Daim

P1160163
ヨーロッパのお土産で頂いた。 頂いた方曰く昔から食べてたとのこと
私自身、チョコは好きでウイスキーに合ったりする。 でDaim スウェーデンの「Marabou」製造 結構甘めのチョコの中にカリカリのキャンディーが入ってる。
久しぶりにチョコで感激!! こりゃー探さなきゃーと思い調べるよ

残念 現在どこも取り扱いは無い(勿論 国内ネットでも) 以前はスウェーデン関係でIKEAで通販してたようだが通販をやめてから、取り扱いしてない。
訂正:現在も取り扱っていますが、現時点ではsoldout

でも海外ネット利用して購入は可能 直接購入で安いかと思いきや微妙

daimu
頂いた方に購入価格を聞くと、「多分 500円ぐらい」とのこと 送料も考えると躊躇する で驚いたのが画像にあるが、2.5Kgの商品・・・どんだけ~好きなのか 画像はスウェーデンだが、イギリスのサイトでは駄菓子スタイルの口が斜めで丸いBOXも販売 海外通販は以前から利用してるので不安はないのですが、価格が・・・

おひさま食堂

P1160181

【店内】
P1160166
市内一条通りを走ると気になる看板がある、「ラーメン300円 お会いできて嬉しいです。」怪しさと一見さんは躊躇する佇まい満開(笑い 
知人が勇気だして利用したと聞き私も伺った。
店内は既にご近所の常連さんが、一杯ひっかけ中で盛り上がってる 完全にアウェー状態で入り口のテーブルに腰掛ける メニュー
あっぱれなメニュー価格
を眺めラーメンが300円を確認 通常の量より少なめで1玉300円・1.5玉350円・2玉400円と選べる
で1.5玉350円を注文

【しょう油ラーメン】
P1160171
器は何故かロータリーから永山に移転した「にこにこ食堂」を使用 聞いたところ譲って貰っただけとのこと 350円とは思えない面構え(いい意味で) 
豚骨ベースでチョッと焦がしたような味がする、余り体験したことの無いスープでこれはこれで美味しい 珍しくキクラゲがトッピング 麺は堅茹でいい 中太・中縮れのお馴染みの旭川麺(メーカーは不明) 小さいながら味がしっかりの昔風チャーシュー
 
麺がダマになっていたのはご愛嬌 多分市内最安と思われるラーメンに驚きだ。 夜はご近所の居酒屋状態で、不思議なPOPも発見 持込OKって?

おひさま食堂
住所:旭川市1条5丁目タカラ市場1条通側
電話:090-9752-1063
営業:11:30~22:00
休み:-

占冠 湯の沢温泉 森の四季・立ち寄り湯

P1160159
Photo book クリックで拡大
 P1160158
森の四季と変わったが通称は「湯ノ沢」かな
 P1160127
何ですか このモダン!
  P1160150
こじゃれた食堂
 P1160153
広い休憩室 ステージもあるし
 

 2012年9月29日にリニューアル 実は初利用(苦笑 存在自体は知っていたのですが、機会がなかったと敬遠してたのが事実 以前の画像が持ち合わせが無いのが残念 先達達の画像を見るかぎり一見変わらないが、施設に入ると驚いた。 小洒落た雰囲気・統一されたスタッフ制服 以前の施設を知ってる方はさらに驚かれるのではと思った。

【浴室】

露天風呂もなくシンプルに温泉浴槽はひとつ カルシウムもたっぷりで塩化物泉とは本当にびっくり 冷泉を加温・循環ろ過・薬剤ありと残念だが、薬剤臭は感じなく熱めに加温された湯が浸みる。多分水風呂は源泉と推測 山の一軒宿何にもありません、日ごろ読めなく積読状態の本でも持ち込みのんびりするのが良いかな、今度宿泊でもして見ようか?
レストランも力が入っていそうで期待ができそう。 玄関にはスノーシューがありレンタルしてくれるのかな。

温泉分析表
源泉名:湯ノ沢温泉 
試験年月日:平成22年3月2日
泉温:8.0℃ 動力楊湯
pH:6.6
蒸発残留物:9.520g/kg
成分総計:9.627g/kg
泉質:ナトリウム・カルシウム-塩化物冷鉱泉(等張性中性冷鉱泉)
旧泉質名:含塩化土類-食塩泉
湯使い:加温・循環ろ過・薬剤あり 加水なし
等張性とは驚き!
湯の沢温泉
住所:占冠村湯の沢
電話:0167-56-2311
休館日:月曜日
立ち寄り情報
営業:11:00~20:30
料金:420円

山香食堂・富良野

P1160125
富良野市内の外れ これ以降、布部の札幌軒を過ぎると山部までお店は無い 店内はテーブル席と奥の小あがりと狭く感じるが、常連さんはサッサと二階席に移動 二階もあるのね。富良野B級グルメの富良野オムカレーの提供店のひとつ
 
新たに考案したメニューをB級と呼べるか賛否あるが まーそこは置いといて メニューを見てみようまず「定食・ご飯物・セット」のメニュー 「ラーメン・そば/うどん」メニュー 「富良野オムカレー」メニュー
●定食にはラーメン・みそ汁・かけそば/うどんの一品選択 
●セットにはラーメン・かけそば/うどんの一品選択と抜群のCP!
悩んだ末にチョイスしたのは

【豚丼セット】900円 しょう油ラーメン
P1160117
透明系のアブラ少な目の超あっさりスープ 地元佐々木製麺かと思いきや、旭川の須藤製麺の弱縮れの中加水麺と、一枚ながらぶ厚く味の浸みこんだ昔風チャーシュー ただ個人的には深みが少なく、 豚丼は微妙

定食がよかったかな? 同行者がチョイスしたのは

高砂温泉・立ち寄り湯

P1160105
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1160028
おーなつかしい
木札の下駄箱が健在! くたびれ感が堪らない。
  P1160026
フロント奥の訳の分からない売店に腰が引ける。 興味深々(爆
 P1160038
食事処と休憩処もあるよ
 P1160061
奥に進むとジオラマ
なんと数個電気が点いた
  P1160060
20万って 誰が買う
これが高砂温泉テイスト

市内から見ると何時も煙モクモクの施設 昔からある今で言う「スーパー銭湯」
温泉が無かった旭川 同様な施設は高砂台・観音台・神楽岡にもあった、最後の牙城となる「高砂温泉」今も利用客いっぱいだ。
相変わらず訳の分からない物が並ぶのも「高砂温泉」テイスト(爆

以前、温泉表記の問題で新聞広告には当施設は「温泉ではありません。」と併記されてたが、いつの間にかされなくなり?と思ってたが、某資料見てると1992年ボーリング地下178mで湧出ではれて自家源泉を持つ 
ただ利用されてるのは家族風呂と内風呂付き特別室のみで、立ち寄り湯の大浴場は温泉ではないのでご注意ください。
では温泉じゃない大浴場の紹介

日向温泉オープン!!

当ブログで旧館日帰り利用休館のお知らせしましたが、昨日(17日朝刊ローカル版)1月17日正午ごろにテープカット 19日まで無料開放
 
建設中の規模を見ると、宿泊は無く日帰り専門と思ってたが、予想通りでレストラン・休憩室ありとコンパクトで再出発 レストランでメチャ美味しかったジンギスカンあるのかな? 
冷鉱泉でリニューアル 頑張ったものだ 湯使いは旧施設と変わらないと思うのでマニアはスルーかな(爆

新聞記事とHPを見て気づいたが、旧施設の正式名称は「士別市林業センター」 新施設は「日向保養センター」とのこと 無料の明日は混むのでチョッと落ち着いてから訪れようかな。

まるとみ食堂・芦別

【まるとみ食堂】
P1150929
滝川方面から芦別に向かうと道の駅と市内の分岐にあり薄ピンクの外壁でよく目立つ昔からある食堂 外観からして風情が漂ってる。

店内はテーブル席と小あがりがあり、マンガ本も完備なので時間をたっぷり使いたい方も大丈夫 メニューを見ると先頭はラーメン・そばうどん・ごはんものと続く 
勿論カウンターの上にもメニューがあるのはお決まりですがカウンターは雑多な物が乗っており利用不可状態 好きです(爆

【しょう油ラーメン】
P1150925
何故かメンマが立ってるのはご愛嬌 脂は少なめでカメラが曇る 麩・三色ナルトがのるスタイル 透明系スープ 出汁は豚骨と微かな節系 麺は中太・中縮れ・低加水率麺
濃く味付けされた、チャーシューは小さいながら2枚 ほぼ旭川と同じ系列 カツラーメンもあるし再訪だな(笑顔 
まだ紹介できる食堂あるのか?また探さなくちゃ。

まるとみ食堂
住所:芦別市北5条1丁目1-24
電話:0124-22-3098
営業:11:00~21:00
休み:日曜

古潭荘

【レストラン古譚荘 外観】
P1150852

【奥のスペース】
P1150827
札幌本面から来るR12号沿いに、昔からある昭和チックなドライブイン 団体客にも対応する規模 利用時は大陸系か台湾系が利用中 個人客は石庭の奥で利用でき落ち着いて利用できます。
席にメニューは無く、入り口にある食品サンプルを見て選択し横のレジで支払う前金制 サンプルの前にも気になる写真がある で選んだのが、珍しく

【みそラーメン】640円
P1150834
赤味噌が前面に主張 野菜をトッピング しっかり味付けのチャーシュー 自家製麺は中太・中縮れでつるっとした中加水率麺 チョッと塩分が強いかな 地元独立系ファミレス・ドライブインも健闘

駅前やぶそば

P1150895

P1150887目の前の「おにぎり茶屋」さんで食べたのに、気づいたら向かいの「駅前やぶそば」さんのテーブルに座って、メニューを手に持っていた。(爆

良くぞ揃えたっ言う位い、そばの種類が多い 丼・カレー・セット物・ラーメンからそうめん・冷麦まである。
迷っちゃうなー(嘘。

【しょう油ラーメン】520円
P1150889
模様が薄くなった丼が歴史を語る。 透明系 豚骨かな鶏ぽくもある? 魚介系が香る 旭川製麺製の肌白の低加水率麺・細麺・強縮れ麺 ナルト・メンマ・葱・チャーシューは厚めに切ったしっかり味と硬さの昔風一枚 
スープと出汁のバランスが良く、レベルはかなり高い。
今月末までのサービス券を頂いた、利用しなくちゃ 次回なに食べようか?

専門店とニューウエーブが美味しいのは当たり前<けど、疑問が残るお店があるのも事実> 新しい風が吹かなければ進歩も無いけど、普通の大衆食堂・おばチャンじっチャン食堂・地元ファミレスレベルの高さ、これが旭川ラーメンなのかなと最近思い始めた。 とオヤジの独り言
  
駅前やぶそば
住所:旭川市宮前7丁目 駅前ビル1F
電話:0166-22-3884
営業:11:00~20:00(平日)
   :11:00~16:00(土日祝日)
休み:-

おにぎり茶屋

P1150872

P1150880JR旭川駅向かいのカオス商業ビル「駅前ビル」 創業から30年以上暖簾を守る

最初に紹介したのは
当ブログ開設初期の2008/10/09
朝9:00から営業してる。
当ビルは夜には1F・B1と格安な飲み屋さんが並び、おじさんには心強い。

利用したのは昼少し前、年明けの大雪でJR運休で普段常連客しか見かけないのですが、この日はカートゴロゴロ引っ張ったお客も散見
メニューを見ると驚いた! 少々の値上げを覚悟していたが全く変わらない値段(笑顔)試食宣伝中のワンコインメニューあったが メニュー1 メニュー2から選んだのは
勿論注文したのは

【しょう油ラーメン】400円
P1150877
透明系のスープ 豚骨ベースと微かな魚介系が心地よい 麺は小麦の香りがする低加水率・中太・中縮れ麺 価格が400円と侮る無かれしっかり味付けされたチャーシューが二枚とはアッパレ 早い時間だと全てのメニューが揃わないこともあるので注意

●おにぎり茶屋
住所:旭川市宮下7駅前ビル一階
電話:0166-22-4984
営業:9:00~18:00
休み:日曜・祝日

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ