すみれ・北海道ラーメン紀行 第一弾

【すみれ・@Feeeal旭川】
     【辛醤油ラーメン】                        【味噌ラーメン】
辛醤油ラーメン
辛醤油ラーメン 890円
 味噌ラーメン
味噌ラーメン 870円

↑クリックで画像拡大
今月から始まった企画「北海道ラーメン紀行」第一弾 札幌の「すみれ」 平日の6時過ぎ 席は8割埋まっていますが、次から次と来店 メニューを見てみよう 札幌の価格なのでしょうか、はっきり言って高いよね。 
【辛醤油ラーメン】海苔の上には辛味噌が乗る 全て溶くと結構辛い 麺は太く・平打ち麺・中加水率 これは美味しい麺ですね毛嫌いしてたことを反省 チャーシューは大きいのが一枚 ホロホロでは無く箸で持っても崩れないタイプ
【みそラーメン】濃厚らしいスープを一口香りがいいですね。 思いのほか普通にいただく 麺は強縮れの札幌麺、チャーシューはなく底にはひき肉とチャーシューの細切れが鎮座
何はともあれ、地元で道内のラーメンが食べれる企画 今後が楽しみ。 

散歩

P3280058-1.jpg
↑クリックで画像拡大

らーめんスバル・鷹栖

【らーめんスバル】

鷹栖町北野のラーメン専門店 主要道路から一本入るので、非常に分かりづらい 前回紹介は2009/06/16で7年前にもなります。 店内はカウンターとテーブル席で変わらず犬の写真があります。 価格を書き換えてるメニュー
しょう油600円 塩600円 味噌650円
は見にくいですがカウンターの上に掲示、7年前と比べても50円しか値上げしていません。 餃子のセットや激辛なんかも在るようです。 で注文したのは

【塩ラーメン】600円

透明できれいなスープです。 脂は少なめでレンズが曇ります。 レンゲで一口 やさしい味 魚介系は少なめ 雑味も無くスッキリした味 のみ進むと甘さ・旨みを感じます。 
麺は細く・やや加水有り・中縮れで勿論旭川麺の範疇  昔風でしっかりタイプのチャーシューが二枚で厚めなのがうれしい。
場所に恵まれてる訳でもなく、あえてラーメン専門店で暖簾をあげる、地元に密着したお店のレベルの高さを再確認

らーめんスバル
住所:鷹栖町北野東3条1丁目4-8
電話:0166-87-3086
営業:11:00~20:00
休み:第1日曜・第3月曜・第4水曜
    休みが変則的 休みが増えたので注意

行き止まりの先に

【先が雪で通行止め】
雪道
↑クリックで画像拡大
天気のいい休日 体を休める時間にすればいいのに、じっとしていられない。 どこに行こうか決めるなんて野暮 取りあえず車を走らせよう。 1車線だけ除雪した道を発見  進む・・・進む・・・ すれ違うスペースも無く対向車が来たらアウト このまま枝道も無ければ最悪バックで戻らなくちゃいけないけど そこは場数を経験した私 除雪が入ったって事は絶対どこかに抜ける筈、最悪でも除雪車もUターンしてるスペースはあるのは確実
結果は行き止まりで 想像通りスペースがありUターン出来ました。 ここまで来たので撮影ポイントなんて探してみるけど早々見つかるわけも無い。 適当にパシャ

木立の陰影
カメラのアートフィルターって面白いよね。 ただ加工に時間を掛けるのは本末転倒 撮影時に時間掛けなきゃと思うこの頃
どこを切り取るかはその人のセンス センス無いのを自覚(笑い
↑クリックで画像拡大

ちゃい・美瑛

丘のまちのちゅうか屋さん ちゃい】



以前は食堂だった場所の筈 利用したことあり  久しぶりに前を通ると中華屋さんがオープン お店裏の駐車スペースにもぐり込んだ。 店内はカウンターとこ上がり 狭いよキャパ16名ぐらいかな。 こ上がり満席 カウンターを利用
メニューの1面はご飯物 裏は麺類 少ないので悩むことは無いね。 オーナー1人で調理・対応で「少々時間が掛かりますがよろしいですか?」 勿論OK じゃそこらへんをパシャパシャしながらノンビリ待ちましょうか 注文したのは

【坦々麺】800円

注文する時に、「辛目ですが大丈夫ですか」の確認あり 神楽三平のみそで鍛えた舌 勿論デフォでOK 正直坦々麺なんて率先して食べないのでドキドキもの(笑 
赤いスープが覆う ゴマ 辛味の山椒・自家製ラー油で香り豊か・辛さは程よい  濃厚なスープと旨み・後を引くラー油と爽やかな山椒の辛味・・・これは美味しいですね。 
麺は細め・ストレート・多加水麺が合う。 同行者が選んだのは

【五目あんかけ焼きそば】700円

醤油ベースの味付け 持ち上げるのは難しい位に餡は強め。 やや細・中縮れの麺を茹で上げてから両面?焼き目 同行者はメニューに餡かけがあると間違いなく注文する餡かけマニア 最近ではベスト!! らしい。

【中華丼】700円

餡かけは,同じ 勿論下にはご飯が鎮座 ご飯物にはもう少しゆるめの餡が好みかな お客さんは来るは、接客はしなきゃと大将は大忙し。 
メニューを見て おーっとなった方いるよね 「えいとラーメン」650円 小学生以下って・・・ 会計後ご主人に聞くと「えいと」君の為のメニューで、彼は玉子アレルギーで麺も玉子を使わないオーダー麺で、元々多くは用意していないので、わーと注文したら無くなっちゃうとのこと これは親戚の粉子(麺大好き)なチビいるので連れて行くかと オヤジは現在計画中(笑
お店のFacebookには美味しいそうな料理が・・・ 夜メニューだね。

丘のまちのちゅうか屋さん ちゃい】
住所:美瑛町旭町1-1-4
電話:0166-73-9621
営業:11:00~15:00 18:00~20:30
休み:日曜 

正月庵・市内

【正月庵】



忠和にあるお蕎麦屋さん 創業してから12年目 前回紹介から7年目も経っています。
店内はほぼ変わっていない、カウンターのある座席テーブルはチョッと高くなりテーブル席に変わっていました。 メニューを見てみよう。 7年前の価格と比べて僅かな値上げに収まっているのはうれしいと言うより驚きです。 オープンキッチンから眺めるご夫婦の所作を見てるだけで期待が高まります。

【ざるそば 大盛り】660円+160円 

中々の大盛りバージョン(1,5倍) 音威子府咲来の三好農場の北厳蕎麦を使用 十割蕎麦ながら腰が強よさは変わらなく美味しいです。 更科と田舎の中間と思われますがそのコシの強さ故 当然ワシワシ食べるスタイルになる。 大きなお世話ですが、隣の席のお上品な奥様達もっとワシワシ食べなきゃ・・・ と思ったり(笑

【つけ鴨なん】1100円

大好きな 鴨せいろとも言う 
鴨の脂と焼き目の付いたネギの香りが堪りません。独特の器も同じで最後にひっくり返した蓋を使って蕎麦湯の〆

【かけそば】700円

シンプルながら基本のかけ 温かくても負けない腰の強さ 美味しいです。
最後に何時ものように、羊羹で〆るのがうれしい。

手打ち蕎麦 正月庵
住所:旭川市忠和3条6丁目2-22
電話:0166-63-0371
営業:11:30~15:00 売り切れ仕舞いあり
休み:月曜・火曜・水曜・木曜 休みが増えたようなのでご注意ください。 

一茶・市内

【一茶】

緑ヶ丘地区のお蕎麦屋さん 一月に紹介した「昇龍」さんが暖簾を降ろした 知ったのはオフ会 利用時に張り紙も無かったので驚いた。 今は見る影もなくなったのがさびしい。 
緑ヶ丘地区の商店街だった地区もさびしくなった、ラーメンを提供するお店は今回紹介する「一茶」さんのみになった。 グリーンプラザ内あるお蕎麦屋さん 思いのほかコンパクトな店内はテーブル席とこ上がり 暖簾をくぐる前は、そばと決めていたのにメニューを見て注文したのは

【しょう油ラーメン】600円

透明系のスープ 脂は少なめ 魚介系と表現するより和風が香る そばのかえしではないラーメン屋の出汁 何時も思う蕎麦屋のラーメンは安心のThe旭川ラーメン 麺はやや細め・やや強め縮れ・低加水率の麺 チャーシューは薄めながら大きい昔風一枚 流行に流されない地元密着蕎麦屋のラーメンも侮れない。

一茶
住所:旭川市緑ヶ丘3条3丁目 グリーンプラザ内
電話:0166-65-2657
営業:11:00~20:30
休み:火曜

ほくれいロッジ・ぴっぷスキー場

【ほくれいロッジ】
P3120024.jpg雪番屋からチョッと上 ほくれいロッジ 過去記事は2013/12/28 しょう油ラーメンでしたね。 って画像おかしいし(直しておきます) 注文は券売機なのは変わりなく、値段も変わらない壁のメニュー

【しおラーメン】550円
P3120026.jpg
底も何とか見えそうな透明系のスープ  魚介系は感じない、旨みも程よくある、塩分は強め 麺は北海製麺さんの多加水率・細め・中縮れ麺 チャーシューは大きめなのが一枚 チョッとオーダースープっぽい感じですが、550円だもの中々のレベル 
ただチャーシューの出来が今一なのが何とも残念 
スキーウエアーも着ないおっさんカメラ片手に食べる私はかなりの不審人物のようで、厨房から出てきたおっちゃんと暫し会話(職質?)爆

ほくれいロッジ
 住所:比布町北7線17号
電話:0166-85-2399
営業:--
休み:--
ぴっぷスキー場の営業・時間と連動してると思われるので、詳細はこちらをクリック


雪番屋・比布

【雪番屋】
P3120014-horz.jpg
比布スキー場の食事処 ニジマスをスキー場の近くで養殖してるかたが、スキー場のオープンしてる時期のみ営業 ワンコインのニジマス丼 実は何がイクラとかマスコとか結構突っ込みどころがあり割愛   まー私としては大きければイクラ 小さければマスコで解決(爆  
以前訪れたのは、2011/02/20 2013/02/03 2013/12/26です。
最近行ってないな~と  そんな中勢力的にまわられてるesさんから、なんとラーメン登場との情報 早速伺いましたよ  カップ麺を売ってた売店も無くなったんだね、スッキリしたというか雑多感が無くなった店内  メニュー
ここのもワールドワイドな表記は時代だね
はすべて500円 ワンコインが変わらないのは凄いです。
 
【しょう油ラーメン】500円
P3120007.jpg
メニューと違う黒いスープですが許容範囲 油は少ない スープを一口 ラーメンと思った味は強烈でした。 和風味・・・表現すれば駅そばをやや薄めて油プラスか これってラーメンか? 麺は高加水の中太・ストレート麺 もちっとした自家製チャーシュー二枚 突っ込み所満載のラーメン(爆 ワンコインだもの  勿論同行者が食べたのは

【ニジマスのいくら丼】+あら汁+漬物500円
P3120004.jpg
こちらの変わらない鉄板メニュー 間違いなしだね。 贅沢な望みなのですが +100円でいくら増量なんてあると超うれしい。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---  

名もないラーメン屋・市内

【名もないラーメン屋】
P3110111.jpg
最初開店したのは、金星橋近くでしたよね。 カメラも持っていなかった時期なので画像は在りませんが、おいしかったと記憶 その後閉店してこちらに移転 数回利用しましたが、チョッと味が落ちたかなと思いその後足が遠のく
無性にラーメンが食べたくなった日伺った 店内はカウンターとテーブル席でコンパクト カウンターに座りメニューを手に取り注文しようか ランチサービス・ランチセットなんかもあるんだね。

【しょう油ラーメン】700円
P3110104.jpg
美味しそうじゃありませんか 香りがいいね。 半濁のスープの上には油が浮く これは熱そうなので注意して一口 塩分が多いが豚骨ベース旨みが半端なくどれかが主張しないバランス これは美味しいですね。 
天金系列と言われるが納得 天金4条は藤原製麺でしたがこちらは旭川製麺の中加水率・やや細・中縮れが硬めの茹で加減がいい メンマとねぎ 薄めのチャーシューは二枚 スープの塩分が濃い分物足りない味付けなのが残念 一枚でいいからその分厚くしたほうが良いんじゃね。 チャーシューの小言はありますが、今まで避けていたのが悔やまれるラーメン 
仕事場から近いので帰りに利用できるお店になりそうな予感

名もないラーメン屋
住所:旭川市豊岡14条7
電話:0166-32-3065
営業:11:00~20:00
休み:水曜

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ