ries Café(リーズカフェ)

【ries Café】





知っちゃえば簡単にたどり着くけど、初めての方は迷う 小さい看板を見逃さないように!!
チョッとした高台の手前なので景色は望めませんが、ホッコリできるお店
当ブログでは、3回目の紹介になります:2009/042010/04

店内には薪ストーブがお出迎え 段差の有る店内と、テーブル席と変わりません。 天気のいい日にはステンドグラスがとても素敵なんだよね。 癒されます。
メニューはフードメニューと今日のケーキメニュー 他にドリンクがあり、少し値上がりしましたが、お手頃感は変わらない。 で選んだのは
【ミートボールカレー】900円

量はそれ程ではなく、食べ盛りの君は大盛りを注文しよう。 辛さを個人的にはOKですが、同行者には少し辛目の模様 多くの野菜も煮込まれており、甘さも感じる。 カレー紹介度は少なく、スープカレーなんて今まで一回しか食べていない私ですので、参考までに・・・  同行者が選んだのは

【チキンカレー】900円

ルーは同じです、ホロホロのチキンが美味しくこちらが好みかな 森の中と言えばちょっと違うし、景色がいいと言えばいまいち けどマッタリするお店 うる覚えですが、旦那さんはクロスカントリースキーに精通してる方の筈、冬はスノーシューのツアーなんかも企画してる模様

ries café リーズカフェ
住所:美瑛町五稜第一
電話:0166-68-7821
営業:10:30~18:00(5月~10月)
   :10:30~17:00(11月~4月)
休み:木・金(11月~4月は土・日・月のみ営業)
ries caféさんのHPはこちら

龍宝・市内

【龍宝】

仕事の休みに食べ歩きするスタイルなので、ラーメン好きの仲間の中では圧倒的に少ない私 休日に2食蓮チャンする事もあるが、ラーメン以外も食べたいしと、悩ましいかぎりです。
そんな訳で、時として仕事中に「ラーメン食べたい」と発作が出ること多々 抑えきれなくなった仕事帰りに向かったのは、補充も兼ねて、コッテリ系でなくちゃね。 何時ものご夫婦が厨房で調理中 ソロなのでカウンター利用 メニューは変わりないです。 で注文したのは

【みそラーメン】650円
 P8310004.jpg
見るからにアブラ補給に最適の見た目  じゃー補給開始! 濃い目のスープ みそと塩分・甘みが絶妙なバランス みそはデフォでもやしがドーンと乗り、斜め切り龍ネギがアクセントになる。 
麺は低加水・旭川製麺製がドンピシャリの茹で加減 市内でみそ味となると、ひき肉が入ることが多いが、モヤシに隠れてチャーシューが登場、個人的には嬉しい。
何時までもお元気で続けて貰いたいですね。
過去記事:2014.11 2016.02 2016.03 2016.09

龍宝
住所:旭川市2条18丁目
電話:0166-33-6723
営業:11:30~20:00 (14:00~17:00中休み)
休み:不定休


麺屋くるる 嵐山

【麺屋くるる 嵐山】

農協は閉店して、ラーメン屋になったが、正直こんな場所でとビックリしたものだ、その後少し街に寄り忠和に二号店を開店 チャレンジ心に関心します。 嵐山店は初めての利用になります。 ソフトクリームのサンプルなんかあり賑やか
店内は、最低限の日用雑貨などが販売しており、地域の強い見方ですが、住人が居るのかとは、突っ込まないでね。 お店の開店は9時~18時ですが、食堂は11時からなのでご注意 メニューを手に取ると ラーメンメニューそば.・うどん・カレー・セット物とあります。 で注文したのは、「辛さはどうですか?」と確認して

【辛みそらーめん】750円

荒挽きの鷹の爪が既に掛かってる スープ一口 ややとろみがあり濃厚かと思いきや、味噌は強く感じますが塩分はそこそこでスルスルいけますね。 野菜はややクタッとして、スープに隠れていますが、味付けされこれはこれでよく合います。 山盛りのもやしもいいけど、これもアリだね。

藤原製麺のやや加水・中細・中縮れの麺で旭川麺の範疇 チャーシューは脂身が多くトロトロ系で、箸上げ可能が一枚
近所にはパークゴルフ場があり、そちらでも夏場は食事出来るのですが、本格的なラーメンならこちらがお勧め 

●麺屋くるる 嵐山
住所:旭川市江丹別町嵐山193
電話:0166-63-7796
営業:11:00~
休み:--

ささき・市内

【ささき】

中心街から離れ、住宅・工場・パチンコ等が混在する場所にあるお店  当ブログでは登場回数が多いお気に入りのお店です。
尊敬するラーメンブロガーのesさんが紹介していて気になっていた「ささきさんの 冷やしラーメン」 紹介が遅れ今期の提供は終了してる可能性は大なのはご勘弁
夏が来るとメニューが画鋲でとめられ登場 勿論今回はこちらを注文 何時ものピカピカカウンターで待とう

【冷やしラーメン】600円

通常お店で提供される夏メニューの冷やしラーメンは殆ど食べない、正直家で食べても変わらないと思ってる。 昔々南6条通りで開店したお店にスープタップリの夏メニューがあり、これアリ!と思ったが何故かすぐ閉店(noriさんのHPで調べると「きずな亭」のようです 流石noriさん) 久しぶりにスープタップリの冷たいラーメンです。 
温かいラーメンとフォルムが変わらないのでついついフーフーしちゃいますね。

温かいスープとは別仕立て、優しい味は変わらなく、やや甘めの味にほんのりと酸味がありトッピングのキムチがいいアクセントになり、これは美味しいですね。 やや盛岡ラーメンに似てると言えるが、それ程パンチが有るわけではなく、旨みで勝負かな
麺は変わらないと思いますが、冷やして頂く麺は、加水率高めに感じます、願わくはもう少しスープが冷たければと思いますが、これがデフォのようです。 来年の楽しみが出来ました。
過去記事:2011/03 2013/03 2013/12

ラーメンのささき
住所:旭川市旭神2条2-16
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

奴・市内

【塩ラーメンの小の丼】はこれ 550円
塩ラーメンの小
また来た「奴」さん 小・ミニ・お子さまのサイズを提供してるお店の丼てどうよシリーズ 御免そんなシリーズ無いし、無視無視してね どうよ「招福」柄のめちゃ可愛い丼っすね。
可愛い丼のラーメンは旨みタップリ しかも脂もタップリだ 私にとってはやや中毒性のラーメン

【しょう油チャーシュー】800円

間違いないね 美味しいはこれ 麺は加藤製麺の旭川麺 焼肉屋のラーメン・チャーシューは間違いないと言う私の自論が有るのですがここでも間違いなく美味しいチャーシューでした。
過去記事はこちらをクリック

カミホロ荘・立ち寄り湯

【旭野山びこ高地】
P8150012"
かみふらの八景の一つ 登ってきた先には富良野盆地 振り返ると十勝岳連邦が在るはずですが残念ながら、靄で見えませんでした。 今日の湯は

【カミホロ荘・内風呂】
P8150033
大きなガラス張りの内湯は、透明な源泉を加温する湯はやや温めで相変わらず気持ちいいね。 洗い場もひば・ひのき造りで和む

【露天風呂】
P8150036
高地の風感じるね 過去記事は、2012/01には、以前には二源泉(透明湯・にごり湯)を使用していたのは間違いないのですが、画像が無く説得力に欠けてましたが、クラッシュしたハードディスクの中から救い出した温泉分析表の一枚はこちらをクリック 撮影は2002/10と超古いのでご勘弁 にごり湯は露天風呂を満たす、Feを多く含む源泉で凌雲閣・旧バーデンの源泉と同じ傾向の源泉と思われる。
自然由来の源泉は日々変化 炭酸泉で無くなり、源泉枯渇など これを楽しむのも温泉好きの醍醐味だよね。

カミホロ荘
住所:上富良野町十勝岳温泉
電話:0167-45-2970
日帰り湯情報
利用時間:7:00~21:00
料金:500円
カミホロ荘さんのHPはこちら

残したい温泉・ラーメン・マニアックな音楽を紹介する当ブログ ご訪問ありがとうございます。

白金の湯・美瑛

旅人の宿 白金の湯】
P8150068
3年まえ惜しまれ閉店した「銀瑛荘」が、「旅人の宿 白金の湯」として復活!! 再開したのは5月31日ですが、知ったのは最近でした、たまたま通り、気付いて立ち寄りました。 施設内は3年前と変わりなく、記憶が甦ります。

【浴場入り口】
P8150062
階段脇の入り口も変わらない、じゃー早速 さっさと脱いで温泉だー 3年ぶりの浴場

【内湯】
P8150056

【露天風呂】
P8150053
凄いまったく変わっていない、信じられない!  露天の真ん中に鎮座してたナンモナイトのオブジェは内湯に場所を変えているけどね、湯は変りない。
それにしてもこの管理状態はどうだ、誰かが管理してたとしか考えられない、特に三年も利用していない温泉施設の老朽化は何ヶ所も見てる、謎の管理者に感謝しよう。 

源泉名:白金14号・15号・19号混合泉
試験年月日:平成21年10月30日
泉温:46.1℃
ph:6.4
蒸発残留物:4.834g/kg
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
旧泉質名:含塩化土類-芒硝泉

美瑛ゲストハウス 白金の湯
住所:美瑛町白金温泉10734-1
電話:0166-74-8131
立ち寄り湯情報
料金:500円
利用時間:10:00~20:00
休み:無休
現在は素泊まり(自炊可能)・立ち寄り湯の形態で運営中
詳細は美瑛ゲストハウス 白金の湯のFacebookをクリック

たかはし・当麻

【たかはし】
P7300033
久しぶりの当麻の「たかはし」さん 紹介は、2010/10ですので、7年も経っています(汗 当ブログを紹介してくれる、na-aagoさんが紹介してくれたので訪れた。
お店の佇まいは変わらないね、店内もカウンターとテーブル席と多分変わらない筈・・・ テーブル席は利用中でカウンター利用

【カウンター席】
P7300024
オシボリとお冷 メニューを見てみようか、なんと基本三味は50円UPの価格とは驚きですね お店の努力を感じますね。 注文も決まり、地元お店を紹介してる「HIRU TOMA YORU TOMA」を見ながら待ちましょう。

【坦々麺】800円
P7300027
黒ゴマのブラックもあるがここは、ノーマル坦々麺 ソコソコの外観だね、スープ一口 マイルドな辛さです、旨みもあり美味しいです、辛さは個人差が有るので参考程度 個人的にはまだ辛くても大丈夫かな 麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺 同行者が選んだのが

【しょう油ラーメン】650円
P7300026
 中濁り系で魚介系・豚骨ベース やや多めの脂の上に白ごまが浮くスープ バランスがいいね こちらにも煮たまご半身トッピング しょう油よろ先に旨みを感じ、しょう油が遅れて香る そんなスープ ゴマは邪魔しないくて良かった。
お気に入りの「和可奈」さんが閉店してから、当麻による機会も減ったが、お勧めの「ココペリ」ばかりだったが、選択肢がふえました、価格も手頃ですし

たかはし
住所:当麻町4条南3-5-14 
電話:0166-84-2748
営業:11:00~15:00 17:22:00
休み:j火曜 
食事処たかはしさんのfacebookはこちら

探索・源泉

【沢を進む】
P8150019
天気に恵まれないお盆休み 神楽の花火は雨の中ヤケクソ気味に打ち上げ(爆 休みの一日目に親戚のチビちゃん連れて、お気に入りの「ひつじの丘」でジンギスカン食べたくらいで、体が鈍り気味
小雨降る中、思い立って車で源泉を探しに向かおう。

進入ポイントはある沢の砂防ダムから 現在昨年の台風の土砂(岩石)を取り除く作業中 足場は滅茶苦茶悪いので慎重に進みましょう、源泉探しに向かい、大変な目にあった友人もいたしね。 砂防ダム脇の滝は温泉が流れていますが、後回しに先を進もう

【代わり映えしない風景】
P8150021

【更に進む】
P8150024

進んでも景色が変わらず、まったく面白くない! 二つ目の砂防ダムが目標なのだが、軟弱探索隊はこれにて断念 けど丁度いい運動量で、源泉は見つけられなかったが山はいいね。 滝状の湯も確認して終了。
尚:こちらの温泉郷は総じて 含石膏酸性明ばん泉に分類される。

ラーメンのひまわり・美瑛

ラーメンのひまわり】
P7290014
以前紹介は、2012/05と相当古いです。 その後気になって前を通るも開店してる感じがしなかった、最近開店してるとのことで訪れた。 外観は変わらないね 店内はテーブル席とカウンターで14名ほどのキャパ
昼前に訪れた時は一組の利用でしたが、昼を迎えるとほぼ満席 メニューを見てみると最初利用した時は強気の値段かなと思った記憶がある。 注文したのは

【坦々メン】900円
P7290005
ビジュアル的には昔と変わらない、味 昔の記憶はもう無いですが、普通に美味しい 2012年からメニューに在ったとは、今思うと斬新でしたね 麺は中細・中縮れ・中加水 チャーシューは濃い目の味付けの昔風が一枚の変わらない。 同行者が注文したのは

【塩レモンラーメン】900円
P7290006
昔のメニューにもあるラーメン 初めてです。 基本は塩 ご主人から、下のスープから飲んで下さいとのことで、本来の塩を確認して、その後レモンが加わったスープを飲んで欲しいとのこと、じゃー本来の塩は 透明系です、おー旨み・程よい塩気・鶏・豚骨も感じるとても美味しいじゃありませんか。

冷たい蕎麦に柑橘系が乗る変り蕎麦は好きですが、温かいとどうなるのかな? 爽やかなレモンの香りと相まって、なかなか美味しいと思います、ただ長らく温度を加わると柑橘系特有のエグ味が増すので、私は平気ですが、苦手な方は取り皿が有るのでそちらに移しましょう。 こうなるとノーマル塩が気に為ります。 観光地価格なのか強気の設定ですが、シッカリしたラーメンと思います。

ラーメンのひまわり
住所:美瑛町栄町2丁目
営業:11:30~15:00
電話:0166-92-0983
営業:土日営業 7月は水曜も営業(詳細はお店で確認)
   :1~3月は休業
個人的には開いてたらラッキーと思うハードルの高いお店

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ