まりも湯・阿寒

【まりも湯】

何年振りだろうか? 今は中々出来ない、宿泊も盛んにしてた時で懐かしい 

【休憩室】

この辺は殆ど記憶なし 番台のおばーちゃんも気さくに声を掛けてくれる。

【浴場】

木製のマリモは覚えてるよ シンプルな造りの浴場は覚えてる
温泉街の銭湯はいいよね。 今有るのは川湯・湯の川と後どこかな? やや高めの湯温で効くね
今日は車中泊 車変えてから初の事で最後までアレンジがいまいちのままで一夜を過ごす。 

まりも湯
住所:阿寒湖温泉1丁目
電話:0154-67-2305
営業:10:00~21:00(1~4月)
   :9:00~22:00(5~12月)
休み:第2・4水曜(5~12月は無休)

八条プレジャー・市内

P8160075 市内文化会館の裏の銭湯 開業は大正7年 8条プレジャーの上には旭鉱泉の文字 店内の表示では170mからくみ上げる冷鉱泉、昔から体が温まると言われていた。

源泉には硫黄成分が含まれるようだが、適温まで加熱してるので殆ど飛んじゃってるのが残念 店内には温泉分析表の表示は無い。 どんな成分が含まれるか非常に興味が有りますが、手持ちに資料には載っていません。 
入り口を入るとロビーがあり受付があり料金を支払い男女左右に別れ脱衣場に向かう。

【ロビー】
P8160054

【脱衣場】
P8160056
大きい鏡の上には企業の看板が銭湯スタイルが懐かしいくスーパー銭湯にはない一品 これまた骨董級の20円硬貨を吸い込むドライヤー 多分硬貨は戻りません。 浴場に入ってみましょう。

【浴場】
P8160063
縦長の円形湯船と奥に寝風呂 こじんまりしたサウナ 洗い場は三列 ケロリン桶と冷温の蛇口が懐かしい 久しぶりに来た銭湯 高校時代友人と市内全ての銭湯を回ったことがあるが、今となっては記憶もおぼろげ。 
記憶に残るのは3条2丁目付近にあった多分「登別湯」と思うが立派な造りでぶっ飛んだものだ。
現在、旭川浴場組合加盟店は24軒(市内22軒・上川1件・美瑛1軒) 現在スタンプラリーも実施中 この機会に参加するのも楽しいけど一人では途中でリタイアしそう。

懐かしい銭湯文化を美化するわけではないが、小さいときは勿論怒られたことも多数 まーこれ以上書くと、ジジイがなんか言ってるはと言われるのでこの辺で止めます。
旭川浴場組合 スタンプラリーの詳細はライナーさんのHP

旭鉱泉湯 (八条プレジャー)
住所:旭川市8条通9丁目
料金:440円
電話:0166-23-8022
営業:14:00〜22:30
休み:水曜

 header_douyoku_logo

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ