天塩川温泉・立ち寄り湯

【天塩川温泉】
P1200077
旭川から北に向かう 美深を過ぎ車を走らすと左手に大きい看板があるので直ぐわかる筈 天塩川温泉駅を見ながら天塩川を渡るとチョッと年季のが入った施設がお出迎え。
住民保養センターとして1989年に開設された施設
立ち寄り湯では数回利用してるが、記憶を辿ると以前飛込みで一泊した筈だが記憶のかなた~
フロントで400円(安っー)を支払う 昼なので隣のレストランは結構な賑わい 早速、暖簾を潜り温泉に向かう。 清掃が行き届いた脱衣所は気持ちいい

【内湯】
P1200096
泡風呂の隣には源泉風呂 泉温8.9℃の冷泉を加熱 弱笹濁りの湯は弱ツルツルの肌触りで、やや塩分も感じる。 ペラペラの湯記憶でしたが、中々な湯で記憶なんていい加減なものと痛感(爆
中々温まる湯で気持ちよく利用しました。

【露天風呂】
P1200101
チョッと立つと天塩川を眺める 心地よい風がいいね。
湯使い:加温・循環ろ過・薬剤あり

住民保養センター 天塩川温泉
住所:音威子府村字咲来919
電話:01656-5-3330
立ち寄り湯情報
料金:400円
時間:10:00~21:00(受付20:30まで)
 

どんぐりころころ・当麻

【当麻ヘルシーシャトー内】
P1190918
なんちゃって風呂の当麻ヘルシーシャトー 時々利用しています。 勿論、利用すると併設してるプリモグループ経営のどんぐりころころさんで本格的なラーメンがいただける。 麺類・セット物定食・丼物のメニューを見るとチョッと値上げしてました。しょう油ラーメン600円→650円に

【しょう油ラーメン】650円
P1190909
典型的な旭川ラーメンの面構え 豚骨ベースにやや魚介系のやや濁りのあるスープ 勿論、加水率低め・中太・中縮れ麺があう 以前の記事では変なネギと書いてるが、白髪ネギだったんだね チャーシューは二枚とメンマ
隣の当麻町もラーメンのレベルは高く、温浴施設に併設されたレストランでも本格的なラーメンを提供
過去記事:2012/12/07

●ヘルシーシャトー(当麻町健康福祉施設)
住所:当麻町6条西4丁目
電話:0166-58-8112
立ち寄り湯情報
料金:500円
時間:10:00~22:00

「レストランどんぐりころころ」
営業時間:11:00~21:00(Lo20:30)

五味温泉・立ち寄り湯

【五味温泉】
P1200006

【露天風呂】


【角度を変えて】
P1190998
雪がとけると何故か来ちゃう「五味温泉」だ。行動範囲が広がったってこと。
木材の町らしくぬくもり感があるロビーがお出迎え、奥に進むと新たに休憩処が増設されていた。
源泉風呂は一ヶ所のみ 源泉はシュワシュワながら冷鉱泉(14.1℃)なので加温の為、飛んじゃっていますがやや青味がかかる薄濁りの源泉は気持ちいいのは変わらない。 飲泉も可能です。

【大浴場】
P1190996
水道水使用の大浴場は明るく気持ちよく利用できる。狭いながら露天風呂完備
増税後でしたが、利用料は変わりなく400円!!なのは嬉しいよね。
以前紹介記事 2009/05/09 2012/05/10

五味温泉
住所:下川町班渓
電話:01655-4-3311
日帰り情報
料金:400円
利用時間:10:00~22:00(入館21:00迄)
gomi   

はぼろ温泉サンセットプラザ・立ち寄り湯

【はぼろ温泉サンセットプラザ・立ち寄り湯】
P1190847  P1190856

P1190857  P1190859
↑クリックで画像アップ
お腹も、いっぱい? で温泉に向かう 個人的に付けた名称は天塩でピークを迎える「オロロンライン香りの温泉群」の一施設だ。
過去記事:2010/09/12 

ほろしん温泉・立ち寄り湯

【露天風呂】
P1190802

【内風呂】
P1190798
二年ほど前から、シダックスが委託運営してたんだね、知らなかった。
まー源泉はそのまま 冷鉱泉(8.5℃)加水なし・加温・循環ろ過・薬剤ありと湯使いは変わらない。
少々薬剤が香るのもそのまま 水風呂と飲泉はチョッと硫化水素が香る
特徴があるわけでもなく成分総計は0.485g/kg マニアからは敬遠気味かな
明るい浴場と電気風呂がある露天がいい。

過去記事:2012/06/08 2013/01/07

アグリ工房まあぶ・立ち寄り湯・食事

【内湯】
P1190757

【露天風呂】
P1190760

【露天壺湯】
P1190759""
無料券と半額券の期日が迫ったので、深川のまあぶ 日帰り利用 何時もはちょっとキツイ薬品臭は少な目この位なら許容範囲かな
成分的にはナンチャッテ源泉なのでこんなもの 鳩の湯の源泉は今も湧いているのかな、引っ張ってきたらいい湯になると思うけど

【レストラン ハニーヒル】
P1190739

数回利用してるが初紹介になります。 スペースは余裕があるテーブル席のみ

実は深川市内で二軒回るもどちらも激混みで断念しました。 
こちらは深川市内の「プラザ富士屋」さんが委託運営していますが、利用したあとで残念ながら、今月一杯で営業を止めるようです。 それを知ってたらラーメン注文してたかも(苦笑

【ハンバーグステーキ】1.000円ハンバーグ200g(和風orきのこソース) 味噌汁orスープ ライスorパン

ここのハンバーグ好きなんだよね こだわりの何とかなんてしなくても良い、ソースがめちゃ美味しい。 同行者は

【深川そばめし】900円
P1190743
バター醤油とそばつゆ味のおにぎり がんもどきにあんかけ、更にユリ根と長いもを揚げたチップをトッピング(メニュー参照
彩りがいいよね けど私は一回も「深川そばめし」食べたことない!! 
昔ながらの食堂も残る深川 まだ紹介していないお店もまだあるか無いのか?
ハニーヒルさんのラーメンはあと僅か ただ私は食べてないので責任は持てません(爆
過去記事:2013/12/30

江部乙温泉・立ち寄り湯

【江部乙温泉】
P1190638
江部乙駅斜め前の江部乙温泉 紹介済みかと思いきやなんと未紹介とは・・・(汗
多分訪れるのは二年ぶり位 変わらない佇まい、駐車場横の時計は現在動きを止めているが健在 入浴券はフロント横の券売機で500円 フロント向かいには何故かサッカーゲーム 奥に進むと昭和グッズを眺めつつ進むと縦長の休憩処では冷水完備 では浴場に向かおう ってすぐ前の暖簾をくぐる。

【湯船】
P1190621
昔の銭湯の様に天井から明かりを取り入れるスタイルが懐かしい 源泉は30.1℃で加温してる湯船、画像では美瑛の青池の色みたいですが、実際は薄緑で細かい湯花が舞う湯 舐めるとチョッと塩分と共に甘さ・金気を感じる源泉 

【源泉湯と冷鉱泉の湯船】
P1190620
以前から、源泉(30.1)と冷鉱泉(冷たい!)の湯があるのは本当に素晴らしい。
実は、こんなにいい湯だったっけ?? と思う。 薬剤・加水無しなのは昔からで加温ありの湯なのですが、それはそれは気持ちのいい湯でした。 他の湯船は水道水利用の超音波風呂・泡風呂(循環ろ過・加温・薬剤あり)チョッと狭く長い両面の洗面所が面白い
手持ちの資料やら過去画像確認してたら気持ちの良さと思われる変化が判明 

温泉分析表198220052014
源泉名江部乙温泉江部乙温泉(2号井)江部乙温泉(2号井)
試験年月日1982.92004.1.292014.1.6
泉温38.3 自噴30.3 自噴30.1 動力揚湯
pH7.47.47.6
蒸発残留物0.314g/㎏4.167g/㎏
成分総計39.73g/kg0.448g/kg3.955g/㎏
泉質強塩泉単純温泉
(中性低張性低温泉)
ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉
(弱アルカリ性低張性低温泉)
(旧) 含塩化土類-食塩泉


 

        掘削時の成分量が凄いことになってる!! 現在ならどこと同程度なのでしょうね、調べるのメンドクサイ(爆 
10年前は私の髪の如く、ここまで薄くなりました状態から現在は中々な復髪 いや復活 これほど成分が変動する湯もめずらしいかも、動力揚湯に変わったのも一因でしょうか?
温泉好きの常連さんに伺うと、色も変化してるとのこと。 
これは嬉しい発見 再訪決定だね

江部乙温泉(えべおつおんせん)
住所:滝川市江部乙町西12丁目8-22
電話:0125-75-2555
立ち寄り情報
営業:9:30~21:30(清掃時、時間変更あり)
料金:500円
ebeotu  

レストランはまなす・秩父別ゆう&ゆ内

【レストラン はまなす】
P1190538

【ミニそばorうどん+サラダ付 かつ丼セット】840円
P1190540
最近お気に入りの立ち寄り湯の秩父別ゆう&ゆ
併設のレストラン はなます 唯一のセットメニューはボリューム満点だ! 
一見普通に見えますが、かつ丼自体がラーメンの器サイズで強敵で、ミニと表記のそばもそれなりの量 勿論完食しましたがご注意
カツはサクサク、濃いめの汁が美味しい。 蕎麦の汁は道内でよく見かけるしょう油が前面に出るタイプではないのでうどんの方が合いそうです。
はまなすさんは価格がお手頃なのがうれしいし、しょう油
画像見ると、これはチャーシュー麺のようですね
それでも790円です。
・塩は驚きの480円 味噌でも530円とは驚きの設定、基本のメニューは変化は少ないのですが、時々始まる企画ものが楽しい。

過去記事:2013/11/11 2012/03/21

秩父別温泉 ちっぷ ゆう&ゆ
住所:秩父別町2085番地
電話:0164-33-2116
立ち寄り湯
時間:9:00~22:00
料金:500円
tipubetu  

赤川鉱山

【赤川鉱山】
P1190399

【ガスホルダーと分離棟】
P1190401
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1190402
ガスと温泉の分離する施設かな?
 P1190405
施設の横にはこぼれ湯
 P1190408
4号井
 P1190409
5号井
 P1190407
こちらからも源泉がこぼれる

道央の温泉施設を地図で確認してたら変わった名前の施設を見つける。 炭鉱が有る筈もなく一体なだろうか? その名は「赤川鉱山」
夕闇迫るある日に訪れた。 ひと風呂浴びて体がポカポカでカメラ片手に歩いて探索 立派な金属製の看板がお出迎え
施設の概要はこちらをクリック
つまり源泉付随で湧出するガスを分離して利用する施設のようで、成分総計29.70g/kgの濃厚な源泉をかけ流しで利用できる北村温泉の裏 尚付近は火気厳禁なので注意  

凌雲閣・十勝岳温泉・立ち寄り湯

【十勝岳温泉バス停】
P1190267
今年最初の立ち寄り湯は山の上の凌雲閣 ゴチャゴチャ置いたロビーは何時もの通り、ワンコは部屋の中で吠えてるが姿は見えなかった。 
通常800円の料金ながら冬季割引で600円で入館 団体さんも居り結構な利用客 受付は2F」で温泉はB1になり、エレベーターもあるのでお年寄りにも優しい。
大き目な脱衣所を抜け内湯へ向かう。

【内湯】
P1190304
巨大な岩がドーンとお迎え 反対側は洗面場になる、独自源泉は二本を所有

【1号井風呂】
P1190291 
手前小さな湯船は温めで透明な酸性の源泉1号井で酸っぱくて傷なんかがあればヒリヒリするよ 口に含むと酸味と共に金気・エグ味を感じる。 初めは冷たく感じるが、ジワジワと来る来る。

【2号井風呂】
P1190306
縦長の赤錆色に染まった2号井は中性・1センチもない透明度の濁り湯はやはり温泉ぽい 更に金気かと思いきやそれ程でもなかったりで、温泉って本当に面白い。湯温は適温で温まったら酸性の湯でクールダウン
内湯で十分堪能して次は露天風呂に

【露天風呂】
P1190295
雪風呂が気持ちいい どの様な湯使いかは不明だが、私が思うに向かって右側の温度のある浴槽が2号井単独で左側の温い浴槽が1・2号井混合泉と推測・・・
標高1290mにある山の温泉施設 登山のベースとしても利用される。 新緑の春・下界の暑さを忘れる夏・すごい人が来る紅葉で湧く秋・落ち着いてると思いきや人気な冬と四季折々と楽しめる「凌雲閣」
湯使いは源泉かけ流し
 
十勝岳温泉郷は四軒が営業(経営者が変わったバーデンかみふらのは現在冬季休館中) 一部施設では加温はあるもののほぼ源泉かけ流しでそれぞれ個性的で、立ち寄り湯で廻るのも楽しい

十勝岳温泉 湯元 凌雲閣
住所:上富良野町十勝岳温泉
電話:0167-39-4111
立ち寄り湯情報
料金:800円 冬季600円
時間:8:00~20:00
休み:--
ryounkaku  

アグリ工房 まあぶ・立ち寄り湯

【アグリ工房 まあぶ・リンゴ湯】
P1190080
近くだからよく利用するが紹介は余りしない、理由は他と比べて塩素がキツイ!
リンゴが浮かぶ湯は今は無き「万字温泉」以来だから何年ぶりだー 人が多いなと思ったらリニューアルしたようで全く知りませんでした。 受付が変わったりとかあるけど基本は変化していなかった。

【新設された壺風呂】
P1190082
露天の壺湯は二つ新設 雪の中だったので景色はそれなり、新緑が芽生える時にはまた違う印象になるかもしれません。 値段は以前より100円値下と今時嬉しい改革 レストランも併設されているので、大きい休み処でゴロゴロするのも良いだろう。
温泉記事は目っきり少なくなった等ブログ、立ち寄り湯は毎週行ってるが近郊で同じ施設紹介するのも面白く無い。 年末年始の休みも温泉宿泊する予定も無く、自宅でグダグダの予感(爆

秩父別温泉・ゆう&ゆに新設された源泉湯

【秩父別温泉・ゆう&ゆ】
P1180857
ゆっくり利用してたら日が暮れてしまった。 実は先々週も訪れてる 二階にあった浴場がなくなり以前からあった一階の「シルクの湯」の奥に新たに作られた「黄金の湯」  
わたしは以前からある「シルクの湯」で同行者が出てくると「そっちに源泉風呂あった?」 なんじゃそれ? 源泉風呂? 日替わりで変わるので行く機会を狙ってた。 施設のHPで男性が「黄金の湯」なのを確認

【廊下の奥】
P1180827

【脱衣所】
P1180846
この日も利用客が多い 使い勝手の良い脱衣所を出ていざ浴場に

【源泉風呂】
P1180834
本当に新設されたんだ~ 露天や内湯の種類があり楽しめるが、30.7℃の源泉に直行(勿論、体を洗ってから) 
笹にごりの湯 ちょっとギシギシ感の肌触り 浴後はツルツルする肌触りになる。投湯量は1ℓ/minぐらいかな少ない気もするが、四人も入ればきつめなサイズなので良しとしよう。 
泉温は最初の頃はもう少し低かったらしいが、現在は絶妙な温度です。 
壁に掛かる表示みてニヤリ
建築当初から冷鉱泉でサウナの水風呂を源泉利用してる施設は少なからずあるが、リニューアルで源泉風呂を作ったのは快挙! 正直よく許可とれたと思う。
注意:源泉風呂があるのは「黄金の湯」だけなので施設のHPで確認してください。
これでやろうと思えば全く不可能でないことが判明

丁度、メンテナンス時期がきて、リニューアルが多い中でこれは快挙 以前から冷泉でも良いから水風呂で利用してくれと願ってたが、ゆう&ゆさんのやる気に感謝。
各施設もこれに続け! まー無理だろうが(苦笑

秩父別温泉 ちっぷ ゆう&ゆ
住所:秩父別町2085番地
電話:0164-33-2116
立ち寄り湯
時間:9:00~22:00
料金:500円
tipubetu  

馬追温泉旅館・立ち寄り湯

【馬追温泉旅館】

長沼温泉・ユンニの湯と新しく大きい規模の温泉がある中、創業明治41年1月の温泉宿 季節には長年手を掛けた前庭の桜が綺麗です。 
ブログ紹介は“2010/11/30”“2011/05/22”ですが、何回か立ち寄る温泉宿 館内に居た老犬はもう居なかった、ヨタヨタしながらもしっぽパタパタしてたのに・・・ では何時もの温泉に行きますか

【内湯】
P1180673
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1180681
昭和フロント やはりワンちゃんいない・・・
  P1180668
来るたびに変わる暖簾 何パターン在るのかな?
 
シンプルな脱衣所
 P1180672
ライオン君
 P1180675
まずカランの湯を浴びるのが、手順ですよね。さぁー浴びるぞ(爆)
  P1180682
外には元気なワン

冷鉱泉(7.0℃)なのでしっかり加温・循環・薬剤ありで湯船の湯は硫黄の香りも飛んじゃってるのは仕方ないが、皆知ってると思うが、カランから出る湯が源泉を加温しただけの湯と思われる。 でも先客がいる場合は迷惑の掛からないように利用しましょう。 

冷鉱泉・内湯のみと厳しいと思いますが、カランから出る湯は素晴らしいと思います。 周りの喧騒から離れた馬追丘陵の一軒宿いつか宿泊してのんびりしてみたい。
屋内のラブラドールは見えなかったが、外飼いのワンが元気

馬追温泉(ウマオイオンセン)
住所:長沼町字フシコ番外地
電話:0123-88-3737
立ち寄り湯情報
料金:450円
営業:10:00~19:00 
 

瀬戸瀬温泉・立ち寄り湯

【瀬戸瀬温泉】
P1180624

【浴場】
P1180615
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
 P1180601
外観は変わっていない
  P1180622
  P1180602
昭和にタイムスリップ
 P1180609
源泉蛇口も健在
 P1180616

久しぶりの瀬戸瀬温泉 2010/9/18以来になります、過去記事はこちら
いつもの変わらないタイルで出来た瓢箪型の湯船が気持ちいい 
pH:9.8の透明でクセの無い源泉が掛け流し 撮影は湯気でボケボケなので、悪しからず。
料金が500円と変わらないのもうれしい。

留真温泉・浦幌

P1180333

P1180329
施設で利用してる同じ源泉二号井
源泉掛け流し
道内有数のpH度を誇る留真温泉 旧施設は残念ながら利用していなく今回が初利用です。
こちらも長年訪れる機会を狙ってた施設 
pH9.88ってどんな湯なんだろうか興味津々で潜入 木材を多く使った明るいく小奇麗なロビー こちらでは軽食も提供
アルコール類が・・・これってボトルの価格かー
ちょっとビックリ だれが飲むんだ(爆


小さめの脱衣場を抜けいざ 温泉へ

【内湯】
P1180351

【露天風呂】
P1180348
温度の違う浴槽二つ 無味無臭であっさりした湯、ツルツル感は中ツルでちょっと期待はずれなのが残念 小さいながらも露天は開放感があり風が心地よく長湯した。

温泉分析表
源泉名:浦幌留真温泉(2号井)
試験年月日:平成15年11月11日
泉温:29.5℃ 湧出量:314ℓ/min(自噴)
pH:9.88
蒸発残留物:0.167g/kg
成分総計:0.164g/kg
湯使い:加水・加温・循環ろ過・薬剤あり
旧施設は多分1号井だったのかな? ツルツル度はイマイチだが、新しいこともあり気持ちよく利用できた。
追記:留真1号井は過去から利用されていな模様(コード番号:244-001)

●住所:十勝郡浦幌町字留真177
電話:015-576-4410
営業:11:00~21:00
料金:500円
休み:年中無休
 rusin

晩成温泉・立ち寄り湯

【晩成温泉】
P1180294
一度は行きたかった温泉 国内最高値のヨウ化物イオンを含むヨード泉 地元から遠すぎ行けなかったがようやく行くことができた。

シンプルで年期が入るフロントロビーで入浴料500円を支払う 温泉に向かう廊下の途中には休み処と食事処「こむぎ」完備 更に続く長い渡り廊下の先に細長い脱衣所 すでに香るモール臭と鉱物系アブラが香り気持ち的には既にテンパル
【浴場】
P1180277
真ん中に丸い石がある湯船 甘い塩味・エグ味の源泉 モール系とあぶら系が拮抗する香る湯 体にまとう泡 中ツルでいや~気持ちいい 泉温が18℃の冷鉱泉なので加温で薬剤・循環有りだがその源泉の強さが際立ちそのマイナス面を物ともしない湯に感動
メインの浴槽の向かいは小さな浴槽

本当に良い湯で気に入りました、近くなら間違いなく通いつめる施設なのですが・・・遠い! 近くに住んでる方が羨ましい。 露天風呂は無いのですが、火照った体を太平洋を眺めながらクールダウン出来る椅子があるテラスがありこれまた気持ちがいい

日帰り専門で宿泊は出来ませんが、向かいの格安の「原生花園」や「コテージ」もある

温泉分析表
源泉名:晩成温泉
試験年月日:平成17年4月28日
泉温:18.0℃ 湧出量310ℓ(動力楊湯)
pH:7.8
蒸発残留物:9.600g/㎏
成分総計:10.79g/㎏
泉質名:ナトリウム-塩化物冷鉱泉(高張性・弱アルカリ性冷鉱泉)
ヨウ素イオン:12.2㎎ 臭素イオン:23.1㎎
湯使い:加温・薬剤・循環ろ過有り
人の手が加わった湯ながら、冷鉱泉で加熱されてるが泡付きは健在 薬品臭は感じない
遥々来た甲斐があった。 
遠い遠いと言ってるが片道約250㌔と稚内とほぼ同じで日帰りでも何とか来れる距離か?”! 

晩成温泉
住所:広尾郡大樹町字晩成2
電話:01558-7-8161
営業:10:00~21:00
休み:第2・4火曜(4~11月)
  :毎週火曜(12~3月)
 大樹町のHPはこちら

たっぷの湯・家族風呂・新篠津

P1180489
道の駅も兼ねる施設

【内湯】
P1180480
相変わらずジャグジーでかき回されてる内風呂 
赤く塩っぱい高張性の湯は掲示によると、「天然温泉(循環加熱式)24時間掛け流し、源泉は加水・加温なし」、更に薬剤ありと良いのか良くないのかイマイチ判らない説明も変わりなし(爆

【家族風呂・小風呂】
P1180485

【脱衣所】
P1180484
掲示を見る限り源泉掛け流しのように思えるが正確な湯使いは不明 って利用していません(汗 
たまたま掃除の方がいたので、了解をとり撮影しました。 誰かレポート期待しています。
因みに入浴料+家族風呂(600+1.000)で1.600円掛かります。
いつも混んでるので撮影困難施設 今回も満足できる画像は撮れなかった。
以前、紹介記事はこちら
お昼なので食事も

朝陽亭・立ち寄り湯

【ロビー】
P1180045
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1180046
お楽しみの「流扇広路」も時間外では
ひっそり。
 P1180048
 
脱衣場
 P1180061
同階の休み処

何回も宿泊してる層雲峡の「朝陽亭」さん 初めての立ち寄り湯 宿泊客がチェックイン前の時間帯なので、空いておりとても気持ちよく利用できた。 
久しぶりの利用なので正直どんな風呂なのかすっかり忘れており、えーこんな風呂だったのかと、浦島状態

【内湯】
P1180055

【露天風呂】
P1180057
二階「桂月」でも良かったのだが、やっぱり天空露天「朝陽山」(時間で男女入れ替え)に直行!
利用客数名 ダラダラと過ごしながら、爽やかな風が気持ちいいー

温泉分析書
源泉名:ホテル大雪・朝陽亭
試験年月日:平成16年10月12日
泉温:73℃
pH:7.7
蒸発残留物:0.577g/Kg
成分総計:0.704g/Kg
泉質:単純硫黄泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
旧泉質名:単純硫黄泉
湯使い:露天風呂では二種類 
     基本高温泉なので加水あり・薬剤ありが基本のようだが詳細は実際に
     足をはこんで確認を  手抜きです(爆
成分が何だかんだと言う程では無い源泉ですが、層雲峡全体に言える事だが源泉部から近く自噴が多いので、新鮮なのかも 数少ないボーリング井も浅いのも幸いしてるのだろう。
嬉しい情報:屋上露天の休憩処の2台のマッサージ機が無料!

層雲峡 朝陽亭
住所:上川町層雲峡温泉
電話:01658-5-3241
立ち寄り湯情報
利用時間:13:00~19:00
料金:700円
tyouyoutei

とままえ温泉ふわっと・立ち寄り湯

【とままえ温泉ふわっと】
P1170875
以前はなく新設された、港が見える足湯 天気が良かったので、天売・焼尻も見えます。
施設内の湯使いは加水なし・加温・循環ろ過・薬剤ありだが足湯は源泉掛け流しだ! その為底には湯花が沈殿してるのが凄いことに、勿論香りの湯石油・臭素・ヨウ素臭がプンプン

【内湯】ジャグジー
P1170870

【内湯】細長い
P1170859

枝幸温泉・ニュー幸林・立ち寄り湯

【内湯】
P1170774
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
 
 P1170758
 P1170766
 P1170775

温泉分析表
源泉名:枝幸温泉
試験年月日:平成23年7月8日
泉温:41.6℃
pH:8.9
蒸発残留物:1.308g/kg
成分総計:1.334g/kg
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(低張性アルカリ性温泉)
旧泉質名:含芒硝-石膏泉
湯使い:加水なし・加温あり・循環ろ過あり・薬剤あり
最後の利用したのも覚えていない、久しぶり 特徴がある湯じゃないので足が遠のくのも仕方ない。 まースーパー銭湯と思えば気持ちよければ問題ない
清潔だし、宿泊の食事も良いらしい、旭川からこの施設目当てではキツイ気もするが(爆
その後「朝倉温泉」も寄ったが早すぎました。

●枝幸温泉 ニュー幸林
住所:枝幸町北幸町1624番地2
電話:0163-62-4040
立ち寄り情報
料金:500円
営業:10:00~22:00
 esasi

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ