開拓ふくろふ乃湯 再開に向けて

【普段撮れない角度から】
P1200031

【離れ(プレハブ)の休憩室】
P1200014

【母屋の休憩室】
P1200016
石狩金沢駅の近く、オフ会やらで利用した温泉 平成24年の12月に冬季休業に入り翌年の再営業は諸事情により休業が続いてた。
前を通る度に、「再開はあるのかな?」と思っていた。ところにうれしいお知らせ 今年新たにオーナーが変わり近日中の再開に向け準備中です。 
お話を伺うと施設内の準備は何とか間に合わせますが、外の庭までは手が回らないとの事で、知らない間柄でもないので、数名引き連れてお手伝いに伺う。 広くて素敵な和風庭園なのですが、二冬放置された庭は結構手強かった(苦笑  片付け中に超有名温泉ブロガーさんが陣中見舞いに来たり、入り口のトラロープは張っていなかったので入ってきた将来のお客さんやらがチラホラと、みんな期待してるんだね(笑顔
少ない時間でしたが、チョッとはお客さんを迎えるお手伝いが出来たかなと、自己満足

再開のに向け新たに作った名入りタオルと無料利用券をお土産にいただいた。
P1200033
多分 このタオルを手に取ってる人は現在ほんの一握りの筈と、帰宅してニンマリ(爆
営業予定日は聞いているのですが、流動的なので下記 フェースブックかブログでご確認を
冷鉱泉で経費も掛かり大変でしょうが、楽しみですが頑張り過ぎないようにしてね。

開拓 ふくろふ乃湯
住所:当別町字金沢157-7
電話:--
料金:--
営業:--
休み:--
詳細は下記をクリックしご確認下さい。
Facebook Yahoo!ブログ 

塩狩ヒュッテ

【線路沿いに佇む塩狩ヒュッテ】
P1170185
「旅荘塩狩温泉」ユースホステルも併設 2005年に廃業 ブログなんかするとは思ってないので、手元には廃業寸前の画像がチョッとあるだけと寂しい状態 その後自然湧出なので兆候はないかと訪れたこともあった。
ユースが復活と温泉友の駅前旅館さんのミクで知る。近隣ながら全くしりませんでした 桜を愛でるかてら訪れた
6/1グランドオープン 桜時期かねてカフェがプレオープンしていました。

今後 温泉復興の機運を高める事も視野にある模様 応援したいですね。
塩狩ヒュッテさんのHPは下記をクリック
siokari

2011年 今年は有難う

未曾有の災害・人災 で大変な年 けどこれは終わったことではなく継続してることを忘れないでおこう。そして来年2012年は良い年であるように、皆様のご家庭に笑顔が満ちる事を願っています。

と書きながらこの日に及んで、温泉仲間のいっちさんから悲しいお知らせが飛び込んだ、函館の温泉銭湯を支えていた「日乃(の)出湯」が閉鎖
湧出量減少、温度も低下

 <源泉掛け流しの“熱い温泉”で知られ、旅行ガイドブックなどにも掲載されていた函館市湯川町の公衆浴場「日乃出湯」が廃業したことが、29日わかった。温泉の湧出量が減ったためで、番台を守ってきた代表の岡崎謙二さん(73)は「さみしいが仕方がない」と話している。

 日乃出湯は1924年頃の開業で、自前の温泉井戸を持ち、源泉温度は約64度。二つある浴槽のうち、高温浴槽は約45度に保たれた。沈殿物「湯の花」が、うろこのように盛り上がった浴槽はガイドブックに紹介され、韓国や台湾からの観光客も訪れていた。

 しかし、今年11月下旬から温泉湧出量が急激に減少、温度も低下した。温泉水位の低下や、創業当初から使用する井戸の管の老朽化が原因とみられる。設備更新や井戸を深く掘り下げることも考えたが多額の費用がかかるため、28日に廃業した。岡崎さんは「常連客が背中を流し合うコミュニケーションの場だった。温泉が出ないとどうしようもない」と語った。

 湯の川温泉は源泉の枯渇が心配され、道が76年に保護地域に指定し、新規掘削は禁止になっている。湯の川温泉で7割の温泉を供給する函館市企業局温泉課は、「地域全体で日乃出湯のような問題は起きていない」としている。(2011年12月30日 読売新聞)>
記事抜粋
 
私は一度しか伺えなかったが、激熱の源泉流石に手湯が限界だった。 5年前の画像だが載せておこう。
JPEG Image (7264418)  
ついでに手書きの温泉分析表はこちらをクリックしてね。
それでは 良いお年を
この記事で2011年は〆とします。有難うございました。

情報

●住友奔別炭礦立抗及び周辺施設の記事で新たな情報 道内の方は新聞等でご存知かもしれませんが、まだご存知出ない方のために
周辺施設は、「そらち 炭鉱の記憶マネジメントセンター」さんが所有元からお借りして一年間管理することを決定 今後のことは不明ですが、とりあえず安心(一年ですが) 紹介されたブログ記事

●北の京芦別 11/01に休業すると告知の施設が限定ながら再開
その昔、「北の京(みやこ)芦別」に行ってきたと言ったら WO~ものだった。 新人歌手の公演・手品などが宴会場で楽しめた施設 その後巨大な施設故 紆余曲折があり閉鎖・再起と何回も繰り返した。 営業難のため11月1日から休業してたが12月12日に営業再開
なんと日帰り料金380円・素泊まり3.300円(来年1月までのキャンペーン)と驚きの価格
経営も厳しいのにそこまでしなくてもと思うが。うれしい価格設定!

詳しくは北の京芦別さんのHPへ
kitanomiyako.jpg

全盛期~やや衰退時期まで利用してた、最後に訪れた時は本州の修学旅行の学生で賑わってた記憶があるが何年前だったろうか、デジカメも持ってなかったね。 自家源泉の湯の筈 再開したら一度いってくるか。

●天人峡グランドホテルが営業停止
>信用調査会社の帝国データバンク旭川支店は5日、北海道東川町にある温泉旅館「天人峡グランドホテル」経営の「タケトー」(旭川市)が1日付で事業を停止したと発表した。近く旭川地裁に自己破産を申請する見通しで、負債総額は約7000万円とみられる。

 同支店によると、タケトーは1978年に設立され、90年に天人峡温泉にある同ホテルを買収した。源泉掛け流しの露天風呂などを売り物に、2000年3月期には売上高約1億円を計上した。しかし、その後は景気低迷から減収が続き、2010年8月には大雨による土砂崩れで同温泉への道路が通行止めとなったことでダメージを負った。さらに、東日本大震災による観光客の落ち込みが追い打ちをかけ、事業継続を断念したという<以上記事抜粋
過去に宿泊したこともあり、食事はすべて部屋食だったと記憶、施設の老朽化は否めないが価格も安かったのに
残念だ。 画像探したが見つからない。で 探した!

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始 2006年撮影です。
JPEG Image (1001480)
天人峡グランドホテル 正面
 JPEG Image (1002451)
内風呂の寝湯 他に四角い湯船あり
 JPEG Image (1002510)
露天風呂

三代前のデジカメの画像 でも写ってるね。

緊急アップ 大変です!!

以前から、ハンディGPSを欲しくて色々と物色してた、ガーミンの場合国内正規販売物は、異常な暴利をふっかけており全く、触手が動かず輸入もの(台湾・米国)は安いこれが常識なお値段ですが当然 文字表記はアルファベット表記
 
まー輸入物でも良いのだが、やはり日本語表記は捨てがたいものがある、そこで最近輸入物でソフトを加工・ファイルを追加など駆使して、似非日本語表示から殆んど正規物と変わらなく改造する手順を紹介するサイトがポツらポツら見られるようになった。 某巨大掲示板では、喧々諤々・喧嘩腰だ(爆)
中には、間違った手順を実行し画面がブラックアウトになり、お亡くなりになった本体も・・・

で購入したのさ 今日 新品を驚愕の価格で

白金温泉

新たな温泉宿が、平成22年にオープン 別に宿の回し者では有りません。(笑い
これと連動するように、今年「道立地質研究所」に調査依頼があったようです。

以下、「北海道立地質研究所」の公式HPより抜粋
5 受託研究(依頼による研究)  
5-3 温泉井評価と適正管理利用に関する研究(美瑛町白金温泉地区)〔1年計画1年次〕

 美瑛町白金温泉地区は北海道中央部にある十勝岳山麓にある温泉地で、古くから美瑛町が泉源開発と温泉供給事業を行ってきています。現在は、ポンプ揚湯により温泉を確保していますが、揚湯されている温泉は既存利用施設でそのほとんどが利用されるため、新たな需要増加に対応できない状態が続いています。そこで、将来的な温泉資源の安定確保のため、温泉井評価と資源量の把握が必要です。既存泉源のなかには開発・利用開始後20年以上も経過した泉源があり、開発以降はほとんどの泉源は湧出能力評価等の泉源調査は行われていないことから、温泉井評価を行う予定です。現在稼働している泉源で最も古く、坑井障害の発生が懸念される白金15号井について、坑井内調査、揚湯試験および泉質分析により総合的な泉源評価や資源量評価を行い、併せて適正管理利用の方法について提言を行う予定です。
 主な調査研究内容は以下のとおりです。
 ○坑井履歴調査(初期掘削工事記録、利用揚湯履歴)
 ○坑井内調査(温度・電気伝導度検層、カメラ検層)
 ○揚湯試験(温度、揚湯量、動水位、静水位、電気伝導度、pH)
 ○泉質分析(主要成分分析、同位体分析)
白金温泉は、概ね美瑛町が管理する、「管理湯」で「15号井と19号井の混合泉」を使用 独自の源泉を所有してる湯宿は、湯元白金温泉ホテル・大雪青年の家と、複数の小さい宿に供給する源泉も有るようだが未確認 

現在有る資源で、活用出来れば嬉しいですね。
この他に、「函館・湯川」「壮瞥弁景地区」「壮瞥ゆーあいの家」も調査した模様

PDFを読むと調査結果が出ています。興味のある方はどうぞ
例えば、未利用の「白金14号井」は破損はあるが生きているとか・・・興味深い事が報告されています。

とかち花めぐり共通券

 07759.jpg
最初に伺った「十勝千年の森」で薦めれられたチケットを有効利用
無ければ2.300円掛かるとこを1.000円で利用 笑顔
他にもある様で、事前チェック・道の駅・JR駅のパンフレットは要確認!

このチケットを見つけなければ、立ち寄り湯も出来たのですが、全てガーデン巡りになったが、女性陣が喜んでくれたので良しとしましょう。 笑顔

発行元は
 obihiro.jpg

ニセコ湯めぐりパス

a06326
 午前中まで、天気はあまり良くなく羊蹄山も隠れがち、立ち寄った「ニセコビュープラザ」道の駅でソフトを食べて、「ニセコ湯めぐりパス」1400円購入

 (株)ニセコリゾート観光協会が発行 現在近郊の19施設(温泉18+有島記念館)の内、三施設を利用でき、有効期限は180日間(購入時に記載) 凄くお得という程ではなく、道の駅のスタンプの様に、制覇したからと言ってメリットがある訳ではないが、利用時に券の裏に宿の印が押されて記念になるかも?
今回1施設で利用しましたが、その印は領収印でした。

ボーリング井データ集の不具合を何とか

温泉ボーリング井のデータ集と索引図DVD版は登別が表示されない不具合があり
これを何とか画像で表示できないかと・・・画像を見てボーリング地点だけでも分るようにと
ko.jpg
<●・▴と数字>がボーリング地点

 グーグル・アースで元画像(製本版)を
 貼り付けその上にフリーの地図 
 をオーバーレイ(透過加工)してみました

 大体は分りますがイマイチ(笑い
 薄く見える数字がボーリング地点
 使い慣れないので時間が掛かり、同じ
 掛けるなら、経度・緯度打ち込んだほうが、いいかも?

 過去記事1 2

自分で遣っててナンですが、無駄な時間でした。もう少し上手い事になると思ってました。(苦笑 

北海道地熱・温泉ボーリング井データ集および索引図の不具合

北海道地熱・温泉ボーリング井データー集および索引図DVD版

04557.jpg
下にあるのは1976~1980版 このDVDには
収録されてません。
 
 北海道立地質研究所でアナウンスされて
 本当に刊行されるのか不明でした。

 関係機関に配布して終わりかと思われてた
 DVD版ついに刊行開始!


収録データーは 以下抜粋 北海道立地質研究所のHPより

■北海道地熱・温泉ボーリング井データ集および索引図

 当所では温泉ボーリング井のデータ集と索引図をこ
れまでに3冊(~1990版・1991~1995版・
1996~2000版)刊行してきました。今回刊行した
「北海道地熱・温泉ボーリング井データ集および索引図
(統合版)」は、これまで刊行されたデータ集に収録さ
れたデータ、2001年~2007年に新たに掘削された
データをすべて統合したものです。データおよび索引図
を全てデジタルデータ化してDVDに収録し、ウェブブ
ラウザを利用して閲覧できるようになっています。

 また、このDVDには2005年~2007年にわたり
行ってきた地熱利用実態調査の成果をまとめた「北海道
における地熱・温泉利用の現状-2007年版-」も収
録されています。

 サンプル1                        サンプル2
資料2
恵山地区 温泉が番号で
 資料
サイド・バーの番号をクリックすると詳細(緯度・経度無し)
期待するほど詳しくないが(苦笑)

北海道地熱・温泉ボーリング井データー集および索引図(統合版)
DVD本体価格:810円  シリアルNOを登録すると、今後修正・改訂もする模様
道の行政情報センターで購入

安いし一枚あってもよろしいかと ちなみに私は867円(送料込み)で購入しました。

2007年現状pdf版を見てて旭川市で「一般家庭」で1ってナンだ こんな情報
初めて聞いたけど、温泉あるの個人宅!!?
DVDの方では深川に3ヶ所も自噴が 初めて聞いた。 1ヶ所は家畜飲用って 牛になりて~
チョッと興奮気味です。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ