ザキミ家・市内

【ザキミ家】
P4150026
赤い看板が主張 開店と同時に入店 もちろん一番乗り、店内はL字のカウンターとテーブル席 店内はやや豚骨の香りがします。
国内で家系を提供してる最北の店でいいのでしょうか? 正直 何が「家系」とは何を指すのかも分からず、初「家系」を体験
看板には 味の好み[こいめ・うすめ] 油の好み[多め・少なめ・ぬき] 麺の好み[かため・やわらかめ]と好みに応じるてくれます。 メニューを見てみようか、みそとか以前はつけ麺もあった筈 オーナーに初めてとつげて、全て普通で注文

【ラーメン】700円全てデフォ
P4150020
ラーメン好きの方のブログでみた画像より白濁したスープ ホウレン草 大きい海苔が三枚 スープを一口は塩分も控えめ これが家系か~ 癖の有る味かと思いきや、油も多めながら、マイルドで旨みもあるね。 しょう油は隠し味程度なのかな
麺はストレート・太い・太麺・ツルッとした麺で存在感があります。 食べたことの無い麺ですが、スープに合いますね。 チャーシューは、大きめなのが一枚で箸で持つと崩れそうで、これまたいい仕事しています。 個人的にはホウレン草と海苔は無くてもいいから葱にして貰えないかな。 まートッピングで九条葱すれば良いことですが・・・
旭川で3年 すっかり根付いたお店ですね

ザキミ家
住所:旭川市豊岡2条7丁目4-9
電話:0166-33-4138
営業:11:00~14:30
   :18:00~20:30
休み:火曜

龍乃湯 食堂・東旭川

【龍乃湯温泉】(たつのゆおんせん)の食堂
P4160001
場所的には、東旭川駅裏と言えばいいのでしょうか? 今回は食堂が目的なので、温泉の記事は、2016/07の記事をご覧ください。 食堂があるのは確認していたのですが、いつでも来れるわなんて思ってたら、市内ラーメンの重鎮esさんと、ミユージシャンでありラーメン好きのクサイダーさんに呼ばれた!!
こらは行かない訳が無い。 券売機のメニューを見てみよう、なんと「味噌ラーメン」がメニュー落ち 一番早く紹介されたesさんの記事でもメニュー落ちしています。 
ところが温泉を再開した時の画像には、「味噌ラーメン」がありました。 幻の味噌ラーメンはいつかメニュー復活を期待します。 じゃ注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P4160007

【塩ラーメン】600円
P4160009
同行者が注文して一言「うま~」 目の前のしょう油後にしてレンゲで一口 煮込んで出した豚骨が香る・濃厚な出汁・表面を覆う多量な脂と野菜系から出る甘みとあいまって市内では今まで体験したことの無いラーメン
温泉施設のラーメンとは思えない程のレベル しかも600円とは、

クサイダーさんの記事でも書いていますが、しょう油・塩では殆ど変わりない見た目 味もしょう油と言われればそうかなと思う程の味でさらに複雑な味になっています。 お勧めは塩です。

麺は強縮れ・中太・やや加水麺で非旭川麺 チャーシューが二枚ながらその、この分厚さが嬉しい
是非、札幌在住の「がったりさん」(笑 に、がったりで注文して欲しいラーメンだったりして

温泉は冷鉱泉の加温・循環・薬剤利用とマニアにはお勧めしないが、近所の銭湯感覚で利用されてる。 何故か温度が高い。
鉄を含む温泉は、体感温度より実際は低いのですが、熱いです。

●住所:東旭川上兵村91番地
電話:0166-36-1562
日帰り情報
 料金:550円
 営業:9:00~22:00
 休み:火曜
食堂:11:30~14:00
※追記:貴重な情報を頂きました
     店内に掲示されていませんが、日帰り利用は7:00から利用可能



来音・市内

【来音】
P3250040

【入り口】
P3250036
住宅街にある コーヒーとお蕎麦のお店 これまた判りづらく迷って下さい。 自宅を改装し、開店から12年目になり、開店したことも知らず、相当前に住宅街を走ってるときに発見した店 今回初紹介します。
お店前には案山子がありますでは、店内に 靴を脱いで利用 座卓テーブルと奥にはテーブル席 奥のテーブル席・座卓にも利用者がおり中々の賑わいで、今回は座卓を利用しました。 テーブルにてっきり先客が居るのかと思うほどの出来栄えの食品サンプルが置いてあり遊び心満載

テーブルのメニューを見てみましょう、表は、蕎麦・コーヒーと続き、実は裏を捲ると注目の「裏メニュー」のあの品が で選んだのは勿論

【そばつゆラーメン】鴨 700円
 P3250022
オーナーが好きな食べ方 どんなラーメンか気になって色々想像する・・・ 出てきたそばつゆラーメン 想像通りでした(笑い
表面を覆う油も無いので、レンズが曇る々々 フーフーして撮る。 麺はやや加水が有るタイプで、中太・強縮れ 鴨チャーシューは薄めで味付けされたのが一枚 
ラーメンと称してそばつゆのラーメンも超稀に遭遇 今回はメニューにも書いてるので真摯に対面
個人的には、そばつゆには蕎麦と思うがラーメンも好き好きで、これを待ってた人も少なからずいる。 これを裏メニューにしたオーナーも分かってたりしてね。

そばとコーヒーのお店 来音(らいおん)
住所:東光10条6丁目
電話:0166-32-2436
営業:11:00~16:00
休み:日曜祭日

PS:帰りには何と、人数分のテッシュを貰った有難うございます。 

ほっとカフェ・市内

【ほっとカフェ】
P3200070

【店内】
P3200060
女子が喜ぶランチ 親爺も健康的なランチで笑顔なお店 前回は2015/12/に紹介 今回は開店から殆ど経たない時間に利用 カウンターに先客 テーブル席はまだ利用者はなく、好きな席を利用 
本日のランチメニューはこちら いつも期待する料理だよね。 

【今日のランチ】850円
P3200062
小鉢が並ぶ料理 二種類のメインの一つ手羽元のアップ ホロホロ取れる身が美味しい、もう一つの「塩こうじ漬にしん焼魚」はこちら
女子じゃなくてもおっさんも楽しい。 晩酌セットなんかあるし、近所なら間違いなく通うね。
前回で撮れなかったメニューあるけど要らないよね、女子力強いお店、正直おっさん一人はキビシイけど、夜は行けそうか?

●ほっとカフェ
住所:旭川市東光3条4丁目
営業:10:00~20:00(Lo19:30)
休み:火曜日
「ほっとカフェ」さんのブログはこちらをクリック 

集う飲兵衛たちが

【飲めよ・喋れよ 猛者たち】
P3150023
最初はビールで取り合えずで乾杯 腹の探りあいと思いきや、そこはかって知る面々 そんな所に今宵の料理は

【煮〆】                              【冷や奴】
煮〆 冷や奴

【かに】                              【つぶ】
 P3150010 P3150013

【煮たこ】
P3150009 知らぬ間にビールから日本酒・焼酎に変わってる。  
ディープな話題で盛り上がるこじんまりした集まり、盛り上がる。
家庭料理だよと出てきた料理は、こ洒落た料理ではないですが、安心する味 しかも一品の量が多い。 そろそろ限界も近づいたな。
 
お腹もそろそろ一杯なのですが、ここに来て天ぷら それもドッサリ 
 
【天ぷら盛り合わせ】大鉢でドーン
P3150008
笑っちゃうよね、かーさんこんなに食べれないよ~ と言いながら楽しい時間は進む てまだ出てくるの!!

【いか】大鉢でドーン
P3150014
いい味付けだね またまた進んじゃうよ けど済みません かーさんもう食べれないっす。
お店自慢の料理出そうと思ってたのに・・・ 分かりました食べましょう

【焼きそば】
P3150015
長年通っていて、かーさんのお勧めが「焼きそば」だったとは、初めて知った 固めの麺 べチャッとしてなく見かけよりアッサリ頂けるかーさん自慢の一品  全ての料理を完食出来るわけも、残った料理はお持ち帰りしましたのでご安心を 今回集まった面々の〆は、こちら

【しょう油ラーメン】大盛りは通常でも2玉使用してます。
P3150018
テンションマックスの飲ん兵衛達 ラーメンにはチョッとうるさい そんなことを知ってか知らないが このラーメン美味しいです 勿論一人一杯なんて無理だから大盛りを皆でシェアー お腹一杯にも関わらずスープまで完食 美味しい。
また利用するね。 昭和32年先代が暖簾を掲げ開店 現在2代目が店を守る 何時までも続けてほしいお店

ふれ愛・ふれ愛の郷

【レストランふれ愛 旭川福祉専門学校内】
P3010021

P3010022 東川の中心街を抜けキャンモアースキー場を横目に見ながら更に車を進めよう。
高台が左手に見える、その場所に 北工学園系列の福祉専門学校が見えてくる。 

食堂が有りそうなのでうかがった。 情報は皆無、之ばかりは実際に行かなくちゃ分からない はたして一般の方が利用で来るのでしょう?  

【店内】
P3010019
遠慮がちに駐車場に停めると、すれ違う学生達が「今日は」と声を掛けてくるのが気持ちいい。 学生に聞くと利用はOKで 大歓迎とのことです。 店内は高台にあるのでとても開放感があります。 店内は、テーブル席のみで 訪れたときはランチ時で学生で大賑わいでした。 画像はちょっと時間が経ち学生が引けたときにパシャリ
では券売機のメニューを見ましょう。
ラーメンはしょう油・みそで塩は無く、丼物・カレー・セット物もあります。 ロコモコ丼も発見 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
P3010009  
脂は少なめ 透明系で魚介も僅か 時々遭遇する業務系と推測 麺は、低加水・中細・強めの縮れの旭川麺がうれしい。 チャーシューはややしょぼめなのが一枚 価格からいったら致し方ない。
アウェー感が漂う場所でいただく、ラーメンは久しぶりです。  職員から寒かったらストーブの傍に移って下さいと声も掛けていただいた。 
卒業生はきっと良い社会人になってると期待したいですね。

レストランふれ愛
住所:東川町進化台
電話:0166-82-3898
営業:--
休み:--
委託されてる業者は富良野の西川食品

をん坐・市内

そばと手料理 をん坐】
P2260027

P2260028 初訪問 豊岡の斜め通りに以前在ったときは、何故か利用したことがなかった。 神居に移転して非常に気になってた。

これは行かねばと訪問 この場所は以前、「裕」さんが有ったところですね、「裕」さんは名前を変え現在も北門町で営業中
値段がちょっとハルと聞いていたが 如何に

【店内】
P2260001
カウンターとテーブル席で、和風に変わった。 キャパは以前より増えたと思うが窮屈感はない メニューを見てみよう。 聞いていた通り、チョッとじゃなくかなりお高い!! まず お蕎麦のメニュー 次は酒飲みが気になるつまみ系のメニュー ぬきもあり蕎麦好きにはたまらない チビチビ飲んで〆の蕎麦で決めるのはいいね
如何せん お値段が・・・ で注文したのは

【鴨南蛮せいろ】1.600円
P2260014
蕎麦好きには怒られるかもしれませんが、ラーメン2杯頂ける価格に驚き 蕎麦は三種類から選べましたが利用時は、緑(甘皮ごと挽く)・黒(殻ごと挽く)の2種から選択 選んだのは緑を注文 
ピシッと冷たくしめ、細めでのど越しがいい 美味しいね。 腕の確かさが分かる 

P2260019
鴨がごろりと入った汁にくぐらせ頂こう 濃く辛い これまたいいね 箸が進みます。 食べ進むと底に「つくね」発見 悔やまれるのが焼きネギをもう少し焼き目を入れてくれたら好みかな
美味しい店発見 ですが気軽に蕎麦でも食ってくか~とは為らない価格設定がネック 
拘りのお蕎麦屋さんて、少々高いのも事実ですが其れより遥か上の価格は厳しい、家族で行ったら大変です。 いい経験になりました。

そばと手料理をん坐
住所:旭川市神居3条18
電話:0166-61-8700
営業:--
休み:--

太鼓屋・北門店

【看板】
P2250043
北門にあるお店 すし屋か食堂かはたまた居酒屋なのか じゃ行って見ましょう。 東光に同じ名前のお店があったが今は病院になっちゃったがそちらが本店だったのでしょうか? ランチ利用です。

【店内】
P2250031
ネタケースもあるので、基本おすし屋さんの様です。 店内はカウンターと掘り炬燵式のこ上がり 宴会も出来る大きさです。 カウンターにはちょっと強面のご主人 でも気さくに話しかけてくれる方でした。 テーブル上のランチメニューを手に取る。 で選んだのは

【かつ丼】600円 
P2250035
通常800円ですからお得ですよね 玉子は火が通るタイプ 半熟よりこちらが好みです、これにサラダ・漬物と味噌汁が付きます。 外食で久しぶりの「かつ丼」は美味しいね。

【お寿司そばセット】1.000円
P2250038
こちらは握りが5貫の方で内容は「ウニ・いくら・マグロ・かに・ホタテ」 もう少し食べたいなーという方には、ランクは落ちますが同じ価格で8貫の握りにも変更でき 「いくら・トビッコ・いか・マグロ・甘えび・タコ・白身・ホタテ」に変更も可能 この日はイカがサーモンに変更されていました。 そばは乾麺を使用と思われますがしっかりした量
お腹一杯ですね。 お寿司屋さんが出すランチはコスパも量も納得の料理

太鼓屋 北門店
住所:旭川市錦町15
電話:0166-54-0336
営業:11:00~14:00(ランチ)
   :17:00~20:00

らーめん夢想

【らーめん夢想】
 P2180022

P2180020 豊岡から移転した先がなんと、流通団地内の浅田青果内と知って当時驚いたものだ。

社員食堂形態での移転ですから、旭川では珍しく朝ラーが出来るお店 ただ現在の営業時間は確認できなかったのはお許し下さい。

正面玄関の横に通用口ポイドアが入り口になっていますが、暖簾もないのでチョッと躊躇するよね。 
でも大丈夫 気軽にドアを開けましょう。
店内はテーブル席で社食風で質素ですが、全く無問題です。 一人で調理してるので基本セルフのお店 メニューは大きく厨房を望む上に掲示 分割するか悩みましたが、そのままメニューを紹介 豊岡時代はほぼラーメン専門店でしたが、社食形態となるとご飯物も取り揃えています。 丁度お昼の利用で、注文を考え中も場所柄、大型車を中心に続々来店 で注文したのは

【しょう油ラーメン】650円
P2180009
表面の脂は多く 全く湯気はあがりません。 豚骨ベースの中濁りのスープでしょうか、魚介系は感じないく、野菜の甘みも感じます。 結構濃厚なスープでガッンときます、これは美味しいですね。
麺は、やや太・強縮れ・低加水の麺 とチャーシューは二枚、脂身の少なく表面も焼き目の香りも感じる。 パンチのある味だね 同行者が選んだのは

【辛みそラーメン】700円
 P2180010
これまた濃厚で、味噌感じるスープで、ややドロ系 辛さは中程度ですが、同行者は咽ていましたね(苦笑 この辺は個人の辛レベルの差 こちらもタレが主調味 好きなタイプです。 野菜もチャーシューもつきお得感があります。 もう一人の同行者がチョイスしたのは

【みそラーメン】650円
P2180011
しょう油と同じ価格ながら、野菜・チャーシューも鎮座しお得感満載ですね。 スープを一口 味噌味の前に生姜が主張・・・ 実は生姜が苦手 生姜自体は好きなのですが、ラーメンの中にホンノリなら良いのですが主張し過ぎると受け付けない。生姜好きにはお勧めかな
旨みを考えながらタレで完成させるお店 価格も良心的ですね 

らーめん夢想
住所:旭川市流通団地1条3-26-1 丸光浅田青果卸売内
電話:--
営業:--
休み:-- 

山辺の家族・白金温泉

【山辺の家族・立ち寄り湯】
P2120092

P2120093 平成23年5月開館 その当時は「星の灯家」の名称 その後「山辺の家族」に変わり完全予約長期湯治の宿にかわる。 勿論日帰り利用も出来なくなった。
一般の日帰りも再開したのは、温泉好きが高じついに、日帰り温泉のオーナー・温泉ソムリエの「のん」さんのブログで知っていましたが、今回 久しぶりに利用しました。
最後に入った記憶としては、成分がソコソコある白金なので、配管関係の不調で駐車場から温泉が滲んでおり温度が低くガクブルの湯だったと記憶

【内湯】
 P2120080

P2120084 こじんまりとした脱衣所で身支度を済ませ、内湯へ 以前と変わりなく、白金の湯とケロリン桶がお出迎え 

源泉は56.3℃を調整されやや熱めでしたが、肩まで漬かると土類系の匂いと共に、至福の時が過ぎます。

温泉好きとしては、ついつい赤い温泉成分が堆積する、温度調整用の樋に目が行くのは仕方ない、このような温度調整は高温で天然掛け流しの源泉では良く見かけます。

P2120081
この画像みて、一時間はお酒飲めます。

【露天風呂】
P2120088
内湯で茹で上がったら、露天がお待ちかね 雪見風呂といきましょうか。

温泉分析書
源泉名:白金温泉18号井 変わりましたね。
試験年月日:平成23年6月17日
泉温:56.3℃
ph:6.7
蒸留残留物:3.875g/Kg
泉質名:ナトリウム・マグネシウム-硫酸・塩化物泉(中性低張性高温泉)
旧泉質名:含土類-芒硝泉
源泉が以前は15号・19号の混合泉から、18号一本に変更とはこの施設だけかと思います。
小振りの施設が少なくなっている白金温泉ですが、全施設が源泉掛け流しの白金 個人的には大好き その中でも団体客も無く落ち着く温泉 源泉もなんか濃く感じます。 大きい施設では貯湯してる可能性もあるのかも知れません。
お気に入りの湯です。

山辺の家族
住所:美瑛町白金温泉
電話:0166-68-1655
日帰り情報
営業:11:00~18:00
休み:月・火・水・木 (金・土・日営業)

残念ながら、現在は日帰りのみの利用で宿泊はしていません
山辺の家族のHPはこちら

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ