大八・鷹栖

【大八】
DSCF3127  DSCF3137
鷹栖の通りを通ると気になるお店 【大八】さん 何回か利用してるものの初紹介かも
私にとっては結構振られる回数が多い いまいち営業時間を知らないと言うのが正直なところ だから暖簾が出てれば入るパターンのお店 おー開いてるよ さっそく利用しよう。

【店内】
 DSCF3132
店内はカウンターとテーブル席 右にこ上がりがある。 昭和テイスト満載 思わず「ただいま」ってね。
壁のメニューを眺めると総じてお手軽な価格設定なのは以前と変わりなく、嬉しいですね。 勿論これだけではなく、壁のPOPも充実しています。 魅力的なセット物が気になりますが、やはりこれか

【しょう油ラーメン】550円
DSCF3133
透明系のスープ しょう油の香りがメイン つなぎ続けたザ・旭川ラーメンの系譜だろう。
麺は中縮れ・モチッとつるっとする中加水率麺 チャーシューは脂身が三割ほどのバラ肉と思われるがホロッとする脂としっかりの赤身のバランスが好み メンマとちょっとショボイ葱がのる。 入店時はこ上がりの先客と私だけでしたが、お昼になるとぞくぞくと席が埋まり、食事を済ませ出る時にはほぼ埋まってしまう、地元に愛されてる。
これからも永らく続けていただきたいお店

大八食堂
住所:鷹栖町北1条1丁目2-3
電話:0166-87-2034
営業:11:00~19:00
休み:日曜・祝日

田植えも終盤だね。

【近郊の風景】
DSCF3124
田植えも追込み中 昔,就活中派遣で市内近郊・沼田・深川・東川 頑張りすぎて腰遣っちゃった過去が、懐かしいかな。
 
北海道 美味しい物の宝庫  まだまだ紹介は足りないよね。 知らないお店は何軒あるのだろう?
何回も訪れ、今だ暖簾をくぐれないお店があります、はたして今年は利用できるのか神のみぞ知る。

ポロ・芦別

【ポロ】
DSCF3060

DSCF3076      DSCF3050
芦別の老舗レストラン 今回初めて利用しました。 お昼過ぎでほぼ満席で、おばさま度は高くおじさま一人の場合は相当な心意気でないと落ち着けません(爆 同行者がいてよかった。 
店内はこじんまりしてますが、適度のスペースがあり落ち着ける配置 人気の蟹パスタ(残念ながら完売)のメニューとランチセットを含むお手軽メニュー 選んだのは

【パスタランチセット】1.300円 Mサイズ スープ・パン・デザート・コーヒー付
DSCF3064

DSCF3070
暖かいパンとチョット癖のあるオリーブオイルとコンソメスープ
パスタの説明聞いてますが忘れてしまいました。 平たいパスタにトマトベースのソース
ペロッといただき
【デザート】
DSCF3071
なんとかのムースだった筈(笑
同行者だ選んだのは

大勝・和寒

【交差点の看板】
DSCF3025
和寒の町入ってすぐの右折し、踏切を渡るとまもなく見える。 世代を重ねながら長らく続いたお店が暖簾を下ろしたのは2012年の8月 再開の話を聞いたのは二年後の2014年8月 半信半疑ながらそれは現実だった。
中々行くことが出来ずにいたのですが、やっと行くことができた、ラーメン丼の看板esさんの情報に依りますと、同じ町内の都さんから譲り受けたとのことです。
店内はほぼ変わらず以前のままで迎えてくれた。

【しょう油ラーメン】600円
DSCF3020
使い込まれた器 濁り系のスープ 香る魚介 待ってたよ。 スープは豚骨ベースですが、ちょっと魚介系がワイルドな感じに変わったかなと思うが、勿論高レベルな出来上がりには一安心 麺は変わらなく固めの茹で加減が嬉しい、チャーシューも味が濃い目の昔風 
12:30頃に入店、まもなくスープが無くなり暖簾は店内収納 その後訪れた方は残念な結果に 利用時にも依りますが早めに訪れるのがいいかと思います。

大勝
住所:和寒町東町13
営業:11:00~14:00
休み:不定休


500マイル・朝食

【朝食】
DSCF2992
基本既成品は極力少なくする姿勢が朝食にも見える。

【椎茸のホイル蒸し】                   【焼き魚】
DSCF2993  DSCF2996

DSCF2997
地元食材が基本の料理は朝食にも溢れる。 
とろろと岩のり?」・「昆布の佃煮」・「野菜の煮浸し」 安定な料理で食が進む。 日付が変わるまで痛飲しても目覚めは快調なのは温泉効果なのは謎 こちらの宿はセルフが基本でそれも楽しもう。
温泉猫は3匹 動物嫌いな人でも多分気にならない程の距離感を保つ気立てのいい性格の猫達(猫1猫2) 今回利用価格は、8,900円

民宿利用は営業の常宿・工事関係の長期利用によって支えられてる筈 毎日同じ料理も提供出来ず、且つお酒も飲む利用者 ここで鍛えられた料理は、利用しない私たちの想像以上のレベルにいってるかもしれないね。
現在万全な状態の私じゃないですが、不自由なく温泉を利用できるようになれば、温泉は立ち寄り湯 泊りは民宿というパターンも面白いかもしれない。まーその前に先立つものが要りますが(爆

●民宿500マイル
住所:白老町字虎杖浜2-4
電話:0144-87-2682(8:00~21:00)
日帰り入浴(予約制)有り
民宿500マイルブログ

 

500マイル・夕食

夕食前に、「お話盛り上がってる様ですが」、どーんと 届く
【話休めのカニ】
DSCF2943
美味しいよね まーカニをほじりだすと無言になるのは皆同じ

【夕食】 
DSCF2946
6時ごろに今宵の夕食が登場  食事は一気だしですべて部屋食 仲間の会話も盛り上がる。 

500マイル・温泉

【露天風呂】
露天風呂
かすかに見える漁火
 DSCF2965

クリックで拡大↑
【内風呂】
 DSCF2977
館内には露天風呂一つ・内風呂二つあり、広くはないのですが其々鍵が付いており、貸切で利用できます。 大きさのことなる内風呂もいいですが、潮風・波音が直に感じる露天がお気に入りで長湯になりがちなのが難点、他の利用者のことも考えて程々に
露天の脱衣所には小さな籐椅子があり、火照った体を休めることが出来ます。 湯船に体を預け、暫くすると細かい気泡がまとわりそれは気持ちのいい湯(過去には泡付きは無かったと思うが・・・) 目線の先は水仙と内浦湾 やや赤みのある源泉・中ツル・金気も感じる源泉かけ流しの湯
尚:温泉分析表撮影した筈なのに見つからず、過去のはあるのですが掲載しても仕方ないので今回は諦めました。
久しぶりの宿泊で、いまいち調子が悪い私

民宿500マイル・宿泊

DSCF2932.
お昼を頂き 更に散策を続けた。 
学生時代ちょっとイカれた4人で一軒家(と言ってもトタン張りのボロ家を格安で)を借り、今思えばバカなことしまくった、もう時効だろう(爆 
今回道外在住の一人は参加出来ず、三名が合流 連絡は取り合ってたもののリアルでは何年ぶりだろう。
宿は虎杖浜の「民宿500マイル」 当ブログでは紹介はしていないのですが、個人的には三回目の利用になります。 勝手知ったる宿と何時もの元気な女将がお出迎え キーを渡され自力で部屋へ

【二階の海を望む部屋】
DSCF2919
オーシャンビュのお部屋・波音 落ち着く。 部屋には液晶テレビ・電気ポット・タオルセット 長期利用もある民宿なのでマンガ本・洗濯ポールとハンガー 部屋毎には冷蔵庫は無く共同利用の冷蔵庫が廊下に 尚コーヒーもインスタントながら無料で完備! 布団は利用客自ら敷くスタイル
久しぶりの温泉宿泊 書く手順忘れてしまい、自分のブログ読み返してしまった(爆

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ