森の旅亭びえい・立ち寄り湯

【森の旅亭びえい】



白金温泉のハイレベルな宿 ただ日帰り利用はそれ程ではないのですが、なかなか利用する機会が無かった、今回割引券を貰い伺った。
この宿プレオープンにちゃっかり宿泊はしてたりする こちらをクリック 料理・サービスも共によく好印象 如何せん気軽に利用できる価格じゃないしね 日帰りで利用した。

【浴場】

撮影は禁止になっていましたので、同じ季節に撮影した画像を使いまわし(笑い
Photo Albam クリックで拡大します。

洗面所
 
浴場は変っていませんね
成分が付着
露天風呂です。
露天には一人用の壷湯 落ち着く
今年もこんな感じかな

こ洒落た施設のこじんまりした浴場とロケーションがいい露天 遠慮してたが今になって後悔 大きくないので利用者が少なければ天国 多ければ遠慮したい施設かな 利用時に聞いてからが良さそうですね。

【森の旅亭びえい】
住所: 美瑛町字白金
電話:0166-68-1500
立ち寄り湯利用情報
時間:10:00~14:00
料金:800円
休み:月曜(祝日の場合は翌日)
森の旅亭びえいさんのHPはこちら

旭川は温泉不毛地帯?

大雪山へ向かえば湧駒別温泉・天人峡温泉・層雲峡温泉、十勝岳に向かえば白金温泉・十勝岳温泉と旭川近郊には温泉が多数在りますが如何せん、地元は温泉空白地帯と言っては誤解がありますが、ほぼ当たってると思います。
その前に「温泉」とは、1948年に制定された「温泉法」の定義による
  1. 25℃以上
  2. 別表の成分の一つ以上を満たす事
環境省のこちらを参照
1か2の何れかを満たせば、水道水が温くて成分何も無くても、冷たくても何か規定以上含まれてれば温泉と言うことです。
1992年の資料には3ヶ所(温泉№97・98・99)記載 冷鉱泉で単純硫黄泉 この内97・98は源泉場所特定済みですが、99は探していますが未だ見つけていない。
その後の資料では上記の3ヵ所に2ヶ所が加わり5ヶ所 この頃になると駅前のホテルのボーリングも出てきますね。 近くに火山活動も無く、モール泉の源の植物由来が堆積も無い、古い海水があるって言うのも聞かない。
1.000メートルも掘れば多少温度は上るが成分はスカスカ やはり温泉不毛地帯なのは間違いないと思います。
 
中でも個人宅に硫黄が香る冷鉱泉があるのは本当
ただ都市伝説の様にある寮の地下水を利用する浴場の水は硫黄が香るらしい・・・・真相は如何に 

みはら食堂・上川農業会館

【みはら食堂】


【店内】

市内宮下14丁目にあった施設が新設して宮下4丁目に移転 旧会館の地下にあったみはら食堂もそれに伴ない移転 発券式の駐車場を利用(一時間以内なら無料) 旧施設のみはら食堂に変る前の社食は利用していますが「みはら食堂」さんは初利用
店内は農家が見たら余り良い気持ちがしない程の贅沢な作りで、テーブル席はスペースもあります。  券売機を見てみましょうか、こちらをクリック
安いっすね~ こう来なくちゃ 数は少ないけど日替わりバイキングなんて790円だぜ じゃー注文したのは

【ラーメン&ミニカレー】780円

セットがこの値段 嬉しいね やや半濁と思われるがゴマやら油も追加 多分オリジナルスープと思われるが、ここまで来るとベースがあれでも正直よく分からない しかもしょう油なのにひき肉も隠れてるし 麺は低加水の旭川麺がいい チャーシューは中々大きめなのが一枚で単品なら550円ってさすがは社食だね。  カレーは無難にやや甘目の味で万人に受け入れるられる味は安心
同行者はやはりバイキング

【日替わりバイキング】780円

盛りはショボイがまーセルフなんでこんな感じだ ラーメンの出来といい 社食でバイキングがある施設 一般でも利用できる所謂施設で旭川では最強かも

みはら食堂
住所:旭川市宮下通4丁目
電話:--
営業:11:30~14:00(Lo13:45)
休み:土日祝
超困難店です

味処 新町・上富良野

【味処 新町・上富良野】

また来た上富良野 前回紹介したのは、2018/12/0クリックで移動 メニューの中に気になるが在ったので再訪 個人的には辛いラーメンがプチブーム 新町特製激辛ラーメンを注文 何が特製なのかわかりませんが

【新町特製激辛ラーメン】950円

色からは中々の辛さ主張してますが、一口飲まないと色からは判断付かない分野 では一口 おー結構辛いぜ 最初唐辛子系がガツンと来て、後に別の辛さが追い討ちかける、何処かで食べた辛さ 記憶を辿るも何処かでしか判らない。 食べなれた旭川の麺は辛味が絡みつく 野菜・メンマ・ネギがのる 底にはひき肉がある 辛さだけじゃない旨みもあるこれは美味しいですね。 けど最後まで後追いの辛味成分は分から無いのが心残り
同行者がチョイスしたのは

【ワンタンラーメン】900円


【きのこラーメン】850円
  
両方ともしょう油ベース 旨みもタップリ 表面を覆う油は多目でしかも熱いのでご注意 ご飯物もあるし注目の店です。

味処 新町
住所:上富良野町宮町
電話:0167-45-4088
営業:11:00~20:00
休み:不定休
宮町が住所なのに何故新町ってこれ如何に
これは元地元のぴかリンさんコメントで元新町にありここに移転後も同じ名前で営業した結果とのこと

冬道

【帰り道】

今年の積雪は多いのか少ないのか さっぱり判らない 市内の幹線道路は軒並み2車線は1.5車線から1車線状態 ある日の仕事帰りに自宅まで1時間掛かった これってヤバクナイ
夏も時には冬も使うチョッと田舎道 距離は増えるので微妙ですが、イライラしなく使える道 ただ吹きさらしの道なので時々とんでもない事になることもあるので要注意な道

セトセ温泉・立ち寄り湯

【セトセ温泉】

遠軽の手前の瀬戸瀬地区から横道に入ると良い温泉がある ブログ始める前から訪れてるお気に入りの施設です。 過去記事はこちら2010/09/18
昭和チックな引き戸を開けてお邪魔しよう。

【受付】

最初フロントって書いたけどいやいやここは受付に変更 外観・受付も変わりなく、ワンちゃんも元気です。 低い階段を登ると休憩室があり左に曲がると脱衣所がある。

【浴槽】

何時もの瓢箪型の浴槽がお出迎え やや温めの湯温で気持ちいい 無味無臭でpH:9.3とアルカリ性だが中ヌル感 アルカリが高けりゃヌルヌルが強いとは限らないのが温泉の面白いところだ。 HCO3(炭酸水素イオン)が少ないのが関係してるかもね。
冬季は温泉ブロガーの泣き所の湯気でカメラボケボケなのはお許し下さい 脱衣所にはドライヤーがあれば助かるのですが、これまた昭和なコイン投入タイプでした。

いちりん庵

【いちりん庵】


【店内】

山側でない国道側の神楽岡にあるカフェ? 住宅街にあるので中々見つけづらい。 店内はオーナーの好みなのかアジアでもないしカントリーでもないし、まーオーナー色なのだろうね。 何故かギターとかウクレレが有ったり落ち着く店内 テーブル上のメニューを見てみよう 品数は多くは無いですね で注文したのは

【日替り発酵玄米ランチ】980円

なんか体に優しいそうなランチ 何たって発酵だよ よく分からないけど これは健康的だねってしらないけど 素人ぽさがいいのかな これでこの値段なら中々のコスパかな~ 
食後のコーヒーなんか飲みながらゆったりした空間

食べ処いちりん庵
住所:旭川市神楽岡14条4
電話:0166-66-1780
営業:--
休み:--

近郊スキー場その4

【サンタ プレゼントパーク】



年寄りにはサンバレーの方が懐かしい 市内から場所にもよるが、一番の近さのナイターも完備のスキー場で私も仕事帰りに何回も利用してる。 市内からは夜になるとサンタとキャンモア更に比布スキー場のナイターの明かりが見える旭川
赤い暖簾は「旭川ラーメン」とデカデカと表示 左に見えるのは東川の有名製麺所の名が・・・
券売機の上にメニューが有りますが、結構撮影に苦労 照かる・窓に向いてるし客多くこれが限界メニュー画像だよ

【しょう油ラーメン】750円

これまた何処かで何時か見た景色(笑い 麺は安心の低加水で茹で加減が絶妙が嬉しい チャーシューは薄くてややショボ目が一枚 いいね~こうじゃなきゃね
で次に向かったのが

【国設芦別スキー場】


【ロッジ】



中々可愛らしい建物 こちらも利用客で賑わっています。 メニューを見てみましょう。
地元名物のガタタンがあるのがいいですね。 鍋焼きうどんも惹かれますがここはあれと思いましたが流石に飽きて来たので

【みそラーメン】600円

赤味噌ベースの色 一口おー想像通り この価格で少ないけどもやし・チャーシュー一枚・麩・メンマ・ネギがトッピング頑張っていますね。 麺はやや加水のある麺 実はこの後この麺は冷凍麺なのを確認 正直生麺か冷凍麺の差は私には判断する自信はないね。 今回は同行者がいて食べたのは

【鍋焼きうどん】800円

メニューの中では最高値 豪華なのも納得 スキー場ロッジ巡りもこれが最後 一応旭川から一時間以内と思われるスキー場8ヶ所を紹介 スキー人口減ってるなんて聞くけど何処もお年寄りからちびっ子達で大賑わいです。
しょう油中心のシリーズでしたが、今思うにしょう油は業務用だろうがしょう油に変りはなく単調になる そこで味噌の方が特徴がでるかもと思う 赤・白・合せと味が変るから最後までガンバレそう。 単調になるシリーズはキツイ

プロフィール

いわ

@管理人:いわ
ご訪問ありがとうございます。
管理人とブログについて
先ずは下記をお読みください。
  ブログについて

ブログ内の記述及び画像は、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスの下でライセンスされています。

Creative Commons License

検索BOX・タグ一覧

新着記事+ランダム記事

最新コメント

カテゴリ

お邪魔してるサイト

月別アーカイブ(年括り)

ユーザータグ

@管理人へメール

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Copyright © いわ