パークゴルフ場 ラーメン対決

P9250011 P9220002
右が嵐山 左がお隣の町の鷹栖町の丸山 小規模なパークゴルフ場市内・近郊に溢れてるほど人気のパークゴルフ お年寄りの競技と思われますが、コースに拠るが実はかなり面白かったりする。
ラーメンを提供してるパーク場もあるので紹介しよう。

【パークランド嵐山・そば処 嵐山】 【しょう油ラーメン】500円
P9250004
服装はスポーツする格好じゃない・・・ 強烈なアウェー感 気にしないで、壁のメニューを見てみようラーメンは二種類で冷やしざるラーメンもある。 食器上げ下げとお水はセルフ 
まず真っ黒いスープに驚く スープを一口 そば汁+ラーメンテイストなのか 納得 麺はやや細・中縮れ・中加水の麺 チャーシューは箸でつまむと崩れるスタイルです。 メンマ・ネギ・三色ナルトがのる。 
そう言えば何処かで食べたな、そばつゆラーメン そうだ雪番屋だ 季節限定のお店には多いのか? 業務感満載ですが、ワンコインでいただけるラーメンですもの、感謝です。

【たかす丸山パークゴルフ場・柏の里食事コーナー】 500円
P9220003
出た~ 旭川屋の丼!! 以前遭遇したのは、「とわ北斗・レストランさん★さん」 調べると同じ鷹栖共生会さん系列 しかし幾つあるんだこの丼 では話を戻しましょう。 
調理はスーパーハウスで、いただくのはテント張りのテーブル席と開放感があるので、アウェー感は少なめ こちらもワンコインです。 中濁り系のスープ 魚介系も感じる ややあっさり目ながら飲み進むとじわじわと旨みを感じます。 
麺は縮れ少な・やや細め・低加水の旭川麺 チャーシューはやや厚めが一枚 「レストランさん★さん」さんでは小鉢が付きましたがと同じと思われます。 ワンコインとは思えない出来です。
クローズの時期も迫ります、あなたはどちらへ

パークランド嵐山
住所:旭川市江丹別町嵐山140番地
電話:--
営業:--
休み:--

たかす丸山パークゴルフ場
住所:鷹栖町21線14号
電話:--
営業:
休み:

ぶんご・市内

【ぶんご】
P9100010
店内は満席 よく利用してるので、最近お店の人に顔覚えられた。 利用客が多いので混んでるときは、携帯のナンバー伝えて呼ばれるスタイルなので時間が掛かる釜飯も気兼ねなく注文できる。 お店前でメニューを見て注文 先頭は釜飯うどんとその他甘味季節限定(かき氷)
この日は二組目、近くでショッピングしてるときに呼び出しコール

【カニとホタテ 釜飯】1,135円
P9100019

【とり 釜飯】920円
P9100018
訪れる時間に合わせて炊くので、直ぐに提供 釜飯といえば味付けが濃い目が多いですが、程よく上品な味付けで、最後まであきなくいただけます。 お楽しみのおこげもバッチリで笑顔がほころびます。 
煮物・お吸い物・漬物の小鉢が付きます。 気持ちのいい接待とやさしい味の釜飯は何時もながら美味しい。 みんなでシェアーするのも楽しい。 まだ行けるかなと思い私は追加注文

【冷やしかけうどん】430円
P9100025
正直食い過ぎです、けどツルツルうどん やみつきになる。

食事中に他のテーブルに運ばれる甘味を見ると女性陣は、別腹らしい 私の「止めろ」サインを出すも無視で注文しちゃった。

【小倉金時】小 540円
P9100034
このラスボスを一人で仕留めることは無理なのは明白 すでに手に持つ木製スプーンが物語る(笑 最後は私も参戦 小さなお店ですが、ホッとするお店 また伺います。

釜めし 甘味 ぶんご
住所:旭川市南1条26
電話:0166-32-5270
営業:11:00~14:30
   :17:00~20:00

助六・富良野

【助六】
P9170095
国道からも、中心街からも離れるが、お気に入りのお店 過去紹介は 2009/09と7年ぶりの紹介 店内はカウンターは無くテーブル席とこ上がりで思いのほかキャパは多い。 16時近くですが、中々な利用客です。 
テーブルのメニューを見てみよう、先頭はメニュー表ラーメンそばうどん餃子と続く 餃子なんかあるんだ~ 僅かな価格UPです。

【塩ラーメン】650円
P9170081
丼は変わらないね 半濁りのスープ 一口 過去記事では鰹系と書きましたが、煮干しが香る、そばのかえしでは無くラーメン専用の出汁 少々エグ味も感じるワイルドな味だが、塩分は程々に押さえられチョッと間違えば、破綻しそうなバランスが絶妙
麺はやや細麺・弱縮れ・中加水の麺 チャーシューは脂身の無いしっかりタイプが一枚
 
ここでもう一杯と行きたかったが、流石に一日4杯は無理 近いしいつでも来れる距離 考えたらそば一回も食べたこと無かったな。

ラーメン・そば 助六
住所:富良野市若松町8番3号
電話:0167-22-2628
営業:11:00~20:30
休み:木曜 第5木曜は営業

真澄・布伏内

【真澄】
P9170047
道内の秘境ラーメンとして有名な「真澄」さん やっと行けました。 旭川から片道約300㎞ 高速が無ければ一泊コースですね。 何年か前に阿寒に宿泊した時に、行きたかったのですが、同行者から「一人で行け!」・・・と断念(苦笑  今回ついに暖簾をくぐることができた。
店内は横に長く 厨房に面してカウンターとこ上がりがありコンパクトな作り 暖簾を掛けると同時に入店 壁のメニューを見てみよう。
自慢の塩は使用する塩によって4種・しょう油・味噌とメインの他にガーリックラーメン・たぬきラーメンと見慣れないメニューも 塩は外せないので、今回は「岩塩(アンデス産)」を注文

【塩ラーメン】500円(岩塩 アンデス産)
P9170034
地元新聞でも読んでるかと持って来ましたが、さすが細麺の釧路ラーメン系列 一分ほどで茹で上がり一面見ただけ 
透明な綺麗なスープを一口 おーなんて美味いスープ 豚鶏ベースと煮干しの出汁のバランスが絶妙 「塩加減いいですか?」と聞かれますが「丁度いいです。」よ やや角のある「岩塩」と相まって最後まで満足の一杯 麺は極細・強縮れ・やや低加水の麺いい 好きです。 
これが典型的な釧路麺なのかは判断出来ませんが、過去「おかめ食堂」・「いぶき」しか経験が無いのが残念。 チャーシューは噛み応えのあり、やや厚めの脂身の少ないのが一枚  食べ終える寸前に、しょう油追加

【しょう油ラーメン】500円
P9170045
綺麗です。シンプルです。 美味しいです。 
前日に電話を入れており、開店を確認 「釧路からですか?」 「旭川からです」 「電話くれた方!」 勿論この後はくだけた会話ながら、様子見な会話が続く(笑
私に四種の塩の完全制覇は可能なのだろうか? 秘境ラーメンならぬ美味しい塩ラーメンの実力堪能

雄別ラーメン 真澄
住所:釧路市阿寒町布伏内
電話:0154-69-2002
営業:11:00~15:00
休み:毎週水曜・第1・3木曜

車を走らせる、向かうはあのお店

【ベベルイ】
P9170019
富良野に用がないときは何処通る、上富良野の自衛隊から斜め通り入り布部に抜けるのも良いけど、更に山よりの自衛隊の演習地沿いに抜ける道もある。 途中にはベベルイの湧水原始の泉もある。 布礼別(旧農協が宿と食事のお店になってた)通り、麓郷、東山に抜ける。

更に山沿いの道で、樹海小から左折して西達布に抜ける道が最短 夏なら気持ちいいルート 
冬は通りたくないルートなのでノーマルが一番かな 
途中で高速に乗り目指そう。

【阿寒神社の幟】
P9170022
片道300㎞ そろそろ目的地 看板見てたら「雄別」の手前なんだ けど旧炭鉱は見たいけど時間がない。 ようやく目的地に到着 では楽しもう。

【きてぃー】
P9030034
うわー鉄パイプと四角管で出来た、「きてぃー」の首にトラロープ・・・ 大変なことにだれか助けてやって 結びやすい突起ではあるけど 過去記事は 2013/11
四季彩の丘のレアーなキャラ だれも注目してないが、訪問すると見に行く、稀有なマニアの私

【四季彩の丘】
P9030048
夏の観光ガーデンもそろそろ終盤 廻ってみては レンタカーが多く運転には慎重に安全運転に心がけましょう。

つるや・市内

【つるや】
P9060009
市内 ラーメン専門店のつるや 午前中病院で定期健診 前日から何も食べていないので、お腹には何にも無い 体が欲してる 油~ アブラ~と いつも込んでおり平日の昼過ぎならどうかと思い伺った。
混んでいます、人気店だね。 店内撮影は断念 なんとかカウンターに席があり、メニューは壁に掲示

【しょう油チャーシュー】970円
P9060001
濃厚です、あぶらも濃い 豚骨・魚介も塩分も強い 麺はやや細・弱縮れ・低加水麺 茹で加減はバッチリ 分厚く存在感のある人気のチャーシューは、五枚 これも塩っぱかったな。 
絶食明けの体には、厳しかった。 けしてお店のせいじゃないです。 食べる方も食べる方だよね。
これは再挑戦だな

つるき
住所:旭川市4条19丁目
電話:0166-31-5814
営業:11:00~19:30
休み:月曜 

ホウズキが咲く源泉地帯を歩く

【ホウズキ】
P9110059
北海道では中々自生では見られないので、以前ここに人が居たことを思わせる、山間の源泉地帯を歩いてみよう。 かなり前から硫化水素と微量の金気臭 大好きな香り(爆 
さーきたよ お迎えだ やや黒い流れ

【流れ】
P9110058
既に温度計突っ込んでるし ミネラル分も豊富ゆえ 藻も大発生で滑る滑る 気をつけなきゃ 
ここは層雲峡の湯を守る源泉 温泉郷からは少し離れていて殆ど知られてなく、訪れる人はマニアのみだろう ついでだから温度計も見てみよう。

【48.2℃】
P9110057
坂の途中が湧出現場なのでここで入浴するのは困難 じゃーもう少し山側に向かおう。 長年あった施設は解体して更地になってた、その源泉と思われる湯発見

【崖下土管の湯】
P9110065
表面は温泉成分と汚れが浮いている、深さは不明ですが、サイズは入れそうな大きさ 入りませんよ。  温度は47.5℃とこのままでは熱過ぎ 水を入れたポリタン持参 下の川水をトボトボ歩いて持ってくるか方法を考えなければいけない。 では下って川のほうへ向かおう。

【川沿い】
P9110094
川に向かう途中にも、何やら塩ビ管から湯気と湯溜まり 付近はぬかるんでるので長靴は必要だよ。 結構な水量です、近づき上から眺めると

【おう穴】
P9110097
旭川の「神居古潭おう穴群」と同じ穴と小石発見! 画像では判らないが、この近辺も蒸気が漂い、おう穴も温泉で満たされてる。 更に下流に向かう

【川岸の温泉成分】
P9110102
これ以上は進めなく今回は撤収しよう、次回はザイルでも持ってくるか(苦笑  

近郊

【久々の丘】
P9050006-1 夏の暑さと湿気は何処へやら めっきり肌寒くなった。
久しぶりに就実の丘に
誰も居ません。 もう少し先にお気に入りの景色があるのですが、天気が悪く早々に退散


いまだに景色撮るの分からない、センスが無いのかもね。
けど、センスだけは鍛えたら何とかなるわけも無く、だらだら だらだらあるのみ?
上より下を見れなのか?
 
 P9050015

↑クリックで拡大  

撮影NG


店に入ってメニュー撮ったり、テーブルを離れてカメラ持ってるとオーナーから「御免なさい、撮影ご遠慮して下さい」 よく見るとカウンターにカメラに横棒 駅そばで× だったり 時々遭遇することがある。
 
温泉画像はフロントに人が居れば勿論、許可取りますが、現実には殆ど取りません、何故かというと人の居ないときまで待つからです。 後からトリミングで済ますなんて、撮られた方にはいい迷惑
多分利用者はカメラ持った変な親父が浴槽のヘリ撮ってるぞ位にしか思ってないと思います。 温泉ではカメラ持つと同じ湯に入って話すると微妙な連帯感? で「おー入ってところ撮ってやっるよ」と話が進むこと多数 こうなれば皆協力してくれる。

料理は基本お金払ったら自分の料理と思ってるので、駄目だしされない限り撮影しますが、ラーメン撮るときは麺延びるので1分も掛けず、さっと撮り終えます。 勿論ここでオーナーが声掛けてくれたらラッキー カメラ・ラーメンの話で盛り上がる。

撮影NGのお店も最初はNGではないはず、どのような経緯でNGになったのか、聞いてみたいですね。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ