湯元オロフレ荘・宿泊

 P1060352.jpg
明治32年現地点で浴場一棟を建て開湯、「カルルス」と珍しい名前が付く温泉郷 分析により現チェコの当時ドイツ領であった「カルルスバード」と源泉が同質され名前がついた。

部屋数:12部屋の小規模宿だが規模事態は中規模 最近部屋をリフォームした模様
 P1060336.jpg

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ