ゴールデンカムイ

実は昨年から姉の影響でチョッとハマって今に至る スタンプラリーラリーも昨年知った すでに第一弾は終わり第二弾と出遅れていて、遅れてスタート 
にわかファンですが、地元旭川が非常に重要な意味を占めると分かり、歴史好きな私俄然食いつく!!
古地図も面白い・地元の歴史ある建築物も突き詰めると本当に面白い
チョッと聞いた話では、最新のヤンジャンでは石狩川を行き来する外輪船の話が出てる模様

この企画で釧路ラーメンも食べることが出来た。 実は感謝
出遅れてスタートした第二弾のスタンプラリーはコンプリートしました イェーイ 

  

  
広い北海道ですが、一泊で行ったのは釧路方面のみでした、これが函館(道南)があれば道内在住でもかなり厳しい、とんでもない規模のスタンプラリー
第三弾は今年は無理っぽい、コロナの終息を願うばかりです。 三弾頼むから稚内と函館は同時に入れないでくれ!!

ホンダメーカーナビの不具合

余り評判の良くないホンダメーカーナビ ディーラーで車検受けなかったので知らぬ間にネットに繋がらなくなり、ナビが反応遅くしまいには、タッチパネルも反応しない。
とりあえずディーラーでインターリンクの更新(有料)して様子を見る 中々改善しない 再度ディーラー行く前にネット探索 結構情報があるね 裏コマンドで裏メニューに侵入 キャッシュクリアーでとりあえず復活 多分ディーラーなら長時間待たされる予感大 と言うかディラーも稀なマニュアルがあっても読まないので、クレームあっても放置状態かも
尚:実行は自己責任でお願いします。

TRAXXAS TRX-4

いきなり訳の分からないローマ字っス 某投稿画のサイトで本当に騙された実写と思い、凄い流石4WDと思って見てたらなんとラジコンカーの動画だった。
作り込みが物凄い じぃじぃになってもこれは手に入れたい いやいやそんな物買ってる余裕ないし、勿論オリジナルではここまで凄くないので、付属品を製作或は自作しないとここまでの完成度は出ないので、画像見て楽しんでます。

完全に騙された!

更なるマニアな趣味

ブログでは紹介してないが実は興味あるのが有る 
当ブログ現在の記事では多分 ラーメンがメインで時々温泉かなと思う、、、時々音楽かな
実は、球体関節人形の世界が忘れられないが一体も手元に無い、まだ進めない世界 その昔カタンドールがマニアな世界の時に買おうとした私 買える資金も有ったが何故か断念 自分で作るセンスは無い。
画集まである世界になった。 超マニアな世界なのでサラッと流して

ノートパソコン新調した

WIN7のサポートも2020年1月14日に終了 現在使ってるのがネットで中古で購入したWIN7のノート ですがなんと地上デジ・BS・CSチューナー完備しかも裏番組まで撮れるダブルチューナー完備と夢のようなノート よく頑張ったな~本当に出来た子
現在もサクサクとは行かないが其れなりに使えるのですが、さすがにヤバくいHDDがおかしいスタートアップに問題等々満開
逝く前にデーター移行しないと大変

そんな訳で購入 付き合いある方からの中古ノート(笑い WIN10 SSD版購入 WIN10は癖満開なのは分かってるのでメインのブラウザーエッジ無視して普通にIEで 普通にデーター移行も完了
フィードもアカントも移動完了 これで普段利用してるソフトが動けばいいのですが これからメインのブラウザーのクロームいれてメールは火狐さんをぶち込めば何時ものスタイルに・・・

旭川は温泉不毛地帯?

大雪山へ向かえば湧駒別温泉・天人峡温泉・層雲峡温泉、十勝岳に向かえば白金温泉・十勝岳温泉と旭川近郊には温泉が多数在りますが如何せん、地元は温泉空白地帯と言っては誤解がありますが、ほぼ当たってると思います。
その前に「温泉」とは、1948年に制定された「温泉法」の定義による
  1. 25℃以上
  2. 別表の成分の一つ以上を満たす事
環境省のこちらを参照
1か2の何れかを満たせば、水道水が温くて成分何も無くても、冷たくても何か規定以上含まれてれば温泉と言うことです。
1992年の資料には3ヶ所(温泉№97・98・99)記載 冷鉱泉で単純硫黄泉 この内97・98は源泉場所特定済みですが、99は探していますが未だ見つけていない。
その後の資料では上記の3ヵ所に2ヶ所が加わり5ヶ所 この頃になると駅前のホテルのボーリングも出てきますね。 近くに火山活動も無く、モール泉の源の植物由来が堆積も無い、古い海水があるって言うのも聞かない。
1.000メートルも掘れば多少温度は上るが成分はスカスカ やはり温泉不毛地帯なのは間違いないと思います。
 
中でも個人宅に硫黄が香る冷鉱泉があるのは本当
ただ都市伝説の様にある寮の地下水を利用する浴場の水は硫黄が香るらしい・・・・真相は如何に 

現実です

秘湯の一軒宿「日帰り温泉に勝てず」相次ぎ閉館: 12/11(火) 23:02配信 読売新聞

温泉ブームで都市近郊の入浴施設がにぎわう中、温泉通や地元住民などに親しまれてきた
秘湯の一軒宿などが、今年相次いで閉館した。
施設の老朽化や後継者難などが理由で、温泉愛好家らからは惜しむ声が上がっている。

今年閉館したのは、いずれも100年以上の歴史を誇る「馬追温泉旅館」(北海道長沼町)や、
蟠渓(ばんけい)温泉の「伊藤旅館ひかり温泉」(壮瞥町)、
ニセコ昆布温泉郷の「鯉川(こいかわ)温泉」(蘭越町)など、少なくとも5軒に上る。

道内の2016年度の温泉宿利用者数は全国トップの1315万人で、5年前から2割も増えるなど、
「温泉熱」は高まる一方だ。札幌市の豊平峡温泉が大手の旅行サイトのランキングで
1位に輝いたほか、ススキノや狸小路の入浴施設が連日にぎわいをみせている。
抜粋記事です
長年地元に愛されてるラーメン屋が暖簾を降ろすことが多いね それは温泉施設でも同じことが起きている、悲しいですけどこの流れは止められないだろうね

新聞記事でも紹介されている長沼の馬追温泉 庭が立派で桜の時期にはそれは素晴らしいかった、当ブログでは、2010/112011/062013/11に紹介してます。

昆布温泉の鯉川温泉旅館は、当ブログでは、2009/06に紹介しています。 伊藤温泉ひかりは残念ながら私の温泉空白地帯で利用することは出来ませんでした。 
今は途絶え途絶えの温泉仲間で近郊の温泉で一泊してオフ会したいねなんて話してた時には、暖簾を降ろすことなんて、考えていなかったんだろうね。 ここで手持ちのパンフレットに紹介

【馬追温泉】手書きの湧水場所 多分源泉場所も手書きで記載




【鯉川温泉】



何時も迎えてくれた馬追温泉の老犬 滝を眺める露天湯の鯉川 これからは利用した人達の記憶に残るのみの湯宿

車を入れ替えた

長年(10年)乗り続けた車 エンジンは全く問題なし 燃費も時には13㎞オーバーと問題ないが如何せん、足回り・内装がボロボロ 内装は我慢すればOKですが、足回りは何処で壊れても文句は言えない状態 走っていて何か落ちたりして、その都度修理はしてる。
21万キロオーバーで正直よく頑張った!! トラックならこなれてきた距離だろうが、自家用車では限界かな? 
源泉めぐり、山菜、温泉宿泊、オフ会と思い出が詰まった車ですが引退確定 何処で壊れても文句は言えない状態で遠出は控えてた。

で購入した!!(中古ですが) 多分乗りつぶすから年齢的に最後の車と思っています。
新しい車で何処に行こうか 楽しみ。 因みにハイブリッド4WDで現在リッター18キロ(購入二日目)ってガソリン高いから助かるね。 購入価格は高いけど10年乗れば多分元取ると丼勘定(笑

旭川ラーメン杯の考察

青年会議所主催の「第一回ラーメン杯」
地元無料情報誌のライナーにも掲載されたイベント 行きたかったけど行っていませんがその後、如何にと注目してました。 優勝して10万獲得した店の詳細も無いし困ったところに、ラーメン仲間は一人だけ伺ったようでその時の周りの言葉 「プロばっかり」と言葉も聞こえたらしい。
ラーメン好きな旭川人 多分家庭でそれこそプロ顔負けの自宅ラーがある。

で素人のプロでないラーメン杯・・・ 企画自体間違ってないが現実は ラー友のJetsが纏めてくれたこちらをご覧下さい。 Jetsさんのブログ 札幌生まれのJetsさんは旭川ラーメンを地元以上にこよなく愛す方 
ハーフとは言え300食って既にプロしか出来ないしプロでも無理そんな企画通るJCって、、、
プロばっかとの言葉もうなずけるね。 地元のラーメンは地元で守ろう 
しかしオーナーの高齢化で暖簾を降ろすのは止められない現実は受け止めようと思う最近の思い

秋は駆け足で


もう直ぐあの季節 今日早いかと思ったがスタッドレスに変えた。 毎年のルーティーンですが何とか簡単に出来ないか工具自作したが何と会社に忘れてきた(爆 自力で解決
寒くなると温泉・ラーメンの撮影はレンズの曇りがやって来るぜ 今の所先人達の道具を使い今に至っています。 ま~変わらず更新も遅れ気味なのは同じですがでは

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ