勝巳・赤平

 P1040511.jpg
石炭釜で麺を茹でる このキャッチコピーだけでノックダウンの私
場所は少々分かりづらいですが利用する価値あり

 P1040516.jpg
今も現役の「石炭釜」 ジッと見て居たいです。 
で何時もの「しょう油ラーメン」500円と「みそラーメン」550円を注文 

GW何処へ行く?

 P1040529.jpg
今年は中々「春だ~」と言える時期が来ない 山菜偵察も行けない状態です、予想ですが春先の降雪で倒木が多く、林道も要注意
GWのお出かけ予定は皆さんお済ですか? 私は全く有りません 何処にも予約してないしね。上の写真は赤平の田舎道 車では先を進めませんでしたので、山菜・冷鉱泉偵察がてらテクテクと・・・ 見事に何にも有りません。(爆)

ま~こんなんで良いのよ、ストレス発散には
寒暖の差がまだある天候 行楽に行かれる方は体調に気をつけて楽しんできて下さい。
それでは良い行楽を!!

珍来・赤平

 P1040495.jpg
赤平の国道から一本入る「やすらい通り」 飲み屋街であろう、夜は違う顔を見せると思うがラーメンを食べに伺った。

【珍来】
 P1040468.jpg
本州の方では良く分からないが、北海道ではお蕎麦屋がラーメンを出すのは普通
そのレベルも専門店をも凌ぐ店が多い。
何時もの「しょうゆラーメン」550円を注文

近郊 野湯(冷鉱泉)

 P1040466.jpg
 P1040464.jpg
 P1040462.jpg
自宅から近郊の施設に向かう途中に「硫化水素臭(イオウ臭)」が香るスポットがある。

昔の鉱山跡と思われるコンクリートで閉ざされた抗口手前から、目視ながら推定50ℓ/分以上の冷泉がドバドバと出てる、辺りに漂う香りと源泉がもたらす白い湯花そしてうす緑色を見ると、秘湯・野湯班じゃ無くても「入りてェ~」と叫ぶ所をグッと押さえた(爆)
 
冷鉱泉でしかも、源泉口は綺麗だが周りはゲロゲロ状態 宿泊班は手湯が限界 上から来るホースと下に伸びるホースは謎 何人も訪れている痕跡はあるが報告は聞かない。
知らないだけで、丹念に探すとまだ在るのかも知れない、以前紹介した「S温泉」「M温泉」も30分以内

和可奈寿司・当麻

 1040446.jpg
当麻駅前のお寿司屋さん ラーメンの幟が出てますが本業はお寿司屋、北海道では良くあるタイプ? お昼は弁当配達、ランチ、夜は居酒屋スタイル
久しぶりに3回目の利用で紹介は初になります。

【しょう油ラーメン】 600円
 1040442.jpg

北海道ガーデン街道

【十勝ヒルズ】 ↓クリックで拡大 過去記事
07559.jpg昨年、十勝旅行で利用した「とかち花めぐり共通券」限定1000枚 今年も販売
十勝は本当にガーデンに力が入っていて、各々専門があり同時に見ても飽きない。

私も女性陣に引きずられて訪れていますが、面白い
ただ何回も行くと少々キツイですが

今年は新たに、「北海道ガーデン街道」なるチケットが販売
ついに旭川・富良野も巻き込んだ
旭川のガーデンと言えば、「上野ファーム」絡みですが

帯広~旭川と広範囲なエリアですが、その道中・近郊には雲海テラス(トマム)・美術館・グルメ・風景・温泉等が多数あり、車移動なら十分に楽しめる、なにか昨年の旅行とだぶりますが・・

ries café

P1040343.jpgクリックすると別画像
 P1040367.jpg
天気の良い日は、就実の丘・美瑛・富良野の田舎道を当ても無く走りたくなる、まだ雪で進入できない道もあるが、雪解けも近い

昨年も雪解けと共に利用した【ries café】
今年はどこに行き、どんな出会いがあるのだろうか、北海道は広いまだまだ知らないところが沢山ある。

森の旅亭 びえい・朝食

 P1040269.jpg

当方指定時間8:00に伺う 夕食と同じ食事処「森の坊」で同じ席 夕食とは変わり津軽塗っぽいお盆がテーブルに夕食の木目より、こちらの方が個人的には料理が美味しく見えると思うが? 席に着くと先ず焼き魚を「塩シャケorさば西京漬」のどちらかをチョイス

森の旅亭 びえい・夕食

 P1040113.jpg
チェックイン時に、夕食時間を指定
予約時間19時に食事処「森の坊」に伺う。

入り口で名前を確認 ファミリー利用のテーブルの奥に案内される前に本日の「炙り焼」を一品チョイスする 事前情報だと“シャケのケイジ”も選べたようだが既に無かった。

早い時間がお勧めでしょうね
旬の物なので時期で変化してる。

【炙り焼】 一品選択
 P1040167.jpg

森の旅亭 びえい・お風呂

 P1040115.jpg
以前の施設の投湯量と同じなら厳しいだろうと予測してたが、源泉掛け流しと事前情報があったが果たして湯使いは如何に?

【内湯】
 P1040139.jpg
写真奥に見える浴槽が「源泉掛け流し100%」 手前の細長い浴槽は「水風呂」 その横に微かに見えるのが加水・加温(一部あり)浴槽
事前情報には間違いないようだ 一部加温・加水はあるが薬剤なし 使用量が増えたのに可能なのか? 私的な推測と新たな事実は下記で説明 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ