麺屋くるる・忠和店

【麺屋くるる】忠和店

忠和にある「麺屋くるる」 嵐山店が一号店 こちらは二号店になります 嵐山店の記事はこちらになります。 以前は焼肉店だったかな?
ファミリー利用が多く中々の賑わい メニューを見てみましょう カラフルなメニューですね けどイマイチよく分からなかったり、こちらの方が分かりやすいかな。 大して興味の無い酒粕ラーメンもあるんだね。 で注文したのは

【海老坦々麺】850円

良いビジュアルって言うか、あまり登場しない画像だったり スープは、鶏ベースで魚介系を感じ、勿論海老の味で濃い目のドロ系で、キャベツ煮、海老味の天かす海老粉があり調整しながら食べ進もう。 麺はストレート麺と、ちぢれ麺を選べストレート麺で注文 地元製麺業者のやや細のチョッと加水率のある麺 縮れ麺で育ってきたが、最近ストレート麺も好いなと思う。 良く縮れ麺はスープを絡むと言うが、見てもらう様に十分絡んでるよね。

麺屋くるる・忠和店
住所:旭川市忠和5条6
電話:0166-85-6415
営業:11:00~15:00 17:00~23:00
休み:火曜
麺屋くるるさんのFBはこちら
  

梅光軒・南

【梅光軒・南】

個人的には梅光軒南認識するお店 過去記事は最近の記事は、2016/02   時として狭い駐車場が満車で断念したこと多々あり今回はスンナリ駐車 L字のカウンターと小上がり メニューを見ると変わりないね。 で何注文しようか考えてると、こんな「新メニュー」発見! 前回利用した2016/02には無かったと記憶 じゃーこれだ

【辛しょう油】(レベル1)950円

三味在る中で、初めてなので、お手並み拝見でしょう油の辛さは① 辛ラーメンには全部のせなんだ。 しょう油には基本野菜は注文しないのですが、如何 レンゲで一口 ベースはラー油ぽいですが、それだけではないと思わせる中々美味しいじゃないですか、辛さはガツンときますが、まだまだ許容範囲 試しに同行者が啜ると、むせていた。 主張するスープなので野菜がのってもスープは負けていないし、もしかして正解と思うバランスです。
麺は梅光軒の麺を一手に提供する「梅里」さんの旭川麺 ぶっといメンマと野菜 厚めのチャーシュー一枚 ひき肉も入るしょう油には珍しく、味噌みたいだね。 次回は辛さ②だね。 同行者が選んだのは
【みそラーメン】750円

安定したラーメンだね。、梅ちゃん系列に拘らず、食堂系でも味が変わるし、そこを楽しみましょう。

梅光軒・南
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜 

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

ささき・市内

【ささき】

いつもの「ささき」さんだ! 2016/04紹介時で「あんかけ焼きそば」がメニュー落ちして、暫らくたった ここいらで餡系がヤバイかな(遅すぎか)と思い訪れた。 勿論ピカピカなカウンターが出迎えてくれるのが、本当に嬉しい。 メニューを見てみよう おー餡系の五目は健在 で餡かけ好きの同行者を差し置いて頼んだのは

【五目ラーメン】750円

やや緩めの餡がかーさんらしい 辛口(中華味)と書いていますが、全く辛くないのはご愛嬌 煮干しってますね。 じわじわ来る旨みがいい、 完璧な茹で加減の麺は低加水の旭川麺 野菜達の中に、チャーシューではなく豚バラ肉が入る 旭キク連に名を連ねる私にはキクラゲは外せないよね。
同行者が選んだのは

【ギョウザラーメンしょう油セット】750円

手作りの餃子が4個つくセット 3個しかない待ちきれず既に一個食ってるし(笑い
こちらは定番メニュー 美味しい料理は笑顔になるね。 何時までも続けてほしいお店です。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

日の出食堂・市内

【日の出食堂】

何時もの食堂 今日も満席だ! 紹介してる以上に絶賛利用中!!
市場内で今では唯一の食堂 何回も利用すると、画像が変わらないのが難点ですが 勿論注文は

【オムライス】550円

線を引くケチャップから最近はトロッと垂れるスタイルが鉄板 勿論、薄焼き卵に隠れてるのは、王道のケチャップライスが鎮座がいい。 同行者が選んだのは

【塩ラーメン】500円

豚骨ベースの優しいスープは万人が満足だよね。 ただこれが一般的に思う旭川ラーメンかと言うと疑問も残るのも事実 
器を覆う脂と濃い目のタレを想像されると思いますが、今も残り頑張って営業中、あるいは既に暖簾を降ろした旭川食堂系にはこれに当てはまらない店もあるのが事実
 
市内には過去地元(町内)密着の食堂が多数有り たまたま注目されたのが、濃厚なラーメン これが一般的に旭川のラーメンの認識となるのが現実 
新規店舗はより融合して正直なにがなんか分からなくなっている。 がこれがまたレベルが高いお店が多く、ラーメン好きとしてはこれはこれでチョッと嬉しかったりする。 近い将来、食堂系は暖簾を降ろすのは目に見えているのは仕方ないか。
また利用するね・・・「日の出食堂」さん

何時か、注文したいメニューは・・・かけラーメン+カツ丼だったりするが、誘惑に負けて未だ注文出来ず。

手作りうどん 杉・市内

【手作りうどん 杉】

忠和 閉校した東海大の近くの住宅街 元ラーメン屋さんだった所に、ご両親が札幌で営業しいましたが、故郷の旭川に2017年に開店したお店
店内はテーブル席・小上がりがありほぼ満席で店内の撮影は断念 しかも女子度が高い 女子ってうどん好きなのか? 今回は大きいテーブルに相席利用
でメニューを見てみよう おいおいこれか、これで神経衰弱出来そうなラミネートされたカードタイプ 面白いで、裏には細かい説明があり心遣いを感じる。 温うどん冷うどんと分けてみた。 で注文したのは

【鶏ごぼううどん】季節限定880円

春限定のこちら ゴロゴロした鶏は食べ応えがあり、麺はコシの讃岐とはまた違がい、最初はふっくら感で中にしっかりコシがあるタイプ、無骨でやや太い それにささがきされた牛蒡が良い食感と香りが加わる。
出汁の効いた汁は、コッテリラーメンが続く私には体に優しいそう これからうどんもいいかな
同行者が選んだのは

【野菜あんかけうどん】830円

餡の中に大ぶりな野菜達 これまた胃に負担が掛からない・・・かな?
店内に掛けている表彰状を興味深く眺めていると、ご主人が声を掛けてくれて、色々な貴重な話をおしえてくれました。 例えばHPで紹介してる昔旭川にあった高橋製麺所の屋号は○は 勿論○の中に「は」が入ります、勿論何故「は」なのかも教えてくれました(笑顔 こんなに教えて頂いて良いのでしょうか  有難うございます。 追加注文

【セットB】430円(つゆおにぎり+うどんぜんざい)
【つゆおにぎり】

【うどんぜんざい】

ワサビが乗るおにぎりを汁と混ぜて食す うまし! うどんぜんざいのうどん生地の橋かと思いきや、わざわざ作ったものとのこと 丁寧な仕事が分かる。

●手作りうどん 杉
住所:旭川市忠和5条1丁目6-15
電話:0166-66-0318
営業 平日:11:00~15:00
    土日祝:17:30~20:00
休み:水曜・第3木曜
手打ちどん 杉さんのHPはこちら

某秘密結社に集う

【またまた・あつ

今夜は、特異な分野の集り 小規模ですが、実は凄まじく濃厚で咽るほどの仲間 バスで向かう

【としちゃん】

今回利用したのは、永山一番通りの「としちゃん」初めて利用 電飾が迎えてくれた。以前は居酒屋メニューありましたが現在は、食堂メニューのみとなっています。 店内は思いのほか広く カウンターとテーブル席・右には小上がり完備しています。 思えば移転した「屯田ハウス」があったとこだね。
早く着いた仲間は既に一杯やっています では

【合流 乾杯でちゅ】

追いつけ追い越せとピッチが進むぜ 
メンバーの一人が転勤に・・・ 非常に残念ですが、まー時々現れるのは間違いないけどチョッと寂しいのも事実 留萌方面はお任せって雪多くて厳しいぜ
ここからは一気に料理紹介

【唐揚げ】

追加注文間違いなしの オーナー自慢の一品

【ユーリンチー】


【チキン南蛮定食】


【ハムカツと何とか 忘れた】


【麻姿豆腐】

他にもあったっけ それに多量のジョッキー 
閉店までいた、これだけ飲んで食って3.000円でおつりがきた、ご主人美味しかったよ また寄らしてもらいます。

●としちゃん
住所:旭川市永山7条13丁目
電話:0166-47-5512
営業:11:00~14:30 17:00~21:00
休み:日曜 

名もないラーメン屋・市内

【テーブル上の瓶達】

ここは何処でしょう? って答え書いてるしバレバレだけど。 紹介はしてないが時々利用する「名前の無いラーメン屋」さん 過去記事は2016/03に紹介 味が安定しないく来るたびにドキドキする。
今日はどうでしょうか では注文したのは

【塩ラーメン】700円

何時ものように脂が覆う これは熱々 注意して一口 豚骨が濃厚ながら、スイスイいけるタイプは良い仕事だね。 茹で加減完璧の、低加水の旭川麺がよくあう。 チャーシューは更に薄くなったチャーシューが二枚は正直残念だったりする。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

こちらも安定してきた味です。 ここに来てやっとブレ無くなり、個人的にはお奨めのお店
ただチャーシューは何とかしなくてはと思う。 スープの完成度は高いお店だね。

名もないラーメン屋
住所:旭川市豊14条7-5
電話:0166-32-3065
営業:11:00~20:00
休み:水曜

梅光軒・豊岡店

【みそラーメン】


【しょう油ラーメン】

今日もかーさんが厨房を守る 息子さんは出前で忙しい。 程よい濃さと甘め味噌たれが美味しい 麺はやや細目・中縮れ・低加水麺が良く合う。
味噌では珍しくチャーシューも一枚ですがチョッと嬉しいし しかもちゃっかりひき肉も 梅光軒と名を掲げる中でもお気に入り
設定ミスの画像から救い出す作業はつづくのでお付き合いを

らぁめん 暁

【らぁめん 暁】

店内は以前のお店と多分変わっていないと思うが如何 ランチ時間を過ぎてからの利用、カウンター利用
メニューを見るとラーメン専門店ですね この価格をみても最近は驚かない自分が恐ろしかったりで、 注文したのはこちら

【しょう油ラーメン】730円

背油も浮き 厚めの脂が覆う 最近ちょくちょく遭遇するビジュアル スープは豚骨で濁り系 香りは円やかです。 トッピングは海苔・白髪ネギ・やや濃い目のメンマ 
海苔を見るといつも思う、これ必要か、出てきたときは、食べるときはクチャクチャ 正直イラネよって俺だけ?
麺は、やや細め・中縮れ・低加水の旭川麺は安心だ チャーシューは薄く、トロトロ系で崩れる一歩手前なのが一枚
濃厚なスープ・脂身の多いチャーシュー等々のバランスはとてもいいですね。 方向性が見えるラーメン で同行者が選んだのは

【辛味噌ラーメン】830円

こつらも濃厚 味噌味より脂が優ります。 バランスよし
こちらの店舗、何故か同じ場所でオープンするも長続かない 其れなりに流行ってた模様なのに不思議な場所なので頑張ってもらいたいですね。

らぁめん 暁
住所:旭川市豊岡2条3丁目3番15号
電話:0166-35-3325
営業:11:00~15:00 17:00~21:30
休み:火曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ