レストハウス理尾

【理尾】

雪降る前に、小平の海岸沿いのお店 前回は三元豚ロースかつ定食を何とか食べたのは去年の4月 今回も駐車場は埋まるランチ時間 お隣では家族連れがガッツリメニューに挑戦中 俺も挑戦するかな~ いややめとこう 隣のおねーちゃんデカ盛り食べちゃったよ、、、
じゃーいつも楽しみなメニュー見てみようか 全般的に肉がお勧め 特別ランチのメニューラーメン中心のメニューデフォランチのメニュー で今回注文したのは

【とんこつ塩ラーメン】750円

白濁が主張 これぞ理尾の豚骨 豚骨苦手な方もこれは唸るはず 臭みは抑えられるが旨味と濃厚な脂がこれまた美味い 札幌の製麺所が提供する低加水・弱縮れ・やや細の麺 チャーシューは薄目ながら大き目でこれまた美味しいぜ! で同行者が食べたのは

【みそかつ丼】850円

またやっちまった、これまたデカ盛りだべや 実はこれを見越して女将さんが気を利かして持ち帰り容器くれた 食べれなかったら俺にまわってくるから今回ラッキー
この夜 自宅でお袋にこれ食べると出したら完食ってどんだけ美味いんだか 

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

レークハウスしゅまりない


釣り好きには欠かせない朱鞠内湖 イトウ・凍結時はワカサギ釣り 釣りはしないのですが、何となく訪れる場所 隣接してるキャンプ場ではなんかゴージャスなテント持ち込んでるグループもいました、テント泊最近注目ですよね。
湖を眺める位置に建つ宿泊もできる「レイクハウスしゅまりない」初利用
ルアーやオリジナルのグッズも売ってるこ洒落た作り 利用時のランチメニューはこんな感じ 種類も少ないので即決でこちら

【ざるそば】十割り700円

十割ですが、手打ちでは無さそうですが、冷たい水で絞められた蕎麦十分に美味しいです。 蕎麦の香りは感じる舌はないので、腰とのど越しは大切 茹で上げる時間と絞める温度って重要で自宅で茹でる時にも参考になる。
紅葉も素敵な場所ですが早すぎた。 来年もまた来たい場所

レークハウスしゅまりない
住所:幌加内町朱鞠内
電話:0165-38-2029
営業:--
休み:--
レークハウスしゅまりないさんのHPはこちら 

夕陽荘・増毛

【夕陽荘】(せきようそう)

町営温泉「あったまーる」横を通り過ぎ坂道を登ると景色のいい場所に着く 目線を下に向けると海原に浮くようにその温泉宿がある。 「夕陽荘」(せきようそう) 元はと言えば1981年創業の町営日帰り温泉 2003年にあったまーるが出来その役目を終えるが、地元民の手に移り,、三年がかりで改装2007年にオープン すでに10年以上経つんですね オーナーの本業が建築業なので少しづつ手お加えているので今でも古さを感じません。
受付は券売機でお支払い

【入口】

岩盤浴もある筈だが まーいいか 清掃の行き届いた脱衣場を抜け浴場に向かおう

【浴場】

内風呂のみですがなんと気持ちのいい湯舟 右手に茂尻島と岩老漁港 いつまでも眺めていたい景色 オープン当時温泉マニアの中で泊まりたい温泉宿だったな~ ややオレンジ色かなと思う鉄分も感じる源泉は冷鉱泉で加温ながら心地よい湯

岩尾温泉宿 夕陽荘
住所:増毛町岩尾140-1
電話:0164-55-9611
日帰り営業:11:00~21:00
       :土日10:00より
休み:水曜
料金:500円

岩尾温泉宿 夕陽荘さんのHPはこちら

玉ねぎ屋・風連

【玉ねぎ屋】

訪問する前日 夜三笠にあった海鮮丼の玉ねぎ屋さんどこに行ったんだろうなんてしゃべってた 一回通り過ぎた マグロ・玉ねぎ屋・・・もしかして三笠の? 駐車場に停めて伺った。 L字のカウンターはほぼ埋まる。 メニューを見てみよう 
普通盛りが1.500円 小盛りで1.200円 三笠時代から見たら驚きですがこれが適正価格なのかな で注文したのは

【海鮮 玉ねぎ屋丼】1.200円

自己主張強し これはこれは美味しい ワンコインなんて有り得ない価格破壊の三笠時代がおかしい  過去記事はこちら
しかし皆よく探すよね 感心する 何回も通った道なのに初めて知ったお店が昔感動したお店だった。 ブログ見ると2014年には風連で営業しえるし 皆教えてよって思う。

●風連町南町30-3
電話:01655-6-7335
営業:10:00~14:00
休み:月・火曜日
玉ねぎ屋さんのブログはこちら

蛇の目・留萌

【特選にぎり】1800円


【二色丼】

留萌地方もウニが解禁 ホタテとウニが価格は忘れた 迷路のように増築された店内は滅茶苦茶混んでる しかししかし待つ価値あり

蛇の目
住所:留萌市錦町3丁目
電話:0164-42-0848
営業:11:00~14:00
   :17:00~22:00
休み:不定休
蛇の目さんのHPはこちら

花いち・名寄

【花いち】
事前情報もなく名寄に向かう 途中でラーメン仲間LINEでお勧めを聞くも何となくこちらに向かう 夜は居酒屋で昼営業もしてるようです。 メニューを見てみましょう ラーメンも含む麺物とサイドメニュー ご飯物とサイドメニュー 注文したのはこちら

【味噌野菜】750円

中々の野菜盛りですね スープ一口豚骨ベース感じ旨味と味噌のバランスがとても良いですね。 麺は低加水・やや細の旭川麺がうれしい。 野菜が多いのでバランス考えないと最後に野菜が残るので注意
とんこつ・花いち・辛みそ何てあるし課題だね。

花いち
住所:名寄市西2条南7丁目 第3グリーンビル
電話:---
営業:---
休み:---
課題といって営業がわからんし(爆

大雪高原山荘・上川

【大雪高原山荘】

昨年も来たけど、今年もきたこの季節 連休で山目的の方は既に向かったあと、温泉目的の人は私たちのみ 貸し切りだ~
昨年は女性風呂だったほうで入れ替えがあるとは、知らなかった こちらを紹介するのは初めてかも

【屋内風呂】


【露店風呂】


【こりゃーたまらん】

至極天国

志峰飯店・深川

【志峰飯店】


【幟】

賑やかな幟がお出迎え お隣の深川で人気の中華屋さん 何回か訪れていますが、タイミングがあわず初めての利用です。
お店前と横に十分な駐車場があります、結構な車が止まっていますが、なんとか滑り込み成功 店内はほぼ満席と人気店ですね
メニューを見てみましょう、初めに営業時間などとオードブル ご飯物・麺類と定食 点心・シェフお勧めとセットメニュー で選んだのは

【豚の角煮ラーメン】1.080円

お勧めから 1.080円と兎に角高い 奮発しました。 鶏・しょう油ベースと思われるスープはあっさり ここは普段食べなれてるラーメンとは別物と考えよう
面はストレート麺を予想してたが、細麺は合ってたが縮れがあり、やや加水のある麺ですが札幌麺とは違う 煮豚ではなく角煮故バラ部位なので脂身が多いのでトロトロで美味しいね。 それにホウレンソウがのる。 同行者が選んだのは

【マーボー豆腐定食】830円


【チャーハンとあんかけ焼きそば】1.080円 セットから

定食はライスは大盛り セットはチャーハンは少なめ 麺は半分ですが中華は基本多めなので注意しましょう。 
お勧めのラーメンは次回は無いかな お手軽な価格の麺類を頼むかな 定食はお勧めだよ

志峰飯店
住所:深川市8条10
電話:0164-22-3119
営業:11:30~15:00
   :17:00~22:00
休み:月曜

お食事の店次郎・名寄

お食事の店 次郎】

道北の名寄市 40号沿いのお店 素敵な佇まいで一見さんは躊躇するほどなオーラーを感じる では暖簾を潜ろう  


厨房・カウンターを囲む上にも立派な看板が素敵だね。 鍋とか鯉料理なんか在ったんだね 店内は入り口近くにテーブル席とその奥に小上がりがあり、二階にも座敷がありそうな作りです。
テーブル席利用 ではメニューを手に取ろう ご飯物が先頭で麺類・鍋物と続きます。 やはり二階には座敷ありか~ここで宴会したいぜー で注文したのは

【しょうゆラーメン】600円

注文する前から、品のいい女将は本当に味が薄いんですよ 昔からこの作りですけどいいですかと何回も言われる それを食べたいです。 スープ 本当に薄いしかも塩分もウスー ただ表面を覆う油はやや多目 しかしジワジワと遅れて旨みも感じる もしかしてテーブル上の塩・しょう油追加しても良いかなと思う
麺はやや加水のあるやや細麺 チャーシューは赤身が多い硬めで濃い味付けの昔風
長年地元に愛されたお店 これからもお元気で続けてもらいたいですね。

お食事の店 次郎
住所:名寄西4条南4丁目
電話:01654-3-3020
営業:--
休み:--

寿司 居酒屋 蛇の目・留萌

【蛇の目】

若い時留萌に住んでたことありましたが、正直給料も安く殆ど仕事のことしか思い出せない街 けど今はよく訪れる街です。 当てもなく車を走らす何時ものパターン
今日はどこにしようか 市内の有名なお寿司屋さんを選択 「蛇の目寿司」さんです。 休日のランチとあって店内は激込みでしたが、何とか二階の大きなテーブルで合席を利用
ではメニューを見てみよう 握り寿司と海鮮丼はこちら 美味しいそうな画像でこれは悩むね~ で選んだのは

【蛇の目にぎり】1.500円

11品の握り ネタ良し 実は海鮮については殆ど比較してない私 思い付きで言ってる。 同行者が選んだのは

【蛇の目ちらし】1.300円

これまた美味しそう、しかも値段がお手頃 以前は観光客がよく訪れる所で海鮮系を利用していたが、あの値段はいったい、、、
決めた次からは留萌をもう少し探索しよう。 地元が利用するお店はやはり期待を裏切らないお店だった

蛇の目
住所:留萌市錦町3丁目
電話:0164-42-0848
営業:11:00~14:00
   :17:00~22:00
休み:不定休
蛇の目さんのHPはこちら

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ