天人峡温泉 元気です!


photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
【夜の天人峡温泉】
P1090491
夜の天人峡温泉も思いのほか綺麗

【冬の渓谷】
P1090367
曇り空だったのが残念
快晴なら良い画像撮れたかもね

【復旧現場】
P1090583
現在 復旧中
立ち止まることが出来ず走りながら撮影
痛ましい災害から現在立て直しに奮闘中の天人峡温泉に宿泊してきた。 災害当時不通ヶ所は信号付の交互通行になっています。

現在、画像と格闘中 少々お待ち下さい。

バーデンかみふらの・ランチ

P1090254
P1090252  今回 ランチ付日帰り利用なので食事も紹介しよう。

一階フロント横のレストラン 利用時に入浴前か後か聞かれ、後にしてもらった大よその時間を告げ、ポカポカになりレストランに伺う

共に1.500円の「日替わり弁当セット」と「ふらの和牛ハンバーグ定食」

【日替わり弁当セット】松花道弁当風盛り付け
P1090298

【ふらの和牛ハンバーグ定食】大根おろしのソース
P1090305 共にドリンク付 ウーロン茶・オレンジジュース
今回は共にオレンジジュース選択
・一口生ビールから選択
他のメニューも有るようですがメニュー表を見てないので自信が有りません。
翁温泉も近く散策・偵察、危険な場所(?)もあり度胸ある方限定ですが(爆)

バーデンかみふらの・立ち寄り湯

P1090249
P1090336  利用してるが紹介は初 十勝岳温泉四軒中の一軒 まだ雪深い十勝岳中腹

施設の駐車場へは短いが急な坂があるので冬季は注意 無理をせすバス停のスペースに止めるのも良いだろう。
綺麗な施設で2006年の宿泊利用時には露天は無かったがその後露天を整備
↑クリックで別画像
【内湯】
P1090317
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1090273
露天投湯口
いい塩梅の成分堆積模様
P1090278
内湯 投湯口
P1090277
洗い場は4ヵ所
 P1090282
休憩室
大広間を開放
P1090257
受付から浴場に至る廊下
P1090335
大きな窓が気持ち良いラウンジ
無料のコーヒー・レモンティー・ココアあり(セルフ)

【露天風呂】
P1090271 湯口では若干濁り気味・微甘で少しアブラも感じる・薄紅色の湯花が舞う・非常にあたたまる湯で汗がひかない。
雪の露天は一部腰掛けるスペースがあり体を冷まし繰り返し浸かった。
尚:別浴槽(女性側)は別仕様(深夜1:00~9:00で入れ替え) 
両浴場を体験出来るのは宿泊者のみのご褒美だ。


源泉分析表
源泉名:翁温泉(小玉1号泉)
試験日:平成17年10月6日
泉温:36.9度
pH:6.5
蒸発残留物:2.197g/㎏
成分総計:2.247g/㎏
泉質:カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・塩化物泉(低張性中性泉)
旧泉質名:含塩化土類-石膏泉
湯使い:加温あり・加水なし・薬剤なし・循環なし 自家源泉

ヒュッテ バーデンかみふらの
住所:上富良野十勝岳温泉
電話:0167-45-2225
立ち寄り湯
時間:11:00~19:00
料金:500円
バーデン

十仁角(とにかく)

【生ちらし】600円 ランチ
P1090196
P1090204  ラーメン食べたのにまだ歩く 
ウロウロしてたら元「糸末」さんの所まで来てしまった、何気に素敵な看板
他のメニューも気になるところ
コーヒーはサービス
の前で立ち止まる、「生ちらし鮨」600円! 気が付いたら暖簾をくぐりカウンターに座っていた。

「鮨と手料理 十仁角」さん
カウンターと奥に小上がりがある こぢんまりとして落ち着けるお店
 盛りは少々少な目だが美味しそうなネタが並んでるよ お味噌汁はエビが入りよい出汁
良い味の元 発見!
がでてる。 他の600円ランチも気になる、夜は近所の人で賑わうだろうなと想像できるお店

鮨と手料理 十仁角
住所:旭川市6条通7-31-16
電話:0166-21-8070
営業:
休み: 

らぁめんや あらし

【しょう油ラーメン】700円
P1090182
P1090190  良い画像は撮れなかったが歩いてるとお腹は正直 
格安「B級そば」でも、と歩いていたが、辛うじて開いてるラーメン屋が気になって戻ってきた。 調べると昨年の4月にオープンらしい、時には来てみるものだ未食のお店

お隣は「メイド~」とあるが気にせず伺う。 若いオーナー(後で調べるとオーナーは別の方らしい)で、最初こりゃーニューウェーブ系かと思った メニューの最初は塩だが何時もの「しょう油」を注文だ。
出てくるまでメニュー
メニュー
セットメニューがお薦めかも
を見てるとナント「昔風ラーメン」500円もあるでないか! ワンコイン!失敗か?

 チョッと傷心気味で目の前に出てきたラーメン 素敵ではないか
あぶら少な目・かなり色白の低加水弱縮れ細めん(佐藤製麺)・大振りの昔風チャーシュー一枚
大振りなチャーシュー一枚
・塩めんま・細かいネギと至ってシンプル 食堂系とは一線をなすラーメン スープの出来はかなりイケルあっさりながら後を追うように魚介系が香る こりゃー美味しいわ(笑顔) 後のことは考えなければ完食コースだろう。
食後に「昔風ラーメンて何?」 と聞いたところ、チャーシューが無く「海苔・麩・メンマ・ネギ」がトッピングとのこと チョッとお高いのが残念

らぁめんや あらし
住所:旭川市3条5丁目
電話:0166-22-0222
営業:11:30~15:00 18:00~03:00
休み:日曜  

3・6街(サンロク)

 P1090193 全く行く事の無くなった旭川の「さんろく街」
仕事でもましてプライベートでも殆ど来なくなった、利用機会があればグルメ記事も充実するのですが、こればかりは致し方ない。

当然の如く昼に訪れても開いてる店も限りなく無い。 カメラを取り出す機会も無い 温泉記事も無く何かないかと繰り出した繁華街

ブラブラ歩きながら途中でパチリ
寺院内にて

モノクロで誤魔化そう(爆)
歩き回るも成果なしで腹が減るだけだった。

ぴっぷスキー場・ます子丼

【ます子丼+あら汁+漬け物】500円
P1090158
P1090150  スキーをしなくなって何年になるだろうか 一時はかなり熱を上げ会社帰りにすぐ行けるようにスキーラックも付けてたが・・・・・・ ただバイクと同じで何時かはと狙っている。

今回、道新上川版に紹介されたお店に伺った。
ぴっぷスキー場の食堂
食堂名はないが二年前から営業 近郊でニジマス養殖をしてる「にじます工房」が経営
小粒のます子(虹鱒)は醤油漬 プチプチする度に甘さが口の中に広がる その下に虹鱒のそぼろ いやー美味しいです。
一緒に提供される「あら汁
これが美味いのなんの!!
」の美味しさは秀逸だろう。 
他に日替わりで一品で利用時のメニュー

【豆・ソーセージ・根菜カレースープ+ご飯+漬け物】500円
 P1090156各種豆と牛蒡等の根菜
ピリ辛のスープカレー
結構辛いよ。
、ピリッと辛いスープカレーでお豆の自然の甘さとスープの辛さの家庭風で満足 使用食器は社食・学食風だが味は遥かに凌駕してると思う。
これが共にワンコインとは凄い!
他の季節限定スキー場の食堂も気になる。

ぴっぷスキー場 にじます工房
営業:11:00~14:00
スキー場クローズと共に終了

うらうす温泉(浦臼保養センター)・立ち寄り湯

P1090089
記憶も薄れた「うらうす温泉」に立ち寄り湯
最近、リニューアル 道の駅「鶴沼」・キャンプ場で賑わう「鶴沼公園」の目の前だ、ワイナリーも有ったりする町
以前は保養センター側が入り口だったがリニューアル後レストラン側が入り口に変更

【浴場】
P1090126
photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1090133
鶴沼公園
 P1090119
洗面場
 P1090114
休み処
 P1090113
改修前のフロントは此方だった
雪が融けたら此方になるかもね?
 P1090103
思いの外美味しかった「五目あんかけラーメン」800円

雪に覆われた鶴沼公園が見渡せる 以前利用時はガラス半分不透明のフイルム張ってたような気もするが、女性側も同じなのだろうか? 以前からジャグジー有っただろうか? 記憶も曖昧だが綺麗になったね。 立ち寄りついでに食べた「五目あんかけラーメン」が以外に?美味しかった。無色・無味・無臭で温泉か? と思う湯 だが窓からのロケーションも良いし、薬剤の匂いも無く気持ちよく利用できた。

温泉分析表 元表示は無く以前利用時と同じ物(H13年)
源泉名:浦臼温泉(鶴沼温泉井) 動力
泉温:25.2℃
PH:7.2
蒸発残留物:58.46g/kg
成分総計:56.65g/kg  総計<残留 New分析表はオリジナル希望(爆
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物強塩泉(弱アルカリ性高張性低温泉)
湯使い:加温・加水・循環・薬剤あり 相当加水されてると思われる。
古くなるが資料の1992年版強塩泉ランクでは道内ナンバーワンのブッち切りの塩分濃度とカルシウム含量の源泉 棘も羽根も取られ無色透明のお湯 一回源泉に触れてみたいものだ。 逆の意味でここまで成分スカスカになる技術ってすごい 関心しちゃう 海水から飲料水作っちゃうからね。

うらうす温泉
住所:「道の駅つるぬま」向かい
電話:0125-68-2727
日帰り利用
料金:400円
時間:10:00~21:00

美唄焼き鳥・とりめし

【福よし 焼き鳥(もつ)】
P1090076

【とりめし なかむらえぷろん倶楽部】
P1090078
 三連休も各種イベントも終わったところもある 三連休と言ってもカレンダー通りには休めない私には関係ないけど土日がお休み 荒れる予報は出てたが道東だけだったようだ 旭川を含む上川・空知・石狩は穏やか 予定は無かったが思わず快晴に誘われお出掛けだ

 高速にのり一気に美唄直行 JAにて「福よしの焼き鳥」購入(一パック五本で450円)ついでに「なかむら とりめし」も購入完璧!! すでに焼き鳥は残り僅か5パックのみで全て購入したのは言うまでも無い(爆) すでに焼きは入ってるので日本酒で両面をぬらしレンジでチン! お好みで一味等で
より長期保存の為にチョッと高いが真空パックの商品
真空パック 五本入500円
もある 
今宵のつまみも購入どこかに寄ろうか?

芦別温泉食堂部

P1090024
 前回立ち寄り時は開いていず食堂班としては、残念な思いがあった 今回シッカリと「芦別温泉・食堂部」リベンジしてきました。
アコーデオンカーテンを開けるとこんな感じになるだー素敵じゃないですか。 こちらの施設は「スターライト」の利用者より年齢層が高く、悪い意味ではなく老人会の集まりに紛れ込んだような感じ、ご主人やスタッフとの距離も近く感じます。

メニューも豊富で何時もの
【しょう油ラーメン】530円
P1090029
甘みを感じる出汁・アブラ普通・旭川麺寄りの低加水細めん弱縮れ・昔風シッカリチューシュー(一枚)懐かしい昔風ラーメンだ
メニュー
「スターライト」のこ洒落たレストランも美味しいがこちらもいい。
もラーメン(しょう油・チャーシューメンのみ)・そば・うどん、丼・カレーと多彩 中に「馬刺」があるのには驚いた。実は好きなんですよ 旧産炭地なので昔から馬には慣れ親しんだからなのか、隣町の歌志内(旧産炭地)では「なんこ鍋」という馬のホルモン(内臓)を郷土料理として紹介してるほど、次回は頼んでみよう。
もちろん、立ち寄り湯
ケロリン桶が並ぶ洗い場
もさせていただきました。

施設の詳細は過去記事を参考に

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ