橅(ブナ)・東川

【橅(ブナ)】

観光客が絶えない東川 楽しいけど、じじいには少々キツイのが事実 何時も女子会で混んでるし・・・ね。 
と言いながら女子が寄り付かないと思われる、あの店だけは気にしてるが、最近営業していないのが心配で心配で、仕事帰りに確認してる。 そんな訳で天気の悪い日に利用したのは、メイン街にある「橅」さん 樹のブナでなぜか変換出来ない漢字だったりします。

変りそば或いは創作そばを提供するお蕎麦屋さんらしい では暖簾を潜ろう。 入ってすぐにカウンター席・奥に小上がりがあります。8割方の利用 ここでも女性陣が元気一杯 男性陣はいったい何処に行ってるのだろう?
メニューは、「温かい蕎麦」 「冷たい蕎麦」 「セット物・夜メニュー」とあります。 トマトとチーズ 夜はガレットなんかもあります。 初訪問と言うことで注文したのは

【鴨なんばん】1.180円

大好きな鴨せいろ ここでは鴨なんばんて言うだね 蕎麦の量はそれなり 道内ではお馴染みの滝川産の鴨(あいがも)を使用 鴨の香り好きなんだよね。 鶏だと何か違うのは辛うじて分かるポンコツ味覚ですが(爆 やや薄めの付け汁に表面を覆う鴨の脂 茹で加減いい塩梅の蕎麦を手繰るとこれはいいね。  テーブルに好きな山椒が無かったのが非常に残念 同行者が注文したのは

【もりそば】680円+大盛り250円

大盛りはいい盛り加減 濃い目の出汁が好み 基本しっかりしてるから、遊ぶ余裕があるのかな
美味しい蕎麦を頂きました。

●橅(ブナ)
住所:東川町東町1丁目6-1
電話:0166-82-2116
営業:11:00~14:30
   :17:30~20:00
休み:--

幸来軒

【幸来軒】
説明は不要ですよね、末広で愛されてる小じんまりしたお店ですが、個人的にはお勧めのお店 今日も店内は満席 僅かな駐車スペースは空き待ち状態 店内撮影は遠慮しよう。 当ブログでは 2012/03  2012/09 2015/06 2016/01とかなりの登場回数  メニューを見ると変りは無いようだね。
で注文したのは

【味噌野菜ラーメン】 750円

変わらないフォルム スープは豚骨ベース やや塩っ気が主張する濃い目の赤味噌は辛味も感じる。 食べ進むと旨みが増す とてもバランスがいい。
麺は、安定の中太・中縮れ・低下水率の旭川麺 概ね味噌はチャーシューが無い場合が多いので、大きいチャーシューは嬉しいね。 勿論 底に沈むのはひき肉がいい仕事しています。 長らく続けてほしいお店

幸来軒
住所:旭川市春光四条8-10-24
電話:0166-52-5208
営業:11:30~14:00 17:00~20:00
休み:月曜    

キッチンサンボ・かざぐるま スパカツ

【キッチンサンボ】スパゲティカツ800円

何時もお客さんで溢れる、しかも出前の電話も鳴り響く 過去記事は、2013/01でここでも食べていますね(笑 麺はつくり置きでアルデンテって何ですか状態 ですがこれがいい味なんです。 
駅そばと老舗の蕎麦屋を比較する人はいない様に 専門店と比較してはいけない。 カツは揚げたてで結構な厚さのあるのが ドーンと 口の周りに付くミートなんか気にしなく、大きい口をあけてガッつけ! 同行者が食べたのは

【サンボ特製野菜味噌ラーメン】700円


【かざぐるま】ミートシースカツのせ 650円

店内は昭和溢れる喫茶店 漫画本が一杯 船を模したような●ガラス・電話スペースは無線室・厨房は調理室の看板あり
鉄板に盛られて出てきます。 ジュージューしています、トマトベースとは思うのですが、それほど赤くないし酸味もやや大人しめですが、独特の風味 カツは小振りながら、こちらも厚目なのが、どーんと鎮座
ミーソースにカツ 考えただけでカロリー高いよね しかしそんなこと考えずに食らおうぜ。 
スパカツと言えば、釧路泉屋が有名 しかし旭川にも呼び方は違えど探せばあるよ  
B級グルメ大好き

キッチンサンボ
住所:旭川市東光 16条5丁目4
電話:0166-331-3424
営業:11:00~20:30
休み:水曜

かざぐるま
住所:旭川市新富2条2丁目7
電話:0166-27-6566
営業:10:00~20:00
休み:日曜

まよさわ・市内

【まよさわ】

以前は、「特一番」があった場所だね。 手お加えると随分と変わるものだね。 店内はカウンターと小上がり・テーブル席があり、テーブル席を利用 満員です。
注文を考えてる間も、続々来ます。 和紙に書かれたメニューを見てみましょう。 おしながきと描かれたメインのメニュー  名古屋めし・台湾ラーメン・まぜそばのメニュー うれしい「まぜそばの食べ方」と続きます。 ラーメンとはしょう油 味噌があり塩は無い模様 で注文したのは

【みそラーメン】800円

胡麻が覆う 香りがいいで、脂も多めで濃厚な味噌は美味しいスープ そこにもやし・メンマ・ネギがのる、チャーシューは無くひき肉で旨みを増すスタイル 麺は中太・中縮れ・やや加水のあるタイプ
デフォで一味が入ってるが抜くことも可能 同行者が選んだのは

【ラーメン】700円

地元旭川ではあまり見かけない 背油が乗るスタイルで脂は多めですが、まったく癖はなくスイスイ行けます。 鶏ベース・ハッキリした醤油・こちらもデフォで一味入りで良いアクセント 薄切りチャーシュー・メンマとネギがのる
麺は最近見かける、やや細・ほぼストレート・低加水タイプがよく合う。 種類によって麺を替えてくるとは、なかなかだね
京都系と言われてるお店ですが、正直体験してないので、何とも言えないのですが、丼の下の皿が雰囲気をかもし出す?
旭川ラーメンのニューウエーブと言われたら、そうか!って思ってしまう。 オリジナルを市民の舌に合してるのかも知れませんが、この利用度を見ると、レベルの高さを見て取れる。 旨し。

まよさわ
住所:旭川東光1条2-5
電話:11:00~15:00
   :17:30~20:00
休み:水曜
<店名の「まよさわ」は4人兄弟の名前一文字とって付けたらしい、それ故一文字づつその性格毎に変えてる> あくまで未確認情報ですので、サラッと流して下さい。 

美珍楼

【美珍楼】

末広ダイイチ店舗内のお店 過去記事は2016/04に紹介 最近 ラーメン仲間のクサイダーさんがヘビーロテ!中 私も続こう。 オープンスペースのお店 今日も賑わっています。
前回紹介は広東麺でしたが、同じような名前の「五目あんかけラーメン」って違うのだろうか? 確認も兼ねて注文

【あんかけラーメン】600円

火傷しそうですが、ラーメンこうじゃなくちゃ 最近、妙にぬるいラーメンに遭遇することが多くないですか? 透明系のしょう油ベースの上に熱々の餡には具材がどっさり! 広東メンと五目あんかけラーメンは全く同じもの結論しよう。
紛らわしいといえばその通りですが、さらっと流して 同行者が注文したのは

【五目焼きそば】600円

横に辛子が無ければ、広東麺のフォルム これまた餡が厚いぜ! 最高 餡の下には両面におこげの麺が隠れています。 安定した味で、お手頃な価格設定 いつも賑わってる訳だ。 全制覇を目論む人がいるのも頷ける。

美珍楼
住所:旭川市末広1条7-1-34 ダイイチ末広店
電話:0166-57-6430
営業:11:00~19:00
休み:--- 

喫茶 すずらん・美瑛

【喫茶 すずらん】

白金で終焉の湯で楽しみ、風景を愛で小腹も空いた。 訪れたのは美瑛街中の喫茶店「すずらん」さん 当ブログでは2016/12に紹介 あれー何か やってなさそうと思いきや、お隣に移転した模様 

【店内】

縦長の造り 奥に長いカウンターでコヒーを頂くスペース 入り口近くにテーブル席 窓際のテーブル利用 日が差す窓際は私には鬼門 コントラスト強すぎて、手持ちのカメラではうまく撮れないが今日はチャレンジ 話を聞くと、移転場所が先代が店を開いた場所で原点とのこと メニューを見ると以前利用とは変わらない。 で注文したのは

【2種類のカレー】800円

単品でも注文できるポークとグリーンのカレーを楽しめる。 個人的にはほどほどの辛さ ポークはルータイプで後から辛さが来る、グリーンカレーはサラサラタイプ、苦手なココナッツもそんなに主張しなく美味しいね。 量は控えめですが、じじいには丁度いい。 同行者が選んだのは

【いろどりランチ】850円 11:00~14:00

ご飯は白米と五穀米から選択 今回は五穀米 いろどりの名に恥じなく、小鉢が並ぶ 楽しいよね、女子でなくても親爺もチョッとワクワクが、廻ってきたのは、柔らかく煮込まれた手羽先のみ・・・ 一品でも十分に美味しく 手作り感満載
喫茶店だからコーヒーがメインですが、中々注文しない私 次回は頼んでみようかな。

喫茶すずらん
住所:美瑛町中町5番35号良栄舎1F
電話:080-9002-6093
営業:11:00~21:00
休み:水曜

美瑛散策

美瑛まできたから、いつもの景色巡り







次訪れる時は、雪だね。

ありがとう・ご苦労さま 山辺の家族

【閉店】のお知らせ


源泉そのまま利用の「山辺の家族」 明日(10/29)」で暖簾を降ろします。
急いで本日堪能してきました。 明日までだよ~ 温泉好き急げ
過去記事:山辺の家族

某所・某日

【がーん】 

人気があるらしい、チョッと郊外のカフェ 丁度食事済ませ出てきた女子軍団 「おいしかったね~」とカメラ片手に出てきた、これは期待するよね。 空き席は今利用終えたテーブルのみで他は満席ときたもんだ! 人気あるんだね
テーブルのお皿片付けてもらい着席 さり気なく周りを伺うと、男は私を含めて2名と女子力半端無い! これぞ借りてきた猫状態ですが、私は全く気にしないじじいです。 メニューを手に取るとイラストで描かれた料理はいかにも女子が好きそうな雰囲気
正直 キツイお店 メニューだけ見て退散 食事もしないで判断は勿論出来ませんが、多分雰囲気重視のお店と判断
画像はこの人に因み、ガーンとしたかった画像なのですが、アートしちゃったのはご勘弁 ポジネガ変換じゃないのかな?

大門・市内

【大門】

超昔々に利用した筈 既に記憶のかなた とあるランチ時の訪れた 店内は牛どん屋風のコの字カウンターとテーブル席・小上がりは変わらないと思う。 利用客も居り中々の繁盛店 開店当時からカレーとラーメンのお店を貫くのもそのまま
カウンターに座り、メニューを見よう ラーメンとセット物 自慢のカレーと丼物と続く 黒カレーは外せないから 選んだのは

【しょう油ラーメン+黒カレー(ミニ)】800円

黒カレーと言えば、富良野JA春日の近くの今は無きお蕎麦屋さんで食べた「黒カレー」目茶苦茶美味しかったのを、今でも記憶してる。 こちらの「黒カレー」は本格的な味 一口目は辛さは感じませんでしたが、ジワジワ辛さがきいてきます。 深みがありますね。 辛さの注文も出来ますが、何も効かれなかったのですが、甘口・中辛・辛口から選べます。

ラーメンはどうでしょうか? これまた美味しいね、中濁り系のスープに魚介系も感じる。 チャーシューはチョッと薄めですがサイズが大きいのが嬉しい、麺は、やや細・中縮れ・低加水の旭川麺で茹で加減はバッチリ

ここでチョッと考える、カレー・ラーメン共にレベルが高いので、セットで頂くとカレーの辛さと香辛料が邪魔をするような気がするので、次回は個人的にはどちらか単品で頼みたいな~  同行者が選んだのは

【酸辣タンメン】730円

サンラーとかスーラー呼び方はあります。 野菜・海鮮・キクラゲ達 正直「酸辣タンメン」初です(爆 表面に辛~いブツが一かけしてるの想像してた。 なんか優しい味だね。 大門さん、現在も出前をしてる貴重なお店で地元に愛されてる密着店

大門
住所:旭川市神居二条21
電話:0166-61-5557
営業:11:00~20:00
休み:月曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ