ニュー幸林・食事

P1170777
枝幸に行ってきた。 一応目的がありそれを済ませ、食事に向かう。目的の「一級食堂
そそられる佇まい
うーん 残念 いつ再訪しようか?
」さんは残念ながらお休みだった。
温泉も食事も出来る「ニュー幸林」さんで食事

ニュー幸林内 「海朱」(うみあけ)
P1170741
掘り炬燵のこ上がりとテーブル席でかなりのキャパですが、効率よくパーティションがあるので視線が気になることは少ない。
メニューはランチメニューが先頭 捲ると定食・丼・お子様・麺・セットと豊富で選ぶのに悩む その他にお勧めの「オホーツク干貝柱塩ラーメン 4周年記念セット」塩ラーメンに地元枝幸産 生ホタテ丼がプラスで驚きの1.000円

【オホーツク干貝柱塩ラーメン+生ホタテ丼】1.000円
P1170752

黒岳の湯・立ち寄り湯

【黒岳の湯】
P1170733
規模の大きい旅館から中規模の温泉施設が並ぶ層雲峡温泉 立ち寄り専門ならここ キャニオンモールって言ったかな (間違ったらごめんなさい)にある。 登山客の利用も多い

【内湯】
P1170729

層雲峡温泉源泉群

【源泉湧出】
P1170682
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1170686
仰々しい名前の所が所有してたりしてる。
 P1170707
こちらは♯2
  P1170710
源泉から宿に向かうパイプ達
 P1170715
あちらこちらに普通にある
 P1170711
貯湯タンクか?

直ぐ行けるからとあまり源泉探しはしていなかった。 安政4年(1854)に発見され、ライマンなども調査 塩谷温泉、国沢温泉とも呼ばれていたが大正10年(1921)に訪れた大月桂月により層雲峡と命名

今回訪れたのは、陸軍療養所層雲峡分院 後の日赤分院近辺 現在は建物のみ残る。 付近に立ち入ると硫化水素臭が漂う、腐食が進んだ鉄板の隙間からは湯気 コンクリートの蓋は熱いし、足元はグジュグジュしてる。
この奥は紅葉谷(もみじたに)の散策路 駐車場もあるので利用するのもいいだろう。
一歩散策路に踏み入ると、鬱蒼とした原生林がお出迎え
高温泉なので、入れませんが香りだけで十分満足 スニーカーで十分に行ける(爆)

いつもの場所でいつもの・・・

P1170681
最近では、有名になったね 三国シェフのお店 上野ファーム監修やらで賑わっています。
訪れる人も居なかった過去も知ってるだけに感無量
普通に道路を通る限りは、「許されざる者」のロケ地は何処にあるか分からない。
構想初期では、温泉利用する計画もあった筈 源泉は多分・・・かな?
反対側は、牧草地
このあとラップでぐるぐる巻きにしたり、そのまま保存することもある。
もちろん販売することもあり、トラックに満載された姿も良く見る
 緑のジョンディアーが、牧草を丸めてポイッと畑に置いてく 

とわ北斗・レストランさん★さん

【入り口】
P1170672
お隣鷹栖町の情報といえば、べえさんのブログを見て行てーと叫ぶ! ワンコインの響きに弱い私 閉校した「北斗小学校」を利用 
学校然とした外観とは一変店内は、ウッディーな造りで気持ちよく利用できる、なんと壁はワイン箱の板
メニューは壁の写真か券売機
夏メニュー時は、温かいそば・うどんはないので注意
で確認 券売機の先頭はしょう油ラーメン 以下そば・うどん・定食等 全てワンコイン500円 スゲーと心で叫ぶ 500円の定食が気になったのですが既に完売 で選んだのは

【しょう油ラーメン】500円
P1170662
器は、今は閉店した旭川ラーメン村でも営業してたお店 関係は不明ですが譲り受けただけかなと推測 豚骨ベース濁り系でアブラやや多め・煮干出汁でやや甘めのスープでオリジナルだろう チャーシューは一枚昔風 麺は勿論食べなれた旭川麺 須藤製麺を使用
更に小鉢(大根とみず菜のサラダ)・缶詰ながらみかんも付く

【みそラーメン】500円
P1170667
チャーシュー・ネギが偶然人の顔に見えない スープにゴマが浮くスープ 野菜は無かったと記憶(曖昧 ご勘弁) どこかで食べたような印象 食堂系だが業務用を一手間かけてる可能性もあり
店内の売店では「伝承館」の豆腐も売ってるが、訪問時は完売
全てワンコインは本当だった、更に冷えた水・麦茶・豆乳と思いきや驚きの牛乳も完備

鷹栖共生会さんは伝承館・みらい(Mirai)さんも運営 新しく旭川道の駅にもみらいさんが入るようで楽しみ。

レストランさんさん(とわ北斗内)
住所:鷹栖町14線17号
電話:0166-87-5630
営業:11:00~15:00(Lo:14:30)
休み:-- 

こぶしの湯 あつま

P1170629
てっきり温泉だと思ってた まー何時もの早とちり 遠くまで来てしまった。
同行者の冷たい視線が気になるが楽しもう 綺麗な施設で結構な利用客

【内風呂】
P1170645

【露天風呂】
P1170650
Photo book クリックで拡大 スライド内でクリックでスライド開始
P1170635
 P1170637
厚真といえば、ジンギスカンだよね 最近イチオシは豚丼らしい
特盛は凄いらしい
  P1170638
水はこだわりのレモン水

普通ならジンギスカン・お薦めの豚丼などですが、チョイスしたのは

【フレッシュトマトの冷製スパゲティー】780円
P1170642
まー冷えたパスタだね 冷たくする必要があるのかと

【冷しラーメン】780円 しょう油かゴマ選択 今回はゴマ選択
 P1170643
微妙かな? スタンダードなしょう油がいいかな

【あんかけ焼そば】750円
P1170644
最初から、からしと酢が用意

普通かな ここはお薦めを選んだ方が間違いないと思った
旭川から行くことは無いと思うが(苦笑)、普段使いの湯なら、十分満足

こぶしの湯 あつま
住所:厚真町字本郷229番地の1
電話:0145-26-7126
日帰り情報
料金:500円
時間:10:00~22:00
kobusi  

たっぷりかん・立ち寄り湯

【たっぷりかん】達布活性化センター内
P1170628

【入り口の看板】
P1170545
旧達布幼稚園を地域のディサービスセンターに活用、温泉施設は一般にも開放 小平町達布地域も旧炭鉱で栄えた、道路沿いには遺功も見えるぐらいで今は住人も減り、面影はない。 当施設も地元住民のみで、一般の利用は殆ど無いと思われる。 て言うより殆ど知られていないのが現状 十字路を少し入ったところで剥げ掛かった温泉マークが渋い。
当の私も施設・源泉があるのは知っていたが利用は初(苦笑 小平ダム近郊の湧出地点からパイプで送り車で施設まで持ってきてる 所謂ローリー湯
どらえもんのどこでもドアだ~
 冷泉とくりゃー自ずと説明は要らないぐらいでマニアは勿論目もくれない
福祉目的の施設故か、利用料金は300円と凄いことになってる。館内は思いのほか綺麗に改修されており掃除も行き届いてる印象 奥の元体育館は地元老人クラブの看板有り
利用を告げると、入り口の照明とファンスイッチON こじんまりした利用客の居ない脱衣所

【浴場】
P1170621
湯船一つのみ洗い場は4っとシンプル 体を洗い
石鹸しかないので、他は持参しよう
さっそく温泉へ 硫黄泉らしいが、殆ど匂わない 土の匂いが少々 無味・無臭・無色と特徴がないね~ 
しかし暫くするとナンと、体中がアワアワで凄いことになる いや堪らないぜ 大きくなったアワが背中を擽りながら移動する体験は久しぶり  

林道食堂・美瑛

【林道食堂】
P1170600
白金温泉郷にある源泉かけ流し民宿も兼ねた地域唯一の食堂 以前紹介したのは5年近く前 ひとっ風呂浴びる前に利用 お土産物屋も兼ねてる店内は変わりなく、メニューは十勝岳をバックにした写真から普通のメニューに変わったが、価格が変わらないとは嬉しいね。

【しょう油ラーメン】600円
P1170590
シンプルな外観 細めなメンマが特徴 豚骨ベースで優しいスープ 魚介はほんのり あぶら少なめで毎日でも食べられる味 堅めの茹で加減の麺はやや細・中縮れの旭川麺(加藤製麺製) チャーシューは以前の二枚から一枚に減ったがしっかりした昔風
同行者が頂いたのは

えび幸寿司・浜頓別

【店内】
P1170572
【外観】
P1170582食事の情報は全く持たずに来た浜頓別 昼を過ぎ腹ペコ 飛び込んだのは「えび幸寿司」さん 二階には先客がいる雰囲気ですが、一階には私達だけ こ上がりもあるがカウンター利用

何でも有りの御寿司屋さんでは無いようで、お品書き
何気に強気な価格設定ですね
の先頭は寿司・巻物・定食・丼物と続く 麺類は無いんだね(爆  まだランチタイムなので注文

【天丼】1050円 小鉢・みそ汁・漬物
P1170577
揚げたての具材に濃い目のかけ出汁 下のご飯にも滲みているのでご飯も美味しい 基本ここのお店は夜が本命なのかな?
同行者が頂いたのは 

はまとんべつ温泉 足湯

P1170553天気のいい日 意味も無くはるばる来たぜ浜頓別 実は猿払まで足を伸ばしたのだが、期待の物は無く(謎)トボトボ下ってきた。
 
更にメグミルク横から入る道路が分からず、もう一つの目的の湿原の電柱の無い一本道ナンとか道路も行けず、ガソリンを無駄に使うこんな日もある

P1170554温泉でも入り気分転換 
ウィングに向かう レストランはひとけがあるのに、正面玄関には張り紙 何と 6月16日~7月1日まで温泉工事並びに浴室改修工事とは 遣っちゃったよ(爆 
如何しましょか? 以前訪れた時は足湯は営業期間外で利用できなかったので、近くの足湯に向かう。 ボーリング井のすぐ隣

【はまとんべつ温泉 足湯】
P1170556
薄茶色の源泉 ウィングとは違い源泉かけ流し ただ改修してウィングの湯使いがそのままなのかは不明

はまとんべつ温泉 足湯
料金:無料
利用時間:10:00~18:00
利用期間:9月27日まで

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ