美瑛・富良野近郊で遊んだ

【クリスマスツリーの木】
PC250004
クリスマス当日 走った ベタな場所巡り けど楽しかったから困る。 実はイブから車を走らせてこんなとこに来てバックしたのは内緒 
クリスマスツリー冬季でもチラホラ来てるね。 で次向かったのは冬季休みで・・・ ブラブラ 腹もへるし 向かったのは

【Gosh】ゴーシュ
PC250012
美馬牛のゴーシュさんで ランチと思いながら伺ったが残念ながら食事の提供は止めてカフェに専念した模様 同行者は多量にパン購入て買いすぎじゃない(笑 ランチ難民は更に巡る。

【ファームレストラン あぜ道より道】
PC250037
上富良野まで来てしまった 冬もやってて良かった、初紹介ですが実は何回も利用しています。 農家のかーさん達が材料を持ち寄り自ら作るファームレストランです。 メディアでもよく紹介されています。  靴を脱いで利用するスタイルで、二階に案内されました。
【店内】
PC250023
景色良いよね、これだけで料理来るの楽しみだよね、ちょっとよって撮影したのはこちら 
ではメニューを見てみましょう、野菜タップリなカレーが有名ですね、ポトフ・パスタもある。 で選んだのは

【限定10食 ポトフ】970円手作りベーコンと季節の野菜をコトコト・・・
PC250031
味付けは薄めですが、野菜の味わいと食感を楽しむ料理 玉ねぎの甘いこと ライスは付かないので別注文になります。 普段、余り健康そうな生活は送っていない私には、元気を貰うような料理 サラダも付くから野菜だらけ(笑

【畑のスパゲッティ】970円 夏に収穫したトマトで作ったミートソース野菜と一緒に・・・
PC250034
最近では良く見るけど、紫のブロッコリーを最初に食べたのはこのお店 また紫の野菜は何でしょうか? 千切りのキャベツがお皿を一周してるのが珍しい盛り付け、オリジナルのトマトソースは甘みが強いく個人的にはもう少し酸味があれば好みかな
農家のおばちゃんのさり気ない対応が好感 気取らないお店が良いね。
お隣は、スイーツのお店「トアルージュ」なのでで帰りに誰かの為に購入するのもいいね。

冬はお休みするお店が多いけど、利用するお客さんも少ないこの時期、地元民が利用するチャンスです。

ファームレストラン あぜ道より道
住所:上富良野町東6線北16号
電話:0167-45-3060
営業:10:30~15:30 食材が無くなり次第終了
休み:水曜

Vin Verre・美瑛

【Vin Verre】ヴェン ヴェール
P7020016

P7020020  P7020009
何かお洒落なお店 ショップカード
大きいのと小さいの 幾ら掛かるのだろうか
ゲスの勘繰りで済まぬ
も素敵です。 ランチ時間のみで食事ができ、夜はワインバーになるようです。 店内は厨房を囲むようにカウンター・窓際にテーブル席 半個室のテーブル席もありで、小さめで秘密基地ぽい いいね 
利用時店内は8割の利用で店内の撮影は諦めました。 メニューを見てみましょう 先頭はうどん・牛丼・ハンバーグ丼とあり、お店の前のボードにはハンバーグ定食があったのですが、品切れで選んだのは。

【ハンバーグ丼】700円
P7020031
サラダ付 厚めのハンバーグに目玉焼きがドーン そそられます。 これに別皿のサラダ乗せたら「ロコモコ」風 甘めのドミグラスソースと合わせると中々な味 少なそうに見えますが思いのほかハンバーグのボリュームがあり満足な量

【きつねうどん】500円
P7020026
出汁でいただく 所謂関西風 鼻に抜ける香りが気持ちいい しょう油タレが際立つうどん・そばばかり食べてるから美味しくいただきました。
表の幟には讃岐と表記してるが、讃岐風が正確かな 美瑛のワインバーなんて・・・とても気になります。

Vin Verre (ヴェンヴェール)
住所:美瑛町中町1
電話:090-1002-1601
営業:11:30~14:00(ランチ) 18:00~00:30(ワインバー)
休み:特に無し つまり好きなときに休みます、要確認(爆
  Vin Verreとはワイングラスのこと
Vin VerreさんのVin Verreさんの
 

山恵・鷹栖

【山恵】
P5210015
鷹栖に来たから近所の山恵さんでランチ 2015/07に訪問 2回目になります。 私たちが一番乗り テーブル席・パラソル完備の庭席今日はドッグランを眺められる窓際のカウンターを利用 店内はグッズショップ
全てロウソクです!! 細かい細工
も兼ねているので料理の出来る間に見るのもいいね、メニューを見ると以前利用と変わらないとおもいます。 で注文したのは

【シェフの気まぐれランチセット】1.188円 デザート・ドリンク付き 以前より安くなってる。
P5210029
アスパラとジェノベーゼパスタ モチモチの平打ち生パスタ やや薄めの味付けなのも変わりない。 ラーメンじゃないんだからと天の声・・・ 勿論、今回も外で犬に遊ばれてデザートは画像なし 動物好きには料理も食べなきゃいけないし、犬にも遊ばれたいし困るところだね。 同行者が選んだのは

【山恵オリジナルパフェ】648円
P5210022
以前とは違う盛り付けのパフェ いいかも

【シーフードグラタン】1.080円
P5210026
私には全くまわって来なかったのでコメントはありません、御免なさい。 結構なボリュームです。
ワンちゃんと遊ぶor遊ばれる山恵さん 旨みはあるのに味が薄いのが本当に残念

山恵
住所:鷹栖町13線16号2番地
電話:0166-87-4229
営業:ドッグラン&ドッグカフェ 10:00~18:00
   :レストラン 11:00~18:00
休み:火曜
山恵

「山恵」さんのFacebookはこちらをクリック


ナチュラルキッチン LARGO

【ナチュラルキッチン LARGO】


 帰宅時に頻繁に通る道 いつも気になってた 「がんび」・「小柳商店」やらある一寸した地元中心地 こ洒落たお店 実はおっさん一人で行く自信はないので、同行者をぞろぞろ連れて伺った。
店内はテーブル席がメインで窓際にカウンター  席に着くと水のピッチャーが登場 接客が良いですね。 メニューを見てみましょう これはおっさん一人でなくて正解! 
メインのメニューは月ごとに変わるようで今月はこんな感じ Food MenuDrink Menu 尚ブック状のフォトデザートメニューもありますが、今回は多くて断念  四名で訪れ、食の細い奴は軽いこちらを選択

【十勝産大納言とクリームチーズの発酵バターホットサンド~アイス添え~】

いったいどんな味なんでしょう? 想像してる間に無くなってた。 写真メニューから抜粋>あんこ・クリームチーズ・バターのトリオ最強 黒寿きなこがトッピングされたアイスがまた美味しいよ♪
ここからはドリンク・サラダセットの料理 

【サラダ】
 P4090043
それぞれ選んだドリンクは、カモミールティー 豆乳甘茶 有機穀物コーヒー

カフェ・ド・ラペ 美瑛

【林の中】
DSCF3991

【カフェドラペ】
DSCF3990

DSCF3972 美瑛の山の中 よく紹介されてるお店
何回か前まで来ているもののいつも引き返してた。 

その理由はお店までの長い上り坂とステップフロアー状に構える階段 出来るだけ自然のままで作った店なので仕方ないのですが、年寄りを同行してる者としては、中々気軽に行けないお店でした。

今回はオーナーの了承を得て、店舗横の裏口まで車を着けることが出来、ようやく利用することが出来ました。
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
DSCF3974
DSCF3973
DSCF3981

セルフビルドのお店は中も段差があるけど、気にならない程度 それより落ち着くのが一番 窓から望む林も素敵です。 テーブルのメニューを見てみよう。
ラクレットが一押しですが、他のメニューも豊富ですね。 ラクレットの画像を見ると中々の量なのでオーナーと相談して三名利用なのですが、ラクレット二人分の注文、物足りなかったら追加することに決定 
テーブルにセットされた専用パン?
DSCF3977

【食材】
DSCF3984
二人前の食材 これだと追加もしなくてもいい量ですね。 食材を上部の鉄板で焼いて下部にある器でチーズを溶かし、かけて食べるんだね。 最初食べ方が分からず四苦八苦しましたが、言い換えれば鍋料理と同じでワイワイしながら食べるのものでしょうね。 
とても美味しく楽しい時間を過ごすことができました、ただ海老は疑問 殻剥くのに時間掛かるし海鮮の味が強くバランスが悪いと思う。 ここは内陸美瑛 トマトなんてあってもいい あえて入れるなら何にでも合うホタテかな? と何だかんだと言ってます。

美瑛・富良野方面は、チョッとお洒落で落ち着けるカフェが多いがそれなりに拘りの多いオーナーが多いのも事実 旭川から近くなので波長の合うお店をのんびりと探すが可能なのも地元の強み
後で聞いたのですが、このお店まで続く道はオーナーいわく「高齢者に不評で木を切って作りました」 いいね。

カフェ・ド・ラ ぺ
住所:美瑛町字美沢希望19線
電話:0166-92-3489
営業:--
休み:--
 カフェ・ド・ラ ぺ

亜蘭琲珈(アラビゴ)・市内

亜蘭琲珈(アラビゴ)
DSCF3960
古い町並みを残す、東の名前の地区 高校時代にバイクを買ったお店もこの近くにあったがもうその姿はない。 古くからある喫茶&レストラン こちらもオーナーの趣味全開

DSCF3938-1
DSCF3947-1

↑クリックで拡大

店内は薄暗い照明 テーブル席もあまり余裕がないけど何故か落ち着く テーブルのメニューを手に取ると想像通り何を頼んでいいのか困るほど種類 悩むよね。 で注文したのは

【ケーキ・セット】700円 選択したのはチーズケーキ
DSCF3951
ケーキ美味しい 勿論だがコーヒーも間違いなくうまい ケースの中からチョイスしたのは「ニューヨーク」っ「てチーズケーキ」なの?
【ハンバーグ・ランチ】1、050円
DSCF3955
鉄製の器に盛られたハンバーグ・目玉焼き・スパって憧れでありこれぞ喫茶店のランチ テーブルの上のソース等を見ても本気度がつたわる。 利用中も家族連れや近所の方が訪れる人気店
 
自宅に帰りメニュー画像見てると無いと思ってた、スパカツ・かつミートが有るではないか、カツスパゲティと表記されてた・・・最訪問確定です。
休日の夕暮れ 単行本を持ってぶらっと時間を過ごしたいお店

亜蘭琲珈
住所:旭川市東四条2
電話:0166-25-2377
営業:9:00~21:00
休み:火曜 

羅夢音・市内

羅夢音
 ramune

DSCF3920 羅夢音と書いて「らむね」と読みます。 古い町並みの中で住宅街に溶け込んでるのか、異彩を放ってるのか表現に困る昔からある喫茶&レストランです。

長年ワンオーナーで続けていくと店内はオーナーの趣味が満載ってスタイルが在りますが、こちらも法則に外れない正統派のお店
店内は新築ではかもし出せない時代を感じるしシックで落ち着ける空気、陶芸が趣味のようでそれもフクロウがお気に入り、所狭しと鎮座
フクロウに圧倒されながらも何故かカラフルなポスト貯金箱もがんばってる。

 DSCF3922
メニューを見てみよう表はコーヒー・紅茶(モーニングサービス500円) 裏返すとドリンク・ケーキ・軽食メニュー さてなに注文しようかな 悩んだ末

【日替わりらむね ランチ】700円
DSCF3930
手作り感満載の小鉢が楽しい ご飯の量も大盛りから少なくまで無料 味付けも優しい これで700円なら大満足でしょ

【ナポリタン】630円
DSCF3929
ハム・玉ねぎ・ピーマン アルデンテなんて関係ない麺 これが喫茶店王道のナポリ 味付けが若干濃かった 熱々鉄板とは言わないが、すこし焦げ目がある位の炒め方なら尚最高
利用中もご近所と思われるかたが「ランチ」といって週刊誌めくる近所に愛されるお店 これからもがんばってもらいたいお店でしょう。

可非屋 羅夢音
住所:旭川市宮下通25丁目
電話:0166-31-0453
営業:9:00~19:00
休み:不定休 

ラ・モトリス・新得

【砂利道の向こう】
DSCF3654

DSCF3623   DSCF3624   DSCF3620
同行者は何時も思ってる こんな砂利道の先にレストランなんてあるの? ハンドル握る私も正直不安
まもなく木に囲まれた敷地にドーム型の「ラ・モトリス」さんを発見 よかった。 モトリスとは気動車の動力輪のこと 平成25年11月に新得町を望む高台に開業

【店内】
DSCF3649  
ランチタイムは14:00まで訪れたのは10分ほど過ぎていたので殆ど諦めていたが、「どうぞー」 ラッキー!! ドーム型(円形)なので変装的なレイアウトになるかと思っていたが、白が貴重の店内は厨房半分客席半分でテーブルも余裕がありとても落ち着くよ。 テーブル上のメニューを手に取ると、事前予約で利用できる料理は五種類ほどあるのですが、飛び込みで利用できるランチは三種となっています。利用時間が遅かったもので、煮込みハンバーグは完売 二種類のコースを選択

【アミューズ】  マヨネーズ風味のチョッと塩味が効いたソースの下は椎茸と数種の具材の茶碗蒸し
DSCF3619

【サラダ】
DSCF3628
もう少し食べたかったなと思うお店が多いなか、こちらは地元の野菜がタップリ しかもメチャクチャ美味しい!!  

山恵・鷹栖

【山恵】(さんけい) 店舗外観
DSCF3308

【店内】
DSCF3291
気づいたら更新もしないで7月になってた(笑
鷹栖から和寒に抜ける道に幟が見えてわかり易い。 チョッと砂利道を進むとウッディー調のお洒落な構えのお店 ドックランも兼ねている店で犬好きに優しいお店
苦手な方も、完全とは言わないまでも、程よく分かれているので利用できると思います。 初めて知ったのは「エゾ鹿肉」の加工販売してるお店だったはず その後料理も提供を始めた。 
店内は広く 犬達が眺められるカウンターとテーブル席と雑貨等の販売スペース 勿論メインのエゾシカ肉も冷蔵庫に完備 現在鹿肉は飼育・養殖ではない素材はハンターが捕獲しその後の処理方法が確立され、抜群の素材になってきた。
メニュー(メニュー1メニュー2メニュー3)はエゾ鹿肉が一押しなのですが、苦手な方にもチョイス出来る料理があるので大丈夫で思いのほか種類が多い。

【本日のランチ】1.296円エゾ鹿ハンバーグプレートセット ドリンク・デザート・スープ付
DSCF3298
温卵が乗ってたけど運ぶ間に皿に落ちたと思われるのはご愛嬌、赤身が多いお肉は臭み・癖もなく逆に肉の旨みを感じる。味は万人に受ける 新鮮で彩りにいいサラダは見た目と同じで美味しい。 これなら次回はよりエゾ鹿肉を味わえると思われるステーキにチャレンジしたいと思う。 尚この後ドリンクとデザートは同行者が頂ました。
で同行者が選んだのは

ポロ・芦別

【ポロ】
DSCF3060

DSCF3076      DSCF3050
芦別の老舗レストラン 今回初めて利用しました。 お昼過ぎでほぼ満席で、おばさま度は高くおじさま一人の場合は相当な心意気でないと落ち着けません(爆 同行者がいてよかった。 
店内はこじんまりしてますが、適度のスペースがあり落ち着ける配置 人気の蟹パスタ(残念ながら完売)のメニューとランチセットを含むお手軽メニュー 選んだのは

【パスタランチセット】1.300円 Mサイズ スープ・パン・デザート・コーヒー付
DSCF3064

DSCF3070
暖かいパンとチョット癖のあるオリーブオイルとコンソメスープ
パスタの説明聞いてますが忘れてしまいました。 平たいパスタにトマトベースのソース
ペロッといただき
【デザート】
DSCF3071
なんとかのムースだった筈(笑
同行者だ選んだのは

ポポロ

【看板】
DSCF2631

【店内】
DSCF2625
こじんまりした店内 左右に分かれてテーブル席が配置 ご夫婦で切り盛りされてるよう様子
テーブル上のメニューを手に取り悩む三人 なんとラーメンがあるではないかそれも三味完備!とは知らなかった。 提供されるお水は還元水、カメラ持ち出してるとアングルなんか気をつかってくれてブロガーに優しいお店で一気に会話がすすんだりする。
同行者が私の意向を汲んでくれたのか? 選んだのが

【みそラーメン】600円
DSCF2592
赤味噌ベースで合わせもあるかな? あっさり目の豚骨ベースで魚介系は余り感じない。 麺はちょっと加水された細め・縮れ少な目の麺 食べ進むと底に隠れてた挽肉が登場 しかしこれがなかなかくせ者で単独で頂くと濃い目に味付けされていて、その味が何なのか分からず悩む そんな時はお店の人に聞いてみよう。
答えは、みそタレを仕込む時に挽肉も加えているのとのことです。 こうなると塩・しょう油も気になります。
ワンプレート基本スタイルが充実してる料理は量も納得で紹介しよう。

shito coco(シット ココ)

【shitto coco】
DSCF2439

DSCF2421 上富良野から通称斜線道路(と私はいってる) ここを通る中富良野・富良野市街を通過しないので、帯広方面に向かう時は良く利用する道路から向かいました。

 
因みにこの道路はドラマ「北の国から」で最初に降り立った布部から国道に戻ることが出来ますし、麓郷直行するならお勧めですが、上記の理由で大型車も多く利用しますので、ご注意して利用してださい。
お店はかなり分かり難い場所で看板も無い 一本道間違えると殆ど到達不能 グルグルめぐって下さい。
ウッディーな造りの店内 メニューを手に取ると種類な少ないものの美味しそうな料理が並ぶ でチョイスしたのは

【ハンバーグステーキ】1.200円 ライスorパン スープ+サラダ+ドリンク+ドルチェ
最初に登場は
【サラダと南瓜のスープ】
DSCF2426
単純なことだけど、サラダが美味しいお店は間違いなし The南瓜のスープも旨みたっぷり

【ハンバーグとライス】
 DSCF2428.
ご近所の農家さんから提供される野菜と上富良野ポーク100%のハンバーグを和風ソースでいただく。 ソースはデミグラスも選べる。
テーブル席から望む冬景色を眺めながら時間が過ぎる。
DSCF2410

同行者が注文したのは

リストランテ フォレスタ ヴェルデ

DSCF1907

 DSCF1925高砂台の結婚式場「ブルーミントン ヒル」内のレストラン「リストランテ フォレスタ ヴェルデ」でランチ利用
中々来ることのないジャンルのお店 店内は女性利用客でほぼ満席・・・って凄いね~ 苦手なジャンルなので言葉少なめで紹介します。
高台なので窓からは旭川市街が望め、夜になると更に楽しめる場所に立地
見たことも無いカタカナばかりのメニューを手にとっても何のことやらで、「イデアル」、「ファンタジア」、「ガストロノモ」とある中で中間のファンタジアを選択

【ブラッドオレンジジュース】 webクーポン利用で無料
DSCF1899

【バスク風ピペラードとウッフブルイエ 平田牧場三元豚のリエット】
DSCF1901

【自家製パン】お替りOK
DSCF1906
数種類のオリジナルオリーブオイルから選択

【モッツァレラチーズを焼き上げたオニオングラタンスープ】

と続き メインは

アロハ商店

DSCF1859
永山の一番線(通称)にあるお店 テーブルにあるメニューは何時もの如く多すぎて断念するのも以前と同じ
お得なランチは980円と1.600円のコースがある  今回は980円をチョイス

【サラダ】
DSCF1845

【ナスとチキンのトマトソース】         【エビとほうれん草のホワイトソース】
DSCF1847
DSCF1849

レストラン・レイラ マウレ山荘

【レストラン・レイラ】
DSCF1249
今年も開催してたのは不明ですが、以前食事で利用したのはGW中の限定ビュッフェスタイルでお隣の「パシパ」利用
今回は「レイラ」 ピカピカなフロアーでお出迎え ワインセラーにはマイナーな道内産も品揃え メニューを眺める、中々強気な価格設定です。 先頭はそば 次に肉・海鮮・カレー 最後はチャーハン・麺類と続く
メニューに「豚ロースカツレツのミートスパゲテイ」所謂スパカツ発見!

【豚ロースカツレツのミートスパゲティ】1.404円
DSCF1259
個人的にはB級と思っていますがこ洒落たビジュアル これ程ぶ厚いロースカツは中々拝めない。 邪魔しないサクサクの衣 中は柔らかくとても美味しい。 コスパはちょっと厳しいかもね。  

カントリーキッチン アン

【店舗】
P1190956
厚田の国道沿いのカントリーキッチン アン
カントリー風の味付けの外観と明るい店内は小洒落た喫茶店 昼チョイ過ぎに訪問 チャリライダー二名と地元客で賑わう テーブル席が空いていた。 明るいく会話だ弾むかーさんと、サポートするとーさんがカウンター内で接客
テーブルのメニューは喫茶店+カフェ風かな 本日のおまかせランチは外せないよね。

【おまかせランチ】1300円
P1190950
カレイは中骨以外食べられる程にカリカリで美味しい。 まー手がベタベタになるのは仕方ない(苦笑 ライスも中々盛り 刺身はたこ・つぶ・サーモン 固めな地元産の豆腐も美味

【ハンバーグ目玉焼きのせランチ】850円
P1190951
取り立てて凄いって訳じゃないけど、安心していただけるお味 でビックリしたのがお味噌汁に入ってる地元産のワカメがコリコリして初めての食感 自宅のワカメの調理法が煮込みすぎてるからなのかトロトロとは大違い 
思わず港の朝市に買いに戻ろうかと思った。

【鮭しょうゆラーメン】700円
P1190954
佐藤水産の鮭醤油使用で、多分パック品使用で 季節により変わるお店独自のトッピングと推測 今回は岩のり・扶・ホタテ・ゆで卵(半身)・メンマ・白きくらげ・ネギ  麺は加水率高めの札幌麺
これ位なトッピングが丁度いいね。 観光客向けのこれでもかーと海鮮てんこ盛りのラーメンは苦手
かーさん一人で対応で厨房も狭そうなので時間が少々掛かるので注意 利用してる間にも地元客が訪れるお店でほっこりと

カントリーキッチン・アン
住所:石狩市厚田区厚田24-1
電話:0133-78-2377
営業:11:00~17:00
休み:月曜
ネット上では季節休み有との情報も要確認  

PIZZA GG

P1190069

【店内】
P1190060
東光交差点にあるピッツァ ジージーさん ラーメンしか食べてないしと思われてるので今回はピッツァに 頻繁に通る交差点なのですが初訪問です。お店横の余裕のあるPは嬉しい。 こじんまりしてる店内はテーブル席と一人でも利用できるようにカウンターがあるのはいいね。
メニューの先頭はピッザァでパスタと続く 訪れた仲間で何を注文するか悩む で選んだのがパスタから

【ボンゴレビアンコ】800円
P1190064
塩がきいたパンチのある味 アサリの旨みと独特な苦み 麺のゆで加減はバッチリ 次はピッツァから

【マリナーラ】Lサイズ1.350円
P1190066
マリナーラっていったい何なのか不明なのですが、メニューによると「にんにくとオレガノの風味で少々、クセがあります。」らしい 大好きな薄めの生地と石釜で焼くピッツァは私好み Lサイズは約28センチとのこと

【アンチョビ】Sサイズ800円
P1190067
Sサイズで約20センチ 個人的な好みなのですが、実はアンチョビは苦手で注文聞きながら まー良いかと 再挑戦 やはり魚臭さが苦手なのを再確認(爆
高温短時間で仕上げるピッツァは生地はパリパリで具材は生感が残るり生地も薄くて好み

PIZZA GG (ピッツァ ジージー)
住所:旭川市東光12条3丁目5番1号
電話:0166-37-5525
営業:11:00~15:00(L.O 14:30)
  :17:00~21:00(L.O 20:00)
休み:月曜日
平日限定 ランチタイムサービスあり

パスタさとう・美唄

【パスタさとう】
P1180207

P1180216美唄のパスタ屋さん 住宅街にあるお店で外観は賑やかでちょっと一見さんは躊躇するよね。 そこは食堂系で鍛えた(鈍感な?)感性でドアを開けよう。

予想通りで店内も更に賑やかですが、食堂系とは違い生活感は無いので普通に利用できるのでご安心を
テーブルが二つとカウンターのみで、10~12名程で満席とキャパは少ないので注意
お話し好きなオーナーと暫し話しをし、テーブルのメニューより、黒板のメニュー
多分 左側が今月のメニュー(笑
の方が説明しやすいのかそちらをメインに聞き注文

まず【プチ野菜・パン】
P1180213
竹炭を練りこんだ自家製パンはチーズをのせ・食用ほおずき
初めて食べた 美味しい!
・自家製ピクルスが楽しい

【和牛の霜降りひき肉煮込みソース(ベジタリアン付き)】1.100円

ワンプレートで提供 野菜がたっぷり 見たことない野菜があるので面白い カラフルな芋・初めてみたUFOピーマン
甘くて濃厚でピーマン嫌いの方でもいけるかも?
立ち寄った三笠の道の駅で売ってたよ
・薄切りにしたピクルス達・爽やかなハーブ 自家製平打ち麺(フェットチーネ)モチモチの生めんはそば粉1・小麦粉9 全体的に味は薄めで素材で勝負なのかな テーブルにはタバスコ・塩・胡椒も完備してるので物足りない方は利用すれば十分 最後にスープを頂く 創作パスタのお店 お薦めの旬のパスタ以外はメニューにはないので、何を選択しても間違いないと想像
同行者が選んだのが

レストラン風車・サンフラワーパーク北竜温泉

【レストラン風車】
P1180151
立ち寄り湯時に利用 多分二度目で最初の利用が何時だったか思い出せないくらいだ。
メニューみて目に留まったのは やたら具材がトッピングされたラーメン 一日20食限定

【黒竜味噌ラーメン】800円
P1180162
動物系のだしは一切使用していなく、地元の黒千石味噌と煮汁をあわせた驚きのみそラーメン これが旨味タップリで物足りないことはない。さらに三種の醤で旨味は増す 麺は中太中縮れ表面はするっとする中加水率の三嶋屋製 
トッピングは黒竜巾着(お揚げに黒千石ご飯詰め)・黒千石豆腐揚げ
隣町妹背牛町 高田豆腐店製
竜の卵
黒千石大豆の煮汁で煮込んだゆで卵
チャーシューと楽しみ一杯
器の底には旨味がタップリで穴あきのレンゲがあるので、困らなく頂ける。 あらためて黒千石大豆の旨味には驚く。 トッピングもバラエティに富み800円は納得の値段だろう。
因みに同行者は

【黒いカレー】900円
P1180160

●レストラン風車
住所:北竜町字板谷163番地の2(サンフラワーパーク北竜温泉‎内)
電話:
営業:11:00~20:00(Lo 19:50)
休み:無休

レストランあんどう・紋別

P1160922幹線道路はほぼ雪も溶け、峠も気を使わなくてよくなったと思い、チョッと遠出でも天気は悪くなりそうと予報
まー家でグダグダしてても仕方ないので、出掛けると決まると準備も早く、五分後には家を出てた。(爆

いつも行き当たりのばったりの移動で、食事・温泉も決めて行くことは殆どないが、紋別方面なら「あんどう」さんに寄ろうと思ってた。
街中の一角にあり、通り向かいの専用駐車場に車をとめる。 料理人の手元が見える厨房を囲むようにテーブルが並ぶ
【店内】

人数を告げ奥の席に案内 落ち着いた雰囲気 高級と言うより老舗の洋食屋さん風で気兼ねなく利用できそう。 メニュー
魅力的な料理達
価格もそれなり そんな中 左下にランチメニュー 勿論ここから選択
を眺めると其れなりの価格が並ぶがランチ時なのでお手頃な価格から選択 前記事と同じ品だった。
【ハンバーグ・ランチ】1.350円
P1160917
スープも付いてるが何故か出てくる途端飲み干した(爆 ハンバーグ・コロッケ(クリームコロッケ)・フライ・サラダ・パン又はライス・コーヒー メインの柔らか目のハンバーグにナイフを入れると肉汁
画像じゃ分かりづらいいね
 たまらない
ドミグラスソースが本格的 付け合せのクリームコロッケがトロトロでこれまたいい しかもハンバーグに隠れているケチャップで味付けされてるスパゲッティは、作り置きじゃない茹で立てときたもんだ。 最後にコーヒーを頂き同行者とニンマリ
いやーレベル高いよ「あんどう」さん 毎日使いの価格ではないが、久しぶりに大満足の料理
同行者が食べた一皿は
【ハッシュドビーフ・ライス】950円 サラダ付き
P1160914
程よい酸味のソース 小さいがホロホロの牛肉 
今までハヤシライスって最初は美味しいのですが、終わりごろには甘さとクドさが効いてくるパターンが多いのですが、基本のドミグラスの出来が良いからなのか、詳しいことは語るほどのセンサーは無いが最後まで美味しく頂いた。
恐るべし紋別の老舗洋食屋 再訪確定!

RESTAURANT あんどう
住所:紋別市幸町5丁目1-24
電話:0158-24-8585
営業:11:00~14:30 17:00~21:30
休み:火曜 祝日の場合は翌日
あんどう  

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ