フラヌイ温泉・上富良野

【十勝岳温泉郷 湯めぐりチケット】最後の牙城


湯めぐりチケットで4軒の湯処を巡れる しかも半額で最初に利用してから4ヶ月有効と、太っ腹 現在も販売してるかは分からないけどね。 と何時ものいい加減度満開のブログ
低温ながら炭酸泉がマニアの中でも有名 その後源泉は炭酸と温度低下 かなり厳しい状況に至る 以前紹介したのは、2017/01でアワアワは確認できませんでしたね。 現在はどうでしょうか?

【源泉湯】

やや白濁したのは変わらない 炭酸泉は残念ながら復活はしていなかった。 ただ残念なのが地元利用者が投入するシャワー湯 下がった湯が気にくわない模様 それなら加温の源泉湯入ればと思うが、豪快に投湯 源泉の意味ないじゃんと思うが、ここは時たま利用する稀人 地域密着の温泉ありがたく利用した。 

【加温風呂】

投湯なんかしないで、こちらに入ればいいのにと思うけど、まーいいか
でここには食堂「フラヌイ食堂」時間が11:00~14:00とハードルが高い しょう油を680円で提供中 入浴料+ランチで1.080円のセットが期間限定で提供していますが、平日のみと私には激高ハードルで無理ですね。
過去記事:2009/01 2013/07 2017/01と利用しています。

フロンティア フラヌイ温泉
住所:上富良野町新町4丁目4-25
電話:0167-45-9779
日帰り情報
料金:600円
営業:7:00~22:00
休み:無休
フロンティア フラヌイ温泉さんのHPはこちら 

木かげ・中富良野

【木かげ】


【ウィンドウ ピクチャー】

中富良野のスキー場・富田ファーム一帯は北星山と言う 山中にはカフェ・ラベンダー園・ペンションなどが点在 GW以降からは大勢の観光客で賑わいますが、スキー場もラストスパート・花にはまだ早い端境期
北星山の富良野寄りの中腹 窓からは十勝岳の絶景が一望 店内はゆったりした配置 店内には雑貨・小物も販売 メニューを見てみよう。 メインのメニューはピッツア・パスタ・カレー  お得なセットメニューはメイン+サラダ+ドリンク 更にデザート+で1.300円!!で注文したのは

【きのこカレー】800円

ソテーしたキノコが覆う スパイシーながら円やかなルーはスルッといける。 同行者が選んだのは

【日替わりケーキセット】680円(幸せのパフェ・ミニ+コーヒー)

ワイングラスにムース・ゼリー等々 これは男子には注文しないし、注文出来ないわな。
絶景な景色は掛けがたいですね。 雰囲気はバッチリ けど・・・なんだよな~

なかふらのカフェレストラン 木かげ
住所:中富良野町福原農場
電話:0167-44-2329
営業:11:00~日没
   :7・8月は、11:00~20:000(Lo、19:00)
休み:水曜
   :7~9月無休
カフェレストラン 木かげさんのHPはこちら

レストラン サーティ・美瑛

レストラン サーティ

祭典だもの、アルよね ビュッフェワンコイン・ランチ

【店内】

撮影した方向の反対側にも同じくらいのテーブル席がありますが、早く入った私達の後は皿を持って並び、席も満席です。 二ヶ所に用意された料理達は その1 その2と準備完了
カレーとか五目ごはんも完備してたりする。 で何となく盛った食べ放題ランチは

【ワンコインランチ】

ワイワイ・ガヤガヤしながら食べるランチも楽しい 美味しいか? なんて野暮な疑問は受け付けないよ
席も満席で窓際で食べ始める人もチラホラ 早めに確保した私たちは若者に譲ろう 「ありがとうございます。」なんて言われると嬉しいね。
雪印パーラーが委託運営 ラーメン有るんだよね 宿泊しないと無理そうだね。  

国立大雪青少年交流の家・白金


冬のフェス「大雪冬のレクスポーツ祭典」 白金で開催 この日は普段利用できない、温泉無料開放 行かない訳が無い。 宿泊のプランもあり駐車場には誘導員、家族連れで一杯だ、大人気 過去記事は2016/10に紹介
今回は、前回で叩き込み勝手知ったる施設 すいすいたどり着く

【暖簾】

えぞまつの暖簾を潜る

【脱衣場】

変わらない いいね!

【浴場】

変形扇形の浴場 惜しげもなく「白金17号井」一本で勝負する源泉が掛け流しで注がれる。 温泉目的だけで利用する人は私達だけ、先客一人で十分に堪能 もう少し頑張って成分が多ければ等張性なのに、けどがいい
2回目なのに紹介する画像は殆ど変わらないのはご愛嬌 
次回はいつ利用できるかな 待ち遠しい湯

温泉分析表
源泉名:白金温泉(白金17号井)
試験年月日:平成21年10月30日
泉温:51.7℃
ph:6.64
成分残留物:5.053g/kg
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性高温泉)
旧泉質名:含塩化土類-芒硝泉
我ら温泉好きには旧泉質名が好きだったりする。

凌雲閣・立ち寄り湯

【凌雲閣】

下を見ると「カミホロ荘」 その上

【山並み】


【露天風呂】


【内風呂】

1.260mの標高にある温泉宿 冬季はバックカントリーのベースに最適 凌雲閣です。
過去記事は、2014/01 この日も欧州系のスキーヤーで賑わっています。 看板犬が居なくなって久しい、また飼い始めないかな?
では下に向かい露天風呂へ れっつらごー
素晴らしい雪見露天 何時もの赤褐色の湯に漬かりまったりと時間が進む 凌雲閣2号井の湯が注ぐ 源泉掛け流しの湯使い
金気・塩分も感じる味 低張性なので色ほど鉄は感じないのが赤錆が不思議

共に低張性・酸性・透明の凌雲閣2号井はお湯が張っていなかった、不調なのかなー温度32.1℃だし 冬季はキビシイしね
食事処「岳」では、ラーメン提供中 我々ラーメン研究所では道内標高第2位と仮確定の場所 何故《仮》なのか もしかしたらニセコ方面のゴンドラ終点にあるかもと保留中

凌雲閣
住所:上富良野町十勝岳温泉
電話:0167-39-4111
立ち寄り情報
料金:800円
時間:8:00~20:00
凌雲閣さんのHPはこちら FBはこちら 

カミホロ荘

【内湯】


【投湯口】


【露天風呂】


【洗面】
 美瑛で食事して、今回も上富良野の十勝岳温泉へ 山道を進むにつけ、どんどん天候が荒れてきて巻き上がる雪でまったく前方が見えなくなる「ホワイトアウト」も時々遭遇

このまま進むか判断に悩む状況ですが、行っちゃいましたが皆さんは無理しないで下さい。 
途中の最後の急カーブでスタックした車があり、出来れば手伝いたかったが、御免ここで車止めたら私も動けなること確実
 
ナンチャッて4駆の車でやっとこ、アイスバーンの上にまいた雪が乗るってる状態 FF FRではまず無理な状況でしたね。
こんな天候の中でも、欧州系のバックカントリー軍団は元気いいわ
過去記事は、2017/08 2012/01 宿泊も一回ですが経験していますが、画像はどこえやら 
源泉:ph2.5と酸性ですが、成分は-イオン:カルシウム・アルミニウム +イオン:硫酸・硫酸水素が主体 成分総計:1.356g/kgと低張性なので湯上りサッパリの湯は雪舞う露天も楽しい。
帰りはいっきに変り、順調な天気

カミホロ荘
住所:上富良野町十勝岳温泉
電話:0167-45-2970
日帰り情報
時間:7:00〜21:00
料金:600円 今回も約半額で利用できるチケット利用
カミホロ荘さんのHPはこちら

ちゃい・美瑛

【ちゃい】

赤い暖簾がお出迎え 過去記事:2016/03 2016/04と紹介 外の缶詰君も居なくなったのね
メニューを見てみると、100円ほどUPした料理・セットメニューが出来たりと変化あり 店内は変わりないく、新たに壁には「えいとラーメン」の誕生秘話(私は最初に利用した時に直接聞いていました)も書かれています。 で注文したのは

【汁なし担担麺】800円

四川風と表記は無くなり、以前食べた時とは大きく変わりましたね 器も変り具材も減りシンプルな面構え シンプル故ベースの味が良く分かり、如何にレベルのが高いか分かる 少ないですがスープ完食 麺はいつもの細く・ストレートな麺がよく合います。 同行者は何時ものこちら

【五目餡かけ焼きそば】800円

こちらは具材がたっぷりで、やや餡が強めは変わらない 安定した味、安心して美味しい料理が何時も頂けるお店 個人的にはミシュランも時々首を傾げる選択選択しますが、このお店は間違いないね。 お店には誇らしげに、授賞式で最後に乾杯で使用した枡が鎮座
ここ美瑛でこれからも、小さなお店で長らく続けてもらいたいお店

ちゃい
住所:美瑛町旭町1丁目1-4
電話:0166-73-9621
営業:11:00~15:00 
   :18:00~20:30
休み:日曜
夜メニューが目茶苦茶気になる、ここで宴会が出来るか JRかバスで帰れるか、無理だな 諦めるか・・・

吹上温泉・白銀荘

【白銀荘】


【ほっこり源泉掛け流し】

上富良野で日帰り出来る、4ヶ所を巡ることの出来る「湯めぐりチケット」1.200円購入して最初に向かったのは
白銀荘 久しぶりの利用になります。 宿泊は自炊の施設でかなりの大きさです。 冬季は望岳台(美瑛側)からは、通行止めなので、上富良野側から行くことになります。 近年 大陸系もそうですが、ニセコ周辺から流れてくれると思われる方々が大勢で様変わりしていました。 同行者が拙い英語力で聞いたところでは、「雪質最高」と言ってた模様 昔から山スキーでは有名な所で納得

【露天風呂】
湯気でモクモク 露天ゆえ、やや低めの温度は欧州系にまかせましょう。

【ヒバの湯】

高温(推定41.度)の内湯(右の湯船)のヒバの湯が心地良く、殆ど内湯から動かず。 浴場内は天井が高くとても開放感がある作りです。

【温泉プール】

最初に利用した時、素っ裸で入ってた記憶 ここは水着着用なのでご注意ください。
源泉は、保養センター泉源1号と2号の混合泉 1号:48.4℃ 2号:52.6℃と温度差がありますが、泉質としてはほぼ同じ泉質と思われる。
ph:2.9と酸性よりだが、それほど刺激のある湯ではなく、湯上がりさっぱりする湯
泉質:酸性-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉(旧:含石膏・食塩-酸性泉)

実はこの施設は、浴場入り口まで行くのに、電動補助はあるものの長大な階段が、お年寄りには気軽に利用できないのが、難点なのは変わらない。
地元民の話を聞いてみると、逆に階段を上り下りして、足腰鍛えてるなんて言ってるじじいも居たっけ 物は使いようだね。

●吹上温泉 保養センター 白銀荘
住所:上富良野町吹上温泉
電話:0167-45-4126
営業:10:00~22:00
休み:--
白銀荘さんのHPはこちら

増屋・上富良野

【増屋】

上富良野の中心街のお店 過去記事は、2012/01 2017/07に紹介 ラーメン・定食等を提供してるお店と、焼肉専門と入り口が違うのでご注意 何時か焼肉の縄のれんの部も潜ってみたいものですね。
今回も食堂部の暖簾を潜る。 店内は変わらず大きい小上がりがお出迎え メニューを見てみよう 価格は変わらないですね けどラベンダー模様から雪の結晶に変わり心憎い。
 
【しょう油ラーメン】620円

何時もの佇まいで安心します。 一枚ながら厚く今回は濃い目の味付けのチャーシューの存在感がハンパない 50円増しでチャーシューラーメンを選べるのは嬉しいですね、次回の選択肢の一つになります。 麺はやや札幌麺よりで、やや細目・中縮れ 同行者が選んだのは

【もやしラーメン】670円

表面に自家製のラー油が浮く、ちょび辛でしょう油味になります。 スープ自体はデフォのしょう油と変わりなく、アッサリ目で魚介を感じないタイプに、軽く火の通ったパリパリのモヤシが多めにのる。 チャーシューは乗りません。

増屋
住所:上富良野町中町2-1
電話:0167-45-2679
営業:11:00~21:00
休み:水曜
ご飯物・丼・定食のメニューを見ると 一気に価格が上がる(大)・メガとか散見する。 若かりし頃はチャレンジしてましたが、もう無理かな、誰かよろしく。

喫茶 すずらん・美瑛

【喫茶 すずらん】

白金で終焉の湯で楽しみ、風景を愛で小腹も空いた。 訪れたのは美瑛街中の喫茶店「すずらん」さん 当ブログでは2016/12に紹介 あれー何か やってなさそうと思いきや、お隣に移転した模様 

【店内】

縦長の造り 奥に長いカウンターでコヒーを頂くスペース 入り口近くにテーブル席 窓際のテーブル利用 日が差す窓際は私には鬼門 コントラスト強すぎて、手持ちのカメラではうまく撮れないが今日はチャレンジ 話を聞くと、移転場所が先代が店を開いた場所で原点とのこと メニューを見ると以前利用とは変わらない。 で注文したのは

【2種類のカレー】800円

単品でも注文できるポークとグリーンのカレーを楽しめる。 個人的にはほどほどの辛さ ポークはルータイプで後から辛さが来る、グリーンカレーはサラサラタイプ、苦手なココナッツもそんなに主張しなく美味しいね。 量は控えめですが、じじいには丁度いい。 同行者が選んだのは

【いろどりランチ】850円 11:00~14:00

ご飯は白米と五穀米から選択 今回は五穀米 いろどりの名に恥じなく、小鉢が並ぶ 楽しいよね、女子でなくても親爺もチョッとワクワクが、廻ってきたのは、柔らかく煮込まれた手羽先のみ・・・ 一品でも十分に美味しく 手作り感満載
喫茶店だからコーヒーがメインですが、中々注文しない私 次回は頼んでみようかな。

喫茶すずらん
住所:美瑛町中町5番35号良栄舎1F
電話:080-9002-6093
営業:11:00~21:00
休み:水曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ