500マイル・朝食

【朝食】
DSCF2992
基本既成品は極力少なくする姿勢が朝食にも見える。

【椎茸のホイル蒸し】                   【焼き魚】
DSCF2993  DSCF2996

DSCF2997
地元食材が基本の料理は朝食にも溢れる。 
とろろと岩のり?」・「昆布の佃煮」・「野菜の煮浸し」 安定な料理で食が進む。 日付が変わるまで痛飲しても目覚めは快調なのは温泉効果なのは謎 こちらの宿はセルフが基本でそれも楽しもう。
温泉猫は3匹 動物嫌いな人でも多分気にならない程の距離感を保つ気立てのいい性格の猫達(猫1猫2) 今回利用価格は、8,900円

民宿利用は営業の常宿・工事関係の長期利用によって支えられてる筈 毎日同じ料理も提供出来ず、且つお酒も飲む利用者 ここで鍛えられた料理は、利用しない私たちの想像以上のレベルにいってるかもしれないね。
現在万全な状態の私じゃないですが、不自由なく温泉を利用できるようになれば、温泉は立ち寄り湯 泊りは民宿というパターンも面白いかもしれない。まーその前に先立つものが要りますが(爆

●民宿500マイル
住所:白老町字虎杖浜2-4
電話:0144-87-2682(8:00~21:00)
日帰り入浴(予約制)有り
民宿500マイルブログ

 

幕別温泉 パークホテル 悠湯館・朝食

【朝食】
P1180453
一階の大広間で頂くごく平均的な宿の朝食 テーブル毎に名前が振られている 席に着くと焼き魚とお味噌汁とお櫃のご飯が並ぶ
ほぼ満室と思われ、賑わってる。
 
【自由にお取りください】
P1180450
味付け海苔・納豆・ヨーグルト・牛乳・オレンジジュースと十分
朝食後は、やはり風呂

年イチの温泉宿泊 何も調べずに当施設のHPから予約 源泉掛け流しが選択の要因 中途半端な高台で露天風呂からの眺望はイマイチだし、既製品も散見する食事だったりですが、源泉は本当に気に入りました。
立ち寄り料金480円で利用できるなんて本当に羨ましい。

●幕別温泉 パークホテル 悠湯館
住所:幕別町依田126
電話:0155-56-4321
立ち寄り湯情報
料金:480円
時間:10:00~25:00
 yuyukan

ホテル養老牛・朝食

P1150184

【朝食】
P1150185

P1150187
朝食も好意で個室で頂いた、胃に優しい「THE日本食」 この位が丁度いい バイキングだとツイツイ食べ過ぎて、楽しみなランチがお腹一杯で楽しめない まー程々にすればいいのに、料理を目の前にすると止まらないだよね(爆
お味噌汁の茸が美味しい、表面にクリーム成分が浮く「養老牛放牧牛乳」が抜群においしい 実は牛乳は苦手だったりする、お腹ゴロゴロしたりで、何年も飲んでいなかったが、勇気を出して(笑)飲んで見ると、これがさっぱりしていて イケル!

米も美味しいとなれば、評価が高くなるのも頷ける。立派な施設ではないが、静かにのんびりと時間が過ぎ、自然の恵みを頂く温泉宿 
養老牛温泉は現在、今回紹介した「ホテル養老牛」さん、以前利用した「だいいち」さん、まだ利用してない「藤や」さんの3軒 多分三者三様の予感大

ホテル養老牛
住所:中標津町字養老牛519番地
電話:0153-78-2224
立ち寄り情報
料金:500円
時間:
 yourou 

観月苑・朝食

P1120659

P1120658

以前は「グランドホール・エルム」だった一階の食事処が「レストラン楡」でバイキングの朝食 ほぼ満室と思われる宿で8:00のバイキング 撮影なんか出来るわけがないし、画像も面白くないし… 勿論、50種類オーバーのバイキング美味しく頂きました。

正直、リニューアルしたことも事前に知らなかったので、訪れてから「何か 違はねー」と思って初めて知った次第
P1120567
全体に重厚感が無くなり軽快な感じに~ PCスペースも増設だが館内は無線ランはなく中途半端だ 館内全てとは言わないがせめてロビーだけでも出来ればよかったね 
巨大施設のリニューアルって難しいよね、個人的には別にリニューアル必要だったのかと思ったり 以前でも十分 私ならスリッパ・浴衣(浴衣以外ってデローってしてどうも…)・タオル(今治)・スタッフの衣服(女性:着物・男性:半被)・無線ランとかを充実してくれたら「おーオー スゲー」とか思う人だったりする。(爆)
これは以前を知っているのでチョッと語ったが、十分に楽しめた。
今回 3名で利用 
プラン名:牛VSカニ♪とかちの旬グルメ、ダブルチョイスプラン
料金1名:13.650円(土曜日利用)

【観月苑】
住所:音更町十勝川温泉南14-2
電話:0155-46-2001
日帰り入浴
時間:13:00~20:00
料金:1.000円
kanngetuen.jpg

渓山荘・朝食

【朝食】
P1090888
P1090889  鮭・昆布佃煮・キンピラ牛蒡・ほうれん草のお浸し・味付のり・漬け物・みそ汁 ドリップしたコーヒーがある、格安の料金なら十分と思う
 
 料理自慢の宿・高級宿のように北海道の名産が並ぶ事は無いが、ケースbyケースで利用するのも私達の賢い利用と思う。懐に優しく、湯使いが良い温泉宿  少々施設自体は年季が入ってるが、行き届いた清掃・フロントも気持ち良い対応・完璧なセキュリティと不満はない。
 少なくなったとは言え、現存各保養所は利用できない事も多く今回は貴重な体験

その後、チェックアウト時までロビーでまた温泉話・カメラで逆から撮影したり看板を撮影して「怪しい方たち」の集まりは無事終了 楽しかった、また何処かで・・・。 
一般利用 一名利用料金:6.030円ととてもお徳 (土曜日利用 ほぼ満室と思われる)

渓山荘
住所:南区定山温泉西3丁目
電話:011-598-2562

立ち寄り湯
料金:300円 定山渓内では最安値
時間:12:00~19:00
休み:毎週火・水曜(2~6月)
         毎週 火曜(7月~1月)
        月曜は日帰り利用のみ

御やど しきしま荘・朝食

【朝食】
P1090573
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1090581
セルフテーブル
 P1090447
浴場暖簾
 P1090397
売店
 P1090473
露天風呂
 P1090569
スノーシュートレッキング

 夕食会場と同じ二階「渓流庵」当方指定時間8時 席は夕食と同じ場所 席に着くと仲居さんがお櫃のご飯とみそ汁が届く
中央にセルフの大皿二種類・サラダ・海苔・納豆・牛乳・コーヒー・お茶・冷水
夕食と比べるとチョッと物足りないかなーと

 天人峡温泉は1894年に忠別川での鉱物探索中に発見されました。1897年に発見者の名前を付けた松山温泉として開設。その後、1937年に現在の天人峡温泉の名前になりました。天人峡温は、大正時代から昭和初期に有名になり、大きく発展しました。発見当時の天人峡温泉は柱状節理にへばりついて露天風呂があり、その当時は小さな橋で川を渡って宿から通っていました。 >東川HPより
最古参は天人閣と羽衣荘(古地図によると現グランドホテル)の二軒 現在4軒の宿が営業 昔は川が美瑛町との境界で川を渡った3軒が東川町で一軒が美瑛町管轄と変則的だったが今地図を見ると飛び地の一軒も東川町に編入された模様。

今回利用の「御やど しきしま荘」は天人峡温泉の中では最小部屋数の20部屋の小規模施設 其れゆえか気配りも感じられつつべたべたしない接客が好印象
最近スノーシューツアー(各施設利用可能)も人気のようでファミリーにも人気

今回利用プラン:「華プラン」10.500円(一名)土曜日利用 
中途半端なプランかもしれない上か下のプランがお薦めだろう。

御やど しきしま荘
住所:東川町天人峡温泉
電話:0166-97-2141
日帰り入浴
時間:12:00~19:00
料金:700円
sikisima

阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香・朝食

【森のレストラン ハーモニー】
P1080656
朝食は一階「森のレストラン・ハーモニー」でバイキング形式 8時前に訪れすんなりと案内されるが、終わり出てくるときには、順番待ちが出来ていたので、時間には余裕を持とう。

【My Choice】
P1080638
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1080648
湖畔を望む「ハーモニー」
 P1080519
食事後にはホールでピアノ演奏あり
 P1080651
絵本があるキッズコーナー
 P1080545
フリフリドレスのレンタルして撮影可能
 P1080522
楽しむのは女性だけじゃない
大人の隠れ家「フォレスト・ケーブ」
 P1080561
美術回廊 「恋の散歩道」
 P1080660
宿前には「源泉銭湯」まりも湯があるがこれまた休みだった。

女性がターゲットと思いきや、中々オッサンでも楽しめた。特に夕食「創作会席膳」の出来は量(完食なら男性でも十分)も味も秀逸
また宿湯は内風呂のみだが源泉掛け流しが好印象しかも同温泉街の「遊久の里」も夜中の0時までシャトルバス
バス送迎は21:30までその後はワゴン車で
で送り迎え有りで利用可能 ブラブラ温泉街
夜の温泉街
を散策して帰るのも乙だろう。

今回利用プラン(三名利用):阿寒湖を望む和室10畳 夕食は創作会席膳
早割り5%オフで一名:13,000円

阿寒の森鶴雅リゾート花ゆう香
住所:釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目6の1
電話:0154-67-2500
立ち寄り湯のみ不可
hana

芽登温泉ホテル・朝食

P1080133
夕食時と同じ一階食事処 安心の朝食
団体さん・若いカップル・熟年夫婦等々8割り方利用されている土曜日利用 宿HPからネット予約 本館ではモデム貸し出し有り(500円)
 
予約時は本館Cタイプ(7.5畳・トイレ付・8500円)だったが同行者の体調も考え急遽一階旧館Dタイプ(8畳・トイレなし・7500円)に変更 ご主人の心遣いうれしく思った心温まる湯宿
素直に予約時に旧館で予約しておけば本来の7000円の料金
寒く冷えた朝 ちょっと散策すると色んな所から湯煙 ご主人自ら「日本秘湯を守る会」の会員 日帰りでもランチ出来る宿
土曜日一泊二食つき(二名利用)一名7.000円 

【芽登温泉ホテル】
住所:足寄郡足寄町芽登2979番地
電話:0156-26-2119

立ち寄り湯
時間:10:30~20:00
料金:500円
 metou

ホテルほくよう・朝食

【朝食会場】
P1070845

【バイキング】
P1070849

【チョイス後】
P1070848
施設の老朽化は否めないが、これ以上何を求めよう 
ピカピカで至れり尽くしの宿を求める方は、初めから選択肢には載らない宿 
値段もお手ごろで源泉100% 徒歩圏内のスポットで外食するも良し・夕食付きなら部屋食だ・空室有りなら当日飛び込みでも可能でテイクアウトで部屋で食べるのも良し 気取らない宿で好印象
宿泊料金:一泊朝食付4950円(一名)

【ホテルほくよう】
住所:白老郡白老町竹浦 121-41
電話:0120-234522

立ち寄り湯
時間:7:00~24:00
料金:500円
 hokuyou

鹿の子荘・朝食

【朝食】
P1070204
夕食と同じ食事処 指定時間(8時)チョい前に着いたので、お魚と煮〆・お味噌汁は調理中で出来立てがテーブルに並ぶ 一気に紹介しよう。

P1070205  P1070206

湯元オロフレ荘・朝食

 P1060499.jpg
一階「食事処 白樺」で8:00 夕食が部屋食だったので利用客数が分からなかったが、殆んど満室に近いと思われる。
部屋毎に席は用意されている、セット済みの料理がテーブルにある、定番のサラダ・梅干などはそれぞれ取りに行く、ちょっと寂しい。

【朝食】
P1060501.jpg
着席時のテーブル
クリックで着席時の様子を表示
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1060490.jpg
豊富な湧出量
この床で暫しトド状態(爆)
 P1060459.jpg
抜群の寝湯
 P1060389.jpg
川向の「鈴木旅館」から見た源泉小屋らしきもの
 P1060497.jpg
日帰り客用休憩室
 P1060502.jpg
ドリンク・メュー
コーヒーは無料じゃないのか・・・残念

豊富な湯量で源泉かけ流し やさしいお湯
残念な事に、夕食を当方希望の部屋食にすると慌しく 既製品と思われる品も散見 品数よりクオリティーを高めて欲しいと私見 カルルス温泉郷の宿泊は以前正月に「静山館」を利用してるが、イマイチで今回リベンジをはたすもチョッと残念な結果 残るは「久住旅館」・「ホテル岩井」・「鈴木旅館」さんか如何しようか(苦笑)
週末 二名利用:11.300円

【湯元 オロフレ荘】
住所:登別市カルルス町7番地
電話:0143-84-2861
日帰り入浴時間:12:00~20:00
料金:500円(大人)
 orofu.jpg 

観月苑・朝食

 P1040946.jpg
1階「グランドホール・エルム」でバイキング・スタイル
利用時間 7:00~9:30利用券なし 席は自由
【朝食】
 P1040947.jpg

森の旅亭 びえい・朝食

 P1040269.jpg

当方指定時間8:00に伺う 夕食と同じ食事処「森の坊」で同じ席 夕食とは変わり津軽塗っぽいお盆がテーブルに夕食の木目より、こちらの方が個人的には料理が美味しく見えると思うが? 席に着くと先ず焼き魚を「塩シャケorさば西京漬」のどちらかをチョイス

北村温泉ホテル・食事(夕食・朝食)

 P1030750.jpg
一階 食堂と居酒屋を併設したスペースで、電話予約時にお願いした時間に伺う。
平日利用で、団体客は大広間で、利用したのは私一人ですが、他に居酒屋や食堂利用者も立ち代り利用で、底々賑わっています。
お品書きは無し いっきに紹介

糠平舘観光ホテル・食事(夕食+朝食)

 P1030387.jpg
夕食は大広間を仕切った場所 一番最初着いたようだ。 遠慮なく写真を撮影
二つもお膳が付く、こりゃ贅沢っスね。(笑顔) 関係者に感謝々々 程なくやや緊張を持ったブロガー達が会場へ 初めての方、数回あってる方などですが、どなたも私にとって雲の上のブロガーである。

幹事挨拶~自己紹介と続き「さー宴会だ~」 「酒もってこ~い!」
緊張とこの場に加えてもらった嬉しさで暴走気味に、“北海道の有名温泉ブロガー”の将来エポックメイキングと語り継がれるであろう宴会は続くのであった(爆 大袈裟)

尚、宴会料理のため細かな説明は省略 いっきに紹介 お味はとても美味しかった 幹事さんと謎のスタッフ(笑)が頑張ってくれたようだ ありがとう!

ホテル大雪・朝食

 450.jpg
朝食は1階の「レストラン石狩」 バイキング形式 オープンして直ぐに伺い「まだ食べないのですが、写真だけでも宜しいですか?」と確認して撮影 料理品6~70位でしょうか バイキングになると、目移りするものの結局同じような物を選んでしまう 私だけ?

ホテルめぐま・宿泊・朝食

 09083-1.jpg
夕食時と同じ1階 「食事処魚棚」にて 当方指定時間8:00に伺う
朝食も品数があります。 食べきれるでしょうか?

悠久の宿 白糸・宿泊 朝食

 08379.jpg
夕食と同じ「いちょう庵」 当方指定の8:00に伺う
固形燃料で作られるベーコン・エッグに点火! 塩鮭・ひじき・蕗等々
クッキング・ペーパー上で出来上がるベーコン・エッグが出来ると別皿に移すのですが、上手に移せずグチャグチャになった(悲しい) 油一滴落とせば解決しそうな気がするが・・・

十勝幕別温泉 グランヴィリオホテル・夕食 朝食

 07505.jpg
夕食は1階のレストラン「ロイヤルグリーン」でバイキング 結構種類がありますね、40~50種類は在ったと思います。 
コックさんが目の前で料理する 天ぷらとステーキもある。

 07506.jpg
少なくなった料理は、確実に補充されていて好印象 バイキングとしては味は美味しい方だと思いますね。

ホテルあしりニセコ・朝食

06493
夕食利用時と同じ1階のレストラン 当指定8:00に利用
和食膳でした セット済みは少なく着席してから、運ばれてきます。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ