湯元オロフレ荘・朝食

 P1060499.jpg
一階「食事処 白樺」で8:00 夕食が部屋食だったので利用客数が分からなかったが、殆んど満室に近いと思われる。
部屋毎に席は用意されている、セット済みの料理がテーブルにある、定番のサラダ・梅干などはそれぞれ取りに行く、ちょっと寂しい。

【朝食】
P1060501.jpg
着席時のテーブル
クリックで着席時の様子を表示
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1060490.jpg
豊富な湧出量
この床で暫しトド状態(爆)
 P1060459.jpg
抜群の寝湯
 P1060389.jpg
川向の「鈴木旅館」から見た源泉小屋らしきもの
 P1060497.jpg
日帰り客用休憩室
 P1060502.jpg
ドリンク・メュー
コーヒーは無料じゃないのか・・・残念

豊富な湯量で源泉かけ流し やさしいお湯
残念な事に、夕食を当方希望の部屋食にすると慌しく 既製品と思われる品も散見 品数よりクオリティーを高めて欲しいと私見 カルルス温泉郷の宿泊は以前正月に「静山館」を利用してるが、イマイチで今回リベンジをはたすもチョッと残念な結果 残るは「久住旅館」・「ホテル岩井」・「鈴木旅館」さんか如何しようか(苦笑)
週末 二名利用:11.300円

【湯元 オロフレ荘】
住所:登別市カルルス町7番地
電話:0143-84-2861
日帰り入浴時間:12:00~20:00
料金:500円(大人)
 orofu.jpg 

湯元オロフレ荘・夕食

 P1060424.jpg
予約時に500円プラスで部屋食を頼めるのでお願いした
食事時間は18:00 ランチの時間が遅かったのでもう少し遅くしたかったが、残念な事に布団を敷く時間が20:00とのことで、遅くする事ができなかった。 折角部屋食でマッタリと食事したかったのに残念 食事処で頂くか、「布団敷きは自分達でするとしますから」と交渉するしかないようだ。
一気出し「お品書き」は無し 品数は13+1(サービスの椀物)と御櫃のご飯と品数は多い

【三種盛り合わせ】                  【生サンマのマリネ】
 P1060441.jpg  P1060440.jpg

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ