新そば

【蕎麦の花】
P1140674
満開の花 一面真っ白になる花も見事だが

【蕎麦の刈り取り後】
P1150224
チマチマした広さで無いから見ごたえがある 撮影ポイントが在りそうで無いんだなこれが(爆 丹念に探せばあるのだろうが、食い気に負けてお店直行だったりする 
以前も言ったように、蕎麦は好きだが語る程でもない私 それでも合わない合う位は分かる

合わなかったな~
P1150239
結構力の入ってるお店 関連のあるお店では体験積み、こちらは今回が初訪問だったりする
見た目はいいのに、こし無し・水切り不十分・つゆ辛すぎ 同行者が食べた温かいお蕎麦は辛いのなんの、私のほうの「そば湯」で割ったほど、箸が進む代わりに水が進む々々 

傷心ムードで帰宅直行と思ったが、久しぶりの「嵐山展望台」に立ち寄った、木製の遊歩道なんて以前あっただろうか。
結構訪れる人が多く、旭川の隠れスポットなのだろうか?

以降は展望台の俯瞰も無いチョッとしたスナップ画像のみ

養老牛温泉・早朝散歩

P1150156
まだ誰も居ない露天風呂のんびりつかってるけど、川を渡るパイプが気になって仕方ない。 体も温まったから軽装で散策してみよう。
現在3軒が営業してるが、過去には6軒の宿があり、老人いこいの家もあったようだ。

【崩壊寸前の木製橋】
P1150167
チョッと歩くと旧施設の名残か今にも崩れそうな橋 その奥に進むと 何やら怪しい景色 いや想像通りの・・

【湯流れと湯けむり】
P1150176
真夏なら余り目立たないけど、外気温が下がった季節にはこんな感じ

ホテル養老牛・朝食

P1150184

【朝食】
P1150185

P1150187
朝食も好意で個室で頂いた、胃に優しい「THE日本食」 この位が丁度いい バイキングだとツイツイ食べ過ぎて、楽しみなランチがお腹一杯で楽しめない まー程々にすればいいのに、料理を目の前にすると止まらないだよね(爆
お味噌汁の茸が美味しい、表面にクリーム成分が浮く「養老牛放牧牛乳」が抜群においしい 実は牛乳は苦手だったりする、お腹ゴロゴロしたりで、何年も飲んでいなかったが、勇気を出して(笑)飲んで見ると、これがさっぱりしていて イケル!

米も美味しいとなれば、評価が高くなるのも頷ける。立派な施設ではないが、静かにのんびりと時間が過ぎ、自然の恵みを頂く温泉宿 
養老牛温泉は現在、今回紹介した「ホテル養老牛」さん、以前利用した「だいいち」さん、まだ利用してない「藤や」さんの3軒 多分三者三様の予感大

ホテル養老牛
住所:中標津町字養老牛519番地
電話:0153-78-2224
立ち寄り情報
料金:500円
時間:
 yourou 

ホテル養老牛・夕食

P1150130
予約時は大広間での夕食でしたが、最近同行者が階段が非常に苦痛になってきた、それを見てチェックイン時にご好意で同じ階の個室を用意してくれた、とても気遣いの宿 感謝です。
多分同じ料理だと思いますが、最初にお断りしておきます。

【夕食】
P1150120
お品書きがテーブル それに沿って紹介しよう。

【ワラビのキムチ和え・行者にんにくの醤油漬・フキの甘露煮】
P1150122
山菜好きな私 この三種類を見ただけで、こりゃー酒が進みそうです(爆
旬じゃ無い行者にんにく、冷凍で保存だろうか? 新鮮その物 美味しい。

ホテル養老牛・お風呂

【入り口】
P1150111

【脱衣場】
P1150146

【内風呂】
P1150148
長年の道路改修で道路側が段々高くなった結果なのか、現在は施設の入り口が実質2階にあたり風呂は1階にある。 階段を下りて向かう 24時間利用可能だが夜中には照明は消灯されるので、利用時に点灯利用後は消灯
高温泉(81.9℃)の源泉が湯口から常時注がれる。
大きな脱衣箱の反対側には洗面所

今年のラクヨウ 近年にないヒット?

P1150261
楽しい山で山菜が採れたら最高だ!

↑クリックで別画像
久しぶりの温泉記事アップ中なのに、場外乱闘の如くぶった切る記事は いま一番の旬 山菜 
落ち着いて山に入ることも遠のいてた。 春先に仕事が変わり忙しいながらも、お山が気になりだしたこの頃
まー何時もの山だけど 手頃なラクヨウ(ハナイギチ)が 手にとると可愛いフォルム
明日は新規開拓のお山に行く予定 雨が降らないように・・・

ホテル養老牛・宿泊

【ホテル養老牛】
P1150160
久しぶりの温泉宿泊だ~5月以来(爆
以前立ち寄り湯は経験してるが、その記憶も薄くなってきた宿

【フロント・ロビー】
P1150102

【部屋】
P1150093

からまつの湯

P1150089
近くに来ると寄ってみる野湯 時間帯が悪かったのか結構な車 地元民じゃない雰囲気かな? タオル一枚で駐車場に登場する人も で盛り上がってる模様 ここも有名になったね 
単独行動が基本の私 チョッとカメラで撮って今宵の宿に向かおう。

おかめ食堂

P1150080屈斜路湖を望みながら津別峠を下りる。峠を越える前にランチを頂いたばかりなのに、どうしても行きたかったお店 湖畔を巡る道と弟子屈へ向かう道の分岐手前にその店はある。

道路沿いながら知らなかったら素通りしそうな、昭和ナ食堂 先客はレンタカーの二人組がカウンターに 私は小上がりで頂く メニューはカウンターの上 チョッと耳の遠いおばちゃん一人で切り盛り中
ラーメンを待ってると、常連と思われる女性二人組 おばちゃんは厨房で忙しくやさしい女性二人組みがまだ出て無かった、お冷を出してくれた。 注文のしょう油ラーメンもこの女性が運んでくれた・・・ありがとう。

【しょう油ラーメン】500円 とワンコイン
P1150086
澄んだスープ 甘みがあり優しい味 高加水率でやや平打ち・強細・強縮れ麺でプリプリの麺はコシがある色白の麺が美味しい、本場釧路では食べたことが無いのですが、これが釧路の麺らしい かなり気に入りました。 上にはネギとちょっとホロホロ系のチャーシューと潔い  これは何時か釧路で体験したくなりました。

ふらりと訪れた食堂は、旅人・ラーメン好き・そして何より昔からおばちゃんが作るラーメンを地元の人々が支えてきたんだね。 
個人的には味はそれなりなので、過大な期待はしない方が無難な叙情派ラーメン

●おかめ食堂
住所:弟子屈町字屈斜路
電話:01548-4-2616
営業:11:00~20:00
休み:月曜

森つべつ レストラン「くりん草」

【くりん草・店内】
P1150057

【庭】
P1150060
温泉とは反対側の明るくてタップリとられたレストラン「くりん草」で、ランチをいただく。窓際は庭を眺めて、掘り炬燵、中央にはテーブル席がある
ランチセットメニューは今回は二種類 入浴込みで1,100円

ランプの宿 オリジナルスープカレー
P1150063

あっつあつ 石焼ビビンバ
P1150065
正直 期待していなかった分、湯と同じでいい意味に裏切られた(笑顔
スープカレーは結構スパイシー 子供・高齢者はシンドイかもなレベルで本格的  
ビビンバも辛味系だね 調整するコチュジャンも付く、私は辛さも調べず全量ぶち込む かき混ぜる 残念だったのは石の器が余り熱くなくて、醍醐味であるオコゲがイマイチだったのが、本当に残念(涙

日帰り利用だが湯使いはアレながら、ツルツルする湯と思いの外ハイレベルな料理 自然いっぱいな環境 いつか利用するかもと思わせた施設

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ