近郊スキー場その1

【和寒・東山スキー場】

いつも来る和寒 温泉探索・ラーメン行脚・山菜と何時もの和寒 40号線は面白い物が一杯 そんな訳で今回は近郊の限られた時期にしか紹介できないラーメンを紹介

【カウンター】

連休中なのでスキー客がワンサカ そんな中一応場違いの無いようにスキーするポイノースフェイスで化けて潜入 大きいセンターロッジに食堂がありテーブル席のみです。
メニューはカウンター横にあります、こちらをクリック 先頭はラーメンです。 注文後チョッと廻りを見ると、ジュークボックス発見!! 曲は演歌かなシングルレコードが取り出してピックアップがニューっと出てくるギミックがない(残念) そんなこんなしてる間に呼ばれました。

【しょう油ラーメン】600円

まーよくあるパターンかなとスープ一口 これはオリジナルスープです 流石和寒と納得 豚骨・野菜がメインで魚介は僅か 麺は加水率高め・やや太い・やや強縮れの麺 チャーシューは赤身主体のお肉で勿論昔風が一枚 ネギ・メンマをトッピング
麺を啜ると何故かバターの香り スープ一口余り感じない また麺バターの香り それを数回続ける(笑い アウェー感をビシビシ感じながら美味しいなこれ~と一人啜る。 で次向かったのは

【日向スキー場】

テーブル席とファミリーに嬉しい小あがりがあり、利用時は昼すぎですが小上がりはファミリー利用中 スキー場の下にはロッジがあるが食堂は無いので食事は日向温泉に併設のこちらのみとなります。 メニューは券売機で確認しよう。 

【しょう油ラーメン】670円

おー綺麗なファーストインプレ スープ一口 立派な業務用かな 麺は大好きな低加水・やや細め・中縮れが嬉しい チャーシューは大きいのが一枚 二色ナルト・ネギ・メンマ
これは立派な業務用スープかな しかし地元米澤製麺の麺がいい仕事してる。
願わくは、和寒スキーのスープに地元低加水の麺で頂きかった。

夏のパークゴルフ場 冬のスキー場 季節限定のラーメンは楽しい アウェー感も楽しまなくちゃ。 では

そばの里・幌加内

【そばの里】
幌加内の道の駅やら温泉ルオントなんかがある場所 実はその前に大好きな八右ヱ門を訪れたらなんとこんなお知らせ 春まで待つか
で温泉も兼ねて来た


何回も着てる温泉オルント レストランではなんと食べていなかった いつも混んでるし と苦しい展開 テーブル席の店内 メニューを見てみよう まずメインのメニューはこちら お奨めはこちら なんと気になるラーメンもあったり 結構裏切られる確立の高いラーメンは断念して 大好きなこちらを注文
【鴨せいろそば】1.200円

手打ちのそば 多分二八と思われる やや更科と田舎と中間 やや細で多少ボソボソ感はあるがのど腰はいい 汁は鰹はまあまあ ただ肝心の鴨が・・・・残念 同行者は

【ミニ天丼と山菜そばセット】950円

無難なセット物がお奨めかもしれない ただ山菜蕎麦のトッピングは何時ものだよ 山菜を自家製の物なんて見たことないから許容範囲 シンプルなざる・かけがいいかな。

●そばの里
住所:道の駅・せいわ温泉ルオント内
電話:0165-37-2070
営業:11:30~14:00 17:00~20:30 

ホテル大雪 立ち寄り湯

【浴場入り口】

久しぶり層雲峡のホテル大雪に立ち寄り湯 えー以前紹介は、2010/01以来って まーそんなもんっス ロビーは新しく変りより明るく重厚になった感じ こちらには3ヶ所の浴場がありますが今回は最上階の浴場を利用 
利用時間が日中なのもあり被用者は1~2名ほど 静かな脱衣所 清潔感のある洗面所を抜け内湯に向かおう。

【内湯】

横長の内湯 最上階の内湯からは層雲峡の渓谷 湯温はやや温めでマッタリできる

【露天風呂】 

渓谷を眺め降ろす内湯とは違い細長い露天風呂は山側を向いている 内湯に戻り川を見ると既に冬の一大イベントの氷爆まつりの準備でしょうか、既にハウスも設置 夕方ともなれば大陸系のお客さんで賑わうと思われるが、何と静かなことか ジックリ堪能しました。

温泉分析表
源泉名:層雲峡温泉(ホテル大雪)
試験年月日:平成26年11月27日
泉温:74.0℃
ph:7.7
蒸発残留物:0.686g/㎏
泉質:単純硫黄泉(低張性アルカリ性高温泉) 旧泉質名:単純硫黄泉
湯使い:加水・薬剤あり

層雲峡温泉 ホテル大雪
住所:上川町層雲峡
電話:01658-5-3211
日帰り情報
利用時間:1100~17:00
料金:800円
ホテル大雪さんのHPはこちら

さくら・多度志

【さくら】


【店内】

多度志のセイマがある交差点に、ラーメンの幟が立ってるのは以前から知っていたが、作為はないのですが通り過ぎてた。 この場所は以前は焼肉屋だったか? しかも真っ黒いスープのラーメンがあると知ったのは閉店してからだった。 その後「居酒屋はな」に変り昼時は地元蕎麦を提供してた。
なんか似た様な店構えでオーナー同じなのか、変ってるのかは不明 店内の造りは多分変っていないかな? この日は中々の繁盛振りでかーさんはてんてこ舞い 
では、メニューを見てみよう 先頭は定食・ラーメン・そば うどん・カレー物と続きます。 で注文したのは

【味噌ラーメン】700円

店一押しの味噌はいかに 白味噌ベースと思わせるビジュアルです。 レンゲで一口 おー中々な旨みで魚介も奥底にじわっと感じます。 一押しなのがわかりますね 麺はやや加水率ありながら旭川麺範疇が嬉しい やさしい味最近塩っぱいと思うラーメンが多い 年のせいかもしれないが(笑 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系で如何にも食堂系 スープ一口 これか業務用と思われる 味噌の出来との差が激しい まさか味噌だけがオリジナルでスープはどうした? 謎が残るお店ですね。 で海苔イラネ~

食事処さくら
住所:多度志
電話:0164-34-5411
営業:--
休み:-- 

ひぐま・名寄

【ひぐま】
【味噌野菜ラーメン】850円

イキナリラーメン画像で、古巣に戻りました(笑 前回紹介は2018/06/09 名寄まで用事で爆走 何とか無事終了 で遅めのランチです。
旨みタップリ 赤味噌ベースと思われる味噌とのバランスがいい トッピングのモヤシは厨房から強火で炒めた音がして見た目以上にシャキッとしてる。 これはいい!
麺は低加水・やや細は変わらない 食べ終わる頃常連と思わしき女性入店 なじんでる感満載 地元で愛されてるお店だね。
メニュー全制覇したいけど、名寄には温泉が・・・ けど好きだから頑張ります。

大衆食堂 ひぐま食堂
電話:01654-2-2690
営業:11:00~20:00
休み:--

誠や・幌加内

【誠や】

そばの街幌加内でラーメン屋がオープンしたのは何年前だったかな? チャレンジャーだよね 今日も元気に営業中 初めて利用しました、丁度ランチタイムで店内は中々な賑わい 店前の札幌の製麺所の幟がやや不安ながら利用
メニューを見てみましょう。 メインのラーメンはこちら で煮干ししょう油を頼んでから、季節限定のラーメン発見 直ぐに注文変更 無事大丈夫変更OKでした。

【きのこバターラーメン】900円


【トッピング】

ベースはしょう油です、スープはあっさりの中に旨み それに火を通したエノキ・しめじ・マイタケと玉ねぎ・人参・ピーマンがトッピング更にバターの旨さが加わる キクラゲノも 美味しくない筈がない ここで心配してた麺は札幌バリバリの中太・強縮れの高加水麺 チャーシューと思いきやくもしかしてベーコンじゃなかろうか
キノコにベーコンをバターで和えて炒めたら美味しくない訳がなく、画像から想像される通りの味でした。
ただ期間限定に釣られ注文したが、ここは天然物でも出てくるかと期待したがやや期待はずれなのも事実 しょう油の札幌麺は個人的には流石にキツイぜ! 味噌ならまだイケルけど・・・・
次回はあるかな?

ラーメン 誠や
住所:幌加内字幌加内
電話:0165-35-2202
営業:11:00~14:00
   :17:00~20:00
焼肉:17:00~20:30
休み:土曜

光来・和寒

【光来】

何が目的でこちらに向かったは覚えていない、何時ものことです。 勿論道すがらこちらパンを購入して利用
何時もながら賑わってるね。 メニューは温かいそば冷たいそば過去記事と多分変わりないと思います。 で注文したのは

【天ざるそば】1.100円

同行者が選んだのは

【天とじそば】750円

何時ものように小さいおにぎりが嬉しい 天ぷらはややボリュームも減りつつも許容範囲 ただメインのそばがこの日はやや残念だね。 なんか違うだな 新そばの幟戸を確認して利用したのですが、そばの香りなんて感じたこと無い私 汁とかえしなんか個人的にはよく判らないけど、汁は問題なしだけど麺かな 暫らく行ってなかったしその間に留辺蕊の「すゞき」で格別のそば食ってるしね。

そば処 光来
電話:0165-32-2676
営業:11:00~15:00
休み:月曜 

山の幸の後は


新しい暖簾には「わっさむラーメン」 何時もの看板丼も健在 メニューはラーメンとライスのみ

【しょう油ラーメン】600円

店内に入って魚介の香り 溜まりません 中濁りのスープ 山菜取りで汗をかいた後のご褒美



【しょう油ラーメン】700円


【しおラーメン】700円

体を動かした後の、脂と塩分補給 山歩きは楽しい 今日は何処行く?

今年も来ました!



今年も山にお邪魔


で収穫はこんなもの


で次の日は

今年初収穫は昨年見つけた場所 やや遅すぎた感じもあるがそこそこ 調子に乗って次の日は長年通った場所に行ってみたが、有る一帯で凄まじいラクヨウ だがかさかさなキノコ達・・・ こんなの初めてみた ある時点でいっせいに成長が止まった状態 こんな年もある。
今年はヒグマの被害も多く人里に出てきてるのでご注意!

和風れすとらん ふじ屋・深川

【和風れすとらん ふじ屋】

お隣町の深川 明治時代から続く 老舗旅館から場所を移し現在は和風れすとらんとして営業 初めて利用しました。 店内は道路側に入って直ぐにテーブル席があり、道路側にこ上がりがあり、全ての客層に対応してる。 今回はテーブル席を利用

【テーブル席】

付かず離れずの絶妙な接客 さすがです。 メニューを見てみよう 和食中心のメニューでらラーメンが無いのが残念 で注文したのは秘かに楽しみな、今年も始まりました、「深川どんぶり大作戦」 毎年店も増え楽しいよね。 他に蕎麦が名産なので「そば飯」もあったりする で注文したのは

【ふかがわポーク天丼】950円普通もり

普通でいいですかと注文時に聞かれたこと後悔した デカイ丼に野菜たっぷりの天ぷらに珍しい豚肉の天ぷら 下に鎮座するは自慢の深川米がどっさり しかも油物で後からジワジワ効いてくる お腹パンパン 同行者が注文したのは

【深川そばめし】950円

これまた彩りがいい こちらもかなりのボリューム 同行者も最後はアップアップでした

●和風れすとらん ふじ屋
住所:深川市2条10
電話:0164-23-2107
営業:11:00~14:00
休み:月曜 

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ