更科食堂・三笠・幾春別

P1050063.jpgna-aagoさんの過去記事で紹介されたお店が気になって仕方が無い 三笠市幾春別 炭坑で栄えた土地である。 国道には面してなく分かりづらいが小さな集落直ぐに見つかる。

昼少し過ぎですが、どんどんとお客さんが路駐 店内はほぼ満席 お客さんの注文を見るとラーメン・そばが半々でしょうか。

店内に入ると先ず驚くのが風除室の先に左右に分かれた押し戸 どちらが入り口なのでしょうか?
   クリックで別画像
とりあえず左の戸からおじゃま どちらの戸でも良かったようですが如何して左右にあるのか? 銭湯の入り口みたいですね。 雰囲気抜群! 今は作られていない型ガラスかな? メニューをじっくり見る けど最初から注文は決まってる 「ラーメン」ください!

冷鉱泉

 P1050022.jpg
道内には今も無名の源泉(温・冷泉)が数知れず存在する。
その源泉を求めて  当ブログでリンクしてる温泉先達は皆アクティブで真摯に向かう姿勢が快い 普通人にとっては有り得ない行動力とそこまでするかと尊敬の眼差し 温泉ブロガーの集まりの末席に顔を出してると感化されるので要注意
私は修行が足りないのか到底到達できそうに無いので、時たま友人限定(怪しい)情報の配信に留めてる

某河川対岸に真っ赤な沈殿物が・・・何かの参考にと偵察開始(笑
 P1050008.jpg

流れ落ちる上流を探す 側溝が既に赤い水で鉄を含む泉質なのは間違いない
 P1050006.jpg
側溝から河川に落ちる部分に多量の源泉成分が堆積してる。 元が岩でなければ厚さ30cm超 崖下には湯浴み?・水浴みが可能な水溜りがあり秘湯・野湯班には最適(爆
手持ちの資料に依るとNo:13の場所 ただ左記の源泉の成分総計(TSM)が73mg/kgと薄っぺらな源泉でCa2+も少なく違う可能性もある。

観月苑・朝食

 P1040946.jpg
1階「グランドホール・エルム」でバイキング・スタイル
利用時間 7:00~9:30利用券なし 席は自由
【朝食】
 P1040947.jpg

観月苑・夕食

 P1040852.jpg P1040908.jpg

食事処「千華」 チェックイン時に利用時間を指定 当方19:00に利用

掘り炬燵でスペースも区切られており、通路を挟んだ側には目隠しがされており落ち着いて利用できる。
鍋とその食材・先付・造里・酢の物がセット済み お品書きあり・熱源はIHヒーター

【夕食】セット済み料理
 P1040862.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1040853.jpg P1040905.jpg P1040874.jpg
「お品書き」順に紹介

観月苑・風呂

【入り口】
 P1040817.jpg
大浴場は1階 十勝川温泉は概ね組合が管理しており使用源泉は同じなのですが、体験上微妙に違ったりします。

【脱衣場】
 P1040818.jpg

観月苑・宿泊

 P1040958.jpg
十勝川温泉「観月苑」さん 初利用 総部屋数110室の大きい湯宿
仕事の休みが予想できず急遽ネットで前日に予約  相変わらず雨が降ってる、昼過ぎにB級グルメを探し帯広繁華街をウロウロ、天気も良くないので何処にも寄らず宿に直行

【フロント】
 P1040846.jpg
フロントでチェックイン 夕食時間を指定 受付係(男性)に荷物を持ってもらい今宵の部屋に向かう。今回、最上階(五階)の部屋で客室露天付を予約

小もろ・立喰そば・帯広

 P1040770.jpg
帯広グルメと言えば、大人気「豚丼」「ジンギスカン」・B級は「中華ちらし」で有名ですが更なるB級を求めて
帯広駅には「駅そば」がないのは確認済み
しかし「立喰そば」はある筈

ネットで検索2軒ヒット 「ワンコインそば」が大好きな私 行くしかないでしょう。 「小もろ」と「本庄」さん 岩見沢に同じ屋号のお店があり何か関係があるのか不明 岩見沢「小もろ」さんで有名な「げそ丼」が無いので、私的には関係無さそうと思う。
かなり迷った。小雨降る夜には賑わうであろう繁華街をさまよう。(爆)
【メニュー】かけ320~とろろざる430円とワンコイン 立喰いでは珍しくざるがある、十勝名産の山芋を使ったとろろざるも目を引いたがグッと我慢 

基本の「てんぷらそば」350円を注文
 P1040775.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1040772.jpg
店内
 P1040780.jpg
入り口は二ヵ所 
こちらがビル内の入り口
 P1040779.jpg
メニュー
 P1040785.jpg
新たな発見 その1
屋号「天婦らそば・三稜」さんか?
 P1040789.jpg
新たな発見 その2
屋号「いち庵」さん

勿論 湯がき麺ですが、今まで経験の無い太麺で存在感抜群 道内でよく見かける海老の乗らない「崩壊てん」ですが崩壊度は低い(笑い) 自家製かも? 
タレはそれほど出汁が出てないあっさりタイプ 何より太麺をワシッワシッと食べる感覚を味わうべし!

その後「本庄」さんを捜すも発見できず断念 歩いてると・・・何やら新たに発見 その1
新たな発見 その1
屋号「天婦らそば・三稜」さんか?
その2
新たな発見 その2
屋号「いち庵」さん
夜営業と思われる、気になりつつも帯広市内をあとにした。

PS:書き終わる寸前に情報入手 岩見沢「小もろ」さんとは親戚との事

【小もろそば】
住所:帯広市西2条南10丁目10
電話:0155-23-5979‎
営業:
休み:

ボツ画像(記事)

P1040752.jpg
話題のスポット 予約しないと利用不可で場所確認のみ

皆さん ブログを続けていると、紹介できない画像って増えてきてませんか? 

まだ2年少々の当ブログですが、開設当時は私が以前訪問した場所でもあり自信を持って紹介出来ましたが、最近、全く初見で訪れる事が多くなると、俄然紹介できない画像を増産中(苦笑)

B級グルメが大好きな私が何を言うのかと、思いでしょうが最低ラインは守りたい と言っても個人の味覚なのでただ「私の好みではない」だけ 残念なラーメンお寿司蕎麦だとか、対外的には公開されてないスポット(上の場所)、公開すると無茶な事する方も出そうなスポット、徒労に終わった場所等々・・自分でもよく廻ってると思う昨今。 

LaPecora(ラ・ペコラ)・滝川

 P1040687.jpg
GW帰省中の姉が「滝川に美味しいイタ飯屋が有るそうよ」との情報で 「なんてお店?」 姉「????」 B級を紹介してる私には初耳であるが、チョッと調べると、「ラ・ペコラ」さんと「食工房 SOTO」さんが候補に  今回は「ラ・ペコラ」さんに伺った。
photo book クリックで拡大 ▸でスライド開始
P1040658.jpg
ランチセット・メニュー
 P1040659.jpg
ランチ・メニュー
 P1040655.jpg
店内 ♯1
 P1040685.jpg
店内 ♯2
 P1040689.jpg
店舗外観

ランチ・メニューから
 ●グラタン・ランチ(えびドリア・サラダ・パン・アイス・ドリンク) 900円
 ●カルネ・ランチ(ミートソース>ハーフ・お肉料理・温野菜・サラダ・
  パンorライス・アイス・ドリンク)1.300円を選択 ※ライスを選択

福よし・増毛

 P1040592.jpg
地元店“忠”さんの元「板前さん」だったと聞くオーナー “忠”さんと同じで基本はお寿司ですが、何でも有りのスタイル、定食・お蕎麦・丼物・日替わりランチ等々その盛りは、“まつくら”さんには及ばないものの中々のもの

しかしGW凄まじい人出!! 港の水産物屋から駅前・本間家・国稀・蔵の漬物屋さんまで歴史・海鮮通りは何で?と思うほどの激混み 海鮮をいただくお店は、長蛇の列で並ぶ前から戦意喪失(苦笑)
以前「すが宗」さんを利用したときに、店舗は確認してる「福よし」さんに偵察 直ぐ座れそう
小上がりもあるので家族連も安心
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1040575-.jpg P1040576.jpg P1040577.jpg P1040585.jpg P1040597.jpg
国稀さんの杉玉と歴史の有りそうなランプ
 P1040600.jpg
国稀さんの店内

では料理紹介

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ