朝陽リゾートホテル・立ち寄り湯

【浴場入り口】
 P1050850.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1050868.jpg
露天の湯口
草花の緑が映り、白濁したお湯
 P1050862.jpg
内湯の湯口
 P1050851.jpg
脱衣所
 P1050853.jpg
脱衣所 別アングル
 .jpg
湯使い

様々な変遷を経て現在は、野口観光が経営 宿泊経験は無かった筈?
いっちさんらくさんのブログを見ちゃうと無性にイオウが香る温泉につかりたくなった。 旭川近郊でと考えるとここしか無いでしょう。
層雲峡温泉の中では稀有のイオウが香る宿

旭ヶ丘農業公園・上川町

P1050815.jpg P1050834.jpg
photo book クリックで別画像 スライド内でクリックでスライド開始
お気に入りのスポット 上川町の農業公園・旭ヶ丘・アンガス牧場と呼び名は色々付いている 私有・町有・道(国)有の土地が混在しているからか?

数年後にオーベルジュ?・レストラン?を新設しようとの計画も聞く
興味がある方は「上川町HP」の「旭ヶ丘地区活性化計画」が詳しい
理想としては「十勝千年の森」のような感じなら好いな~ コツコツとね。

散歩?・偵察?・調査?(笑)

 P1050845.jpg  P1050844.jpg層雲峡行った 旭ヶ丘公園から近いしね 源泉小屋など見たり、橋の傍で何やらお湯らしき物が流れていた。 川の方に行きたかったが凄い水量と降りていく個所を何処が良いか探してる内に汗だくに マウント・ヴュー横の道路下れば行けるのですが(爆)

 P1050873.jpg  P1050878.jpg行く途中に変な流れを発見 山側から流れて来てるようだこの時点で手をつけるとチョッと温いぞ! ここで車に戻り長靴に変身 流れを遡ると多数の足跡と共にグチャグチャ状態の中登り崖を見ると・・・どうも渓谷から流れる沢流れのようだ、この時点では水温も低下となり残念

きくち食堂

 P1050779.jpg
ラーメン激戦区の動物園通りにある 激戦区になる前からある「食堂」
一応メニュー
メニュー
豚丼もお勧め
は見る セットメニューが気になるが、注文は暑くなっても決まってる。

【しょう油ラーメン】600円 この価格を見ると安心する。
 P1050776.jpg
 P1050774.jpg
丁寧にとられた透明系スープ 加藤製麺 硬めのチャーシュー 透明系で物足りなく見えるが塩分が濃い事もありシッカリしたスープ 注文時に麺硬めにお願いして正解 
願わくは少々塩分を控えてくれたら嬉しい(注文すればいいのだが)
年と共に濃い味付けが気になりだした“おっさん”(爆
お昼時は出前で忙しい、地域密着型食堂

【きくち食堂】
住所:東旭川北1条4丁目16-9
電話:0166-36-2320
営業:11:00~19:30
休み:木曜日

旭川の奥

P1050761.jpg市内の山奥に出かけた。
以前、現地のおじいさんに「この沢は昔、温泉沢と呼んでたんだよ」との言葉が忘れられず少し時間があったので出かけた。

温泉には恵まれない旭川(勿論深く掘ったボーリング源泉・冷鉱泉はあるが) もし見つけることが出来れば凄いですよね

少ない情報と地図をニラメッコして探すも、支流・本流と分かれておりどちらなのか分からず、林道のダルマ鍵の施錠で途中から徒歩・・・やばいッすクマさんの予感 これ以上の調査は断念 次回はクマ対策も用意しなければ無理と判断
↑クリックで拡大
温泉が湧いてる確証も無くただ単に他の場所より雪解けが早い場所が在るだけかも知れないしのんびりと探します。でも良い気分転換

ひさや食堂・留萌

 P1050725.jpg
 P1050719.jpg
留萌っ子なら知らない人は居ない 創業52年の老舗
ラーメンと共に、30年以上前から提供する夏限定のソフトクリームも有名

ソフトの形が独特、あのねじねじの巻き方が堪らないのだろう。
今回はラーメンのみ紹介 メニュー
メニュー
はラーメンとライスしかなく「専門店」である。

神泉閣跡地の湧水

 P1050646.jpg前記事の冷鉱泉の略地図を見ると気になるものを発見 
明治40年頃に作られ、大正10年に大町桂月が訪れ昭和10年に閉鎖された鉱泉浴場「神泉閣」 過去にこの様な施設があったとは(聞いたこと有る様な、無い様な) 近くに湧水もある、これは行くしかない。

冷鉱泉側からは遠いので逆ルートから行く事に

 P1050675.jpg
こちらも通行止めであるが「無茶しませんチョッと見るだけです」と断っておじゃま(笑
ここからは、自己責任で

冷鉱泉・謎の湯

  P1050643.jpg
 じゅん☆くん・KOBAN2さんの希望?もありアップする(爆笑)
調べる前に某施設に伺って場所が間違えないか確認するが、女性の方でしたが全く知らないそうな 自宅でコピーした地図を示すと、そこは崖崩れの為現在は立ち入り禁止との事 しかもその話も雪解け時の話で、その後どうなったかは「分からない」とのこと・・・これが現実。

 最短である施設からの橋は通行止めで別ルートを探すが、事前にピンポイントの情報があったので対岸に渡る。
尚:ここからは自己責任で

不覚にも泣いた 「はやぶさ」有難う。

これはキツイ、擬人化が得意で八百万の神が居る日本 ロボットにも思い入れが多い国民・「アトム」を生み出し受け入れそこに人格まで投影する私達 
満身創痍の「はやぶさ」ミッション完了 でウルウルになる自分ってアホかも? (笑い)
けど感動したよ ご苦労様!
すこっちさんのアニメ 

散歩と謎の調査?

 P1050660.jpg
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1050654.jpg P1050657.jpg P1050659.jpg P1050664.jpg P1050655.jpg
 日曜日 旭川は「ブルーインパルス」「花フェスタ」で大盛り上がり 何故か抜け出して(爆)道央に向かった。

 廃墟マニアでないので徐々に自然の力で崩れ去りつつある施設はドウでも良いのだがチョッと撮影 モノクロもチャレンジするも、イマイチのようだ(笑い) その後目的の物(現場)を調査、はたして見つけることが出来たのでしょうか?

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ