久しぶり 源泉?

【崖の源泉? 捨て湯?】

見事な温泉成分の堆積 萌えるね!

【側溝の湯】

同じ源泉由来のはずだが何故か堆積物は無い。

【また崖をくだる湯・源泉? たんなる湯でしょうか?】

湯気が立ち上る。 ここで滝湯する 多分30℃はあると思う。 楽しすぎる温泉達
実は最近 某湧出場所に探索 某川の上流らしいとGPSに打ち込み行ったが、発見できず・・・ 自宅で反省と共に調べると、隣の川だったりしてる 痛恨のミス 遠いし年内は無理な場所 何時いけるかな?

源泉 再アタック!

【某源泉】

先日 調査に出かけたが結局見つけられず、靴と車をドロドロにしただけで退散 久しぶりに天気のいい日に再調査
やはり 天気のいい日に来るもんだね。
目星を付けた地点から車で行けるか確認する為にちょっと入っただけで、こりゃ無理して行ったら絶対戻れないと確信して、徒歩で行くことにして、戻って身支度してレッツラゴー

【あるあるポンプ用の電源】
P6170026

【入り始めの道】
P6170027
タイヤ跡が残る道 最後までこんな状態ならいいけどね。 頭上には電線があります、取り合えず進みましょう。

【やばい】
P6170034
段々とこんな道? もう道なんかありません。 GPSの画面を見ると、打ち込んだ場所へは確実に近づいています。 熊の気配もないしと思い更に進みましょう。

【着きました 源泉小屋】
P6170037
こぼれ湯は無いかと周りを探すも兆候は無い マニアも殆ど振り向かない冷鉱泉ですが、個人的には長年気になっていた場所が分かり、大満足の一日 

某源泉を探そう!

【ドロドロ道を歩いた軌跡】
bouonsen.jpg
小雨降る道北 時々強い雨も・・・ 長年探してた源泉ポイント 温泉施設より低い地点にある源泉は揚湯ポンプの電源が行ってる筈と電線を探してた場所で暫く放置してった温泉 
今回も遭遇するピンクテープを見つけてここかなんて思い突破試みるも、生い茂った草に阻まれ撤退を繰り返す。
川沿いの道かなど思い突入したが、最後はドロドロの道 戻るのも大変、これじゃ無い。

自宅に戻り今日のGPSデーターと、国土地理院地図・航空写真・グーグルアース・カシミール・マップソース駆使して到達にもっとも近い道と源泉の緯度経度も確定した! と確信したので、次回のお休みにでも向かうか。
いや~楽しいね。 靴・車内のマットはドロドロ 帰宅して洗うのはルーティーン化
天気のいい日に再チャレンジしたいね。

旧A温泉跡

【旧A温泉三景】
PA160033
PA160044
PA160039
↑クリックで拡大
何年振りかで訪れた、今では地元の人でも殆ど忘れられた温泉(冷鉱泉) その昔この場所まで中央バスの路線が有った事など誰が信じるだろうか。  現役時代の施設資料は全く無く、現存してる施設にあったのか今なお謎 
以前より更に木が生い茂っています。 建物の四隅にはアライグマなのか、罠が設置

【源泉】
PA160034
硫黄臭と共に冷鉱泉がじわじわ湧出 昔は動力楊湯に利用したと思われるポンプが近くにあったのですが、今回は見つけられませんでした。 本当は別の湯探していたのですが見つけられず、またここにたどり着く(苦笑
普通に近郊散策して帰ろう

【公園】
PA160069

ホウズキが咲く源泉地帯を歩く

【ホウズキ】
P9110059
北海道では中々自生では見られないので、以前ここに人が居たことを思わせる、山間の源泉地帯を歩いてみよう。 かなり前から硫化水素と微量の金気臭 大好きな香り(爆 
さーきたよ お迎えだ やや黒い流れ

【流れ】
P9110058
既に温度計突っ込んでるし ミネラル分も豊富ゆえ 藻も大発生で滑る滑る 気をつけなきゃ 
ここは層雲峡の湯を守る源泉 温泉郷からは少し離れていて殆ど知られてなく、訪れる人はマニアのみだろう ついでだから温度計も見てみよう。

【48.2℃】
P9110057
坂の途中が湧出現場なのでここで入浴するのは困難 じゃーもう少し山側に向かおう。 長年あった施設は解体して更地になってた、その源泉と思われる湯発見

【崖下土管の湯】
P9110065
表面は温泉成分と汚れが浮いている、深さは不明ですが、サイズは入れそうな大きさ 入りませんよ。  温度は47.5℃とこのままでは熱過ぎ 水を入れたポリタン持参 下の川水をトボトボ歩いて持ってくるか方法を考えなければいけない。 では下って川のほうへ向かおう。

【川沿い】
P9110094
川に向かう途中にも、何やら塩ビ管から湯気と湯溜まり 付近はぬかるんでるので長靴は必要だよ。 結構な水量です、近づき上から眺めると

【おう穴】
P9110097
旭川の「神居古潭おう穴群」と同じ穴と小石発見! 画像では判らないが、この近辺も蒸気が漂い、おう穴も温泉で満たされてる。 更に下流に向かう

【川岸の温泉成分】
P9110102
これ以上は進めなく今回は撤収しよう、次回はザイルでも持ってくるか(苦笑  

謎の湯で計ってみた。

【何か色が付いてるね】
P8140032
普段歩いてると 道路の色が変わってるところってあるよね。 勿論なんだろうと立ち止まる この先はどこに続くのかなと単純に探す たどって行くとそれらしき場所発見 皆車に常備してる温度計あるよね、温度測ってみよう

【すげー 39.9度もあるじゃん】
P8140033
適温ですな~如何せん湧出量が微量でどう頑張っても無理  って入る気満々ですが万策尽きる。
ph計とは言わないが、外出時の温度計は常備 これ基本(笑い 

川で遊んでみた

【林道をテクテク】
P8140023
お盆休み 家にいるのは勿体ない 源泉湧出現場へGO! 車を止めて林道を進む今日も日差しが強いが木陰に入るとしのぎ易い 遠くには噴煙を上げる山並み 気持ちのいい林道も暫くして終了 ここからは藪に分け入る

【進むよ】
P8140021
下草が少ないからそれ程でもないし、基本スニーカーで行く源泉を目指してるので簡単だよ けど今回は川脇の源泉なので長靴履いています。

【川に着く】
P8140004
最近雨が少なかったので水量が減っていると期待したが、思いのほか多く対岸にある湧出地点には渡れない、見るだけでもいいし。 川を下る長靴で正解 足が冷たくて気持ちいい、どんどん下っていこう。

【対岸の白い流れ】
P8140009
右岸の水面下から涌く この地点から下流に15mほど水面下に白い流れが続く 川藻の緑と清らかな流れと白い流れが綺麗で暫し時間を過ごす。

【一番湧水量が多いと思われる地点】
P8140010
渡れる所ないか上ったり下ったり やはり無い模様今回も断念  暫くすると殆ど兆候は見えず、下流の橋からは上流に源泉が在るとは誰も思いもつかないだろう。
渇水時は冬季なのか、スノーシューでもなければ来れないな、悩むところだ。 

謎の湯

【旧坑道】
P5030001.jpg
立ち寄り湯に行くたびに通る場所 何時もの香りを窓を開けて車上で確認しニンマリする場所 昨年から殆どこのルーティーンしても香らない 雪も無くなりチョッと降りて確認 
湧水量はほとんど無く、お馴染みの成分ユラユラも無い 
これだから、自然由来の冷鉱泉・温泉は面白い。
 
何時までも あると思うな「源泉湧出」と「かーさん食堂」
ま~自然由来と言ってもここは人工的な旧坑道なのですがね。

謎の湯

【カタクリ】
P4230027
南に向く斜面にはもうカタクリ 道すがらエンゴサクを眺めながら向かった  
久しく紹介していない謎の温泉・冷鉱泉シリーズの今年第一弾は海岸沿いだ。
紹介する冷鉱泉は手持ちの資料にも無く特定出来ず、情報はネット上に僅かに紹介 チョッと苦労しましたが、多分ここだろうと言うことで、散策に 旭川出る時は小雨でしたが徐々に天気も回復
事前にピンポイントで打ち込んだ、ハンディーGPSに従いトンネルを抜け迷惑の掛からない僅かなスペースに車をとめる。 
ここは以前探したとこの筈 またここか・・・ 山肌が特徴がある一帯でしたがその時は兆候は見つけられなかった所 で手元のGPSは反対側に行けと 
【白い流れ】
 P4230028
硫化水素臭がバンバン テンションも最高潮 で出てる元は

【ビニールホース】
P4230023
推定20ℓ/minほど流れ で泉温は8.7℃ 冷て~ ホース先の源泉探そうと向かいましたが、雪解けのガレ場で断念
楽しい一日でした。 ただ興味も無い同行者にとっては迷惑なのでご注意を

GWももう直ぐです。

 DSCF2869

【鯉のぼり】
DSCF2875

 DSCF2878
GWの予定は決まりましたか? まったく計画なしの私 連日家でゴロゴロしてる訳にもいかず、何処かに行くことにはなるでしょうね。 
その前に天気のいい日に車を走らせた、乗って降りてまた乗って降りてと結構気まま、そう今回は一人のんびりな日だったりする(笑 普段なら大ブーイングの怪しい行動は
DSCF2879  DSCF2883

DSCF2911   DSCF2891
堪らなく楽しいぜ  さーまわるぞ!!  と自分の興味が満開の日であった。 
勿論 こんなもので終わる訳もなくデータ片手に彷徨う、マニアの中では「魔界」と言われる地域だ。

気になった巨大施設は・・・・

DSCF2138

なんだこれって思ったら、いつも車をとめ徒歩で観察・偵察?
今回は、車から降りると直ぐに香ね、硫黄臭 どこかで湧いてるか? 日によって香らないこともあるし場所は中々特定することは難しい。 手持ちのGPSに記憶させましたが、探索するのは何時のことか(笑

水遊び? 山遊び(笑

DSCF1367
奥に行けば温かいお湯があると聞く 手前まで車でいけるよと不確かな情報を入手 行楽地のハイシーズン 車が非常に多い 前も後ろもレンタカーに囲まれる。
林道に入るとおーっと直ぐにゲート オイオイ まーこんなものだ 情報なんて(苦笑 身支度整えて歩くことにしよう。
大型車が出入りする林道は歩きやすい。

【路肩危険】
DSCF1372
崩れた箇所もあるが、上り下りも緩く散歩気分で気持ちよく進む。 2㌔ほど進むと最初に兆候が現る。

【赤いよ】
 DSCF1378

【流れ】
DSCF1392

【川原】
DSCF1393.
上流・或いは下流のボーリング地点には在りそうですが、スニーカーで行く源泉巡りが基本の私はここらで退散 久しぶりの山の香り・野鳥の声・単独行動で十分に堪能

【気になる白濁】
DSCF1400
収穫もなく森を散策してた訳ではなく、兆候があった手前の沢が何故か白い その他にもピンポイントで白い地点も確認 紹介してもいつ行けるか判らないのが私 
久しぶりに時間が取れたので、ストレス発散は楽しい。
  

住友奔別炭鉱立坑櫓

【住友奔別炭鉱立坑櫓】
P1200183
久しぶりに三笠の炭鉱遺功を尋ねた。 建築されてから54年 その後10年程で閉山 むき出しの無骨な錆びた鉄骨が圧巻!!
見上げながら近づくと足元が凄いことになっていた。

【真っ赤】
P1200179

【右から左に流れがれる】
P1200181
施設手前の広場が真っ赤な湧水に覆われる 何処から流れているのか不明ながら、伺ったときは施設内から湧出してる模様 立坑は密閉されてる筈だが出ちゃうものはでる。 

桜と謎の湯

昔は多くの人が行き来してた場所 今は桜の花と冷鉱泉が流れる。
白いゆらゆらがある流れで、最も多く湧出する源泉の泉温は14.6℃

【泉温】
P1200140この付近から50m位の範囲で複数湧出中(その1その2)、総湧出量は目視で分/200オーバーと思われる。
時々車は通るものの、源泉に興味を持つ人は無く、山菜取りの注意をスピーカーから流す広報車がゆっくりと過ぎ去る。

側溝の謎の湯

【側溝を流れる湯(冷泉)】
P1200119
何気に通る道ですが、車利用なら殆ど気づかないだろう。 豪快な音を立てて流れ去る、湧出量(推定:分/200ℓオーバー)流れる側溝も僅か10メートルほどでその後は他の水と合流して何処にか消滅 香りも現場ではあるものの一歩離れると僅か、こりゃーわからないよね。

【泉温】
P1200123
流れ去る源泉の温度は、11.1℃と冷たい 源泉はどこから出てるのか確認したく、カメラを差し入れたが上から出てるのは確認出来たが、フラッシュが壊れているので暗くイマイチ分からなかった。

【カメラで撮影】
P1200125
暗くて分かりません。 一気に行動範囲が増えたがそれに伴い燃料代が大きく影を落とす。 まだまだあるんだろうな、私が知らない湯

某湯

【赤くて温度が有りそうな流れ】
P1190541
車で移動中、何気に横を見るとチラッと赤い色が目に留まる 勿論Uターン 付近の用水路は雪で覆われ流れは見えないが、この流れは雪が無く赤く色づいてた。 上流を確認したがそこでも雪が解けている。
田んぼではよく赤茶けた水が側溝に流れているのは目にするが、温度は低い

降りて温度測りたかったが、結構深く底まで落ちたら這い上がるのが大変そうなので止めた、雪が少なくなってからの課題にしよう。

赤川鉱山

【赤川鉱山】
P1190399

【ガスホルダーと分離棟】
P1190401
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1190402
ガスと温泉の分離する施設かな?
 P1190405
施設の横にはこぼれ湯
 P1190408
4号井
 P1190409
5号井
 P1190407
こちらからも源泉がこぼれる

道央の温泉施設を地図で確認してたら変わった名前の施設を見つける。 炭鉱が有る筈もなく一体なだろうか? その名は「赤川鉱山」
夕闇迫るある日に訪れた。 ひと風呂浴びて体がポカポカでカメラ片手に歩いて探索 立派な金属製の看板がお出迎え
施設の概要はこちらをクリック
つまり源泉付随で湧出するガスを分離して利用する施設のようで、成分総計29.70g/kgの濃厚な源泉をかけ流しで利用できる北村温泉の裏 尚付近は火気厳禁なので注意  

留真2号井

P1180364

【源泉小屋】
P1180360

【源泉温度】

利用後、受付の係員と壁に掛けてあった浦幌炭鉱の写真とか源泉井(2号井)の場所だとか尋ねて丁寧に教えてもらう。
駐車場で気になった対岸の小屋は何?って尋ねると1号井とのことで「今でも自噴してます。」こりゃー行かなくちゃ 源泉温度は29.3℃ 資料によると1978年掘削 泉温:31.6℃ 108ℓ/min(自噴) pH9.7 
再度資料を読むと昔は1号井も使ってたような記載あり 段々収集がつかなくなってきたので、これ以上調べるの止ーめた。(苦笑
壊れたパイプから川に捨てられているのを見るにつけ、温泉に乏しい旭川人としては、勿体無い!と叫ぶ
謎の湯シリーズでは無いのですが、謎の湯に分類します。

謎の湯・では無い?

P1180072

P1180074
二つの源泉を持つ施設で湧出量も豊富 一つの源泉ポイントは既に先達により確定されているが残る一つは不明のまま 確定されてる源泉ポイント目指したが長雨の為か道の両サイドが崩落してる。 以前行ってるので行けそうだが断念
殆ど探索した近辺だが、ぶらぶら散策 香ばしい硫黄の香りに誘われ着いたのがここ 大量な流れですが、ここの湯は冷鉱泉なので25℃の湯は廃湯でしょうね。

最近通った道 いきなり香りが・・・ ちょっと探したが何処からなの判らず 冬季除雪しない道なので期間は限られてる。 さー年内に行けるのだろうか  

層雲峡温泉源泉群その2

【赤錆びた階段】
P1180013
源泉群二回目の訪問 以前の記事はこちら 残りはどこに在るのだろうかと思い、コメントも頂き手持ちの資料と付き合わせ(大袈裟 笑)訪れた。
そこは、赤錆びた階段がお出迎え

【さらに続く階段】
P1180014
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1180020
振るかえると赤い階段
  P1180017
源泉名と
石組み・苔・錆びた配管と鉄杭
 P1180019
こちらは 何故か上の枡から下の枡に移動中
 P1180032
しっかり源泉名でテンションアップ
 P1180034
こちらは、蒸気だけ噴出中だ!

長い階段を下りる間にも脇には源泉枡なんかがある けど温度は高そうで湯気のみで満足 川まで下りてみると

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ