そば処 とき家・市内

【そば処 とき家】
P4220020
市内 食べログの雄 「ウエスティのうーちゃん」さんの情報で名前が変わったと知り、訪れてみた。 名前が代わる前は「そば庵・大町店」 過去記事は 2015/12 2015/01と二回の紹介ですが、実は多数利用してたりします。
店内の配置は変わりなし 店名を変更した理由は、そば庵製麺場の終了にともなう物との事 けど「そば庵」グループって何件あったけ 
市内の同じ名前を表記する、そば屋さんてあるけど、今となっては実際お店に聞かないと、どこが本店なのか不明なお店ばかりで、誰か調査しないかな~

店内は変わらなく、出前の電話が鳴るのも変わらない。 メニューを見てみよう。 そばメニュー 裏は定食・セットメニューになっています、あれラーメンが無い・・・ と思いきや別のメニュー表に昇格として登場 で注文したのは

【たまご丼セット】二色重650円
P4220015
以前のメニューにはなかったたまご丼セット、変わらない容器と味 で安心 価格はチョッと値上がりしたものもあるが、懐にやさしいのは変わらない。

【みそラーメン】620円
P4220016
この特徴の有る丼も、もやしとひき肉がのるスタイルも変わらない これで620円だぜ~ 出前もしてるし、こんなお店近くにあればいいな。 かなり以前にあった中華系のメニューは無くなったが地元に愛されるお店だよね

そば処 とき屋旧そば庵 大町
住所:大町2条5丁目
電話:0166-54-0934
営業:11:00~20:00
休み:日曜

ザキミ家・市内

【ザキミ家】
P4150026
赤い看板が主張 開店と同時に入店 もちろん一番乗り、店内はL字のカウンターとテーブル席 店内はやや豚骨の香りがします。
国内で家系を提供してる最北の店でいいのでしょうか? 正直 何が「家系」とは何を指すのかも分からず、初「家系」を体験
看板には 味の好み[こいめ・うすめ] 油の好み[多め・少なめ・ぬき] 麺の好み[かため・やわらかめ]と好みに応じるてくれます。 メニューを見てみようか、みそとか以前はつけ麺もあった筈 オーナーに初めてとつげて、全て普通で注文

【ラーメン】700円全てデフォ
P4150020
ラーメン好きの方のブログでみた画像より白濁したスープ ホウレン草 大きい海苔が三枚 スープを一口は塩分も控えめ これが家系か~ 癖の有る味かと思いきや、油も多めながら、マイルドで旨みもあるね。 しょう油は隠し味程度なのかな
麺はストレート・太い・太麺・ツルッとした麺で存在感があります。 食べたことの無い麺ですが、スープに合いますね。 チャーシューは、大きめなのが一枚で箸で持つと崩れそうで、これまたいい仕事しています。 個人的にはホウレン草と海苔は無くてもいいから葱にして貰えないかな。 まートッピングで九条葱すれば良いことですが・・・
旭川で3年 すっかり根付いたお店ですね

ザキミ家
住所:旭川市豊岡2条7丁目4-9
電話:0166-33-4138
営業:11:00~14:30
   :18:00~20:30
休み:火曜

龍乃湯 食堂・東旭川

【龍乃湯温泉】(たつのゆおんせん)の食堂
P4160001
場所的には、東旭川駅裏と言えばいいのでしょうか? 今回は食堂が目的なので、温泉の記事は、2016/07の記事をご覧ください。 食堂があるのは確認していたのですが、いつでも来れるわなんて思ってたら、市内ラーメンの重鎮esさんと、ミユージシャンでありラーメン好きのクサイダーさんに呼ばれた!!
こらは行かない訳が無い。 券売機のメニューを見てみよう、なんと「味噌ラーメン」がメニュー落ち 一番早く紹介されたesさんの記事でもメニュー落ちしています。 
ところが温泉を再開した時の画像には、「味噌ラーメン」がありました。 幻の味噌ラーメンはいつかメニュー復活を期待します。 じゃ注文したのは

【しょう油ラーメン】600円
P4160007

【塩ラーメン】600円
P4160009
同行者が注文して一言「うま~」 目の前のしょう油後にしてレンゲで一口 煮込んで出した豚骨が香る・濃厚な出汁・表面を覆う多量な脂と野菜系から出る甘みとあいまって市内では今まで体験したことの無いラーメン
温泉施設のラーメンとは思えない程のレベル しかも600円とは、

クサイダーさんの記事でも書いていますが、しょう油・塩では殆ど変わりない見た目 味もしょう油と言われればそうかなと思う程の味でさらに複雑な味になっています。 お勧めは塩です。

麺は強縮れ・中太・やや加水麺で非旭川麺 チャーシューが二枚ながらその、この分厚さが嬉しい
是非、札幌在住の「がったりさん」(笑 に、がったりで注文して欲しいラーメンだったりして

温泉は冷鉱泉の加温・循環・薬剤利用とマニアにはお勧めしないが、近所の銭湯感覚で利用されてる。 何故か温度が高い。
鉄を含む温泉は、体感温度より実際は低いのですが、熱いです。

●住所:東旭川上兵村91番地
電話:0166-36-1562
日帰り情報
 料金:550円
 営業:9:00~22:00
 休み:火曜
食堂:11:30~14:00
※追記:貴重な情報を頂きました
     店内に掲示されていませんが、日帰り利用は7:00から利用可能



時にはこんな画像もいいかな

【時には】
P4010020
当ブログは基本 利用したお店を全て紹介していません。 美味しくなかった記事書くのは辛いしね。 
上の画像はドライブして向かったお店 いや~久しぶりに驚いた!! 画像もボケボケ
その時注文したのは、しょう油と味噌 しょう油:魚介は感じるが、旨みがゼロ 味噌:塩っぱいだけ、これまた旨みゼロ しかも麺はノビノビときたもんだ、ここまで来ると天晴れです。

毎日外食してる訳も無く、休日中心に食べ歩くスタイルで年間を通して、ラーメンなら連食することも有りますが、多分150食まで行かないと思います。 ラーメンオフ会に呼ばれて何故か出てますが、メンバーの中では圧倒的に少ないのが現状
時にはメンドクサイから止めようかと考えたことも在りましたが、現在もだらだらとブログ絶賛継続中とりとめも無い記事で今回もアップでは 

江部乙温泉・立ち寄り湯

【江部乙温泉】
P3120051
12号線を離れ、江部乙駅に向かう。 線路沿いにある温泉が地元民に銭湯代わりに利用されてる施設 宿前には今は動いていない時計が目印
受付横の券売機はまだ健在で、500円を払う(AM11時までの利用は450円) 相変わらずレトロな物がある風景は変わらないね 脱衣場は狭いのが難点ですが、利用数としたらギリギリOKかな? ではお目当ての温泉に入ろう。

【源泉湯】
P3120033
入り口を入ると右に、冷泉湯と源泉湯があるが、私の好きな奥の源泉を加温した湯船に直行 
Aa-極楽だ~ 笹濁りの源泉 土類系も感じます。 私の楽しみは浴槽の縁に頭を乗せ体を浮かせブラブラすること、この施設は天井に天窓があり、日を感じながらブラブラ~ 気持ちいい。 温泉成分は以前の記事を参考に
ポカポカした後は、休憩室でのんびりとして、冷たいお水でも飲み一息つきましょう。

江部乙温泉
住所:滝川市江部乙町西12丁目8-22
電話:0125-75-2555
立ち寄り情報
営業:9:30~23:00(清掃時、時間変更あり)
休み:月曜(祝祭日は翌日
料金:500円
江部乙温泉のHPはこちら

来音・市内

【来音】
P3250040

【入り口】
P3250036
住宅街にある コーヒーとお蕎麦のお店 これまた判りづらく迷って下さい。 自宅を改装し、開店から12年目になり、開店したことも知らず、相当前に住宅街を走ってるときに発見した店 今回初紹介します。
お店前には案山子がありますでは、店内に 靴を脱いで利用 座卓テーブルと奥にはテーブル席 奥のテーブル席・座卓にも利用者がおり中々の賑わいで、今回は座卓を利用しました。 テーブルにてっきり先客が居るのかと思うほどの出来栄えの食品サンプルが置いてあり遊び心満載

テーブルのメニューを見てみましょう、表は、蕎麦・コーヒーと続き、実は裏を捲ると注目の「裏メニュー」のあの品が で選んだのは勿論

【そばつゆラーメン】鴨 700円
 P3250022
オーナーが好きな食べ方 どんなラーメンか気になって色々想像する・・・ 出てきたそばつゆラーメン 想像通りでした(笑い
表面を覆う油も無いので、レンズが曇る々々 フーフーして撮る。 麺はやや加水が有るタイプで、中太・強縮れ 鴨チャーシューは薄めで味付けされたのが一枚 
ラーメンと称してそばつゆのラーメンも超稀に遭遇 今回はメニューにも書いてるので真摯に対面
個人的には、そばつゆには蕎麦と思うがラーメンも好き好きで、これを待ってた人も少なからずいる。 これを裏メニューにしたオーナーも分かってたりしてね。

そばとコーヒーのお店 来音(らいおん)
住所:東光10条6丁目
電話:0166-32-2436
営業:11:00~16:00
休み:日曜祭日

PS:帰りには何と、人数分のテッシュを貰った有難うございます。 

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ