赤錆萌え・・・

【錆びそして寂び】
P8260016.jpg
道央の某街 最近某紙で紹介 ナンじゃこれ 早速向かう イイッスね。 老朽化で現在は使用できないステンレス滑り台は問題なさそうですが、本体が朽ちるている。
炭鉱坑道で作業する時に使用するヘルメットとライトの形らしい 
旧炭鉱本当に面白い また巡るか?

こぐまん・市内

【こぐまん】

真新しい暖簾が掛かる「こぐまん」 豊岡「こぐま」が惜しまれて閉店 記事にも書きましたが、以前「太鼓屋・北門店」の場所に8/15に無事開店 以前の名を残しつつ「こぐまん」 ニューキャラも可愛い。
店内は、厨房奥が変わった様ですが、大きく変わっていません 昼過ぎの利用でしたが、ほぼ満席開店日にはワンコインで提供されていましたが、現在はメニュー通りの価格になっています。 こちらはご飯物のメニューです。 ラーメンも勿論ご飯物も充実 で注文したのは

【塩ラーメン】600円

豚骨メインの黄金色のスープが美しい 一口旨みはたっぷり 脂は多目 塩分は少々濃目 微かに香る特徴のある味はなんだろうか? ま~食べ進むと気にならなくなるが 麺は中細・中縮れ・低加水の麺が合う チャーシューは赤身がメインでしっかり味付けされホロホロタイプです。 同行者が注文したのは
【しょう油ラーメン】600円

こちらはスープ一口飲んだだけだけですが、やはり塩分が優る 旨みは十分なのでやや塩分を控えた方が好みかな
ほぼ新機開店で価格据え置きとは、本当にうれしい限り 場所は変われど応援したくなるお店

こぐまん
住所:旭川市錦町15丁目
電話0166-74-4539
営業:11:00~14:00
   :17:00~20:00
   :朝営業 5:00~8:00  ラー仲間情報では9月からとのこと
休み:月曜
厨房を一人で仕切るオーナー 新たに朝ラーも・・・ただただ頑張りすぎないで

とわ北斗・レストランさん★さん

【しょう油ラーメン】500円

お盆休み中 鷹栖の鷹の爪さん満員 車待ちあり ラーメン難民か それを救ってくれたのが鷹栖共済会さんが運営する鷹栖の北斗地区のとわ北斗さん ワンコインが並ぶメニューは圧巻 鷹共さん提供の食事には小鉢とフルーツが付くのは本当に凄いと思う。 ワンコインとはいえ、チャーシュー・蒲鉾・メンマ・ネギと手抜きなし。 同行者が選んだのが

【味噌ラーメン】500円 

以前はゴマが掛かっていたが現在は掛かっていません。 ストレート勝負いいですね!
お盆時期ラー難民に救ってくれたお店 これからも頑張って 少々値上げしてもOK 

レストランさんさん(とわ北斗内)
住所:鷹栖町14線17号
電話:0166-87-5630
営業:11:00~17:00(Lo16:30)
鷹栖共生会さんの過去記事はこちら 

謎の湯

【謎の湯】

天気の悪い盆休みでしたね、そんな中でもまだ良かった前半に久しぶりの源泉探査 こんな川の先にあるのかな~ 楽しみ では道を進みましょう

【通行止め】
林道を進め数ヶ所の分岐を進むと遂に通行止め この先が道路が決壊してるそうな 車を止めチョッと奥行って見ましょうか 熊怖いから 通称田んぼ一号の長靴と鈴を首からぶら下げて進みます。
川の音を聞きながらセンサー満開にしながら ビビリながら進むも兆候ないので、急いで車に戻る、 怖いぜ! 来る途中で気になる所まで戻ろう。

【池】

どこでも見るため池風ですが、何故か池中に大きい石が鎮座 付近を更に捜しましょう

【赤い流れ】
よく見ると岩盤の割れ目にそって湧出してるのが多く見られる 

【その一例】

割れ目からジワジワ出ています。 これが温泉成分由来なのか、また微生物の作用なのは不明 この岩盤様は自信ないが多分プロピライトと呼ばれるものなのかな 間違ってたら御免なさい。 で温度は比較の為に近くの本流の川の温度は

【本流温度】

13.6℃

【湧出地点温度】

19.2℃
成分的にはアルカリ性単純泉と思われるが、あの鉄分とは思われないドギツイ赤色 イエー楽しいぜ温泉!
もう一ヶ所ある筈ですが、とてもこの季節には入って行けなかったのが残念

山の食房・愛別

【山の食房】

国道39号 旭川から上川町に入る手前 ここはドライブイン39さんがあったところで、山の工房さんは出光スタンド向かいのキャンプ場で営業してたお店がこちらに移転 ドライブイン時代は何回か利用 山の食房さんは初利用になります。
中途半端な時間の利用 先客は一人
店内はテーブル席と奥に半個室風のテーブル席 あれ以前もこんな感じだったかな~? 記憶御座いません悪しからず! で注文したのは

【塩ラーメンきのこ】950円

窓際に座ったの失敗だったね(笑い 反射して今一よく分からない。 半濁のスープ 一口頂くと薄いと感じましたが、地元で食べる塩っぱいラーメン食べてるのでそう感じただけで、旨みがどんどん来ます。
麺は弱縮れ・やや細い・低加水の食べなれた麺が嬉しい チャーシューは厚目 脂身が半分ほど有るが脂が美味しいのなんの・・・久しぶりに味に感激 最初見た時キノコ少ねーって思ったが、下にゴッソリ隠れてたマイタケ発見 変に味付けされていないので、本来の味とシャキシャキ食感がいい
爺になると完汁はしないようにしてるが、久しぶりの完汁 39号でいい店見つけました。

山の食房
住所:愛別愛山582-2
電話:01658-7-2115
営業:11:00~19:00
休み:水曜

らーめん よつ葉

【煮干し 冷やし麺 しょうゆ】850円(夏期間限定)


【煮干し 冷やし麺 白しょうゆ】850円(夏期間限定)

夏季限定の冷やしシリーズ 綺麗な盛り付けです。 煮干しが上品に香るスープ 水菜・半分にカットされた煮玉子・くせのない紫タマネギのスライス・チャーシューというよりローストビーフのようなしっかりタイプ 麺は細目・ストレート・やや加水の麺がよくあいます。
ここは多くを語らなくてもいいだろう。 是非お試しあれ!!

らーめん よつ葉
住所:旭川市豊岡12条6-7
電話:0166-35-4313
営業:11:00~15:00
   :17:00~20:00
休み:不定休
らーめん よつ葉さんのFBはこちら

地産食堂ウルエ

【地産食堂 ウルエ】

永山の地産地消を押すお店 以前利用したときはお客さん一杯で撮影断念した。 期間限定のラーメンが有るらしいので訪れた。 ややランチ時間に利用 5割がた埋まってるし 相変わらず人気店 店内はテーブル席で、余裕のある配置がいいね。

メニューを見てみよう すごい種類だね 最初から決めていないと悩む人は覚悟が必要 最初から決めていたから楽勝 で注文したのは

【麺からわさび!山わさび冷やししょうゆ】880円

綺麗なフォルムですね~ 麺はわさびを練りこんだ細・中縮れ麺 スープは魚介系のしょう油ベース 市販チューブ一本分もあろうかと思う凶暴な「山わさび」が鎮座 勿論このままスープに溶くツワモノはいないと思うが 私は無理 ここは小鉢が付いてくるのでそちらにいったん避難(笑 水菜・ネギ・刻み海苔・メンマ・味玉・鶏チャーシューと具沢山 麺は細麺・弱縮れ・やや加水で麺にもワサビが練りこまれてプリプリでワサビが香るりのど越しが好い麺です。 ここで避難してた山わさびを投入 これはこれは効くぜ ガンガン攻める
食べ進むうちに、これってラーメンか?頭によぎる もし麺が蕎麦・うどんでもスパでも合いそう。 残ったスープにご飯投入してもサラサラいけそうだね。 

地産食堂ウルエ
住所:永山3条8丁目1
電話:0166-47-6565
営業:11:00~15:00(Lo14:40)
   :17;00~20:00(Lo19;40)
休み:月曜、第三木曜 

石釜カフェ ヤマト・新十津川

【石釜カフェ ヤマト・新十津川】

新十津川の人気店 紹介は2017/03以来ですが、激込みで断念したこと有り(笑 今回も店内は満席ですが、少しの待ちで利用できそう、大人だから待てます。 15分程で案内 前回と同じ駐車場を眺める席  今回はブラインドが降りていなくて良かった!

【テーブル席】

メニューを見てみましょう。 価格は変わっていませんね では注文したのはランチメニューから

【ドリンクとミニサラダ】


【三種のキノコと海苔のピザ】1.000円 ドリンク+ミニサラダ


【気まぐれミックスピザ】1.000円 ドリンク+ミニサラダ


【今週のパスタ】ボンゴレ ドリンク+ミニサラダ

美味しいは ここ ピザ生地が薄くパリパリはお気に入り 本日のパスタはすきなボンゴレ やや塩分が多かったかな とり皿も添えられるので、皆でシェアーするのも楽しい。 
利用中も続々訪れ、おそるべしヤマト 何故かチョッと年の行った人たちもおり、静かに時間を過ごせました。 正直お洒落なカフェは女子度高 皆とは言わないが、一部意識高めの奥様軍団の賑やかさは尋常じゃない。
ここで愚痴っても仕方ないけど、その場で言えば・・・出来るわけねーょ(苦笑
人気店故、時間に余裕を持って利用して下さい。

石釜カフェ ヤマト
住所:新十津川字大和127-5
電話:080-9008-0810(予約不可)
営業:11:00~19:00
休み:火・水曜
石釜カフェ ヤマトさんのFBはこちら

鬼はそと・市内

【鬼はそと】

永山の「とうがらし」に初めて訪れた時 張り紙があり閉店してた。 新店舗の一番乗りは目指さない私的には新旧入れ替わりが多い旭川では、良く有る事だったりする。 そんな中鬼はそとが復活したそうな 同じ永山で営業してた蕎麦の「福は内」さん後に開店
ランチ時間をやや過ぎた時間でしたが、店内はほぼ満席ですね 店前のテントはプチビアガーデンのようです。 メニューを見てみましょう まずはそばとラーメン・ご飯物のメニューはこちら 居酒屋メニューの一品物と思われるが日中もOKとは嬉しい。 で注文したのは

【とうがらし味噌】辛味2 680円

辛そうなフォルム では一口 おー思ったほど辛くない 豚骨ベースで旨みとやや濃厚な味噌タレ 奥にナッツ系も感じる 何となく最近復活した神楽三平本店を感じたりするのは私だけ(笑 麺は、やや細め・中加水・弱縮れの旭川麺がいい チャーシューはどーんとデカイのが一枚
この価格でこのレベルは良心的 辛さレベルは緩めかな? まだまだいけるね。
三平も気になるが、鬼はそとのレベル5もね。 居酒屋メニューも気になる

そば処 鬼はそと
住所:旭川市永山3条21-1-3
電話:0166-47-5110
営業:11:00~14:00
   :17:30~20:30
休み:水曜

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ