ゆもーる川北・立ち寄り湯

【ゆもーる川北】
P1120510
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1120523
脱衣場
 P1120520
洗面場
 P1120519
薄いモールでマニアには物足りないかもしれないが、地元の方が愛する温泉だ!
 P1120529
施設にあった帯広 温泉銭湯の地図
どこ行く?
 P1120509
向えにある「温泉ホテル川北」

【内風呂】
P1120518

【露天風呂】
P1120522
川北と言っても標津のマニアに人気の湯ではないよ 芽室町のチョッと高台の温泉 以前は「温泉ホテル川北」だけだったが‘99年の日帰り専用の施設完成 
小ぶりな施設ながらこ洒落た雰囲気 入って知ったのだがここは銭湯だった! で価格は道内同額の420円 休憩室には立派なマッサージ機が並ぶ 利用客は多いので撮影困難施設
底まで見える薄い紅茶色 湯使いの詳細は見当たらなかったが 泉温が30.6℃で加温・循環は間違いないだろう・薬剤は私には感じられなかった。
露天風呂で肩まで浸かりクンクンすると微かなモール臭にニヤリ 半分撮影を諦め、露天で浸かってると地元の方と暫し会話で盛り上がる(笑) で半分飽きらめてた撮影をしていいか確認をとりその「オッチャン」と共にカメラ持って移動しながら撮影に成功 オッチャンありがとう

温泉分析表
利用施設名:河北温泉 なぜか「河」?
源泉状況:自噴井
泉温:30.6℃ 湧出量1.200ℓ/min
蒸発残留物:145.4ミリグラム
成分総計:180.6ミリグラム
独自表記でそのまま記載します。
ゆもーる川北
住所:芽室町北芽室北4-27
電話:0155-62-2650
営業:11:00~23:00
休み:年中無休
撮影困難施設はカメラを置いて地元の方と裸で語り湯を堪能しよう、そのうちチャンスが訪れることもある。

観月苑・朝食

P1120659

P1120658

以前は「グランドホール・エルム」だった一階の食事処が「レストラン楡」でバイキングの朝食 ほぼ満室と思われる宿で8:00のバイキング 撮影なんか出来るわけがないし、画像も面白くないし… 勿論、50種類オーバーのバイキング美味しく頂きました。

正直、リニューアルしたことも事前に知らなかったので、訪れてから「何か 違はねー」と思って初めて知った次第
P1120567
全体に重厚感が無くなり軽快な感じに~ PCスペースも増設だが館内は無線ランはなく中途半端だ 館内全てとは言わないがせめてロビーだけでも出来ればよかったね 
巨大施設のリニューアルって難しいよね、個人的には別にリニューアル必要だったのかと思ったり 以前でも十分 私ならスリッパ・浴衣(浴衣以外ってデローってしてどうも…)・タオル(今治)・スタッフの衣服(女性:着物・男性:半被)・無線ランとかを充実してくれたら「おーオー スゲー」とか思う人だったりする。(爆)
これは以前を知っているのでチョッと語ったが、十分に楽しめた。
今回 3名で利用 
プラン名:牛VSカニ♪とかちの旬グルメ、ダブルチョイスプラン
料金1名:13.650円(土曜日利用)

【観月苑】
住所:音更町十勝川温泉南14-2
電話:0155-46-2001
日帰り入浴
時間:13:00~20:00
料金:1.000円
kanngetuen.jpg

観月苑・夕食

【食事処 千華】
P1120586

【セット済み料理】
P1120588
プラン名:牛VSカニ♪とかちの旬グルメ、ダブルチョイスプラン
牛・カニそれぞれ三種類の料理からチョイスできる(予約時) 今回チョイスしたのが、牛>しゃぶしゃぶ・カニ>タラバカニです、しかしこんなに料理完食出来るのだろうか(苦笑)

二階『食事処 千華』にて当方指定の18:00に伺う、スタッフに案内され今宵の食事だ 飲み物はメニューから十勝ワインの赤のハーフ(不覚にも値段忘れた)お品書き有り
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始

【強肴】タラバガニ
P1120589
ぱっと見た目はこんなものかと思ったが
身がびっしり
ボリューミーだ
で大満足

観月苑・風呂

P1120572
リニューアルがよく判る浴場入り口 と言っても「なんか変わってるよな?」と思い過去画像と比較しないと詳しくは判明しないほどの記憶力だが(爆)

【脱衣場】
P1120575
脱衣場も微妙に変わってた。

【内風呂】
P1120631
実は浴場の入り口から違和感があったここで決定的な違いが判った、前回利用時から男女湯が理由は分からないが逆転してるではないか! このへんは理由はわからないが、どこかの部屋からは覗けたのかもと勘ぐるったりして

【露天風呂】
P1120640
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1120632
洗い場
 P1120652
リニューアルで一番変わった、露天風呂に作られたクールダウン用の涼み処
 P1120656
早朝の涼み処
 P1120581
浴場の洗面場
 P1120580
脱衣場の籠も大きく使いやすい

 ここの露天風呂は気持ち好い!! 微かに香るモール臭とアブラ臭・枯葉の様な… 共同管理湯だが中々と何時も思う。 今後紹介する知られてない「謎の湯」には到底及ばないが、管理湯としては立派だろう。

尚:湯使いなどは前回と変わりなく、過去記事を参照ください。

観月苑・宿泊

P1120558
今年の4月に定山渓に宿泊して以来久しぶりの温泉宿泊 この時は私の個人宿泊で、家族を伴う宿泊は3月以来 いや~長かったよ で選んだのがまた十勝川温泉の「観月苑」って またかよ。 と言わないでね(苦笑) 
前回は2010・05に利用 その時の記事はこちら

【部屋】今回は3名利用 平成23年4月にリニューアル 3階の十畳部屋(さくら館10畳タイプ)・川側
P1120551

【テーブル・チェアと洗面・バス】
P1120560

La Pappata ラパッパータ・新得

P1120508

P1120484
新得を過ぎるとまもなく見えてくるお店 以前から前は通ってたが初めて利用だ!
年季のはいった、でかいログハウスだね 中も広くテーブル間も余裕があり落ち着ける。
単品(ドリンク付き)もあったが、パスタランチ・セット(本日のスープ・パスタ・カフェラッテ)1.150円を頼んでみた

【本日のスープ】
P1120489
トマトベースの具沢山スープ 豆やら一杯入ってる
【パン】
P1120493
胡麻が香るパンと細かい玉ねぎが入ってる二種類のパン

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1120481
メニュー
 P1120506
入り口
 P1120490
具沢山のスープ

 

共働学舎新得農場・ミンタル

P1120466

P1120477

P1120469
美味しいものはよい環境からうまれるのか?
美味しいチーズがあるとのことで共働学舎さんの「ミンタル」に寄った。 直接買うことが出来、ドリンク・チーズを利用した軽食も提供
背もたれが一つ々々違う椅子に座り、残り少ない日差しを受けにマッタリするのもいいだろう。

ミンタル
住所:上川郡新得町字新得9-1
電話:
営業:10:00~17:00
休み:夏季(4~11月)無休
    冬季(12~3月)日曜日
kyoudou

あー久々の十勝

P1120463
帯広か~ 新たな発見あるかな 私としては行き当たりばっかりの旅だが、今回はめずらしくポイントも確保したりしてたりする   さー何処行く?

天馬軒・栗山

P1120458 夕張に向かうとき、最短の道が通行止め(年内復旧は無理かな)で、この店気になる 
こ洒落た店作りで、初めて伺った、店内も小奇麗でテーブル席と奥にはこ上がりもあり家族連れでも利用できる。

「お食事処 天馬軒」と何がメインなんだか分からないので、メニュー
このメニュー好き!
を見てみると、最初にカラーの画像で三種の弁当めくると、定食・丼物・ご飯物・寿司・麺類と何でもござれのお店だった。
いつものラーメンは一番下で、不安が過ぎるがやはりラーメンにしよう(爆)
【みそラーメン】600円
P1120454
表面にアブラが浮くがアッサリしてる 少な目だがデフォで野菜入り くどくない雑味もなく旨みも十分に出てる、チャーシューは無くその代わりひき肉で旨みを採るタイプ 麺はやや旭川よりの中太・弱縮れ麺
この場所で旭川寄りの麺に出会えるとは、少々驚きと共に笑顔

旭川では「よしの」「ふるき」に代表される濃厚味噌が多いが、あっさりタイプもいいと思わせるラーメン 価格もお手ごろで納得のラーメンだろう、丼物にはミニそば・うどんが付くのも好印象(次回食べてみよう)
この地域唯一(継立)の食堂 何時までも頑張って貰いたい。

お食事処 天馬軒】
住所:栗山町字継立279-1
電話:0123-75-2016
営業:11:00~19:00
休み:月曜

住友奔別炭礦立抗

P1120416 幾春別まで来たので寄ってみた 1960年に建築 当時東洋一と呼ばれる立抗
現在 一部解体が進む

以下新聞記事抜粋
<国内最大規模とされる三笠市奔別(ぽんべつ)町の旧住友奔別炭鉱の選炭施設について、所有する生コンクリート製造販売大手ホッコン(深川)は、2階部分をすべて解体する方針を決めた。20日以降、作業に着手する予定。

 ホッコンの担当者が15日に三笠市役所を訪れ、解体方針を説明した。これに対し市側は、2階部分の壁や屋根 立抗密閉中に爆発事故の鉄板を撤去することは受け入れたものの、2階内部の鉄骨部分などは保存するよう要請した。>

立抗は残るようだが、1971年(昭和46)に閉山 立坑密閉作業中に爆発事故が発生し、5人の命が失われました。現在も、その爆発の激しさを見ることができます。

↑クリックで拡大
尚 付近は立ち入り禁止ヶ所も多くご注意ください。

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ