雪虫舞う時期ですね

【紅葉】



足早に過行く秋 もたもたしたら雪が降ってくる 初めての道

「旧三井芦別鉄道炭山川橋梁」

「旧三井芦別鉄道炭山川橋梁」
ネット徘徊してるとなんか発見 日本遺産に認定された「炭鉄港」 長く芦別砂川線のゲートは閉じられたままだ。 けどゲートの管理人もラスボスじゃないので、普通に撮影したいのですがと言えば徒歩で行くのはOKだったのは内緒(笑い
記事情報はこちら 一月限定なのでお早めに

そうだ平取に行こう!

【二風谷アイヌ文化博物館】

これって小熊を育てる小屋だよね

【自販機ナイスデザイン】


【ハヨピラ】

昔 平取と言えば「ニシパの恋人」でも「アイヌ」でも「平取牛」でも無かった そうUFO基地
興味がある方はハヨピラを作ったのは「宇宙友好協会(CBA)」で検索したらザクザク怪しい世界に溺れて下さい。

マイクロ(小型)水力発電

【マイクロ(小型)水力発電】

近郊に発電所が出来たと知り訪れた。 農業用水の取水口からほど近い場所に落差3~4m程の落差です。

【迫力あり】

近寄ると中々の迫力 近づくとタービン音がして頑張ってる感がする ただ水田の水がない時は発電しない訳でそれはそれでどうなのと思うこの頃 年間で変わらない水量が確保出来る場所で稼働すればね・・・

芦別岳

【芦別岳】

クリックで拡大
富良野の隣町の山部 思わず車を止めてカメラを持ち出す 正面は急峻な芦別岳 こちらはもう少しで満開の桜と芦別岳が競演する絶景ポイント まー私は来ることはないけどね。

帰り道

【サンタプレゼントパークと上弦の月】

時たま登場する帰宅画像 上弦の月が印象的なのでカメラでパチリ 残念ながら三脚なしで手持ち しかもお手軽ズームレンズしか持ってないので個人的にはイマイチなのはご勘弁 

気持ち良いぜ








これを見ると望遠系のレンズがほしい こことかあそこを切り取りたい まー予算ないし無理 35ミリ換算で150~240位ってデカイか 単焦点ならなんとか許容サイズ・重量 いやいや買いませんよ! 

用水路と夕日

P5210098.jpg
ラーメン食べた帰り道 田んぼにも水が入りました。 日の暮れる時間も遅くなり遊べる時間も増えてくる  さー次はどこ行く。

春だね~

【カタクリ・キバナノアマナ・エンゴサク】

花を愛で考えに耽るほどのロマンは持ち合わせない じゃなんで撮る 春が来たから気分もいいじゃ駄目か
訪れたのは隣町の深川 地元男山ほど人がいなくてゆっくりと散策できる場所 
訪れたのは、4/29は 桜はまだ蕾

【桜】

旭川では今日開花しましたね。 早咲きの桜は半咲き状態もチラホラ ポンコツで20万キロオーバーMy・Carの出番だ~ って何処行く。

美瑛散策

美瑛まできたから、いつもの景色巡り







次訪れる時は、雪だね。

探索・源泉

【沢を進む】
P8150019
天気に恵まれないお盆休み 神楽の花火は雨の中ヤケクソ気味に打ち上げ(爆 休みの一日目に親戚のチビちゃん連れて、お気に入りの「ひつじの丘」でジンギスカン食べたくらいで、体が鈍り気味
小雨降る中、思い立って車で源泉を探しに向かおう。

進入ポイントはある沢の砂防ダムから 現在昨年の台風の土砂(岩石)を取り除く作業中 足場は滅茶苦茶悪いので慎重に進みましょう、源泉探しに向かい、大変な目にあった友人もいたしね。 砂防ダム脇の滝は温泉が流れていますが、後回しに先を進もう

【代わり映えしない風景】
P8150021

【更に進む】
P8150024

進んでも景色が変わらず、まったく面白くない! 二つ目の砂防ダムが目標なのだが、軟弱探索隊はこれにて断念 けど丁度いい運動量で、源泉は見つけられなかったが山はいいね。 滝状の湯も確認して終了。
尚:こちらの温泉郷は総じて 含石膏酸性明ばん泉に分類される。

旭川の最高地点は?

P7150009.jpg
ある日 ハタッと思った。 旭川市内で一番の標高地点てどこなのか・・・ 市内の近郊なら嵐山(253m)・旭山(295m)・サンタプレゼント(338m)・スキーリンクス(745m) では峠では幌加内峠(470m) で調べて行くと当然市内と思ってた嵐山が実は鷹栖町でした(驚き ビジターセンターがギリギリ市内とは、知らなかった。

視点を変えて山を調べると、千歳山(441m)・増子山(505m)・神居山(799m)・留辺蕊山(858m)・岐登牛山(456m)・上米飯山(623m)・米飯山(919m) おーそろそろ1000m越えか
市町村境界線たどると、無名山ながら三角地点に気になる数字 1247m なんと旭岳の山麓駅(1100m)より高い 旭川峠(963m)と聞いてピンと来る人はなかなかの林道通 峠から4キロほど進むと最高地点の三角点 ここは無名山ながら三角点の名称から、 通称ピウケナイと呼ばれています。

【ピウケナイ展望台へ続く道ですが、現在施錠中】

P7150007.jpg
残念ながらいつ車で行けるか不明 4キロ徒歩は流石にキツイしね~止~めた(爆 
愛山渓の途中から米飯を繋ぐ「愛山米飯林道」は砂利道を気にしない人にとっては(オフロードバイクなど)には最短道路と認識されてるらしい

注意)現在、昨年の台風で通行不可で超復旧中で入り口も施錠されていますが、稀に開いてることがありですが、ラッキーなんて思って進入するのは、絶対止めてほしい。 
それは偶々であり遊んで帰ってきたときには施錠されてパニックになる事100%確定 土日に閉じ込められたら記載されてる電話番号なんて繋がらないよどうする・・・それでも行く覚悟がある勇者、出来ればピウケナイ展望台からの画像をお願いします。 

旭岳ロープエイ駅近辺

【木道】
P6040004
道内最高峰の旭岳のロープエイ駅付近は散歩がてらでも、温泉湧出が確認できる場所 勿論情報が無ければ殆ど見つけことも困難な地区 湿原に指入れてたら、ホンノリ温かい。
温泉で守られた湿原 川の支流も雪溶けで増水で探索は無理 水が少なくなる繁忙期の夏場は有料駐車しか空きがない その為に朝早く来る根性も無い。  本腰いれて探索したいですね。

P6040005

P6040006
白いミズバショウと黄色いエゾノキンリュウカがメインですが、小さいエンレイソウもチラホラ 繁忙期で無い時期だからこそ静かに楽しんだ散歩 

サクラ・さくら・桜

【サクラ】
 P5040016

【さくら】
P5040016
さくらが開花した5/3 チャリで満開してる木はないか散歩 まず常盤公園へ 咲いてはいるものの満開には1~2ほど早いかな さらに別スポットに移動 
堤防のサイクリングロードで花咲スポーツ公園へ
二本ほど満開 皆分かっていて満開の木の下にはファミリーでくつろいでいました。 話を伺うとこの一本が満開なので、足を止めたとの事 私もカメラを出してパチリ 更に公園内を探すともう一本発見 樹それぞれ色が違い見飽きないね。
さらにお勧めの道にいったがここはやっと咲き始めた頃

P5040021
今日の風とチョッとの雨でだいぶ散っちゃったかな? GW最後の明日の天気は・・・

旧A温泉跡

【旧A温泉三景】
PA160033
PA160044
PA160039
↑クリックで拡大
何年振りかで訪れた、今では地元の人でも殆ど忘れられた温泉(冷鉱泉) その昔この場所まで中央バスの路線が有った事など誰が信じるだろうか。  現役時代の施設資料は全く無く、現存してる施設にあったのか今なお謎 
以前より更に木が生い茂っています。 建物の四隅にはアライグマなのか、罠が設置

【源泉】
PA160034
硫黄臭と共に冷鉱泉がじわじわ湧出 昔は動力楊湯に利用したと思われるポンプが近くにあったのですが、今回は見つけられませんでした。 本当は別の湯探していたのですが見つけられず、またここにたどり着く(苦笑
普通に近郊散策して帰ろう

【公園】
PA160069

美瑛放牧酪農場・美瑛

【ショップカードとお店】
 PA020059


【風景】
PA020053
非常に判りづらい場所 ぐるぐる迷ってください。 ここでは ソフトクリーム 牛乳 飲むヨーグルト ミルクプリン 有塩バター ワッフル ラスクを購入できます。 先日地図を見てて偶然見つけて、早速行って来ました。
いやー素敵なところです。 丘の上に続く小道がありほっとする絶景が待っています。 カメラ持つも実は余りにもポイントが多すぎて定まらないと言うのが本音 ソフト片手にウロウロしてるばかり
残念ながら年内の営業は、10/10まで お早めに
調べてみると、経営母体は東京の食パンの有名店「CENTRE THE BAKERY(セントル・ザ・ベーカリー)」らしい、いつかそのパンも食べてみたくなりました。

美瑛放牧酪農場
住所:美瑛町字新星平和5235
電話:0166-68-6777
営業:10:00~17:00
   :4月下旬~10月中旬
休み:火曜
美瑛放牧酪農場さんのHPはbieifarm

牛さん・とんぼ君

PA020079
↑クリックで拡大
何時も背中有難う、止まるのに丁度いい
トンボ君 好きにとまっていいよ。
 
[うし]最近管理人の「いわ」 テンパッテルね 急がないと今期終了するお店を沢山かかえてらしい、頭ぐるぐる状態
[トンボ]今 一日おきのアップだよね、 大した情報も無いのに、あいつ筆遅いし無理じゃね じじいだし
[うし]そこまで言ったら悪いよ お年寄りなのは間違いないけど・・・
[トンボ] この画像も今日だよ こんな記事アップしないで 早く書け
[うし]まー温かく見守るしかなんじゃないの けど私女だし ぼけてるし

車を走らせる、向かうはあのお店

【ベベルイ】
P9170019
富良野に用がないときは何処通る、上富良野の自衛隊から斜め通り入り布部に抜けるのも良いけど、更に山よりの自衛隊の演習地沿いに抜ける道もある。 途中にはベベルイの湧水原始の泉もある。 布礼別(旧農協が宿と食事のお店になってた)通り、麓郷、東山に抜ける。

更に山沿いの道で、樹海小から左折して西達布に抜ける道が最短 夏なら気持ちいいルート 
冬は通りたくないルートなのでノーマルが一番かな 
途中で高速に乗り目指そう。

【阿寒神社の幟】
P9170022
片道300㎞ そろそろ目的地 看板見てたら「雄別」の手前なんだ けど旧炭鉱は見たいけど時間がない。 ようやく目的地に到着 では楽しもう。

【きてぃー】
P9030034
うわー鉄パイプと四角管で出来た、「きてぃー」の首にトラロープ・・・ 大変なことにだれか助けてやって 結びやすい突起ではあるけど 過去記事は 2013/11
四季彩の丘のレアーなキャラ だれも注目してないが、訪問すると見に行く、稀有なマニアの私

【四季彩の丘】
P9030048
夏の観光ガーデンもそろそろ終盤 廻ってみては レンタカーが多く運転には慎重に安全運転に心がけましょう。

ホウズキが咲く源泉地帯を歩く

【ホウズキ】
P9110059
北海道では中々自生では見られないので、以前ここに人が居たことを思わせる、山間の源泉地帯を歩いてみよう。 かなり前から硫化水素と微量の金気臭 大好きな香り(爆 
さーきたよ お迎えだ やや黒い流れ

【流れ】
P9110058
既に温度計突っ込んでるし ミネラル分も豊富ゆえ 藻も大発生で滑る滑る 気をつけなきゃ 
ここは層雲峡の湯を守る源泉 温泉郷からは少し離れていて殆ど知られてなく、訪れる人はマニアのみだろう ついでだから温度計も見てみよう。

【48.2℃】
P9110057
坂の途中が湧出現場なのでここで入浴するのは困難 じゃーもう少し山側に向かおう。 長年あった施設は解体して更地になってた、その源泉と思われる湯発見

【崖下土管の湯】
P9110065
表面は温泉成分と汚れが浮いている、深さは不明ですが、サイズは入れそうな大きさ 入りませんよ。  温度は47.5℃とこのままでは熱過ぎ 水を入れたポリタン持参 下の川水をトボトボ歩いて持ってくるか方法を考えなければいけない。 では下って川のほうへ向かおう。

【川沿い】
P9110094
川に向かう途中にも、何やら塩ビ管から湯気と湯溜まり 付近はぬかるんでるので長靴は必要だよ。 結構な水量です、近づき上から眺めると

【おう穴】
P9110097
旭川の「神居古潭おう穴群」と同じ穴と小石発見! 画像では判らないが、この近辺も蒸気が漂い、おう穴も温泉で満たされてる。 更に下流に向かう

【川岸の温泉成分】
P9110102
これ以上は進めなく今回は撤収しよう、次回はザイルでも持ってくるか(苦笑  

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ