まる・東神楽

【まる】
P7150013
正直毎日暑いぜ・・・大好きな「○」さん じゃなく「まる」さん 紹介は2014/12/に紹介 すっかり人気店の仲間入りだね 駐車場が満車で諦めたこと数回 今日も駐車場満車 けど今日は余裕もあるし待つもよし
玄関の中には椅子も二客あるのでゆっくりと順番をまつ 15分ほどで席に着く メニューを見てみよう 蕎麦メニューサイドメニュー何と価格が変わっていないかな・・・多分 で注文したのは大好きな

【鴨せいろ】1、380円 十割+70円
P7150021
混んでいて時間が掛かるけど、オーナーの人柄なのかな ホンワカした待ち時間  
さー登場 いやー美味しいね。 私の好みにドンピシャリ 焼き目がつく長ネギ 鴨の油が香るつゆ 今日は既に二八が売り切れで十割+70円 更科ほど白くはないそばのコシよし 本日の蕎麦は上川産を使用 
そんなこんなして、堪能してるとなんと、同行者の注文した、「すだちそば」の画像撮るの忘れたぜ! 痛恨のミス まー間をおかずに利用するから後でと言うことで
いつもテーブルに添えられた小花を飾り、気の使いようが分かるね。

まる
住所:東神楽町南1条2丁目6-9
電話:0166-73-8841
営業:11:30~15:00 早仕舞いあり
休み:日・月曜

旭川の最高地点は?

P7150009.jpg
ある日 ハタッと思った。 旭川市内で一番の標高地点てどこなのか・・・ 市内の近郊なら嵐山(253m)・旭山(295m)・サンタプレゼント(338m)・スキーリンクス(745m) では峠では幌加内峠(470m) で調べて行くと当然市内と思ってた嵐山が実は鷹栖町でした(驚き ビジターセンターがギリギリ市内とは、知らなかった。

視点を変えて山を調べると、千歳山(441m)・増子山(505m)・神居山(799m)・留辺蕊山(858m)・岐登牛山(456m)・上米飯山(623m)・米飯山(919m) おーそろそろ1000m越えか
市町村境界線たどると、無名山ながら三角地点に気になる数字 1247m なんと旭岳の山麓駅(1100m)より高い 旭川峠(963m)と聞いてピンと来る人はなかなかの林道通 峠から4キロほど進むと最高地点の三角点 ここは無名山ながら三角点の名称から、 通称ピウケナイと呼ばれています。

【ピウケナイ展望台へ続く道ですが、現在施錠中】

P7150007.jpg
残念ながらいつ車で行けるか不明 4キロ徒歩は流石にキツイしね~止~めた(爆 
愛山渓の途中から米飯を繋ぐ「愛山米飯林道」は砂利道を気にしない人にとっては(オフロードバイクなど)には最短道路と認識されてるらしい

注意)現在、昨年の台風で通行不可で超復旧中で入り口も施錠されていますが、稀に開いてることがありですが、ラッキーなんて思って進入するのは、絶対止めてほしい。 
それは偶々であり遊んで帰ってきたときには施錠されてパニックになる事100%確定 土日に閉じ込められたら記載されてる電話番号なんて繋がらないよどうする・・・それでも行く覚悟がある勇者、出来ればピウケナイ展望台からの画像をお願いします。 

増屋・上富良野

【増屋】
P7090027
酷暑が続く、熱いラーメンも段々欲しなくなってきた みんな元気してますか~ 以前初回したのは、2012/01で久しぶりになります。 昼ちょい前に縄暖簾をくぐると既に9割埋まる、大盛況。 

【店内】
P7090023
この画像は お店の店内も殆ど変わりなく、L字のカウンターも小上がりも変わりないし、厨房のフライパンオールスターも健在 エアコンが無いのでムシムシしています。上記画像は、混雑で利用制限になった後 メニューを見てみよう。 左に麺類 右に丼・定食と並ぶ で選んだのは 私にしてはめずらしい期間限定のこちら

【韓国冷麺】870円
P7090034
業務用と思われる錦糸卵とハム 自家製の美味しいキムチは、日頃食べなれてる味ではなく、後で同行者に聞くと、これが本場韓国の味らしい。 これにキュウリとレッドオレンジ・スライスオニオンが添えられます。 
麺は強い圧力で押し出して作るタイプで半透明のストレート麺 タレは盛岡冷麺とは全く違う味でちょっと表現できない味 さっぱりしてるので、スイスイ進み完食
ツワモノの同行者は、この暑いのに

【みそラーメン】770円
 P7090033
メニューに記載されるように (辛味)っぽい外観ですが一口 思いのほかマイルド辛味で食べやすいですね、みそはデフォで野菜がのります。 白菜・もやし・玉ねぎとサイコロ状の椎茸 ひき肉を加え旨みをだしていて、チャーシューはつきません。
麺は肌白・やや細・中縮れ 中加水率の旭川寄りの麺 
マイルドでとても美味しいと思いますが、もう少し涼しくなってからまた頂きたいですね(爆

増屋
住所:上富良野町中町2-1
電話:0167-45-2679
営業:11:00~21:00
休み:水曜

お食事の店 マロニエ・美瑛

お食事の店 マロニエ】
P7080020
何回も通る富良野線(237号)沿いのお店  ラー友で、山頂で食べる「山ラー」好きな「じぇっつ」さんが紹介しており、今回初めて利用しました。
国道沿いなので、以前はドライブインと表記してたと記憶 お店前の鉢花が綺麗ですね。

【店内】
P7080005
明るい店内・思いのほか広く、入って直ぐにテーブル席 奥に小上がりがありどの様な客層にも対応可能ですね、テーブルのメニューを見てみましょう。 麺類・ご飯物にはラーメン・うどん・そば・ご飯物 裏返すと定食・ラーメン(小)セットになります。 定食に50円プラスでラーメン(小)のセット!!凄くお得です。 ですがそんなに食べれないし で大人しく選んだのは

【しょう油ラーメン】600円
P7080010
鶏基本で豚骨も感じる透明系スープ 油多めで鰹系も感じます、しょう油とのバランスもいいね、麺は肌白でやや細・中縮れ・旭川よりの低加水率の麺で茹で加減バッチリ チャーシューは小振りで赤身が多く、味付けのハッキリした昔風が二枚 大好きはキクラゲとメンマ・子ネギがトッピング 
個人的には油が強く動物系が薄い鶏ベースは小ネギ 動物系が強い豚骨には普通のネギが合うと思ってる私なのでとても美味しく頂きました。 早く暖簾をくぐれば良かったと思わせるお店 

ラーメンを待つ間、常連客と思われる方が注文したのは、なんと「ジンギスカン定食」って・・・・ 気になるよね。

お食事の店 マロニエ
住所:美瑛町北町2丁目3-20
電話:0166-92-0182
営業:9:00~20:00
   :9:00~19:30(11~3月)
休み:不定休

まるとみ食堂・芦別

【まるとみ食堂】
P7010038
旭川から向かうと、道の駅に向かうバイパスと市内に向かう交差点にあると立地的にはいい場所なのですが、奥まってるので何故か目立たないお店で、地元民に愛されてるお店
利用時も、しっかりと利用されていました。 以前紹介は、2013/01以来で、4年ぶりで久々の紹介 店内の佇まいもほとんど変わらず、テーブル席と奥に小上がりがあるスタイル。 メニューを見てみると、変わりない価格が嬉しいですね。 こっちのメニューも紹介しよう。見ると何時も悩む・・・ お店お勧めの「ジンギスカンラーメン」 悩んだ末にテーブルに登場したのは、何時もの(爆

【しょう油ラーメン】550円
P7010031
以前紹介と変わらない佇まい。 透明系で醤油も優しく野菜の甘みも感じる、 麺は中太・中縮れ・低加水率の麺 茹で加減バッチリで嬉しくなるね。 チャーシューはやや薄めなのが一枚 三色ナルト・麩・メンマがのる。
長年営業してるには理由があるよね、安定してる味で、安心して頂くことができます。 それにしても店一押しの「ジンギスカンラーメン」いつ紹介できるのでしょうか(謎

まるとみ食堂
住所:芦別市北5条西1
電話:0124-22-3098
営業:11:00~21:00
休み:--

謎の湯

【こんなところ】
P7090043.jpg
廃路と言うほど荒れてはいない道を、進むと今は営業してないラブホと思われる建物  車はここまでで、更にこの奥を徒歩で目指そう じゃー行くね・・・ 轍がひどく、車で来たら絶対亀の子状態 徒歩で正解
暫らく進むと、だんだんヤバイ感じがムンムン

【徒歩でも進む気が無くなった】(爆)
P7090042.jpg
この奥から更に草ボーボーで進む気半減 止~めた(軟弱!) 、実は資料も読みながらGPS変換してたら、この近辺で思いもしない情報があったりも含め、あんな所とかそんな所にも、何かが・・・秋に再チャレンジだね

虹のむこう・市内

【虹のむこう】
P6240025

【カウンター席】
P6240007
新しく出来たお店 最近開店するお店の評判はいいよね、その中のラーメン専門店 店内は厨房を囲むようにL字のカウンターと奥には、テーブル席があり、今回はカウンター利用です。
カウンターの正面に張ってあるメニューを見てみましょう。 煮干しベースのしょう油・塩にベジソバと居たってシンプルで悩むことも無く、注文したのは

【しょう油煮干しラーメン】700円
P6240016
丼から煮干しの香りがします。 素敵なビジュアルですね、スープを一口 香りがとてもよく、エグ味も無く丁寧な仕事ぶりが伺える。 低加水率で縮れが弱くストレートに近い麺 チャーシューは程よい程よい噛み応えの在るのが二枚 メンマは無く代わりに北海道と言えば「根曲がり竹」が乗り、とてもいいアクセントになります。
スープは煮干し・昆布・椎茸のみで、動物系は使用していなく油は米油を使用 化調無使用と拘っています。
最近拘りすぎて味が残念なことになってるお店を見るに付け、その結果味も何処に向かうのか不明・値段も高く 正直なんじゃこりゃーと思う私ですが、虹のむこうさんとてもシンプルな和風で仕上げたしょう油ラーメンはとてもレベルが高いと思います。 ただ個人的に残念なのが、麺 低加水・細麺なので時間が経つとノビノビ 低加水の麺が基本の旭川ですがここまで細いと流石にノビノビ やや加水するか、もう少し太くすると更に美味しくなると予想 細麺に拘るなら、美瑛の「ちゃい」さんの麺で食べてみたいな(笑い で同行者が注文したのは

【ベジソバ】750円
P6240010
ベジとはベジタブルの略? 一時流行った時期も、食べたこと無し 今回初めての体験 塩ベースに人参加えたスープ スープを飲むと結構塩分もあり、粘度もあります。 小皿にはゆず塩とトマトで味変 やはり麺が残念 粘度のあるスープとダマになり掛けの麺が濃い目スープを全て持ち上げる。
 そんなもんだと言われれば、「そうですか」としか言えない初心者ですので悪しからず。
一日分の野菜が入ってるそうで、その日の仕入れと季節で野菜は変わるとの事 今日の野菜も盛り沢山

【塩ラーメン】700円
P6240014
美しいビジュアル しょう油より煮干しを感じ、とても美味しいスープ  スープの完成度が高いので、惜しむらくはやはり麺だね。 本当に残念
でも今後が期待できるお店ですね。 

虹のむこう
住所:旭川市春光4条9丁目
電話:090-8425-5539
営業:11:00~20:00
休み:--

西乃家・東川

【西乃家】
P6040070
日曜日 トムテさん・笹寿しさん・ほ~むきっちんさん共にお休み なんだ本日は・・・ そう言えば、運動会やってたなそんな関係かな
途中にお寿司屋さんがあった筈と思い、暖簾を潜ろう。 初利用の「西乃家」さんです。
テーブル席とカウンター席の店内はやや狭目で、既にテーブル席は埋まっていたのでカウンターへ こ綺麗な店内ですね。 
メニューを見てみましょう、お寿司のメニュー蕎麦とのセットメニューがありますが、営業を通してのメニューなのかランチ限定なのかは不明なので、ご注意下さいね。 で注文したのは

【天ぷらそばセット】1.000円
P6040060<br />
更科風の細めの蕎麦・天ぷらは海老二本とピーマン・なす それにお稲荷二個 つけ汁は一つなので天ぷらの脂が苦手の人は塩でいただくのも一つ
そばは手打ちではありませんが、普通に美味しかった。 ジャージの若者にはちょっと物足りないけど、私には丁度いい量です。 そういえば回りは人生のベテランが多かった。 同行者が選んだのは

【天そば・生ちらしセット】850円
P6040061
最初に出てきたとき一言 「玉子とじ」ない 大丈夫直ぐに登場で安心した模様 ちらしに大好きな「つぶ」が入ってると大満足
はたして寿司屋なのかそば屋なのか まーどうでもいいけど 値段も手頃なので、普段使いなら十分なお店と思います。

寿司「西乃家」
住所:東川町西町4丁目2-20
電話:0166-82-5057
営業:-- 
休み:--

某源泉を探そう!

【ドロドロ道を歩いた軌跡】
bouonsen.jpg
小雨降る道北 時々強い雨も・・・ 長年探してた源泉ポイント 温泉施設より低い地点にある源泉は揚湯ポンプの電源が行ってる筈と電線を探してた場所で暫く放置してった温泉 
今回も遭遇するピンクテープを見つけてここかなんて思い突破試みるも、生い茂った草に阻まれ撤退を繰り返す。
川沿いの道かなど思い突入したが、最後はドロドロの道 戻るのも大変、これじゃ無い。

自宅に戻り今日のGPSデーターと、国土地理院地図・航空写真・グーグルアース・カシミール・マップソース駆使して到達にもっとも近い道と源泉の緯度経度も確定した! と確信したので、次回のお休みにでも向かうか。
いや~楽しいね。 靴・車内のマットはドロドロ 帰宅して洗うのはルーティーン化
天気のいい日に再チャレンジしたいね。

湯元 湧駒荘・立ち寄り湯

【湯元 湧駒荘】
 P6040050
散策した後は 温泉だよね て大げさな散策じゃないけどね アートビレッジは立ち寄り湯はしてない、ロッジ・ヌタプカウシュペは昨年の台風で露天が壊れて現在改修中 こ洒落た宿は、高すぎ(同じ値段でランチのコース食べれるな) 白樺荘はあと一時間ほど待たなきゃ グランドか湧駒荘の二択
今回は湧駒荘にしました、当ブログでは2009/03に紹介しています。 当時は600円でしたが現在は800円になっていました。 大きなロビーは何時もながら落ち着く造りですね。

【内湯】
P6040026
正苦味泉は旧泉質名でマグネシウム硫酸塩のことです。、こちらの分析表では「含食塩・土類-正苦味泉」 新表記では、「マグネシウム・カリシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物・炭酸水素塩泉」 -の手前は陽イオン成分で後ろが陰イオンで先頭から含有量多い成分になっています。

P6040029
芒硝泉はナトリウム硫酸塩のこと 上記の正苦味泉・芒硝泉は共に「硫酸塩泉」に分類され成分の含有量により名称が変わります。
同じ仲間の泉質なれど泉温は違うので、入浴感はちがいます。 微妙な違いを楽しもう。
以前はランチも力を入れていたので、ここでと思ったがメニューを見て山を降りることにしました。

湯元 湧駒荘
住所:東川町勇駒別旭岳温泉
電話:0166-97-2101
立ち寄り情報
営業:12:00~19:00
料金:800円
湯元 湧駒荘さんのHPはこちら

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ