ほっとカフェ・市内

【ほっとカフェ】
P3200070

【店内】
P3200060
女子が喜ぶランチ 親爺も健康的なランチで笑顔なお店 前回は2015/12/に紹介 今回は開店から殆ど経たない時間に利用 カウンターに先客 テーブル席はまだ利用者はなく、好きな席を利用 
本日のランチメニューはこちら いつも期待する料理だよね。 

【今日のランチ】850円
P3200062
小鉢が並ぶ料理 二種類のメインの一つ手羽元のアップ ホロホロ取れる身が美味しい、もう一つの「塩こうじ漬にしん焼魚」はこちら
女子じゃなくてもおっさんも楽しい。 晩酌セットなんかあるし、近所なら間違いなく通うね。
前回で撮れなかったメニューあるけど要らないよね、女子力強いお店、正直おっさん一人はキビシイけど、夜は行けそうか?

●ほっとカフェ
住所:旭川市東光3条4丁目
営業:10:00~20:00(Lo19:30)
休み:火曜日
「ほっとカフェ」さんのブログはこちらをクリック 

石釜カフェ ヤマト・新十津川

【石釜カフェ ヤマト】
P3190037
新十津川のピザのお店 国道275号から少し脇にあり、知らなければたどり着けないカフェ 周りは田んぼに囲まれており、オーナー2年かけ自ら改築して、2016年の4月に開店 
訪れたのはランチ時間 駐車場はほぼ満車状態 ここまで来て利用しないのは勿体無い お店で名前を書いて車で待機 30分ほど待って中へ

【店内】
P3190036
古民家ながらフリーリングにリホームされ靴を這いたまま利用できるのがいいですね、店内はテーブル席で余裕の在る造りになっています。  

【利用した窓に向いた席】
P3190012
明るく日差しが入る席でしたが、撮影には結構きびしい物がありますが、スタッフさんがカーテン下ろしてくれてラッキーと思うも、まさかのすだれ状だった。 店内には薪ストーブもあり雰囲気があります。 メニューを見てみましょう。 先頭はピザ・今週のパスタ(一品)・スィーツ・ドリンクと続きます。
時々なんでこんな価格なの?と思う店もあるが、とても良心的な価格ですね。
サラダとドリンクが付くランチメニューもあるので、その中から注文

【サラダ】
P3190017

【ドリンク】
P3190020

【マルゲリータ】1.000円 ランチセット:サラダ・ドリンク付
P3190027
好きな薄生地のナポリ風 耳は膨らんで焦げ目がありパリパリ とても好みのパスタです、自家製トマトソースとジェノベーゼソースのバランスも絶品 
出来ればオリーブオイルがテーブルにあれば自分で調整出来るのに、けど信じられなく使う人もいるから無理だよね(爆 誰か見たくね。

【季節限定・合鴨とネギのピザ】1.050円 ランチセット:サラダ・ドリンク付
P3190034
チャレンジしてみた 鴨がネギ背負って来た 
鴨は独特の脂と香りなので苦手な人は居ますが、私は大好きです。 
合鴨はスライス状 そこにネギが多めに乗っており、癖も少なめで苦手な方もイケルと思う和風味とでも表現しよう 
正直ランチ時には、時間待ちは覚悟で行こう 余裕を持って 
待つのは否なら開店時間に合わすか、ランチセットを諦めて利用がお勧めです。

石釜カフェ ヤマト
住所:新十津川字大和127-5
電話:080-9008-0810(予約不可)
営業:11:00~19:00
休み:火・水曜
石釜カフェ ヤマトさんのFBはこちら
判り辛い場所、思いっきり迷って下さい。 

集う飲兵衛たちが

【飲めよ・喋れよ 猛者たち】
P3150023
最初はビールで取り合えずで乾杯 腹の探りあいと思いきや、そこはかって知る面々 そんな所に今宵の料理は

【煮〆】                              【冷や奴】
煮〆 冷や奴

【かに】                              【つぶ】
 P3150010 P3150013

【煮たこ】
P3150009 知らぬ間にビールから日本酒・焼酎に変わってる。  
ディープな話題で盛り上がるこじんまりした集まり、盛り上がる。
家庭料理だよと出てきた料理は、こ洒落た料理ではないですが、安心する味 しかも一品の量が多い。 そろそろ限界も近づいたな。
 
お腹もそろそろ一杯なのですが、ここに来て天ぷら それもドッサリ 
 
【天ぷら盛り合わせ】大鉢でドーン
P3150008
笑っちゃうよね、かーさんこんなに食べれないよ~ と言いながら楽しい時間は進む てまだ出てくるの!!

【いか】大鉢でドーン
P3150014
いい味付けだね またまた進んじゃうよ けど済みません かーさんもう食べれないっす。
お店自慢の料理出そうと思ってたのに・・・ 分かりました食べましょう

【焼きそば】
P3150015
長年通っていて、かーさんのお勧めが「焼きそば」だったとは、初めて知った 固めの麺 べチャッとしてなく見かけよりアッサリ頂けるかーさん自慢の一品  全ての料理を完食出来るわけも、残った料理はお持ち帰りしましたのでご安心を 今回集まった面々の〆は、こちら

【しょう油ラーメン】大盛りは通常でも2玉使用してます。
P3150018
テンションマックスの飲ん兵衛達 ラーメンにはチョッとうるさい そんなことを知ってか知らないが このラーメン美味しいです 勿論一人一杯なんて無理だから大盛りを皆でシェアー お腹一杯にも関わらずスープまで完食 美味しい。
また利用するね。 昭和32年先代が暖簾を掲げ開店 現在2代目が店を守る 何時までも続けてほしいお店

麺処 なが亭・砂川

なんと痛恨のミス お店の外観撮るの忘れた・・・ 農協の売店1F 100円ショップCAN DOが2F入る施設の1Fにお店はあります。 店舗側と駐車場側からも入り口あり

旭川のラーメン好きは何故か麺に拘る方が多い、札幌麺が苦手 低加水率の麺がDNAに宿る、そんな訳で時たま、札幌の高加水麺と旭川の低加水麺は何処で逆転するのか、話題に上る 
札幌に近づく事に高加水になると思いきや、滝川までは予想通りに進むが何故か砂川近辺で低加水の麺に代わっちゃうから面白い。
その逆転現象の張本人は砂川の㈲中村製麺工場さん 訪れたお店の麺売り場には、札幌大手を押しのけて、「中村製麺」が占拠していて地元で愛されてる麺 販売されてるのはノーマル麺とタマゴ入りの麺の2種類でした。
ここは旭川以上に低下水率の麺を作ると言われる張本人 以前は「なか亭」だったのですが、訪れた時は、字体も同じなのですが濁点が付いて「な亭」になっていましたが経緯は不明

店内のカレンダーは中村製麺でしたので、麺は変わっていないと思います。 L字のカウンターとテーブル席 結構キツキツです。
壁のメニューを見てみると直営店からなのか格安です!! で注文したのは

【しょう油ラーメン】430円
P3120005
中空知地区の格安そばに対抗すると思われる価格設定 シンプル 奇を衒わない分勝負してます。 透明系のスープは豚鶏ベース 優しい味 少々物足りないと思うが、旨みがじわっときます。 麺は中太・ストレート・低加水率の麺ですが、微妙に旭川麺とは違い噛み心地はズパ けど噛み進むとモチモチ これぞ中村の麺 チャーシューはやや硬めの昔風が一枚 他の地域ならかけラーメンの価格で乗ってるだけで十分 同行者か食べたのは

【味噌ラーメン】460円
P3120008
30円アップでもやし・半ゆで卵プラス 本気のラーメンは市内の食堂にお願いしてこの価格あっぱれです。
低加水の麺ながら旭川麺とは違う砂川近郊 興味が尽きない。

麺処 なが亭
住所:砂川市東5条南7丁目2-9(ショッピングプラザAiAi内)
電話:54-3313 
営業:--
休み:-- 

共同学舎新得農場 ミンタル

【共同学舎新得農場 ミンタル】
P3040069
帰り道で、チーズを買いに「ミンタル」さんへ 過去記事はこちら 6年ぶりです、白樺の先に農場があります。 ランチでもと思っていたのですが、同行者が温泉入ったら何か腹へったなんてのたまうのいで、途中でそばを啜ってしまった。
そのお店が大失敗でして・・・チーズの購入のみ

【ミンタル】
P3040067

【店内】
P3040063

【ショーケース】
P3040057
いつか、ゆっくりとランチでも利用したいですね。 自宅で美味しいチーズをつまみながらちびりちびり 美味しいね。

共同学舎新得農場 ミンタル
住所:新得町字新得3-1
電話:0155-69-5600
営業時間などは、ミンタルさんのHPでご確認ください。

sintoku

オベリベリ温泉 水光園・立ち寄り湯

【オベリベリ温泉 水光園】
P3040039
帯広に来たなら温泉入らなきゃね 十勝川温泉もあるが、市内の銭湯に伺った。
温泉不毛地帯の旭川と比べると、近所に手軽に利用できる温泉が在ることが羨ましすぎです。

利用したのはお昼過ぎ 入り口はお蕎麦屋さんですが、その奥に駐車場があるのでそこに駐車しましょう、既にお客さんが大勢 休憩所の横の入り口から浴場に向かおう 乱れ籠の脱衣スペース コインロッカータイプの脱衣場も余裕がある造りが気持ち良い。

【内風呂】
P3040021
動力楊湯で湯量も豊富なのか、浴槽も3ヶ所 露天は二ヶ所もあります。 それも44℃と湯温も恵まれているモール泉が注がれています。 掲示されてる情報によると、源泉が注がれているのは、主浴槽と露天石風呂で他は、ろ過掛け流しですが残念ながら薬剤使用 ただその差は入ると歴然 ツルツル度が明らかに違う。
モール独特のほのかな香りは飛んじゃってるのが残念 一旦貯湯してると思われる。 がそれを差し引いてもくつろげる湯 利用客も多く画像は断念 後はカメラを置き、ゆっくりと湯を堪能した。

温泉分析書
源泉名:オベリベリ温泉 水光園
試験年月日:平成28年12月12日
泉温:44.4℃
ph:8.8
蒸発残留物:0.331g/kg
成分総計:0.437g/kg
別記 腐食質:4.4㎎/kg
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
旧泉質名:単純温泉

資料に拠ると
掘削年:1970年 深度:1193m 帯広市内の温泉ボーリングは1970~80年に集中して開発、殆どが1.000mを越す深度で、その一本
温泉に拘るなら、やはり 市内ならホテルボストンアサヒ湯がお勧めかなと 言って過去記事探すが無い・・・在る分けないブログ作る前に利用 昔の画像引っ張り出した。

オベリベリ温泉 水光園
住所:帯広市東10条南5丁目4番地
電話:0155-23-4700
立ち寄り情報
料金:440円
営業:11:00~23:00
オベリベリ温泉 水光園さんのFBはこちら 

懐・帯広

【懐】
P3040004
少し早めに着いた、店前に駐車して待つことにしよう。 ただ札幌の重鎮に聞いたところ「何時休みか分からないし、電話は非公開」 つまり行って見ないと分からないってこと・・・「そうなのであります。ハイ」 ヤヤコシイ店だが、逆にメチャ燃えるね
開店時間を過ぎました、開く気配はありません・・・やや諦めた頃 隣に自家用車が駐車 チョッとめんどくさそうにしながらも、「今 開けるから待ってて」
開きます、食べれます。 

【店内】
P3040005
カウンターとテーブル席です。 何故かバナナとかパイナップルが置いています。 メニューは壁に直に書いています。 なんだこのメニュー らーめんと書いている通り しょう油 一本勝負! だから多め・少な目の注文が無ければ、何も言わずに丼が出てきます。

湯を沸かしたりしてるので、時間があり、ご主人と話してると、店に来たとき私の車があり、「帯広ナンバーで初めての方なら「時間掛かるよ」と思たけど、旭川ナンバーなので開けたんだよ」 メンドクサイご主人だが、好きです。 待つ間常連さんが来店 新ラーメンの話やら耳ダンボ状態(笑い

【しょう油ラーメン】650円
P3040013
ホウレン草・麩・海苔も乗ってる昔風ラーメン・中華そばとでも言えそうなスタイル レンゲで一口 豚骨・鶏ベース・昆布・煮干しと味醂って言ってたな、
油は少なめ 煮干しが香り塩分も程よく ご主人から想像するとガッツリ系と思ったが驚きの優しい味 ギャップが凄すぎ
麺はやや細め・強縮れ・加水率高めの地元まる源保刈製麺 チャーシューは昔風 味濃い目で繊維状に切れるタイプが二枚
「裏メニュー」の塩があり連食で注文するつもりでしたが、多分通りそうも無いので表メニューで退散

実はその前に常連さんとご主人が話してた、試しに作ったラーメンが在るんだけど食べると会話・・・ 俺はいいわ なんて言うもんだから、「その●●ラーメンって食べてみたいのですが、無理ですよね?」なんて 口から出てた(爆 モチロン撃沈

これで顔覚えてもらったかな、裏・裏々メニューを頂けるのは常連のみと興味の尽きないお店
この店で、塩・ガッタリと言って注文通るまで何回通えばいいのでしょうか?(爆

らーめん
住所:帯広市西五条北1
電話:--
営業:11:30~15:00 (注)ご主人の気分次第
休み:不定休
 

ふれ愛・ふれ愛の郷

【レストランふれ愛 旭川福祉専門学校内】
P3010021

P3010022 東川の中心街を抜けキャンモアースキー場を横目に見ながら更に車を進めよう。
高台が左手に見える、その場所に 北工学園系列の福祉専門学校が見えてくる。 

食堂が有りそうなのでうかがった。 情報は皆無、之ばかりは実際に行かなくちゃ分からない はたして一般の方が利用で来るのでしょう?  

【店内】
P3010019
遠慮がちに駐車場に停めると、すれ違う学生達が「今日は」と声を掛けてくるのが気持ちいい。 学生に聞くと利用はOKで 大歓迎とのことです。 店内は高台にあるのでとても開放感があります。 店内は、テーブル席のみで 訪れたときはランチ時で学生で大賑わいでした。 画像はちょっと時間が経ち学生が引けたときにパシャリ
では券売機のメニューを見ましょう。
ラーメンはしょう油・みそで塩は無く、丼物・カレー・セット物もあります。 ロコモコ丼も発見 で注文したのは

【しょう油ラーメン】550円
P3010009  
脂は少なめ 透明系で魚介も僅か 時々遭遇する業務系と推測 麺は、低加水・中細・強めの縮れの旭川麺がうれしい。 チャーシューはややしょぼめなのが一枚 価格からいったら致し方ない。
アウェー感が漂う場所でいただく、ラーメンは久しぶりです。  職員から寒かったらストーブの傍に移って下さいと声も掛けていただいた。 
卒業生はきっと良い社会人になってると期待したいですね。

レストランふれ愛
住所:東川町進化台
電話:0166-82-3898
営業:--
休み:--
委託されてる業者は富良野の西川食品

をん坐・市内

そばと手料理 をん坐】
P2260027

P2260028 初訪問 豊岡の斜め通りに以前在ったときは、何故か利用したことがなかった。 神居に移転して非常に気になってた。

これは行かねばと訪問 この場所は以前、「裕」さんが有ったところですね、「裕」さんは名前を変え現在も北門町で営業中
値段がちょっとハルと聞いていたが 如何に

【店内】
P2260001
カウンターとテーブル席で、和風に変わった。 キャパは以前より増えたと思うが窮屈感はない メニューを見てみよう。 聞いていた通り、チョッとじゃなくかなりお高い!! まず お蕎麦のメニュー 次は酒飲みが気になるつまみ系のメニュー ぬきもあり蕎麦好きにはたまらない チビチビ飲んで〆の蕎麦で決めるのはいいね
如何せん お値段が・・・ で注文したのは

【鴨南蛮せいろ】1.600円
P2260014
蕎麦好きには怒られるかもしれませんが、ラーメン2杯頂ける価格に驚き 蕎麦は三種類から選べましたが利用時は、緑(甘皮ごと挽く)・黒(殻ごと挽く)の2種から選択 選んだのは緑を注文 
ピシッと冷たくしめ、細めでのど越しがいい 美味しいね。 腕の確かさが分かる 

P2260019
鴨がごろりと入った汁にくぐらせ頂こう 濃く辛い これまたいいね 箸が進みます。 食べ進むと底に「つくね」発見 悔やまれるのが焼きネギをもう少し焼き目を入れてくれたら好みかな
美味しい店発見 ですが気軽に蕎麦でも食ってくか~とは為らない価格設定がネック 
拘りのお蕎麦屋さんて、少々高いのも事実ですが其れより遥か上の価格は厳しい、家族で行ったら大変です。 いい経験になりました。

そばと手料理をん坐
住所:旭川市神居3条18
電話:0166-61-8700
営業:--
休み:--

太鼓屋・北門店

【看板】
P2250043
北門にあるお店 すし屋か食堂かはたまた居酒屋なのか じゃ行って見ましょう。 東光に同じ名前のお店があったが今は病院になっちゃったがそちらが本店だったのでしょうか? ランチ利用です。

【店内】
P2250031
ネタケースもあるので、基本おすし屋さんの様です。 店内はカウンターと掘り炬燵式のこ上がり 宴会も出来る大きさです。 カウンターにはちょっと強面のご主人 でも気さくに話しかけてくれる方でした。 テーブル上のランチメニューを手に取る。 で選んだのは

【かつ丼】600円 
P2250035
通常800円ですからお得ですよね 玉子は火が通るタイプ 半熟よりこちらが好みです、これにサラダ・漬物と味噌汁が付きます。 外食で久しぶりの「かつ丼」は美味しいね。

【お寿司そばセット】1.000円
P2250038
こちらは握りが5貫の方で内容は「ウニ・いくら・マグロ・かに・ホタテ」 もう少し食べたいなーという方には、ランクは落ちますが同じ価格で8貫の握りにも変更でき 「いくら・トビッコ・いか・マグロ・甘えび・タコ・白身・ホタテ」に変更も可能 この日はイカがサーモンに変更されていました。 そばは乾麺を使用と思われますがしっかりした量
お腹一杯ですね。 お寿司屋さんが出すランチはコスパも量も納得の料理

太鼓屋 北門店
住所:旭川市錦町15
電話:0166-54-0336
営業:11:00~14:00(ランチ)
   :17:00~20:00

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ