旭川厚生病院でラーメン

05254.jpg
 @管理人も不摂生な日常がたたり
 ついに入院か?

 残念でした。
 公共施設編でもしようかと。
 第一弾 旭川厚生病院

山菜を訪ねて

05376.jpg
前回から、10日ほど経ちます。 天気が良く、山菜にチョッと詳しい友人と途中で
待ち合わせ、車一台でお山に あーだ こーだとしゃべくりしながらゲートをくぐると
戦闘モードオン!
雪はまだ残っておりますが、更に奥まで行けました。 途中何台も車が駐車
どんどんと今回いける所まで行ってみましょう。

やはり全面開通には早い、工程の半分もたどり着けません・・・雪・・

photo book
05378.jpg
この川を渡ります。
 05381.jpg
日の当らない所はまだ雪
 05382.jpg
フキノトウと蝶
 05383.jpg
05384.jpg

適当な所で車を止めて、水量の少なくなった川を渡り崖を登る、登る。
今年、初物ゲット(古いっーの) まーこんなもんか。 友人は一食分確保 ニッコリ!
楽しかった、山菜は不調(一握り)でしたが、山に入りストレス発散

帰りに新規開店したラーメン屋でランチ その後、次回の予定を確認して解散
 当ブログでは、旭川の有名店、新規開店のラーメン屋さんを紹介する予定は
   今のところありません、御免なさい。

ries café・美瑛・五稜

05370-1.jpg
複雑に入り組んだ農道を間違えないように進むと、前回素通りした「rise café」さんに
ランチをいただきに伺いました。

オーナー自ら作ったお家でしょうか? 雰囲気は抜群
05348.jpg
店名が描いてあります。 カッコいい

 ステンドガラスも手作りでしょうか、センス良
 いですね、窓からは十勝連峰の
 頂が少し見えます。

 落ち着く店内、メニューを見て
 注文しましょう。


八右ヱ門・幌加内

05189-1.jpg
 幌加内のお蕎麦屋さんにまた行って
 来ました。

 美味しいんだよね
 前回記事はこちら

ガーデン・プレイズ・三愛の丘

05303.jpg
美瑛の郊外 三愛の丘に建つお店 初めてです。 高台にあり眺めが良さそうです。
外観は普通の造り、靴を脱いで利用する店内も一般住宅と変わりありません

昼を少し過ぎてますが、4~5人組の家族と一人の先客が利用中

美瑛・上富良野・深山峠

05265-1.jpg
丘陵 rise cafeさん近く

05276.jpg
近くで見ると大きい
C05280.jpg 05281.jpg
先達は何を思うのか
05308.jpg
千代田ファームの展望台
05311.jpg
ファーム・レストラン・千代田
いつも一杯 美味しい。
02256.jpg
「ふらのワインハウス」よりこちらがお気に入りです。

05312-1.jpg
隣接してる施設 大人でも楽しめます。 無料
他に、馬、うさぎ等もいます。
05314.jpg
撫でて~と寄ってきます。
05310.jpg


天気が良いので、散策  また美瑛・上富方面 大雪山がバッチリ見えますが、どうも
コンデジには苦手な絵 上手く撮れません。 パノラマも試みるが駄目!
この辺がコンデジの限界かも?

一時、話題になった深山峠の観覧車もオープンに向けて試運転していました。
私は反対でも賛成派でも在りませんが、景観が財産・資源と言う考えには賛同

相当昔ですが、美瑛・富良野が注目を集めるようになり、とても目立つ丘、丘陵地に沢山建ってる住宅・レストラン・ペンションなどが建ちだすと、当時違和感があったのを覚えてます。
「住宅と娯楽施設を同列で扱うな」とツッコミはナシね。(笑い)

観覧車はそんなに違和感はないし、もっと派手でも良いのでは! 「色も環境に配慮します」と言ってあの色になった様だが、個人的には「真っ赤」」でもイケソウ
普通に道路を走ってる限りでは、殆ど景観には支障はないと思います。

ファーム・千代田
tiyo.jpg
 

山菜シーズン到来か?

05259.jpg
今年、初の山菜偵察 道南、道央では行者ニンニクの便りもチラホラ聞こえてきて、たま
らず、車のタイヤ交換してから出かけました。

何時もお邪魔する所 冬の間に折れた木とか、崖から落ちた岩などがチラホラあります。
毎年のことだから気にしない、避けながら進みましょう。 先は行けるのか?
05256.jpg
雪が道路上に見えますね ドンドン進みましょう。

虎杖浜・かに太郎・タラコ

05171.jpg
建物が出来た当時は、革新的なデザインだったでしょう。 国道沿いにある「かに太郎」
全国の「かにめし」ファン(謎)が絶賛するお店 味よし、安いしかも一見さんを
寄せ付けない雰囲気 タマリマセン。 自宅に帰る道すがら寄らして貰いました。 

見市温泉・風呂

05142.jpg
内湯 透明度30cmほどの赤黄色の湯 赤い湯華が漂っていていい感じ。
結構熱いのが有名ですが、入れないほどではないでね、ただ頑張ってると体が真っ赤に
なります。 露天は適温。

見市温泉・朝食

05150.jpg
夕食と同じ1階の食堂 定番の「The日本の 朝食」 
詳細は要らないでしょう。

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ