお店が多く、ラーメン好きとしてはこれはこれでチョッと嬉しかったりする。 近い将来、食堂系は暖簾を降ろすのは目に見えているのは仕方ないか。
また利用するね・・・「日の出食堂」さん

何時か、注文したいメニューは・・・かけラーメン+カツ丼だったりするが、誘惑に負けて未だ注文出来ず。

レストラン サーティ・美瑛

レストラン サーティ

祭典だもの、アルよね ビュッフェワンコイン・ランチ

【店内】

撮影した方向の反対側にも同じくらいのテーブル席がありますが、早く入った私達の後は皿を持って並び、席も満席です。 二ヶ所に用意された料理達は その1 その2と準備完了
カレーとか五目ごはんも完備してたりする。 で何となく盛った食べ放題ランチは

【ワンコインランチ】

ワイワイ・ガヤガヤしながら食べるランチも楽しい 美味しいか? なんて野暮な疑問は受け付けないよ
席も満席で窓際で食べ始める人もチラホラ 早めに確保した私たちは若者に譲ろう 「ありがとうございます。」なんて言われると嬉しいね。
雪印パーラーが委託運営 ラーメン有るんだよね 宿泊しないと無理そうだね。  

朝吉・市内

【朝吉】

11:00から開いてるお店 昼前から煙モクモクなんだよね。 半個室がありお隣にもあまり気を使わなくて良い作り メニューを見てみよう、メインの焼肉(ラーメンも端に)で、裏はドリンク類です。 
勿論注文するのは、隅っこに書かれたあれだよね。

【しょう油ラーメン】500円

表面は、脂が覆う スープは豚骨が香るチョッと特徴のある味 食べ進む内に、気に為らなくなり、脂たっぷりのスープにはライス(中)150円を追加でこれがデカかった。
大ぶりの丼に山盛り、こりゃーうれしいね、けど注意しないとね。 残さないようにしないと
魚介系は感じなく、しょう油より、豚骨と旨みが多い 麺は中太麺・強縮れ・低加水の旭川麺とややショボ目のチャーシューはワンコインで頑張ってるね。
個人的には焼肉屋のラーメンに外れは無い!!
しかも残り少ないワンコインで提供するお店は継続中

【ホルモン朝吉】
住所:旭川市神居4条10丁目
電話:0166-62-8680
営業:11:00~24:00
休み:--

上川合同庁舎

【上川合同庁舎食堂】

この先に食堂があるなんて普通思わないけど、ずんずん進んで下さい。 今年最初に頂いたのはこちら 平日しか開店してないお店 利用したのは1月5日 バイキングランチなんかあるって地元情報誌で出てたけで、今わ如何か?
過去記事はこちら ランチ時間にはまだ早いので、利用客は少なめです。
メニュー・券売機を見てみましょう。 なんと以前は500円のラーメンが450円に 委託先が変わったのでしょうか、これで美味しかったら御の字ですが、いかがなものか。 バイキングメニューは無く止めたのか偶々なのか不明 メニューの中でワンコインの「お弁当」と日替わりランチが非常に気になりますが、勿論注文は

【】450円

やや濁り系から、少し様変わりした模様 スープは透明系に、魚介はなしのあっさり 麺は高加水の非旭川麺にはガッカリ 「麦チェン」なんてポスター貼ってる場合か・・・・と突っ込みたくなった。 日々食べてる職員何も思わないのだろうか・・・しかも上川と名のついた施設 地元の製麺業者が泣いてるぜ!! 同行者が頂いたのは

【みそラーメン】500円

やや絡めのスープ もやしがのりこれでワンコインとお得 ですがやはり疑問が残るね 以前から価格は安くなりましたが、本当にこれでいいのと、職員に聞きたいと思うこの頃
バイキング形式の格安メニューはたまたまなかったのか、気になるところ 利用するにはかなりのハードが高いのは変わりない。

上川合同庁舎食堂
住所:旭川市永山6条19丁目
電話:
営業:11:00~14:00
休み:土日祝祭日・年末年始

太三郎・市内

【太三郎】

年も明けて最初に頂いたのは、なんと「うどん」 うどん度は超低いブログですが、最近ぶんごさんがよく登場
店内は大きなテーブル席と小上がりがある店内 利用時はお昼時でほぼ満席状態が続く人気店 うどん好きが集うお店なんですね。

メニューを見てみましょう、メインのメニューは温・冷 サイドメニューとトッピング おすすめ・カレーメニューセットメニューとあり壁にもPOPがあり、思いのほか種類が多く悩むこと暫し・・・ で選んだのは

【ミニ天丼セット(冷)】880円

基本はさぬき 美瑛産の小麦100% こんぶ・アジ・サバよイワシの削り節 しょう油は地元キッコーニホン使用  さぬきと言っても正直なにがさぬきなのか、食べたこと無いので比較できませんので悪しからず。
麺はノド越しが良いね、バリカタではありませんが、しっかりとコシがあるうどんで、ぶんごさんと方向性を頂けるのは楽しい、ミニとは言え、サクサクの天ぷらと大目のご飯が嬉しい お腹一杯になります。

【きのこつけめん(冷・あつ)】500円
  
ワンコイン!!  抜群のお得度 私には廻って来ません(涙

【海そうトリオうどん(温)】650円

面白いメニューだね こちらも廻ってきません(怒り!
廻ってことは満足だったんだね。 手頃な価格で賑わううどん専門店 ブログもうどんにシフトか?

【うどん太三郎】
住所:旭川市2条20丁目
電話:0166-33-3594
営業:11:00~18:00
休み:火曜

あおい食堂・剣淵

【あおい】
P6170005
初めて紹介したのは、2013/10のことでこの時は紺色の暖簾 その後紹介したのは、2016/05でその時は暖簾はグリーンに変わり今に至る。
店内も変わりなく長いカウンター席と小上がりがあり、カウンターの前は大きな窓に為っていてとても明るくて、清潔な店内 メニューを見ると、初紹介から、驚きの価格でしたが、しかも現在でも変わらないとは、正直頭がさがります。 で注文したのは

【塩ラーメン】500円
P6170019
ビジュアルで食べる前から分かるオーラ 薄にごりのスープ 豚骨と鶏がらベースに煮干しが香り熱々の表面に薄く覆う脂 
麺は弱縮れ・やや細く・低加水の麺 今回はやや柔らかめの茹で加減 チャーシューは固めで味が濃い昔風なのが一枚 ネギ・メンマがのる。
シンプルなラーメン 奇をてらうラーメンが増えてる中 非常に好感が持てるラーメンで、これがワンコインと本当ね有り難いね。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】500円
P6170016
これまた、安定した味に変わりない

【味噌ラーメン】600円
P6170015
モヤシを中心に野菜がのる、チャーシューは無く赤味噌主体でやや酸味が有るスープ 三味すべて安定しており、後は好みでどうぞ 
基本のスープが良いからでしょうね、いい仕事しています。
けんぶちまっぷを見ると、「野菜ラーメン」が店の一押しらしいので、次回の課題

あおい食堂
住所:剣淵町仲町5番3号
電話:0165-34-2524
営業:10:00~20:00
休み:日曜

ぴあふる岩山

【ぴあふる岩山】
P5240006

P5240005 旭山動物園の奥 21世紀の森に向かう豊田地区 旧旭川第4小学校の「ぴあふる岩山」 鷹栖共生会さんが運営

鷹栖共生会さんにはいつも驚かされる。 
私のブログでもシリーズ化できるほどだ。
チコリ柏の里パークほのぼのさん★さん伝承館

周りは田園地区 田んぼが一面 奥に行くと花卉栽培のハウスがある地区
利用時間が昼一時間なのでハードルは限りなく高い。 伺ったときに丁度、職員がいたので確認したのですが、勿論利用はOK ただ利用者がメインですので、12時半過ぎの利用でお願いしたいとのこと、全然問題ないので、カメラなんか持ち出してぶらぶら散策して時間を過ごそうか そんなこんながあって待ってると「良いですよ」と声掛けてていただいた。

P5240028

【店内】
P5240022
玄関でスリッパに履き替えレストランへ 窓からは田植えを終えたばかりの景色 全席テーブル席で利用者もいて一緒にいただこう。 壁のメニューを見てみよう 何時もの驚愕価格 全て500円(ワンコイン!!)しかも食後のコーヒー付きだ・・・ 日替わり定食も気になるところだが、勿論

【しょう油ラーメン】500円
P5240010
でた~ 旭川屋の丼!!お久しぶりです。 鷹栖共生会さんでは時々遭遇する。 これに小鉢フルーツが普通に付く で横のライスは・・・ 実は・・・サービスで炊飯器から自由に盛れます。
 
程よくアブラが覆うスープは、中濁り系の豚骨ベースで魚介系は僅かで系列と同じと思われます、麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺(何処の麺だろうね) チャーシューはやや脂身の多いのが一枚ですが値段からいったら上出来 かまぼこ・メンマ・ねぎがトッピング 
いつも驚く鷹栖共生会さん 今回も驚きのランチだった。 勿論、接客に慣れていない職員なのはご愛嬌だよ

ぴあふる岩山
住所:東旭川町豊田296番1
電話:0166-76-2112
レストラン利用
営業:12:00~13:00(施設利用者も利用しますので、12:30過ぎが宜しいかと 要確認
休み:土日・祝日
残るは、柏の里ディセンターレストランでコンポリートか~ 何時いけるかな

旭川Bシュラン

巷では「北海道ミシュラン」の発売で盛り上がってるね。 絶対本家の本では紹介されないお店で一人盛り上がる私

【駅ナカ食堂】
P5140018
西武地下で経営していたが、以前委託されてたお店とは変わり「駅なか食堂」で絶賛営業中! 以前と同じ江丹別そばの幟を掲げる 店舗内は変わらず、テーブル席でWiFiも完備で寛げるスペースになっています。 券売機を見てみましょう ラーメンも凄く気になりますがここは我慢して、こちらを注文 学生焼きそばが有名だよね。

【天ぷらそば】520円
P5140014
券売機では「えびかきあげそば」 分解して最後にはたぬきそばになるかき揚げとはとは一線をひく 麺はやや太目の田舎風
Bシュランにこれ以上薀蓄はいらないだろう。 もう一軒駅にはBシュランがあるね 「幌加内そば」の幟を掲げるこちら

【旭川駅立売商会】
P5140030
以前は「まんざいどん」だったが、なぜか無くなっていましたが経営元は同じです。 久しぶり来るとカウンターにはトッピングのケースも登場 カウンター上のメニューを見てみましょう、基本かけで+トッピングの表記に変わった。

【えび天そば】420円
P5140024
麺は食べなれたやや細めなです。 塩分は少なめ、ネギがタップリ乗るのが嬉しいね。 こちらはカウンターのみの正統派駅そばスタイルだ。

旭川のBシュランまだ続くよ あと一軒付き合ってね  球児たちの季節がやってきた!! 
と言えば
【天月】
 P5140040
じゃなく スタルヒン球場内のそばコーナー

【スタルヒンそば】400円
 P5140044
二回目の登場で最初は2016/07です。三軒の中ではB級度一番 カウンターも無いから、階段の手すりをテーブル替わりに使用してもよし 球場に戻り観客席で観戦してもよし

当日、最後に総合体育館で〆にしようと上履きまで持参したが、流石に4杯目は無理(爆 
夕食まで何とかお腹を減らせねば、チャリで横道にそれながら帰ろうか・・・

更科そば処 井奈屋

【更科そば処 井奈屋】
P5040011
買い物公園からチョッと入る中通りにひっそりと佇むお蕎麦屋さん 年末にブラブラして見つけたが、如何せん年越し蕎麦を受け取る人で、ごった返していて断念して今は無き八条浜長に変更したはずで、何年ぶりでしょうか
暖簾をくぐってみましょう。

【店内】
P5040002
テーブル席のみ 長テーブルは相席前提ですが、衝立があり考えた作りになってます。 メニューを見てみましょう。
そば・うどんメニューで安い~ これは嬉しいですね。 もり・かけなんか450円だよ 
裏は丼・セット物のメニュー セット物どちらかがミニなのか普通盛りなのか不明ですが どちらにせよ、本当にこの価格でいいののでしょうか なんか申し訳なく価格です。 今日のランチなんかもありましたが

【もり】450円
P5040008
綺麗な更科系 ビシッと冷水で〆られ、のど越しがとてもいい 汁はやや薄めですがつるつるといけます。 こうなると他のメニューが大変きになるところです。 特に天ぷら・丼 メニューに出ていない蕎麦も壁に在ります。
普段使いで価格が安く、本格的なそば 美味しくいただきました。 リピ決定

更科そば処 井奈屋
住所:旭川市7条8丁目
電話:0166-25-7807
営業:--
休み:--

麺処 なが亭・砂川

なんと痛恨のミス お店の外観撮るの忘れた・・・ 農協の売店1F 100円ショップCAN DOが2F入る施設の1Fにお店はあります。 店舗側と駐車場側からも入り口あり

旭川のラーメン好きは何故か麺に拘る方が多い、札幌麺が苦手 低加水率の麺がDNAに宿る、そんな訳で時たま、札幌の高加水麺と旭川の低加水麺は何処で逆転するのか、話題に上る 
札幌に近づく事に高加水になると思いきや、滝川までは予想通りに進むが何故か砂川近辺で低加水の麺に代わっちゃうから面白い。
その逆転現象の張本人は砂川の㈲中村製麺工場さん 訪れたお店の麺売り場には、札幌大手を押しのけて、「中村製麺」が占拠していて地元で愛されてる麺 販売されてるのはノーマル麺とタマゴ入りの麺の2種類でした。
ここは旭川以上に低下水率の麺を作ると言われる張本人 以前は「なか亭」だったのですが、訪れた時は、字体も同じなのですが濁点が付いて「な亭」になっていましたが経緯は不明

店内のカレンダーは中村製麺でしたので、麺は変わっていないと思います。 L字のカウンターとテーブル席 結構キツキツです。
壁のメニューを見てみると直営店からなのか格安です!! で注文したのは

【しょう油ラーメン】430円
P3120005
中空知地区の格安そばに対抗すると思われる価格設定 シンプル 奇を衒わない分勝負してます。 透明系のスープは豚鶏ベース 優しい味 少々物足りないと思うが、旨みがじわっときます。 麺は中太・ストレート・低加水率の麺ですが、微妙に旭川麺とは違い噛み心地はズパ けど噛み進むとモチモチ これぞ中村の麺 チャーシューはやや硬めの昔風が一枚 他の地域ならかけラーメンの価格で乗ってるだけで十分 同行者か食べたのは

【味噌ラーメン】460円
P3120008
30円アップでもやし・半ゆで卵プラス 本気のラーメンは市内の食堂にお願いしてこの価格あっぱれです。
低加水の麺ながら旭川麺とは違う砂川近郊 興味が尽きない。

麺処 なが亭
住所:砂川市東5条南7丁目2-9(ショッピングプラザAiAi内)
電話:54-3313 
営業:--
休み:-- 

日の出食堂・市内

【日の出食堂】
PB250018

PB250017
我らが「日の出食堂」 開店して間もない時間に暖簾をくぐる。 こんなに早い時間に利用したのは初めて 開店して間もないのに既にカウンターはほぼ埋まる。 一席空いたカウンターを利用 その後も続々と利用者が、駐車場が無くどうしたらいいか電話は来るは本当に大忙し! 今まで利用したのは全てが閉店も迫った時間帯でした。 定食が550円・カレー500円等々・・・恐るべし

階段の壁に掲載されてるメニューから選んだのは

【塩ラーメン】500円+ライス(小)100円
PB250006
シンプルです 透き通るスープ 具材も必要にして最小限 やさしい味です 塩分も少な目と思うが、丁寧に取られた旨みがジワジワきます。 これで最後なんですと出された「ニシン漬け」は絶品 麺は色白やや細め・中縮れ・やや加水の旭川麺 チャーシューは噛み応えのある昔風が二枚 正直にニューウェーブも美味しいのは事実です。 旭川では食堂系の将来はどうなるのでしょうか、流れは変えられないけど
 
単純に食堂だろうがニューウェーブだろうが美味しければそれでいい それが進化する旭川ラーメンなら良いだろう ただ世代交代出来ない食堂が多いのが実情 これはもう、いち利用者の私としては言葉がない。 ただただ何時も美味しい食堂でありがとう、末永く続けてもらいたいお店です。
「旭川ラーメン」って定義ってなんだろうね? 語ると難しい。

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ