コンクリートと鉄骨

P1110032
建築家 安藤忠雄ばりのツルツルてかてかの打ちっぱなしの現代建築も興味がある 温泉・源泉などを探してると崩れ去る廃墟を見る機会が多くなる 
P1110043
崩れ去る運命の遺功
コンクリートは強アルカリで鉄骨の腐食は免れてるが晒されたら一気に腐食が進む

↑クリックで拡大
人の手を加えなくなった施設ではコンクリートはボロボロ・鉄骨には赤錆が浮く 私は自然環境保護とかには懐疑的 正直地球の歴史では種の絶滅なんか常に起こってること 勿論保護派を否定するものではないが、環境が変わると「人間は住めないよ」と言えばいいのに 「何々を守れ」とか言うから胡散臭く思う。

エコもそう あなたの前ではエコだが実はそのエコ機材を作るのに何倍も消費してることもあるのではないか? けど両極端の情報しかなく正確な情報が無いのが実情
柄に無くチョッと呟いてみた(苦笑) 

六条軒

P1110072

【しょう油ラーメン】550円
P1110079
市内のお店では少数派の透明系 魚介系はあまり感じず物足りないかと思うが丁重に取った出汁と野菜だろうか甘みを感じる美味しいスープでまた利用したくなる
麺は加藤製麺の低加水 市内では細目の方で、これまた珍しいほぼストレート麺
いや~ ストレート麺
でこれがあうんだよね。(笑顔)
でこのタイプは初めて食した。 メニュー
メニュー
最初はラーメンが並び丼物はあるがラーメン専門店と言ってもいいかも チョッとご高齢のご夫婦が切り盛り 良いな、大好きな地元密着食堂(ラーメン屋)

六条軒
住所:市内5条12丁目
電話:0166-23-2360
営業:
休み:水曜日
)駐車場は無いかも

駅前食堂・清水沢駅前

P1100989 夕張に来て気になる食堂がある ようやく利用できた 清水沢駅斜め向かいの「駅前食堂」名前だけで既にクラクラ来る。

カウンター・テーブル席・小上がりがあり正面より奥に長いお店 カウンターでは既にマイボトルで一杯ヤッテル常連 良いね。 お通しなんか出るのだろうか非常に興味が湧く

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1100974
佇まいだけで ご飯何杯いける?
 P1100976
サンダル履きで近所のオヤジがここで一杯
 P1100987
黄色い色のどこかで見たことある麺?
やや細め・強縮れ・高加水麺
 P1100981
壁のメニュー
 P1100980
テーブルのメニュー

【しょう油ラーメン】600円
P1100982
豚骨ベーススープ 脂は少なめ 麺はどこか不明だが旭川と札幌の中間ほどの加水で中縮れ麺・やや細麺 麩・海苔トッピングで昔風かもね

【てんぷらそば】600円
P1100984
てんぷらは既製品かな 麺もそうかな? 出汁はオリジナルと思う少し甘目が前面にでるチョッと個性的だがおいしかったが、CPならラーメンがお勧めかな
今は賑わいも少なくなった駅前 シャッターが降りた店も多い中、近所に愛されてる食堂と思われた 一歩小路に入るとそこにも気になるお店があったりして 次回かな(笑顔)

駅前食堂
住所:夕張市清水沢3
電話:0123-59-7876
営業:10:00~18:30
休み:

謎の湯・道央

P1100879
どこからか白い流れが、パイプからもドバドバと湧出

↑クリックで別画像
以前 たまご臭に惹かれ訪れ流れを確認のみで終わったところ 今回再訪し奥に進むことに強烈な硫化硫黄臭が徐々に漂い始める、湧出現場では今まで嗅いだ事の無い程の香りが充満!

【別の流れ】
P1100878
強烈な香りはこちらか?

↑クリックで別画像
主な湧出は二ヶ所だが、流れの途中には至るところから湧出
あまりの香りで近づくのを躊躇する、温度確認もしないでただ眺めてた(爆)

遺功・炭鉱マニアの間では以前から知られていたが温泉マニアの間では紹介されることは少ない。 新たな流れ込みも今回確認してやはり現場に行くのが一番だね まだ、知られていない冷泉は多数あるのだろう。

ナビとGPS

Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ ブラウン 5v型 CN-SG500L-T
Panasonic ポータブルSDトラベルナビゲーション 旅ナビ ブラウン 5v型 CN-SG500L-T

SONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/B
SONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/B

今持ってるのはハンディGPSのガーミン60csx(格安で購入) 内蔵メモリーには1000件程しか登録できなが、マイクロSD(4Gまで認識)にポイント登録可能 だがイマイチの使用感だったりメモリーの容量だけ登録できるようだが、ソフトが言うこと聞かないこと多数で…
現在はお仕事モードは本体メモリーでルート検索使える。 でネズミ捕り情報は某サイトで収集しカードに登録 現在は450m前に警告音で設定で非常に心強い。

今まで国内メーカーはナビは開発するもGPSはほとんど発売されていなかった、在るには在ったがデカカッたり、防水でない・駆動時間が短かったりで触手が動かなかった。
やっとパナ「旅ナビ」・ソニーの「nav-u NV-U37」が出てきたが、内蔵バッテリーでしかも駆動時間が短いので使えないな~ nav-uは地理院の地図をダウンロードできるので良いのだが、ネズミ捕りには対応してないのかな、オービスは教えてくれるようだが…
国内メーカーさん本腰入れて開発してくれ ナビで培ったノウハウはある筈で直ぐにでも発売できるのに 高価な外国製GPS(国内独占一社)しか日本語対応してない。
そんな物持って何に使うんだと思いの方にはナビで十分だが、ある目的に使うと強力な味方になる良き相棒(笑顔) 

ガーデン・ランチ

P1110103
何年ぶりだろうと思うほど来てないな 週末のランチ時間 カフェぽい外観だが中身はファミレスだったりして気軽に利用で来る。
二階席に案内
階段途中の踊り場
される、テーブルに着くと相変わらず膨大な種類のメニューと格闘(爆
三名悩んだ末に結局ランチメニューの中から選択

【ハンバーグランチ・セット】
モッツァレラチーズとトマトソース ミニサラダ+ドリンク+ライス付 980円
P1110096

シャトレーゼ・C.C 立ち寄り湯

P1110046

【内風呂】
P1110060

【露天風呂】
P1110061
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1110055
脱衣場
 P1110059
洗面場
 P1110050
男性風呂入り口側にある休憩処
以前、男性専用の休憩処だった様だが
誰でも利用できる部屋になった
ただ画像では明るくなっているが実際は薄暗い照明
もう少し明るいほうがよいのでは?
 P1110058
内風呂の投湯口
 P1110068
利用時 宿泊者の夕食時
レストランでは、雄大な自然を眺めながら食事が楽しめるようだ。
これだけでも、宿泊価値ありかも?

栗山町の高台、天然温泉と宿泊施設がある【シャトレーゼカントリークラブ札幌】のクラブハウス 初利用 温泉・レストラン共一般利用OK 時々ランチバイキングなどお得なプランを企画するのでHPを覗くのも良いだろう。

画像では色が付いてるように見えるがほとんど無色・無味・微ツル 高台にあるが露天は景色が見えないのが残念だ、露天はどちら向きなのかな

温泉分析表
源泉名:シャトレーゼ温泉
試験年月日:平成12年15日
泉温:27.9℃
pH:8.5 掲示表に記載無し 別資料より
蒸発残留物:3.357g/kg
成分総計:3.361g/kg
泉質:ナトリウム-塩化物泉(低張性アルカリ性温泉)
湯使い:加水なし・加温あり・循環濾過あり・塩素使用あり

シャトレーゼカントリークラブ札幌
住所:夕張郡栗山町字森
電話:0123-72-6600
立ち寄り湯
料金:500円
営業:10:00~20:30(平日) 10:00~21;00(土日祝)5月~10月
    11月からクローズまで10:00~20:00(全日)
S・C・C  

道央謎の湯

P1100847
何時も通る道に気になる施設が草に覆われながら辛うじて見える。 某氏から捜索命令が下る手持ちの情報では一切記載はない。 近寄ると施設はでかいが何の施設か不明 下部に採掘物を索道から搬出でもしてたのだろうか?
付近を捜すもお目当ての現場は見つからない、チョッと離れて付近をうろつく気になる赤い水の色けどこれは関係なかったがその先を目指すとほのかな香りが漂ってきた、

P1100862 白い流れ、微かな硫黄臭 湧出量は目測で60ℓ/分以上か お決まりのユラユラ成分も見られる 温度は9℃とこれは冷たいね~ ここで水浴びする修行僧は居るのだろうか(爆)
捜索は無事終了 山を降りよう これからの時期、虫が多くなるので謎の湯探索は厳しくなるね。
冷た~っ
クリックで拡大

某施設の源泉場所

P1100942
道央地区の某施設 自然湧出だ 二施設で利用されている
 豊富な量ゆえ未使用の冷泉はドバドバ状態
温度は13度
13℃ 冷っ
だったりするしお決まりのズリ山
ズリ山にも色々表情があるが
草も生え優しい感じの山
もあるが、二本源泉がありそのうちの一本 もう一本は何処に在るのだろうか?
資料などを漁るとチョッと疑問の残る源泉場所 某施設の下なら完全にお手上げだ(爆)
坑道閉鎖後に湧き出たと記載がある源泉

新ないえ温泉北乃湯・立ち寄り湯

P1100902

【内湯】
P1100923

【露天風呂】
P1100925

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ