白金の湯・美瑛

旅人の宿 白金の湯】
P8150068
3年まえ惜しまれ閉店した「銀瑛荘」が、「旅人の宿 白金の湯」として復活!! 再開したのは5月31日ですが、知ったのは最近でした、たまたま通り、気付いて立ち寄りました。 施設内は3年前と変わりなく、記憶が甦ります。

【浴場入り口】
P8150062
階段脇の入り口も変わらない、じゃー早速 さっさと脱いで温泉だー 3年ぶりの浴場

【内湯】
P8150056

【露天風呂】
P8150053
凄いまったく変わっていない、信じられない!  露天の真ん中に鎮座してたナンモナイトのオブジェは内湯に場所を変えているけどね、湯は変りない。
それにしてもこの管理状態はどうだ、誰かが管理してたとしか考えられない、特に三年も利用していない温泉施設の老朽化は何ヶ所も見てる、謎の管理者に感謝しよう。 

源泉名:白金14号・15号・19号混合泉
試験年月日:平成21年10月30日
泉温:46.1℃
ph:6.4
蒸発残留物:4.834g/kg
泉質:ナトリウム・マグネシウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
旧泉質名:含塩化土類-芒硝泉

美瑛ゲストハウス 白金の湯
住所:美瑛町白金温泉10734-1
電話:0166-74-8131
立ち寄り湯情報
料金:500円
利用時間:10:00~20:00
休み:無休
現在は素泊まり(自炊可能)・立ち寄り湯の形態で運営中
詳細は美瑛ゲストハウス 白金の湯のFacebookをクリック

たかはし・当麻

【たかはし】
P7300033
久しぶりの当麻の「たかはし」さん 紹介は、2010/10ですので、7年も経っています(汗 当ブログを紹介してくれる、na-aagoさんが紹介してくれたので訪れた。
お店の佇まいは変わらないね、店内もカウンターとテーブル席と多分変わらない筈・・・ テーブル席は利用中でカウンター利用

【カウンター席】
P7300024
オシボリとお冷 メニューを見てみようか、なんと基本三味は50円UPの価格とは驚きですね お店の努力を感じますね。 注文も決まり、地元お店を紹介してる「HIRU TOMA YORU TOMA」を見ながら待ちましょう。

【坦々麺】800円
P7300027
黒ゴマのブラックもあるがここは、ノーマル坦々麺 ソコソコの外観だね、スープ一口 マイルドな辛さです、旨みもあり美味しいです、辛さは個人差が有るので参考程度 個人的にはまだ辛くても大丈夫かな 麺は中太・中縮れ・低加水の旭川麺 同行者が選んだのが

【しょう油ラーメン】650円
P7300026
 中濁り系で魚介系・豚骨ベース やや多めの脂の上に白ごまが浮くスープ バランスがいいね こちらにも煮たまご半身トッピング しょう油よろ先に旨みを感じ、しょう油が遅れて香る そんなスープ ゴマは邪魔しないくて良かった。
お気に入りの「和可奈」さんが閉店してから、当麻による機会も減ったが、お勧めの「ココペリ」ばかりだったが、選択肢がふえました、価格も手頃ですし

たかはし
住所:当麻町4条南3-5-14 
電話:0166-84-2748
営業:11:00~15:00 17:22:00
休み:j火曜 
食事処たかはしさんのfacebookはこちら

探索・源泉

【沢を進む】
P8150019
天気に恵まれないお盆休み 神楽の花火は雨の中ヤケクソ気味に打ち上げ(爆 休みの一日目に親戚のチビちゃん連れて、お気に入りの「ひつじの丘」でジンギスカン食べたくらいで、体が鈍り気味
小雨降る中、思い立って車で源泉を探しに向かおう。

進入ポイントはある沢の砂防ダムから 現在昨年の台風の土砂(岩石)を取り除く作業中 足場は滅茶苦茶悪いので慎重に進みましょう、源泉探しに向かい、大変な目にあった友人もいたしね。 砂防ダム脇の滝は温泉が流れていますが、後回しに先を進もう

【代わり映えしない風景】
P8150021

【更に進む】
P8150024

進んでも景色が変わらず、まったく面白くない! 二つ目の砂防ダムが目標なのだが、軟弱探索隊はこれにて断念 けど丁度いい運動量で、源泉は見つけられなかったが山はいいね。 滝状の湯も確認して終了。
尚:こちらの温泉郷は総じて 含石膏酸性明ばん泉に分類される。

ラーメンのひまわり・美瑛

ラーメンのひまわり】
P7290014
以前紹介は、2012/05と相当古いです。 その後気になって前を通るも開店してる感じがしなかった、最近開店してるとのことで訪れた。 外観は変わらないね 店内はテーブル席とカウンターで14名ほどのキャパ
昼前に訪れた時は一組の利用でしたが、昼を迎えるとほぼ満席 メニューを見てみると最初利用した時は強気の値段かなと思った記憶がある。 注文したのは

【坦々メン】900円
P7290005
ビジュアル的には昔と変わらない、味 昔の記憶はもう無いですが、普通に美味しい 2012年からメニューに在ったとは、今思うと斬新でしたね 麺は中細・中縮れ・中加水 チャーシューは濃い目の味付けの昔風が一枚の変わらない。 同行者が注文したのは

【塩レモンラーメン】900円
P7290006
昔のメニューにもあるラーメン 初めてです。 基本は塩 ご主人から、下のスープから飲んで下さいとのことで、本来の塩を確認して、その後レモンが加わったスープを飲んで欲しいとのこと、じゃー本来の塩は 透明系です、おー旨み・程よい塩気・鶏・豚骨も感じるとても美味しいじゃありませんか。

冷たい蕎麦に柑橘系が乗る変り蕎麦は好きですが、温かいとどうなるのかな? 爽やかなレモンの香りと相まって、なかなか美味しいと思います、ただ長らく温度を加わると柑橘系特有のエグ味が増すので、私は平気ですが、苦手な方は取り皿が有るのでそちらに移しましょう。 こうなるとノーマル塩が気に為ります。 観光地価格なのか強気の設定ですが、シッカリしたラーメンと思います。

ラーメンのひまわり
住所:美瑛町栄町2丁目
営業:11:30~15:00
電話:0166-92-0983
営業:土日営業 7月は水曜も営業(詳細はお店で確認)
   :1~3月は休業
個人的には開いてたらラッキーと思うハードルの高いお店

某月・某所→華龍閣@某飲み会・飲んべえ達の宴

【はじまっちゃったよ】
 P7260006
ジンギスカンがメインのビアホール 予約しないと難しいと言われるお店 幹事さん有難う。
たらふく食って、飲んで楽しかった
【はい 終了】
P7260012
満席で賑わった席も静かなものだ 

【危険 只者じゃない者達が繰り出す】
P7260016

【たどり着いた先は】
P7260034

先ずは また「乾杯」
P7260019
じゃーまた注文するよ
↓クリックで拡大
P7260021
キクラゲの炒め物 750円
P7260027
餃子 700円
P7260025
麻婆豆腐 600円

P7260024
チキンライス 700円
四種も注文 中華は注文を間違えるととんでもない事になるので、注文時にしっかり「確認」して、小皿にする。
小皿と言っても不通の盛りが4皿 

チョッと確認しますが、ジンギスカン食べましたよね

今回 キクラゲの炒め物を注文した、某氏が「旭キク連総裁」を宣言 無事出席者から満場一致で、承認された事をお伝えしよう。 尚:会員を募集中かは不明である(爆
この中で驚きの「チキンライス」はケチャップライスなのですが、今まで食べたことの無い食感に驚く!
でこれで終り・・・ そこのお兄さん・お嬢さん こんなもんじゃ無い 〆のあれが来る

【麺軍団が攻める】
P7260029
ノーマル醤油 650円
P7260030
五目やきそば 800円
P7260032
麻婆麺 850円
お店お勧めの 麻婆麺は単品の麻婆豆腐より、山椒が効いておりとても美味しいかった、ノーマルしょう油は何時ものアッサリ系 五目やきそばは記憶が無く御免なさい。 華龍閣サンロク内ならスナックでも出前OKで昔はよく利用したものだ、カウンター越しにママを見ながら食べるラーメンもまた乙なものだ、皆さんも体験あれ
次回はあれね またよろしく

ゴローソ・東川

【ゴローソ】
P7230179

【ジェラードも販売】
 P7230182
市内旭岡で営業してた時は、かなりの頻度で紹介してたお気に入りのお店 過去記事:2009/04 2009/06 2010/11と紹介しています。 古民家改装してると聞いていましたが、東川に移ってからは初利用 楽しみです。

【店内】
P7230163
クリックで拡大
P7230158
インテリア
P7230161
ショップカード
P7230176
入り口
女子が喜びそうな店内だね、おっさん一人は相当の勇気が必要かな? お昼は過ぎていますが、半分以上の席は埋まっていて、田舎に越したものの人気店なのは、変わってないね。 美味しい料理が頂ければ、立地なんて関係ない見本 
でメニュー 4枚あるのでめんどくさいから適当に見てね 
何時ものセットを注文 少し値上げしたけれど其れでもお手軽価格

【ゴローソ名物パスタセット】900円
半熟玉子と葉物野菜のサラダ クルミ入り自家製酵母のライ麦パン
 P7230165
更に野菜感アップ 地元東雲(しののめ)地区の食材を積極的に利用 パスタは二種類

【東川しののめ地区産 野菜のトマトソース フェデリニ(細パスタ)】
P7230167
パスタが見えない!! 野菜に埋まってる 味付けは薄めで野菜の食感を楽しむ お好みで少々塩を振った。

【クリームソースバージョン】+100円
P7230169
クリーム・チーズ感たっぷりでカルボナーラ風で冷めるとヤバイので早く食べよう。

【デザート+ドリンク】生チョコプリン
P7230172
落ち着く食後 変わるのも時には必要だけど、変えなくても良 い物もある 
そんな事を感じた田舎カフェ「ゴローソ」 私的には以前より野菜がマシマシに変貌状態のお店 野菜好きには超お勧めですが、パスタもう少し食べたかったな(笑顔
オーナー一人で厨房・接客されているので、繁忙時には時間が掛かるので、余裕を持っての利用をお勧めします。

古農家ゴローソ
住所:東川町東3号北32
電話:090-6879-8998
営業:11:00~夕方
休み:--

天人閣・立ち寄り湯

【天人閣】
P7230138

P7230143
明治33年 松山多米蔵氏が温泉施設を作る 当時「松山温泉」(現天人峡)の名前でした。 夏の豪雨災害で橋が流されたり、道路が不通になり、気が付けば、「天人峡グランドホテル」・「天人峡パークホテル」が閉鎖しました、現在「御宿しきしま荘」と「天人閣」が絶賛営業中!! 
久しぶりの「天人閣」です。 長年に渡って増築と改築を繰り返し館内は迷路状態 かくれんぼしたら、何人か本当に神隠しにあって出てこなくなるでしょうね(爆
施設の老朽化は否めず、ゲームコナーや昔賑わったお祭り広場もさびしい状態 しかししかしですよ貴方!!て誰 長年コンコンと自然湧出する温泉は健在 フロントで料金ややお高め1.000円ながら、フェイス・バスタオル付きなので手軽に利用できます。
迷路を巡って到着

【脱衣所】
P7230104
綺麗に管理され脱衣所です、さっさと脱いで湯船に 

【内湯】
P7230106
いい佇まい 半円形の湯船にうす緑の源泉がかけ流しされています。 源泉温度53℃で湯船に来るまでに自然冷却 時として夏の間はい熱い時がある、この時も熱かったな けど露天があるからそこで涼もう。

【露天風呂】
P7230111
旭川近郊ではベストの景色の露天で熱い湯に入り 渓谷に風に任せると至福の時が過ぎる、残念ながら温泉分析表は見つけることが出来なかったが、2002/09に撮影した画像によると、旧泉質名:含土類・食塩-芒硝泉 (土類とはナトリウム・カルシウム 芒硝とはナトリウムと硫酸塩のこと) 
やや金気臭 2002年の分析では鉄分(第2鉄イオン)は表記されていませんが、超古い1952年の分析表にはしっかりと表記されていますので、熱湯の一族と思われ温まります。

源泉湧出地点は、羽衣の滝に向かう道付近に在る筈ですが、災害で現在施錠中 尚:御宿しきしま荘の源泉は橋の袂のコンクリ枠に貯湯してる場所と思われる。
現在閉鎖されてる滝に向かう道沿いも含め、湧出地点は10ヶ所程在るらしいので、今後の課題ですね。

天人閣
住所:東川町天人峡温泉
電話:0166-97-2111
日帰り情報
時間:12:00~17:00
料金:1.000円 フェイス・バスタオル付き
天人閣さんのHPはこちら

プロフィール

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ