かつや食堂

【かつや食堂】
P2210018
何回も利用していますが初紹介 何時ものように家族連れやサラリーマンで賑わっています。 明るい店内でとても気持ちよく利用できます。 以前のカラフルなメニューから変わったようで新メニュー見てみると、少し値上がりしていますが、許容範囲で嬉しいです。

【ラーメンセット】850円 ラーメン+ミニカレー
P2210007
普通サイズしょう油ラーメンとミニのカレーはセット鉄板 他のセットは残念ながら丼が普通でラーメンがミニなのでこちらを注文
脂は少なめ 中濁り 魚介も感じる旭川食堂系 麺はやや中加水率の旭川麺 チャーシューは大きめなのが一枚でチョッとパサパサしてたのが残念 カレーは懐かしい味で誰にも好かれると思います。
同行者が選んだのは

【みそラーメン】700円
P2210008

【こがし黒醤油ラーメン】700円
P2210010
この二品 残念ながら私には回って来ることは無く コメント出来ないので画像から想像(苦笑 味噌もさることながら、黒醤油が気になります。

かつや食堂
住所:旭川市末広1条4-2-1
電話:0166-51-9325
営業:11:00~21:00
休み:火曜
  

せいわ温泉ルオント

【せいわ温泉ルオント】
P2130059

【フロントと売店】
P2130032
過去紹介は 2008/12/30 2011/08/04の二回ですが、普通に利用しています。 歴史を紐解けば前身は、1918年に政和温泉がはじまる。 その後一旦廃業 1960年に町が鉱泉を調べたところ温泉と確認 1962年に新政和温泉を設立 現施設「ルオント」に繋がる。 
 
旧温泉はJR「深名線」のその名も道路を跨いだところに在った「政和温泉駅」の場所近辺と思われるが、利用したことが無く不明  情報を探すも新「ルオント」は旧鉱泉が枯れ新たに見つけた源泉? 或いはボーリングかいまだに不明の鉱泉
私としても不明なことが多い鉱泉、情報お待ちしています。  町史でも漁れば判明するのかな?

休憩所やら、発見!ラーメンPOP、何故かまた食べたそば
せいろそば 700円
これはこれで美味しいと思います。 先に紹介のお店が混んでたらこちらに変えてもいいよね。
メニューなんか見ながら温泉に こちらの源泉は、ころころ変わるのが楽しみ今回はどうでしょうか

【露天風呂】
P2130054
真っ赤な色だった時もありましたが、今回はやや濁りながらも底が見える湯の加減 平成21年の温泉分析書では弱塩化物泉なのですが、口に含んだ感じでは金気とかなりの塩分 その日の源泉の気分で変わる地球からの贈り物

平成19年の温泉法の規定が変更「温泉分析書」は10年毎に新たに分析書を更新しなければならないと規定されました。 お金もかかる事だし、遵守するかどうかは不明ですが(笑  所々色あせ年季の入った分析書も大好きですが、成分の遍歴も見てみたいのも事実 両方掲示してくれれば最高なのですが

せいわ温泉ルオント
立ち寄り湯情報
営業:10:00~21:00
料金:500円
休み:--

八右ヱ門・幌加内

【八右ヱ門】
P2130026

【店内】
P2130001
2008年から紹介して今回で5回目 2008/12/28 2009/04/27 2012/11/03 2014/10/30コンスタントに利用してる。 やや早めに着き車の中で暖簾を掛けるのを待とう 待望の開店  店内は変わりないね 注文を決める間に、テーブル席は満席出る頃には入り口右の座敷も満席・・・恐るべし【八右ヱ門】
メニューを見ると価格は変わらないものの、新メニューもあるので次回の注文に参考にしてみては 「かつ丼」も登場 うーん気になる

【玉子丼セット】800円
P2130022
半熟より硬めのとじ玉子は好み 汁だくタイプだ ミニながら蕎麦更科系は、何時もの美味しさ このレベルと価格は間違いなくお勧めです。  
同行者が選んだのは

【たぬきそば】780円
P2130016

【二色もり】900円
P2130019
たぬきは更科系の麺 二色もりは更科と十割田舎そば きりっとした出汁と冷水でしめられたそばは私好み
暖簾が上がればすぐ満員 そうなると注文しても一時間待ちは覚悟 開店の前に並べる地元の強さに感謝 そして八右ヱ門さんに感謝

八右ヱ門
住所:幌加内町字幌加内
電話:0165-35-3521
営業:11:30~17:00(売切れ次第終了)
休み:4~11月 木曜
   :12~3月 木曜・第2・4水曜

チロルの湯・歌志内

【内風呂】
P2110038

【露天風呂】
 P2110039

【雪景色かただの豪雪】
P2110042
赤平で食事の後は、何処に行こうか? トンネル抜けて向かったのは隣町の歌志内 「おばちゃんラーメン」のあかしさんも暖簾をおろしてから、訪れるところは正直「チロルの湯」と道の駅しか無くなったのが残念 温泉マニアとしては道すがらのあそこの硫黄臭(鼻・クンクン) 何回も紹介してると思いきや、何故か初紹介(爆
空知地区にある旧炭鉱街の温泉は、密閉した坑口由来の冷鉱泉がほとんど ここも然り この施設の前身「サンレイ温泉」跡に造られ、旧坑口から湧き出す冷鉱泉を利用
サンレイ温泉の源泉

湯は無味・無色 微ツル 内風呂はやや熱め 閉鎖的な露天は雪がどっさり、やや情緒がありませんがぬるめで、じっくりと味わえます。 脱衣場も更新したり、レストランもあるのでここでHoっとしては?

チロルの湯
住所:歌志内市字中村78番地3
電話:0125-42-5588
立ち寄り湯
営業:6:00~8:00(朝風呂)
   :10:00~22:00
料金:500円 
tiroru  

珍来・赤平

【珍来】
P2110021

【店内】
P2110005
赤平の28号から一本入る「やすらい通り」のお店 元炭鉱マンだった先代が1961(昭和36年)に創業 地元民ではありませんが何故か吸い寄せられている一人です。 過去記事 2010/04/27 2013/11/09 2014/11/05 暖簾も新調してるし、頑張っています。 店内も変わりなくカウンターのでかいメニューも変わりないね。 この店でそばを食べていないのに気づく で注文したのは

【玉子とじそば】600円
P2110014
フワッとしたたまご 麺は好きな更科系 やや甘口のスープ 値のはる専門店と比較するのは酷ですが、普通に美味しく頂けます。 そばを啜ってると帰省したと思われる孫と地元の爺さんが来店 ほんわかな時間が過ぎる。 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】600円
P2110016

【みそラーメン】600円
P2110015
安定した味 ホッとする。 しかもしょう油とみそが単体で出てきたら殆ど区別できないのも何時もの通り(爆 家に帰って画像見てたら気づいた、器が違う・・・(遅すぎ) 龍の絵柄は同じなのですが、渦巻きタイプ(雷文)がしょう油  喜が二つ(双喜文)が味噌 じゃ塩は・・・ 残念ながらまだ未食 うわーこれは気になります。
情報ですが、「珍来軒」さんの向かいあり、一回しか紹介できなく心配してた「三八」さんが更地になっていたのが非常に残念 

珍来
住所:赤平市大町1丁目 2−23
電話:0125-32-2628
営業:11:00~19:00
休み:毎月7・17・27日 

京ラーメン・市内

【京ラーメン】
P2100038
駅前からロータリー近くまで進んでくると 流石に手が凍えた。 赤い看板に引き込まれてしまう 開店当時食べて以来 って何年前か画像ないし味も記憶になかったり・・・ 店内はおぼろげにある配置 テーブル席とカウンター 奥にこ上がり
入店してからレンズの曇りと戦いながら、メニューを見てみよう。 思いのほかメニューが多いよね セットやらランチ またメニューに載らない物
おー凄いね このPOPは・・・ メニューじゃなく一品もののPOP
もあったり で注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P2100029
半透明系のスープ 豚骨ベースでほんわか醤油奥に感じる魚介 麺は黄色っぽく・テカツル・中加水率・中細・中縮れの麺はなんとか旭川麺かな? チャーシューは二枚、厚みがあり箸で持つことが可能な濃い味付けで 美味しいです。 価格は良心的 
今も守り続ける食堂、今をチャレンジするお店が混在する旭川ラーメンは熱い 新規開店・閉店も多く回りきれないのが実情
中々来れないお店ですが、専用駐車場もあるのを知って気軽に利用できそう。

三代目 京ラーメン
住所:旭川市7条通7丁目
電話:0166-23-9840
営業:11:00~20:00
休み:第1・第2日曜

2016年 氷彫刻世界大会

【2016年 氷彫刻世界大会】
P2100043
りんご
P2100093

↑クリックで拡大します。
毎年開催される 「氷彫刻世界大会」 朝通勤するときに製作現場を車の中からチラッと見るぐらい 仕事の帰り道にサーチライトが駅裏(忠別川側)から照らせれてるのが気になり、バスに乗り見に行った。 氷・・・難しい こんなに思い通りのアングル取れないとは思わなかった。 全体撮るのは面白くないと思い、切り取ることに専念したが酷いもので。 撃沈 
サーチライトを探しに駅に向かうとしよう。 カメラ片手の人多数の中観光客も大勢 とんでもない望遠レンズの方見かける 来年はもう少しブログに紹介できるようにしなきゃ。   

龍宝・市内

【龍宝】
P2070037
年季を感じさせる 今でもご近所に愛されるお店 展開は意外に狭い L字のカウンターとこ上がり ご夫婦が今日も厨房と出前に忙しそう。 テーブルのメニューを見てみよう。 価格は前回と変わっていません。 あんかけ系が有名なので今回は

【広東麺】700円
P2070022
龍宝流のねぎが乗る 実はこの切り方はありで大好き 多分オーナーの基礎は中華なのかなと想像 しょう油ベースに固めのあんがからみ、クタッとしてない野菜達の絶妙なバランス 麺は前回とは変わったのかな? やや細・強縮れ・中加水率の麺 強めのあんは食べ進むうちにスープに溶け出しいい塩梅 
チャーシューも、あんの中にも炒めた豚肉もありお得感UP! 次回は念願の「あんかけ焼きそば」に決定だね っていつ(爆

龍宝
住所:旭川市2条18丁目
電話:0166-33-6723
営業:11:30~20:00 (14:00~17:00中休み)
休み:不定休

梅光軒・南

【梅光軒・南】

古くからある「梅光軒・南店」 最近はまったく利用していなかった。 「本店」でなるほど、評判の「末広店」でこれか・・、と納得で、足が遠のく 「神居店」暫く通ったな・・・何時しか味が変わった。 最近「東光店」を利用 これが美味しく今回は「南店」に行ってみた。

佇まいは変わらないと思う 店内も・・・(爆
【店内】 

L字のカウンターとこ上がり 若目のお嬢さんが厨房に一人 メニューは各店舗でデザインは変わるものの価格は変わらない。 今回注文したのは

【しょう油ラーメン】750円

塩を頼む筈が、なぜかしょう油と言っていた イケナイイケナイ今年のテーマ「違うものを食べよう」がすでに脱線状態! 注文しちゃったし まーいいか
いつもの面構えは変わりない 豚骨ベースに魚介系は感じるが東光店から比べると大人し目かな 私はもう少し濃い目が好きなので、次回は味濃い目で注文ですね。 
麺はやや太・強縮れの自家製梅光麺がいい メンマはぶっとい 崩れる一歩手前のチャーシューも中々 ネギは葉部中心
同じ暖簾でも微妙な違いをがあるし、本店直営と思われる「道の駅店」も何故か本店より美味しかったりしてね。 テーブルの上に味を自分で調整する味噌があったり 他の店でも在るのでしょうか? また宿題が増える。

梅光軒 南店
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
 出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜

東警察署・市内

【東警察署】
P1200377

P1200376 前回の中央警察署ポリス麺に続き また出頭してまいりました。
 
出頭仲間のjetsさんが撃沈した模様、その時の記事はこちら ある筈のラーメンが「何とかフェアー」でメニューから消えていた!!
これはリベンジしなきゃ行けない。 リベンジと言ってもこちらは普通の民間人 全うな生活してれば本当にいつもご苦労様ですと言いたい。
今回は食堂が目的なのですが、最近手に入れた一眼スタイルミラーレスのカメラはチョッと持ち込むには躊躇して以前使用してたコンデジを手に伺いました、無用な職質は避けたい。
入り口ではカウンターの女性の横に屈強な男性署員が目を光らせており、館内の案内板なんか見てると質問されそうなので、若いカウンターの女性に食堂の場所をササッと聞いちゃいました。 「左奥にあります。」
左に進むと「売店」がありその奥に「食堂」の案内板が見えます。  食堂入り口には本日のセットメニューは「焼き鳥丼+かけそば」550円 安いぜポリス食堂! 券売機を探したのですが見えないので、廊下に戻り廊下側にありました、メニューの赤いランプは注文でき無い料理 赤ランプが付いてますが「特ラーメン」が気になります、また500とか600円券も不明ですね

【食堂】
P1200358
片側が窓で明るい いろんなテーブルと椅子で構成 今回選んだのは

【しょう油ラーメン】400円
P1200364
黒い丼に引いちゃいますが、そば・うどんと同じかもしれませんね 魚介系は感じなく可もなく不可もない味 シダックスが運営してるので専用のオーダースープでしょうね。 麺は中太・中加水率・中縮れ旭川麺と札幌麺の中間とこれまた捉えどころが無かったり
チャーシューは薄くてショボいのが一枚 つっこみ満載のラーメンですが400円と驚きの価格の前では言葉は要らないだろう それにしても安すぎの価格には驚き かつカレーが530円なんてあり得ない お巡りさん良いな~

東署食堂 名称が見つからなかったので勝手に付けました
住所:旭川市1条通25丁目487番地の6
電話:--
営業:11:30~13:30 署内出前あり
休み:--

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ