鹿の子荘・夕食

【夕食】
P1070155
一階受付奥のテーブル・椅子席で食する すでに本日同泊の男性は生ビール片手に利用してた。で私は冷酒としますか!

【ご機嫌だ】
P1070166
以前から、料理は美味しいと聞いていた、毎日北見の経営元(居酒屋)から届けられる料理を味わおう(笑顔) お品書きは無く、時々尋ねた料理もあるが酒が入ると記憶も曖昧に…  解説は少なめですが美味しさをご想像ください。
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
【先付け】                       【サーモンのルイベ イクラ添え】
P1070156 P1070159

鹿の子荘・風呂

【脱衣場】
P1070135
【浴場】
P1070187
【上部浴槽】
P1070143
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1070193
乱れ篭が籐製
渋いっすね
 P1070178
源泉が直接入る小浴槽 泡付き・硫黄臭も香る
 P1070181
単純泉で成分を付着するのには何年掛かったのだろうか
 P1070184
自然が届けてくれた贈り物 また何処かで
 P1070147

露天は無く、内湯のみ 主浴槽と隠し湯のごとく岩上部に空気に触れないように源泉が配管から直接注がれる小浴槽は、ツルツル感と暫くするとマトワリ付く気泡が心地良い。

そして熱くないが温くも無く絶妙な温度 源泉浴槽が一番高くそのオーバーフローした湯が主浴槽に流れ込む、更に主浴槽のオーバーフローが床を舐めながら捨てられる(勿論、床を舐める湯でトド状態になったのは言うまでも無い)

鹿の子荘は以前地域名を取って常本温泉と呼ばれた。発見は大正年間まで遡る、当時は30℃前後の自然湧出で地元住民が加熱して利用してた 手持ちの資料によると現在使用してのは、1980年掘削井と思われる。


温泉分析書
源泉名:記載なし
試験年月日:昭和55年4月22日
泉温:43.4℃
pH:9.78
蒸発残留物:0.333g/㎏
成分総計:0.357g/㎏
泉質:アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)
   旧:単純温泉
タイルで色がある様に見えますが、無色・弱泡付き・弱いタマゴ臭肌に優しい湯だ。

<お知らせ>
実はある噂の確認も兼ね宿泊した 「10月いっぱいで閉館かも?」との情報で急遽訪れた、翌朝女将さんに尋ねたところ、間違いないと確認 詳細は省くが張り紙程度で告知は終わりそうなので、お知らせします。

まだ記事は「夕食」「朝食」と続くよ よろしく。

鹿の子荘・宿泊

P1070106
木造「温泉橋」を渡る 以前訪れた時より鄙び度は進んでる。

P1070108  P1070122
実は飼い犬ではないが、誰かが捨てていき住み着いた温泉犬 (なので名前なし 常連さんの間ではお気軽に付けられた名前が数種類あるようだ 爆)

【受付】
P1070123
日帰り受付も兼ねたテーブルで記帳を済まし、夕食時間(18時)と朝食(8時)を告げ二階本日の部屋に向かう。

新冠温泉レコードの湯・立ち寄り湯

P1070019-1
高台に温泉施設と宿泊(ホテル)棟がある

P1070019-2
ホールの外にはテラス チラッと見えるのがレストラン
これまた立派な施設だ、良くテレビでも紹介されているが訪れるのは初だ

【内風呂】
P1070019-3
手前のジャグジーは水道水 温泉利用は主浴槽・寝湯・露天風呂

静内・駅そば

JPG_0014
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
JPG_0004
きれいな駅舎内
 P1070019
カウンターが低めなので、待合所の椅子で食べるのがお勧め
 P1070019-6
メニュー
 P1070019-5
正面

【ごぼう天そば】430円
P1070019
正式名は「にしや 駅・食堂部」 店員の方と少々会話した 「私はここで2年目なのですが、開店して50年以上と聞いています。」
太めの麺 道内特有の強烈な出汁は控えめ 自家製と思われるごぼう天 会話も進み最後に利用客の邪魔にならない様に、普段真ん中に寄せていた暖簾を広げて撮影 無理を言ってごめんなさい、しかし対面対応ゆえこのような機会があるのだと、しみじみとそばの味を今思い出してる 駅そばバンザイ

「にしや」さんでは、駅弁も販売してた様だが現在は不明 予約では受け付けているようだが? ただ桜の時期に販売されている模様 自信なし要確認

【にしや 駅・食堂部・静内駅】
住所:静内駅
電話:
営業:
休み:

0004
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
0006-4
お店入り口
0010-1
信じられない方の為
メニューでは550円
0009-1
メニュー その1
0006-5
メニュー その2
0015-1
姫小路
0006-3
モノクロが似合う被写体だ!

姫小路と言えば「馬場ホルモン」が有名 
ここで「控える」事を学んだ、駆け出しサラリーマンは多いはず(爆)
引っ越してきた「館」さん 8分半のゆで卵さんで紹介され行きたかった。

【しょう油ラーメン】 ナント300円
0011
加藤製麺使用 表面に焦がしニンニク油が浮く 少し柔目に茹でられた麺(次回は硬麺)と表面を覆う油、複雑な味と記しておこう。で価格破壊の300円で何の問題があろう! 
他定食価格・量とも懐には優しい、職場の近くに在れば、心強い見方になる筈。
 
この価格が期間限定なのかは不明なので、価格が元(580円)に戻ってもお許しを
建物は The昭和!だ ロータリー方面にはまだ残っているね

食事処 館】
住所:旭川市7条8丁目
営業:11:00~21:00
休み:日曜
駐車場は無いかも? 要確認

セトセ温泉・立ち寄り湯

当記事のコメント内で不適切な表現がありここでお詫びします。 温泉宿公式の発表ではありません。 関係者の方ご迷惑をお掛けしました。
私の反省も含め当記事は残して置きたいのですが、噂だけが広がるようでしたら削除しなくてはと思っております。
それ以前に、未確認の情報を流したのは私 反省 


0086 古くから知られ、自然湧出泉は低温のため余り利用されていなかったが、1949年に54mのボーリングで40℃以上の温泉が確認されるも、未利用 
1954年106mのボーリングで43℃・134ℓ/min(自噴)を現在利用 <一部資料から抜粋>

【内湯】
0067
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
0051
外観
 0056
受付
 0071
脱衣場
トイレをリホームした模様?
 0081
温泉犬も元気
 0077
休憩室の蛇口
温泉だ 持ち帰り用のポリタンク(有料)も完備


国道333号線を外れ山間に向かう、過去には2軒の宿があったようだが現在は1軒のみが営業 メインは日帰りだが、素泊まり利用は出来るようだ。 
外観・内部も年月を感じるものの悪い印象は感じられない 受付で500円(大人)を支払い階段を上ると小さいながらも休憩室があり横切る形で歩くと脱衣場だ、今度は階段を下りると湯船
内湯のみ ひょうたん型の湯船 湯口から源泉がよどみ無くかけ流しされている。


温泉分析書
源泉名:瀬戸瀬温泉
調査年月日:平成16年6月24日
泉温:42.8℃
pH:9.3
蒸発残留物:0.130g/㎏
成分総計:0.154g/㎏
泉質:アルカリ性単純泉(低張性アルカリ性高温泉)
無色・透明・無味・無臭の単純泉
単純泉ながらも侮る無かれ、湯上り後汗が引かなく困るほどだ
温泉しかない地域だが、一日3本ながらもバスが運行しており、地元に愛されているかうかがい知れる。

【瀬戸瀬温泉】
住所:遠軽町湯の里
電話:01584-4-2021
素泊まり料金:3.675円
日帰り料金:500円
時間:8:00~20:00
休み:水曜日

遠軽・駅そば

0046-1

0038-1
快晴の遠軽駅 ホームにも面する正統派「駅そば」だ
駅も最近の「バリアフリー」って何ですか? と言わんばかりの急な階段
こんな階段が、左右にある。
がある駅舎の横に作られた店舗 
私が利用時の少し後に、コンデジ持参の「札ナン」の方と同席で食らう、「てんぷらそば! ひとつ」 「ごめんなさい 午前中で売り切れです。」 「じゃ 山菜そばで」 後れて登場の「札ナン」氏も「天ぷらそば」注文するも撃沈! で同じ「山菜そば」注文(爆) 道内定番の味 麺は更科系 トッピングの山菜は何処でもあるタイプ 何処で食べても同じ「山菜そば」は、今後「駅そば」カテでは、注文しないことに決定! 残り少ない「駅そば」 予定を考えなくてはと思う。

【山菜そば】 400円
0040
メニュー
●かけ 300円
●月見 350円
●天ぷら390円
●山菜 400円
●天玉 440円
●あいがも 440円
●スペシャル 600円 (卵・かき揚げ・山菜・あいがも)

新得・駅そば

30618900
新得駅の駅そばを食らう
初めて訪れた 久しぶりの駅そば紹介 サボっているうちに未訪の「倶知安駅そば」が、紹介済みの「深川駅そば」が閉店(涙)
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
22043808
店 正面
22034636
カウンター
18341989
メニュー

【てんぷら蕎麦】 370円
22053594
駅そば経営母体は駅向えでお蕎麦屋を開店してる 醤油・かつおダシが前面に出てる(わるく言えば大雑把)北海道で良く遭遇するタイプとは違う やさしい味だ。
麺は田舎風のやや幅広 天ぷらはえびチョンのせ ホーム側でも食べられる正統派
経営母体は蕎麦屋といっても、スピードが命の駅そば湯がき麺では在るが、ソコソコ蕎麦の風味を感じら、くどくないダシと相まって好印象
次回は、本店と駅そばをハシゴしなくては!

【そば処せきぐち 新得駅店】
住所:新得駅ホーム内
電話:
時間:10:00~17:00
休み:
訪問時「しばらくの間 営業時間を14:10頃」と張り紙あり 要確認

はぼろ温泉サンセットプラザ・立ち寄り湯

15302241
ホテル・道の駅・日帰り温泉・レストランが併設されている大型施設
上記画像はホテル側でこちらからも、温泉に行けますが裏側からでも可

【浴場 入り口】
22025336

【内湯】
30369350

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ