春だね~

【カタクリ・キバナノアマナ・エンゴサク】

花を愛で考えに耽るほどのロマンは持ち合わせない じゃなんで撮る 春が来たから気分もいいじゃ駄目か
訪れたのは隣町の深川 地元男山ほど人がいなくてゆっくりと散策できる場所 
訪れたのは、4/29は 桜はまだ蕾

【桜】

旭川では今日開花しましたね。 早咲きの桜は半咲き状態もチラホラ ポンコツで20万キロオーバーMy・Carの出番だ~ って何処行く。

あおい・剣淵

剣淵で頂くラーメンと言えば、メディアでも取り上げられる「駅前食堂」さんが有名ですよね。 剣淵にはまだあまり知られないお店がJetsさんから、衝撃の情報が入った。
個人的には旭川以北 上位に入る剣淵の「あおい」さんが5月一杯で暖簾を降ろす 
最初に2013/10/17に紹介して、何回も利用したお気に入りのお店 半世紀の歴史を終える 場所柄、休み等を考慮すると土曜日にしか利用できない困難店 もし訪れたことの無かったらこの機会に是非

●あおい食堂
住所:剣淵町仲町5番3号
電話:0165-34-2524
営業:10:00~20:00
休み:日曜

間際らしい地名・表記

【温の沢橋】

温泉・ラーメン大好きブログ 最近温泉記事が少ないよね。 施設系は殆ど利用してる(紹介してない施設もあり) 深く掘れば何か出てくるべ温泉 所謂ナンチャッテ温泉
最近あまり合うことも少なくなったが、細々と情報は交換してる、温泉探査グループは未知の湯を探し歩く 闇雲に歩いても無理 人夫々ですが、市町村史・ボーリング記録・地名・アイヌ語表記・ネット上・地元古老達の話など様々アプローチがある。

温泉・ラーメンを求め車で遠出する時は、それなりの情報もインプットして出かけ、私にとってはラーメン・温泉探索は同レベルだったりして、同行者はウンザリ状態 地名も気になる、オロロンラインの「湯の沢橋」って普通ビンゴと思うよね。 とりあえず見てみようか~

車を停め沢を見る為に流れに向かう ここで五感全開 匂い・温度・地形・更に細い流れの上流も目指そう。
【上流部】

ほとんど外れることが多い 思わせ振りな名前は何故つけたのかは、地元民にでも聞かないわからない、聞こうにも付近に民家は無い 過去には何らかな兆候があったのかもしれませんね。
国道近くの1987年に廃線になった旧天塩線の橋の名前には、「モテントカリ川橋梁(キョウリョウ)」の記載

【モテントカリ川橋梁】

しかし年代がおかしい 昭和33年(1958)に全線開通 昭和56年じゃおかしいので国道の橋なのかも・・・・ 鉄オタじゃないし 酷道オタでもない私はお手上げ状態 橋梁とあったから素人の私は国鉄と思ったが、橋=橋梁でいいのかな?
モテントカリ アイヌ語ぽいですが、解読できません。 
辞書を購入しないと駄目か? 辞書良い値段します。 こんなことしながら休日を過ごす管理人 
また訪れて下さいね。

理尾・小平

【理尾】

ラーメンブログの尊敬するesさんが、ヘビーロテするお店 以前道央にあり何回も通り過ぎたお店 このドアも小平に持ってきた模様だ、余程思い入れがあるんだね。 
店内はテーブル席と、小上がりがあり、窓は一面海を望む、夏は海水浴で大賑わいのビーチですが、冬の間にゴミが溜まっちゃったね。 シーズンには清掃してスッキリとする筈
メニューを見てみましょう、時間的にランチメニューになります。 生たまごが4個も付き頭で想像するが思いつかない【自然卵玉子かけごはん】なんてあり、大いに悩む ここは奮発してこちら

【三元豚ロースかつ定食】1.000円

別盛りの時もあるらしいが本日はワンプレート 懐かしいごはんの型使用(昔カレーってこれ使ってたね) キャベツにのるカツは、想像はしてたが、大きさと厚さは凄い! 切れ目は本当にジューシーさが分かる。 
サクサクの衣が心地よく、その奥のロースがこれまたメチャ旨い 唸るほどのレベル これに小鉢と汁物が付く 脂身が実は苦手でしたが、これが美味しいだよ。 最近食べた中ではベストですが、このボリュームで満足々々 同行者が選んだのは

【しょう油ラーメン】700円

綺麗なラーメンですね 中濁りのスープ やや多目の脂が覆う 豚骨ベースで魚介系も加わり、塩分としょう油のバランスで食べさせるスープは絶品です。 薄いが大きめな赤身のチャーシューは最近散見するスタイル 
麺は札幌のメーカーが作る、やや細麺・中縮れ・低加水率の旭川インスパイアー麺は、一時コート麺とか言われた麺とは違い、実にお美味しい麺です。
ここに合わないだろう言われるタマネギ 刻んだ物は散見するがこちらは驚きのスライス状 これが邪魔ではなく合ったるから不思議 センスなのか腕なのか残りのメニューも気になるレベルの高いお店 夏になる前に是非お奨めしたいお店
料理が届く間にレジの横にメニュー発見 
<夜メニューです。>了解を頂いてパシャリしたのはこちら 一品料理丼・パスタ・焼そばドリンクこれは海水浴横目にキャンプする価値あり もう一枚には、とんこつ・辛みそ・えびフライカレーなんてあるのは謎のメニュー
注意として現在だけなのか不明なのですが、ラーメンは数量限定ですので悪しからず。
オンシーズンになる前にまた行かなくちゃいけないお店 超おすすめ 
オロロンラインには何故かトンカツが一押しの店が並ぶ 鬼鹿「すみれ」 力昼「ドライブインさわ」 そして「理尾」と続く 理由があるのか無いのか、たまたまか  

レストハウス 理尾
住所:小平町臼谷
電話:0164-56-1646
営業:11:15~14:00
   :17:00~19:00(平日)
   :11:15~14:00(日曜のみ)
休み:月曜

おかめ・東川

定食 おかめ】

また来てしまった東川の「おかめ」 本当は、奥の々のカフェに行く予定でしたが、開店にてるのを確認してUターンして吸い込まれるように入店 過去記事は、2017/02に紹介しています。 店内は変わらないく、テーブル席が余裕ある配置してあり、本日もほぼ満席状態です。 暖簾が濃緑に変わりましたね。 メニューを見ると変わりないですね。 まず、久しぶりの登場の姉が選んだのが無謀にもこちら

【炒飯定食】600円

ちょっとこの角度ではやや大盛りと思うフォルムですがこちらではどう


結構な標高ですね。 勿論、お持ち帰りOKと話してるので、半分は持ち帰ろうと手をつける前に作業進める(笑い 私が選んだのは、何故か被った

【生姜焼定食】750円

ガッツリボリュームなのは変わりない、薄目の肉が多く見かけるなか(こちらも好きですが)、存在感をこちらの圧勝 小鉢も付く や~満腹だ 同行者が選んだのは

【そば定食】650円

どんぶり飯にそばと漬物も加え三つの小鉢 こちらも中々な破壊力 こうなるとお隣さんが注文した親子丼定食が気になりますね。

定食 おかめ
住所:東川町西町9丁目1-24
電話:0166-82-5282
営業:11:30~14:00
休み:月・火曜

梅光軒・南

【梅光軒・南】

個人的には梅光軒南認識するお店 過去記事は最近の記事は、2016/02   時として狭い駐車場が満車で断念したこと多々あり今回はスンナリ駐車 L字のカウンターと小上がり メニューを見ると変わりないね。 で何注文しようか考えてると、こんな「新メニュー」発見! 前回利用した2016/02には無かったと記憶 じゃーこれだ

【辛しょう油】(レベル1)950円

三味在る中で、初めてなので、お手並み拝見でしょう油の辛さは① 辛ラーメンには全部のせなんだ。 しょう油には基本野菜は注文しないのですが、如何 レンゲで一口 ベースはラー油ぽいですが、それだけではないと思わせる中々美味しいじゃないですか、辛さはガツンときますが、まだまだ許容範囲 試しに同行者が啜ると、むせていた。 主張するスープなので野菜がのってもスープは負けていないし、もしかして正解と思うバランスです。
麺は梅光軒の麺を一手に提供する「梅里」さんの旭川麺 ぶっといメンマと野菜 厚めのチャーシュー一枚 ひき肉も入るしょう油には珍しく、味噌みたいだね。 次回は辛さ②だね。 同行者が選んだのは
【みそラーメン】750円

安定したラーメンだね。、梅ちゃん系列に拘らず、食堂系でも味が変わるし、そこを楽しみましょう。

梅光軒・南
住所:旭川市南3条23丁目
電話:0166-31-6066
営業:11:30~20:00
出前:11:30~15:00 17:00~19:30
休み:水曜 

雪番屋・比布

【雪番屋】

比布スキー場の雪番屋 期間が過ぎ今は、お休み中です。 メインロッジが新設されそちらも非常に気にながら、絶滅危惧種となったワンコイン大好きの私は、こちらに向かった。 前回紹介したのは、2016/03です。
カウンターの上にはランチ500円と表記 メニューを見てみよう、看板メニューのニジマス(いくら)丼とあら汁他に三品全てワンコイン天晴れ! もちろんスキーロッジなので、アウェー感満載ですが で注文したのは

【しょう油ラーメン】500円
   
今シーズンも微妙な味のラーメンは健在 脂無し 駅そば風のスープにラーメンの麺を投入スタイル 麺はやや加水率のある中細・中縮れ チャーシューは硬めの赤身が一枚が何ともB級感・共に突っ込みどころ満載 同行者が選んだのは勿論

【ニジマスいくら丼+あら汁】500円

鮭のいくらと違いやや膜が厚いマスコが好き嫌いがあるかな、個人的にはどちらも好き 
個人的には大葉が駄目で慎重に取る(爆 紫蘇も駄目 同科のラベンダーも苦手で花畑には入れないかったりする。  香草が苦手
丼と共に付くあら汁の旨いこと スキー場オープン時にしか頂けない「雪番屋」さん 今期もぎりぎりセーフで利用できました。 来期にはまた伺おう。

雪番屋
住所:比布町北町7線17号
電話:0166-58-9850
営業:10:30~15:00(延長しました)
休み:---
今期は終了 来期に利用しようね 
尚:養殖場は、笹の平に向かう道を進めば有ります。

宝来軒・市内


テーブルにはマヨネーズ・デカイペットボトル・ソースなんかも鎮座と為れば、もう分かるよね 教育大生徒の御用達のお店 そう「宝来軒」
今日も若者で満席 最初カウンターに座りましたが、テーブル席が空き「どうぞ~」ということで移動 メニューを手に取ると、以前紹介から50円ほど値上がりしていました。

【しおラーメン】+チャーシュー500円+150円

ゴマが掛かるね、意味の無いゴマなんかイラネーと言う人もいるけど、ゴマは許せる。 表面は脂が覆う チャーシューは一枚ごとがボリュームが有るせいで、スープに沈んでいるので、強引に引き上げた画像がこちら

【チャーシュー】

赤身はソコソコ弾力があり脂身はトロけるので後で自己流でトッピングするのは難しい、インスタ映えしませんね(苦笑 
これは厨房を守るおばさまに勉強したら絶対萌える画像になる筈 けど媚を売らないスタイル好きだね。
これで650円 恐るべし! 麺は、低加水の旭川麺・中細・中縮れですが、満席でテンパルと何時もの緩めなのがデフォなのは、ご愛嬌 同行者が注文したのは

【しょう油ラーメン】500円

でかいチャーシューが一枚 しょう油たれと豚骨ベースのスープのバランスはしょう油寄りは好きなタイプ 安定した味でいいね。 スゲー旨いかと言えば価格としては頑張ってると思う ワンコインですもの、末長らく続けてほしいお店です。

宝来軒
住所:旭川市旭町2条9丁目
電話:0166-53-6612
営業:11:00~14:00 17:00~0:00
   夜は焼肉かな 肉・ラーメンあるし飲めるし、ここもいいな。
休み:水曜
ちょっと分かりづらい場所ながら、何時も賑わってるお店ですね、価格もリーズナブル

ささき・市内

【ささき】

いつもの「ささき」さんだ! 2016/04紹介時で「あんかけ焼きそば」がメニュー落ちして、暫らくたった ここいらで餡系がヤバイかな(遅すぎか)と思い訪れた。 勿論ピカピカなカウンターが出迎えてくれるのが、本当に嬉しい。 メニューを見てみよう おー餡系の五目は健在 で餡かけ好きの同行者を差し置いて頼んだのは

【五目ラーメン】750円

やや緩めの餡がかーさんらしい 辛口(中華味)と書いていますが、全く辛くないのはご愛嬌 煮干しってますね。 じわじわ来る旨みがいい、 完璧な茹で加減の麺は低加水の旭川麺 野菜達の中に、チャーシューではなく豚バラ肉が入る 旭キク連に名を連ねる私にはキクラゲは外せないよね。
同行者が選んだのは

【ギョウザラーメンしょう油セット】750円

手作りの餃子が4個つくセット 3個しかない待ちきれず既に一個食ってるし(笑い
こちらは定番メニュー 美味しい料理は笑顔になるね。 何時までも続けてほしいお店です。

ささき
住所:旭川市旭神2条2丁目
電話:0166-65-7085
営業:11:30~20:00
休み:日曜

フラヌイ温泉・上富良野

【十勝岳温泉郷 湯めぐりチケット】最後の牙城


湯めぐりチケットで4軒の湯処を巡れる しかも半額で最初に利用してから4ヶ月有効と、太っ腹 現在も販売してるかは分からないけどね。 と何時ものいい加減度満開のブログ
低温ながら炭酸泉がマニアの中でも有名 その後源泉は炭酸と温度低下 かなり厳しい状況に至る 以前紹介したのは、2017/01でアワアワは確認できませんでしたね。 現在はどうでしょうか?

【源泉湯】

やや白濁したのは変わらない 炭酸泉は残念ながら復活はしていなかった。 ただ残念なのが地元利用者が投入するシャワー湯 下がった湯が気にくわない模様 それなら加温の源泉湯入ればと思うが、豪快に投湯 源泉の意味ないじゃんと思うが、ここは時たま利用する稀人 地域密着の温泉ありがたく利用した。 

【加温風呂】

投湯なんかしないで、こちらに入ればいいのにと思うけど、まーいいか
でここには食堂「フラヌイ食堂」時間が11:00~14:00とハードルが高い しょう油を680円で提供中 入浴料+ランチで1.080円のセットが期間限定で提供していますが、平日のみと私には激高ハードルで無理ですね。
過去記事:2009/01 2013/07 2017/01と利用しています。

フロンティア フラヌイ温泉
住所:上富良野町新町4丁目4-25
電話:0167-45-9779
日帰り情報
料金:600円
営業:7:00~22:00
休み:無休
フロンティア フラヌイ温泉さんのHPはこちら 

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ