白金観光ホテル・美瑛

【大雪山白金観光ホテル】
P1150081
2011/09/以来の紹介になります。 近年浴槽をリニューアルしてその後、火災があったりですったもんだしましたが、新たに新施設を増設したりした宿 車の奥が新設部分と思います。 お休み処もテーブル席とごろ寝できる部屋が新設されています。
今回も新聞広告の割引券使用しました。 入り口・フロントは変わりないかな 改装する前はそれなりに歩かないとたどり着けない浴場でしたが、近くなり高齢者にも優しい。 

【湯上りコーナー】
P1150069
新設されたコーナーはエアコンもあり夏でもいい、奥にはマッサージ機も鎮座

【浴場入り口】
P1150068

【脱衣所】
P1150064
マメニティーも充実してる綺麗な脱衣所で身支度して、浴場に行きましょう。

【内風呂】
P1150060
やや笹濁りの湯は以前と変わらず、高温浴槽と中温浴槽がありましたが何故か温度が逆転してたのは謎 洗い場はやや狭いが、仕切りがあるので気を使わなくていい。

【露天風呂】
P1150058
自慢の露天風呂は昭和61年に完成 富良野石・日高石・コタン石・鉄平石・玄昌石・十勝岳溶岩で作られた、野生味のある造りだ。 凛とした冬の空気の中で雪を見ながら入る湯は格別
今回紹介してるのは男湯で、女性用はあのプールのあった浴場で、後で聞いた話では勿論プールは無くなったようですが、イマイチ分からないし、これからも確認しようが無いのが残念 女性の方アップ期待しています。
温泉分析表は以前紹介した平成21年と同じなので過去記事を参照して下さい。

大雪山白金観光ホテル
住所:美瑛町白金温泉
電話:0166-94-3111
日帰り湯情報
営業:11:30~21:00(日曜・休日:11:00)
料金:1.000円 地元民は新聞割引券お勧め
大雪山白金観光ホテルさんのHPはこちら 

ぶどうの木・美瑛

【カフェ・レストラン ぶどうの木】
P1150051
美瑛 五本の木(嵐の)の道路を走って10分位走ると、右手の大きい木が目印 冬なら目立つ外壁の色で気付くが、緑が覆う時期なら素通りする可能性があるので、どんどん迷って下さい。 住宅を改装して2012年にオープン
店内は靴を脱いで利用します、冬対応なのかフカフカモフモフのスリッパが用意 店内は薪ストーブがある元居間と今回利用したテーブル2席の元寝室があります。

【利用した部屋】
P1150012
片側が窓でとても明るく雪景色を楽しめます。 テーブルのメニューを見てみましょう。 メインのメニュー 単品メニュー ちょっと一品 デザートとあります。 で選んだのは

【タジン鍋ハンバーグ】単品なら1.500円パンかライス付き 今回奮発してセット物+600円
P1150029
まずメインのハンバーグ 素揚げされた彩り鮮やかな野菜達がドッサリで、下のハンバーグが見えません。 冬季なりの野菜の保存法があるのか、味がしっかりありとても美味しいですね。 
ハンバーグはもう少し荒いほうが合いそうな気がしますが、細かくてもソースを絡めて頂くと肉・野菜・ライスと箸が止まりません。
セット物を紹介

【サービス品】
P1150020
自家製煮ハム・じゃがいもと何か

【サラダと南瓜スープ】
P1150026
葉っぱものメインのサラダと自家製スープ

【ドリンクと梨のコンポートとムースだったかな】
P1150047
もっと食材説明あったのですが、年とともに全てを覚えることはまず無理 これは情報伝えるブログとしては悩ましいところだ。 ノートに書く・・・もう一回お願いしますなんて迷惑 ハンディ-レコーダーでも買うか(爆 同行者が選んだのは入り口の黒板にあったこちら

【焼きチーズカレー】
P1150032
ルータイプ スパイスが効いて思いのほか辛め 別皿の素揚げの野菜達を投入しながら食べると丁度いい
チーズに下にはライスが鎮座
セットで注文すると美味しい野菜達でお腹一杯になる御夫婦お店 冬季も営業してるのが嬉しいですね。

旧農家を改装した一軒家のカフェ 席も無理に作った感じは無く思いのほかマッタリ出来る配置 繁忙期はどうなのかな、恐ろしくもあり利用したい気もある。 地元なら今の内に利用をお勧め!

カフェレストラン ぶどうの木
住所:美瑛町字留辺蕊北斗
電話:0166-95-2218
営業:11:30~19:00
休み:火曜
※:冬季11:30~16:00
ディーナーは予約のみ
 ぶどうの木さんのHPはこちら
 

らぁめん食堂 NOBu・市内

【NOBu】
P1120016 NOBUさん、旧2条8丁目店の頃はそれなりに利用してたのも、遠い昔 
動物園通りに移ってからは、何故か利用したことがなかったのですが、巡り巡って今回初利用

今は無き5条天金の味を再現したと触れ込みで開店した2条店ですが、本店の味もうる憶えなので、正直比較仕様が無いのが事実
四条・ラーメン村もありますが、最近食ってないし・・・
今回 ひょんな事から、Kさんと伺った。 駐車場はお店の前にあり結構停められる大きさです。 店内はユッタリトした配列のテーブル席とこ上がりがあり、幅広い客層に対応しています。
テーブルのメニューを見てみると レギュラーのメニューの先頭はしょう油なのが天金ぽい? もう一枚はランチセットメニューで、種類も多くお得な価格ですね。 で注文したのは、勿論

【しょう油ラーメン】700円+小ライス100円
 P1120008
豚骨・鶏ベースで透明系にしょう油が加わります。 表面の脂は程々 やや甘めであっさりしてるがチョッと特徴的な味があるが、食べ進むと気に為らなくなる。 塩分は少なめで旨みとタレの味を感じるラーメン 
麺はやや太・中縮れ・低加水の旭川麺(驚きの北海製麺) チャーシューは二枚で脂身が嬉しいバラ肉とモモ肉が楽しめるのが楽しい。 5条天金由来のお店は市内では、数件ある中でもあっさり目です。 ライスに漬物ではなくサラダが付くのが珍しい。
最近 ラーメンが続きややラーメンモードが落ち気味のKさんは、頑張ってこちら

【味噌ラーメン】小700円
P1120009
しょう油では少しでしたが味噌では多めに乗っている赤い粉末は何でしょうね、最初から唐辛子なのかな? 味噌なら分かるがしょう油には入れないよね。 
では味噌ラーメンはどうでしょう、レンゲで一口いただきました、しょう油と同じであっさり目ながら旨みが追いつく感じ モヤシがトッピングされておりチャーシューは入っていません。 ただひき肉が有ったかどうかは確認していない。
天金系の振れ幅 同じ5条店から派生したと思えない、これで一世代ですからこれからが楽しみです。

らぁめん食堂 NOBu
住所:旭川市豊岡15条7
電話:0166-33-5446
営業:--
休み:--
らぁめん食堂 NOBuさんのHPはこちら

和の粋 創舎 谷・市内

P1040021 住所的には春光 この辺は地元でも住所名が複雑で、よく分からないって俺だけ?
 
この辺りって、まだ利用していない地元密着店が多数あるんだよね こちらは夜は居酒屋でお昼はランチ提供のお店
最近、この方面に出没しています。 また面白い店も多いんだよね。
以前、紹介した「ちょっと」さんのほんの近くで、店は確認してるものの利用は初めてです。 店内はテーブル席と堀炬燵のこ上がりがあり、席のスペースもあり落ち着けると思います。 テーブルのメニューは見たかった夜メニューは無く昼メニューだけでしたが、見てみましょう。 
手打ちそばメニューと、ランチメニューの中からチョイスしましょう。 ショップカードなんか見ながら待つこと暫し

【手打ちそば・ミニ天丼セット】1.200円
P1040013
ミニ天丼と言いながらそこそこの器でサクサクの天ぷらと天つゆがかかりとても美味しいですね。 蕎麦は更科よりやや野生味のある乱切り腰もしっかりありのどごしもしっかり 付けタレはやや甘めなのが好みが分かれるところだろう。 同行者が選んだのは

天丼】間違えた 改め【野菜天丼】680円
P1040012
安定の味だね。 小鉢と味噌汁が付きます。 

【食後のシャーベットとコーヒー】
P1040017"
ランチメニューはお得と思います、人気店で利用客も途切れないお店 二階は宴会スペースのようです。 利用を終えて店を出ると、夜メニューが貼ってあったので参考の為にパシャリ いつか夜も利用したいですね。

和の粋 創舎 谷(わのいき そうしゃ たに)
住所:旭川市春光4条9丁目
電話:0166-51-4481
営業:11:00~14:30(火曜~土曜)
   :18:00~23:00
休み:月曜・第3週火曜
創舎 谷さんのHPはこちら

今年初ラーメンは、あさめし前田゛本舗 

【旭川駅の入場券】
P1030016
2017年 初ラーメンは何処にしようかな~と思い バスで市内に乗り込む。 我らの駅前ビルに向かうも、あの一軒しか営業していなかったのは想像におまかせ。 旭川駅のホームに入ったことがないので行ってみようか(苦笑 丁度富良野線に一両の気動車が駐車中(でいいのか?)
旧駅時にはホームに駅そばがあり、地下のステーションデパート時代があったのも昔になったね。 駅ナカも考えたけど、何故か街に向かう。 知らぬ間に「中央軒」は暖簾を下ろした。 
近所を歩くと発見! 「あさめし前田゛本舗」 最近来てないわ~ では暖簾を潜ろう。

【あさめし前田゛本舗】
P1030014
山頭火オーナーが運営する実験工房と言っていいお店 伺ったときもオーナーが厨房に立ってた。 店舗は奥に深くカウンターがメインの造り メニューはと探すとスタッフが目の前のカウンターに貼り付けてた縦長いメニューを開けてくれた これ狭い店内ではよく考えてる。
 メニューは種類が多く何を頼んだら良いのか分からないほどです。 困ったら何時ものこれです。

【しょう油ラーメン】800円 と高いけど・・・
 P1030005
ネギを除いて、別盛りのメンマ・ナルト・チャーシュー 俵ライス 沢庵が付く 同時にミニマヨが出てきてお好みで使って下さいとのこと ってお好みでチャーマヨやっちゃってと言うことか?
出てきた時から、香る魚介系が凄い 表面はタップリとアブラが覆う これは熱いと啜る 熱いけど旨い 
豚骨ベースで旨みを強く感じる 魚介も節系と煮干しも強く感じる このバランスは凄いとしか言えないこのスープ、それでいてくどさは無くスイスイいける。 是非体験してもらいたいですね 恐るべしです。 麺はやや細目・中縮れ・低加水の旭川麺
実験工房ゆえ何時まで提供されるのは不明 無くなれば新たな調合も有りえるので、気になる方はお早めに。 メニュー全制覇は無理かもしれませんが、来る機会が増えそうです。  残念なのが駐車場がないので、バスで来るかな夏ならチャリだな 次回が楽しみです。

あさめし前田゛本舗
住所:旭川市3条8丁目
電話:0166-26-7567
営業:10:00~17:00(変動あり 要確認)
休み:不定休
 

フロンティア・フラヌイ温泉 上富良野

【フラヌイバス】
P1010026
上富良野駅からチョッと十勝岳温泉方向に向かうと直見えてくる、地元に銭湯代わりに愛されてる施設 元旦に従兄弟4名で利用
過去紹介は、3012/07 このときはあのアワアワが無くなったという記事 今回は復活したのでしょうか、興味津々
館内は変わっていませんね。 日替わりで浴場がかわり今日は男性が「東乃湯」 女性が「西乃湯」でしたでは、久々の湯堪能しよう。

【脱衣場】
P1010002
脱衣場は広くて気持ちよく利用できます。

【洗い場】
P1010010
両壁に設置されてるので大人数でも困ることはないと思います。 では肝心の湯はどうでしょうか。

【手前は加温湯・奥は源泉湯】
P1010008
やや笹濁りの湯は変わりない、地元民と思われる先客は源泉湯でじっとしてるのも変わりないね。 で源泉100%の湯はどうでしょう、結論から言って、泉温は殆ど戻ったと思いますが、注目の泡付きは残念ながら復活していませんでした。 
けど源泉をそのまま利用してる近郊の施設が少ない中では貴重な湯です。 ちょっと冷っとした源泉湯にじっとしてると何故かじわじわ暖まるのが温泉力 勿論加温湯と源泉湯を行ったり来たりするのもお勧め

温泉分析表
源泉名:フロンティア フラヌイ温泉(源泉名 2号井)
試験年月日:平成19年12月5日
泉温:30.2℃
ph:6.9
蒸発残留物:1.468g/kg
泉質:ナトリウム・炭酸水素塩・塩化物泉 旧泉質名:含食塩-重曹泉
地元に愛された気持ちいいお湯でした。 貴重な飲泉も可能
元旦にランチなってある訳なく、開いてた食堂で食べなかったのが大失敗 車内の会話「旭川に帰っても「ビックリドンキー」か「ラーメン村」しか開いてないじゃない・・・ 
仕舞いには、インド人がやってるカレー屋さんは正月でも絶対開いてると言い出す始末に・・・皆空腹のあまりカオス状態 旭川に帰ってくる頃には既に昼を大幅に過ぎじゃー解散って(爆

フロンティア フラヌイ温泉
住所:上富良野町新町4丁目4-25
電話:0167-45-9779
日帰り情報
料金:600円
時間:7:00~22:00
休み:年中無休
休憩処:有り
レストラン:有り(11:00~14:00)
wi-fi:有り
HP:有り こちらをクリック

梅光軒・東光店とニューホームラン

年末に食べたラーメンまだ残ってるし、二軒紹介

【梅光軒・豊岡】
PC290017
仕事帰りに何時も通る 看板みると食べたくなる、昨年の仕事終え吸い込まれたお店 過去紹介はと思い探したがなんと初紹介です。 L字のカウンターにテーブル席 今回はかーさん一人で対応 メニューは壁に掲示 紹介してると思い撮影しなかった・・・痛恨のミス まーいいか

【味噌ラーメン】720円
PC290008
中々のモヤシ盛り 豚骨ベース 旨みもありながら脂が控えめなのでついつい進む。安定した味 
麺は色白で中太・中縮れ・低加水の旭川麺と、濃い目に味付けされた厚めの美味しいチャーシューが合うね。
カメラ出してるとかーさんが食いついた、実は私、高校当時「カメラ同好会」、その後カメラは持っていないけど何時か再開したいとの事 カメラの話もしたいし、目の前で伸びてく麺も気になる状態で会話が進む(苦笑。 好きなら今からでもPC使えるでしょう、使っていないカメラでも良いなら使ってもらうか?

【ニューホームラン】
PC300034
で昨年最後に頂いたのはこちら 何時もながら大盛況 かーさん一人でがんばっています。 電話鳴っても「出れませーん。」と叫んでます。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
PC300026
濃いです、美味しいです 安定したラーメン こちらは朝通勤に通るお店 雪かきしたりしてかーさん元気だよね。 麺の茹で加減のバッチリ 中太・やや強い縮れ・低加水の麺(旭川製麺製) チャーシューは脂身の少ない昔風 このラーメンには勿論合いまくりだよね。 かーさんパニクッる時は、皆助けてあげるそんなお店
こんなラーメン屋が切磋琢磨する旭川 知らん間に中王軒は止めてるし、三平・永龍軒も暖簾を降ろした。
頑張れ かーちゃん・じーちゃんが作る旭川ラーメン 最高!!

宝龍・上富良野

【宝龍】
PC240030
今年もよろしくお願いします。 2017年の初ラーメンは自宅のマルちゃんの袋麺なので、昨年利用したお店を紹介
上富良野駅の線路向かいの「宝龍」 当ブログでは初紹介ですが、実は2012/01に利用しています。 その当時は一押しで上富良野ポークを押していてレトルトカレーもこの当時出来たと思います、その時は「かみふらの特産黒カレー」を食べた。 
店内はカウンターとロースター完備のこ上がりがあります。 メニューを見てみよう、先頭はラーメン・そばうどん・ご飯物・焼肉と続きます。 で注文したのは

【味噌ラーメン】650円
PC240024
味噌の筈・・・ 実は自信ない しょう油かも(爆 お店ではメモしていないので忘れてしまう、画像見ると何だろうか? いやー爺には為りたくない、ラーメン&温泉メモ帳考えるか。
アッサリのスープの中旨みもある。 表面の油も少なめで、玉ねぎメインの野菜が珍しいが甘くてこれは美味しい。 麺は中太・中縮れ・中加水の麺で富良野地区ではよく遭遇する麺 チャーシューは脂身が剥がれたが柔らかい自家製と思われるのが2枚
でっでっ気づいた この丼の名って全道に展開する「寶龍」の丼だ~ 暖簾わけのお店なのでしょうか、本店のHP見ても上富良野店の記載は無いので、これ以上は次回に直接尋ねるしかないようだ。

●宝龍
住所:上富良野町本町4
電話:0167-45-5204
営業:--
休み:--
地元紹介冊子でも、食堂なのか宿泊施設なのか良く分からないお店 楽しい。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ