塩狩ヒュッテ

【線路沿いに佇む塩狩ヒュッテ】
P1170185
「旅荘塩狩温泉」ユースホステルも併設 2005年に廃業 ブログなんかするとは思ってないので、手元には廃業寸前の画像がチョッとあるだけと寂しい状態 その後自然湧出なので兆候はないかと訪れたこともあった。
ユースが復活と温泉友の駅前旅館さんのミクで知る。近隣ながら全くしりませんでした 桜を愛でるかてら訪れた
6/1グランドオープン 桜時期かねてカフェがプレオープンしていました。

今後 温泉復興の機運を高める事も視野にある模様 応援したいですね。
塩狩ヒュッテさんのHPは下記をクリック
siokari

風景

P1170182
カテゴリーでは鷹栖ですが、実際は東鷹栖 好きな場所 クリックで拡大すると左の山は三角山(鬼斗牛山)なので場所は簡単 晴天に恵まれた日のドライブは気持ちいい。
さーどこに行こうかな

来々軒・赤平

P1170177
赤平の老舗(メニューより30年以上) 幹線から離れてるので地元意外には殆ど知られていない 以前から大盛りで注文すると凄いとは聞いていたが、実は初利用だったり(苦笑
暖簾を潜ると店内は、カウンター・テーブル席・こ上がりとあるが8人程のキャパしかなく狭い 席に着くとジョッキ風のコップに麦茶と冷えたペットボトルがうれしい。
 
メニューは裏表がありどちらが表か分からないが麺類ご飯物と分かれてる 種類も豊富で、ご飯物の盛りが凄いと聞く 麺類のトップはしょう油・味噌・塩と続く カツラーメンがありそれも三味がある
迷ったが、いつもの

【しょう油ラーメン】600円
P1170172
スープに麺・具は水没状態 このような時は困るよね(苦笑 気を取り直して
スープ一口 魚介(鰹かな?)豚骨系だろうと思うのだが、今まで味わったことのない不思議なスープしょう油タレとのバランスはいい アブラは多めだがくどさはない。
麺は所謂、札幌ゴム麺(隣町の大澤製麺)
トッピングは味濃い目の昔風チャーシュー・ネギ・ワカメ・三色ナルト・細めのメンマが珍しいかな、味わいのあるラーメン

でお薦めなのが
【味噌ラーメン】600円
P1170170
同じで水没してますが ニンニク・ゴマが香るスープ 地元旭川なら味噌タレが多めで塩っぱいスープが多いなか、最初は薄目かなと思うもバランスがこれまたいい 野菜が思いのほか入っていて、チャーシューもあるのでお得感が増す。味噌なら札幌麺も気にならないしね。
お店の場所はちょっと分かりづらいが、角にがあるので間違えることはないと思う。

味の来々軒
住所:赤平市昭和町2-16
電話:0125-33-9061
営業:11:00~20:00
休み:--   

謎の湯

【無いもない道を進むと】
P1170112
何も無い海岸の道をチョッと歩く 車降りた瞬間から匂ってるし 怪しい水溜り 何かギラギラしてる表面と黒いタール状の付着物で怪しさ満開だね

【ギラつく表面】

単純な油臭なので心地いいが駄目な人は無理な臭い けどアンモニア臭ないから恐れることはない 
同行者は何も知らず 「わーポコポコ沸いてる」 
カメラ抱えてる間に指を突っ込んだらしい 「温かい!」と声が響く あー遣っちまったぜ キラキラしてて触りたい気持ちも分かるが 勿論この後食べた食事は一日中、指先から香る臭いで台無しなのは間違いない 

反対側には目印もあるのですが興味ない人には見えないだなこれが(笑い)
注意:付近は火気厳禁

寒い!

P1170091
桜開花したとは言え、寒い日が続く 
職場の行き帰りでみる田んぼでは、やっと田植えが始まったが、苗も震えあがってじゃないかな? 今日なんか帰宅して暖房点けたし(爆

来週からは暖かくなるらしいので、期待だね。
撮影は訪れる人もいない、山間の公園にて

芦別温泉食堂・ワンコイン

【芦別温泉食堂】
温泉は何回か訪れているものの、中休みで何時もピッと閉められたアコーデオンカーテンが引かれ中々利用できなかった。 壁に貼られたメニューが大幅に変わっていたので気にはなってた。 オープンされた壁の上のメニューはあったがやはり大幅に変更されてた。 入浴+食事で800円
ランチ限定じゃないのがいい
とお得なプランがあったので利用

【ミニ生ちらし】普通料金なら500円!!
P1170067
ワンコインの生ちらしだー 当たり前だがご飯も酢飯と立派だよ 勿論魚介は解凍だろうが普通に美味しかった。恐るべし冷凍技術

【しょう油ラーメン】普通料金なら500円!!
P1170069
透明系の塩と言ってもいい様な面構えのしょう油 メンマ・ネギ・三色ナルト・もやしとシンプル 価格故かチューシューは無いよ 出汁は豚骨ベースでしょう油で間違いない 
オリジナル出汁・スープと思うよ(自信なし) ツルッとするやや細・中縮れで札幌寄り麺だ しょう油でこの濃さなら塩ならどうなのか非常に興味があるね 透明系ながら中々の旨みがある ワンコインとは立派
以前は歴史のある木製お品書きが雰囲気を出してたが、もう見れないとなると寂しいが、施設自体が残ったことに感謝 メニューは少なくなったが応援したい
以前の紹介記事はこちら

芦別温泉食堂
住所:芦別市旭町油谷
電話:--
営業:11:00~14:00 17:00~19:00
休み:月曜
 

謎の湯

P1170054

【朽ちる施設】
P1170057
幹線道路を外れ農道をスタコラ 最後まで舗装は切れない場所 手持ちの資料の情報だけでたどり着いた 時々ドンぴしゃりで案内してくれるが、普段はオイオイとツっこみされるオチャメな相棒 相棒の話は置いといて
ここは昔 温泉だったらしい施設自体は残っているが、宿泊も出来たのかは不明 施設の裏にまわると、錆びて朽ち果てたポンプが放置 チョッと離れたところに源泉が湧き出てるが、如何せん湧出量が少なく残念 因みに泉温は8.6℃ 
資料では泉温11.1℃ 成分総計が凄かったりする。

再びピパの湯 ゆ~りん館・ランチ

【昔風スパカツ鉄板焼】
P1170043
またツルツルをもとめ行って来た入浴+ランチセット(で価格を忘れた) 私はマイブームのスパカツを選択
何が昔風なのか分かりませんが、ミートじゃなくナポリか~ その為カツにはドミグラスソースで味付け カツは厚め、レトルトぽいのが気になるが十分に美味しい。
個人的にはミートが掛かってるのが好み これに一品付けば場所に拠れば、それはトルコライスと変貌するB級グルメ楽しいな

同行者が食べたのは

ラーメン一番・美流渡

P1170004

P1170014何にも無いと言っちゃ失礼だが、本当に何も無い岩見沢の美流渡地区 唯一残ってるのが「ラーメン一番」さん 食堂好きな私は同行者を少し先の「メープルロッジ」で降ろし戻ってきた。店内は入って直ぐにカウンター横に小あがりがある。今回はカウンター利用
メニューを見るとラーメンが先頭ですが、タンメン・広東メンなんかが並び少々ビックリ 後には丼物と続く
メニュー眺めても頼むのはいつもの
【しょう油ラーメン】550円
P1170006
透明系のスープ ややゴマ油が香るアッサリ味 もやし・チャーシュー2枚・メンマ・ネギがのる しょう油ではもやしがデフォなのは少数派 麺は暖簾から推測して札幌麺かと思いきや中加水率・やや太い中縮れ麺(西山製麺) 時々遭遇する麺 
残念だったのがチャーシューが筋があり残してしまった、これがなければ毎日でも食べれる食堂 
ゴマの香りから推測すると中華系の麺類がお勧めなのかもしれない、再訪で確認しよう。

らーめん一番
住所:岩見沢市栗沢町美流渡栄町90-13
電話:0126-46-2002
営業:--
休み:--

Haa-mo(はぁーも)

P1160980

P1160981廻りは田んぼ・畑の中にあるスイーツ店「はーも」さん 
駐車場は無いので路駐ですが、駐車禁止じゃないので安心だけど注意して駐車しよう。
お目当てのアップルパイは品切れだったが、「これから焼くので取り置きしましょうか?」とのことでお願いした。

品揃えは、アップルパイ(200円)・タルト(200円)・シュークリーム(100円)・シフォンカップ(120円)・シフォンケーキ(350円)と少ないが価格はメチャお手頃
帰り道 受け取り待ちきれず車の中で開封(笑
【アップルパイ】200円
P1170016
真ん丸い形 アップルはまだリンゴぽい感じが残る味がわるくない。 アッサリ目の味 
パイを車の中で食べると悲惨なことになるが、そんなこと気にしないで一人一個ずつ完食
昨年から少し値上がりしたが、懐に優しい価格設定 店(プレハブ?)も小っちゃく出来上がりの数も少ないので直ぐに売り切れになる、夕張に抜ける道が規制解除になればもっと交通量も増えるし、帰り道に受け取ってもいい。

haa-mo(はぁーも)
住所:岩見沢市上志文町923-1
電話:--
営業:10:00~16:00
休み:火・水曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ