山辺の家族・白金温泉

【山辺の家族・立ち寄り湯】
P2120092

P2120093 平成23年5月開館 その当時は「星の灯家」の名称 その後「山辺の家族」に変わり完全予約長期湯治の宿にかわる。 勿論日帰り利用も出来なくなった。
一般の日帰りも再開したのは、温泉好きが高じついに、日帰り温泉のオーナー・温泉ソムリエの「のん」さんのブログで知っていましたが、今回 久しぶりに利用しました。
最後に入った記憶としては、成分がソコソコある白金なので、配管関係の不調で駐車場から温泉が滲んでおり温度が低くガクブルの湯だったと記憶

【内湯】
 P2120080

P2120084 こじんまりとした脱衣所で身支度を済ませ、内湯へ 以前と変わりなく、白金の湯とケロリン桶がお出迎え 

源泉は56.3℃を調整されやや熱めでしたが、肩まで漬かると土類系の匂いと共に、至福の時が過ぎます。

温泉好きとしては、ついつい赤い温泉成分が堆積する、温度調整用の樋に目が行くのは仕方ない、このような温度調整は高温で天然掛け流しの源泉では良く見かけます。

P2120081
この画像みて、一時間はお酒飲めます。

【露天風呂】
P2120088
内湯で茹で上がったら、露天がお待ちかね 雪見風呂といきましょうか。

温泉分析書
源泉名:白金温泉18号井 変わりましたね。
試験年月日:平成23年6月17日
泉温:56.3℃
ph:6.7
蒸留残留物:3.875g/Kg
泉質名:ナトリウム・マグネシウム-硫酸・塩化物泉(中性低張性高温泉)
旧泉質名:含土類-芒硝泉
源泉が以前は15号・19号の混合泉から、18号一本に変更とはこの施設だけかと思います。
小振りの施設が少なくなっている白金温泉ですが、全施設が源泉掛け流しの白金 個人的には大好き その中でも団体客も無く落ち着く温泉 源泉もなんか濃く感じます。 大きい施設では貯湯してる可能性もあるのかも知れません。
お気に入りの湯です。

山辺の家族
住所:美瑛町白金温泉
電話:0166-68-1655
日帰り情報
営業:11:00~18:00
休み:月・火・水・木 (金・土・日営業)

残念ながら、現在は日帰りのみの利用で宿泊はしていません
山辺の家族のHPはこちら

Italian cafe Abete-アベーテ・美瑛

【Italian cafe Abete】
P2120070
国道237号 美瑛に入いってローソン左折すると直ぐの「アベーテ」さん イタリアンのお店って私にとってはイタリアン・フレンチ等々違いが分かるわけもないが、美味しければいい。

【店内】
P2120044
玄関で靴を脱ぐスタイル 壁は白で統一され厨房が見えるカウンターとテーブル席です。 町内なので景色は望めないですが、壁際のラックには小物販売も紹介 ランチメニューを見てみましょう。 
ランチメニューは三種類のパスタ 単品+ドリンクで1.000円 +プチ前菜・パンで1.200円 +デザートで1.500円 前菜とデザートはカウンター上の黒板から選びます。 通常メニューはこちら ランチメニューを選択

【前菜・パン】旬菜サラダ+パン
P2120053
小振りの容器に盛られている野菜達 とこちらも小振りのパン

【自家製大豆と豚肩肉のトマトソース】
P2120061

【ちぢみほうれん草とじゃこのパスタ】
P2120056
レンズが曇り気味なのはご勘弁 パスタは細く乾麺かな? トマトソースに荒挽きの肉は食感がいい アクセントのほろ甘い大豆が加わる。
一見 ペペロンチーノ風 じゃこが加わる 風味付けのじゃこかと想像してたら結構多めに入ってる。 アンチョビ風に仕上げてるが実はアンチョビが苦手だったりする私って・・・

【デザート】トルタ・デ・チョコラート
P2120063
ミント添え シュガーパラパラ しっとり仕上がり

【ドリンク】ホットコーヒー
P2120066
こじんまりとしたお店 ゆっくりとした時間でイタリアンを楽しもう。

Italian cafe Abete(アベーテ)
住所:美瑛町大町2-1-36
電話:0166-92-1807
営業:11:30~15:00
   :17:30~21:00
休み:火曜 
   :月・火曜(11月~4月)祝日を除く
アベーテさんのFBはこちら
 

定食 おかめ・東川

【定食 おかめ】
P2110029 東川の中心地からは、旭川寄り 丁度平田とうふ店の向かいにあるお店
ボリューウムが凄いと聞いていたので、躊躇していました。

年取るとさー 若い時みたいに量が食べれなくなるのよね 悲しいかな。 特にご飯物は駄目だね 
けどラーメンは今でも連食が出来るのは何故でしょうね(笑
入り口には暖簾が無く店内に下げてるので、駐車してる車があるか、営業中の看板があるので要確認

【店内の暖簾】
 P2110025
店内はテーブル席 余裕ある設置なのがいい 壁に掛けられてメニューの品数は少ない 何しようか悩んでる間にも、デカイチャーハンが運ばれてる、
こりゃー想像してたより手ごわそうな量だ!! と思ってたら10円でパック売ってるではないか、こりゃー残しても持ち帰れるね有り難い。 で悩んでチョイスしたのは

【生姜焼定食】750円
P2110016
丼飯に肉厚な豚肉がキャベツの上にドーン! 小鉢・お味噌汁・漬物これでこの価格はお得だね 後は味だね 大ぶりな豚肉をパクリ 濃い目の味付けと噛み応えのあるお肉はご飯がすすむ君 アップした画像はこちら 食べたくなったでしょう。 
肉を完食する前にご飯が無くなった、キャベツをあてにいただこう。 ガッテン系・皆でシェアも楽しいと思うお店 参考までに同行者が注文したのは

【おかめ定食】750円
P2110018

【いもかすそば】550円
P2110019
食べられるなら食べてみろなんて挑戦してるお店も好き。 残ったら持って帰ってねのオーナーの姿勢とてもいいね。 利用した時もファミリーの利用もあるのがうなずける。
営業時間が少ないので、ふらっと来れないですが、お店目当てで訪れてもいいと思います。

定食 おかめ
住所:東川町西町9丁目1-24
電話:0166-82-5282
営業:11:30~14:00
   :17:30~19:00(日曜)
休み:月・火曜

麺屋 一角堂・市内

【麺屋 一角堂】
P2050020
昨年暮れにオープン 威勢のいいオーナーがいた「ひびき」跡 L字カウンターと二人掛けのテーブル席の店内 カウンター上に貼られたメニューを見てみましょう。 先頭は塩・しょう油・味噌と続きます。 ランチメニューもあったりします。 で注文したのは

【しょう油ラーメン】680円
P2050005
器を半分ほど覆うほどのチャーシューが目を引きます。 半濁のスープで大目の油が覆う 豚・鶏ベースに少しの魚介 オーソドックスな旭川ラーメンだね、麺はやや細め・ストレートに近い弱めのパーマ・低加水率の麺 茹で具合も良く美味しい麺 
チャーシューはメニューにはバラ・モモと選べるとありますが、聞かれなくデフォできたのはモモ 崩れるタイプではなく濃い目に味付です。 ややスープが油が多めなので、モモが合う。 
野菜にすると、モリモリ・モリモリモリも同価格、猛者はチャレンジしてみては(笑い 私のペースでは麺にたどり着く時点で伸び伸びの筈なので、無理かな~
最近の新規開店となると、しょう油一本・から揚げ無料・背油と何かとインパクトのあるお店が多い中、逆に基本で攻めて来たと思わせるラーメン 価格も新規開店の中では懐にやさしい

麺屋 一角堂
住所:旭川市豊岡1条4
電話:--
営業:11:00~15:00 17:30~20:30
   :11:00~15:00 17:00~20:30(土日)
休み:メニューには不定休と書いていますが、現在は水曜休みのようです。
 

福祉センター食堂・旭川

【福祉センター食堂・木工団地】
P2010013
無料情報誌に紹介される前は、私も知らなかったし皆もね(笑い ラーメン好きが駆けつけた。 如何せん利用時間がハードなので私は紹介されるブログ見ながら何時かと狙っていました。
幟は在るけど、知らなければ殆ど通らない道 これは判らないわ・・・施設も大人めです。

【店内】
P2010004
店内は広く テーブル席が余裕たっぷりで配置 落ち着くか言えばやや微妙だったり(爆 メニューを見てみましょう ラーメンは三味とチャーシューが選べる 他に日替わり定食(ご飯お替り無料)・丼物・カレーとありますね。 それにしても安いですね近くの会社が羨ましい。 フルセルフですので、お水・注文はカウンターで会計も済まします。
注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P2010005
ワンコインではないのがやや残念ですが、登場したのは、器は良く見るデザインで豚骨ベースのやや濁り系のスープと本格旭川ラーメン!! 魚介系は感じないのですが、甘めの豚骨とやや尖がったしょう油がいいね。
麺は基本の加藤麺 スタンダードな麺は安心だ チャーシューは炙り系と言うのか香ばしい 流通団地の中の旭川家具を作る一地区に作られた施設の厚生施設は侮れない。
多数いるラーメン好きにも勝る情報力の地元情報誌 恐るべし。 そして有難う また驚かせてください。

福祉センター食堂
住所:旭川市永山北4条6
電話:0166-48-0093
営業:11:30~13:30
休み:日曜・祝日 第2土曜
 定食(並)480円のみ ご飯おかわり無料 ・ 店内食事の場合コーヒー・お茶サービス

和の粋 創舎 谷・市内

また来た 前回紹介は2017/01でした。 ランチ時利用で駐車場はほぼ満車って人気店なんだね。 今回注文したのは

【味楽定食】1.000円
P2040002
握り寿司とのり巻き・天ぷら・ごま豆腐・サラダ・味噌汁と最後にシャーベットかコーヒーが付きます。 ランチとしてはチョッと奮発価格ですが、ボリューム・品数・味を考えるとお手頃価格と思えます。 天ぷらがサクサクでとても美味しい。

【ステーキ丼】1.190円
P2040003
丼の中身は牛肉とかぼちゃとピーマンの天ぷら これにサラダ・浅漬け・味噌汁 カット済みのお肉なのか赤身が見れなかったのが残念ですが、柔らかくタレがとても美味しくこれだけで一杯行けそうな味 量もかなりなもの 
利用中女性お二人来店 メニューをチラッと見て「ステーキ丼」注文 さすが知っていらっしゃる。  

かーさんが作るラーメン達

塩ラーメン 650円
 P1270027-
しょう油チャーシュー 700円
P1310004
しょう油 600円

↑クリックで拡大
作り手は妙齢な女性、ラーメンは三者三様  三軒とも利用回数は多いが記事にはしていない、月毎に訪れてる今ではほぼルーティー化してる。 三店とも一人で切り盛り 尚:紹介順に大意は御座いません。

【ニューホームラン】
お昼時・帰宅時等には奥に深い店内が満席になることもある。 冬のアイテム雪かきが並ぶ店舗の暖簾を潜ろう 以前はそば・うどん丼もあったのですが種類も減ったメニューを見て今回は「塩ラーメン(650円)」を注文 豚骨ベースでやや白濁ですが、いたってマイルド魚介は感じない、塩分は少なくベースがよく分かる味 個人的にはもう少し塩分が多いほう好みかな しょう油より50円増しなのは野菜とわかめが追加
麺は黄色を帯びた中細・中縮れ・やや加水のある麺 チャーシューは赤身メインの昔風が一枚 塩がデフォで野菜のトッピングがあるのは珍しいよね。 
何故か満席でかーさん聴牌ってる時のラーメンが一番の味と思うのは私だけか(爆

【ささき】
寡黙なかーさんのお店 黄色い庇と小さい暖簾の構え 何時ものようにカウンターはピカピカ 仕事帰りの疲れた体もシャキッとする。 壁のメニューは変わりなし で今回は「しょう油チャーシュー(700円)」を注文
豚骨・鶏ベースで透明系のスープ それに煮干しが加わりしょう油が香る 旨み・香りのバランス良し 麺は中細・小縮れ・低加水の麺は茹で加減もバッチリ チャーシューは七枚ほどあり、濃い目の味付けながら、パサパサしない、ご飯の上に乗せていただきたいね。 やさしくて奥深い味のラーメンは人柄が出るのかと思わせるお店

【四条食堂】
JR四条駅から降りると目の前のお店 カウンターでお迎えしてくれたのは地元「男山」の一升瓶がお出迎え 帰ってきたよ(笑 バイタリティ‐のあるかーさんです。 今も味を研究中なのか、たまたまなのか結構変わるお店 カウンター上のメニューは大きくしかも、冷蔵庫の阻まれ撮影は無理 で今回は「しょう油ラーメン(600円)」を注文
豚骨ベースで中濁り 油は多め 魚介は感じない。 野菜の甘みの中に複雑な味もあるややワイルドな味 表面に浮くのは何でしょうか? 茹で加減は尋ねてきますのでお望みで 麺は中太・やや強目の縮れ・低加水の旭川麺 チャーシューはやや薄めの昔風が二枚 バス停にも近くバス一本で行けるのでお店で一杯もいいかもね。

また来るね。

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ