2011年 今年は有難う

未曾有の災害・人災 で大変な年 けどこれは終わったことではなく継続してることを忘れないでおこう。そして来年2012年は良い年であるように、皆様のご家庭に笑顔が満ちる事を願っています。

と書きながらこの日に及んで、温泉仲間のいっちさんから悲しいお知らせが飛び込んだ、函館の温泉銭湯を支えていた「日乃(の)出湯」が閉鎖
湧出量減少、温度も低下

 <源泉掛け流しの“熱い温泉”で知られ、旅行ガイドブックなどにも掲載されていた函館市湯川町の公衆浴場「日乃出湯」が廃業したことが、29日わかった。温泉の湧出量が減ったためで、番台を守ってきた代表の岡崎謙二さん(73)は「さみしいが仕方がない」と話している。

 日乃出湯は1924年頃の開業で、自前の温泉井戸を持ち、源泉温度は約64度。二つある浴槽のうち、高温浴槽は約45度に保たれた。沈殿物「湯の花」が、うろこのように盛り上がった浴槽はガイドブックに紹介され、韓国や台湾からの観光客も訪れていた。

 しかし、今年11月下旬から温泉湧出量が急激に減少、温度も低下した。温泉水位の低下や、創業当初から使用する井戸の管の老朽化が原因とみられる。設備更新や井戸を深く掘り下げることも考えたが多額の費用がかかるため、28日に廃業した。岡崎さんは「常連客が背中を流し合うコミュニケーションの場だった。温泉が出ないとどうしようもない」と語った。

 湯の川温泉は源泉の枯渇が心配され、道が76年に保護地域に指定し、新規掘削は禁止になっている。湯の川温泉で7割の温泉を供給する函館市企業局温泉課は、「地域全体で日乃出湯のような問題は起きていない」としている。(2011年12月30日 読売新聞)>
記事抜粋
 
私は一度しか伺えなかったが、激熱の源泉流石に手湯が限界だった。 5年前の画像だが載せておこう。
JPEG Image (7264418)  
ついでに手書きの温泉分析表はこちらをクリックしてね。
それでは 良いお年を
この記事で2011年は〆とします。有難うございました。

よしみ食堂・南富良野

P1120868 以前から気になってた南富良野幾寅にある食堂 暖簾が掛かっているのに何時も準備中 「何時開いてるだ~」と思ってた。 

帯広の帰りにチョッと見ると(国道沿いではない)開店中だ!!これは行かねば

テーブル・椅子席と夜には焼肉屋なのだろう焼台を閉めることの出来るテーブルがあるこ上がり 15人位のキャパかな
先客4人がいた、皆さんラーメンです。 メニューは丼物・カレー・ラーメン・そば・うどん等々
一通り眺めるが何時もの(爆)

【しょう油ラーメン】550円
P1120862
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1120864
多分「佐々木製麺」のツルッとした肌白麺
 P1120867
速攻で「準備中」のお知らせ
 P1120869
お隣は有名店「なんぷてい」さん
 P1120857
紙が張ってある所は「チャーシュー麺」かな
 P1120858
夜の焼肉部隊とアルコール師団達


田舎風木製レンゲ・メンマ・チャーシュー(一枚)・葱 アブラは少な目で魚介系は感じられず、甘みと尖がっていない醤油ダレが口に広がる 昔風食堂ラーメンだ、一枚ながら濃い目の味付けのチャーシューもそれを印象付けるね 麺は多分 富良野の佐々木製麺、中細・弱縮れの中加水率(旭川寄り)
改めてメニューを見るとカツラーメンがある それもカレー味を含めて4味も 気になるね。

でラーメンがテーブルに並ぶと同時になんと「準備中」に エーッお昼は13時までなのか(早ーっ)道理でいつも準備中なのか解決した。
有名店の「なんぷてい」さんの駐車場横の時間に厳しい地元密着食堂 何時までも頑張って欲しいものだ。

よしみ食堂
住所:南富良野町字幾寅
電話:0167-52-2887
営業:―
休み:―

今年も僅かだね

P1120760
今年もボツ画像を大量作成 それは皆に意味のない画像 
でも、お店・現場の状況で撮影出来ないことも多いが、その中で記録に残せた画像は私のお宝 言いながら画像の損失は多数(爆)

P1120746
ダムに行ったり、ネットに反乱する情報に翻弄されたり何時も事だが、好きな古書集めには本当に頼りになったね。 古書収集も限りがある まだまだ在りそうだが正直限界かな(笑) 万超えの古書なんて買えないしね。 車の燃料代も馬鹿にならない。ブログの更新速度も低下気味の昨今

美味しい食事をいただいたのにブログでアップしないし、勿論それ以上の確立で口に合わない食事と遭遇しています。 完全に手抜きのカレー蕎麦にはがっかりしたなー。

【牛タン麦とろ定食】1.000円
P1120706
最高に美味しかった料理、手を抜かない料理をいただくと嬉しくなる 単細胞人間 
だって「おいしーんだもの!」 

La Palazzina(ラ・パラッツィーナ)・ランチ

P1120843


住宅街にあり、知らなければ通り過ぎそうな家族経営のイタ飯屋さん『ラ・パラッツィーナ』 開店して今年で12年 ランチに伺った。
お店の前の駐車スペースは車で一杯 奥行きがあるスペースなので二重駐車で解決

予想通り店内はマダム・老若カップルで賑わってるので私としてはアウェー感が一杯
店内に入るとキンキンに冷えた車に放置したカメラが一気に曇る… また苦難の季節が到来しましたね。

ランチセットメニューからチョイス 
パスタ(5種)+パン+サラダ+ドリンク(エスプレッソ・コーヒー・紅茶)900円

【パンとサラダ】
P1120827   

三笠天然温泉・太古の湯・立ち寄り湯

【太古の湯 正面】
P1120768

【フロントの看板】
P1120771
三笠道の駅 隣の日帰り専門と思いきや23時以降は追加料金で素泊まり可能(23~8:30)な施設に初めて伺った。

開店当初は価格が高設定なので行かず仕舞 価格が安くなったので利用 入ると靴ロッカーの鍵をフロントに預けると、脱衣場の腕巻き鍵を貰うスタイル(この仕組みなんか専用の名称ないの?) 以降その鍵で館内の利用料金をアウト時に精算する何時ものパターン 慣れてきたら普通だが最初は何故かドキドキしてた(爆)

週末利用で、利用客で賑わってるし建物の立派さに驚いた 休憩所・キッズルーム・明るいリクライニングチェアールーム・暗いリクライニングチェアールーム等々が有りその充実度にビックリだ。

【男性風呂入り口】
P1120805
やや照明を落とされた脱衣場で指定のロッカー
脱衣場のロッカー
を探し出し風呂に行ってみよう。

蓬・東神楽

P1120721

P1120714 雪が降る前に利用してたのに、紹介が遅くなってしまった。 何時もの冬季休みになるので急いで紹介しよう、何時もながら満員で奥の和室も開放中 10分程席が空くの待ちました、まー待つのが普通になり同じ待ってる方も慣れたものだ。 
庭を望むカウンターとテーブル席・混んでくると奥の和室開放 今回はテーブルに案内されました。

【十割り天ざる蕎麦】1.100円+大盛100円
P1120725
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1120726
蓬さん やっぱ美味しいわ!
 P1120710
この時期限定の蕎麦もある
 P1120715
偶然 お客さん途切れた時に撮影成功

更科系で新そばらしくうす緑でコシがありのどごしのいい十割蕎麦 辛目のタレをつけるとさわやかな香りが広がる、天ぷらは塩で頂く 最後は味変の大根(辛味大根ではなくチョッと辛め)で〆よう。 何時もながらハイレベルなそばを堪能。
と言いつつ そば通でもない私 話は半分に

情報

●住友奔別炭礦立抗及び周辺施設の記事で新たな情報 道内の方は新聞等でご存知かもしれませんが、まだご存知出ない方のために
周辺施設は、「そらち 炭鉱の記憶マネジメントセンター」さんが所有元からお借りして一年間管理することを決定 今後のことは不明ですが、とりあえず安心(一年ですが) 紹介されたブログ記事

●北の京芦別 11/01に休業すると告知の施設が限定ながら再開
その昔、「北の京(みやこ)芦別」に行ってきたと言ったら WO~ものだった。 新人歌手の公演・手品などが宴会場で楽しめた施設 その後巨大な施設故 紆余曲折があり閉鎖・再起と何回も繰り返した。 営業難のため11月1日から休業してたが12月12日に営業再開
なんと日帰り料金380円・素泊まり3.300円(来年1月までのキャンペーン)と驚きの価格
経営も厳しいのにそこまでしなくてもと思うが。うれしい価格設定!

詳しくは北の京芦別さんのHPへ
kitanomiyako.jpg

全盛期~やや衰退時期まで利用してた、最後に訪れた時は本州の修学旅行の学生で賑わってた記憶があるが何年前だったろうか、デジカメも持ってなかったね。 自家源泉の湯の筈 再開したら一度いってくるか。

●天人峡グランドホテルが営業停止
>信用調査会社の帝国データバンク旭川支店は5日、北海道東川町にある温泉旅館「天人峡グランドホテル」経営の「タケトー」(旭川市)が1日付で事業を停止したと発表した。近く旭川地裁に自己破産を申請する見通しで、負債総額は約7000万円とみられる。

 同支店によると、タケトーは1978年に設立され、90年に天人峡温泉にある同ホテルを買収した。源泉掛け流しの露天風呂などを売り物に、2000年3月期には売上高約1億円を計上した。しかし、その後は景気低迷から減収が続き、2010年8月には大雨による土砂崩れで同温泉への道路が通行止めとなったことでダメージを負った。さらに、東日本大震災による観光客の落ち込みが追い打ちをかけ、事業継続を断念したという<以上記事抜粋
過去に宿泊したこともあり、食事はすべて部屋食だったと記憶、施設の老朽化は否めないが価格も安かったのに
残念だ。 画像探したが見つからない。で 探した!

Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始 2006年撮影です。
JPEG Image (1001480)
天人峡グランドホテル 正面
 JPEG Image (1002451)
内風呂の寝湯 他に四角い湯船あり
 JPEG Image (1002510)
露天風呂

三代前のデジカメの画像 でも写ってるね。

謎の湯・十勝その参

【一面の緑】
P1120673
急な坂を下りると、葉が落ちた雑木林の隙間から緑の絨毯? 近づくと藻が大発生の現場だった。 で少し回りこんでみた。 そこには怪しげな小屋とブルーシートで覆われたヒューム管

P1120667
青いパイプの先は緑湯沼に伸びている ではその現場はこんなことになってる

P1120671
画像ではぶ太い流れとチョロチョロの流れ しかし資料によると4本ある筈 で別画像では空中パイプが2本・緑湯沼直接が2本チャンと4本確認できた。
泉温は33.5℃と夏にはいいかもね、けど殆ど放置気味の緑湯沼虫が多そうでキツイかも 早春・晩秋が狙い目か(爆)
手持ちの古い資料では水産利用だが最新の資料では未利用と中々過去がありそうな源泉
湧出量が最も多い一本の源泉資料
掘削年:1981年
泉温:35.0℃ 自噴
湧出量:1.125ℓ/min
ph:7.83

PS:詳しく資料をみると一本だけ標高が高い オーあの崖上から~なのだろうか
先達には及ばないが「スニーカーで行ける源泉」
十勝編・謎の湯は以上にて終了 次回は何時来れるのかな?

謎の湯・十勝その弐

P1120548

P1120547
もう少し紹介しよう、この源泉もそうだが壱の湯も事業系だ 事業系と言っても北海道の利用状況は、福祉>農業>医療>プール>水産の順 ここは農業関連で側溝に数ヶ所から惜しげも無く源泉が流されてる。

P1120545
こちらはかなり温度が高く、側溝で47.7℃

掘削年:1984年
深度:1302m
泉温:50.6℃ 自噴
湧出量:310ℓ/min
ph:8.3

謎の湯・十勝その壱

P1120533
十勝に来たら回っちゃよね、謎の湯探検 何回も書くようにマニアでない私はお気軽コースを選択 ある程度場所は目星つけてたし難なく発見 流れから怪しさムンムンで間違いないよね 流れに向けて進むとお決まりの十勝の特徴のモールが香ばしい

【アワアワ・ドバドバだ!】
P1120534

P1120537
普段見慣れた地元民にとっては普通なのだろうが、旭川民にとっては驚愕の光景 しかも冷泉でなく泉温は33℃もあったりする。 辺りに漂うモール臭・手を入れるとツルツル・薄紅茶色の湯が惜しげもなく流れる 。
自宅に帰り先達たちに聞くと以前にはこの崖上に無料の利用施設があったそうで、そのマナーの悪さで閉鎖したそうだが真実はいかに、先達も訪れた時には既に閉鎖しており施設の利用は未体験とのこと 

何処にでも何時でも居るよねマナーの悪い輩は、勝手に湯船作って元に戻さないとか、さらに自慢したり 「お前の土地じゃねーだろ」と突っ込み入れたくなる。おっと熱くなった冷静に(爆)
手持ちの資料によると
掘削年:1985年
泉温:49.0
湧出量:600 動力楊湯
泉質:Na-HCO3・Cl

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ