阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香・風呂

【投湯口】
P1080536

【浴場】
P1080540

【洗面場】
P1080538
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1080528
源泉掛け流しの湯 花しづか
 P1080529
入り口
 P1080532
脱衣所
 P1080523
湯上り後には無料デザート

阿寒の湯自体概ね個性的な湯ではないが、サラッとして幾らでも入っていれる源泉が多い ボーリングも1000mを越す井も無く好印象
露天はなく内湯のみ 温度別に2湯 ジャグジーと化した低温湯船ではなく、高温湯の低いところで寝湯が出来心地よい。 微金気・エグ味とキシキシ感のある源泉


温泉分析書 残念ながら詳細は掲示してなかった。
源泉名:新2号源泉
泉質:単純泉(中性低張性高温泉)
分析年月日:平成14年3月1日

手持ちの資料に依ると
旧前田一歩園2号井掘削1966年118.5m その後新2号井1985年に500mまで掘削
温度:47.6度
pH:7.04
成分総計:0.328g/㎏ 訂正(1/15)
あえて表記すると
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉
湯使い:源泉掛け流し

阿寒の森 鶴雅リゾート 花ゆう香・宿泊

P1080661
P1080662 2011年度 最初は阿寒
鶴雅グループ 道内各地に事業を拡大
昭和31年「阿寒グランドホテル」として開業 初代大西正一氏から現在三代目大西雅之氏が引き継ぐ
釧路駅前「旅館幾代」と青果店を閉じ、一念発起して阿寒湖畔に新天地を求めた

「花ゆう香」コンセプト
"女性にうれしい 源泉100%の湯 くつろぎとやすらぎのリゾート"

【フロント・ロビー】
P1080512
フロントでチェックイン 館内説明・夕食時間の指定など済ませ手荷物だけを持って今宵の部屋に向かう、大きい荷物は後ほど部屋に届けてくれる。

【部屋】
P1080490

2011初 宿泊旅行

P1080459
早朝張り切って向かった道東
某温泉に立ち寄りしてから宿に向かう予定
順調に進むも「三が日」故道の駅などはことごとく休日

じゃ~立ち寄り湯に向かおう 入り口に張り紙がナント言うことでしょうか「3時オープン」てっ 一気にテンションダウン
今年も行き当たりバッタリの旅行に為りそうな予感大(苦笑)

↑クリックで拡大
昼も過ぎ食事しようにもどこも休みで開いてない、辛うじて開いてたファミレスと化した某蕎麦屋に飛び込む、残念な味だった まー旅なんてこんなもの楽しもう。

しらかば茶屋・美唄

P1080348
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1080354
店内も綺麗に
 P1080352
メニュー1
 P1080353
メニュー2
 P1080361
味変の紅しょうが

昨年の記事が残っているので紹介しよう
とりめし・焼き鳥で有名な美唄 人気の「ドライブインしらかば茶屋」さん 最近改装され知らなかったら、通り過ぎるところだった。

【天ぷらそば+とりめしセット】880円
P1080357
セット物にしてはチョッと高いかな(B級好きの私にしては) とりめしは流石、脂がクドク無く旨みも十分ありとても美味しいと思います。 天ぷらがエビチョンの既製品なのは残念(駅そばを越えてるとは思えない)
単品の天ぷらそばはそのようなこと無いよね?

笹寿し・東川

P1080430
どうお過ごしですか? 家でグダグダ状態 酒をあおりメタボ一直線 
新年早々目に来るスーパー銭湯に行く気にもならず、芦別「スターライト」に行く なんと露天の湯が絶好調で底まで見える湯だった入れ替えたばかりと思われる。

新年から良いことにめぐりあった、そのような時に限ってカメラが無かったりするのも変わっていない管理人(爆)
2010年最後に東川町「笹寿し」 
ランチが格安で何回か訪れているが紹介は初 東川「道の駅」の前

【しょう油ラーメン+ミニ玉子丼ランチセット】600円
P1080443
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1080453-3
最近凝ってる「箸上げ」
けどピントがメンマって 修行が足りない。
P1080453-4
汁だくのタレが美味しい。
P1080442-1
同行者も悩む種類の多さ
P1080432-1
では問題のメニューの紹介
P1080433-1
この辺りまでは辛うじて寿し屋
ハンバーグ定食もあるが見ないことに
P1080434-1
オムライス登場
P1080435-1
本業顔負けの「トッピング」登場
しかも「全部のせ」まである。
P1080436-1
普通 寿し屋さんにはそば出すよね。これ常識
P1080437-1
普通に戻った
P1080439-1
格安 お薦めランチメニュー

豚骨微かに魚介系 中太弱縮れ低加水(地元の旭川製麺か?)チャーシュー昔風でシッカリタイプ 塩分も控え目 玉子丼は汁だくで玉ねぎ・ナルトが入る両者とも美味しい。この価格にビックリだろう。
願わくは、チャーシューの味付けが少々濃かったら最高だろう。

2011年

P1080204
今年もグルメ・B級・施設系温泉・謎の湯・謎の施設と何でも有りのブログですが、ここまで続けられたのは訪問され方がいたから、また情報発信をする上で誤った情報にはいっそう気を付けなくてはいけないと思う2011年

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ