つかもと・西神楽

【つかもと】

以前紹介は2017/11に紹介しています。 ちょうどランチ時 店内は既に半分が埋まり遂に満席に 西神楽では唯一のお店だから仕方ないよね。
今回はカウンター利用 メニューは以前と変わりありませんね、壁のサービスランチも気になりますが

【塩ラーメン】650円

ぱっと見美味しそうに見えますね~ 一口カウンターから見てて黒っぽいボトルからなにか投入 まさかのごま油 ガーン ごま油が支配して最後まで香りが抜けない。 正直ごま油を使うのは好きではない、豚骨ベースと思われしかも黄金に輝くスープが勿体ないよ 麺は安心の中太・中縮れ低加水の旭川麺 チャーシューはクルクル巻いたものが2枚とは立派 未食の味噌も限りなくごま油が係ってそうですね。 次回ごま油抜けないか掛け合おうかな。

つかもと
住所:西神楽南1条2丁目
電話:0166-75-4461
営業:――
休み:――

かんの食堂・滝川

【かんの食堂】


【店内】

幹線通りから一本入る 年季の入るテントが目に留まる 駐車場はなくどうも路駐OKのようだ、 入口を入るとテーブル席・カウンターと反対のは小上がりがある。 すでに店内は地元ガッテン系の先客で埋まる、でカウンター利用に座る ではメニューを見てみよう まずラーメンとそば・うどん 裏にはガッテン系には必須のセットメニュー・定食と丼もの メニューが豊富ですね。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】570円

価格から言って正直驚きの完成度 スープは透明系 魚介は感じない鶏ベースと野菜の甘味をかんじるそんな昔風のラーメンだ
麺は中太・弱縮れ驚きのやや加水があるが、旭川麺よりなのは驚く チャーシューは一枚ながら味付けのしっかりしたタイプです これ好きだな~
実は初回利用した時にメニューを反面しか撮っていない痛恨のミス 2週連続の利用 で頂いたのは

【とろみ野菜ラーメン】700円しょう油

メニューを確認するt謎のとろみってなんじゃ? てことで早速注文 広東麺の下のスープもアンとのこと? ねっとりと麺に纏わりつくあんかけが美味しいぜ
次回はご飯物注文したいな

かんの食堂
住所:滝川明神町2-2
電話:0125-22-402
営業:10:00~20:00
休み:日曜

更科食堂・三笠

【更科食堂】


【店内】

昼近く通ったら並んでた、じゃーてことでひと遊びしてから訪れる。 先客一人 後客一人と余裕でした。 前回紹介は2014/05と少し経っています。
メニューを見てみましょう。 ご飯物以外は少しの値上げあり で注文したのは

【ラーメン】600円

小ぶりな丼とはいえ、値上がりしても600円!! ついシナそばとか中華そばと言ってもいい佇まい スープは透明系でやさしい味 麺は、中加水率・やや太・中縮れ麺 チャーシューは端なのかゴロっとしたのが一つしっかり味の滲みた昔風
年号も令和に変わり平成飛び越して昭和なラーメンだね。

更科食堂
住所:三笠市幾春別町1
電話:--
営業:11:00~15:00
休み:火曜 

更新が進まないぜ ヤバイ

年末で仕事も忙しい中、新たに中古車購入 乗り潰す覚悟で欲しいものネットと睨めっこで更新はおざなり(笑い
それでも外食と温泉は利用 画像がたまるタマル じゃ年内最後だしいっぺんに出す
画像クリックすると拡大します。

【讃岐うどん 千幸】
温玉肉うどん


【風の寄り道】名寄道の駅


【そば茶屋 季】(みのり)


【ささき】


【そば源本店】


【山恵】




【すずらん】


【奴】


【レストランそばの里】

料理の詳細は後で追記するかも?
年内の更新はこれで〆ます、拙いブログですが訪問有難うございました。 2019年もお気軽にお立ち寄りください。

味処 新町・上富良野

【味処 新町】

上富良野のお店  絶滅危惧種と言われる地元密着店は何軒か訪問したのですが、存在自体は知っていたのですが初訪問 場所的には元ふじスーパーの横 フラヌイ温泉手前かな
暖簾はいい感じで草臥れてる 旭川の製麺所の名前も確認 では暖簾をくぐろう

ランチ時間の過ぎた時間なのですが、ほぼ満席 カウンターを利用 小上がりとカウンターの店内 隣の高齢のお客はなんと真っ赤なラーメンを新聞片手に啜ってる。 ではメニューを手にとってガン見 まずラーメンですが基本三味の他に特製と名の付くラーメンからセット物もあります。 更にめくると定食物・丼物と続きます。 中々決められませんで、ふと上の手書きPOPを見ると気になるメニュー発見 エビワンタンめん・大人のラーメンなか判らないけど面白いね その下には「らくようきのこラーメン」でた~ らくようだ!!
地元で採れる筈なのになぜか滅多に見かけることがない。 天然物しかないし近年唐松林も手入れされてなく減少してるのもあるのかな? 勿論頼んだのはこちら

【らくようきのこラーメン】850円

お久しぶりですキノコ 秋口に採った自宅のキノコは既に食べ尽くした。 しょう油味」だね 豚鶏ベースに多目の脂が乗るスープで魚介は感じないシンプルな味にキノコから出る旨みが染みます。
麺は旭川の麺でやや加水・中細で中縮れがベストな茹で加減がうれしい これに麩・海苔・メンマ・ネギとお目当てのらくようきのこがトッピング
冷凍保存されていたと思われるきのこがドーン 多目の脂が熱々で焼けそうになったので食べるときは注意だね。 カウンター横で真っ赤なラーメン食べてたご高齢な方はまだ食べてる ゆっくりたべてね。
地元に愛されてる食堂だ。 これからも長らく続けてほしいですね。

味処 新町
住所:上富良野町宮町
電話:0167-45-4088
営業:11:00~20:00
休み:不定休
宮町が住所なのに何故新町ってこれ如何に

マロニエ・美瑛

【マロニエ】

国道沿いのドライブイン 最近ドライブインて聞かなくなってね 前回紹介は、2017/07です。 これから夏に向けてもっと花の鉢が増えていくよ やや昼を過ぎた時間帯 其れなりに地元の常連が利用 
メニューを見てみましょう、麺類・ご飯物 裏は定食とセット物 メニュー落ちがありますね、カレー類・カツ類・定食からも数種 食べてないよ~
気を取り直して頼んだのは

【玉子丼+ミニ塩ラーメンセット】700円

カツ丼じゃ重いからこの組み合わせがお好み ミニラーメンと言えども中々なサイズでスープたっぷりなのが嬉しい シンプルな面構えに基本のトッピング 大好きなキクラゲが嬉しい 
透明系のスープは豚骨ベースで脂少な目 塩も円やか 麺は細目・強めの縮れ・中加水の麺(変わった?)の麺 偶々なのかは不明 チャーシューは固めで味が染みたのが一枚 玉子丼はちょっと苦手な汁だく系 単品なら、丼もラーメンも毎日安心して頂ける味付けですが、ガッツリ食べたいセットどちらかガツンが欲しい けどこの価格は嬉しいよね。

お食事の店 マロニエ
住所:美瑛町北町2丁目3
電話:0166-92-0182
営業:9:00~20:00 冬季11~3月19:30で閉店
休み:不定休

大衆食堂ひぐま・名寄

【ひぐま食堂】

旭川から進むと中心街の手前 名寄は正直 精力的には訪れる機会が少ない 何故って今一温泉がね。 何処かに人知れず湧いてるって言うにも聞かないからさ。 ラー友のjetsさんがヘビーローテ 気になって仕方ない 行くしかない
外観はいい佇まい  店名が書かれてると思われる看板は食堂好きは年季が入ってるとも言うが、普通は○○ねーなと思うかは貴方しだい では初利用のお店を紹介しよう。

【店内】

入り口を入ると、厨房とテーブル席

【小上がり】

右手に小上がりのスペースがあり、幅広い年齢層に対応しています。 今回は小上がりを利用 メニューを見てみよう、ボリュームが多いと聞く、定食・丼物は種類豊富 裏はラーメンを筆頭にそば・うどんと続きます。 お奨めのメニュー表も で選んだのはラーメンメニューの先頭のこれ

【マーボラーメン】850円

注文する時に、「辛いですよ、大丈夫」と一言ありの一品 ラー油が香る 基本のスープは多分透明系の豚骨ベースと思われる。 それにひき肉少な目・山椒も少な目・辛味は南蛮がメインにやや緩めの餡でからめた、ネギと豆腐が乗る。 辛味度は個人的には5最高で3よりちょい上程度で許容範囲 ストレートに辛味が来るタイプ 麺は低加水・縮れ弱め・細目の麺があう 
地元で愛される食堂 メニューも多く全てチャレンジしたい気はあるけど無理かな 温泉ないし そこかって 私の場合そこです。
何時までも残ってほしい食堂がまた増えました。 ガンバレ

大衆食堂 ひぐま食堂
住所:名寄市西4条南11丁目
電話:01654-2-2690
営業:11:00~20:00
休み:--

四条食堂・市内

【四条食堂】

お久しぶりです かーさん また来たよ ブログ紹介は2016/12以来ですがお忍びで来ています、あんな時とかこんな時に(笑
休日にソロラー 事前に車の駐車の仕方聞いていたので多分こうかとと停めるも、かーさんにダメだし喰らって移動 と何時ものドタバタ劇開催 雑談した後は何時もの

【しょう油ラーメン】650円

これこれ 豚骨ベースの濁り系 節系の香りも加わり結構主張すて中々パンチがあります。 脂は多目で熱々  これ重要ってどこが?  麺は、低加水・中細・中縮れでカタメンの茹で加減が嬉しい。 チャーシューは昔風の味濃い目でシッカリタイプが美味しい。
けど一見さんは躊躇するのは間違いお店だよね 正直 女子が集う雰囲気は皆無だし、常連さんしか来ない雰囲気プンプンですが 是非一回訪れるのをお奨め
PS:今年は3条通りの上川神社の露天は無いらしい 寂しいね 昨年はチャリで訪れ四条食堂さんで、一杯飲んだ記憶

四条食堂
住所:旭川市4条通17
電話: 0166-23-6886
営業:--
休み:-- 

あおい・剣淵

【あおい】

2018/04の記事で今月一杯で開店から50年目で炉蓮を降ろす、R40号の名店の中でも個人的には上位に位置する剣淵の「あおい」さん 閉店を知ってから2回もふられて、遅くなってしまった。
間違いなく平日に仕事帰りに剣淵までひとっ走り 良かった開いてるぜ 暖簾を潜るぜ!

【店内】

このお店の佇まいもあと僅か 格安のメニューは変わらないね。 で注文したのは

【野菜ラーメン】700円

初めての野菜ラーメン やや薄めの餡 具沢山 紅生姜がのるのが珍しい。 味は塩 豚骨ベースと思うが、バランスのいい味ですね。 ただ沢山の具材でややスープが薄まり塩分・旨みが薄まりった印象なのは残念かな
個人的には、ノーマル三味ラーメンがお奨めかな けど丼・ご飯物あまり食べていない あー猶予はない
土曜日は何やら収穫予定で行けない 日曜は定休  また仕事帰りに行くか 残り少ないぞ 

理尾・小平

【理尾】

ラーメンブログの尊敬するesさんが、ヘビーロテするお店 以前道央にあり何回も通り過ぎたお店 このドアも小平に持ってきた模様だ、余程思い入れがあるんだね。 
店内はテーブル席と、小上がりがあり、窓は一面海を望む、夏は海水浴で大賑わいのビーチですが、冬の間にゴミが溜まっちゃったね。 シーズンには清掃してスッキリとする筈
メニューを見てみましょう、時間的にランチメニューになります。 生たまごが4個も付き頭で想像するが思いつかない【自然卵玉子かけごはん】なんてあり、大いに悩む ここは奮発してこちら

【三元豚ロースかつ定食】1.000円

別盛りの時もあるらしいが本日はワンプレート 懐かしいごはんの型使用(昔カレーってこれ使ってたね) キャベツにのるカツは、想像はしてたが、大きさと厚さは凄い! 切れ目は本当にジューシーさが分かる。 
サクサクの衣が心地よく、その奥のロースがこれまたメチャ旨い 唸るほどのレベル これに小鉢と汁物が付く 脂身が実は苦手でしたが、これが美味しいだよ。 最近食べた中ではベストですが、このボリュームで満足々々 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

綺麗なラーメンですね 中濁りのスープ やや多目の脂が覆う 豚骨ベースで魚介系も加わり、塩分としょう油のバランスで食べさせるスープは絶品です。 薄いが大きめな赤身のチャーシューは最近散見するスタイル 
麺は札幌のメーカーが作る、やや細麺・中縮れ・低加水率の旭川インスパイアー麺は、一時コート麺とか言われた麺とは違い、実にお美味しい麺です。
ここに合わないだろう言われるタマネギ 刻んだ物は散見するがこちらは驚きのスライス状 これが邪魔ではなく合ったるから不思議 センスなのか腕なのか残りのメニューも気になるレベルの高いお店 夏になる前に是非お奨めしたいお店
料理が届く間にレジの横にメニュー発見 
<夜メニューです。>了解を頂いてパシャリしたのはこちら 一品料理丼・パスタ・焼そばドリンクこれは海水浴横目にキャンプする価値あり もう一枚には、とんこつ・辛みそ・えびフライカレーなんてあるのは謎のメニュー
注意として現在だけなのか不明なのですが、ラーメンは数量限定ですので悪しからず。
オンシーズンになる前にまた行かなくちゃいけないお店 超おすすめ 
オロロンラインには何故かトンカツが一押しの店が並ぶ 鬼鹿「すみれ」 力昼「ドライブインさわ」 そして「理尾」と続く 理由があるのか無いのか、たまたまか  

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

おかめ・東川

定食 おかめ】

また来てしまった東川の「おかめ」 本当は、奥の々のカフェに行く予定でしたが、開店にてるのを確認してUターンして吸い込まれるように入店 過去記事は、2017/02に紹介しています。 店内は変わらないく、テーブル席が余裕ある配置してあり、本日もほぼ満席状態です。 暖簾が濃緑に変わりましたね。 メニューを見ると変わりないですね。 まず、久しぶりの登場の姉が選んだのが無謀にもこちら

【炒飯定食】600円

ちょっとこの角度ではやや大盛りと思うフォルムですがこちらではどう


結構な標高ですね。 勿論、お持ち帰りOKと話してるので、半分は持ち帰ろうと手をつける前に作業進める(笑い 私が選んだのは、何故か被った

【生姜焼定食】750円

ガッツリボリュームなのは変わりない、薄目の肉が多く見かけるなか(こちらも好きですが)、存在感をこちらの圧勝 小鉢も付く や~満腹だ 同行者が選んだのは

【そば定食】650円

どんぶり飯にそばと漬物も加え三つの小鉢 こちらも中々な破壊力 こうなるとお隣さんが注文した親子丼定食が気になりますね。

定食 おかめ
住所:東川町西町9丁目1-24
電話:0166-82-5282
営業:11:30~14:00
休み:月・火曜

ささき・市内

【ささき】

いつもの「ささき」さんだ! 2016/04紹介時で「あんかけ焼きそば」がメニュー落ちして、暫らくたった ここいらで餡系がヤバイかな(遅すぎか)と思い訪れた。 勿論ピカピカなカウンターが出迎えてくれるのが、本当に嬉しい。 メニューを見てみよう おー餡系の五目は健在 で餡かけ好きの同行者を差し置いて頼んだのは

【五目ラーメン】750円

やや緩めの餡がかーさんらしい 辛口(中華味)と書いていますが、全く辛くないのはご愛嬌 煮干しってますね。 じわじわ来る旨みがいい、 完璧な茹で加減の麺は低加水の旭川麺 野菜達の中に、チャーシューではなく豚バラ肉が入る 旭キク連に名を連ねる私にはキクラゲは外せないよね。
同行者が選んだのは

【ギョウザラーメンしょう油セット】750円

手作りの餃子が4個つくセット 3個しかない待ちきれず既に一個食ってるし(笑い
こちらは定番メニュー 美味しい料理は笑顔になるね。 何時までも続けてほしいお店です。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

日の出食堂・市内

【日の出食堂】

何時もの食堂 今日も満席だ! 紹介してる以上に絶賛利用中!!
市場内で今では唯一の食堂 何回も利用すると、画像が変わらないのが難点ですが 勿論注文は

【オムライス】550円

線を引くケチャップから最近はトロッと垂れるスタイルが鉄板 勿論、薄焼き卵に隠れてるのは、王道のケチャップライスが鎮座がいい。 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】500円

豚骨ベースの優しいスープは万人が満足だよね。 ただこれが一般的に思う旭川ラーメンかと言うと疑問も残るのも事実 
器を覆う脂と濃い目のタレを想像されると思いますが、今も残り頑張って営業中、あるいは既に暖簾を降ろした旭川食堂系にはこれに当てはまらない店もあるのが事実
 
市内には過去地元(町内)密着の食堂が多数有り たまたま注目されたのが、濃厚なラーメン これが一般的に旭川のラーメンの認識となるのが現実 
新規店舗はより融合して正直なにがなんか分からなくなっている。 がこれがまたレベルが高いお店が多く、ラーメン好きとしてはこれはこれでチョッと嬉しかったりする。 近い将来、食堂系は暖簾を降ろすのは目に見えているのは仕方ないか。
また利用するね・・・「日の出食堂」さん

何時か、注文したいメニューは・・・かけラーメン+カツ丼だったりするが、誘惑に負けて未だ注文出来ず。

某秘密結社に集う

【またまた・あつ

今夜は、特異な分野の集り 小規模ですが、実は凄まじく濃厚で咽るほどの仲間 バスで向かう

【としちゃん】

今回利用したのは、永山一番通りの「としちゃん」初めて利用 電飾が迎えてくれた。以前は居酒屋メニューありましたが現在は、食堂メニューのみとなっています。 店内は思いのほか広く カウンターとテーブル席・右には小上がり完備しています。 思えば移転した「屯田ハウス」があったとこだね。
早く着いた仲間は既に一杯やっています では

【合流 乾杯でちゅ】

追いつけ追い越せとピッチが進むぜ 
メンバーの一人が転勤に・・・ 非常に残念ですが、まー時々現れるのは間違いないけどチョッと寂しいのも事実 留萌方面はお任せって雪多くて厳しいぜ
ここからは一気に料理紹介

【唐揚げ】

追加注文間違いなしの オーナー自慢の一品

【ユーリンチー】


【チキン南蛮定食】


【ハムカツと何とか 忘れた】


【麻姿豆腐】

他にもあったっけ それに多量のジョッキー 
閉店までいた、これだけ飲んで食って3.000円でおつりがきた、ご主人美味しかったよ また寄らしてもらいます。

●としちゃん
住所:旭川市永山7条13丁目
電話:0166-47-5512
営業:11:00~14:30 17:00~21:00
休み:日曜 

つかもと・西神楽

【つかもと】

旭川から美瑛に向かう西神楽で古くからあるお店だよね。 
ただ地元民以外で気付くことが少ない 目だって居ないだ 暖簾は無いし、やや引っ込んだ位置にあり 開店してるのを確認するのは、シャッターが開いてることと、小さな「商い中」の木札ノミだけ(笑  やる気在るのかと突っ込みたくなる程
当ブログでは初紹介ですが、実は2008年に利用 その時の画像 メニュー 頼んだしょう油ラーメン

店内 入って直ぐに相席可能な大きなテーブルと小上がりと変わらない。 現在のメニューを見てみると、僅かな値上がりしていますが、今でも懐に優しい値段 どれにしようか悩んでると、壁にボード発見 本日のサービスランチ(ラーメン定食) 聞いてみるとライス・小鉢が付くとのこと じゃこれ下さい。

【ラーメン定食】650円

しょう油ラーメンに一口カツの小鉢・漬物にライスがつきこれで650円と超お得なセット 思いのほか脂が覆う 一口目はしょう油なのか塩かと思うほどタレが主張しなく、野菜の甘みがグッ来て、後からしょう油を感じる豚骨ベースのスープ
麺は中太・中縮れ・低下水率の旭川麺がよくあう。 チャーシューは脂身と赤身のバランスが良いのが一枚  個人的にはもう少し塩分があればと思うが、この近くの工場の出前が多いお店 毎日でも食べれるラーメンだね。 JR・バスの時間があえばここでオフ会したい位気になるお店です。

つかもと
住所:旭川市西神楽南1条2丁目
電話:0166-75-4461
営業:--
休み:--(多分日曜・祝日はお休み)
平日も近所の弁当出前が済むと不定期で休むので要注意

美珍楼

【美珍楼】

末広ダイイチ店舗内のお店 過去記事は2016/04に紹介 最近 ラーメン仲間のクサイダーさんがヘビーロテ!中 私も続こう。 オープンスペースのお店 今日も賑わっています。
前回紹介は広東麺でしたが、同じような名前の「五目あんかけラーメン」って違うのだろうか? 確認も兼ねて注文

【あんかけラーメン】600円

火傷しそうですが、ラーメンこうじゃなくちゃ 最近、妙にぬるいラーメンに遭遇することが多くないですか? 透明系のしょう油ベースの上に熱々の餡には具材がどっさり! 広東メンと五目あんかけラーメンは全く同じもの結論しよう。
紛らわしいといえばその通りですが、さらっと流して 同行者が注文したのは

【五目焼きそば】600円

横に辛子が無ければ、広東麺のフォルム これまた餡が厚いぜ! 最高 餡の下には両面におこげの麺が隠れています。 安定した味で、お手頃な価格設定 いつも賑わってる訳だ。 全制覇を目論む人がいるのも頷ける。

美珍楼
住所:旭川市末広1条7-1-34 ダイイチ末広店
電話:0166-57-6430
営業:11:00~19:00
休み:--- 

珍来・赤平

【珍来】

今年の栗拾い 三名で向かったものの、今年は少ない・小さい・虫食いで散々 あえなく退散 何処行こうかと考えて向かったのは、赤平のお店 過去記事は4回紹介しています。
店内は変わらなく、テーブル席と小上がり完備 メニューを見ると過去記事と変わりなく嬉しいですね。 で注文したのは 気になるスペシャルラーメンに次ぐ高価なこれ

【トンカツラーメン】900円

しょう油ベース 丼がやや小さめなので見た目はドデカイ かつが目を引く。 円やかなしょう油出汁は魚介系はほんのりで、優しい味 麺は中加水率・やや細・強縮れ札幌寄りの麺 高価な部類のカツラーメン 注文する方も期待するよね・・・  カツが思いのほか薄いのが非常に残念 同行者が選んだのは

【みそもやしラーメン】650円


【しょう油ラーメン】600円

画像も三つ続くと結構押し強いね(爆 土鍋のなんこラーメンを食べる地元・「久しぶり!」なんて会話が飛び交うお店 何時までも残ってほしいお店です。 次回は最高額のスペシャルラーメン1.000円にチャレンジか? それともナットラーメンか(爆

珍来
住所:赤平市大町1丁目2−23
電話:0125-32-2628
営業:0:30~18:30
休み:7の付く日

大門・市内

【大門】

超昔々に利用した筈 既に記憶のかなた とあるランチ時の訪れた 店内は牛どん屋風のコの字カウンターとテーブル席・小上がりは変わらないと思う。 利用客も居り中々の繁盛店 開店当時からカレーとラーメンのお店を貫くのもそのまま
カウンターに座り、メニューを見よう ラーメンとセット物 自慢のカレーと丼物と続く 黒カレーは外せないから 選んだのは

【しょう油ラーメン+黒カレー(ミニ)】800円

黒カレーと言えば、富良野JA春日の近くの今は無きお蕎麦屋さんで食べた「黒カレー」目茶苦茶美味しかったのを、今でも記憶してる。 こちらの「黒カレー」は本格的な味 一口目は辛さは感じませんでしたが、ジワジワ辛さがきいてきます。 深みがありますね。 辛さの注文も出来ますが、何も効かれなかったのですが、甘口・中辛・辛口から選べます。

ラーメンはどうでしょうか? これまた美味しいね、中濁り系のスープに魚介系も感じる。 チャーシューはチョッと薄めですがサイズが大きいのが嬉しい、麺は、やや細・中縮れ・低加水の旭川麺で茹で加減はバッチリ

ここでチョッと考える、カレー・ラーメン共にレベルが高いので、セットで頂くとカレーの辛さと香辛料が邪魔をするような気がするので、次回は個人的にはどちらか単品で頼みたいな~  同行者が選んだのは

【酸辣タンメン】730円

サンラーとかスーラー呼び方はあります。 野菜・海鮮・キクラゲ達 正直「酸辣タンメン」初です(爆 表面に辛~いブツが一かけしてるの想像してた。 なんか優しい味だね。 大門さん、現在も出前をしてる貴重なお店で地元に愛されてる密着店

大門
住所:旭川市神居二条21
電話:0166-61-5557
営業:11:00~20:00
休み:月曜

林道食堂・白金

【林道食堂】

結構年季が入ってきた加藤ラーメンの名が入った暖簾 初紹介は、2008/12 その後、2013/07と紹介 それ以上に利用はしています。 店内はお土産物と食堂が併設なのは変わりない。 メニューは以前の写真ベースではなく、シンプルに変り 裏は英語表記が今を感じる。 じつはこの店が「ラクヨウ」をトッピングするお店 では注文しよう。

【白金(山菜)ラーメン】700円

よぅーく 目を開けてみてよ 茶色いのがキノコ レンゲで掬うと分かるね。 野菜も多種入り、中透明系のスープは豚鶏ベースで魚介系は感じないが、マイルドな味がいい 脂が少なめなのもこのスープにあうと思います。 麺は旭川の加藤製麺の、中太・中縮れ・やや加水のある食べなれた麺がカタメンで 美味しいね。 食後支払いを済ます時、きのこ取っているのですか? と尋ねるとなんと! なんと! 
現在は店で売ってる瓶詰めのラクヨウを使用してるとの事・・・ しかも製造は長野県って ラクヨウをトッピングするお店は三軒と言いましたが、これは困った現実に直面 最低でも道内産ならと思いますが、やはりカウントには加えられませんね。
しかし、山菜好きには外せないラーメンには変わりない。 そんな事を思いながら 同行者が注文したのは

【みそ野菜ラーメン】700円

もやしが中心になります。 合わせ味噌と思うが、赤味噌がやや主張 やや酸味もありあっさりしながらも旨みがあるスープです。 同行者の友人で、旭川から時々訪れる方いるとかいないとか(笑顔

温泉好きには、「林道食堂」さんは温泉引いており 現在は宿泊が出来るかは不明ですがその昔、温泉友の「いっち」さんが宿泊しているのが、唯一の貴重な情報となります。 
次回訪問時には、聞いてみようかな。 誰か同行する人いる?(爆

林道食堂
住所:美瑛町白金 白金温泉
電話:0166-94-3036
営業:--
休み:--
住所:

ささき・市内

【ささき】

中心街から離れ、住宅・工場・パチンコ等が混在する場所にあるお店  当ブログでは登場回数が多いお気に入りのお店です。
尊敬するラーメンブロガーのesさんが紹介していて気になっていた「ささきさんの 冷やしラーメン」 紹介が遅れ今期の提供は終了してる可能性は大なのはご勘弁
夏が来るとメニューが画鋲でとめられ登場 勿論今回はこちらを注文 何時ものピカピカカウンターで待とう

【冷やしラーメン】600円

通常お店で提供される夏メニューの冷やしラーメンは殆ど食べない、正直家で食べても変わらないと思ってる。 昔々南6条通りで開店したお店にスープタップリの夏メニューがあり、これアリ!と思ったが何故かすぐ閉店(noriさんのHPで調べると「きずな亭」のようです 流石noriさん) 久しぶりにスープタップリの冷たいラーメンです。 
温かいラーメンとフォルムが変わらないのでついついフーフーしちゃいますね。

温かいスープとは別仕立て、優しい味は変わらなく、やや甘めの味にほんのりと酸味がありトッピングのキムチがいいアクセントになり、これは美味しいですね。 やや盛岡ラーメンに似てると言えるが、それ程パンチが有るわけではなく、旨みで勝負かな
麺は変わらないと思いますが、冷やして頂く麺は、加水率高めに感じます、願わくはもう少しスープが冷たければと思いますが、これがデフォのようです。 来年の楽しみが出来ました。
過去記事:2011/03 2013/03 2013/12

ラーメンのささき
住所:旭川市旭神2条2-16
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ