味の三平・豊岡

【味の三平・豊岡店】
P5260014
真っ赤な激辛の幟がはためく三平 東警察署横 駐車場はお店の前ですが、ちょっと止めづらいので注意 店内は思いのほかコンパクト カウンターに座りメニューを見てみよう。 激辛みそが売りなのは分かってるが最近食べてないし、すこし不安がよぎるので オーナーと相談してちょい辛注文して行ける様なら辛味追加できるとのことで

【ちょい辛みそ】800円 唐辛子×1
P5260008
本店のみそは昔食べてるので、余裕のフォルム 一口目は大丈夫で。 これならハーフでも大丈夫かなと思っていましたが、食べ進むと結構口の中はファイアー状態 耐性も落ちたものだ(爆 
麺は白肌・細め・強縮れ・低加水の旭川麺のバリカタ 旨み・タレ・塩分共に豊かでとても美味しいと思います。 カメラ片手にしていても、気軽に声掛けてくれる旦那

旭川三平系ラーメン久しぶりに食べましたが、長年地元に愛されてるだけあってその実力は確かな物と確認
唐辛子×???のスペシャル絶対無理 ハーフでも撃沈と思う。

味の三平・豊岡
住所:旭川市豊岡2条1丁目
電話:0166-34-6001
営業:11:00~14:00 17:00~20:00
休み:水曜

夢風泉

【夢風泉】
P5220059.jpg
近くに来たから寄ってみよう。過去記事:2009/01 2014/08と紹介は少ないが、何回訪れたことか フロントの券売機でお支払い ちょっと値上がりしていますが400円と頑張っています。 宿泊料も券売機で支払うようですが、6.700円も受け付けるのかこの券売機
脱衣場の奥に待望の浴場

【浴場】
P5220053.jpg
タイル張りの湯船がとても良いと思います。 無色透明微硫黄の源泉がかけ流し 勿論蛇口からも源泉が惜しげもなく利用
前に紹介した寿苑と同じ源泉を使用していますが、微妙ですが何故かこちらの方がツルツル度は高くかんじます。 これも温泉の不思議 
滝の湯地区は紹介していますが、温根湯地区は紹介していないよね 事実一軒も利用したことがない偏りに気づく 現在三軒か~いつ紹介できるのか 多分無いかな(爆 
つつじ荘は狙っていますが現在15:00以降の利用なのでチョッと困難店
   

寿苑・滝の湯

【寿苑】
P5220044

【看板】
 P5220046寿苑(ことぶきえん)と聞いて「あそこね」って分かる方は、なかなかのマニア様 石北峠を下り、温根湯手前の滝の湯地区知ってるだけで中々で、その中のマニア向け立ち寄り・自炊宿

見ての通り建物は年代物 これを草臥れてると思うかカッコイーと思うかは自由 私はカッコイー派
前まで来て引き返す人も多数と思われるが、ここは引き戸を開け「こんにちは」と声を掛けることを進める。
ただ付き合い始めたばかりの新米カップルにはお勧めしない。

玄関の引き戸をあけお邪魔しよう、ここは入り口でも、受付でもない、ましてフロント、ロビーでもない、玄関と呼びたい。 テーブルの上にはご主人が居ないときの料金箱と、案内チラシも完備
右の戸を抜けるとソファーと温泉の入り口になってる、脱衣所には暖簾を掛かってるだけかと思いきや、ちゃんと引き戸もあるのでご婦人もご安心下さい。 ただ滅茶苦茶狭いので注意

【浴槽】 
P5220029
きれいな湯船ですね 浴槽の蛇口と洗面用の蛇口から手付かずの源泉が流れ続けます。 タイルの浴槽 男女を分けるのはガラスブロックこれが味がある。
色つきガラスはレトロな浴場では暫し遭遇する、しかも昔は混浴で敷居を増築したのか、女湯とは一部繋がっているこれも時々遭遇するアイテム 勿論自炊の調理場は思いのほか充実で安心

源泉は滝ノ湯2号井、滝ノ湯3号井の混合泉
泉温:44.1℃ pH9.64 単純硫黄泉 低張性アルカリ性高温泉
湯使い:加水・加温・循環・薬剤なし
私感ですが、道内屈指のつるつるは変わらない、いつまでも変わらず迎えてくださいね。

湯治温泉 寿苑
立ち寄り情報
 時間:9:00~21:00
 料金:250円
素泊まり情報
 夏:2.500円
 冬:2.800円 持込OK 自炊可
休み:無休 

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ