謎の湯

【謎の湯】

コンクリ槽の湯溜まり 結構な汚れで最近は利用されていない現場 ここは某有名温泉宿地域で対岸で見つけたが、対岸に兆候は有ったと情報は知ってるがここまで立派なコンクリ槽があるのは初めて、湧出は何処と探すと横のパイプがらと推定

【湧出パイプ】

推定1~2ℓ/minほどの湯は、44℃といい温度だったりするが、どの様な施設があったのかは不明な湯
今回は集中UPした謎の湯シリーズ如何でしたか、スニーカーで行ける源泉が基本 これからもよろしく。

謎の湯

【謎の湯】

謎の湯ついでに、UPしよう。 
昔々ある地区に41℃の温泉が天然湧出して付近住人に利用されていた、昭和中期に100mのボーリングが行なわれ、暫らくは某署で利用されたが、某署も無くなり残るは昔からコンコンと湧く湯が残り地元民が守る。 その後 無節操で心無い利用者の増加により惜しまれながら閉鎖
けど源泉は湧いてるわけで、コッソリと足元湧出はあるわけで、現在は34℃の源泉が湧く

時々教えてくれないかと聞かれますが、心もとない利用者により、地元利用者に迷惑を掛けたりしてる湯も多数見てきた管理人 正直利用しようと思い怒鳴られたことも有り 苦労だが自分で探のが基本と思う そして探したらその湯を利用してる人の事も分かり自ずと、温泉を愛する人の事もわかると思ってる。 色々なアプローチがある 図書館は宝庫だよ! ってそこかよ! 

謎の湯

【謎の湯】

雪もとけたし再開 ここはズーっと ズーっと探してた 何回も近所まで来たけど見つけられなかった。 行ったよ見つけたよ、諦めない姿勢って大切だね
側溝を流れる白い湯(冷鉱泉?) 豪快に推定100ℓ/分オーバーが流れ、微かな硫黄臭 湧出部を見ようとするが、それ以上は在る事情で断念なのも、源泉探査も楽しい。 

【支流と混ざり】


【最後は川に】

多量の湯は、川に流される 温泉不毛の旭川から見たら、勿体無いと叫ぶ~ 

麺屋くるる・忠和店

【麺屋くるる】忠和店

忠和にある「麺屋くるる」 嵐山店が一号店 こちらは二号店になります 嵐山店の記事はこちらになります。 以前は焼肉店だったかな?
ファミリー利用が多く中々の賑わい メニューを見てみましょう カラフルなメニューですね けどイマイチよく分からなかったり、こちらの方が分かりやすいかな。 大して興味の無い酒粕ラーメンもあるんだね。 で注文したのは

【海老坦々麺】850円

良いビジュアルって言うか、あまり登場しない画像だったり スープは、鶏ベースで魚介系を感じ、勿論海老の味で濃い目のドロ系で、キャベツ煮、海老味の天かす海老粉があり調整しながら食べ進もう。 麺はストレート麺と、ちぢれ麺を選べストレート麺で注文 地元製麺業者のやや細のチョッと加水率のある麺 縮れ麺で育ってきたが、最近ストレート麺も好いなと思う。 良く縮れ麺はスープを絡むと言うが、見てもらう様に十分絡んでるよね。

麺屋くるる・忠和店
住所:旭川市忠和5条6
電話:0166-85-6415
営業:11:00~15:00 17:00~23:00
休み:火曜
麺屋くるるさんのFBはこちら
  

いっぷく茶屋「風和」

【まるめろの木~ほ~むきっちん~いっぷく茶屋「風和」】

カレーが美味しかった「まるめろの木」から市内天勇のゲソ丼・立ち食いそばを提供した「ほ~むきっちん 最近、ややグレードアップと共に雑貨・コーヒー豆も販売開始した「いっぷく茶屋風和」と形態も変えながら、オーナーは同じだったりする。

【店内】

店内は変わらなく、テーブル席スタイル やはり天勇スタイルは厳しかったかも、何より回転が早くないと、作り置きのゲソや湯がき麺はその日に使いきらないと無駄になるしね・・・てな訳かなと推測 雑貨とかコーヒー豆も絶賛販売中 メニューを見てみようか まず蕎麦・丼物・定食 まるめろの木から続くカレーとデザート ドリンク・アルコール類と続く 大好きなきつねが無いのは非常に残念 で注文したのは

【とじそば・ミニげそ丼セット】700・250円

生麺から茹でるそば 注文を受けてから揚げるげそは、天勇のB級感の面影は皆無 すっかりお上品に成りました。 それに伴ない価格もUP!
立ち食いそば昼に食うか?と言う会話より、これはこれでお洒落な東川の場所柄には合いそうです。 同行者が注文したのは

【なすカレー】700円

ルータイプのカレー スパイスが香る 辛いのは苦手な同行者でも完食 残念ながら私には回って来ませんでした。

いっぷく茶屋風和
住所:東川町北町5丁目4-6
電話:0166-82-3177
営業:11:30~20:00
休み:不定休
いっぷく茶屋風和さんのFBで休みは確認してください。 

春だね~

【カタクリ・キバナノアマナ・エンゴサク】

花を愛で考えに耽るほどのロマンは持ち合わせない じゃなんで撮る 春が来たから気分もいいじゃ駄目か
訪れたのは隣町の深川 地元男山ほど人がいなくてゆっくりと散策できる場所 
訪れたのは、4/29は 桜はまだ蕾

【桜】

旭川では今日開花しましたね。 早咲きの桜は半咲き状態もチラホラ ポンコツで20万キロオーバーMy・Carの出番だ~ って何処行く。

おかめ・東川

定食 おかめ】

また来てしまった東川の「おかめ」 本当は、奥の々のカフェに行く予定でしたが、開店にてるのを確認してUターンして吸い込まれるように入店 過去記事は、2017/02に紹介しています。 店内は変わらないく、テーブル席が余裕ある配置してあり、本日もほぼ満席状態です。 暖簾が濃緑に変わりましたね。 メニューを見ると変わりないですね。 まず、久しぶりの登場の姉が選んだのが無謀にもこちら

【炒飯定食】600円

ちょっとこの角度ではやや大盛りと思うフォルムですがこちらではどう


結構な標高ですね。 勿論、お持ち帰りOKと話してるので、半分は持ち帰ろうと手をつける前に作業進める(笑い 私が選んだのは、何故か被った

【生姜焼定食】750円

ガッツリボリュームなのは変わりない、薄目の肉が多く見かけるなか(こちらも好きですが)、存在感をこちらの圧勝 小鉢も付く や~満腹だ 同行者が選んだのは

【そば定食】650円

どんぶり飯にそばと漬物も加え三つの小鉢 こちらも中々な破壊力 こうなるとお隣さんが注文した親子丼定食が気になりますね。

定食 おかめ
住所:東川町西町9丁目1-24
電話:0166-82-5282
営業:11:30~14:00
休み:月・火曜

梅光軒・南

【梅光軒・南】

個人的には梅光軒南認識するお店 過去記事は最近の記事は、2016/02   時として狭い駐車場が満車で断念したこと多々あり今回はスンナリ駐車 L字のカウンターと小上がり メニューを見ると変わりないね。 で何注文しようか考えてると、こんな「新メニュー」発見! 前回利用した2016/02には無かったと記憶 じゃーこれだ

【辛しょう油】(レベル1)950円

三味在る中で、初めてなので、お手並み拝見でしょう油の辛さは① 辛ラーメンには全部のせなんだ。 しょう油には基本野菜は注文しないのですが、如何 レンゲで一口 ベースはラー油ぽいですが、それだけではないと思わせる中々美味しいじゃないですか、辛さはガツンときますが、まだまだ許容範囲 試しに同行者が啜ると、むせていた。 主張するスープなので野菜がのってもスープは負けていないし、もしかして正解と思うバランスです。
麺は梅光軒の麺を一手に提供する「梅里」さんの旭川麺 ぶっといメンマと野菜 厚めのチャーシュー一枚 ひき肉も入るしょう油には珍しく、味噌みたいだね。 次回は辛さ②だね。 同行者が選んだのは
【みそラーメン】750円

安定したラーメンだね。、梅ちゃん系列に拘らず、食堂系でも味が変わるし、そこを楽しみましょう。

梅光軒・南
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜 

雪番屋・比布

【雪番屋】

比布スキー場の雪番屋 期間が過ぎ今は、お休み中です。 メインロッジが新設されそちらも非常に気にながら、絶滅危惧種となったワンコイン大好きの私は、こちらに向かった。 前回紹介したのは、2016/03です。
カウンターの上にはランチ500円と表記 メニューを見てみよう、看板メニューのニジマス(いくら)丼とあら汁他に三品全てワンコイン天晴れ! もちろんスキーロッジなので、アウェー感満載ですが で注文したのは

【しょう油ラーメン】500円
   
今シーズンも微妙な味のラーメンは健在 脂無し 駅そば風のスープにラーメンの麺を投入スタイル 麺はやや加水率のある中細・中縮れ チャーシューは硬めの赤身が一枚が何ともB級感・共に突っ込みどころ満載 同行者が選んだのは勿論

【ニジマスいくら丼+あら汁】500円

鮭のいくらと違いやや膜が厚いマスコが好き嫌いがあるかな、個人的にはどちらも好き 
個人的には大葉が駄目で慎重に取る(爆 紫蘇も駄目 同科のラベンダーも苦手で花畑には入れないかったりする。  香草が苦手
丼と共に付くあら汁の旨いこと スキー場オープン時にしか頂けない「雪番屋」さん 今期もぎりぎりセーフで利用できました。 来期にはまた伺おう。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---
今期は終了 来期に利用しようね 
尚:養殖場は、笹の平に向かう道を進めば有ります。

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ