粉もんず・市内

P7100002
いまいち営業形態が分からないのですが、ランチ時のみラーメン提供するらしい「麺屋 粉もんず」さんの暖簾をくぐろう。

【お店】
P7100019
いつも通る道 ワクワクする店構え 店内は半個室の作りで掘りごたつでとても落ち着け、ファミリー利用でも安心して利用できると思います。 メニューを見てみると、つけ麺がお勧めなのでしょうか、半分占めていますが、上の赤文字中華そばも絶対って、どれ注文する? 相変わらずな品に落ち着く

【辛味噌中華そば】690円
P7100009
運ばれたときは実際 真っ赤なスープ見てやばいかなと思った。 最近辛いの食べてないし耐性ほとんど無い。 レンゲで一口 おー美味しいじゃないですか、見た目ほど辛くなく、最初は辛味がきますが、あまり後に残らない感じで、とても口当たりがいい、これなら週一ペースでもいけそうかな?

豚骨ベースで魚介も感じそれに赤味噌で仕上げる、下で紹介するしょう油のベースと同じかもしれませんね。 麺はやや細めの中縮れ・低加水率の旭川麺 チャーシューは薄めながら大きいのが一枚 半熟卵半身・ワカメ・メンマ・ネギがのる。 同行者が注文したのは

【とんこつ醤油 あっさり中華そば】690円
P7100008
美味しかったらしい・・・ 最初に辛味噌食べたので断念 チャーシュー二枚・三色ナルト・マンマ・海苔がのる

麺屋粉もんず
住所:旭川市豊岡四条8-2-1
電話:0166-34-3832
営業:11:30~15:00
休み:月曜

龍乃湯温泉・市内 

【入り口 看板】
P7180023
旭川市内から動物園に向かい、東旭川の石北本線の踏切を渡る、紐解けば同温泉は1950年の開業 冷鉱泉とはいえ温泉不毛地帯の旭川にとっては貴重な温泉だ。 昨年暮れオーナーの高齢・体調の不安もあり突然休業 
その後様子を伺い気味に通ると、配管を整備してるのを見かけて、もしかしてと期待していました。 半年振りに5月1日営業再開

【エントランスホール】
P7180003
玄関・受付・ベンチが一体になったホール 券売機で料金550円を払う いきなり来たので何も持っていなく貸しタオル30円もついでに

【脱衣場】
P7180006
清潔で明るく気持ちのいい脱衣所で身支度して、カメラ片手に久しぶりにあの湯に入ろう。

【浴場】
P7180017
手前は中温の湯 奥の小さいのが高温の湯があり、中温の湯でも熱めなのは以前と変わりない 洗面所は銭湯風の縦長の作り
泉質は、第一鉄イオン27.0㎎/kgがメインの単純鉄冷鉱泉 少し舐めると鉄と言うより金化味で僅かな塩分と金属ミネラルを感じる。 赤錆色は空気中の酸素と鉄が反応(酸化)して色が付いたもので、くみ出した直後は無色の筈 冷鉱泉で加熱・循環・薬剤しかもバイブラでブクブク状態では酸化が進むのも仕方ない。 
分析表にはガス成分(CO 2)の表記もあり、生まれたての源泉にいつか利用したいものだ。

【露天風呂】
P7180013
四方が囲まれているので開放感はないが、熱めの湯で火照った体を休ませるには丁度いいね
 
実は以前露天風呂利用時、ボイラー室から怪しげなコック発見して開けて、これはもしかして源泉か!!と しかし残念ながら現在コックは閉鎖されていました。 真相は永遠の彼方に 
注意):訳の分からないコックは開けないように しかも口に含むなんて以ての外 真似しないでね。

龍乃湯
住所:東旭川上兵村91番地
電話:0166-36-1562
日帰り情報
 料金:550円
 営業:9:00~22:00
 休み:火曜 

旭川市公園緑地協会そばコーナー(スタルヒンそば)

【列の先に】
P7170057  P7170051
体育館と続いてスタルヒン球場に向かう、初潜入 高校の地区予選でとても混んでいます。チケットを握り締め上を見上げると左右にテラスで丼をすする姿 それにしても凄い人気で大行列
お店の名称は不明 メニューの撮影も困難ですが、隙をみてチャチャッとゲット 
かけ・天ぷら・月見と何時もの不動のメンバーが揃う そこに忽然と外国助っ人のスタルヒン投手の名前 ここは勿論初登録のスタルヒンです。 
スポーツ紙風に書こうと思ったものの普段読まないので語彙が出てきません(苦笑

【スタルヒン投手 マウンドへ】
P7170067
丁度丼が置けるほどのスペース完備 では投球内容を詳しく見てみましょう。 自慢の長身から投げ下ろすストレートの球速は・・・

【スタルヒンそば】400円
P7170063
スタルヒンとは渡された食券を見て納得 天ぷらと月見の大谷ばりの二刀流 天ぷらはグローブ・卵はボール じゃーバットは? 今気づいた、箸を乗せなきゃいけなかったのか 箸がバットだ! 口なんかに銜えてる場合じゃなかった 痛恨のミス
これからアップする方は箸を忘れずに これ重要 長い行列ですが、湯がき麺なので待つこともない、麺は須藤製麺さんでした。 
立ち喰いで味を語るのは野暮というもの 歓声の中・駅のアナウンスの中・せわしい中がいい。

そばだけ目当てなら、500+400とCPは低いのでご注意(笑

体育館食堂・市内

【看板】
P7170031
天井には素っ気無い案内板 ここはどこでしょう 

P7170029
花咲町にある体育館 ここに食堂が・・・勿論あるよ 過去記事で2009/05に紹介済み 7年前になります。 久しぶりに行ってみましょう。 アリーナと違い普通利用時では食堂は開いていなく、やや大きめの大会じゃないと開いていないのが難点
この日はスタルヒン球場では高校野球・体育館では何とかチャレンジまでは分かっていましたが、グランドでも何やら競技進行中これは想定外でしたが 事前に予想してチャリで行ったのが大正解

【体育館食堂】
P7170025
体育館は土足禁止なのは前回で知っているので上履き持参 けど無くても大丈夫ですよ。 食堂は明確に仕切られた状態では無く半オープンなのは変わりない。 壁のメニューを見てみると以前よりご飯物が増えています。 勝負現場なのか“カツ”が気になる。 夏メニューもあるよ で注文は

【しょう油ラーメン】550円
 P7170036
見た目は以前と変わりない様に見える。 透明系で魚介系は感じなく、アッサリなスープに仕上がってる、スープは自家製と思われるが、醤油出汁は業務用の可能性があるね。
麺は少し加水でやや細目の中縮れの麺に、メンマとネギがのる、極々シンブルな一杯
550円と言う価格とスポーツマンが行き来するホールで頂くラーメンも良い。
尚過去紹介時の店舗名は「食べ処 やまかつ」さんでしたが、事情は分かりませんが今回訪問時では「体育館食堂」と変わっていました。 

体育館食堂
住所:旭川市花咲町5丁目
電話:---
営業:11:00~13:00
休み:大会の規模による。 月間スケジュール等を参考に 
 

せい一・市内

【店舗】
P7110022
幌加内で2014年10月に惜しまれながら閉店した「せい一」 2016年2月に旭川にて復活 開店時は混んでた模様 二回ほど昼に伺ったが満席で断念 じゃー仕事帰りはと一回目は夜の部お休み 再び伺うと開いていました。  幌加内の訪問記事はこちら
暖簾を潜ると、店内は左右にテーブル席とこ上がり、奥の厨房の前に狭いカウンター 達筆な文字のメニューを見てみよう。 選んだのは

【もりそば】700円
P7110012
メニューの先頭だからとなんとなく注文 しっかり角の立つやや更科寄りのそば 湯切りもしっかりしかも瑞々しい腰もしっかりでそばを主張しています。 つけダレはそばに負けない辛目でよく合っています。 
そばを手繰り終わる前に実は温かいそばも頼んでた。

【かけそば】700円
P7110018
キリットした冷たいそばも好いけど 軽視されがちな温かいそばも好き こちらもお勧め
寒くなったら朱鞠内のワカサギのてんぷらも食べたいな~と希望

幌加内伝承手打ち蕎麦 せい一
住所:旭川市豊岡9条7
電話:0166-85-6868
営業:11:00~15:00 17:00~20:00 早仕舞いあり
休み:不定休
 せい一さんの

ほ~むきっちん・東川

【看板】
P7070014
地元無料情報誌に広告を見て、仕事帰りに向かったのは5・7中通りの我らが「立ち喰いそば」の姉妹店とのこと jetsさんもブログで書いていましたが5・7店は正式名称に天勇明記なしとは 駅そば・立ち食いそば大好きな私としては外せないお店 以前バイトしてた酒屋で納品してた居酒屋の一軒でした。
店内は厨房に面してカウンターと窓際にテーブル席と思いのほかキャパはあります、尚こちらのお店は旧まるめろさんです。 メニューを見ると複雑ですが基本はそば・うどんとトッピングが基本 面白いのはかけと月見・かしわ・天ぷら・きつねが同じ価格 でこれにセット物がある ね簡単でしょ 基本メニュー とご飯物・定食のメニューもあります。 5・7店にはない券売機が置いていますが、口頭で注文したほうが早くないか この辺はさすが天勇(爆

【げそ丼セット】550円 きつねそば
P7070008
立ち喰いそばではこればかり注文しています。  5・7店と同じくしょう油が強く、やや酸味のある汁は間違いなく、沢庵が乗る丼も同じビジュアル 麺は湯がき麺で5・7店と同じなら北海製麺のはず 暑い時期にはぶっかけも出来るのかな? 慌ただしく頂く「立ち喰いそば」さんでは中々撮影も困難でしたが、こちらでは落ち着いて撮影できます。 滝川の「まるかつ」さんも落ち着いて撮影できないリベンジしなきゃ

お食事やさん ほ~むきっちん 
住所:東川町北町5丁目
電話:0166-82-3177
営業:11:00~20:00
休み:不定休
ほ~むきっちんさんの

三連休一番の課題

【ウッドデッキの塗装は剥げ々々】
P7160016

【カーポートの柱】
P7160007
天気天気と言ってたのはこれ 猫の額ほどのウッドデッキは無残な状態 下の画像のカーポートを支える柱(マスキング・サンダー掛けた後)ですがひどい。 今回で2回目の再塗装です。 全くへこたれない材もありますが、ケチったので劣化も早い。
世の中アイアンウッドなんてメンテナンスフリーの水に沈む材もありますが、庶民はDIYです。

【まずは道具】
P7160010
仕事は道具だ~ と言う割にはショボイ 新聞紙の上には焼酎ペットを切った容器・サンダー・電工ドラム・まだ固まっていなかった古いオリンピックのオイルステイン・100均のブラシ まー職人は道具じゃない腕だよね。 
とりあえずサンダー掛けて汚れ落として、塗って頑張った三連休初日

【ウッドデッキ】
P7160022

【カーポートの柱】
P7160024
個人的には満足 次は5年後 多分開けちゃったからオリンピック(塗料)多分半分固まってるな 
三連休初日の土曜にして大正解 日曜午後から雨 月曜曇りのち雨 

菜々兵衛・北海道ラーメン紀行 第五弾

【菜々兵衛@フィール】
P7060001
市内フィールの好評企画も第五弾まで来ました。 第四弾の「頂さん」も勿論頂きましたが、ノロノロしてるうちに期間が終了してしまい結局記事にはしていません。 
菜々兵衛さん地元札幌では超人気店 メニューを見てみるとオープン時では二種類のみで徐々に増えて最終では五種類になりしかも、限定50食と飽きさせなくリピートも狙う絶妙な企画

【名古屋コーチンしょう油】800円
P7060005

【名古屋コーチン塩】800円
P7060006
透明系スープ 香り豊か 丁寧に仕事してるのが見ただけで分かるよね。 煮干しも感じる旨み 鶏特有の纏いつく油もすっきり これは美味しい。麺はチョイ加水のストレート麺 チャーシューは大きいのが一枚 驚きの穂先メンマ食感よく竹の子の風味も感じる美味しい 
見た目シンプルながらよく考えられたラーメンと思います。  ネギが二種類トッピングされていることでもよく分かる。  第六弾も楽しみそして期待しています、フィールさん

Vin Verre・美瑛

【Vin Verre】ヴェン ヴェール
P7020016

P7020020  P7020009
何かお洒落なお店 ショップカード
大きいのと小さいの 幾ら掛かるのだろうか
ゲスの勘繰りで済まぬ
も素敵です。 ランチ時間のみで食事ができ、夜はワインバーになるようです。 店内は厨房を囲むようにカウンター・窓際にテーブル席 半個室のテーブル席もありで、小さめで秘密基地ぽい いいね 
利用時店内は8割の利用で店内の撮影は諦めました。 メニューを見てみましょう 先頭はうどん・牛丼・ハンバーグ丼とあり、お店の前のボードにはハンバーグ定食があったのですが、品切れで選んだのは。

【ハンバーグ丼】700円
P7020031
サラダ付 厚めのハンバーグに目玉焼きがドーン そそられます。 これに別皿のサラダ乗せたら「ロコモコ」風 甘めのドミグラスソースと合わせると中々な味 少なそうに見えますが思いのほかハンバーグのボリュームがあり満足な量

【きつねうどん】500円
P7020026
出汁でいただく 所謂関西風 鼻に抜ける香りが気持ちいい しょう油タレが際立つうどん・そばばかり食べてるから美味しくいただきました。
表の幟には讃岐と表記してるが、讃岐風が正確かな 美瑛のワインバーなんて・・・とても気になります。

Vin Verre (ヴェンヴェール)
住所:美瑛町中町1
電話:090-1002-1601
営業:11:30~14:00(ランチ) 18:00~00:30(ワインバー)
休み:特に無し つまり好きなときに休みます、要確認(爆
  Vin Verreとはワイングラスのこと
Vin VerreさんのVin Verreさんの
 

三連休 天気になります様に

7120054
↑クリックで拡大
私としては久々の三連休 いい響き 三連休 で何処かに行く予定も無いんだけどね。 ウッドデッキと外回りの塗装は一日で終わらして何していようか 終わってみれば大した事してないことが多いけど(爆

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ